タグ:山田涼介の記事一覧

タグ:山田涼介

作者の協力が得られない…山田涼介『鋼の錬金術師』前売り券が売れず爆死路線まっしぐら

12月1日公開予定の山田涼介さん主演映画『鋼の錬金術師』が公開1ヶ月前の今時点で大コケ必至だと報じられています。

 

 

※原作は大人気[楽天市場]

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

鋼の錬金術師1巻【電子書籍】[ 荒川弘 ]

価格:432円 (2017/11/1時点)



 

 

この記事の続きを読む

外国人記者がジャニーズを失笑…山田涼介に適用されている時代遅れな社是

10月25日から11月3日、六本木で開催されているアジア最大級の映画祭、第30回東京国際映画祭のオープニングイベントで山田涼介さんに対しそこで「“ジャニーズルール”が発揮され、外国人記者の失笑を買うという一幕があった」と週刊女性が報じています。

 

 

[スポンサーリンク]

 

 

「東京国際映画祭」は日本で唯一の国際映画製作者連盟公認の国際映画で、世界各国から様々な作品が出展されています。

 

そんな中、オープニング作品として山田涼介さん主演の『鋼の錬金術師』が上映され、オープニングのレッドカーペットとセレモニーに参加したものの、相変わらずの肖像権へのこだわりを見せ、 「国際映画祭、と銘打っているわけですから、その取材スタイルも、ユニバーサルスタンダードでないといけない。それをジャニーズ事務所がいびつにしているのです。まるで“肖像権の鎖国”ですよ」とメディア関係者の不満が爆発しています。

 

 

[以下引用]

映画関係者の表情がくもる。

 

その理由を、 「取材陣に配られたリリースに、こう書いてあってんです。『通常のイベント通り、山田涼介さんの写真・動画をWEBメディアに掲載する事は出来ません』と。 さらに海外の取材陣に対しても『日本語表記となるWEBメディアでの掲載はNGとなりますので』と制限を設けているのです。 WEB動画の取材もある中、山田だけの映り込みがないようにしろって言われても、できますか?  しかも『通常のイベント通り』って何ですか? 通常のイベントと東京国際映画祭って、なんの関係があるんですか」

 

山田は、共演者の女優・本田翼(25)らと登場し、その後レッドカーペットをかっ歩した。 



「レッドカーペットの片側はテレビメディアのカメラ、もう一方は映画祭を支える熱心なファンがいて、出演者がサインをしたりするんです。 山田は、サインをすることはなく、ずっとテレビカメラ側を歩いていましたね。映画ファンと交流するという映画祭の趣旨に、まったく反しています」 



と、前出の映画会社関係者も忌々しげな表情だ。 



WEBの動画・静止画にタレントの写真を載せない、というのは「ジャニーズの社是(しゃぜ)ですけどね」とテレビ誌記者。「それがどんな時代遅れか、そろそろ気づいてもいいんですけどね」と皮肉を加える。 

[週刊女性プライム]

 

 

ずいぶんお怒りですね、日本のメディアの方々。

 

「日本語表記となるWEBメディアでの掲載はNG」なので、それ以外ならOK、というでしょうし、それであれば、海外メディアの人にどの程度実害があるのか不明、本当外国人記者が失笑したのかも不明ですが…。

 

現実に動画への映り込みまで気を配らなければいけないのは日本のメディアのみ、ということなんだと思われますが、実際、相当面倒でしょうね。映ったからといってモザイクするのもなんだかなという感じですし。

 

 

※雑誌はこうなります[楽天市場]

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

J Movie Magazine Vol.26 パーフェクト・メモワール 【ムック】

価格:990円(税込、送料別) (2017/10/29時点)



 

ジャニー喜多川さんが意欲を見せているという東京五輪の開会式にジャニーズが関わることがあったとしても、まさか同じことをする気かと記事はまとめていました。

 

ジャニーズはWebでも画像を一部解禁し始めているのに、今回の山田さんにそれを適用しなかったのはなぜなんでしょう。

 

というのも気になりましたが、それよりも、ファンサービスをまったくしない山田さんが気になりました。

 

ジャニーズの「禁止」に甘えておごっているということであれば、ちょっと心配になります。

 

そんな旧態依然としたジャニーズから離れた元SMAPの3人は、昨日放送されたAbemaTVの「7.2分でSNSを学ぼうSP」に出演し、視聴者数が18万2000人であったことが明らかになっています。

 →「7.2分でSNSを学ぼうSP」視聴者18万2000人は多いのか少ないのか

 

どんどん道を分けていきますが、どういう未来があるんでしょうね。

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※元SMAP3人のSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

自らハードルを上げた山田涼介。興行収入で嵐・松本潤を上回りジャニーズNo.1へ名乗り上げか

12月1日から公開される映画『鋼の錬金術師』の完成報告会見に出席した山田涼介さんの発言があまりにビッグだと話題になっています。

 

 

『鋼の錬金術師』の人気ぶり

 

『鋼の錬金術師』は、主人公エドとその弟のアルが、亡くなった母親を生き返らせようと、本来行ってはならない錬金術を使い失ってしまった体を取り戻すため「賢者の石」を探す旅に出るという内容の人気漫画です。

 

 

 

 

 

 

この記事の続きを読む

山田涼介が1位!ゴリ押しされているジャニーズランキング

ジャニーズの中でゴリ押しされていると思うタレントを聞いたランキングが発表されています。

 

[スポンサーリンク]

 

 

 

[以下引用]

1位:山田涼介

2位:伊野尾慧

3位:中島健人

4位:藤ヶ谷太輔

5位:玉森裕太

6位:佐藤勝利

[サイゾーウーマン]

 

 

 

 

山田さんは童顔で小さくて俳優らしくない、伊野尾さんは男版剛力彩芽だという選出者のコメントが載っていました。

 

ジャニーズがゴリゴリ押してるのがHey!Say!JUMPで、その中でもセンターの山田さんは基本ずっとゴリゴリ、伊野尾さんは、Hey!Say!JUMPを大ブレイクさせるためにメンバーを順番に押してきて、一昨年あたりから伊野尾さんの番だった、という印象です。

 

その伊野尾さんが、意外に当たって悲願のHey!Say!JUMPブレイク達成かと思われたのに、次々とスキャンダルが発覚してしまって、その明るかった未来も中途半端な感じになっています。

 

ちなみに伊野尾さんの前は、中島裕翔さんだったような。

 

伊野尾さんがスキャンダルで自滅状態で、また山田さんを押している感じがしますが、『鋼の錬金術師』のエド役は、厳しかったなと思います。

 

原作者がエドは小柄であることという条件を出していたといい、山田さんは確かに小柄で合うと言えば合うのですが、人気漫画の映画化をジャニーズが、というと、批判的な人も出ますよね。

 

まあでもただ露出するだけよりも、ある程度はグイッと押さないと効率が悪いだろうなというのはわかります。

 

それが、合わない役でも演技がヘタでも主役ばかりでグイグイ来られると、嫌いになってしまうんですけどね。

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※工藤静香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング