タグ:日テレ

6月に入り、次々と7月クールのドラマが発表される中、日テレが発表のタイミングを伺いつつ静かに準備しているドラマがあるといいます。

 

 

放送枠は、原作改変で物議を醸している『セクシー田中さん』『アクマゲーム』と同じ日曜22時半。

 

 

ドラマは成田凌主演さん主演で、『降り積もれ孤独な死よ』という現在連載中の漫画です。


[スポンサーリンク]



日テレの『セクシー田中さん』報告書



5月31日、『セクシー田中さん』の原作者芦原妃名子さんが亡くなった問題で制作過程につき調査報告書を公表しました。

 

 

その内容はかなり詳細ではありましたが、肝心の芦原妃名子さんの絶対譲れない要望であった基本原作通りに、未完の部分も原作者のベースの上で脚本を書くといった部分が伝わっていなかった原因には言及されておらず、芦原妃名子さんの死の究明や、今後再発させないための具体策提示には足りませんでした。

 

 

その割に、

 

 

《これで怖がっちゃいけない。安全にドラマを作る方法なんてない》

《失敗しないと学ばない》

 

 

などと開き直りのような制作側のコメントと、今後の原作モノの実写化に積極的に取り組むであろうことが伝わる、なんとも中途半端なものでした。

 

 



日テレは『セクシー田中さん』と同じ枠で実写化ドラマ放送予定



このタイミングで、ですが、実は『セクシー田中さん』と同じ枠で日テレはまたも漫画原作でドラマを放送予定だとか。



「7月クール、日本テレビの『日曜ドラマ』枠では、成田凌さん(30)が主演の、“漫画原作”のドラマが放送されると聞こえてきています。



 もちろん企画は前々から動いていて、あとは情報解禁するだけという感じだと思われますが、日テレが発表のタイミングに悩んでいるところはありそうですね。現在、日テレは『セクシー田中さん』の件で、“漫画原作のドラマ”の制作を発表しづらい状況にあるでしょうからね……」

ピンズバより引用


ドラマ化されるのは、『降り積もれ孤独な死よ』という2021年8月から連載しているの未完の漫画です。

 

 

現在は2部まで終わっているところですが、どうするにしても中途半端なのでは。

 

 

『セクシー田中さん』はすでに出ている部分はもちろんのこと、未完の部分の扱いでかなり紛糾したようでしたが・・



『セクシー田中さん』の教訓が活かせなかった『アクマゲーム』



『セクシー田中さん』が放送されていた日テレ日曜22時半では現在『アクマゲーム』が放送されています。

 

 

こちらはすでに完結している漫画で、原作者は改変に理解を示しており、17歳の主人公が27歳になってもどうぞお好きなように、というスタンスでした。

 

 

しかし7話が放送された時点で、流石に辻褄が合っていない、と、苦言を呈していました。

 

 

『アクマゲーム』は2年前には実写化の声がかかっており、『セクシー田中さん』よりも前の昨年9月から撮影が始まっていたといいます。

 

 

『セクシー田中さん』問題が勃発したときにはもう『セクシー田中さん』の教訓を活かすどころではなかったんだと思います。

 

 

が、要するに日テレが漫画原作の作品を実写化する際にはどんなときも辻褄なんて考慮しないのが当たり前、原作者や原作にリスペクトなんてないということですよね。

 

 

今度もそうなりそう。


 


◆こちらもどうぞ◆


 




2023年10月クールに放送された日テレの連ドラ『セクシー田中さん』の原作者である漫画家の芦原妃名子さんが2024年1月29日に亡くなった問題で、日テレがようやく調査結果を発表しました。

 

 

結論として挙げたのは

 

「最終的には、放送されたドラマは本件原作者の意図をすべて取り入れたものとなったと日本テレビも小学館も認識している」

 

 

で、当初の見解から何も発展がないと非難の声があがっています。

 


[スポンサーリンク]



本来ならGW明けに公表するはずだった調査結果



『セクシー田中さん』の原作者芦原妃名子さんが1月29日に亡くなり、日テレはすぐに次のようなコメントを発表しました。

 



【以下、日本テレビの公式サイト全文】



芦原妃名子さんの訃報に接し、哀悼の意を表するとともに、謹んでお悔やみ申し上げます。



2023年10月期の日曜ドラマ「セクシー田中さん」につきまして 日本テレビは映像化の提案に際し、原作代理人である小学館を通じて原作者である芦原さんのご意見をいただきながら 脚本制作作業の話し合いを重ね、最終的に許諾をいただけた脚本を決定原稿とし、放送しております。



本作品の制作にご尽力いただいた芦原さんには感謝しております。

日テレ公式サイトより


社会問題になる中で、日テレは2月15日に調査委員会を設置することを公表。

 

 

その結果はGW明けに行うこととするも、4月下旬になり報告が遅れることを明かし、本日2024年5月31日金曜日、17時過ぎに報告を発表しました。



すべてが姑息な日テレ



まず、報告が金曜日の17時ということが逃げています。

 

 

土、日は基本的にニュースが少ないからある程度ダメージがコントロールできるんですよね。

 

 

報告の内容もいろいろ思うところがありますが、結論が芦原妃名子さんが亡くなった直後とまるで変わっていないんですよね。

 

 

「最終的には、放送されたドラマは本件原作者の意図をすべて取り入れたものとなったと日本テレビも小学館も認識している」

 

 

これは芦原妃名子さんが疲弊しながら脚本に手を入れた結果です。

 

 

最初から芦原妃名子さんの希望を汲んで作品作りをしていたら、いろいろな軋轢はなかったはずです。



日テレの報告書にある芦原妃名子さんの切実な声



本件原作者は本件脚本家の 1 回目の投稿があった直後の 2023 年 12 月 25 日に関
係者と食事をした。食事の際、本件原作者は以下の内容を関係者に話した。

・ A 氏は最初から本件ドラマについて改変ありきで進めていたのではないか
疑問に思う。
1 話から 8 話までは自分が大変な思いをして修正したものであるのに本件
脚本家の手柄にされており、自分が脚本として作った 9,10 話が駄作と言わ
れているのが許せない

日テレ報告書


これは日テレが公開している報告書の一部です。

 

 

報告書は90ページに渡っており、新聞やニュースではすべてを報じることはできないと思いますが、これはとても大事な部分なのでは。


なお、A氏というのは企画立案した人ということで、チーフプロデューサー、プロデューサー、誰のことを言っているのか明確ではありませんでした。

 



脚本家相沢友子氏も哀れ



 

一方、脚本を書いた相沢友子さんは『セクシー田中さん』放送終了後にSNSに以下のような投稿を行いました。

 

 

「最後は脚本も書きたいという原作者たっての要望があり、過去に経験したことのない事態で困惑しましたが、残念ながら急遽協力という形で携わることとなりました」

(12月24日)

 

「『セクシー田中さん』最終回についてコメントやDMをたくさんいただきました。まず繰り返しになりますが、私が脚本を書いたのは1~8話で、最終的に9・10話を書いたのは原作者です。誤解なきようお願いします。」

(12月28日)

 

 

 

このように投稿した背景を日テレの調査委員会に対し次のように説明したようです。

 

 



2023 年 12 月 24 日の投稿については、「9 話の脚本をなぜ書かなかったのか?」
という心配のメッセージが本件脚本家のインスタグラムに届いていたため、何ら
かの説明をしなければと考えた。その際、本件脚本家は、自分が体調不良やスラン
プなどで周囲に迷惑をかけたと受け取られるのは困ると思い、状況を書ける範囲で正直に伝えた。



同月 28 日の投稿については、放送終了後、9,10 話を本件脚本家が書いたと誤解
した視聴者から、本件脚本家に多くのメッセージが届いた。なかには物語の内容に
不満を訴える声もあり、本件脚本家は再度自分が書いていないということを明確
にする必要があると感じ、インスタグラムに投稿した。また、状況を鑑みて脚本家
の権利として商習慣上「脚本協力」のクレジットが表記されるのが当然であり、日
本テレビの対応を容認できないと考えていたため、2 度と同じことが繰り返されな
いようにという思いを書かずにはいられなかった。本件脚本家は、当時は何をどこ
にどう訴えても届かないことに疲弊し、精神的にも限界だった。

日テレ報告書


哀れです。

 

 

相沢友子さんは相沢友子さんで、与えられたことを全うしたつもりだったんでしょう。

 

 

だから高評価を得たのに、最後原作者がしゃしゃり出てきちゃったから、という気持ちだったのでしょう。

 

 

でも芦原妃名子さんからすると、1話から8話、すべて手を入れなければいけなかった、自分が手を入れたからこその高評価だった。なのに脚本家として別人がクレジットされるのは許せない、そういう思いだったよう。

 



結論:相沢友子は芦原妃名子さんの希望を知らなかった



ドラマ化にあたって「必ず原作に忠実に」「終盤は本件原作者が脚本を書くことも
あり得る」という条件については、A 氏自身そのような条件が小学館から出されているという認識がなかったため、A 氏から本件脚本家には説明されていない。

日テレ報告書


ここまで相沢友子さんが不満を持ったのは、相沢友子さんが主張していたように、芦原妃名子さんの「原作そのまま」「場合によっては脚本を自分で書く」という希望を知らなかったから。

 

 

しかも、A氏もその希望を知らなかったと。

 

 

じゃあ芦原妃名子さんの希望はどこで消えてしまったんでしょう。

 

 

そのあたりは来週早々になされる小学館の調査報告にあるのでしょうか。

 

 

ただ、相沢友子さんは『セクシー田中さん』の脚本を依頼されたとき、原作者について質問したところ、「難しい人(こだわりが強い)」と聞いていたとのこと。

 

 

そしてA氏は芦原妃名子さんが過去の実写化で脚本に対しかなり厳しい態度で臨んでいたということは知っていたとのこと。

 

 

その上で、原作の改変で炎上したことがある相沢友子さんをなぜ起用したのか。

 

 

また、何度も脚本の書き直しが芦原妃名子さんから言われたのであれば、上辺でなくきちんと根本解決しようという姿勢が必要だったのではと思わざるを得ません。



芦原妃名子さんの願いが届いていなかったアクマゲーム



漫画とドラマは媒体が違うので、本当はドラマ用に上手にアレンジして頂
くのがベストだって事は、私も良く理解してるんですよ。
(中略)
でも、ツッコミどころの多い辻褄の合わない改変がされるくらいなら、しっ
かり、原作通りの物を作って欲しい



これは私に限らずですが…


作品の根底に流れる大切なテーマを汲み取れない様な、キャラを破綻させ
る様な、安易な改変は、作家を傷つけます。悪気が全くないのは分かってるけ
れど、結果的に大きく傷つける。それはしっかり自覚しておいて欲しいです。
最終的に意にそぐわないモノが出来ても、多くの作家は公に文句が言えない
です。莫大な数の役者さんスタッフさん達が、労力や時間を使って関わってく
ださってる事を知ってるので。その事に対しては、本当にとても感謝をしてい
るので。なので、闇雲に原作を変えるな!と主張しているわけではなく、より
よいドラマになるように、自分を守るために、現段階で出来るベストを尽くし
ているつもりです。
宜しくお願い致します。
(2023 年 9 月 11 日、C 氏から原作者の意見として A 氏に送付されてきた Word
文書より。)

日テレ報告書


芦原妃名子さんのこの言葉が脚本家を含めてスタッフ全員に周知されていたらと思います。

 

 

「ツッコミどころの多い辻褄の合わない改変」は、『セクシー田中さん』と同じ枠で現在放送されている『アクマゲーム』原作者も訴えていました。

 

 

『アクマゲーム』が制作されたタイミング的に『セクシー田中さん』の教訓を活かすことができなかったのかもしれません。

 

 

が、要するに日テレが漫画原作の作品を実写化する際には辻褄なんて考慮しないのが当たり前、原作者や原作にリスペクトがなくてということですよね。

 

 

がっかりです。

 

 

週明けには小学館のサイドからの調査報告もなされる予定です。

 

 

そちらも合わせてよく読みたいと思います。



◆こちらもどうぞ◆


 


 


 


日テレ日曜22時半から放送されている間宮祥太朗さん主演のドラマ『ACMA:GAME アクマゲーム』の原作者・メーブ氏が第7話の内容に苦言を呈しました。

 

 

その結果、原作者が脚本を知らずにドラマ化されていることが明らかになりました。

 


[スポンサーリンク]



アクマゲーム原作者メーブ氏の苦言



「ううーん…ちょっと流石に不明なこと、はっきりしないことが増えすぎて、7話は楽しめなかった…」



「結局このトーナメントは何のためにやっているの? 優勝したらどうなるの? 逆に優勝できなかった人はどうなるの? そのあたりがはっきりしないから、どんな気持ちで勝負を見守ったらいいのかわからない。命懸けなのに、1回戦で負けた人もみんな平気な顔してるし、みんな何考えてるの?」



「今回のゲーム…とうとう何を賭けるのかも言わなくなっちゃったね…勝っても負けてもどうなるかわかんなくて、『?』状態で見ることに…」

「伊達と初は会ったばかりで信頼関係もまだないのに、『伊達は自分の命は諦めて初に協力しないと成立しないチーム戦』っておかしいよ」

「あと、伊達さんはどうして悪魔の能力を使えたの? 1回戦で初に負けて悪魔の鍵は失ったよね? ドラマ版は、自分で悪魔の鍵を使った時に能力がもらえる設定じゃなかった?」

「漫画と設定を変えてもいいんだけど、それで矛盾が発生して、その矛盾がキャラの心情すらもわからなくさせてしまっている気がします」



 

ムーブ氏のポスト



『アクマゲーム』のストーリーを知らなくてもメーブ氏のこのポストを見ただけで、辻褄合ってないなあとわかります。

 



『アクマゲーム』視聴率なんと2.9%



このガチャガチャ加減、深夜ドラマなのかと思いきや、日テレ日曜22時半の枠です。

放送済みの第7話までの平均世帯視聴率はこちら。

第1話:5.7%
第2話:3.7%
第3話:3.7%
第4話:3.3%
第5話:3.5%
第6話:3.5%
第7話:2.9%

…視聴率まで深夜ドラマみたいですね。

 

 

第1話はキャストや作品への期待値で、2話以降はその結果、と言われていることを考えると、ムーブ氏の指摘通り、内容がいまいちなんだろうなというのがわかります。

 

 

ネットの実況もどんどん盛り下がっていますし。

 

 



放送前は改変に前向きだったメーブ氏



『アクマゲーム』は『セクシー田中さん』と同じ日テレの日曜22時半枠、さらに漫画原作の実写化ということで、放送前は丁寧に扱われていた感があります。

 

 

※ただし講談社。


 

 


『アクマゲーム』の放送が公式発表されたのが1月上旬で、芦原妃名子さんが亡くなったのが1月29日。


その後原作者無視の実写化が大きな問題になっていたために、同じことが繰り返されているんじゃないかという視聴者の警戒に応えていたんだと思います。

 

 

たとえば、主人公の年齢が高校生から27歳に変更、という、よくある設定の変更がありました。

 

 

原作では高校生にして日本有数の財閥のトップ、ということで主人公の優秀さを示していたのですが、日テレは設定の変更をリアリティを求めるためと説明。

 

 

また、「1番映像化に向けてベストな方法を選んでいただきたいという先生の言葉もいただいたので」と説明し、原作者のメーブ氏が了解していることを明示し、その他、悪魔の鍵の扱いが原作と違うことなども、「原作者が納得してるなら」と視聴者は理解したと思います。

また、メーブ氏もXでたびたび実写化について言及しており、まとめれば、

 

・随分前に終了した漫画を実写化してもらうことを喜んでいる

・タイトルさえ残してくれればよい

 

 

といったおおらかな反応で、年齢が10歳上がることについても、「照朝おまえ10年後には間宮祥太朗になるんだな」という漫画を描いて、メーブ氏自身は特に不満に思っていないことを示すなど、かなり協力的でした。

 

 

テレビを入り口に原作や他の作品にも興味を持ってもらいたい、という気持ちがあるようです。

 


そんなメーブ氏でも、ここまでストーリーが整合性が取れていないと一言いいたくなっちゃいますよね。。

 

 



『セクシー田中さん』の調査結果はウヤムヤ中



『セクシー田中さん』は完結していない漫画だったため、実写化にあたり芦原妃名子さんは数々の制限をもうけ、それが守れるなら、ということで実写化を了承したといいます。

 

 

しかし仕上がってくるのはその約束を守っていない脚本ばかり。

 

 

芦原妃名子さんは何度も脚本の書き直しを求めたといいます。

 

 

最終的に漫画が触れていない部分が納得のいく仕上がりにならなかったため、事前の約束通り芦原妃名子さんが書き上げたものの、相沢友子さんが突然原作者がわがままをいった、といった投稿をし、芦原妃名子さんがそれに対するアンサーとしてこういった裏事情を投稿、ネットが大炎上しました。

 

 

その後、芦原妃名子さんは自ら命を断ってしまいました。

 

 

そして相沢友子さんはそんな話を聞いていなかったと弁明したため、日テレの責任が問われることになり、調査し報告することを発表したわけです。

 

 

その期限は当初GW明け早々でしたが、4月末に少し遅れると発表があり、もうすぐ5月も終わりそうな今日このごろ。

 

 

日テレにとってとても大事な『24時間テレビ』のことを考えると、ウヤムヤにしたところで、また先延ばしにしたところでいいことはありません。

 

 

日テレによると過去の他の作品についても聞き取りを行っているということですが、それよりなにより、現在放送中の『アクマゲーム』ですよね。

 

 

メーブ氏によると2年前から実写化の話があったということで、準備には十分時間があったと思うのにこの不出来。

 

 

いろんな意味で実力不足なのではないでしょうか。

[スポンサーリンク]

 

「セクシー田中さん」原作者である芦原妃名子さんの死に至る経過を調査することを明言している日テレですが、どうも対応がまずくて話題です。

 

 

 

 

 

「セクシー田中さん」ざっくり時系列

 

非常にざっくりと時系列をまとめると次の通りです。

 

 

12月末:セクシー田中さん公式アカウントが脚本家のSNSでの愚痴投稿に「いいね」

 

 

1月29日:芦原さんが亡くなる。

 

 

1月末:芦原さんの訃報が伝えられた直後と翌日に哀悼と感謝、個人攻撃止めてとコメント

 

 

2月10日:週刊女性プライムが日テレと小学館の沈黙は4月クールで放送予定のドラマ「たーたん」が「セクシー田中さん」と同じく小学館の漫画の実写化であり、プロデューサーも同じであることが原因では、と報じる

 

 

2月14日:週刊文春が週女プライムの内容に加え、「たーたん」主演はムロツヨシさんであることを報じる

 

 

2月15日:日テレが調査チームの発足を報告

 

 

2月21日:週刊文春が「たーたん」でも原作改変があったと報じた直後に「たーたん」放送中止を決定。その内幕までを文春に報じられる

 

 

2月22日:「たーたん」放送中止を正式発表

 

 

そして2月26日、日テレ社長による定例会見が開かれました。

 

 


 

日テレ「個人攻撃があり情報発信を控えていた」

 

[以下引用]

訃報から「調査チーム」始動までに2週間以上を要したが、石澤社長は「個人攻撃など、いろいろな形で情報が飛び交っていたため、情報発信を控えていた。少し落ち着くまで動きを控えていた」と報告。「“遅すぎた”という批判に関しては、そう考えていない」とし、「客観的な検証ができればと、今、進めている。その状況を速やかに皆様にご報告したい」と今後の速やかな対応を誓った。  

また、この件に関する新情報については「細かい情報を情報発信することが本当にいいのか総合的に考えた。批判はあると思うが、これが一番いいと思って決めた行動」と回顧。「調査は実際的には始まっていた」と明かした。

[スポニチ]

 

これ、おかしくないですか?

 

 

個人攻撃があったから情報発信を控えていたと、まるで世論が悪いみたいに言っていますが、逆です。

 

 

日テレが早い段階で毅然と調査委員会の設置を発表、すぐに結果を報告までしていたらプロデューサーや脚本家への攻撃は激化しなかったのでは。

 

 

もっと言えば、脚本家がSNSで原作者への不満を書いたときにすぐ対応していれば、芦原さんが亡くなることもなかったのでは。

 

 

また、この定例会見では、「できあがった作品の二次利用などについては契約を結ぶが、ドラマ制作の詳細について契約書は存在しない」。制作過程や著作者人格権に関わる契約については、「作品ごとにはない。法律に基づいた枠組みでの了解は当然あるが、約束事を文書で取り交わしているわけではない」と、これが一般的なことであることも明かしています。

 

 

ただ契約がどうのこうの以前の話で、北村弁護士も解説しているように、原作者の著作者人格権における「同一性保持」の権利が最優先であるというのはゆるぎない事実です。

 

 

つまり芦原さんの「原作に忠実に」という希望は当然叶えられるべきものだった、ということです。

 

 

これを踏まえて、日テレはどういう報告をするのでしょうか。

 

 


日テレが本気で調査に取り組むとは思えない理由

 

26日の定例会見では、4月放送予定だったドラマ「たーたん」が放送中止になったことについて、“起きてしまった事案を前提として、目の前の作品をどうするかという検討した結果、企画を変えるという決心に至った”と説明しています。

 

 

その代わりとして別ドラマを制作予定であると明かしていたのですが…

 

 

[以下引用]

「制作中止は賢明な判断ではありますが、4月期ドラマの放送開始まで1か月強しか時間は残されていません。その状況下で、1からドラマ制作に取り掛かるなどほぼ不可能。過去のドラマの再放送やバラエティ番組などで穴埋めするのかと思っていましたが……。いったいどんな手を使って放送にこぎつけるつもりなんでしょうか」(制作会社関係者)

 

『たーたん』に代わる新ドラマについて、「すでにキャストは決まっている」と声を潜めるのは日本テレビ関係者。 「『たーたん』でキャスティングされていた出演者の方々に、引き続き新ドラマのほうに出てもらうことで決まっているそうですよ。スタッフの方々やプロデューサーなど、制作チームにも変更はありません。中止になった作品のキャスティングを、別作品に鞍替えするという異例の対応ではありますが、プロデューサーチームによる説明の結果、納得して頂けたということでしょう」 『たーたん』と同じキャスト、スタッフでドラマを制作するという急転直下の決定。日本テレビに事実確認を求めたところ、 「番組制作過程の詳細に関してはお答えしておりません」

[週刊女性プライム]

 

キャストがそのまま継続、というのはわかります。

 

 

でもなぜスタッフも?

 

 

「たーたん」があり得ないと言われた第一の理由は、小学館の漫画を「セクシー田中さん」プロデューサーが実写化、という部分です。

 

 

「たーたん」を下げたらプロデューサーはOKだという判断だったのでしょうか。

 

 

問題の三上さんという方はチーフプロデューサーであり、実際どういう役割を果たしていたのか社外の人には伝わりません。

 

 

だからこそ、渦中の、よくよく話を聞かなければいけないプロデューサーを、なぜ1か月ちょっとで準備しなければいけない新ドラマのプロデューサーに起用したのかが疑問です。

 

 

たとえ、三上さんがとりまとめだけで芦原さんの件についてはたいして知ってることがないんだとしても、「チーフ」プロデューサーであった以上責任をとるべきなのに、ふつうに仕事をしている、それがもうズレているように思うのですが…

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

[スポンサーリンク]