パンくずリスト
  • ホーム
  • 芸能ニュース
カテゴリー:芸能ニュース

 

 

テレビ朝日の人気ドラマシリーズ「相棒」が、大ピンチになっていると言います。

 

すでに現在のシーズン20で”4代目相棒”として歴代最長の出演記録を達成した反町隆史さんの降板は決まっていますが、いまだにその”後任”が決まらず、テレビ朝日が途方に暮れているんだそうで・・

 

 

◆災害に備えて!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

福袋 2022 先行販売開始 豪華賞品が抽選で当たる!! モバイルバッテリー が...

価格:2022円(税込、送料無料) (2022/1/3時点)


楽天で購入

 

 

この件に関しては、ネットやメディアなどがアツい予想合戦を繰り広げていて、名前が出ているのは田中圭さんや稲垣吾郎さん、竹野内豊さん、柳楽優弥さん、要潤さん、オダギリジョーさん、森田剛さんといった面々。

 

さらには“元相棒”の成宮寛貴さんや、すでに主要キャストの社美彌子役として出演している仲間由紀恵さんまでもが候補に上がっています。

 

しかし、ある理由から調整は難航しており、「決まりそうになったら、また白紙に戻る」を繰り返しているといいます。

 

「『相棒』は誰が何を言おうと、主演である水谷豊の作品だからです。スケジュールもすべて水谷に合わせなければなりません。もちろん、ギャラも水谷より上になるということは絶対にあり得ない。最終的に5代目相棒に求められるのは、水谷の引き立て役に徹することなのです」(テレビ朝日幹部)

 

その結果、“新相棒”は旨味のある役柄ではないと判断されてしまうのだ。


「すでに名前が挙がった俳優はそれなりにキャリアを積み、主役を張ってきた人たちです。水谷の引き立て役という言葉が引っ掛かり、最後は逃げてしまうそうです」(テレビ関係者)

 

さらにもう1つ、厄介な問題が。主役である水谷が想像以上に気難しい人物なのだ。

 

「ゲストのキャスティングも毎回、水谷にお伺いを立てている。相棒となればなおさらです。相手も現場もOKが出たのに、水谷の一言でひっくり返ったことが大昔にありました。となると、最後はギャラで交渉するしかありません。水谷が1本400万円、反町は350万円なので、他のドラマと比べたらかなりオイシイはず」(制作関係者)

 

まあ、いろいろと難しいですよね、相棒探しは。

 

いろんな可能性があると思いますが、現時点で最もヤル気満々なのは田中圭さん。

 

彼はオファーがあれば全て受けるというスタンスで、高額ギャラにも興味を示しているようで、制作サイドは「7割方、このままイケる」いう感触を得ているんだとか。

 

しかしながら・・

 

[以下引用]

「『相棒』は毎年2クールにわたって放送されるため拘束時間も長く、その期間は7カ月にも及ぶ。田中は掛け持ちを得意とするとはいえ、売れっ子のスケジュールを半年以上も奪われる作品に事務所がOKを出すのか疑問です。

 

同様に拘束時間が長いといえ大河ドラマと朝ドラですが、田中は2011年の『おひさま』と2014年の『軍師官兵衛』に出演したのみで、2016年の『おっさんずラブ』の大ブレイク以降は遠ざかってます。『あなたの番です』は2クールありましたが、あれは主演作だったから。しかも『相棒』だと1シーズンだけというわけにもいかず、現実味がありません。

 

加えて、人見知りの水谷に気に入られるかどうかもポイントとなる。反町についても最初はいいイメージがなかったが、撮影がない日でもマメに現場に顔を出すといった姿勢が水谷の心を開き、今や家族ぐるみの付き合いをするまでに信頼を勝ち取った。

 

それ対し、田中は小さい子供もいる身ながら、外で飲まないとストレスを発散できないという理由で撮影後は飲みに繰り出し、その酒癖の悪さから週刊誌を賑わすこともしばしば。素行の面でも水谷と相性は悪そうです」(ドラマ制作会社関係者)

[日刊サイゾー]

 

ということで、田中さんに関しては水谷さん、もしくは所属事務所が最終的にNGを出すだろうと。

 

◆すでに出演済みですしね。

相棒シリーズ X DAY - 田中圭, 櫻井武晴, 橋本一

相棒シリーズ X DAY - 田中圭, 櫻井武晴, 橋本一

[Amazon]

 

メディアはあまり報じていませんが、ここ最近の「相棒」は視聴率一桁も目前に迫るほどマンネリ化が進んでいるので、これから新しく参入する”相棒”にとってはかなりリスクが高いと思います。

 

なぜなら、視聴率がさらに下がってしまうようだと、ネット世論やマスコミから猛烈バッシングを浴びてしまうのは目に見えていますから。

 

主役ではなく、あくまでも杉下右京の引き立て役に過ぎないのに、そういったネガティブな面での責任だけは全て負わされるなんて、普通なら真っ平ゴメンですよね。。

 

特に売れっ子俳優や、それなりの地位を固めたベテラン俳優であれば、尚更のこと。

 

となると、それなりに名前が売れていて”崖っぷち”に立たされている俳優さんを探すのが一番手っ取り早いでしょう。

 

「相棒」に拾われる前の反町さんもそうでした。

 

◆家でもこんな風に叱られてるのかな?

美人看護婦にしかられる暴力教師 - 反町隆史, 松嶋菜々子, 希良梨, 池内博之, 中尾彬, 白川由美, 赤羽博, 中島悟, 安藤和久, 柴崎正, 遊川和彦, 菅良幸

美人看護婦にしかられる暴力教師 - 反町隆史, 松嶋菜々子

[Amazon]

 

ですが、今の候補者の中にはそれに当てはまる人が見当たりません。

 

唯一、ジャニーズを退所して”自由”を得た森田剛さんが近いですが、彼の場合、演技力はともかく知名度と低身長が水谷さん的にはネックになっているとも。

 

うーむ、難しい。。

 

かつてはビッグネームだったものの、今は落ち目で・・なんていう俳優さんが見つからないのであれば、最終手段は元相棒の復活登板。

 

すでに70歳となった水谷さんの年齢を考えると、次の”相棒””が”最後の相棒”になるのは確実ですし、そろそろ引退に向けたセレモニー的な演出を考えてもいいはず。

 

もし寺脇康文さんや成宮寛貴さん辺りを再登場させたら、インパクトも絶大ですし、ドラマファンからも好意的に受け入れられるんじゃないでしょうか?

 

撮影スケジュールを考えたら、そろそろマジで後任を決めなくてはマズイですし、テレ朝からの正式発表に注目したいところです。

 

 

ちなみに、そんな現場の苦労をよそに反町さんは”次の仕事”でウキウキ気分なんだとか。

 

というのも、今後は稼ぎ面での大黒柱の役割を妻・松嶋菜々子さんに任せ、自分は子供の世話をしながら”バス・フィッシング”に専念することが決まっているから、とのこと。

 

「プロの釣り師に、オレはなる!」

 

これまで、水谷さんの相手で相当ストレスが溜まっていたことでしょうから、しばらくは大好きな趣味に没頭して人生を謳歌してくださいな。

 

反町さんっ!!

 

◆裏社会と繋がりのある芸能人たちの衝撃度ランキング!

 1位はあの人・・→ geinou reading geinou ranking

 1位はあの人・・→ geinou ranking geinou reading

 

◆肉屋の本気を見てください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【1月18日から順次発送】【単品合計7000円以上相当】【期間限定3980円→3...

価格:3480円(税込、送料別) (2022/1/7時点)


楽天で購入


 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※相棒候補たちのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

 

昨日、今年のレコード大賞が発表されたのですが、受賞確実と言われていた優里さんが影も形も出てこなかったことから、視聴者の間で違和感を唱える声が続出しています。

 

 

※まだ間に合います!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】【A-191】鉄板焼 ハンバーグ デミソース 20個

価格:10000円(税込、送料無料) (2021/12/31時点)


楽天で購入


 

 

[以下引用]

12月30日、『第63回 輝く!日本レコード大賞』(TBS系)が放送される。ファンが不在である音楽の祭典は、また今年も大きな不満を買っているようだ。

 

11月に開かれた審査会では、優秀作品賞や新人賞など各賞がすでに決定済み。レコード大賞の候補となる優秀作品賞には、昨年『炎(ほむら)』で大賞を受賞したLiSAの『明け星』、氷川きよしの『Happy!』、『乃木坂46』の『ごめんねFingers crossed』など10曲が選ばれた。しかし不満が殺到しているようで、ネット上には

 

《今年のレコ大候補っておかしいよね。LiSAの明け星は発売時期からしてレコ大の対象外では?》

《オジサンでも知ってるYOASOBIが候補にないのは違和感。大ヒットした『夜に駆ける』がないのはなぜ?》

《いつも特別賞だけは世間の人気が反映されてて、残りは全部出来レースって感じ》

《AdoとYOASOBIは特別賞じゃなくて、優秀作品賞の10組に入れるべきでしょ。基準がようわからん》

《たぶん今年もソニーが大賞だと思います。だとしたら、LiSAかNiziU。そんなことより、DA PUMPと三浦大知の安定のライジング枠には笑いました》

《レコード大賞ほど業界の力関係が影響している音楽賞はないだろうな これお金で買える賞ですよね?》

 

など、ノミネート曲の選考理由に疑問の声が広がっている。

 

「幅広い層にヒットした『YOASOBI』やAdoは、本来であればレコード大賞の大本命とも言えますが、CDではなくデジタル配信でリリースされたため、特別賞を受賞しました。一方、LiSAの『明け星』は審査会の行われた11月18日の前日17日に発売されており、滑り込みセーフという結果に。穿った見方をするならば、審査会が発売を待って開かれたとも言えます。いずれにしても誰もが納得するような大ヒット曲は見当たらず、事務所の力関係で大賞が決まるレコード大賞に、果たしてどれだけの人が関心を示すでしょうかね。もはや完全なオワコンといっていいでしょう」(週刊誌記者)

 

関係者の間では、今年は優里の『ドライフラワー』が大賞を受賞する方向で調整されていたという。しかし、所属する『ソニー・ミュージック』のレコ大担当元役員の〝パワハラ〟が発覚。急遽、再調整され、氷川きよしが2006年以来、15年ぶりに受賞するのではないかと言われている。

[まいじつ]

 

 

で、結局大賞を受賞したのはDa-iCEの『CITRUS』だったのですが、

 

「誰??」

「LiSAかNiziUかと思ってた」

「AdoやYOASOBIの方が知ってる」

 

という声が続出。

 

喜ぶ声もありますが、拍子抜けした感じのコメントが多く見られます。

 

Da-iCeは結成10年のエイベックス所属の5人組のダンス&ボーカルグループで、ワンピースの『DREAMIN' ON』も歌ってるんですよね。

 

 

※『CITRUS』は『極主夫道』の主題歌でした

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

極主夫道 DVD BOX [ 玉木宏 ]

価格:19217円(税込、送料無料) (2021/12/31時点)


楽天で購入

 

 

 

周りを見ても、地道にファンを増やしてきた感じはありますが、10年やっていて今レコ大かぁ…と思ったら、エイベックスに移籍したのは昨年なんですね。

 

エイベックスは希望退職者を募るほど青息吐息という状態ではありますが、そこからの復活を狙って売り込みを頑張ったということなんでしょうか。

 

実際、文春は大賞はDa-iCeと予想していましたが、それは近頃、音楽関係者にエイベックスがDa-iCeを猛プッシュしてるという理由でした。

 

ちなみに優里さんは大賞候補にもなりませんでしたが、それはやっぱり、これまで影響力が大きかったソニー役員H氏がこの夏TBS系の人気番組『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』を巡ってTBS関係者とトラブルになり、左遷させられたことが原因だろうと言われています。

 

が、そうなると、やっぱりレコード大賞なんて、曲ではなくて力関係で決まるのねと、改めて実感するばかり。

 

知っている人は知っている、曲を聴けばいい曲で、でも大賞なの??という声が多く見られますが、デジタル配信を外すことを続けるなら、今後も同じような感じになるのかな?

 

ファン不在のレコード大賞、果たしていつまで続くのか・・

 

◆レコ大と言ったら、やっぱり伝説のコレでしょ!

 爆笑注意[画像]→ geinou ranking geinou reading

 爆笑注意[画像]→ geinou reading geinou ranking

 

◆もう、蓄音機大賞に名前変えたら?

とうしょう レコードプレーヤー 蓄音機 天然木調仕上げ Bluetooth対応 (CD/SD/USB/AM FMラジオ/カセット) リモコン付き RP-013C 茶 (約) 幅360×奥行420×高さ740mm

とうしょう レコードプレーヤー 蓄音機 天然木調仕上げ

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※Da-iCeメンバーのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

 

大晦日の風物詩・NHK紅白歌合戦が、その長い歴史にピリオドを打ちそうな雰囲気になりつつあるといいます。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

紅白歌合戦ウラ話 [ 合田道人 ]

価格:1760円(税込、送料無料) (2021/12/30時点)


楽天で購入


 

 

[以下引用]

「正直、今年の出場歌手のラインナップでは意外性がなく視聴率も危ういと言われている。日本テレビ系の『絶対に笑ってはいけないシリーズ』が放送中止という“追い風”はありますが、東京五輪もあったのにイマイチ盛り上がりに欠けています。大トリがMISIAというのも順当すぎて意外性はありませんでした。嵐の櫻井翔と相葉雅紀、そして先日、結婚を発表した香取慎吾もいる『新しい地図』とは、出演に向けて最終調整を続けているようです」(民放関係者)

 

『紅白歌合戦』は、他の音楽番組のように放送作家など外部の人間を入れることなく、局内のスタッフだけで出場歌手を選考している。

 

「制作サイドには若いスタッフもいますが、発言権はほとんどなく、結果として無難でいつも通りのラインナップになってしまう。こういった古臭い体質に、NHKの前田晃伸会長が問題提起をしています。前田氏は元みずほフィナンシャルグループ会長で、合理主義的でありながらも新しいことが好きな性格。“生まれ変わったNHK”を自分の代で作り出したいと話していて、長寿番組『ガッテン!』と『バラエティー生活笑百科』を2022年3月末で打ち切りにするとの報道もある。紅白も総リニューアルや“打ち切り”さえあり得るとしていて、今年はリハーサルから視察をするのだとか。現場のNHK社員は、かなりピリついています」(前同)

 

そんな前田氏の大号令のもと、『紅白』でもさまざまなサプライズを実現させる必要があるという。

 

「視聴率は『紅白』のイメージやプライド的にも大事ですが、指標にはならない。逆に、若年層の視聴者を取り込むこと、つまり民放で言うところのコア視聴率をNHKも意識するようになっている。今年は若者に人気のまふまふや藤井風を出演させるなど努力はしていますが、そもそも若者には『紅白』に“古臭い”というイメージを持つ人も多い。そこをどう変えていけるかにかかっています。今でも圧倒的な視聴率を誇る『紅白歌合戦』ですが、状況は厳しいようです」(前同)

[日刊サイゾー]

 

今年の紅白では、ピアニストYoutuberとして有名になったハラミちゃんが、大物ミュージシャンとのコラボ予定をキャンセルされ、出場取り消しとなるトラブルがありました。

 

 

ハラミちゃんが紅白出場取り消しとなった理由とは?

 

また、神田沙也加さんを亡くした松田聖子さんが急遽、出演を取り止めることが決まり、内部的にはかなりギリギリの調整が続けられているといいます。

 

紅白はタイムスケジュールが細かく決められ、かなりキッチリとした進行で生放送されるといいますから、二人の欠場はかなり大きな問題となっているはず。

 

かといって、今さら大物有名人のスケジュールを抑えるのは至難の業でしょうし、果たしてどんなカタチで穴埋めするのか・・

 

◆5人揃って出場したら、NHKにとてつもなくデッカイ貸し作れますけど?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 SMAP ・【特集本】 ・SMAP×SMAP COMPLETE BOOK 月間スマスマ

価格:2000円(税込、送料別) (2021/12/30時点)


楽天で購入


 

 

というのはさておき、紅白は今でも視聴率40%以上も狙える”国民的番組”であることは確かですが、若者世代にとってはすでに”オワコン”となりつつあるのも事実。

 

最近は民放各局も大型の音楽番組を年末に放送していて、そちらは若者を意識したラインナップで好評を得ています。

 

そう考えると、紅白に分かれて順番に歌い、最後に得点を付けて勝ち負けを競う・・なんていうスタイルは”古い”のかもしれません。

 

今年はBPOの難癖で中止となってしまった「笑ってはいけない」が、ここ数年は多くの視聴者を獲得していたことを考えると、紅白も”歌合戦”から”笑いありの音楽バラエティ”に

リニューアルする可能性は十分あるのでは?

 

現会長さんは「新しく生まれ変わったNHKを自分の代で作りたい」そうですし、もし紅白に大きなメスを入れることができれば、自身の功績として大きくアピールできます。

 

ここ最近のNHK会長は、ほぼ1期3年でお役御免となるのが通例となっています。

 

現在の前田会長は2020年1月に就任しましたが、このままいくと任期は残り1年ほど。

 

つまり、紅白を変えるとすれば来年しかチャンスはないわけです。

 

70年以上の歴史を持つ紅白ですが、果たして来年はどうなっているんでしょうか・・?

 

◆何度見ても面白い

紅白を辞退する理由→ geinou ranking geinou reading

紅白を辞退する理由→ geinou reading geinou ranking

 

◆今ならまだ間に合います!



 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※芸能人のSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

 

大晦日の紅白歌合戦が11月19日に発表されたましたが、今年は全世代共通の国民的ヒットソングと呼べる曲もなく、NHKによる不明瞭な選考基準に疑問の声も多く出ています。

 

そんな中、広告代理店からは衝撃の調査結果も出てきたようで・・

 

 



 

[以下引用]

「NHKは『今年の活躍』『世論の支持』『番組の企画・演出』の3つを中心に『総合的に判断』したと説明。令和初の紅白となった2019年からは、定額制聴き放題の音楽ストリーミングサービスでの人気を独自に調査し、判断材料としているといいます。

 

しかし、ストリーミングの総再生回数が日本人最速で4億回を突破するなど『ドライフラワー』が大ヒットした優里、流行語大賞にノミネートされるなど『うっせぇわ』が一大旋風を巻き起こしたAdoを始め、『YONA YONA DANCE』がTikTokで話題となっている和田アキ子、ストリーミングでのヒットを連発しているOfficial髭男dismらの名前はなく、辞退あるいは落選となった。

 

それでいて、今年はリリースのなかった鈴木雅之が2年連続、近年はめぼしいヒット曲のないPerfumeは14年連続で選ばれている。また、ここにきてKAT-TUNが初出場になるとは、ジャニーズファンですら目が点です。亀梨和也がNHKドラマ『正義の天秤』で主演した“貢献度”が評価されたのかもしれませんが、たったの5話。KAT-TUNはデビュー15周年という節目ですが、それならKis-My-Ft2やSexy Zoneは10周年ですし…」(テレビ誌ライター)

 

一方、小粒感が否めない紅白出場メンバーを知って、小躍りしたのが日本テレビだ。今年は恒例の『笑ってはいけない』シリーズが休止となり、6時間の生放送特番『絶対笑って年越したい!笑う大晦日(仮)』で勝負をかけることが発表されている。

 

「このほど内容が固まったようですが、どうやら芸人が東西に分かれてネタを披露。審査員が勝敗を決めるという、簡単に言えば“お笑い版紅白”になるようです。本家『紅白』のキャスティングを見て、関係者は『これならイケる!』と鼻息が荒くなっています」(テレビ関係者)

 

そんな折、あるデータがテレビマンたちに衝撃を与えたと言う。民放プロデューサーが声をひそめて言う。

 

「さる大手広告代理店が、各局のラインナップを並べた大みそかの番組表を13~49歳のコア層に見せ、選挙の事前リサーチと同じ方法で『どの番組が見たいか』とアンケート調査を行ったんです。結果は、大多数の人が『地上波は見ない』と答え、NetflixやAmazon Prime Videoを見て過ごすという人が急増していることがわかった。つまり、『紅白』を見ないからといって視聴者が民放に流れるわけではなく、テレビのパイが小さくなっただけ。となれば、来年以降はますますスポンサー離れが加速していくと予想され、NHKだけの問題ではなくなりそうです」

[日刊サイゾー]

 

あらら、そうですか。

 

まあ、こたつに入ってみかんを食べながら、おじいちゃん、おばあちゃんから孫まで勢揃いして紅白を観ていたなんて、平成初期の頃まで・・というのが本当のところなのでは?

 

近年は、例えば家族が5人いれば、リアル空間では一緒にいても、実際にはそれぞれ好きな”スクリーンタイム”を楽しんでいるというのが実情なんじゃないかと。

 

紅白のような歌番組はとりあえず録画だけしておいて、自分の気になる歌手が出場するときだけスポット的に見るというのは、今ではごく普通のことだと思いますけどね。

 

で、地上波以外のネトフリやアマプラのような配信系コンテンツを観る人がいる一方で、Youtubeを始めとする動画プラットフォームやツイッター、インスタなどのSNSにかじりつく人もたくさんいるでしょう。

 

「テレビしかなかった」平成初期までの常識と、「多様なコンテンツを楽しむのが当たり前」となった現在の常識を比べるのはナンセンス。

 

テレビ離れを今さら「大変な事態」みたいに騒ぐのもどうかと思いますが・・

 

とはいえ、今年の紅白は確かに、ちょっとマズイんじゃないの?と心配になるレベルではあります。

 

演歌枠は激減して高齢者は観ない。

 

若者向けにYoutube系出身のアーティストをチラホラと選抜したものの、中途半端過ぎて若年層からもそれほど支持は得られず。

 

かといって、大ヒットを飛ばした歌手を出さず、芸能界の事情で??なアーティストを抜擢したことで、国民の大多数から疑問の声が出てるわけですからね。

 

これがきっかけで、番組の長い歴史に幕を閉じることになったとしても、それは自業自得なんじゃないかと。

 

日テレに関しても、「笑ってはいけない」から「思いっきり笑おう」にコンセプトを変えざるを得なかった事情は理解できます。

 

ですが、国民の大多数は、BPOという老害的組織による「痛みを伴う笑いはNG」という、まったくもって意味不明な”正義”によって番組が潰されたことを、かなり冷めた目で見ているというのが現実なのでは?

 

紅白の自滅と「笑ってはいけない」の代替番組がともに爆死すれば、テレビ業界に引導を渡すことになるような気がしてなりません。

 

って、そもそも”視聴率”なんていう、たかだか数千世帯の数字を日本全体に当てはめ、

 

「統計学的に国民の〇〇%が視聴していることになる」

 

などと言ってることが、すでにオワコンだとは思いますが。

 

今の時代、やろうと思えばいくらでも旧態依然とした視聴率調査よりも実態に即した調査をできるはず。

 

それをやらず、いつまでも怪しげな数字に振り回されている時点で、テレビは”時代の遺物”になっているような気がします。

 

◆ヒゲダンも…アーティストが紅白に出ない理由

コメント一つ目まで見てほしい!→ geinou ranking geinou reading

コメント一つ目まで見てほしい!→ geinou reading geinou ranking

 

※クリスマスケーキ予約できます

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※松本人志さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

 

本日配信の「スマートフラッシュ」が、大手広告代理店がスポンサー企業550社に対して「使いたくない芸能人」についてアンケートを取った結果を発表しているのですが、そのトップには意外すぎる名前が挙がっています。

 

 

※使いみち、無限大。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】ドライフルーツミックス450g ミックスフルーツ 9種類の贅沢ドライ...

価格:1180円(税込、送料無料) (2021/9/24時点)


楽天で購入


 

 

[以下引用]

その女性部門でトップになったのは、大坂なおみだった。「ちょっと今は使うのが怖い」「もともと出演料が高いので」と、どこも及び腰。

 

「今回のアンケートでびっくりしたのは大坂なおみに対する声です。視聴者の『嫌いな芸能人』調査では31位にやっと顔を出している程度なので、このギャップは興味深い。クライアントが挙げる理由には『会見拒否はどうなの?』『五輪の聖火ランナー起用には違和感を覚える』があります。なんと4社に1社が彼女の名前を挙げました。あれだけもてはやされていた彼女に対する手のひら返しには驚くばかりです。もちろんギャラに見合う広告効果があるのかという根本的な問題もありますが『使いづらい』というのは偽らざる本音なんでしょう」(前出・代理店担当者)

 

ほかに高樹沙耶上西小百合益若つばさなど「主義主張に偏りが…」という印象を持たれている顔ぶれや、神田うのベッキーも上位に。

 

「高樹は1位に挙げた社はほとんどないが、こういう調査に『とりあえず名前を挙げておく』存在のようです。クライアントにとってはタブーの存在。上西が世間で注目されたのも、もうずいぶんと過去の話に感じますけど、今でもこんなに名前が挙がるのは逆の意味ですごい。益若は最近になって『ミレーナ』(子宮内避妊具)を装着していることを公表。その目的をめぐって論争になるなど『世間を騒がせた』イメージで使いにくいと思われるんでしょうね」(前出・代理店担当者)

 

男性では伊勢谷友介清原和博などの “クスリ系”、手越祐也東出昌大といった “問題児” の名前が挙がった。

 

「伊勢谷の場合は、タレント案件というよりビジネスで関わりのある企業が投票しているようです。大麻事件が鮮明にこびりついているのでしょう。

 

2位の石田純一よりポイント数が多いのは、石田が一般的にあきれられる程度の素行なのに対し、伊勢谷は理想を唱えながら行動がまったくともなっていなかったからでしょう。

 

ただ憎めないとはいえ、石田が問題なのは悪気がないところ。コロナ禍のなか、ゴルフや会食を重ねたりマスクをしないなど、ネジが緩んでいる。手越は事務所独立時のルール違反や痛手がいまだに尾を引いていますね」

 

犯罪や事務所移籍トラブルなどは、避けられる典型だ。

 

「視聴者の『嫌い』というのはたんなる感情ですが、実際に起こした問題、つまり “事実” がビジネスの世界では勘案されます。使うタレント次第ではその企業のイメージがダウンしたり、商品の売り上げに影響するからです。そういう意味では、広告を出す企業側のタレントへの視線は、視聴者よりもさらに厳しいものです」(前出・代理店担当者)

[スマートフラッシュ]

 

↑は、大手広告代理店がスポンサーに対して「使いたくない芸能人」を集計した結果です。

 

広告代理店にすれば、スポンサーが神様ですから、意向はきちんと把握しておかないと、キャスティングの提案ができないですよね。

 

で、大手広告代理店が一般人に対して行った「嫌いな芸能人ランキング」の結果はこちら。

 

<女性版>

1.フワちゃん

2.ゆきぽよ

3.鷲見玲奈

4.前田敦子

5.唐田えりか

6.馬淵優佳

7.田中みな実

8.広瀬すず

9.木下優樹菜

10.篠原涼子

 

<男性版>

1.石田純一

2.宮迫博之

3.DaiGo

4.坂上忍

5.明石家さんま

6.西野亮廣

7.安田大サーカスクロちゃん

8.野々村真

9.渡部建

10.本田圭佑

 

この乖離を見ると、「嫌われてるのになんでよく出てくるんだろ」という疑問もちょっと解決というか。

 

記事でもこう説明されていました。

 

[以下引用]

「視聴者の『嫌い』というのはたんなる感情ですが、実際に起こした問題、つまり “事実” がビジネスの世界では勘案されます。使うタレント次第ではその企業のイメージがダウンしたり、商品の売り上げに影響するからです。そういう意味では、広告を出す企業側のタレントへの視線は、視聴者よりもさらに厳しいものです」(前出・代理店担当者)

[スマートフラッシュ]

 

 

実際に起こした問題というのは、具体的には犯罪や事務所移籍トラブルとのこと。

 

田中みな実さんがあざとくて嫌われても、篠原涼子さんが年老いた夫に子供二人を押し付けて不倫して離婚して嫌われても、スポンサー的にはとりあえずはセーフ、ということのよう。

 

逆に、手越祐也さんは、一般人にはそこまで嫌われていないけれど、事務所の辞め方が悪く、スポンサーは使いづらいと、そういうことなんでしょうね。

 

それでも、スポンサーにとったらお客様は一般人であるケースがほとんどですから、「嫌い」という感情も無視できないと思うのですが、それでもやっぱり、「無関心」よりは話題になる、ということですからね。

 

記事によると、テレビは視聴率が命であるため、どんな形でも話題になると判断されれば、大炎上した宮迫さん、西野さん、DaiGoさんなどはまだテレビ出演のチャンスはあるそうです。

 

一方で、神田さんやベッキーさんなどは嫌われ系かと思っていましたが、嫌われ上位にも入ってない、スポンサーは使いたくないと感じてる、ということですから、もうテレビで見ることもないのかも。

 

ベッキーさんは大手事務所であるサンミュージックを辞めましたしね。本当に見る機会がなくなるのかもしれません。

 

◆知名度の割に本当に嫌われちゃったな…

 と思うのがこの人→ geinou ranking geinou reading

 と思うのがこの人→ geinou reading geinou ranking

 

◆スポンサーの皆さん!洗脳芸能人はダメですか?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スイーツメモリー ガトーショコラ ダァ [ Toshl ]

価格:1760円(税込、送料無料) (2021/9/24時点)


楽天で購入


 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※大坂なおみさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

 

BPO(放送倫理・番組向上機構)の青少年委員会が25日、「痛みを伴うことを笑いの対象とするバラエティー」について審議入りすることを公表しました。

 

これによってテレビのバラエティ番組、そしてリアクション芸人が完全終了することが現実味を帯びてきたとして、業界には激震が走っているといいます。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

誕生日 プレゼント プチギフト お祝い お菓子ギフト プレゼントスイーツギフト ...

価格:1660円(税込、送料別) (2021/8/27時点)


楽天で購入


 

[以下引用]

BPOの青少年委員会は、視聴者やBPOの中高生モニターから、出演者に痛みを伴う行為を仕掛け、それをみんなで笑うような、苦痛を笑いのネタにする各番組は「不快に思う」「いじめを助長する」などの意見が継続的に寄せられてきていることなどを踏まえ、議論した。その結果、青少年に与える影響の重大性を鑑みて、審議入りすることを決めた。

 

対象となったのは在京キー局等で放送されたバラエティーで「個別の番組を対象とするものではない」としている。しかし、テレビ局関係者は「特にテレビ局のバラエティー班はこの審議の行方を注視しています。なぜならバラエティーの方向性が大きく変わる可能性があるからです」と語る。

 

審議の結果いかんでは、もっとも大きな影響を受けるのが「笑ってはいけない」シリーズだろう。ダウンタウン、ココリコ、月亭方正らレギュラーメンバーが、豪華ゲストのネタなどで笑ってしまったら「○○アウト〜」という掛け声とともにお尻をたたかれるというもの。毎年、NHK紅白歌合戦を除くと大みそかの民放番組で最も高い視聴率を取っており、DVDの売れ行きも抜群。そのフォーマットは海外にも輸出されている。

 

「『笑ってはいけない』はケツバットだけではなく、蝶野正洋のビンタやムエタイ選手によるタイキックなども人気だけど、仮に『出演者が痛がる様子を笑いの対象にするようなバラエティー番組』に規制が入れば、全てダメになってしまう。そうなれば内容を大幅に変えないと番組が成立しなくなる」(テレビ局関係者)

 

ダチョウ倶楽部、出川哲朗などに代表されるリアクション芸は〝市民権〟を得ており、昔より過激なものは減ったとはいえ、今も多くのバラエティー番組で同様のものが放送されている。

 

「大なり小なり、リアクション芸的な要素が含まれた番組は多数あります。これからは放送するにあたって『フィクションであり、絶対にまねしないでください』というテロップを入れないといけなくなるかもしれません」(制作会社関係者)

 

民放各局にとって、BPOの決定は非常に重く、無視するわけにはいかない。テレビ局、そして芸人たちが審議の行方を見守っている。

[東スポ]

 

相変わらずですね、BPO。

 

この青少年委員会はその昔、めちゃイケの「しりとり侍」について、

 

「暴力やいじめを肯定しているとのメッセージを、子どもたちに伝えていると判断せざるを得ない」

 

また、「おネプ!」の「ネプ投げ」について

 

「のぞきを肯定するというメッセージを伝えている。女性に対する差別的固定観念を植え付けている」

 

などとイチャモンを付けて、コーナー廃止に追い込んだ前科があります。

 

ちなみに今回、BPOが騒ぎ出したのは、8月22日放送回での「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」が関係している可能性が高いとのこと。

 

同番組ではココリコ田中さんが「バットマン」シリーズの悪役・ジョーカーのようなメイクの「TANAKER」に変身し、過去に理不尽な仕打ちをされた浜田さんや松本さんらにパイを投げつけて復讐するという企画を実施。

 

浜田さんも松本さんも「痛いねん!」「メッチャ痛てー!」を連発して笑いを取っていたのですが、どうやらこの演出が問題視されてしまったようで。

 

 

※放送1500回の歴史があるというのに。

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!(祝)放送1500回突破記念DVD初回限定永久保存版(26)(罰)絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時 - ダウンタウン, 月亭方正, ココリコ

ガキの使いやあらへんで!(祝)放送1500回突破記念DVD初回限定永久保存版(26)

[Amazon]

 

 

とにかく、年末の風物詩となった「笑ってはいけない」を含め、こういったお笑い企画が視聴者から人気を得ている現実を、BPOはどう考えているんでしょうか?

 

BPOの賢い皆様方からすれば、テレビのバラエティ番組を好んで視聴する奴等なんて「バカで低能な俗物ばかり」だから、教育してやる必要があるんでしょうか?

 

一部のノイジーマイノリティーがギャアギャア騒いだことにいちいち反応して、

 

「アレもダメ!コレもダメ!」

 

なんてやってたら、それこそ日本のお笑い文化を破壊することになります。

 

 

※って、それが狙いなのかもしれませんけど。

「嘘の新聞」と「煽るテレビ」 (扶桑社BOOKS) - 和田 政宗

「嘘の新聞」と「煽るテレビ」

[Amazon]

 

 

さて、このニュースを受けて、すでにネット上では、

 

「痛みを笑いにするのが禁じられたら『笑ってはいけない』は無理じゃん」

「ケツバットや蝶野のビンタがダメになったら、番組は成立しない」

「こんなことで『笑ってはいけない』が終わっちゃうなんて、理不尽…」

 

と心配する声が広がっています。

 

もし、BPO勧告が出されれば、間違いなく「笑ってはいけない」の存続は

 

「アウトー!!」

 

になるだけに、松本さんのモチベーションが心配です…

 

[以下引用]

「昨年、アンジャッシュ・渡部建が同年末の『絶対に笑ってはいけない大貧民 GoToラスベガス24時!』に出演するという内部情報を一部スポーツ紙などが事前に報じ、松本が『ルール違反も甚だしい』と“ネタバレ”に対して強い不快感を示したことがありました。結局、渡部の出演シーンはお蔵入りになりましたが、『渡部は出るのか、出ないのか』という憶測に巻き込まれる形になってしまった。

 

今回の『TANAKER』企画について、松本はTwitterで『今週神回!これ考えた人凄い!いやいやワシワシ』などと自画自賛しています。もしこれがBPO案件にでもなってしまったとしたら、松本のやる気はさらに落ち込むはず。今の時代、ネット配信の番組のほうが自由度が高いですし、地上波のバラエティー番組にさらなるコンプライアンスを求められたら、松本が『もうやりたくない』と自らシリーズに幕を下ろしてしまう可能性もあるでしょう」(芸能記者)

[日刊サイゾー]

 

今回、痛みを伴う笑いがテレビ放送NGとなれば、リアクション芸人さんたちが全滅する可能性は高いです。

 

漫才のツッコミも「頭を叩くのは禁止」なんてアホなことになれば、お笑い業界に与える影響はとてつもなく大きい・・

 

というか、芸人さんたちが地上波テレビを見限り、ネット配信の世界に逃げていくのは必至かと。

 

松本さんはすでにアマプラなどでお笑い番組をやっていて人気を博しており、テレビよりも自由度が高く予算も潤沢なことから、本人もかなりハマっているとのこと。

 

もしかしたら、今回の件をきっかけにテレビのバラエティ番組は”完全終了”してしまうかもしれません。

 

ただでさえ若い世代のテレビ離れが止まらないというのに、そうなれば完全にテレビの時代をジ・エンドとなりそうな予感。

 

もしかすると、BPOというのはテレビを終わらせるための団体だったのでしょうか?

 

今後は不倫ドラマやヤンキードラマも全て地上波から消えるかもしれませんね。

 

◆会ったことのある芸能人とその印象

 意外です→ geinou ranking geinou reading

 意外です→ geinou reading geinou ranking

 

◆足つぼもダメですか?

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※松本人志さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

10月16日に公開されたアニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』が18日までの3日間で342万人動員、興行収入46億2300万円を記録したことが判明しました。これは日本歴代最高の数字であり、コロナ禍で映画興行も厳しくなっている中「興収200億円も見込める」と話す映画関係者もいるとか。

 

そんな中、坂上忍さんが水を差すような発言をして話題です。

 

 

※子どもが喜ぶかも

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

1000円 ポッキリ 送料無料 洗える マスク 【 大人用 子供用 和柄 マスク...

価格:1000円(税込、送料無料) (2020/10/20時点)


楽天で購入

 

 歴代最高を記録した劇場版『鬼滅の刃』

 

[以下引用]

映画史に刻まれる記録尽くしの猛発進となった。16日金曜日の初日だけで約91万人を動員して興収12億6800万円を記録。続く土・日も計250万人、興収約33億5000万円を計上。初日、週末(土日)とも日本国内で公開された映画の動員、興収記録を大きく塗り替えた。

金曜初日が定着したのはここ数年のこと。関係者によれば、19年4月26日に公開された「アベンジャーズ/エンドゲーム」が1日で興収約5億709万円を記録したのが過去最高。土日では約148万人を動員、興収16億2889万円を記録した「映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!」(14年公開)が1位で、新海誠監督の「君の名は。」は土日で7億7000万円だった。

[スポニチアネックス]

 

土日で33億、金土日で46億超ってすごいですね。

 

参考までに、2020年の集計になる映画で現時点で確定している興行収入は、『映画ドラえもん のび太の新恐竜』(8月公開)は32億、『コンフィデンスマンJP』(7月公開)は37億、大好評だった『今日から俺は!』(7月公開)は53億、同じ週刊ジャンプの人気漫画『僕のヒーローアカデミア』(2019年12月公開)は17億ほどとなっています。

 

映画の最終的な興行収入は通常初週土日を7倍した数字で予想され、2週め以降の広告宣伝やスクリーン数や公開週数の調整が行われます。

 

それで言うと、『鬼滅の刃』が200億超えを予想されるのも納得ですが、『君の名は。』が初週からの予想では50億ほどと近年まれに見る好成績だった上に、とにかく作品の評判が良かったために、いろんな相乗効果で右肩上がりとなり、最終的に250億になるような作品もあります。

 

『鬼滅の刃』も初週2日で33億と相当な勢いがあるので、興味を持って観に行く人が増えれば、掛ける7以上の成績を残すことになりそう。

 

ただ、今はコロナ禍です。

 

スポニチによると、定員の50%に制限していたTOHOシネマズは16日からの3日間は全劇場で全席販売に踏み切ったものの、密を避けるため再び50%に戻す劇場も出始めているそうで、今後の数字の伸びは予想しづらくなっているとか。

 

というか、全席販売、密だったのでは。大丈夫でしょうか。

 

映画館は実は換気が良いから大丈夫、という話もありますが、もしもクラスターが起きたら、『鬼滅の刃』のみならず、今後公開される映画にも影響されそう。

 

 

 

 『鬼滅の刃』のマイナス要素は、グロさと坂上忍

 

[スポンサーリンク]

 

コロナに加えてもう一つのマイナス要素は、ちょっとグロいという点です。

 

[以下引用]

「今回の特大ヒットを受けて、配給の東宝や製作の集英社・アニプレックスはなんとしても劇場版第2弾を製作したいと考えるでしょう。しかし、このまま原作を忠実に映像化していくと、ファミリー層が離れていく恐れがある。なんたって原作は今回映画化した『無限列車編』以降、グロ描写が増えていきますからね(苦笑)。そのあたりを今後どう調整していくのか、非常に興味深いです。客離れを恐れず原作マンガ通りに進めていくのか、それとも『ワンピース』などのように映画オリジナルのエピソードを新たに作るのか……。ちなみに原作はすでに完結済みなので、大幅な設定改変などは不可能です」(前出・映画ライター)

[日刊サイゾー]

 

 

映画の評価サイトを見ると、絶賛の声も多いですが、「同じ劇場にいた子どもが泣き出した」「思いのほかグロかった」というものもちらほら。

 

『鬼滅の刃』は主人公の竈門炭治郎が家族を殺した鬼と戦うために修行を重ね、半分鬼と化した妹・禰豆子を人間に戻す方法を探して戦う物語です。

 

家族愛、仲間との絆、信頼、といった要素がメインではあるものの、なんせ家族を鬼に惨殺されていますし、その後も鬼と戦いますし、鬼VS人間ですからとにかくぐちゃぐちゃになる場面もあり、だからこそ「12歳未満の年少者の観覧には、親又は保護者の助言・指導が必要」というPG12指定になっているんですよね。

 

それで「子どもが泣いた」って、連れて行った保護者が悪いと思うのですが、メディアが「ファミリー向け」と宣伝しているのも悪いかも。

 

とはいえ、「グロい」を重要視したら、家族連れで観に行く人が減って、興行収入の伸びが鈍る可能性はありますね。

 

その上坂上忍さんも『鬼滅の刃』を「面白くなかったって」といじったとか。

 

[以下引用]

そんな中、進行の伊藤利尋アナウンサーもこの前日、朝8時半の回に娘と『鬼滅の刃』を見に行ったといい、「もう、まあまあ入っていました」と朝早い時間にも関わらず客の数も多かったと話していたが、これに対し、坂上は「あんま面白くなかったって」と暴露。急な言葉に伊藤アナは慌てて「言ってないよ!」と訂正し、「面白かったですよ! 面白かった……なんで!?」と坂上を振り返ったが、当の坂上は大爆笑しっぱなしだった。

[リアルライブ]

 

 

その後も伊藤アナが必死にフォローするも白けた態度を取り続けた坂上さん。

 

フジテレビは『鬼滅の刃』のアニメ総集編を2回放送し、どちらも15%を超えてホクホクしてるはずなんですけどね。

 

坂上さんのコレで「映画観に行くのやめた」という人が増えるとは流石に思いませんが、いじめっ子みたいないじりはあまり面白くないです。やっぱり『バイキング』は観なくていいやと思いました。

 

それにしても作者の吾峠呼世晴さん、欲がなさすぎるというか引き際が鮮やかすぎます。

 

面白い漫画が引きずられ過ぎて面白くなくなるパターンもありますが、『鬼滅の刃』はまだその段階ではなかったのでは。

 

せめて鬼舞辻無惨が鬼になったエピソードくらい、しっかり読みたかったかなと。

 

 

吾峠呼世晴は女だった!顔写真は完全非公開なものの…

 こういう証拠はあります[画像]→ geinou reading geinou ranking

 こういう証拠はあります[画像]→ geinou ranking geinou reading

 

※コスプレ、人気です

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※最近禰豆子姿を披露した熊田曜子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

ホリエモンこと実業家の堀江貴文さんが、自身がプロデュースする和牛専門店で餃子食べ放題企画を行うことを発表しました。

 

しかし、件の餃子騒動がいまだに収まらぬ中での煽り企画の発表に、ネットでは批判の声が殺到しています。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ネット限定野菜餃子 100個 あっさりした野菜の餃子は女性に大人気 餃子 ぎょう...

価格:3456円(税込、送料無料) (2020/10/13時点)


楽天で購入

 

 餃子でトラブルの堀江貴文が餃子食べ放題

 

ホリエモンと言えば、先月22日に自身のフェイスブックの中で、広島・尾道の餃子店に行った際、一緒に来店した知人がマスクを着けなかったことを理由に入店拒否されたことを暴露し、ネットを中心に大問題に発展したばかり。

 

堀江貴文とトラブルの餃子店が休業に追い込まれる。ホリエ脳がヤバい!

 

店側にはネット民からの誹謗中傷が相次ぎ、現在は休業を余儀なくされています。

 

[以下引用]

そんな中、堀江氏は自身がプロデュースをしている和牛専門店で、17日に餃子食べ放題企画を行うことを報告。12日にツイッターで「土曜日餃子食べ放題企画やりますー」と呼びかけ、自身はその場に立ち会わないとしつつも、「マスクなしで大丈夫?」といった質問には「大丈夫ですよー」と答えていた。

 

この発表に、堀江氏のファンからは「このタイミングで餃子企画は面白すぎる!」「餃子騒動からのこの企画好きです」「鬼畜過ぎて笑いました」といった声が集まっていたが、一方では「頑張って営業していた餃子屋さんを休業に追い込んでおいてこれはひどい」「煽り企画としか思えない」「ここまで陰湿なのは引く」といった呆れ声が集まっていた。

[リアルライブ]

 

 

トラブルになった餃子店は女性自身の取材に答えていますが、一日100件を数える嫌がらせ電話などで奥さんが体調を壊し、お子さんも不安定になって今は親戚の家に身を寄せているとのこと。アルバイト店員はコロナ禍で辞めてしまって、一人では営業が厳しいものの、店の維持費は40万円かかるし、とありました。

 

そんな状況を知った2ちゃんねる開設者の西村博之さんは、10日にツイッターでクラウドファンディングを使っての通販やデリバリーの再開などを提案、12日に餃子店公式ツイッターで、ネット通販や販売所での販売に切り替えていくことをアナウンスしています。

 

どうにか道を模索しないといけないでしょうから、頑張って欲しいものです。

 

 

堀江貴文のえげつなさ 

 

[スポンサーリンク]

 

そんな報道があったところで、堀江さんは餃子食べ放題。

 

自分が引き起こした騒動を逆手に取って、自身の焼肉店でひと儲けですか…

 

ホリエモンさん、今頃は自分を取り囲む信者たちに向かって「オレって天才だな!」などとほくそ笑んでいることでしょう。。

 

というのは冗談にしても、ちょっとやることがえげつないですね。

 

口の達者なホリエモンさんのことですから、論戦になればあーでもないこーでもないと上手に相手を手玉に取り、さらに自身が持つ強大な影響力を使って弱者を踏みにじるなんてのは朝飯前。

 

正直、彼ほどの才能と財力、行動力を持っているのなら、一生懸命に生きている真面目な人へのイジメなんてしてないで、ぜひ国のため、社会のために尽くして欲しいところ。

 

実際、そういった期待を持っている人は多いと思うのですが…残念です。

 

こんなことを続けていれば、因果応報の法則でそのうちとんでもない報いを受けるんじゃないかと、他人事ながら心配になってしまいます。

 

◆有名ですが…

堀江さんの地雷ワード→ geinou ranking geinou reading

堀江さんの地雷ワード→ geinou reading geinou ranking

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※堀江貴文さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

[スポンサーリンク]

 

35人の死者を生んだ、京都アニメーションの放火殺人事件で、京都府警は8月2日、アニメ「らき☆すた」監督の武本康弘さんを始め10人の身元を公表しました。

 

そのニュースを報じたフジテレビの「Live News it!」で、「あんなアホはいない」というテロップが流れ続けるという放送事故があり、フジテレビが謝罪しました。

 

 

 

 

8月4日放送のフジテレビの「Live News it!」がこの訃報を報じる際、今も多くの人が訪れる献花台の様子や武本さんら犠牲となった人たちについての追悼コメントを報じ、武本さんについては「あんな天才はいない」と悼む同級生の声を伝えていました。

 

しかしテロップではなぜか【『らき☆すた』監督の同級生も『あんなアホいない』追悼】となっていたと。

 

 

京アニ武本監督死去でフジ誤報「あんなアホいない」と伝える

 

 

フジテレビは「武本監督の名誉を傷つける誤りで、ご遺族の皆様、取材に応じて下さった同級生の方を始め関係者の皆様に、多大なご迷惑をお掛けしたことをお詫び申し上げます」と謝罪。

 

どうしてそうなったかについては、担当者は「あんな天才いない」と発注したが、生放送で作業に追われている中で、字が乱雑だったことなども重なり、「アホ」と表記してしまった、 と説明しました。

 

が、いくら字が乱雑でも「天才」と「アホ」。しかも訃報を報じる際のテロップですからね。

 

関西では「アホ」は愛情を含んだ言葉で、楽天的と同義だと聞いたことはありますし、武本さんは兵庫県出身ではありますが、流石にこういうニュースでアホはないと、作る人も疑問に思うものじゃないのかと、いくら急いでいてもチェックくらいはしないのかと、疑問です。

 

フジテレビのこういう放送事故は初めてではありません。

 

山梨と埼玉が逆になる、というしょうもないものもありましたが、

 

【恥】とくダネが山梨と埼玉を逆に!フジテレビには日本人がいない?

 

フジテレビ史上最悪の放送事故と言われたのがこちら。

 

 

 

 

2011年の東日本大震災で福一の事故があった後、放射能汚染が心配されていた時期にフジテレビ系列の東海テレビがしたことです。

 

後にリハーサル用の仮テロップが誤って流れたと謝罪していましたが、リハーサル用にこういうのをふざけて使うその神経が人としておかしいと、当時話題になりました。

 

他にもドラマやニュースにいちいち反日的要素を盛り込み、一方で韓流ブームを捏造しているとして2011年夏にデモが起きて以降、すっかり視聴率も低迷し「振り向けばテレ東」なんて言われるまで凋落し、こういうおかしな放送は鳴りを潜めたと思っていましたが、根本は変わらないんですね。

 

◆韓国人に対するインタビューの日本語訳が正反対

フジテレビは何がしたいのか→ geinou ranking geinou reading

フジテレビは何がしたいのか→ geinou reading geinou ranking

 

※武本さん監督作品

[amazon]

 

 

[amazon]

 

※そういえば…高岡蒼甫さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

[スポンサーリンク]

 

7月クールの日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』がスタートし、初回13.5%と福山雅治さん主演の前クールドラマ『集団左遷』を引きずらない好スタートとなりました。

 

が、TBSは大きな戦略ミスをしたと指摘されています。

 

 

※原作はこちら

 

 

初回13.5%は低いのか高いのか

 

[スポンサーリンク]

 

『ノーサイド・ゲーム』は日曜劇場の定番化している池井戸潤さん原作で、テーマは9月からワールドカップが始まるラグビー関連のサラリーマンの奮闘モノ、主演は人気・知名度もある大泉洋さんのドラマです。

 

前クールドラマの『集団左遷』の主演の福山雅治さんが、キャラに合わない変顔や素っ頓狂な声、川原の全力疾走などをしていたため、それなら大泉さんと逆だったほうがハマったのでは、なんて言われていましたが、始まってみれば、「仕事のできる大泉洋って新鮮」という声もあり、『ノーサイド・ゲーム』に大泉さんはハマったのかもしれません。

 

で、結果13.5%というのは、ふつうに良い数字です。

 

しかし、「物足りない」という声もあるよう。

 

福山さんの『集団左遷』は13.8%でしたし、過去の池井戸ドラマの最低が『下町ロケット2』の13.9%ですから、それも仕方ないのかも。

 

ネットの評判を見るに、敗因はピンチと逆転という池井戸潤原作に飽きてること、『ルーズヴェルト・ゲーム』を彷彿とさせること、総合すれば毎度同じだからね、という感じな気が。

 

 

オーディションしてラグビーらしい人を出してるんだろうけど演技がちょっと、という声や、野球ならルールがわかるけどラグビーはちょっと、みたいな声もありましたし、池井戸ドラマの火付けとなった『半沢直樹』の続編放送も発表されている今、確かにマンネリ感は否定できません。

 

池井戸ドラマのワンパターンさは、出演者に歌舞伎など古典芸能系の人や元アナウンサーなど別ジャンルの人がいるのも合わせて「またか」という部分もありますしね。

 

 

米津玄師を宣伝しなかった愚

 

そんな中、放送終了と同時に大きな話題になったのがエンディングに米津玄師さんの曲が流れたこと。

 

予告なしだった分、流れたときの感動も大きかったように思いますが、それが重大なミスだったと指摘されています。

 

[以下引用]

「話題性を狙ったのでしょうが、完全な戦略ミスです」と、コラムニストの桧山珠美氏がこう続ける。

 

「なぜ主題歌をサプライズにしたのか、はなはだ疑問です。米津さんの人気を考えれば、事前に告知すべきでした。若者を中心に支持されていますが、昨年の紅白歌合戦に出演してからは、知名度、人気は老若男女に広がったでしょう。米津ファンを取り込んでいたら、『ノーサイド・ゲーム』の視聴率は最低でも15%は超えていたのでは。それにバラエティーの大泉さんは好きだけど、ドラマはちょっと……という視聴者も少なからずいます。前クールの福山雅治さん主演の『集団左遷!!』に比べて出演者にインパクトがないだけに、もったいない話ですね」

[ゲンダイネット]

 

確かに場面と曲が合っていて盛り上がりましたし、SNSでは「来週からリアルタイムで観よう」という声もありましたから、もったいなかったなと思います。

 

その上乗せがあれば、ドラマ自体に多少のマイナス要素があったとしても14%くらいいったかも?

 

本当に、第一話が一番のチャンスだったと思うんですよね。

 

来週からはリアタイで観ようと言った人がいても、今週のドラマの評価が知れ渡れば、エンディングのためだけにドラマを観る気になるかは微妙なところです。

 

なんで宣伝しなかったのやら。

 

日曜の夜には水戸黄門的な安心の展開を求める人も一定数いるでしょうから、大きく下がることもないでしょうけど、歴史的高視聴率を記録した『半沢直樹』の続編については万全を期さないといけないですね。

 

◆何度見返してもおもしろいドラマって

何?→ geinou ranking geinou reading

何?→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※大泉洋さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

嵐の前の静けさとは、まさに現在の状況のことを指すのかもしれません。

 

週刊文春によってヤラセの実態を明らかにされた日テレ系の超人気バラエティ番組「世界の果てまでイッテQ!」ですが、前回放送分では「一部の『祭り』において開催実績や開催経緯などの説明に誤りがありました」との謝罪テロップが表示され、当面の間、同企画は休止することが発表されました。

 →宮川大輔がヤラセを黙認!数々の疑惑を「信頼」でごまかしていた・・

 

11月8日、15日発売号と2週連続で文春砲が炸裂した形になりましたが、21日発売号では追撃記事は見当たらず、このまま終了かと思いきや、実は第3弾は「確実に番組の息の根を止めるため」に温存されている可能性が高いといいます。

 

※年内で見納め?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

世界の果てまでイッテQ! 10周年記念 DVD BOX-RED [ 内村光良 ]

価格:7929円(税込、送料無料) (2018/11/23時点)

楽天で購入

 

[以下引用]

「番組自体はこのまま継続されるようですが、『文春』は番組の息の根が止まるような超ド級のスクープを温めているというウワサがあるんです。考えられるとしたら、出川哲朗の『はじめてのおつかい』シリーズか、イモトアヤコの『珍獣ハンター』『登山部』シリーズあたりではないか。

 

まず、『おつかい』に出てくる外国人たちが全員エキストラという可能性はありそう。あんなに怪しい東洋人がウロウロしていたら、普通はポリスが駆け付けてくるはず。『珍獣~』も、いかにも危険動物のように見せかけていますが、実は毒がない安全な状態にしてあったという可能性は十分ある。

 

もしやらせがあったとして、番組的に一番ダメージが大きいのが、花形企画の『登山』でしょう。ヘリを使っていたと暴露されたら、イモトはタレント生命を絶たれてもおかしくない。そればかりか、日本テレビの大久保好男社長は、同番組について『やらせやでっち上げの意識はなかった』と否定していますから、番組終了や社長辞任といった事態にまで及ぶのは必至です。年末の合併号あたりで、何かが飛び出るかもしれません(スポーツ紙デスク)

[日刊サイゾー]

こういう時のサイゾー情報って、結構当たる確率が高いような気がします。

 

それだけに、なんだかキナ臭い匂いがプンプンするのですが、それにしてもよくもまあ、こうスラスラとヤラセの”例え”が出てきますよね。

 

それだけ業界では以前から「怪しい」と噂されてきた証拠なんでしょうけど、過去には虚偽の内容を放送した「発掘!あるある大事典II」と「ほこ×たて」(ともにフジテレビ系)が即座に打ち切られていることを考えると、「イッテQ!」はかなりしぶとく粘っている印象があります。

 

まあ、NHK大河ドラマをはじめとして人気番組がひしめく日曜夜8時台において、視聴率20%超えも珍しくないお化け番組ですからね。

 

日テレが番組を失いたくないと考えるのは当然ですし、ヤラセが発覚したのはあくまで1コーナーであり、番組全体は『ガチ』であるという思いもあるのかもしれません。

 

しかし、日テレはすでに番組終了を覚悟していて、なんとか被害を最小限にとどめるために”引き伸ばし作戦”を展開しているとの見方もあるようです。

 

[以下引用]

「未放送ロケのストックも相当にあるものと思われます。今、打ち切りとなった場合には、すべてお蔵入りとなってしまいます。少なくともストック分の消化が終わったのちに、番組打ち切り論が出てくるかもしれません。ある程度、時間があれば次番組の準備も可能です。タイミング的には来年の4月改編で終了の可能性などがあり得るでしょう」(業界関係者)

[日刊サイゾー]

これまでの報道を見る限り、「イッテQ!」のやらせが祭り企画の二件だけという可能性は低いような気がします。

 

一方、今回のヤラセ疑惑に対する視聴者からの擁護の声が非常に多いことを考えると、文春がこれまで同様に第3弾を報じてもスルーさせる可能性も高そうです。

 

しかし、ヤラセが発覚してそれを認めているのに、責任の所在がウヤムヤにされて、番組の存続が許されるのであれば、今後はすべてのテレビ番組において「イッテQレベルの捏造はOK」という前例になってしまうのでは?

 

放送される番組に対する信頼性が失われるということは、テレビ業界が自分で自分の首を絞めてることに他なりません。

 

文春砲第3弾が炸裂して息の根を止められてしまう前に、自浄作用によって問題が解決されたほうが良いと思いますが…

 

どうなんでしょうか、日テレさん?

 

※打ち切られたTV番組の衝撃ランキング!

 一位がヒドイ…→ geinou reading geinou ranking

 一位がヒドイ…→ geinou ranking geinou reading

 

※後継番組も面白いものを期待してます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

内村プロデュース〜俺チョイス 内村光良〜俺チョイス [ 内村光良 ]

価格:2036円(税込、送料無料) (2018/11/23時点)

楽天で購入

 

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※宮川大輔さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

日本テレビが毎年大晦日に放送しているの人気番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」に、元SMAPで現在は「新しい地図」として活動している稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんのサプライズ出演が浮上しているといいます。

 

しかし、日テレといえばジャニーズ事務所とベッタリな関係であることは有名な話。

 

そのため、番組制作側の意向とは裏腹に、ジャニーズからの”無言の圧力”を恐れた局側が忖度する可能性が高いそうで…

 

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!(祝)ダウンタウン結成35年記念 DVD 初回限定永久保存版(23)(罰)絶対に笑ってはいけない科学博士24時

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!(祝)ダウンタウン結成35年記念 DVD 初回限定永久保存版(23)(罰)絶対に笑ってはいけない科学博士24時

 

[以下引用]

「結果的に出演しませんでしたが、3人は昨年も『ガキ使』への出演オファーがあったことが一部週刊誌で報じられました。今や局を代表する大みそかおなじみの人気番組ではあるものの、企画も固定化されてきて長尺の番組ということもあり、毎年演出には一苦労していますからね。3人が出演するとなれば話題性は抜群ですし、高視聴率も期待できる。出演を期待する声が出るのも頷けます」(芸能事務所のマネージャー)



とはいえ、高いハードルとなりそうなのが、日テレとジャニーズ事務所との関係だ。



「ウチは民放の中でも今もっともジャニーズさんと太いパイプで結ばれています。ジャニーズサイドが『3人を番組で使うな』といった圧力をかけることはないですが、上層部が忖度する可能性は高いですよね」(日テレ関係者)

[アサ芸プラス]

 

「絶対に笑ってはいけない」シリーズには、毎年のように大物ゲストが出演して話題になっていますし、それを考えると「元SMAPメンバー」という肩書は最強の飛び道具になることは確実でしょう。

 

「新しい地図」の3人についても、ジャニーズを辞めた当初は「地上波テレビから完全に干される」と予想されていたものの、NHKを中心にしぶとく生き残っています。

 

そう考えると出演可能性もゼロではないような気がしますが…やはり、民放各局の中で最も「ジャニーズ寄り」と言われる日テレだけに、実現は厳しいのでは?

 

そういえば、2015年に放送された「絶対に笑ってはいけない名探偵24時!」では、松本人志さんの親友でもある中居正広さんが、他のSMAPメンバーのソックリさんとともに出演してましたね。

 

どちらかというと、“偽SMAP”の再登場の方が現実味…あるわけないか。

 

「新しい地図」の3人については、同じく大晦日の紅白歌合戦でも「NHKの隠し玉では?」と予想されています。

 

こういった報道が出てくるということは、つまり「需要がある」ということ。

 

いくらジャニーズ事務所が圧力を掛けようとも、3人が地上波でSMAP時代以上に活躍を始めるのは時間の問題かもしれません。

 

※ジャニー喜多川が事務所の通達に反旗!

 こんなんで大丈夫?→ geinou ranking geinou reading

 こんなんで大丈夫?→ geinou reading geinou ranking

 

※「新しい地図」=「New(s) Map」だそうで。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

5人の新しい地図〜ずっと先の未来〜 (MSムック)

価格:1300円(税込、送料無料) (2018/11/19時点)

楽天で購入

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※稲垣さん、草彅さん、香取さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

夏の風物詩となった日テレのチャリティー番組『24時間テレビ』の放送が今年も近づきました。

今年は7月に発生した西日本豪雨災害の緊急募金も受けつけるものの、日テレは募金額減少を心配しているんだとか。

 

 

※いろんな市がふるさと納税での寄附を募っています

 

24時間テレビ出演者の高額ギャラ報道

 

[以下引用]

「例年10億円前後を集めていて、東日本大震災があった’11年には19億円に達したのですが、ここ最近はヒトケタ台が続き、昨年は前年から2億円弱減らして7億円を切ってしまった。番組の目玉であるチャリティーランナーのギャラは1000万円、総合司会には500万円ほどのギャラが支払われていると報じられ、『偽善番組』と叩かれたことが少なからず影響しているようです」

[フライデー]

 

 

2013年8月、FLASHが『24時間テレビ』のギャラを報じました。

 

それによると、嵐は5000万円、チャリティーランナー大島美幸さんは1000万円、総合司会羽鳥慎一さんは500万円、カラオケで参加している谷村新司さんや加山雄三さんは200万円ももらっているとか。

 

また、長年総合司会を務めた徳光和夫さんはギャラが1500万円と高騰したため総合司会から外れることになったそう。

 

※つまりみやぞんも1000万円

[Amazon]

 

10億前後が当たり前、東日本大震災の2011年は19億、2012年が11億、2013年が15億だった募金額が、2014年に9億になり、2015、2016年8億、2017年は6億9千万円と下がっているのは、ギャラ報道も確かに関係するかもしれません。

 

東日本大震災直後の芸能人募金の胡散臭さや度重なる自然災害で募金を確実に必要なところへ届ける方法について考える機会があった、というのもあるのかも。

 

 

24時間テレビ出演者の高額ギャラはどこから出ている?

 

フライデーによると、武道館に募金を持って駆けつける芸能人にもギャラが支払われているそう。

 

その芸能人が持ってくる募金はギャラ以上であることが多いため実質ノーギャラだといいますが、あれもこれも演出だと思うと…。

 

もちろん出演者のギャラは募金から出ているわけではなく、『24時間テレビ』で流れるCMのスポンサーから出ており、必要経費を支払ったら日テレは黒字どころかギリギリだといいますが、それでもカラオケ歌うだけで200万円支払うなら、そこから少しでも募金したら?と思いますよねえ。

 

そんな風潮もあり、最近では「チャリティー番組でギャラを貰うのはおかしい」と出演を断るタレントが増えていて、出演者確保に苦労しているとか。

 

確かにこの24時間テレビのギャラ問題は毎年のように話題になっていて、チャリティー番組に出てるのにギャラを貰ってるタレントの方に白い目が向けられることもあります。

 

その影響か、今年は出演する木村佳乃さんとサンドウィッチマンがギャラを寄附するという噂も出ています。

 →木村佳乃24時間テレビのギャラ寄附を申し出

 

このときだけ妙に障害者にスポットをあてたり、感動を求めるあまり利己的になっているというのも毎年指摘されていることです。

 →24時間テレビで世界遺産・屋久島が傷つく

 

それでももう41回も続いているこの日テレの夏の風物詩。

 →24時間テレビの「不都合な真実」

 

今年は知名度的に不安のあるSexy Zoneがメインパーソナリティを務めるため、募金額のみならず視聴率も低迷が心配されています。

 

これまでのワースト記録は、募金が1982年の6億、視聴率が1991年の6.6%です。

 

流石に視聴率がそこまで低迷することは無いでしょうが、募金は厳しいかもしれませんね。

 

◆もうほんと限界ですよ

24時間テレビ→ geinou reading geinou ranking

24時間テレビ→ geinou ranking geinou reading

 

 

※巻き込まれた感

     

[Amazon]

 

 ◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※サンドウィッチマンさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

[スポンサーリンク]

 

2017年12月31日に放送されたNHK紅白歌合戦には「特別枠」が設置され、安室奈美恵さんと桑田佳祐さんが出場しました。

 

この桑田さんの出場が発表されたのは12月22日でしたが、実際には他の出場者と同様に11月には決まっていたと報じられています。

 

 

※桑田さんは『ひよっこ』コーナーにも出演[楽天市場]



 

紅白出場はほぼ既定路線だった桑田佳祐

 

昨年は『とと姉ちゃん』の主題歌を担当した宇多田ヒカルさんが紅白歌合戦に初出場したように、近年朝ドラの主題歌を歌うのと紅白歌合戦に出場するのはセットのようになっています。

 

桑田さんは『ひよっこ』の主題歌『若い広場』を歌い、さらには同じ事務所の小出恵介さんの不祥事の補償問題もあり、かなり早いうちからソロでの7年ぶり2度めの紅白出場は既定路線だとされていました。

 

にも関わらず、11月16日の出場歌手決定会見では発表されず、NHKは出場に向けて継続的に交渉していくとコメント。最終的に出場が発表されたのは12月22日と放送まで10日を切ってからのことでした。

 

この記事の続きを読む

元NHK職員であり、現東京都葛飾区議会議員の立花孝志氏(NHKから国民を守る党代表)が『NHK紅白歌合戦の裏側』という動画をYouTubeに投稿、カネは暴力団にまで流れているとする内容が話題になっています。

 

[スポンサーリンク]

 

 

NHK紅白歌合戦のカネの流れ

 

動画はこちら。

 

[以下引用]

この動画のポイントは紅白歌合戦の金の流れであり、更に暴力団まで繋がっているという点。NHKは公共放送局であり受信料で賄われている。その受信料が暴力団に流れているのが問題と指摘している。

 

また紅白歌合戦では大手芸能プロダクションが金を出して「うちの歌手を使ってくれ」とお願いしてくる。またそれだけでなく芸能プロダクションに所属している売れ無い女性歌手に対して「抱かれてこい」と言う圧まであるという。

 

NHK側からお願いして出場してもらう場合もあるが、「え、何故?」「なんでこの人が今年も?」という出場歌手はこのような流れだという。

[ゴゴ通信]

 

 

NHKと芸能プロダクションのおかしな繋がりは以前から報じられており不思議はありません。

 →NHKプロデューサーが枕営業

 

しかし暴力団に流れているというのは驚きました。

 

これが本当なら非常に恐ろしいことです。

 

2011年10月1日に暴力団排除条例が施行され、暴力団と交友のあった島田紳助さんが芸能界を引退し、芸能界から暴力団の影が一掃されると思われました。

 

実際にNHKは11月上旬に「出演契約における暴力団などの排除についての指針」を発表し、出演者本人だけではなくて所属事務所関係者も考慮するとしたため、当時社長が暴力団絡みで係争中だったエイベックス系も難しいのでは、などと噂されました。

 

が、最終的に「黒い人」もみんな出場し、NHKは「我々は捜査機関ではない」と言い訳しつつ、「暴力団との交際を理由に出ていない方はいません。暴力団は関係ない」と、今年落選したからと言ってその理由は暴力団との関係ではないと断言しました。

 →2011年紅白歌合戦出場者選抜が黒い

 

まあ確かに捜査機関ではないですし、条例は過去に遡及しない以上、その時点でわかる範囲のことで判断するしかない一方で、NHKが出場を認めた=暴力団と関係ゼロだという証拠とされるのも困るでしょうし、仕方ないんだと当時は思ったものです。

 

しかしそのウラでNHKが暴力団までつながっていたとは。

 

しかも受信料が暴力団へって…。

 

NHKは収支報告を公開していますが、見る人が見ればお金の流れがおかしいことがわかるのでしょうか。

 

※本も出してます[楽天市場]



 

立花孝志氏のこれまで

 

この記事の続きを読む