パンくずリスト
  • ホーム
  • 松本人志
タグ:松本人志

 

体調不良により1カ月の休養を発表した中居正広さんが、吉本興業に電撃移籍する可能性が急浮上しているようです。

 

11月5日には司会を務める情報番組「中居正広のキャスターな会」に出演し、

 

「だましだまし行きたい。『何があったんだよ!』って言われるかもしれないけど、何があったかは僕は言いたくないので」

 

など、努めて明るく語っていましたが、実際は心も体もボロボロでもはや限界に近い状況だといいます。

 

◆お歳暮の準備はできてますか?



 

 

[以下引用]

独立後の二年余りは、中居にとって茨の道だった。

 

「個人事務所を立ち上げて自ら社長に就きましたが、周囲を固めるのは、SMAP時代のマネージャーやヘアメイクなど絶対的なイエスマンばかり。今年六月、公式ファンサイトの動画制作を任せていた“右腕”のフジ社員が大麻所持で逮捕され、ショックを受けていた」(番組の元スタッフ)

 

現在、テレビのレギュラーは、二十年以上続くバラエティ「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)を含め三番組のみ。

 

「『金スマ』の視聴率の低迷は深刻で、十三~四十九歳のコア視聴率は二~三%台と低空飛行。休養を理由に来年三月の改編期での終了も十分あり得る」(TBS関係者)

 

慣れない社長業も負担となっているようで、

 

「税理士とのやり取りなど事務処理もこなさねばならず、ファンサイトの運営費や人件費の負担も大きい。何より大手事務所のような営業力がないのでCMを取って来れないのが痛く、今は一本もない。SMAP解散前に約六億~七億円あった年収は現在、三分の一の二億円程度。休養が続けば会社の存続も危ぶまれます」(前出・元スタッフ)

 

そんな中、救いの手を差し伸べたのがダウンタウン・松本人志だ。今月五日夜、ツイッターで〈中居君と忘年会の約束をしました 楽しみです〉と呟いた。

 

「松本は中居さんを『芸能界唯一の親友』と公言しており、SMAPの解散を思い留まるよう説得するほどの仲。実は、中居さんの現場マネージャーを務めているのは、吉本興業の元社員。こうした縁もあり、吉本がマネジメント業務をサポートするという話も浮上しています」(吉本関係者)
[週刊文春]

 
中居さんについては、先月末の「週刊新潮」が
 
「中居は盲腸がんに罹患し、九月に摘出手術を受けていた」
「部位が非常に悪く、油断できない」
 
などと報じたのですが、内容がショッキングだったこともあって、ネットでは
 
「本人に無断で勝手に病名を公表するなんてやり過ぎ!」
「いくら芸能人でも、これはさすがにプライバシーの侵害だろ」
 
といった批判が殺到。新潮サイドは慌てて病名を伏せるという騒動が起きたばかり。
 
ただ、ジャニーズから独立して以降、仕事が上手く行ってないのは確かなこと。
 
そのストレスから酒(一日焼酎半升以上)や煙草(一日3箱以上)の量がどんどん増えて、さらに健康が悪化して仕事に支障をきたす・・という悪循環に陥っています。
 
実際、独立後の中居さんが最も力を入れていたのは、ジャニーズの後輩と絡める音楽番組の司会を務めることだったといいますが、入院によって総合司会を務める予定だった「音楽の日2022」(TBS系)への出演が急遽取り止めになってしまいました。
 
番組関係者や共演者たちのも多大な迷惑を掛けてしまったことで、本人も相当落ち込んでいたといいますが、その後も「キャスターな会」も何度か休むなど体調不良は深刻化する一方。
 
テレビで見せる痩せ細った姿には、視聴者からも驚きと心配の声が飛び交っていました。
 
そのため、古巣であるジャニーズに出戻って・・という話も出てきていたのですが、
滝沢副社長の退任やキンプリ3人の脱退など、一連の”ジャニーズお家騒動”が勃発したことによってそれどころではなくなっていましました。
 

そう考えると、吉本興業に移籍するというのは十分可能性が高いのでは?

 

吉本にとって、司会者として知名度・実力ともにトップクラスの中居くんを抱えるのはメリットが大きいです。

 

中居さんにとっても、ジャニーズに比肩する吉本に”守ってもらう”ことができれば、安心して仕事に打ち込めるでしょう。

 

しかも、松本人志さんという心強い後ろ盾があれば、待遇的な面でもジャニーズ時代と遜色ないくらい優遇されるのは間違いありませんからね。

 

ただ、なんだか自分のペースでの仕事というのができなくなりそう。

 

それ以上に吉本に移籍すればSMAP再結成という中居さんの”悲願”が遠のくのも事実。

 

キムタクがジャニーズにいる以上、さすがに巨大事務所の枠を超えてメンバー再集結というのは無理がありますから・・

 

 

超稀少 SMAP × 巨人コラボ ポスター 中居正広 香取慎吾 草彅剛 木村拓哉

超稀少 SMAP × 巨人コラボ ポスター 中居正広 香取慎吾 草彅剛 木村拓哉

 

 

ただし!

 

キムタクがジャニーズから独立すれば、また話は別。

 

以前から「静香の個人事務所に移籍するのでは?」との噂もありますし、ジャニーズが空中分解しそうな今こそチャンスかも?

 

ということで、キムタクさん!

 

盟友・中居くんのためにも、そしてSMAPのためにも決断してはいかが?

 

◆目の錯覚・・じゃないですよね?



 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※中居正広さん、松本人志さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

今年の大晦日で大人気番組「笑ってはいけない」が復活するそうです。

 

昨年末はBPO(放送倫理・番組向上機構)の「痛みを伴う笑い」批判提言に配慮する形でやむなく中止したものの、日テレにはどうしても復活させなくてはいけない切実な事情があるそうで・・

 

◆金の成る木。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!(祝)放送1500回突破記念DVD初回限定...

価格:8329円(税込、送料無料) (2022/6/18時点)


楽天で購入


 

 

[以下引用]

「日テレ内の若手チームが中心となって、極秘裏に制作班が作られました。局内の精鋭が集結したといっても過言ではありません。毎週ズームで企画会議が催されています」(編成関係者)

 

日テレサイドがあらゆる批判を想定して、『笑ってはいけない』を復活させる理由は明らか。昨年の大みそかに代替番組として特番『笑って年越したい!笑う大晦日』が大コケ、ネットなどの視聴者反応も微妙だったからだ。

 

「世帯視聴率は第1部(午後6時30分〜午後9時)7.2%、第2部(午後9時〜深夜0時30分)5.6%と惨憺たる結果を記録した。しかも、長年死守してきた『NHK紅白歌合戦』真裏のトップの座をテレビ朝日の『ザワつく!大晦日』に奪われるという大失態を演じています。日テレの自滅に喜んだのがタナボタで視聴率を取ったテレ朝です。今年の大みそかも『ザワつくーーー』が予定されています」(他局編成マン)

 

もう1つ、日テレが『笑ってはいけない』シリーズを放送しなければならない事情があるという。グループ会社を救済するためだ。

 

『笑ってはいけない』の追っかけ配信を関連会社のHulu、番組のDVDをバップで販売することで、10億円以上の粗利が見込めるのです。この利益が消えたため、両社は経営的にかなり追い込まれた。今年、復活すれば〝お祭り〟として大いに盛り上げることができます。グループ及び上層部の悲願ですよ」(大手広告代理店幹部)

 

日テレはBPOや一部有識者からの批判を覚悟のうえで、『笑ってはいけない』シリーズを復活させようとしているわけだ。主力出演メンバーの『ダウンタウン』(浜田雅功・松本人志)、月亭方正、『ココリコ』(遠藤章造・田中直樹)らにも打診中という。

 

もっとも、復活プロジェクトは、決してトントン拍子に話が進んだわけではなかった。今年4月、営業局幹部からの進言で、とん挫しかかっていたのだ。

 

「時期尚早という意見です。また、2年前の『笑ってはいけない』でスケープゴートになった『アンジャッシュ』渡部建の出演騒動の後遺症も完全に収まっていない。番組を復活させるのは危険ではないのか? という慎重論が湧き上がり、プロジェクトが止まりかかったんです」(広報関係者)

 

そんな中、復活プロジェクトメンバーにやる気を与えたのが番組のキーマンで精神的支柱の松本人志の発言だった。『ワイドナショー』(フジテレビ系、5月15日放送)で急死したお笑いトリオ『ダチョウ倶楽部』の上島竜兵さんのお別れVTRを鑑賞した際、言葉を詰まらせながら次のように語ったのだ。

 

「ダチョウ倶楽部の芸とかお笑いがテレビではやりづらくなっている。そういう思いとかジレンマとか〝痛みを伴う笑い〟がダメと言われてしまうと、熱湯風呂とか熱々おでんとかもできない…。僕はあの芸が有害なんてちっとも思わないし、それだけが理由とは思わないですけど…。BPOさん、どうお考えですかね?…とちょっと…思いますね」

 

この松本のコメントは日テレ内はおろかテレビ界に瞬く間に拡散した。SNSなどでも松本のコメントは共有され、多くのテレビマンらを勇気づけたという。中でも、涙を流しながら感動したのが『笑ってはいけない』復活プロジェクトのスタッフだった。

「いまや編成部には『笑ってはいけない』の企画書が連日のように集まっています。『やるのか? やらないのか?…ではなく、やる!』という制作陣の意思表示です。こうしたムーブメントに日テレ上層部も腹をくくったそうです。いまでは編成や制作が一丸となってやる気になっている。スポンサーにも内々に話をして、協賛してくれるところもチラホラ出てきているようです」(広告代理店関係者)

 

気になるのはBPOから暗に『痛みを伴う笑い』と指摘されていた恒例の〝ケツバット〟だ。

 

「もちろん、〝ケツバット〟ありきで話が進んでいる。しかし、さすがに世間の反応を考え、出演者には最初に〝ケツバット〟されることを承諾してもらうとか、拒否権を発動できるなどのクッション案も出ているそうです。または罰ゲームに体をくすぐるなどの選択肢を設ける案です。いずれにせよ、あらゆる演出方法を探っている。後は松本さんや他の出演者らが日テレの企画提案にOKを出すかどうかです」(放送作家)

[週刊実話]

 

記事によると、すでに日テレ内ではもう1つの看板番組『24時間テレビ』(8月27日、28日放送)が終了していないのに、「笑ってはいけない」の話題で持ち切りだとか。

 

「どうやったらBPOを納得させられるのか?」

「コンプライアンスを履き違えた視聴者にどう向き合うのか?」

 

と、皆で連日のように頭を抱えて悩んでいるんだとか。

 

ですが、くすぐるって・・そりゃ、ないっしょ!!

 

というか、相手が苦しむほどくすぐったら、それもBPO的には文字通り「痛みを伴う笑い」になってしまうでしょう。

 

難癖をつけようと思えば、いくらでも難癖を付けられますから。

 

どうせBPO側からイチャモンが来るのなら、「笑ってはいけない」の象徴とも言えるケツバットを捨てるのは良策とは言えないような。

 

放送する前から負けを認める必要なんてないかと。

 

「番組にはケツバットによる”笑い”が必要だ」

 

と、堂々と視聴者アンケートでも取って、その結果をBPOに直接突きつけて番組可否の判断とその理由を問い質すと。

 

で、もしその答えがNOだったとしたら、日テレ傘下のHuluで放送したら良いのでは?

 

そうすればバップともども救われますしね。

 

まあ、日テレ本体としては莫大なスポンサー料と、大晦日民放トップという名誉のどちらも取り戻したいという気持ちはあると思いますけどね。

 

いずれにせよ、これ以上テレビをコンプライアンスで雁字搦めにしても、視聴者・製作者・出演者の全てがネット番組という”受け皿”に逃げていくだけ。

 

上島竜兵さんの件を利用するわけではないですが、松本人志さんのBPOに対する意見に賛同する人々は多いです。

 

ここは真正面からの正攻法で白黒ハッキリさせても良いのでは?

 

日テレさん!!

 

ちなみに、日テレが「笑ってはいけない」の制作にGOサインを出したことはNHKも察知したそうで、早くも「紅白歌合戦」の予算を例年より上積みして迎撃体制を整えているんだとか。

 

今年の大晦日が楽しみですね。

 

◆もしもジャニーズで「笑ってはいけない」があったら。

( ´艸`)→ geinou ranking geinou reading

( ´艸`)→ geinou reading geinou ranking

 

◆これがダメなら、オレはもう地上波から消えるで。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

遺書 [ 松本人志 ]

価格:1068円(税込、送料無料) (2022/6/18時点)


楽天で購入


 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※松本人志さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

4月2、3日に大阪のなんばグランド花月にて、吉本興業創業110周年特別公演「伝説の一日」が開催されました。

 

最終日にはダウンタウンが漫才を披露したのですが、なぜかお笑いファンの間で「これを気にダウンタウンは解散するのでは?」との憶測が流れているといいます。

 

 

 

 

[以下引用]

「ダウンタウン」が登場したのは、『千穐楽参回目』公演のラスト。ほぼ打ち合わせなしの状態からステージに立ち、代表作の漫才「クイズ」を披露した。

 

ファンにとって懐かしいネタだが、この日2人が見せたのは令和版にアップデートされたもの。松本人志が浜田雅功に理不尽なクイズをするという基本的な構成は変わらなかったが、質問の内容からシステムまで一新されていた。

 

「ダウンタウン」の30分にも及ぶ漫才は、当然ながら大きな注目を集めることに。ツイッターでは、「伝説の一日」や「ダウンタウン」といったワードがトレンド入りを果たしていた。

 

しかし、「ダウンタウン」の漫才を称賛する声に混じり、ネット上には

 

《ダウンタウン解散するのかな》

《最後漫才をして終わるとか言ってたけど解散しないよな?》

《これは解散という着地点を見据えた動きなのでは?と思い悲しい気持ちになる》

《解散はないんだろうけど、1つの最終回的な感覚もする》

《前どっちが言ったか忘れたけど解散するときは漫才するて言ってた気がする》

《松本さん引退フラグかダウンタウンさん解散ならんことを祈る》

 

など、心配する声が続出している。

 

「解散説が浮上しているのは、2015年に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)が原因でしょう。芸能人の引退についてのトークでMCの東野幸治が、浜田から『〝また漫才もしたい〟といった趣旨の話を聞いた』と松本に伝えていました。そのため『ダウンタウン』が漫才を披露するという異常事態に、何かを感じ取ってしまった人も多かったのかもしれません」(芸能ライター)

[まいじつ]

 

二人もすでにアラ還なので、コンビ解散の噂が浮上するのも理解できます。

 

ですが、逆にいうと子供時代からすでに約半世紀近くも一緒にやってきてるわけですから、いまさら”解散”という形は取らないような気もするんですが・・

 

特に浜田さんは”生涯漫才師”であることにこだわっているフシもありますし、今でも相方である松本さんへの尊敬の念を持っている・・

 

って、傍から見ると全然そんな風には感じられないですけど、感謝していることは間違いありません。

 

そんな浜田さんの気持ちは松本さんにも伝わってるでしょうから、どちらかが逝ってしまうまでダウンタウンは続けるのでは?

 

ガキ使のフリートークを復活させたのも、”終活”ではなく”初心に帰る”という意味のように感じます。

 

ただ、松本さんがテレビ業界から距離を取りつつあるのは事実かと。

 

実際、松本さんは今月から「ワイドナショー」への出演を隔週に減らしましたし、最近はAmazonプライムといったネット配信プラットフォームへも積極的に進出しています。

 

その要因として、コンプライアンスでがんじがらめにされて、”やりたいこと”を自由に追求できなくなってしまったテレビ業界に、大きな不満を持っているとも。

 

BPOからイチャモンを付けられ、打ち切りに追い込まれてしまった「笑ってはいけない」が、その象徴的な出来事でしたね。

 

「笑ってはいけない」放送休止!代わりに「笑ってもいい大晦日」として生特番を放送へ

 

一方、浜田さんもネット配信の番組はありましたが、なんとなく今後もテレビがメイン生きていきそうな雰囲気が。

 

まあたとえ二人の活躍の場が違うものになっても、マイク一本さえあればいつでもどこでも”ダウンタウン”として芸を披露できるわけですからね。

 

無理に解散する必要もありませんし、これからもたまには漫才師に戻ってくれる…はず。

 

心配しなくても良いですよね、松本さん!浜田さん!!

 

◆これは貴重!「笑ってる場合ですよ」出演当時のダウンタウン

 初々しい動画→ geinou ranking geinou reading

 初々しい動画→ geinou reading geinou ranking

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※松本人志さん、浜田雅功さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の急拡大で、テレビに出演する芸能人らの感染判明も相次ぎ、芸能界が大変なことになっているようです。

 

すでにテレビ業界やイベント業界では代役探しや延期、中止などの対応に追われているそうで、多くのレギュラー番組を抱える松本人志さんも濃厚接触者となってしまい・・

 

◆一家にワンセット、もはや必需品です!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

抗原検査キット 新型コロナ COIVD-19 自宅 セルフ 検査 変異株対応 ラ...

価格:63000円(税込、送料無料) (2022/1/25時点)


楽天で購入


 

 

[以下引用]

 TBS系情報番組「ラヴィット!」では同日、メンバーに感染が発覚したアイドルグループ「Snow Man」の佐久間大介さんらが欠席。代役として同じジャニーズ事務所のタレントが出演した。

 

出演者によると、20日の同番組では、木曜レギュラーの5組中4組が「ピンチヒッター」となった。 フジテレビ系情報番組「めざましテレビ」も、20日に出演者の伊野尾慧の感染が確認され、翌21日の生放送でメインキャスターら7人の出演を見合わせ、代役を立てた。番組では、同時に出演する人数を減らすなどの感染対策を取っている。

 

テレビ局の関係者は「感染力がすさまじい。こんなことは初めて。何とか代役で乗り切りたい」と頭を抱える。23日のTBS系情報番組「アッコにおまかせ!」に出演した井上咲楽さんは「逆に仕事が増えた」と話し、放送日の前夜にまで代役としての出演依頼が来ている現状を説明。

 

一方、感染の広がりの早さに「どうしようもない」と吐露する芸能関係者もいる。 テレビ東京は24日、放送中の連続ドラマ「ユーチューバーに娘はやらん!」で、番組関係者計11人の陽性が確認されたと発表。主演女優の佐々木希さんも感染し、23日以降の撮影は行っていないという。

[産経新聞]

 

なんか大変そうですね、芸能界も。

 

特にテレビ業界なんて、このまま出演者やスタッフの集団感染が続けば、番組を放送することすらできなくなってしまうのでは?

 

松本人志さんによると、

 

「私は濃厚接触者になりました。(保健所はパンク状態なので、自主判断)。ちなみに全くの無症状です。PCR検査も陰性だったところで10日間の自宅待機。 検査する意味もわかりません。とにかくルールはルール。 なので休みます」(ツイッターより)

 

とのことで、とにかく無症状だろうがPCR陰性だろうが、濃厚接触者になっただけで問答無用で自宅待機になっちゃうみたいですからね。

 

日本だけでも1億人前後の人がコロナワクチンを摂取したのはなんだったのか・・ま、現行のワクチンは3回目も含めてオミクロンには効かないといいますけどね。

 

今頃、集団免疫を獲得して”人類の勝利”に終わっているはずだったのに、なぜ・・

 

という疑問は残りますが、とにかく行政もマスコミもお隣さんも、皆が

 

「ヤバイ、大変だ!」

 

と言うんですから、それが正しいんでしょう。

 

ただ、井上咲良さんのような売り出し中の芸能人にとっては、今が大チャンスかも?

 

本人も言ってましたが、ここで踏ん張ってコロナに感染さえしなければ、代役としてたくさんのチャンスが巡ってくることでしょうから。

 

あくまでも「感染しなければ」のハナシですが。

 

逆に若手ジャニーズアイドルのように、只今絶賛売り出し中なのに感染してしまうと、チャンスを逃してしまうことにもなります。

 

もしかしたら、オミクロン株の襲来は日本の芸能界を大きく変えてしまうかも?

 

もちろん、芸能界以外でもオミクロン株の超強力な感染力によって大混乱になる可能性もあり、油断はできませんけどね!

 

今後の成り行きに注目です。

 

◆放送禁止!松本人志のオカンが発した一言が・・

 破壊力強すぎて凍りついた件→ geinou ranking geinou reading

 破壊力強すぎて凍りついた件→ geinou reading geinou ranking

 

◆反ワクチン派や・・

コロナワクチン 3回目打ちますか? 医者の私が接種しない理由(わけ) (幻冬舎単行本) - 志賀貢

コロナワクチン 3回目打ちますか? 医者の私が接種しない理由

[Amazon]

 

◆陰謀論者とも戦っていかなくてはなりません!

コロナパンデミックの奥底 - 内海 聡, 玉蔵

コロナパンデミックの奥底 - 内海 聡, 玉蔵

[Amazon]

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※松本人志さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング