パンくずリスト
  • ホーム
  • 松本人志
タグ:松本人志

 

 

大晦日の風物詩ともなっている「笑ってはいけない」ですが、今年は例年以上に攻めたゲストたちを出演させる予定だといいます。

 

先日、BPOによる「痛みを伴う笑いの否定」で本当に放送できるのかも危ぶまれているようですが、逆に制作陣はヤル気満々になっているようで・・

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!(祝)ダウンタウン結成30周年記念DVD...

価格:8782円(税込、送料無料) (2021/9/19時点)


楽天で購入


 

[以下引用]

「離婚騒動で大きなバッシングを受けた有村昆さんはリストアップされています。有村さんはすでに映画の舞台挨拶に出席し、自虐するなどしていましたが、その様子が『反省していない』と炎上していたので、罰ゲームとして有村を痛めつけるようです。また、去年は直前でお蔵入りになった渡部建も出演予定と言われています。さらなる目玉企画としては、『新しい地図』と中居正広を共演させる案や、ダウンタウンと仲が悪いと長年言われ続けてきた石橋貴明さんの出演も検討されているようです」(民放関係者)

 

いまや、NHKの紅白歌合戦に次ぐ視聴率をコンスタントに稼ぐ番組だけに、今年も大きな話題を提供してくれそうな同番組。だが、不安な面もあるようで……。

 

「BPOの青少年委員会が『痛みを伴うことを笑いの対象とするバラエティー』について審議対象にすると公表したことがかなりの痛手です。処分の対象などもいまいち不明ですが、『笑ってはいけない』シリーズはダウンタウンやココリコたちがタイキックという名の体罰を受けることで笑いを取る番組ですし、もはや毎年恒例の蝶野正洋による月亭方正へのビンタなど、とにかく暴力描写が多い。松本人志さんもさんざん痛い目に遭わされてきたことから、自身の番組で『俺はBPO側だからね』とギャグにしていましたが、シャレにならない状況です。他局からはこの“お化け番組”を潰すために槍玉に挙げようと、まずは『笑ってはいけない』から問題にするべきだとの意見も出始めています」(民放関係者)

 

しかも、今年もコロナ禍という逆風の中、放送を検討しなければいけない。さまざまな不測の事態を想定して、今年は総集編にする案まで出始めている。

 

「とりあえずは、週刊誌などにバレないように厳戒態勢で撮影を行い、BPOやコロナの動きも見ながら調整をしていくという綱渡りの方法で行くようです。総集編は別枠で作っておいて、何かあった場合は放送できるような体制を取るとか。総集編を使わなかった場合でも無駄にはせず、2022年は年明け早々に『笑ってはいけない』シリーズ総集編の枠も確保するつもりのようです」(民放関係者)

 

『24時間テレビ』とは違って、多くの視聴者が心待ちにしている人気番組だけに、ぜひともBPOやコロナに負けずに笑い納め・笑い始めの放送をしてほしいものだ。

[日刊サイゾー]

 

最後の皮肉に笑ってしまいましたが、ホント、自粛自粛で先行き不透明なこんな時代だからこそ、BPOやコロナに負けず放送して欲しいものです。

 

年末年始くらい、家族皆で揃ってのんびりとテレビを観ながら笑って過ごしたいですし。

 

 

大晦日 - さだまさし

大晦日 - さだまさし

[Amazon]

 

 

「新しい地図」は2年連続で出演しているので可能性は高いですが、石橋さんや中居さんも出てくればいろいろなパターンで面白い絡みが撮れると思いますし、期待大です。

 

また、渡部建さんについては、日テレはこれまで何度か彼の復帰を画策してきたものの、全てが内部リークによってポシャってしまったことに”申し訳なさ”を感じているそう。

 

なので、今年は制作陣にも秘密にする(一部を除き)など、超極秘体制で準備を進めているといいますが・・すでにこうやってバレちゃってるだけに、ちょっと心配。

 

BPOのせいで、今後はスキャンダル芸能人の”禊”としての罰ゲームが廃止せざるを得なくなる可能性もあるだけに、今回は本当の意味でのラストチャンスかもしれません。

 

ちなみに、今年は当然ながら五輪関係のネタもガシガシ入れてくるそう。

 

東京五輪のメダリストだけでなく、過去のメダリストも総動員してかなりの時間を五輪ネタで使う予定で、実際に「笑ってはいけない」メンバーと対決をさせるような競技も用意しているといいます。

 

もしかしたら、BPOからの横やりに対抗してタイキックやビンタを封印し、代わりにゲーム的な内容が多くなるのかな?

 

いずれにせよ、芸能界のゲス不倫ネタから感動のメダル獲得ストーリーまで幅広く取り扱、それらを笑いとともにお届けするというのは、前代未聞の番組かと。

 

「BPOとコロナを吹っ飛ばせ!」

 

どうせならこんなキャッチフレーズを付けて、過去最高視聴率を獲得して欲しいところ。

 

そうすれば、他局も含め誰も文句を言えなくなるでしょうから・・

 

 

◆一方、ライバルのNHK紅白はこんな秘策を考えているようで・・

 なるほど→ geinou ranking geinou reading

 なるほど→ geinou reading geinou ranking

 

 

ところで、ちょっと話は逸れるのですが、マスコミは先日の八代弁護士による「共産党は暴力的革命を廃止していない」発言を目の敵にして叩きまくり、BPO案件にしようという動きもあるようです。

 

八代弁護士が発言を撤回して謝罪したとの報道もありましたが、彼は次のように発言を訂正したというのが事実で、撤回はしていません。

 

「先週の私の発言についてですが、私の認識は閣議決定された政府見解に基づくものでした。一方、日本共産党はそれを度々否定していることも併せてお伝えするべきでした。申し訳ありませんでした。TVで発言する者として今後はより正確にバランスに配慮し、言葉に責任を持っていきたいと思います」

 

トヨタ社長のマスコミに対する揶揄がピッタリ当てはまりますね。

 マスコミはもういらない…トヨタ社長の「ロバの話」を考える(週刊現代)

 

で、共産党のライバル!の公明党は時事通信の記事をそのまま伝えていますが、

 共産「暴力革命」変わらず | ニュース | 公明党

 

こちらの記事ではもっと分かりやすく詳細に解説しているので、興味があったらぜひご覧になってみてください。

 八代英輝のひるおび発言でTBS謝罪:敵の出方論の政府見解と共産党綱領

 

 

BPOという存在自体にスポットを当てて見てはいかが?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!祝20周年記念DVD 永久保存版 12(...

価格:6715円(税込、送料無料) (2021/9/19時点)


楽天で購入


 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※ダウンタウンのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

 

9月5日に放送された「ワイドナショー」の中で、松本人志さんが

 

「自分はあと数年で芸能界を引退する」

 

とコメントしたことが波紋を呼んでいます。

 

 

※武井壮のパクリ?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

火星人の殺し方 [ 松本 人志 ]

価格:1430円(税込、送料無料) (2021/9/8時点)


楽天で購入


 

 

[以下引用]

この日、同番組では放送倫理・番組向上機構(BPO)の青少年委員会が、「痛みを伴うことを笑いの対象とするバラエティー」について審議対象にすると決めたことを取り上げた。

 

これに対し松本は、「何でもありになると、意外と面白いことってできにくくて。ルールがある程度あって、そのルールのギリギリを攻めて面白くしたい」としつつ、「前、OKやったんが、今度はそれも駄目ってなると…これ、どこまでいくのかな~」と困惑。

 

共演者から、「こういう声が上がっていることは気になるか?」と質問されると、「僕はね、僕は本当にいいんですよ。もう数年で辞めるんで」と爆弾発言。「ホントに、ホントに。数年で辞めるよ。辞めます」と念押ししたのだ。

 

「BPOが指摘した〝痛みを伴う笑い〟はダウンタウンにとって長年のお家芸。毎年おおみそかの恒例特番となった日本テレビ系の『笑ってはいけない』シリーズは、ダウンタウンやココリコといったレギュラーメンバーたちが、1回笑うごとに強烈なケツバットを食らい、その姿を視聴者が笑うわけですから。審議の期間がどのぐらいかかるかは分からないが、『松本、アウト~!』と判定された場合、ダウンタウンは根本からネタ作りを考え直さなければならない死活問題です」(テレビ局関係者)

 

同シリーズについて言及した松本は、「BPOとダウンタウンの〝VS構造〟をつくろうとする世の中にちょっと腹立つのよ。年末の『笑ってはいけない』はどうなるんや!って言うんだけど、むしろそれに関しては僕はBPO側やからね。俺もやめてほしいよ、頑張れBPOって思ってる」と笑いを取ったが…。

 

「松本が憧れているのは、引退して悠々自適な生活を送る島田紳助さんでしょう。松本も、すでにたっぷりと蓄財しているはずですから、紳助さんから引退後の生活について指南を受けているかもしれませんね」(芸能記者)

[週刊実話]

 

なるほど、引退ですか…

 

現在57歳の松本さんにとっての”数年後”となると、60歳定年を意識しているのでしょう。

 

紳助さんも60歳目前で芸能界を引退しましたからね。

 

※今頃、どこで何をしているのでしょうか?

引退―嫌われ者の美学 - 上岡 龍太郎, 弟子 吉治郎

引退―嫌われ者の美学

[Amazon]

 

もちろん、あれは暴力団排除条例の施行に伴うもので、やむを得ないということでしたが、あのあっさり加減は渡りに船という感じもありました。

 

ただ、60歳での引退を公言しておきながら、66歳となった現在も当たり前のように現役を続けている明石家さんまさんの例もあります。

 

つまり、引退を明言しておきながら反故にしたからと言って、それを責められることはないのは証明済みなわけです。

 

なので、あくまでも”観測気球”だと思いますけどね。

 

視聴者、というかネットがどんな反応をするのかを見定めるための。

 

「BPOの無茶ぶりのせいで、松本さんが引退してしまった・・」

 

なんて、BPOを非難する世論が巻き起こったら、松本さんの狙い通りかも?

 

BAKA-BONSOIR!(TV-Size) - B.P.O -Bakabon-no Papa Organization- (古田新太、入野自由、日髙のり子、野中藍、森川智之、石田彰、櫻井孝宏)

BAKA-BONSOIR!(TV-Size) - B.P.O -Bakabon-no Papa Organization-

[Amazon]

 

ただ、本人的には「辞める」といってますが、それは芸能界ではなく、

 

「テレビ業界から卒業する」

 

という意味だと思います。

 

すでに松本さんは、アマゾンプライムなどのネット配信型プラットフォームで、いくつかのお笑い番組を制作していて、視聴者からの評判も上々。

 

なにより、コンプライアンスだなんだとギャアギャアうるさいテレビとは違い、昭和時代のように自由に好きな笑いを追求できるということで、本人もかなりのめり込んでいるといいます。

 

さらには、コロナ禍で緊縮財政になっているテレビとは違い、番組に掛けられる予算もかなり潤沢だそうで、バラエティ番組だけではなく映画にも興味を持っている松本さんにとって見れば、まさに天国みたいな場所。

 

今回、BPOの横やりで「笑ってはいけない」シリーズが中止に追い込まれれば、松本さんがテレビを見限ってネット配信に専念する可能性は非常に高いと思います。

 

「頑張れBPOと思ってる」

 

というのは、もしかしたら冗談ではなく本気だったりして。

 

※久しぶりにスカッと大笑いしました。

戦闘車シーズン2 [DVD] - 浜田雅功, 矢部浩之

戦闘車シーズン2 [DVD] - 浜田雅功, 矢部浩之

 

 

このレベルの人になると、もうテレビは卒業したいなあと思ってもなかなかテレビが離してくれないでしょうしね。

 

視聴率が取れなくなって名実ともに「もう終わったよね」と言われてから卒業では松本さんは納得できないでしょう。

 

一目置かれているうちに惜しまれながら離れる、というのが理想なのでは。

 

紳助さんにとっての暴力団排除条例のように、松本さんにとってはBPOが渡りに船というわけです。

 

松本さんが”移籍”すれば、吉本興業所属の芸人さんたちがこぞってついていくのは確実ですし、そうなれば一気にテレビ業界の衰退が始まるかもしれません。

 

テレビ業界のご意見番であるBPOが、自らの手でテレビ業界の息の根を止めることになったら、なんとも皮肉な話。

 

果たして、松本さんからの”宣戦布告”に対してどのような対応を取るのか、注目です。

 

◆今年ももう残り3ヶ月ちょっと。いろんなことがありました。

昨年の話題の顔→ geinou ranking geinou reading

昨年の話題の顔→ geinou reading geinou ranking

 

※DVDも売れるので、日テレの宝という話も。

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※松本さん、紳助さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

 

BPO(放送倫理・番組向上機構)の青少年委員会が25日、「痛みを伴うことを笑いの対象とするバラエティー」について審議入りすることを公表しました。

 

これによってテレビのバラエティ番組、そしてリアクション芸人が完全終了することが現実味を帯びてきたとして、業界には激震が走っているといいます。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

誕生日 プレゼント プチギフト お祝い お菓子ギフト プレゼントスイーツギフト ...

価格:1660円(税込、送料別) (2021/8/27時点)


楽天で購入


 

[以下引用]

BPOの青少年委員会は、視聴者やBPOの中高生モニターから、出演者に痛みを伴う行為を仕掛け、それをみんなで笑うような、苦痛を笑いのネタにする各番組は「不快に思う」「いじめを助長する」などの意見が継続的に寄せられてきていることなどを踏まえ、議論した。その結果、青少年に与える影響の重大性を鑑みて、審議入りすることを決めた。

 

対象となったのは在京キー局等で放送されたバラエティーで「個別の番組を対象とするものではない」としている。しかし、テレビ局関係者は「特にテレビ局のバラエティー班はこの審議の行方を注視しています。なぜならバラエティーの方向性が大きく変わる可能性があるからです」と語る。

 

審議の結果いかんでは、もっとも大きな影響を受けるのが「笑ってはいけない」シリーズだろう。ダウンタウン、ココリコ、月亭方正らレギュラーメンバーが、豪華ゲストのネタなどで笑ってしまったら「○○アウト〜」という掛け声とともにお尻をたたかれるというもの。毎年、NHK紅白歌合戦を除くと大みそかの民放番組で最も高い視聴率を取っており、DVDの売れ行きも抜群。そのフォーマットは海外にも輸出されている。

 

「『笑ってはいけない』はケツバットだけではなく、蝶野正洋のビンタやムエタイ選手によるタイキックなども人気だけど、仮に『出演者が痛がる様子を笑いの対象にするようなバラエティー番組』に規制が入れば、全てダメになってしまう。そうなれば内容を大幅に変えないと番組が成立しなくなる」(テレビ局関係者)

 

ダチョウ倶楽部、出川哲朗などに代表されるリアクション芸は〝市民権〟を得ており、昔より過激なものは減ったとはいえ、今も多くのバラエティー番組で同様のものが放送されている。

 

「大なり小なり、リアクション芸的な要素が含まれた番組は多数あります。これからは放送するにあたって『フィクションであり、絶対にまねしないでください』というテロップを入れないといけなくなるかもしれません」(制作会社関係者)

 

民放各局にとって、BPOの決定は非常に重く、無視するわけにはいかない。テレビ局、そして芸人たちが審議の行方を見守っている。

[東スポ]

 

相変わらずですね、BPO。

 

この青少年委員会はその昔、めちゃイケの「しりとり侍」について、

 

「暴力やいじめを肯定しているとのメッセージを、子どもたちに伝えていると判断せざるを得ない」

 

また、「おネプ!」の「ネプ投げ」について

 

「のぞきを肯定するというメッセージを伝えている。女性に対する差別的固定観念を植え付けている」

 

などとイチャモンを付けて、コーナー廃止に追い込んだ前科があります。

 

ちなみに今回、BPOが騒ぎ出したのは、8月22日放送回での「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」が関係している可能性が高いとのこと。

 

同番組ではココリコ田中さんが「バットマン」シリーズの悪役・ジョーカーのようなメイクの「TANAKER」に変身し、過去に理不尽な仕打ちをされた浜田さんや松本さんらにパイを投げつけて復讐するという企画を実施。

 

浜田さんも松本さんも「痛いねん!」「メッチャ痛てー!」を連発して笑いを取っていたのですが、どうやらこの演出が問題視されてしまったようで。

 

 

※放送1500回の歴史があるというのに。

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!(祝)放送1500回突破記念DVD初回限定永久保存版(26)(罰)絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時 - ダウンタウン, 月亭方正, ココリコ

ガキの使いやあらへんで!(祝)放送1500回突破記念DVD初回限定永久保存版(26)

[Amazon]

 

 

とにかく、年末の風物詩となった「笑ってはいけない」を含め、こういったお笑い企画が視聴者から人気を得ている現実を、BPOはどう考えているんでしょうか?

 

BPOの賢い皆様方からすれば、テレビのバラエティ番組を好んで視聴する奴等なんて「バカで低能な俗物ばかり」だから、教育してやる必要があるんでしょうか?

 

一部のノイジーマイノリティーがギャアギャア騒いだことにいちいち反応して、

 

「アレもダメ!コレもダメ!」

 

なんてやってたら、それこそ日本のお笑い文化を破壊することになります。

 

 

※って、それが狙いなのかもしれませんけど。

「嘘の新聞」と「煽るテレビ」 (扶桑社BOOKS) - 和田 政宗

「嘘の新聞」と「煽るテレビ」

[Amazon]

 

 

さて、このニュースを受けて、すでにネット上では、

 

「痛みを笑いにするのが禁じられたら『笑ってはいけない』は無理じゃん」

「ケツバットや蝶野のビンタがダメになったら、番組は成立しない」

「こんなことで『笑ってはいけない』が終わっちゃうなんて、理不尽…」

 

と心配する声が広がっています。

 

もし、BPO勧告が出されれば、間違いなく「笑ってはいけない」の存続は

 

「アウトー!!」

 

になるだけに、松本さんのモチベーションが心配です…

 

[以下引用]

「昨年、アンジャッシュ・渡部建が同年末の『絶対に笑ってはいけない大貧民 GoToラスベガス24時!』に出演するという内部情報を一部スポーツ紙などが事前に報じ、松本が『ルール違反も甚だしい』と“ネタバレ”に対して強い不快感を示したことがありました。結局、渡部の出演シーンはお蔵入りになりましたが、『渡部は出るのか、出ないのか』という憶測に巻き込まれる形になってしまった。

 

今回の『TANAKER』企画について、松本はTwitterで『今週神回!これ考えた人凄い!いやいやワシワシ』などと自画自賛しています。もしこれがBPO案件にでもなってしまったとしたら、松本のやる気はさらに落ち込むはず。今の時代、ネット配信の番組のほうが自由度が高いですし、地上波のバラエティー番組にさらなるコンプライアンスを求められたら、松本が『もうやりたくない』と自らシリーズに幕を下ろしてしまう可能性もあるでしょう」(芸能記者)

[日刊サイゾー]

 

今回、痛みを伴う笑いがテレビ放送NGとなれば、リアクション芸人さんたちが全滅する可能性は高いです。

 

漫才のツッコミも「頭を叩くのは禁止」なんてアホなことになれば、お笑い業界に与える影響はとてつもなく大きい・・

 

というか、芸人さんたちが地上波テレビを見限り、ネット配信の世界に逃げていくのは必至かと。

 

松本さんはすでにアマプラなどでお笑い番組をやっていて人気を博しており、テレビよりも自由度が高く予算も潤沢なことから、本人もかなりハマっているとのこと。

 

もしかしたら、今回の件をきっかけにテレビのバラエティ番組は”完全終了”してしまうかもしれません。

 

ただでさえ若い世代のテレビ離れが止まらないというのに、そうなれば完全にテレビの時代をジ・エンドとなりそうな予感。

 

もしかすると、BPOというのはテレビを終わらせるための団体だったのでしょうか?

 

今後は不倫ドラマやヤンキードラマも全て地上波から消えるかもしれませんね。

 

◆会ったことのある芸能人とその印象

 意外です→ geinou ranking geinou reading

 意外です→ geinou reading geinou ranking

 

◆足つぼもダメですか?

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※松本人志さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

 

ダウンタウン・松本人志さんととんねるず・石橋貴明さんによる”芸人トップ会談”の実現が現実味を帯びてきているといいます。

 

二人は2014年3月の「笑っていいとも!」最終回にて奇跡の共演を果たしたものの、その後の共演は一切なく、お互いに話題に出すこともありませんでした。

 

しかし、最近になって松本さんが頻繫に「とんねるず」の名前を出しているそうで・・

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 428 /とんねるず 【中古】afb

価格:988円(税込、送料別) (2021/7/24時点)


楽天で購入


 

 

[以下引用]

7月11日放送の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』で過激な罰ゲームが自身に用意されると、「とんねるず、ウッチャンナンチャン、絶対やれへんで」とコメントし、自分たちと同じ立場の芸能人として「とんねるず」の名前を挙げたのだ。

 

さらに7月18日放送の『ワイドナショー』では、石橋貴明と鈴木保奈美の離婚についてもトピックとしてとりあげ、「正直言うと、ちょっとだけうらやましいところもある」「男のロマンみたいなところがある。この年で1人になるって、男のロマンですよね」などと感想を述べていた。


この光景にお笑いファンから、

 

《とんねるずとダウンタウンの距離が年々近くなってってる気がする》

《昔だったらとんねるず絡みなんて絶対に扱わなかった。共演が近いのでは?》

《松ちゃんが貴さんの話題に触れるなんて…てっきりスルーすると思った》

 

といった驚きの声があがっている。

 

「2020年10月、松本は自身のツイッターで《いつかトップの芸人だけで飲んでみたいな~。メンバーは誰になるかね~?》とツイートしていました。こうした経緯を見ても、『とんねるず』との共演に前向きである様子がうかがえます。オファーさえあれば、普通に受け入れるのでは。文化人に寄っている木梨憲武とはあまり話が合わないかもしれませんが、お笑いに対し今も情熱がある石橋とは話も盛り上がるでしょう」(芸能記者)

[まいじつ]

 

ということですが、昔からとんねるずとダウンタウンは共に不仲説を否定しています。

 

これまで全く共演してこなかったのは、本人たちが拒否したのではなく、

 

「周りが勝手に忖度し、テレビ局などで顔を合わせないように気を遣っていた」

「超大者同士を共演させでも、高額なギャラに見合う数字は取れないと判断していた」

 

などと言われてきました。

 

ただ、その昔、ダウンタウンとウッチャンナンチャンは一緒に番組をやっていましたが、それは今でも伝説級の番組として語り継がれています。

 

番組制作側がちゃんと頭を使って工夫すれば、ダウンタウンととんねるずを共演させて、もの凄い番組を作ることは不可能じゃないはず。

 

また、松本人志さんは

 

「とんねるずはバラエティ・タレントのスターで、俺たちお笑い芸人とは畑が違う」

 

と話していたこともあり、石橋さん自身も

 

「自分は下積みを経験してないし、勢いだけでやってきたプロの素人みたいなもの」

 

という趣旨の発言をしていたことがあります。

 

※歌手活動や俳優業も積極的にやってました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

銃声 LAST DROP OF BLOOD 石橋貴明【中古DVD/レンタル落ち/...

価格:300円(税込、送料無料) (2021/7/24時点)


楽天で購入


 

石橋さんの熟年離婚に対し、松本さんは「男のロマン」とコメントしていましたが、そこには優しさというか、これからの活動に向けてのエールみたいなものを感じました。

 

これ、裏を返せば共演に向けたラブコールだったりとか?

 

10月で石橋さんは還暦を迎えますし、その記念として伝説的な番組の誕生を願います。

 

これです。

 動画→ geinou ranking geinou reading

 動画→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※松本人志さん、石橋貴明さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング