タグ:ASKA

 

ASKAさんが謎すぎるツイートをして「・・・」という空気が流れています。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マスク 洗える冬用 マスク 日本初売超息楽3Dマスク4層構造立体マスク 血色マス...

価格:1680円(税込、送料無料) (2020/11/28時点)


楽天で購入

 

 ASKAにとっての11月28日

 

話題になっているのが、こちらのツイートです。

 

 

 

ASKAさんはこれまで2014年5月に容疑で逮捕され、同年9月に懲役3年、執行猶予4年の判決を受けています。

 

その執行猶予中の2016年11月28日、つまり、ASKAさんはさんが「11月28日になったか」と言っている日にも同容疑で再逮捕されています。

 

この逮捕はとても謎で、警察の発表によると、11月25日夜に都内の自宅から「盗聴・盗撮されている」と自ら110番通報し警察官が駆け付けたところ意味不明なことを話していたといい、警視庁が検査を行った結果尿から覚せい剤の陽性反応が出たため逮捕した、ということでした。

 

 

ASKA再逮捕へ!本人が通報し尿検査で覚醒剤が陽性、と報じられるも、ASKAはブログで否定

 

 

しかしASKAさんは「前回逮捕されてから、一度も覚醒剤を見たこともない」と容疑を否認、さらに、提出したのが尿ではなくお茶だったことが発覚。結果不起訴処分となったわけですが、じゃあ陽性反応はなぜ??と、本当に疑問だらけでした。

 

[以下引用]

「そもそも、お茶から陽性反応が出るとは不思議ですが、元来、尿検査の予備鑑定で微量の反応が検出されたとしても、『擬陽性』ではなかなか逮捕まで至らない。その場合、本鑑定をして間違いなければあらためて本人の身柄を確保しますが、まったくの誤りである『偽陽性』の可能性すらありますからね。いずれにせよ、失敗するとダメージが大きい有名人逮捕を焦った結果でしょう。担当刑事が採尿の際に手元を確認していなかった失態も大きかった」(警視庁関係者)

[アサ芸プラス2017年2月]

 

つまり、2016年のASKAさんの逮捕は「偽陽性」で、それはお茶でもあり得ると?

 

1回目の検査が簡易検査だったとして、そんな曖昧な検査があり得るというのがおそろしい。

 

アサ芸プラスには「事前にスポイトで別の液体を用意しといて、採尿の際に使うってのは以前からあるやり方だな。ASKAは売人から指導されてたんだろうよ。そもそも素直に尿を提出していないのが、やましさそのもの、シャブとの関係をバラしてるようなもんだな」というその道のプロによるコメントもありました。

 

結局、言動がおかしいASKAさんを警察が甘く見てしまった結果なでしょうかね。

 

 

 

 ASKAが元ホワイトハッカーを逆監視中

 

[スポンサーリンク]

 

ASKAさんは、ずっとちょっとアレですよね、ギブハブという組織に盗聴や尾行、ハッキングなどをされていると訴えています。

 

逮捕の前年である2013年7月、東スポが超大物シンガーが重度の薬物中毒疑惑で追われれていると報じました。

 

 

超大物シンガーが重度の薬物中毒疑惑で逮捕秒読み!一体誰なのか、ネットで浮上する実名は…

 

その特徴はかなり具体的で、自信の表れであるシルエット画像付きの記事であったため、当時ネットではすぐにASKAさんではと特定され、さらに同年8月には週刊文春が実名でASKAさんの薬物使用を告発する記事を出しました。

 

 

ASKA薬物吸引ビデオで脅迫!チャゲアス復活ライブが消滅した本当の理由はCHAGEとのトラブルが原因!

 

当然所属事務所は疑惑を否定しましたが、他にも後追いする週刊誌が出ていて、本人も直撃に答えたりもしていて、ここまで報じられたらもう辞めちゃって逮捕されないんじゃないか、と思っていたのに、ASKAさんは翌年逮捕されています。

 

ASKAが薬物中毒疑惑の真相を激白!「使用したのは覚せい剤ではなくアンナカ。暴力団組員とは知らずに交際」

 

つまり、ASKAさんは自分に薬物疑惑がかけられているのを十分知っていたはずなのに、辞められず逮捕されています。

 

今当時の記事を読み返してみたら、第一報の東スポに「中毒がシャレにならないんです。もう精神にも異常をきたし始めている」という関係者のコメントがありました。

 

そして、再逮捕された2016年の初めには、精神病院に入院していたとも報じられています。

 

 

ASKA、精神病院に入院していた!削除したブログからもわかる覚醒剤精神病の気配

 

ASKAさんは随分長い間覚醒剤を使用していた上に、その使用量が半端なく多かったとか。

 

覚せい剤を使用すると頭も目も冴え冴えとして活力に満ち時間を前借りしているかのようだ、と言われていますが、前借りは前借り。返さなければいけないときは必ずくるわけで、それはとても怖いことなんだなと、ASKAさんを見て改めて感じます。

 

つい最近では、コロナが死滅する機械を開発したとして投資を募っていましたが、ちょっとよく考えれば怪しいものだとわかるもので、これに肩入れしたASKAさんが心配になるレベルでした。

 

 

[極めて危険]ASKAが暴走!新型コロナウイルスが死滅するという“怪しい機械”を開発したとして投資を募る!

 

不安定なASKAさんにおかしな意図を持って近づく人もいるかもしれないと思うと、この先のASKAさんがさらに心配になります。

 

◆ASKAが明かしたギブハブの正体

→ geinou ranking geinou reading

→ geinou reading geinou ranking

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※閏年を入れたら1年は367日!?ASKAさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

カテゴリー
タグ

 

3月20日にソロ10枚目のアルバム「Breath of Bless」を発売したASKAさん。

 

発売当日には自身のYouTube公式チャンネルでアルバムの宣伝をする…と思いきや、いきなり強烈なメッセージをアップ。

 

それがあまりにも唐突かつ意味不明な動画だったため、大きな注目を集めています。

 

※音楽活動だけでは満足できませんか・・

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Breath of Bless [ ASKA ]

価格:4400円(税込、送料無料) (2020/3/29時点)


楽天で購入


 

 

 ASKA「魂の訴え」の内容とは?

 

「いま世界は新型コロナウイルスの脅威の前になす術がありません。一刻も早くこの機械を世界にお届けしたい!その一心です。世界の投資家の皆さん、ぜひ僕に投資してください。世界が助かります」

 

「すべての匂いを無臭化してしまう。すべての雑菌、ウイルスを死滅させてしまうという機械を思いつきまして、すでに7年前から開発に入っておりまして、2年前には開発に成功しました」

 

「この地球上のすべてのバクテリア、雑菌、ウイルスはオゾンによって簡単に死滅します。1ppmのオゾン濃度があれば、死滅してしまいます」

 

「われわれが今回開発した機械は、オゾン濃度5ppmまで達しました。これを全世界の皆さんのご家庭に早くお届けしたい」

[週刊女性PRIME]

 

なんともアツいメッセージですが、要するに「水道水を高濃度オゾン水に変換する機械」を作ったんだそうで、それを対象物にかけることで一瞬で殺菌できるという理屈。

 

本人曰く、大学の研究機関で検証してもらい、高い殺菌力を証明してもらったというのですが、この機械は「1万台作って3万6000円」となかなかのお値段。

 

そのため、全世界の投資家に向けて、「全世界の投資家が投資してくれれば、数千円の価格になる。決してコロナは怖くない!コロナは殺菌できるという検証をしたか?検証できないんです!この国では!させてもらえないんです」

 

コロナを殺菌できるかどうかの検証をしてないって、言ってることが矛盾してますが?

 

うーむ、怪しすぎる…

 

 

 ASKAの主張は極めて危険なものだった…

 

[スポンサーリンク]

 

[以下引用]

ASKAの言うように、オゾン水は本当に殺菌効果があるのだろうか。

 

高い殺菌力があるということは事実です。また、霧も含めた“オゾン水”が、コロナウイルスに対しても殺菌効果があることを示した学術論文も確かに存在します

 

そう話すのは、新潟大学名誉教授で、医療統計の第一人者と呼ばれる医学博士の岡田正彦先生。しかし、ASKAのオゾン水スプレーについては「きわめて危険」と警鐘を鳴らす。

 

ppmというのは濃度の単位であり、ASKAの機械は5ppmの濃度のオゾン水を作ることができるのだが……。

 

「まず濃度が非常に高すぎますね。オゾンというのは自然界にも微量ですが存在しています。場所にもよりますが0.02ppmから0.05ppm程度。5ppmというのはものすごい高濃度。そのくらいの濃度のオゾンを人間に使うとどうなるかという厳密な検証データはありません。オゾンを使った治療に関しては、それ以上に効果があり、安全性も高い抗生物質がありますので、現在は行われていませんね」(岡田先生)

[週刊女性PRIME]

 

ということですが、国民生活センターは消費者へ次のようなアドバイスをしています。

 

使用方法によっては危険なオゾン濃度となるものがあり、また、オゾン発生量等の表示を見ても専門知識のない消費者が安全に使用することは難しいと考えられた。このような現状のもとでは、購入等は避けた方がよい

 

要するに「かなり怪しい」どころか、「かなり危険」な代物とのこと。

 

そのため、ネットでは「またクスリをやってるのでは?」と疑う声も上がっています。

 

まあ、それも当然ですよね…

 

現在、ASKAさんはこれら一連の動画を削除してしまいましたが、また暴走して失敗してしまったんでしょうか?

 

週刊女性では開発の経緯や今後について、ASKAさんと共同開発したという企業に問い合わせていますが、期日までに回答はなかったとのこと。

 

やっぱり、これは完全に”やっちゃった”みたいですね、ASKAさん。

 

乗せられて、広告塔になっちゃったのか、もしかすると資金源にもなってしまったのか。

 

ASKAさんは以前も謎の集団「ギブハブ」に盗聴盗撮されていると語っていたことがあり、とても心配された過去があります。

 

せっかくアーティストとして音楽活動を再開し、薬物中毒からも更生していると思われていたのに、なんとも残念です。

 

◆ASKAを悩ませた謎の集団「ギブハブ」の実態を

本人が明かす→ geinou ranking geinou reading

本人が明かす→ geinou reading geinou ranking

 

※このASKAの機械に出資するならマスク1000枚…

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※ASKAさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

カテゴリー
タグ

芸能人による薬物スキャンダルが続くなか、昨年までに覚せい剤取締法違反で逮捕された清原和博さん、ASKAさん、高知東生さんの現在はどうなっているのでしょうか?

※まるで別人です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Number(ナンバー)930号【電子書籍】
価格:500円 (2017/7/23時点)



この記事の続きを読む

覚醒剤使用の疑いで11月28日に逮捕されたものの、嫌疑不十分で不起訴となったASKAさん。好き勝手やりたい放題で報じてきたテレビ各局に対しては大きな批判が巻き起こりましたが、ここへきてASKAさんが逆襲に出る可能性が高くなってきました。これには、芸能リポーターの井上公造氏と「情報ライブ ミヤネ屋」はかなり焦っているといいます。

※一瞬で虎の威を借りる技術。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

一瞬で「本音」を聞き出す技術 [ 井上公造 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2016/12/30時点)



この記事の続きを読む