パンくずリスト
  • ホーム
  • フジテレビ
タグ:フジテレビ
[スポンサーリンク]

 

フジテレビの人気番組「逃走中」撮影中、制作会社がマンションの出入り口を塞いだり敷地を無断使用したりしていたとして地域住民から苦情が出ていました。

 

住民が迷惑行為を指摘しても「一般の方々と我々は違う」と強引に撮影を続けたといい、制作会社は「近隣住民の方にご迷惑をおかけしてしまったことを深くお詫び申し上げます」と謝罪しました。

 

 

 

マンション住人男性が明かした「逃走中」撮影の迷惑行為

 

[以下引用]

マンションの住民男性によると、撮影があったのは3月2日午後1時ごろで、現場は東京都内のマンション3棟が並ぶオフィス街。仕事帰りの男性がマンションに入ろうとすると、出入り口にカメラの機材やキャビネット、折り畳み椅子などが置かれ、入れない状態だった。現場のスタッフは20~30人ほど。マンションに面した道路で、「逃走中」に登場するスーツに黒サングラス姿の「ハンター」とみられる人や演者が走り、「きゃーー」という叫び声が響いていたという。

 

歩行者を妨げていたこともあり、男性がスタッフに道路使用許可書を確認すると、100メートルほど、使用する場所が異なっていた。確認のため撮影を一時的に中断するように伝えたが、「みんなの道路だから撮影してもいいんです」「一般の方々と我々は違うんです。静かにしてください」などと言われ、撮影を続けられたという。管轄の警察署に男性が電話すると、同様の通報が入っており、事態を把握していたという。

[まいどなニュース]

 

その後警察官が到着し撮影は撤収、男性の元には責任者から謝罪の電話があったとか。

 

 

しかし、ご本人のポストによると、「今回のやり取りの中でも謝っとけばいいんでしょ、という感じに傲慢さを感じました」とのこと。

 

 

まあ、「一般の方々と我々は違うんです」ですからね。

 

 

言葉遣いが破綻してないだけマシではありますが、業界の人は特権階級意識があるものだろうなという例はほかにもあります。

 


業界人の持つ特権階級意識が漏れる色々

 

昔話題になったのは、当時のTBS会長井上弘さんの入社式で話したとされる、「テレビは洗脳装置。嘘でも放送しちゃえばそれが真実」とか、その後も「社会を支配しているのはテレビ。これからは私が日本を支配するわけです」「日本人はバカばかりだから、我々テレビ人が指導監督してやっとるんです」といったびっくり発言の数々。

 

 

まあこの井上さんほどになると発言の真偽すら疑いたくなるレベルですが、今回のような感じで、日常生活を送る中で「え?」と思う事はあります。

 

 

ちょっと前に話題になったのはコレでしょうか。

 

 

 

 

なんだろう、人がたくさんいる、ロケ?誰がいる?とちょっと立ち止まりかけたら、「立ち止まらないでくださーい」と不機嫌そうにスタッフに声をかけられる、

 

 

とか、

 

 

歩いていたらいきなり「止まってくださーい」「しばらく待ってください」と足止めされたかと思ったら、「今のうちに行ってください!」

 

 

みたいな経験のある人は多いのではないでしょうか。

 

 

また、東日本大震災のときは、ガソリンスタンドが長蛇の列になっているところに横入りしてさっと給油していった、なんて話もありました。

 

 

「一般人」を楽しませるものを作っている、それは間違いのない事実です。

 

 

けれども、その撮影のために邪険に扱っている「一般人」は、イコール視聴者なんですよね、

 

 

ネットで調べたら、あるドラマのスタッフはロケ前の事前挨拶がとても丁寧だったとか、ある女優さんは自ら挨拶に回っていたとか、とても気持ちのいい制作サイドの方々もいらっしゃるようです。

 

 

そういう方々は、一般人=視聴者であり、自分たちが上にいるなんて思ってない人なんでしょうね。

 

 

◆フジがとった新戦略

吉と出るか→ geinou ranking geinou reading

凶と出るか→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

[スポンサーリンク]
  • 未分類

 

テレビ界の女子アナブームの火付け役であり、かつては”女子アナ王国”の名を欲しいままにしていたフジテレビが崩壊の危機に瀕しているといいます。

 

なんでも、これから女子アナ退社ラッシュが始まる可能性が非常に高いそうで、そこにはどうしようもない理由が隠されているんだとか・・

 

◆マジで美味いっすよ。



 

 

[以下引用]

報道番組がメインだった看板アナの三田友梨佳アナと報道のエースだった石本沙織アナが相次いで3月末に退社した。昨年は『ワイドナショー』や『ノンストップ!』などに出演していた久代萌美アナや『めざましテレビ』などを担当していた久慈暁子アナが去っている。

 

「フジが女子アナ王国と呼ばれ権勢を誇っていたのは遠い昔の話です。最近はほとんどの女子アナが隙あらば退社を目論んでいる。それこそ、いい条件で次の仕事があるなら間違いなく辞めると思います」(フジテレビのバラエティー番組プロデューサー)

 

フジ女子アナ陣が先を競うように去ろうとする理由は、至極明快。

 

「一番は未来がないからです。1月にスタートした昼のバラエティー番組『ぽかぽか』は視聴率0%台目前…。一方でバブル時代に一世を風靡した『オールナイトフジ』の焼き直し企画『オールナイトフジコ』、『27時間テレビ』の復活など、テレビマンの耳を疑いたくなるような番組企画。過去の栄光にしがみつくようでは、未来はありませんよ」(業界事情通)

 

〝民放局一〟として羨望の眼差しを向けられた年収の激減も、女子アナ離れを加速させているという。

 

「視聴率三冠王時代の年収は30代で優に2000万円を超えていた。多くが税金対策のために投資用マンションを所有していたんです。当然、女子アナらも高年収の恩恵に預かるわけです。一時期、エルメスやシャネル、ヴィトンなどの高級ブランドの外商がフジのアナウンス部内に出入りしていましたからね」(芸能プロ関係者)

 

さて、気になる現在の年収は?

 

30代で1000万円に達しないんです。多くが600~800万円台。しかし、メイクやエステなどの美容代、洋服にお金がかかるのは一緒。皆がアップアップしている」(フジ関係者)

 

厳しい環境に置かれるフジ女子アナ陣で、次に卒業を噂されているのが・・

 

「堤礼実アナ、杉原千尋アナ、宮澤智アナ、永島優美アナ、鈴木唯アナ…といった面々です。実際は、中堅・若手を中心にゴロゴロいるはずです」(制作関係者)

 

結局、金の切れ目は縁の切れ目。

[日刊大衆]

 

30代会社員で年収600万円〜800万円というのは、今どきの水準でいったら決して少なくはありません。

 

テレビ局社員の場合、これまでが貰い過ぎだっただけでは?

 

企業の広告費がネット媒体に流れ、テレビ局自身の経営が非常に苦しくなっていることを考えたら、文句は言えないと思いますが・・

 

やっぱり、フリーになったら「億も夢じゃない!」と唆されると、その気になっちゃう?

 

ただ、女子アナ業界も飽和状態。

 

ルックスが良くて喋りが上手いのは当たり前で、そこに何かしら”人にはない武器”を持っていないと生き残れません。

 

会社にいればとりあえず食いっぱぐれることはないわけですし、退社ドミノがそんな簡単に起きるとは思えませんけど・・どうなんでしょう?

 

そんなことよりも、あの大谷翔平選手がフリーであることが明らかになりましたし、ソッチ方面での攻撃を強めた方が良いかも?

 

容姿以外なにも持たないと言われた久慈暁子さんも、今はNBAプレイヤー渡邊雄太さんの妻として、日々SNSに裕福な生活を公開していますしね。

 

ここ数年はコロナによる取材制限もあって、女子アナがプロスポーツの現場に赴く機会が激減してしまいました。

 

そんなこともあり、今では高給取りのスポーツ選手たちは、女性タレントたちの”狩り場”になってしまったーとの分析もあります。

 

女子アナの皆さん!

 

コロナが5類に引き下げられる今こそ、貴女たちの出番です!

 

”世界のOTANI”を陥落させるのは誰なのか、しっかり見届けさせて頂きますよ!

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※女子アナのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

カテゴリー

 

社会現象だと「ポップUP」で特集された川口春奈さん、目黒蓮さん出演のドラマ「silent」ですが、それがフジテレビの捏造だと報じられています。

 

※豊悦が耳が聞こえない役でした

 

[以下引用]

この日の番組は、木曜日に放送中の川口春奈・目黒蓮が出演するドラマ『silent』(フジテレビ系)を特集。〝3週連続ツイッター世界トレンド1位〟であることを自慢し、視聴率6%台でありながら〝社会現象になっている〟と自画自賛する。

 

さらに芸能界でも大反響があると前置きし、元ハロプロの真野恵里菜、『ジャングルポケット』斉藤慎二、『パンサー』向井慧がツイッターで絶賛しているという、何の箔もつかない出来事を紹介した。

 

「番組MCの佐野瑞樹は『世界トレンドですよ! 世界!』と称賛したが、『silent』が放送されているのは国内のみ。別に世界トレンドといっても世界で話題になっているわけでなく、あくまで国内限定です。もっと言えば、ツイッターのトレンドなんて、ファンが連投すれば簡単に世界1位になる。ツイッター自体が海外でオワコンで、熱中しているのはもう日本人だけですからね。深夜アニメですらツイッター世界トレンド1位になる時代に、なにを喚いているのか。〝ツイッター世界トレンド1位〟なんて、モンドセレクション金賞レベルのものですよ」(芸能記者)

 

※モンドセレクション金賞17年連続受賞ですが何か。

[Amazon]

 

ネット上でも、この件に関しては

《世界トレンド1位とか恥ずかしいから辞めてほしいわ。日本人が一番Twitter使ってるだけだろ》

《日本でしかやってないドラマなのに世界トレンド1位はないわw》

《Twitter世界トレンド1位って、アクティブユーザーは日本とアメリカが占めてるから、アメリカが深夜だとほぼガラパゴス状態になるんじゃないのか》

《Twitterの世界トレンドほどスゴくないものはない》

《どうしてもこれをゴリ押したいんだな》

《社会現象はつくるもの(キリッ)》

《社会現象煽り。社会現象洗脳》

《ありもしない社会現象で必死》

といった呆れ声が殺到している。

[まいじつ]

 

 

「社会現象は作るもの」というコメントがありますが、実際そうですよね。

 

トレンドカラーもファッショントレンドも生地のトレンドも、専門機関が「この冬は〇色が流行します」「こんなファッションが流行します」と発表することで始まりますからね。

 

流行ってるんだよ!社会現象なんだよ!と言われたら、「そうなの?」と気になり、ちょっと観てみようかなと思う層が増えることを期待するのはわかります。

 

そうやって、テレビ各局は韓流ブームを捏造し、やり過ぎたフジテレビは過去にデモにまで発展しましたしね。

 

NHKまで韓流ブーム捏造?ハングル語が流行って本当??

 

でも、日本でしか放送されていないドラマについて「世界トレンドですよ! 世界!」と言われたら、Twitterの世界的利用状況を知らなかったとしても「??」となりますよねえ。

 

とても雑です。

 

今回の「silent」に限りませんが、Twitterのトレンドなんて、同じツイッターで「○○をトレンドにしよう!!」とファンが盛り上がってるのも目にします。

 

その流れで、Tverの再生回数がスゴイことになっているのも、同じようにファンが一致団結してるんじゃないのと思ってしいます。

 

視聴率はどんなにファンが貢献したくても、自宅に計測器がなければどうにもなりませんが、Tverならどうとでもなりますからね。

 

もはやドラマの人気のものさしはないに等しいのでは。

 

それにしてもファンがSNSで強烈につながるジャニーズタレントを出演させれば黙っていても盛り上げてくれるから、制作サイドからすればありがたい限りなのでは。

 

結局のところ、たとえ視聴率が6%台でも応援してくれるファンがいればどうにでもなるということで。

 

◆目黒蓮にロックオン!

40代女優Sとは誰→ geinou ranking geinou reading

40代女優Sとは誰→ geinou reading geinou ranking

 

※次期キムタクとか・・・

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※川口春奈さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

フジテレビの関東ローカル深夜枠で、7月からひっそりと始まった新番組「あえいうえおあお」が、ネット上で大バズリしているといいます。

 

最近、フジテレビの新番組はことごとくスカって、世間でも全く話題になっていませんが、もしかしたら同番組が“フジテレビ大復活 のきっかけになる・・かも?

 

◆掘り出し物の推しアナを見つけてください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

HBC女子アナカレンダー2019

価格:2516円(税込、送料別) (2022/8/4時点)


楽天で購入


 

 

同番組は現在までに3回放送されているが、フジの女子アナの街頭取材をクローズアップする番組内容で、それを局内からモニタリングするMCはナインティナイン・矢部浩之にフットボールアワー・後藤輝基という、かなり贅沢な布陣。

 
「こんなローカル深夜枠のMCに、吉本の一線級のMCが2人も出演するとは前代未聞。それこそオズワルドや見取り図あたりで打倒な枠。しかしMC以外は毎回1人の女子アナしか出演しないし、スタジオも使用しないため、制作費のほとんどを矢部と後藤のギャラに回せるという安上がりな番組でもある」(バラエティプロデューサー)

 

毎回、1人の女子アナが、各自興味の湧く分野について、街頭で一般人相手に突撃取材を決行。しかし、なかなかマニアックなテーマが多く、道行く人々はフジテレビの美人アナウンサーが話しかけているにも関わらず、断ったり完全スルーしたりと、その散々な様子をそのまま流している。

 

例えば第1回目の放送は、10月からフジテレビ夕方の顔となるエース級美人アナの宮司愛海が担当したが……。

 
「多少の仕込みもありそうだが、おおよそガチで次々とフジ女子アナがスルーされる様は、ある意味見ていて気持ちが良いもの。しかし、この番組はそれが狙いで、さらにここから視聴者が誰しも予想しない展開に。宮司の男性ファンなら『思わず部屋でズボンを下ろしかねない内容』といっても過言じゃない」(女子アナ事情に詳しいディレクター)

 

街頭インタビューが上手くいかずに、落ち込む宮司を励ます1人の男性ディレクター。休憩のためにカフェへ入ったり、なぜか海岸沿いで座って話し込む様は、アイドルの妄想デートシーンを超えて、完全に大人系の企画ビデオの本番前のインタビュー動画のような雰囲気。

 

「街頭ではENGカメラマンがちゃんと撮影しているが、海辺のシーンとかはディレクターが手持ちのゴープロか高機能スマホで撮ったような映像に切り替わる。美人アナの顔の超ドアップなどの接写カットも多く、まさにそっち系の動画を観ているよう。撮影がすべて終わってタクシーや電車で帰っていく様子まで回しているのは、まさに素人企画物のエンディングと酷似している」(同前)
 

放送中からSNSは大バズリで『この展開は良い意味でダマされた』『完全にオトナ系と構成が一緒』『まさかフジのバラエティで抜く日が来るとは』『矢部と後藤の無駄使いwww』と大反響だった。

 

「続く2回目、3回目の放送もフジ女子アナで、同じようなAVチックな内容で大バズリしていた。しかし、番組の内容にツッコミを入れまくる役のフット後藤が『もう女子アナのデートいらん、男子アナにせい』と言ったのが前フリだったのか、4回目の放送はなんと男性アナが担当。早くも『今度は、まさかのゲイビデオもどきか』と一部で話題になっている」(バラエティ放送作家)
[覚醒ナックルズ]
 

こんな仕事でもガッポリとギャラを稼げるんですから、大物芸能人って得ですよね・・

 

というのはさておき、BPOのお堅い自称文化人の方々にはピンとこないかもしれませんが、これはかなり攻めた内容ですね。

 
コンプライアンスでガチガチに縛られ、視聴者ウケする面白い番組が非常に作りづらくなったこのご時世にあって、まさかの”大穴狙い”といったところ?
 

まあ、深夜番組ならではの内容なので、すぐにGP帯に進出して・・という展開にはならないと思います。

 

しかし、こういった攻めの番組がバズって評判になり、若手が活躍できる雰囲気がフジテレビ全体に広がっていけば、逆襲もあるかもしれません。

 

しばらくは同番組の動向に注目ですね!

 

◆斜陽産業と言われつつも、テレビマンは頑張ってます。

 ふむふむ→ geinou ranking geinou reading

 ふむふむ→ geinou reading geinou ranking

 

◆こっちも攻めあるのみ!

「踊る大捜査線」続編がついに実現か!織田裕二の「ポップUP!」司会就任とのバーターでフジが検討中

 

◆女子アナ好きにはたまらない一冊。



 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※ヨシモト大物芸人のSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング