パンくずリスト
  • ホーム
  • 香川照之
タグ:香川照之

 

 

香川照之さんが務めていたTBS朝の情報番組「THE TIME,」の金曜日MCの後任の座を巡り、様々な分野の芸能人たちから売り込みが殺到しているといいます。

 

◆これはナニ?



 

 

[以下引用]

「局の看板である安住紳一郎アナは月~木の担当。土曜日も別番組の出番を持っているので、金曜日も出演ということはない。だから当面、他の局アナを立てながら、新MCの人選を進めるしかないのです」(TBS関係者)

 

そんな中、後任にはテレビ朝日の局アナだった富川悠太氏の登場を報じる週刊誌もある。富川氏は『報道ステーション』の元MC。今年3月にテレビ朝日を退社している。

 

「富川氏はないでしょう。富川氏は現在、トヨタ所属の記者。フリーですが専属的に広報誌などを作っているようです。完全にヨイショ記者ですから、情報番組のMCは向かない。しかもテレ朝時代に〝パワハラ疑惑〟を報じられた過去もある。香川が出演していたトヨタのCMの縁があるかもしれませんが、危険過ぎで無理でしょう」(同・関係者)

 

人選は難航しているようだが、売り込みだけは殺到しているという。

 

「朝5時20分から8時までのナマ出演。早朝からの出番だし、1回で最低20万円は保証してくれるはず。やりたい人間はゴマンといるでしょう。今月末でフジテレビの夕方ニュースMCを切られる加藤綾子も売り込みの最中だとか。視聴率の取れない加藤では厳しいというのが、大方の見方」(前同)

 

今、TBSが最も興味を示しているのは、フリーアナの桝太一だという。桝は東大大学院卒。3月に日本テレビを退社。現在、京都の同志社大学ハリス理化学研究所助教。日テレ時代の担当番組『真相報道 バンキシャ!』(日曜日放送)はフリーアナとして継続中だ。

 

「桝は41歳。40歳の節目に研究者に転身したかったようです。でも助教では教授、准教授、専任講師の下で年収400万円もいかない。研究者で頑張っていきたいのでしょうが、生活ができない。それで日テレの番組はフリーで継続したのです。そんなフトコロ事情を考えれば、TBSが口説くのは当然。金曜日の早朝出演ですから、昼過ぎには京都に戻れる。案外、引き受けるかもしれません。ただハードなので、桝の決断次第」(芸能ライター)

[週刊実話]

 

いくら予算が乏しくても、ギャラが1回20万円ということはないはずで、それなりの知名度のあるアナウンサー・タレントであれば、50万円はいくのでは?

 

そうすれば月200万円、年間2400万円。

 

週一の稼働でこれだけもらえて、さらにちゃんとテレビに露出して話題にもなると考えると、芸能人の副業としてはかなりオイシイのでは?

 

こうなると、本業が研究者である桝太一アナが適任でしょう。

 

TBSとしても、「THE TIME,」は視聴率的にかなり苦戦しているので、過去に何度も人気男性アナランクで1位を獲得してきた実績は欲しいはず。

 

ただ、枡アナは日テレ社長からスゴく気に入られていて、将来的には”池上彰の理系版”として大々的に売り出そうとしているとの報道も合ったんですよね。

 

もし、現在も日テレが裏でしっかり囲っているとすれば、いくらフリーになったとはいえライバル局の看板番組で司会を務めるのは難しいような気もします。

 

 

羽鳥慎一が裏で暗躍!桝太一が「年収20倍増」のフリーアナ転身を避けた裏事情

 

・・まあ、こういう事件の後ですから、スキャンダルの心配がないクリーンな人で、そこそこ知名度があり、なおかつギャラが安い人が最終的に選ばれるのでしょう。

 

って、そんな人物が本当に存在するのかは不明。

 

こうなったら、安住アナが土日の番組を降板して、金曜もやるしかないのでは?

 

◆香川照之を見捨てない3つの会社

 復活は3年後?→ geinou ranking geinou reading

 復活は3年後?→ geinou reading geinou ranking

 

◆今すぐにでも買っとくことをお勧めします。



 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※安住紳一郎アナのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

香川照之さんは銀座の高級クラブでホステスに対する性加害が報じられたことに端を発した猛バッシングで次々とCMや番組を降板し、芸能界追放状態だと言われています。

 

そんな香川さんの今後と、香川さんの抜けた穴を埋める俳優について話題になっています。

 

 

 

 

ポスト香川照之の筆頭は…

 

 

[以下引用]

香川といえば、10月スタートのTBS系ドラマ「アトムの童(こ)」に山崎賢人演じる主人公の敵役として出演予定だったが、降板し代役を立てることを各メディアが報じた。



香川といえば、放送中のテレビ朝日系ドラマ「六本木クラス」でも悪役を演じており悪役を演じさせたら右に出る者はいない存在になってしまっただけに、各テレビ局や映画会社にとっては残念な事態になってしまったが、あの歌舞伎俳優にオファーが殺到するかもしれないというのだ。



「香川のいとこにあたる市川猿之助です。猿之助といえば、香川も出演していた2020年の『半沢直樹』(TBS系)で悪役を演じ切り、『詫びろ、詫びろ!』の名ゼリフが話題になった。顔の系統も雰囲気も香川に似ているので、TBSのドラマでは香川の代役を演じることになるのでは。そうなったら、各方面から引っぱりダコだろう」(テレビ局関係者)


そうなった場合、猿之助が香川に〝救いの手〟を差し伸べるかもしれない。

[リアルライブ]

 

 

香川さんに似てるから、という理由で猿之助さんが出ても、何か辛いような…。

 

猿之助さんも何度か日曜劇場に出ていますけど、香川さんが表舞台から姿を消した後に出番が増えたら、逆に香川さんが思い出されていい印象にならないような。もしも顔芸を披露した日には、二番煎じと言われそうです。

 

猿之助さんは香川さんの活躍の場を歌舞伎の世界に作るために救いの手を差し伸べるのではとも報じられています。

 

しかしそちらはそちらで、市川中車として10年ほど前、40代に入ってから歌舞伎デビューを果たすも軸足が俳優業のままであったため、香川さんには風向きがキツイという話も。

 

猿之助さん、面倒な立場になってしまいましたね。

 

ちなみに東スポにも「ポスト香川」の記事がありました。

 

[以下引用]

1人は個性派俳優の佐藤二朗(53)だ。「下積みが長いのでは、プライベートで下手なことはしないはずです。根は真面目ですからね。コミカルな役のイメージがありますが、実は狂気をはらんだ役をやらせたら天下一品。この辺りも香川さんと似ています」とは前出ドラマ関係者。

 

お次は昨年10月に事務所移籍したばかりの滝藤賢一だ(45)。新事務所の「アルファエージェンシー」は豊川悦司や萩原聖人、和久井映見、伊藤沙莉を擁し、業界でも今一番勢いのある事務所と言われている。テレビ関係者は「そこに入ったのだから、仕事を取りに行くということ。ドラマや映画のキャスティング会議では必ず名前が挙がる俳優の1人です」と語る。

 

最後はこれから出てくる未知の俳優だ。業界歴30年の芸能プロ幹部は「こういう時って、昔からキラ星のごとく無名俳優が出てくるんですよね。実際、芝居がうまい50~60代の役者はたくさんいる。あとはきっかけだけ。局側も埋もれている〝名優〟を発掘しようと必死です」と話す。

[東スポ]

 

個人的には「これから出てくる未知の俳優」に期待したいです。

 

佐藤さんはコミカルさが評判が良いと言われていますが、個人的にはムロツヨシさんと並びああいうシーンが始まると飛ばしたくなってしまうので。

 

※この佐藤二朗さんは怖かった

[Amazon]

 

滝藤さんは、ネットでは「絶対この人も何かやらかしてそう」「そのうちスキャンダル出てくるよ」という声がチラホラ。

 

どちらにしても、お二人ともすでにスケジュールが埋まってて香川さんの代わりを務めるには忙しいのでは。

 

 

 

香川照之に唯一残された道

 

個性派俳優だと思っていた香川さんですら代役に困ることはなさそうですが、それでは香川さん自身の今後は、意外にも韓国にある、という話が。

 

[以下引用]

「香川は、現在放送中のドラマ『六本木クラス』(テレ朝系)に出演しています。世界的に大ヒットした韓国ドラマ『梨泰院クラス』のリメイク版ということもあって、韓国のプロデューサー陣も欠かさずチェックしている。彼らが、香川の演技力を高く評価しているんです」(テレ朝関係者)  

 

実は香川は、米国アカデミー賞で作品賞や監督賞などを受賞したポン・ジュノ監督の作品で主演を務めた「実績」もある。  

 

「'08年に公開されたオムニバス映画『TOKYO! 』で、ポン監督が手がけた『シェイキング東京』です。当時は監督と意思疎通を図るために韓国語を学んでいましたが、また勉強を再開したそうです。当時のツテと語学力を駆使すれば、韓国の映画界に潜り込むのは難しくないはず。  

 

それに、韓国ではドラマでも映画でも、トップクラスの俳優が貰うギャラは、日本とは比べものにならないほど高い。膨大な違約金を請求されるであろう香川にとって、唯一残された手段と言っても過言ではありません」(芸能プロ幹部)

[現代ビジネス]

 

 

あの鬼の形相と言われた写真の顔がちらついて、やっぱり日本ではキツイでしょうし、でも稼がないわけにはいかないし、それで活躍の場が韓国にしかないというなら行けばいいと思います。

 

香川さんが出てきたらラスボス確定、みたいになりそうですけどね。

 

そしてまたあの鬼の形相が思い出されて、心底嫌われる俳優になりそう。

 

本来香川さんはそこまでキワモノじゃなくても魅せる俳優だったのに。

 

※半沢コンビでこれも面白かった

[Amazon]

 

まあ一つ現実的なのが、香川さんが関わってきた昆虫がモチーフのブランド「INSECT MARKET(インセクトマーケット)」からの収入です。

 

騒動後、公式サイトで騒動を謝罪し今後は体制変更を検討しているとコメントを発表していました。

 

[以下引用]

「従業員やスタッフも生活があるので、香川が〝失脚〟したからといってブランドをつぶすことはできない。すっかり表舞台から姿を消しそうな香川だが、このブランドのプロデュース料が貴重な収入源になるのでは」(芸能記者)

[リアルライブ]

 

 

俳優一本じゃなくてよかったですね。

 

そのブランドも、買うのが子供じゃなくて親だと思うと、今後いつまで続くか…というところですが。

 

 

◆確執が伝えられた市川右近が右團次になった理由

本人が笑顔で語る→ geinou ranking geinou reading

本人が笑顔で語る→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※市川猿之助さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

カテゴリー

 

銀座の高級クラブでの蛮行が明らかになったことで、芸能界に盤石の地位を築いたと思われた香川照之さんが一転、芸能界から追放されそうな状況ですが、同様にクラブで醜態をさらしている芸能人についてイニシャル記事がありました。

 

 

 

 

[以下引用]

「香川さん以外にも、夜の銀座には、下品な有名人がたくさんあらわれます。当時60代後半のベテラン歌手のMさんは、とにかく女のコを持ち帰ろうとする。アフターで食事に行くと“明日早い? ホテル行こ”とかなり強引にせまってきて……。 さすがに怖くなり、翌日ママに相談したら、Mさんは芸能界以外にもいろんなところに顔が利くから『なにも言わないほうが身のタメ。忘れなさい』と口止めされて、よけい怖くなりました」 そう以前勤務していた店での経験を語るのは、銀座の高級クラブのホステス舞華さん(仮名・30代)。

 

ホステスのブラジャーをはぎ取って匂いを嗅いだうえ、キスをしたり胸を触ったりーー。俳優・香川照之(56)の卑劣な蛮行が白日の下にさらされたことで注目が集まる銀座の高級クラブ。 座るだけで10万円ともいわれる高級店が乱立するネオン街で、芸能人が見せる素顔とはどのようなものなのか。銀座や六本木など高級クラブで働くホステスたちの声を集めてみた。 銀座でも指折りの老舗クラブに勤める涼香さん(仮名・20代)はこう語る。

 

「俳優Oが、役者仲間と連れだってやって来たときは、少しお酒が入っていたようでした。席に着くなり女のコを見回して『今日、エッチできるコ?(手を挙げて)』と。しかも女のコが交代するたびに『今日、エッチできる?』と小まめに聞いてくるから女のコはみんなドン引き。

タレントとして活躍するNは“口説いちゃってもいいの?”が口癖で、私たちの間では『セクハラ大王』と呼ばれています。Oと同じでお持ち帰りを狙うことしか頭にない。したければそういう店に行けばいいのに」

[女性自身]

 

こんな感じで、座るだけで10万円と言われる銀座のホステスが迷惑芸能人を暴露しています。

 

まとめると、

 

・俳優のTは渋い声でずっと女性用下着について語り続ける

・アイドルのMは関西のノリで楽しい人だけど酔うとド派手な原色の下着を脱ぐ

・モデルから俳優に転身したMは座ってすぐに胸の大きさを評価する

・イケメン俳優のGはほかの客がトイレに立つとなぜかトイレに向かって歩きだし、わざとぶつかって絡む

・プロ野球の元監督はほとんど素面の状態でスカートの上からTバックを引っ張り上げてくる

・バラエティ番組でも活躍する人気ミュージシャンAは「女に愛されて当然」という態度で口説くが、軽くあしらうととたんに不機嫌になる

 

等々。

 

A、B、CとかX、Y、Zじゃないのでイニシャルだと思うのですが、誰だかチンプンカンプンな中、ちょっとアレなのが、俳優Oですよね。。

 

もう10年くらい前のキャバクラでの噂ですが、まさに来店するなり「今日やれる人ー!」と声をかけまくるというものがありました、俳優OとTに。

 

で、Oの特徴として挙げられていたのが「劇場映画の監督も務める」ということで、当時は「小栗旬だろう」と言われていました。

 

ウソだと思いきれないのが、小栗さんは結構奔放なプライベートが報じられていましたし、つい先日はガーシーが小栗さんがなぜか服を着ないでカラオケをしていた写真を公開してましたよね。

 

◆じゃあTって誰?

わかりますか?→ geinou ranking geinou reading

わかりますか?→ geinou reading geinou ranking

 

もう1人、妙に特徴的なのがイケメン俳優G。

 

イニシャル記事でGというとたいていGacktさんですが、今回のイケメン俳優というカテゴリーではないですし、いちいち他人のトイレに反応して絡むとはどうしても思えない。

 

そのほかでGがイニシャルって、ゴトウさんとかゴウさん、グンジさんとか?

 

※この人はMのはず

[Amazon]

 

まあこのGさんはセクハラ的な行動じゃないので、まだいいのでしょうか。

 

それにしても、変な人は多くいるもんだと思うと同時に、こんなにペラペラしゃべっちゃっていいのかなと心配にもなったり。

 

銀座の高級クラブは金持ちの治外法権の世界、とは思わないですけど、うまく転がしてどうにかするのは漫画の世界なんでしょうね。

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※香川照之さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

カテゴリー

 

TBS系朝の情報番組「THE TIME,」からの降板に続き、トヨタ自動車やアリナミン製薬、東洋水産、サントリーといった大手スポンサー企業からも次々に“契約満了”を宣告され、もはや芸能界追放は確実な状況となった香川照之さん。

 

10月期のTBS系日曜劇場「アトムの童」でも、水面下で香川さんの代役探しに大わらわとなっているようですが、どうやら俳優業だけではなく歌舞伎界からも完全追放されそうな状況になってきているようです。

 

 



 

 

[以下引用]

東大卒のインテリなのに香川は事の重大さをイマイチ理解していないのではないか。2日の「THE──」に録画で出演した香川は、「今の自分には情報番組のMCはふさわしくないと決断した」と謝罪したうえで、「俳優というのは自分の言葉ではなく与えられたセリフ、人の書いた言葉を言う職業です」と含みのある言葉を残した。

 

「設定された役柄やセリフを演じる“役者・香川照之”は、酒を飲んで酩酊すると狼藉をはたらく素の自分とは違うんです」と言いたいようにも筆者には聞こえた。

 

その香川にこれから待ち受けるのは「歌舞伎俳優廃業」の危機だ。香川照之は別名・市川中車という歌舞伎役者の当代でもあるが、「今回の性加害報道は歌舞伎への影響の方が大きいのでは」と梨園関係者の間でいわれている。歌舞伎の勧進元である松竹が、「日本の伝統芸能の看板を破廉恥なスキャンダルで汚した」として怒り心頭だというのだ。

 

以前から、香川がテレビや映画、バラエティーで活躍していることを面白くないと見る歌舞伎界上層部が少なくなかったし、ごひいき筋からも「歌舞伎を片手間の仕事と考えているのか」という指摘が香川にもあったという。

 

そんな香川を心配していたのが、香川の父親の弟の長男、いとこの市川猿之助(46)だ。  香川をたしなめることのできる数少ない梨園の人間で、歌舞伎の稽古不足のことや奔放な私生活に関しても度々警告をしていたとされる。

 

「今回は猿之助もサジを投げた状態だといいます。松竹も中車に強い姿勢で対応する構えですし、最悪、松竹が廃業を口にしたら誰にも止められません。気掛かりなのは、頑張って歌舞伎の稽古に励んでいる中車の息子、5代目市川団子です」(梨園関係者)

[日刊ゲンダイ]

 

これが本当なら、香川さんは悔やんでも悔やみきれないでしょうね。

 

香川さんはもともと先代の市川猿之助さんと女優の浜木綿子さんの間に生まれ、何事もなければ幼少の頃から稽古をして歌舞伎デビューし、今頃は猿之助を継いでいたでしょう。

 

しかし、幼い頃両親が離婚して違う世界で生きることになり、ふつうならそれでおしまい、です。

 

しかし、長男に恵まれ、「猿之助の名前は140年続く。政明という長男がいて、この船に乗らないわけにはいかない」と、要するに市川猿之助の直系を残すべく、かなり苦労して、周りも巻き込んで歌舞伎の世界へ入り込んだわけです。

 

それなのに自らの失敗で赤信号が灯るとは。

 

でも本当に松竹が「日本の伝統芸能の看板を破廉恥なスキャンダルで汚した」なんて怒ってると思えませんけどね。

 

歌舞伎役者全体の女関係のだらしなさを芸の肥やしとし、中でも市川宗家の海老蔵さんのひどい素行を放置してきた松竹が、香川さんにだけ厳しく廃業を言い渡すなら、まさにダブルスタンダードです。

 

それとは別に、歌舞伎ファンの目は厳しいかも。

 

強引に歌舞伎入りした割にどう見てもメインは俳優業で、幼少から積み重ねたものがないものを取り返そうとする気配もない「市川中車」こと香川さんを、古くからの歌舞伎ファンはなかなか受け入れていませんでした。

 

なんだかんだ言って客が呼べる香川さんを松竹は今後重宝するのでは、という記事もありましたが、歌舞伎ファンからは拒絶の声が出ていましたしね。

 

ただ、それと息子さんとは別の話では。

 

現在18歳の團子さんが歌舞伎で初舞台を踏んだのは2012年。

 

親が香川照之さんというのはもちろんありますが、歌舞伎ファンにとっては、それ以上に当代市川猿之助の弟子というイメージの方が強いんじゃないでしょうか。

 

メディアへの露出の仕方を見ても、市川染五郎さんと並んで若き歌舞伎のプリンス的な感じです。

 

そういう意味では、約10年前の香川さんの頑張りが「間に合った」んでしょうね。

 

◆市川染五郎と市川團子

→ geinou ranking geinou reading

→ geinou reading geinou ranking

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※市川團子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング