[スポンサーリンク]

 

実姉がバイトしていたタピオカ店の店長に恫喝DMを送付していたことが明らかになり窮地に陥っている木下優樹菜さんが、夫のフジモンと実母の3人で被害者に謝罪に向かうも失敗していたと文春オンラインが報じています。

 

一方で木下さんは学園祭や舞台へのゲスト出演が降板となり、テレビ番組に出演すれば炎上し、先日は出演した番組のトークがオールカットされていて話題になるような状態で、通常運転に戻るのは無理な気配です。

 

 

※あおり運転対策にも

 

 

 

フジモン・実母とタピオカ店の店長に謝罪に行くも…

 

文春によると、仕事もしていないため様子を知る人はおらず、トラブルのもとになった実姉とも連絡をとっていないそう。知人による「優樹菜は今までにないほど反省して、落ち込んでいます。家族のこととはいえ、感情的になりすぎたと話していました」というコメントがありました。

 

木下優樹菜、CM降板!タピオカ店オーナー恫喝でフジモン共々タレント人生終了か

 

木下さんはインスタに投稿した謝罪文の「相手の方には、気持ちが伝わるまで、誠意を伝えたいと思います」の言葉通り、10月中旬頃に店長の自宅へ足を運んでいたそうです。

 

[以下引用]

「まずは本人の許しを得ないと世間に対しても説明ができないので、炎上後に“恫喝メッセージ”を送ったタピオカ店店長の自宅へ向かったようです。優樹菜本人と、夫のフジモンさん(藤本敏史)、さらに優樹菜さんの母親の3人で訪ねています。いきなり優樹菜が顔を出すと驚かせてしまうかもしれないからと、まずはフジモンさんと優樹菜の母親が2人で店長宅に行きました。優樹菜は店長から面会の許可が出るまでは近くで待機していよう、ということになったようです」(木下・藤本夫妻の知人)

 

インターホンを押すと、店長の夫である、タピオカ店のオーナーが対応したという。

 

「被害者本人に直接謝罪をしたいので、店長に『近くに優樹菜も来ています』と伝えてほしいとお願いしたようです。でもそのとき店長は不在だったので、フジモンさんと優樹菜の母親は、別の場所で待機していた優樹菜と落ち合って帰った。だから、いまだに優樹菜は直接謝罪ができずにいるんです。彼女はすごく反省していて、『弁護士を通してでも謝罪をしたいとオーナー夫妻に訴え続けている』と話していました」(同前)

[文春オンライン]

 

しかし店長サイドに文春が確認すると、「もう、その件はいいんです。私がいない時に謝罪に来られたようなので、話は聞いていません。インターネットでの炎上後、自宅にフジモンさんやお母様がいらしゃった以外には電話や連絡などは一切ありませんよ」とのこと。

 

「相手の方には、気持ちが伝わるまで、誠意を伝えたい」「弁護士を通してでも謝罪をしたいとオーナー夫妻に訴え続けている」って、一体どういうことなんでしょうね。

 

そもそも、この3人で自宅へ謝罪に訪れたときというのは事前に連絡していなかったのでしょうか。

 

「いきなり優樹菜が顔を出すと驚かせてしまうかもしれないから」って、事前に連絡していれば相手も在宅だったでしょうし、心の準備ができていたと思うのですが。

 

東スポが店長に取材したときに明かしていたところによると、「完全な営業妨害です。いくら削除済みとはいえ、被害は大きい。お店をオープンするのは大変だったのに…。木下さんから謝罪のDMが来たが、その内容も『第三者にしゃべるな』などあまりに一方的。だいたい、DM1本で終わる話なのか。私は、法的措置も考えていますよ」と激怒してたのが「もういい」と言ってるのが奇跡のようなもの。

 

木下優樹菜が訴訟危機!恫喝相手タピオカ店経営者が告発!営業妨害で法的措置も

 

とはいえ、散々迷惑をかけた上に「第三者にしゃべるな」ですからね。

 

ハワイで暴言という噂もありますし、本当に反省してるのか微妙では。

 

 

木下優樹菜が逃亡先のハワイでまた暴言!裏垢毎日更新で反省ゼロが明らかに

 

 

あおり運転への対応をジャッジした木下優樹菜(恫喝歴アリ)

 

[スポンサーリンク]

 

そんな木下さんが姿は見せるもコメント部分が全カットされたのは、深夜枠で放送されている『キスマイBUSAIKU』です。

 

『キスマイBUSAIKU』は毎回提示される様々なテーマに対しメンバーがどう行動するかをゲストの女性タレント3人がジャッジするもので、木下さんはこれまでも何度か出演し、誰よりも舌鋒鋭くジャッジしてきました。

 

この日放送されたのは「ドライブデート中、トラブルに巻き込まれた時の対応」。

 

具体的なシチュエーションは、ドライブしていたら前の車が急に止まり降りてきた男性に理不尽に絡まれるという、まさにあおり運転さながらの状況に陥ったときにどう対応すべきか、というものでした。

 

自分のSNSでファンにタピオカ店への不信を煽り「行かないで大丈夫です」と業務妨害のようなことをしていた一方で、タピオカ店の店長を恫喝していた木下さんが今一番出られないタイプの番組だったんじゃないでしょうか。

 

木下さんはオンエアでは引きの姿は映るもののアップは一切なし、コメントもすべてカットされ、まるでいないかのように扱われました。

 

[以下引用]

「収録がいつの時期に行われたものかは分かっていませんが、出演するたびにどの女性ゲストよりも目立って喋っていた木下の発言が、カットされていたのは不自然と言わざるを得ない状況でした。しかし、ネットからは逆に『深夜バラエティでも全カットっていよいよ危なそう』と、木下の今後を懸念する声も。少なくともしばらくは、バラエティ番組全般で腫れもの扱いされることは間違いないでしょう」(芸能ライター)

[リアルライブ]

 

木下さんの事務所は正式に活動自粛を発表していないものの、今後の仕事は自粛する方針らしいですが、収録済みの番組に関してはテレビ局側の判断に委ねたとか。

 

 

木下優樹菜、活動自粛へ。しかし事務所総出の火消し作業が逆効果で復帰は厳しい

 

しかしこの番組については事務所が番組自体をカットしてほしいと言うべきだったのでは。万が一局が編集ゼロで木下さんを出していたら大炎上だったでしょうね。

 

ちなみにフジモンも出演した番組であおり運転について語る機会があり、「これだけ問題になってるのに、いまだに高速を走ってるとあおり運転をしてる車を見ます。されたこともあります。いまだに。怖い」と実体験を語りましたが、ネットでは「お前の嫁は煽るほうやん」とまるで同情ゼロです。

 

どう考えても、騒動後の対応を間違えていますよね。

 

木下さんがSNSで謝罪をしたというスポーツ紙の記事を削除させたりワイドショーで後追いさせなかったりしたのが逆に収束していない原因でしょうね。

 

一件落着となる日が来るとしてもだいぶ先のような気がします。

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※木下優樹菜さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング