山崎賢人さんが夢枕獏さん原作の「陰陽師」実写映画に出演することが発表され、「またか」の大合唱が始まっております。

 

※稲垣吾郎さん版

 

 

[以下引用]

シリーズ累計発行部数670万部を超える夢枕獏のベストセラーシリーズを原作に、若き安倍晴明を描く実写映画『陰陽師0』の公開日が2024年4月19日に決定し、キャストが一挙発表。山崎賢人(崎は「たつさき」が正式)が若き安倍晴明役で主演を務め、晴明とバディを組む源博雅(みなもとのひろまさ)役に染谷将太が決定。共演に奈緒、安藤政信、村上虹郎、板垣李光人、國村隼、北村一輝、小林薫ら。あわせて、役衣装のビジュアル、ティザービジュアル、特報映像も公開された。

[シネマトゥデイ]

 

 

公開されたビジュアルがこちら。

 

 

 

 

共演陣はいいと思うし、山崎さんも「キングダム」や「ゴールデンカムイ」とは違い線の細い妖しげな感じを出して、キャラづくりを頑張ってるなと思います。

 

が、日本で実写版の主役を張れる若手俳優って、山崎さんしかいないのかな。

 

っていうくらい、山崎さんばかりですね。

 

「なぜ山崎賢人が実況版に起用されることが多いのか」とネットで検索すると、なんと2015年の時点ではすでにそういう記事が確認できました。

 

山崎さんの俳優デビューは2010年で、小説の実写化は2012年の映画「麒麟の翼」漫画の実写化も同じく2012年「今日、恋をはじめます」を皮切りに、オリジナル作品もいくつか出ていますが、ほとんど小説または漫画の実写版なのでは。

 

山崎さんを一躍有名にしたのは、剛力彩芽さんと共演した「L DK」での壁ドンで、山崎さんは流行語大賞授賞式に登場したほど。

 

続いて「デスノート」「四月は君の嘘」「ヒロイン失格」「orange」「オオカミ少女と黒王子」…等々、連続で実写版出演が発表され、このころから「また山崎賢人か」が続いて今に至るわけです。

 

この状態について本人が語る記事などは見つけられませんでしたが、どうやら起用する側には理由があるようで。

 

[以下引用]

「とにかく、作品や自分の演技に対するこだわりがなく、どんな役でも演じるし、どんな演出でも受け入れるのだとか。だから、何かと炎上しやすい人気漫画の実写化作品であっても、まったく気にすることなくオファーを受けるのだそうです。ちなみに、ネットで何を言われても、全然ヘコまないらしいですよ」(同)

 

こだわりがまったくないがゆえに、スタッフ受けも最高だという。

 

「制作サイドの思惑通りに動いてくれるので、現場では“山崎くんは本当にやりやすい”と絶賛されているみたいです。所属事務所としても相当ありがたい存在ですよね。

山崎がオファーを受けてくれれば、若手をバーターでくっつけることもできますし、どんどん次の仕事にもつながっていく。山崎を使っていれば、関係者は誰も損をしないという状況です」(芸能事務所関係者)

[2018年日刊サイゾー]

 

 

いやーたまには選べよというときもありますけどね。

 

※ジョジョとか。

 

※個人的には無表情具合がピッタリでした

[Amazon]

 

 

山崎さんは若手のころからずっと変わらず、売れっ子になっても天狗になることなく、同じように飄々と受け入れて役を重ねているそう。

 

結果として、「キングダム」ではアクション、「グッドドクター」では自閉症スペクトラム、「今際の国のアリス」ではインドア派の青年、又吉直樹さん原作の映画「劇場」では無精ひげを生やした“ダメ男”、などをこなしてきました。

 

その結果か、山崎さんの「使いやすさ」をこう評価する人も。

 

 

[以下引用]

「特定の役柄のイメージが付いていません。そのため、どんな作品にもマッチするんです。いい意味で、クセのない俳優と言えます」と、分析する。

 

もちろん、演技力も高く評価されている。「ちょっとした表情や所作から感情を表現するのが上手いです。漫画やアニメの実写化は、ともすればセリフが“クサい”と受け取られるリスクがありますが、山崎さんはそう感じさせません。また、まさに漫画から飛び出してきたような端正なルックスなので、原作ファンからも支持されていますよ」(前出・テレビ局関係者)。

[2023年9月しらべぇ]

 

 

意外と演技力が評価されているんですね…はぁなるほど。

 

それでも、イケメンならすべてオッケーというわけでもありません。

 

山崎さんの中性的かつ現代的な容姿は、少なくとも作品公開前の現時点では「ゴールデンカムイ」の杉元は無理があります。

 

安倍晴明も、どうでしょう。まず和服が似合ってないように思います。

 

というか、なんだかんだ、炎上しがちな実写化でも気にせず受けてくれるというのが最大の起用理由なのでは。

 

例えば染谷翔太さんが安倍晴明だったら嫌がる声もそうなかったかもしれないなと思いますが、他の俳優は主演を断っちゃうのかも。

 

まあ、「キングダム」も当初は「山崎賢人ぉ~?」という声ばかりで、まさかあんなに当たるとは思いませんでした。

 

 

始まる前から終わってる?山崎賢人主演映画『キングダム』興行失敗の兆し

 

またいい方に期待が裏切られるといいのですが。

 

 

◆関ジャニ∞に浮上した「疑惑」

→ geinou ranking geinou reading

→ geinou reading geinou ranking

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※山崎賢人さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング