パンくずリスト
  • ホーム
  • 山田涼介
タグ:山田涼介

 

令和の名女優として期待される浜辺美波さんの足を引っ張るジャニタレがいると報じられています。

 

 

 

 

浜辺さんは来年公開予定の映画「サイレントラブ」に出演します。

 

監督は「ミッドナイトスワン」で草彅剛さん、水川あさみさんの魅力を引き出し第44回日本アカデミー賞優秀監督賞を受賞した内田英治監督です。

 

過去国内外で高く評価された内田監督が浜辺さんを昭和の大女優原節子さんの名前を出して大絶賛したことで、浜辺さんのポテンシャルが再認識されています。

 

しかし共演である山田涼介さんに大きな不安があるということで…

 

 

[以下引用]

残念ながらここ数年の山田は“数字(視聴率、観客動員数)を持っていない”タレントで定着しています。

 

昨年公開の『大怪獣のあとしまつ』は『松竹』と『東映』が共同製作した期待大の超大作でしたが、興行収入は5億円にも届きませんでした。

 

ドラマでは今年4月期の『王様に捧ぐ薬指』で橋本環奈と共演するも、視聴率は2桁どころか局側の期待を大きく裏切る7.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)…港区赤坂の製作スタッフが思わず漏らした「こりゃ、ダメだ…」の声はいまだに私の耳の奥から消えません。

 

「相手役がハシカンじゃなかったら目も当てられなくなっていた」ともこのスタッフは総括します。

 

私は以前から感じていたのですが、『King & Prince』永瀬廉と山田は、強いて言えばプリンス…王子様的なイメージをも持つ美少年アイドルと言える逸材だと思うのですが、ドラマや映画に関してはそれほど視聴率や動員数が伸びないのは何故なのでしょうね…。

 

あのアイドル・スマイルとは真逆な、冷徹非情な殺人犯役の方が似合うような気もしてしまいます…『KAT-TUN』亀梨和也が『怪物の木こり』に挑んだように…。

 

内田監督に“令和の原節子”と言わしめた浜辺と山田のバディに、今から興行収入と観客動員数の集計が楽しみでなりません。

 

『らんまん』、『ゴジラ-1.0』と完全に上げ潮に乗っている浜辺にとって『サイレントラブ』が黒歴史にならないよう、勢いが失速しないようにと、祈るばかりです。

[まぐまぐ]

 

 

「大怪獣のあとしまつ」については、もうストーリーというかギャグが滑りまくりでなぜこれを『松竹』と『東映』が共同製作したのか、謎です。

 

あれが興行収入5億円だった責任を山田さんにかぶせるのはかなり厳しいのでは。

 

むしろ山田さんが出ていたからファンがせっせと貢いだ結果が5億円だったのでは。

 

以前から山田さんには厳しい声が出ています。

 

 

全女優から共演NGに指定されそうな超大物ジャニーズYとは?

 

しかし、数字を持ってるかどうかで言えば、浜辺美波さんも怪しいです。

 

浜辺さんが主演した民放ドラマの直近だと2022年の「ドクター・ホワイト」は全話平均8.9%、その前だと2021年の「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」も8.7%でした。

 

まあ、確かに7%よりはマシですけれども。

 

もう普通にリアルタイムでドラマを観る人がおらず視聴率では測れない以上、俳優女優さんの評価はついてるファンによる拡散力と経済力なのではないでしょうか。

 

出演が決まればせっせとSNSで宣伝してくれる拡散力、そしてDVD化された時のファンの購買力があるうちは、山田さんは今後も起用され続けるような気がします。

 

それにしても、浜辺さんのガーシースキャンダル…真相はどうだったんでしょう。

 

浜辺美波に橋本環奈・・現役マネージャーがガーシー絡みの警察事情聴取で枕営業の存在を認める

 

危ないところでガーシーが捕まったという点でも、浜辺さんは「持ってる」のかも。

 

◆洗脳疑惑のジャニタレMとは

→ geinou ranking geinou reading

→ geinou reading geinou ranking

 

[amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※浜辺美波さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

4月クールのドラマに出演している超大物ジャニタレに対し、全女優から共演NGが突き付けられそうだと報じられています。

 

 

 

 

先日、山田涼介さんと橋本環奈さんが”結婚会見”を開きました。

 

要するに、4月18日からスタートする連ドラ「王様に捧ぐ薬指」に出演する二人の会見だったわけですが、このドラマも例によって例のごとく、人気漫画の実写化です。

 

原作は小学館の「プチコミック」で2014年から17年に連載されたわたなべ志穂氏による同名漫画で、貧しいながらも仲のいい家族を守るために結婚を選んだ〝ド貧乏シンデレラ〟と、好きでもない女との結婚を選んだ〝ツンデレ御曹司〟が繰り広げる胸キュン・ラブコメディー、とのことですが、これに「またか…」の声が出てるとか。

 

 

[以下引用]

「山田が演じる主人公の〝王様キャラ〟と〝ドSぶり〟です。今回と同じTBS系ドラマでは、『花より男子』の松本潤が演じた道明寺司から、20年に放送された『恋はつづくよどこまでも』の佐藤健が演じた天堂浬など、ドSの王様キャラ頼りで、マンネリ化が指摘されているんです。『王様に捧ぐ薬指』でも山田がドヤ顔で『俺に見合ってない』などのセリフを連発しており、既視感がハンパない。正直、視聴者も飽きがきていると思うんですが…」(芸能ライター)

 

そもそも、原作では誰もが振り向くモデルのようなスタイルで「高身長」の2人に女性読者がときめいたとされるが、山田と橋本は共に「低身長」。ハナからミスキャストだというのだ。

 

「山田は、昨年放送されたドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて』(フジテレビ系)で、全話の平均世帯視聴率3.8%を記録。これは、今世紀のプライム帯民放キー局歴代ドラマの最低記録とされる2013年の『夫のカノジョ』(TBS系)と並ぶ爆死ぶりで話題になった。同じく昨年2月に公開された主演映画『大怪獣のあとしまつ』も、動員・興収ともに苦戦し、ネットで酷評されたばかり。あえて、その山田を使ったTBSは、『夫のカノジョ』の最低視聴率の記録を更新するかもしれません」(同・ライター)

 

ドラマや映画に引っ張りだこの橋本と組んでもコケたら、山田は日本の女優全員から共演NGを食らうはずだ。

[週刊実話]

 

 

山田さんはTBSの王様キャラ・ドS男好きに巻き込まれてしまっただけで、「またか…」は関係ないんじゃないかと思いますが、その他はまあ、そうだよなあという感じです。

 

きっと山田さんありきでキャスティングした結果が顔面・身長バランス的に橋本環奈さんで、原作とは違う印象の作品になってしまったのでしょう。

 

なんせ原作は身長もそうですが、二人ともクール系。

 

そして、山田さんの役が王様なら、橋本さんの役は悪女。

 

山田さんと橋本さんも、美男美女であることに異論はありませんが、系統が違うんですよね、二人とも。

 

ネタバレは避けますが、エピソードそのものがキャラにハマりません。

 

実写化だと1巻を再現したような宣材が作られることが多いですが、残念ながらやっぱりこの二人がこのポーズをしたとしても、いろんな意味で再現は難しかったかなと。

 

2人は2人で魅力が多いんですから、それを活かす形にしたらいいのに。

 

[Amazon]

 

また、山田さんがヤバいくらいの低視聴率俳優であることも間違いありません。

 

 ついに歴代ワースト視聴率更新!山田涼介がヤバい 

 

まあ、環奈さんも数字は持ってないですけどね。。

 

 ジャニーズNo.1の低視聴率オトコ&数字を持ってないオンナのコンビに失笑の声

 

出る作品が次々とコケ続けて、その上濃いファンにはチクチクされがちだったら、確かに山田さんが全女優から共演NGとなる日がないとは言えないのでは…。

 

◆山田さん、こっちの巻き添えも食わなくてよかったね。

マジヤバい→ geinou ranking geinou reading

マジヤバい→ geinou reading geinou ranking

 

※話題ですね

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※山田涼介さん、橋本環奈さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

ネットで酷評祭りとなっている、山田涼介さん主演映画「大怪獣のあとしまつ」。

 

しかし、その評判とは裏腹に初週動員は約8万8千人でランキングは初登場3位、興行収入も約1億2200万円で10億円超えを狙えるまずまずの好スタートを切りました。

 

そんな中、この映画でヒロイン役を務めた土屋太鳳さんが

 

「出演を大後悔しているらしい」

 

とのウワサが業界で飛び交っているそうで・・

 

※誰か原案の段階でSTOPかける人はいなかったの?

 

 

同映画は、ヒーローに倒された巨大怪獣が死んだ後の世界を描いたもので、政府から怪獣の死体処理責任者に任命された隊員が主人公の物語。

 

”永遠のライバル”とも言われた松竹と東映が共同幹事・共同配給という形で初めてタッグを組み、「誰も見たことがない空想特撮映画エンターテイメント」と銘打った大作です。

 

当然、出演者も超豪華で、主演は山田涼介さん、ヒロインは土屋太鳳さん、脇を固めるのが濱田岳さんにオダギリジョーさん、西田敏行さんなどなど。

 

予告編の完成度も高く、主演の山田さんに引きずられたジャニーズファン以外にも、特撮モノのファンも足を運んだ結果が初週の全国映画動員ランキング初登場3位、という結果につながったのだと思われます。

 

しかし、現実の映画の内容は山田さんが「大人の全力の真剣さとおふざけを楽しんで」とコメントしていたように、実際にはSFや特撮モノではなくギャグ映画。

 

しかも、次々と繰り出されるギャグに誰一人クスリともしないというお寒い内容で、

 

「虚無を通り越して禅の境地に到達する」

 

とまで酷評されるような駄作だったために、公開初日からSNSは大荒れとなりました。

 

 

山田涼介が気の毒すぎる…『大怪獣のあとしまつ』酷評祭りで逆に関心を持つ人多数

 

[以下引用]

「松竹と東映がタッグを組んで臨んでいますし、豪華キャストを見てもわかるとおり、力は相当入っています。そのため事前のプロモーション稼働もかなりありましたが、内容について具体的に触れず、シュールなコメディ作品であることは伏せたまま宣伝を続けたことで初速を保てたということでしょう。公開後は酷評が相次いだことでかえって話題になるという思わぬ“盛り上がり”もありましたが、2月12日~13日の全国映画動員ランキングでは7位にダウン。さすがに3週目以降は尻すぼみとなるのでは」(映画関係者)

 

一方、下ネタを言わされるなど「セクハラ演出」の“犠牲者”となったのが土屋だ。

 

「2020年には山﨑賢人とのW主演作『今際の国のアリス』が大ヒット。昨年ヒロインの声優を務めたアニメ映画『アイの歌声を聴かせて』も高い評価を得るなど、女優として上り調子。今月で27歳になりましたが、1月7日に放送されたテレ東の新春ドラマ『優しい音楽~ティアーズ・イン・ヘヴン 天国のきみへ~』では、永山絢斗との情熱的なキスシーンを演じたことも話題になりました。大人の女優としての魅力も出てきたところですし、『大怪獣のあとしまつ』でのキスシーンには抵抗はなかったでしょうが、ダダすべりの下ネタについては『不快』『ほとんどハラスメント』との声も多く、土屋も台本を見てさすがに頭を抱えたのでは」(前同)

[日刊サイゾー]

 

シュールなコメディであることは伏せていたって・・

 

まあ、予告を見れば、超ビミョーな顔をした山田さんに、「あれ?今の見間違い?」と思うような濱田さん、いましたねえ。

 

そして、山田さんは「期待を裏切る」「楽しいエンタメ映画」とはっきり言ってました。

 

が、観に行った人たちは、まさかそんな”エンターテイメント”がクスリとも笑えないとは思わなかったことでしょう。。

 

そんなお寒い映画で、下ネタを連発していた土屋さんですが…

 

どこか生真面目な印象でしたから、キャラ変になっていいのでは?

 

27歳になって、役の幅を広げる意味でもよいきっかけだったのでは?

 

ただ…

 

きっと、生真面目なイメージの土屋さんが下ネタを言うからこその面白さを狙ったんでしょうに、それがクスリともできないどころか、同情を呼ぶようなものだったのは残念。

 

こんな仕打ちまで受けたというのに・・

 

ま、人生無駄なことはないはずです!今後の土屋さんの糧になることでしょう。

 

◆これだけ観て終わりにすればよかったという声多数

 完璧な予告編→ geinou ranking geinou reading

 完璧な予告編→ geinou reading geinou ranking

 

◆こっちの方が面白そう。

地球防衛未亡人 - 壇蜜, 大野未来, 福田佑亮, 河崎実,右田昌万, 河崎実, 河崎実,関谷和隆

地球防衛未亡人

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※土屋太鳳さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

山田涼介さん主演の映画『大怪獣のあとしまつ』が酷評祭りになっていると報じられています。

 

※原作は面白いんですかね?

 

[以下引用]

映画はヒーローに倒された巨大怪獣が死んだ後の世界を描いており、政府から怪獣の死体処理責任者に任命された主人公・帯刀アラタを山田が演じている。松竹と東映が共同幹事・共同配給という形で初めてタッグを組み、「空想特撮エンターテインメント」と銘打った大作だ。  

 

ところが公開初日、SNSは大荒れとなった。芸能関係者は「期待外れだったようで、酷評が相次ぎました。公開前の宣伝がうまかったのでしょう。ジャニーズファンだけでなく、特撮ファンも多く見に行ったようだが、この特撮ファンの評価が本当に悪いのです」  

 

もちろん山田ファンは「山田君の演技はよかった」「私は面白いと思った」と擁護したが、それよりも多数の否定的な意見に打ち消されてしまった。  

 

ツイッターでは「大怪獣のあとしまつ」「山田涼介」などの関連ワードが次々とトレンド入り。「中でも『令和のデビルマン』というのがかなり長い間、1位でした。2004年に公開された実写版映画『デビルマン』は当時、ひどく酷評されました。これと同レベルだということで、ありがたくない異名を付けられたのです」(前同)  

 

ただここまで低評価にもかかわらず、意外にも興行収入は伸びそうだとか。「〝ひどい映画〟という声があまりに多いため、逆に見たくなったという人が多いのです」(前同)

[東スポ]

 

 

まあもともと、主演の山田涼介さんも、「大人の全力の真剣さとおふざけを楽しんで」と言ってるくらいだし、仕方ないんじゃ、と思ったら、そのレベルを超えてるみたいですね。

 

こんな記事もありました。

 

[以下引用]

いっそスガスガしい。何がって2月4日から公開中の「大怪獣のあとしまつ」のことである。  

 

こんな内容を、ここまでの超豪華キャストを集めて、最高峰の特撮技術も使って、最大規模で公開しているのは、はっきり言って正気の沙汰ではない。良い意味でも悪い意味でも(だいたい悪い)二度とはないタイプの「何か」が誕生しており、個人的には2022年のワースト映画が早くも決定した。  

 

本作はぜひ、映画館で目撃してほしい。矢継ぎ早に繰り出される全てのギャグシーンで誰1人としてクスリともせず、観賞後にはお通夜のような静寂に包まれる、虚無を超えて禅の境地のような体験ができるはずだ。  

 

個人的には「序盤からの悪い予感が全て当たる」というのも初めての経験だった。人によっては「この映画を先に始末するべき」などととブチギレてもおかしくないほどの、具体的なヤバさを記していこう。エンドロールの最後にも、人によっては怒髪天を衝くすごいおまけがあるので、これから足を運ぶ人は見逃さないようにしてほしい。

[ねとらぼ]

 

東スポによると特撮ファンが激怒というので特撮がマズイのかと思ったら、こういう方向なんですね。

 

具体的なヤバさが知りたい方は「ねとらぼ」へどうぞ。

 

確かに逆に、観たくなる不思議…

 

ただ、ギャグにクスリともできない結果、めでたく禅の境地に至ればいいですが、中途半端だといたたまれなくてつらいかも。

 

そんなスゴイ作品に、山田涼介さんや土屋太鳳さんはともかく(失礼)、西田敏行さんや濱田岳さん、オダギリジョーさんなんかも出ていますからね。

 

ただ、出演者には罪はないはずです。

 

この作品への出演を決めたことが罪、面白くないギャグに異を唱えなかったことが罪だというならそれも仕方ないですが、基本は作った人の責任なはず。

 

海外のギャグ映画でたまーにありますよね、恥ずかしいくらい面白くない映画。

 

海外のものなら国籍が違うから笑いのツボが違うのかも、と自分を納得させられますが、日本のものでそこまで笑えないって。

 

せめてギャグ映画だということをもっと前面に出しておけばよかったのかも。

 

やっぱりちょっと観たくなりますが、お金がもったいないのでサブスク待ちでしょうか。

 

◆これだけ観て終わりにすればよかったという声多数

完璧な予告編→ geinou ranking geinou reading

完璧な予告編→ geinou reading geinou ranking

 

※たまにはコロナを忘れて大笑いしたいですよね

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※土屋太鳳さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング