パンくずリスト
  • ホーム
  • 松本人志
タグ:松本人志

 

先日フライデーが『笑ってはいけない』の渡部建さん出演シーンの台本をスクープしたことで『笑ってはいけない』が終了すると報じられました。

 

一方、芸能活動を自粛している渡部さんがGWに放送される『行列のできる法律相談所』で復活するという話もあるようで…

 

 

 

演出という名のヤラセがバレた『笑ってはいけない』

 

昨年11月、年末放送の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時』に、多目的トイレでの不倫で芸能活動を自粛している渡部建さんが出演するという記事が出ました。

 

それに世間は謝罪会見もなしにしれっと復帰とはどういうことだと猛反発、慌てた渡部さんサイドが会見を開くもグダグダで沈静化に失敗し、最終的に収録済みだった渡部さんの『笑ってはいけない』出演シーンはカットして放送されることになりました。

 

今回フライデーが報じたのはそのカットされたシーンの台本で…

 

[以下引用]

「“東野幸治(53)とフットボールアワーの後藤輝基(46)と一緒に出演していた”という情報は出ていましたが、今回はより具体的な内容、A4用紙5枚ほどの該当シーンの台本がまるまる『FRIDAY』 に掲載されていました。


後藤と東野が、映画『バック・トゥ・ザフューチャー』のマーティ(若者)とドク(老人の博士)に扮して、渡部のグルメ王キャラや、これまでの態度を徹底的にイジりたおす内容でした」(前出の女性誌記者)

 

後藤は「渡部が不祥事を起こす前の2019年」、東野は「渡部がいまだに復帰できていない2030年」からそれぞれやってきた、という設定。鼻にクワガタが挟むネタを後藤が「芸人なのに人一倍ルックスを気にしてきた渡部さんの鼻に穴が空いたらどうするんだよ!」としたり、最後は鼻にワサビを突っ込み、完全にダウンした渡部を連れて3人でフェードアウト、という内容だったようだ。

 

「この台本でマズいのは、渡部の件だけではありません。ワサビが“香りだけがわさびの練り物を使用”とされていたり、“台本になかったネタを進行されるというドッキリに引っかかった体をとってもらいます”と赤字で強調されていた。、今後のリアクションにも影響がありますよね」(前同)

[日刊大衆]

 

これは確かに。

 

熱湯風呂は熱湯ではなくてそれをどれだけ熱そうにリアクションするのかがポイントだ、みたいな話は有名ですが、わさびが香りだけ、も、バラエティ全体に関わる話なのでは。

 

また、「台本になかったネタを進行されるというドッキリに引っかかった体をとってもらいます」も、演出といえば演出、ヤラセと言えばヤラセなのでは。

 

まさに「もちろん安全面もあるし、段取りは暗黙の了解ではありますが、こんな露骨にバレては…」という話です。

 

 

 

『笑ってはいけない』が本当に終了になりそうな理由

 

台本の流出でしらけるのもそうですが、何よりも、松本人志さんの信用を失ってしまったら番組継続は難しいんじゃないかという話です。

 

昨年末の『笑ってはいけない』については、渡部さんともうひとり、菅野美穂さんの出演が事前に漏れていました。

 

これについて松本さんは「あの番組は、誰がゲストでどこで出てきて何をするのか、我々は知りたくない。ずっとドッキリを仕掛けられる受け身の側だから」「収録の前にあれ(ネット記事)を出されて。知りたくなかったので、これはルール違反も甚だしいと思う」と静かに怒っていました。

 

その他、今回の『Go Toラスベガス』で松本さんの反射神経が鈍っているようなリアクションをとったことを“老化”と指摘する記事が出たことにも「えらい言われようやな…歳をとる事が罪ですか? 今年はやらないので勘弁して下さい」と、『笑ってはいけない』の終了をほのめかすコメントをしていす。

 

 

『笑ってはいけない』が本当に終了するという話

 

「もうおしまい」発言も今回が初めてではありませんが、いろいろ重なっていますしね。

 

さらに今回の台本の流出がダメ押しになるのではと言われています。

 

[以下引用]

「一部では、“重要情報が洩れた=渡部の出演に疑問を抱いた内部スタッフがいた”という報道もありましたが、今回の台本が本物だとすれば、松本が本気で日テレに激怒してもおかしくない。バラエティ番組の台本なんて、絶対に明かしてはいけないものでしょう。そういった意味で、局への不信感が高まっているのは間違いない。かつて、松本が激怒して番組が終わった前例もあるだけに、『笑ってはいけない』の終了が現実味を帯びてきていますよね」(前出の女性誌記者)

[日刊大衆] 

 

 

本当にそうですよね。

 

暗黙の了解は暗黙の了解であって、「そうなのかもなー」と思っているだけなのと、「そうなんです」とはっきり示されるんじゃ、だいぶ違います。

 

渡部さんの出演に疑問を持ったスタッフがいたんだとしても、すでにそれは終わった話ですからね。今このタイミングで台本を流出させたのなんて、単に愉快犯でしょう。

 

そんな誰かの何かを満足させるために台本が流出したことを、松本さんは許せるのでしょうか。

 

 

渡部建、『行列』で復帰決定

 

そんな渡部さんですが、GWの『行列のできる法律相談所』での復帰が決まったようです。

 

[以下引用]

キーマンとされているのは、『ガキ使』と『行列』の両番組で総合演出を務める高橋利之氏だ。渡部とは公私ともに仲がいいことで知られている。  

 

高橋氏に、渡部の復帰計画について話を聞いた。  

 

―年末の『ガキ使』で、収録済みの映像がお蔵入りになったことについて。  

「本当に申し訳ない。お答えできることがあれば、ご協力したいのだけど、話せないんです」

 

 ―『行列』で復帰することになるのか。  

「(軽く笑いながら)あなたが考えている通りになると思います」  

[週刊現代]

 

これ、高橋さんが認めてるということはほぼ本決まりということですよね。

 

現代にも超えるべき壁はある、最たるものはスポンサーだ、というような内容がありました。

 

ネットに見えるのは拒絶の声ばかりです。

 

個人的には、渡部さんがしたことが最低で気持ち悪いことなのは確かですが、だからといって今後ずっと芸能活動を再開してはいけない、とは考えていません。

 

正直そこまで興味もないというか。復帰したとして、渡部さんがいようといまいと観る観ないは変わらないような気がします。リアルにはそういう人も多いのでは?

 

逆に言えば、そんな渡部さんをどうして難しい思いをしてまで復帰させたいんだろうと不思議ですけどね。

 

本当にGWに復帰するんでしょうか。

 

◆2020年もいろいろあったなあ・・・

2020年話題の顔→ geinou ranking geinou reading

2020年話題の顔→ geinou reading geinou ranking

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※松本人志さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

カテゴリー

 

昨年末も紅白歌合戦の裏番組の民放トップの視聴率を記録した『笑ってはいけない』が、松本人志さんの決心により今年はもう放送されない見込みであることが判明しました。

 

 

 

『笑ってはいけない』の引き際か

 

2020年12月31日に放送された『笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス』は、コロナ禍のため、例年のような大規模ロケは行われず、全て生田スタジオで収録されるなどいつもと違うものとなりましたが、何かと不穏な空気があったといい、その大きな原因はアンジャッシュ・渡部建さんをめぐってのトラブルだったとか。

 

 

[以下引用]

渡部は、ご存知のように20年6月に「多目的トイレ不倫」が発覚。その後、謝罪会見も開かず雲隠れ同然に芸能活動を自粛し、一向に姿を見せなかったが、11月17日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)が「渡部の『ガキ使復帰」を報じ、11月20日のスポーツニッポンの報道で確定情報となった。

 

「しかし、きちんとした謝罪会見もなく、仕事に復帰しようとする姿勢が世間からの猛反発を買ってしまいました。また、松本自身もこのフライング報道に激怒。11月22日の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、『ガキ使』は出演者もどんなネタが来るか知らないから面白いリアクションが取れるのに先に報道が出たことについて、“収録の前にあれ(ネット記事)を出されて。知りたくなかったので、これはルール違反も甚だしいと思う。それをけっこうワイドショーが扱うという”と、後追い報道にも苦言を呈していました」

[日刊大衆]

 

今年はもうひとり、菅野美穂さんも事前にバレていましたしね。

 

もう一昨年になりましたが、稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんたちが『笑ってはいけない』に初出演したときも、実は12月初めに週刊新潮が「箝口令は敷いてるけどこれだけ大きい話だと漏れちゃいますよね」と、関係者の話として掲載していました。

 

ただ、その前年もそんな噂があったのに出演しなかったため、ジャニーズと日テレの関係もあるし、やっぱり難しいんじゃないかと思われたところで本当に出演したため相当盛り上がった記憶があります。

 

それとは違ったんですよね、渡部さんの情報漏洩は。

 

後に報じられたところによると、渡部さんの『笑ってはいけない』出演は渡部さんが所属する人力舎の社長と渡部さんがレギュラーだった『行列のできる法律相談所』スタッフが相談し決めたとのこと。

 

人力舎社長は渡部さんの不倫発覚のときから何かしら文春でコメントしていますが、渡部不倫の第一報を聞いたときは、芸人だから笑いに変えて、何なら相方の児嶋さんに振って「おれじゃねーし」くらい言わせて、と考えていたそう。もちろん多目的トイレというワードを聞いて、そういう話じゃない、気持ち悪いやつだと気づきそういう考えは捨てたと言っていましたが、何かもともとテンプレ的な考えの持ち主なんでしょうね。

 

だから、これまでベッキーさんや袴田吉彦さん、原田龍二さんといった不倫芸能人が次々と禊の場とした『笑ってはいけない』での復帰を計画したんでしょうが、渡部さんの『笑ってはいけない』出演はワクワク度ゼロでした。

 

それどころか、あーやっぱりそうやって来るんだ、と、逆にそれに乗る『笑ってはいけない』サイドに幻滅しました。

 

もちろん、渡部さんサイドからすればどうにか復活させたいでしょうから、考えられる手は打つものでしょうけれど。

 

 

松本人志の頑固さ

 

[スポンサーリンク]

 

松本さんは情報漏洩にも苦言を呈していますが、今回の『Go Toラスベガス』で松本さんの反射神経が鈍っているようなリアクションをとったことを“老化”と指摘する記事が出たことにも「えらい言われようやな…歳をとる事が罪ですか? 今年はやらないので勘弁して下さい」と、『笑ってはいけない』の終了をほのめかすコメントをしていす。

 

『笑ってはいけない』終了をほのめかすのは今回が初めてではありませんが、いろいろ重なっただけに、本当にもう終わりなのかも、と感じる人も多いよう。

 

何しろ松本さんは、当時人気絶頂だった『ごっつええ感じ』を突然終わらせた過去があります。

 

[以下引用]

97年、フジテレビが放送予定だった『ごっつええ感じ』に替えて、ヤクルトの優勝決定試合を事前に松本に何の確認も取らずに放送したことに松本が激怒。周囲の説得に松本が応じることはなく、番組は終了することになった。


「ダウンタウンでいえば、浜田さんのほうによくキレるイメージを持つ人が多いと思うのですが、それは“松本がキレる前にオレがキレてる。松本がキレたときは終わり”ということらしいです。一度決断したことは曲げない、ということでしょう」(前同)

[日刊大衆]

 

『笑ってはいけない』の視聴率は相変わらず良いですし、DVDも売れてます。きっと今年も放送すれば良い結果を出すでしょう。

 

でも、松本さんが激怒したのは、そもそも渡部さんの出演を決めた制作サイドに対して、というのもあったかもしれません。もちろん簡単に情報を漏洩される環境も嫌だったでしょうし。

 

本当に終わりかもしれませんね。

 

◆2020年もいろいろあったなあ・・・

2020年話題の顔→ geinou ranking geinou reading

2020年話題の顔→ geinou reading geinou ranking

 

※売上いいです

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※松本人志さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

多目的トイレ不倫で芸能活動自粛中の渡部建さんが今年の年末に放送される『笑ってはいけないシリーズ』で復帰するという件が、逆に完全引退になりかねない大問題に発展しつつあります。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【予約】LOUIS VUITTON トート 予約送料込! ルイヴィトン 美術館 ...

価格:14300円(税込、送料別) (2020/11/24時点)


楽天で購入

 

 渡部建が不倫三銃士として芸能界復帰

 

今回の件は、まず週刊女性PRIMEが11月16日に「渡部が大みそか恒例の”絶対に笑ってはいけない”シリーズで復帰すると報し、その後スポニチが「18日にすでに極秘収録済み」と追随したことに始まります。

 

渡部さんは、不倫騒動後も日テレ系「行列のできる法律相談所」を降板しておらず、番組公式サイトに名前が残っています。

 

で、この「行列」スタッフは「笑ってはいけない」シリーズの制作にも毎年参加していることから、「出演させて禊コントをさせよう」というオファーに繋がったそう。

 

しかし、ネット上では「見たくない」「渡部はムリ」「何でもアリでは済まされない」と大炎上する事態に。

 

そういった動きを受けて、ついに当事者でもある松本人志さんが11月22日放送の『ワイドナショー』でコメントを発表。

 

「そもそも、今年やるって発表していないので、これに対して本当はコメントできない」

 

としつつ、

 

「誰がゲストで、どこで出てきて、何をするかっていうのは我々は知りたくない。受け身の側。ところが今回、収録前にネットニュースで知らされる。考えられない。収録前にあれ出されて、我々は知りたくなかった。ルール違反も甚だしい」

 

と報道に対して不満を爆発させていました。

 

それでは、そもそも渡部さんはどんな形で出演予定となっていたのでしょうか?

 

本来、それはテレビ局内でトップシークレット扱いなのですが、あの東スポさんが極秘ルートから仕入れた情報によると、驚愕の内容なんだそうで…

 

[以下引用]

〝不倫三銃士〟が誕生します。10月からプロデューサーや演出家、放送作家らが極秘で会議を重ねました。その中でスタッフが提案した案が『袴田さんと原田さんに不倫の先輩として渡部さんを徹底的にコキ下してもらう』という演出。渡部さんサイドにもそう伝えられたようです」(関係者)

[東スポ]

 

不倫三銃士…これはかなりの賭けに思いますが、どうなんでしょうか?

 

 

 渡部建の命運を握る松本人志

 

[スポンサーリンク]

 

さて、名前の出た二人ですが、2017年に”アパホテル不倫”が発覚した袴田吉彦さんは、番組内で変態仮面に扮し、

 

「ポイントカードを貯め歩き、浮気相手に売られてしまった最強のだらしなさ! 不倫仮面、袴田!」

 

と自らネタにしてみせました。

 

また、2019年に”4WD不倫”を報じられた原田龍二さんは不倫教師役で登場。

 

2年前にイジられた袴田さんに

 

「そんな教師はクビにしろ! 不倫は絶対に許されざる行為だ!」

 

と糾弾され、お茶の間に爆笑を巻き起こしました。

 

もちろん、これらの自虐爆発コントによって、袴田さんも原田さんもスキャンダルを笑いに昇華させることに成功し、俳優として復帰しています。

 

となれば、今度は渡部さんの番なのですが、それでも反発は強いようで…

 

[以下引用]

「渡部の場合は、何より密会場所が身体の不自由な方も利用する多目的トイレだったのがマズかった。佐々木希という妻がいながら浮気を繰り返していたこともいただけない。会見も行っていない。同じ醜聞でも全く“笑えない”のが渡部の不倫だ」(ワイドショー関係者)

 

こうなるとボディーブローのように効いてくるのが、すでに出演シーンが撮影済みであるという話だ。これが事実なら、オンエアで流すのか、それとも世間の風を読んで見送るのか。仮に見送られた場合、渡部は芸人・タレントとして“必要とされていない”と烙印を押されたのと同じだ。

 

不倫タレントの最後の駆け込み寺のような番組ですからね。そこでカットされることが何を意味するのか……。頭の良い渡部さんならわかるはず」(お笑い関係者)

 

番組スポンサーも事態の推移を注意深く見守っているというが、そんな渡部の命運を握るのは、ダウンタウンの松本人志だろう。

 

「渡部さんも松本さんを気遣わせることになりツラいだろう。これ以上、ハレーションが広がるようなら、最悪の場合、自ら身を引く可能性だってあるのでは」(スポーツ紙記者)

 

それはいくらなんでもさすがに、と思いたいが、そもそも年末での復帰計画自体がサプライズ。なにが起こってもおかしくはない状況だ。復帰が報じられながらオンエアされなければ、それこそ日本テレビをはじめテレビ業界から敬遠されたようなもの。渡部の「こんなはずじゃなかった……」という心の声が今にも聞こえてきそうだ。

[フライデーデジタル]

 

こうなってくると、もはや決断できるのは松本さんしかいません。

 

ただ、「ルール違反だ!」と批判したことを考えると、このまま”不倫三銃士”としてオンエアされることはないように思います。

 

つまり、お蔵入りか、それとも撮り直しか…

 

いずれにせよ、松本さんが渡部さんの命運を握っていると言っても過言ではないと思いますが、果たしてどんな結果になるのでしょうか?

 

でも、こういった世間の興味すら視聴率アップに利用しようと企んでいるわけですから、松本さんってやっぱりスゴイ人ですよね。。

 

◆え、あのお騒がせ大河出演女優とも関係があったの!?

 恐るべし渡部建→ geinou ranking geinou reading

 恐るべし渡部建→ geinou reading geinou ranking

 

※第三波襲来!

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※松本人志さん、渡部建、佐々木希さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で外出自粛、イベント自粛が続く中、松本人志さんが生活苦にあえぐ芸人の救済に立ち上がったと報じられています。

 

なんと、1人上限100万円を無利子で貸し付けるという太っ腹さで…

 

 

※やっと値段が安くなってきました

 

 松本人志、無利子無担保100万の貸付プラン。

 

[以下引用]

驚きの松ちゃんファイナンスだ。テレビ局関係者によると、後輩芸人らにポケットマネーで1人上限100万円を無利子無担保で貸し付けるプランで、返済期間は5年間という。

 

所属の吉本興業では3月から全劇場を休館。当初は無観客ライブ配信も行っていたが、政府の緊急事態宣言により、それもままならなくなった。「テレビの収録も劇場もない。給料もないのないない尽くし」(中堅芸人)との悲鳴が上がる中、“漢(おとこ)”松本がひと肌脱いだ形だ。

 

公にはしていないが、4月中旬にスタッフを通じて、親交のある後輩芸人に緊急メールで呼び掛けた。「コロナで収入が減った芸人に松本人志が金貸します。条件。おもろいやつ」との内容で、貸し付けの“条件”でハードルは上がっているが、これは将来性のある後輩への投資との意味を込めてだろう。

[スポニチ]

 

芸能記者の中西さんが実際に見たと証言しているので本当なのでしょう。

 

記事では松本さんと面識がある後輩ということで1000人ほど、10億円覚悟、とありましたが、中西さんによると、松本さんはしっかりと直接交流がない若手からのSOSも届くような連絡網を作っているんだとか。本気ですね。立派です。

 

となると、吉本の芸人6000人のうち何人くるか。

 

「おもろいやつ」という条件がややハードルを上げていますが、そこで踏み出すことができれば松本さんとの縁ができるかもしれないわけで。

 

ただし「おもろいやつ」というのは単純ではないようで。

 

[以下引用]

「松本さんの審査というよりも、吉本社内の審査があるようです。たとえば、以前から多額の借金がある芸人や、過去に吉本から注意を受けるような行為を繰り返していた素行不良の芸人は、松本さんのところに話が行く前に、社員がNG判定を出すとか。特に反社との交友が噂されている芸人は完全にアウト。実際に借り入れを申し出たのに、突き返されてしまった芸人もいます」

[日刊サイゾー]

 

そのくらいは本人のためにもとうぜんでしょうか。

 

松本さんはこれまでも自然災害が起こると特に公言していませんが寄付を行ってきたといい、今回も「後輩の将来が閉ざされるのは悲しいので貸し付けを決めた。返済を催促することもないでしょう。何かできることはないかとすぐに動いたようです」とのこと。

 

お金の使い方を知ってるってこういうことなのかなと。お金持ち良いなと思いました。

 

 

 何かというと補償して!の芸能界

 

[スポンサーリンク]

 

芸能界と言うと、コロナ騒動が始まって程ないうちから「補償して!」の声ばかり目立ちました。

 

 

違和感しかない西田敏行の「俳優の危機」アピール。休業補償もらえるのに支給額に不満って…

 

大炎上!King Gnu井口理が「一刻も早く補償をしましょうよ!!!」[コロナ]

 

脅迫しているみたいでイヤだったのはこちらですが。

 

国民から猛反発!多くの芸能人たちが賛同するライブハウスやクラブ、カラオケなどが外出自粛要請を受け全額補償を求めることのさもしさ

先日はホリプロの人までなにやら言っていましたね。

 

もちろん、GLAYやYOSHIKIさん、浜崎あゆみさん、AAAの西島隆弘さんや與真司郎さん、ジャニーズ事務所や新しい地図の人などなど寄付する側の人もいます。

 

でもなんだか「芸術文化は特別」「それに関わってる自分たちも特別」と言わんばかりで、一応国は個人事業主や中小企業を助けるような策も出しているし一人10万円給付もあるのに、それ以上税金から求めるんだ?と白けていたので、松本さんには良い意味で驚きました。

 

 

◆いまジャニーズでもっともコロナ感染が心配されているのは

この人→ geinou ranking geinou reading

この人→ geinou reading geinou ranking

 

 

※8時間限定のお値段です

 


※松本人志さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング