タグ:藤島ジュリー景子の記事一覧

タグ:藤島ジュリー景子
今井翼の退所は実質的な切り捨て行為!滝沢秀明の芸能界引退と新会社トップ就任で将来的なジャニーズ分裂の可能性も

タッキー&翼が解散し滝沢秀明さんは芸能界を引退し今後はプロデュース業に専念、今井翼さんはジャニーズ事務所を退所することが発表されました。

 

これはジャニーズ事務所の経営陣にとって「みんなウィン」の素晴らしい展開だと報じられています。

 

 

週刊女性プライムによると、そもそもの騒動のきっかけは、「ジャニーさんが亡くなったら事務所を辞める」と考えていた滝沢さんが、事務所を辞めたいと言い出したことなんだとか。

 

それに対し、ジャニーさん自らが滝沢さんの残留を望み、本人も周囲も納得したのが今回の結果に繋がったとのこと。

 

ジャニーさんは現在86歳で矍鑠としているとはいいますが、それでも持病があり最近は車椅子での移動となっていると週刊文春も報じています。

 

すでに日本人男性の平均寿命を越えていますし、いつ何が起こるかわからないのは当然。

 

これは経営を管理していたメリー喜多川さん91歳にも言えることで、メリーさんの仕事については娘の藤島ジュリー景子さんが引き継ぎ始めていると言われています。

 

今回の発表により、今後は「ジャニー・メリー体制」から「タッキー・ジュリー体制」へ移行することが決まったわけですが、これは「とてもよい選択だ」との見方もあるようです。

 

[以下引用]

「タッキーは面倒見が良い人格者。そして事務所内の信頼も厚い。もし万が一、そんなタッキーが辞めたとしたら、事務所崩壊の序曲になっていたことでしょう。それを食い止めることができて、ジャニーズ事務所全体にとってはウィン。

 

ジャニーさんは、自分が亡くなった後、新人発掘をやる人材がいなくなることを如実に感じていて、その能力は姪のジュリーさんにはないと断じていたので、タッキーが自分の後継になってくれることは、ジャニーさんにとってもウィン。

 

メリーさんは、元SMAPのメンバーを率いる I 女史の事務所復帰論など、事務所に漂っていた不穏な空気を完全に払拭することができるので、メリーさんにとってもウィン。

 

ジュリーさんは、自分の顔写真や記事が週刊誌に報道されることを、心底、嫌がっていました。タッキーとの仲は計り知れないところありますが、タッキーが新体制の一躍を担えば、自分は矢面に立たずに裏方に徹することができるとあって、ジュリーさんにとってもウィン。

 

タッキーは、ジャニーズ事務所が抱える“売れないJr.の処遇問題”を、先頭に立って解決できるので、タッキーにとってもウィン。そんなプレーヤーの思惑を見て取ることができますね」(スポーツ紙の元ジャニーズ担当記者)

[週刊女性プライム]

 

とまあ、確かに経営陣にとっては「みんなウィン」なんでしょうね。

 

先々週あたりに週刊文春が「滝沢秀明がジャニー喜多川の後継者へ」と報じたときから、それは滝沢さんがジャニーズ事務所の次期社長ということなのか、それともプロデュース業の部分を受け継ぐのかと話題になっていました。

 

しかし、メリーさんは「次期社長は我が娘・ジュリーしかいないわ!」と鼻息荒かったので、滝沢社長はないんだろうなと思っていたら、案の定、滝沢さんは新設される子会社所属となるとのこと。

 

ただ、ジュリーさんの「矢面に立たず裏方に専念」というのは、お嬢さまとして育ってきた彼女は人に頭を下げるのが大嫌いで、もし今後また不祥事が起きても絶対謝罪したくないというスタンスであるといいます。

 

ですが、もしも社長になったらそんなこと言っていられません。

 

なので、実際には近藤真彦さんあたりがお飾りの社長に就任し、その裏でジュリーさんが陰の権力者として事務所を実質的に支配するというのが、思い描いているストーリーなのかもしれません。

 

まあ、母娘揃って同じことをやろうとしているわけですね。

 

ただ、ジャニーズタレントの滝沢さんへの信頼は絶大なものがあると言われていますし、

SMAP分裂騒動のゴタゴタを見る限り、メリーさんやジュリーさんが自分たちよりも優れた人物に見せる警戒心・嫉妬心は尋常ならざるものがあるのは明らか。

 

今回、滝沢さんに大きな権限を与えたことは、将来的なジャニーズ分裂の種を撒いたことにもるながる可能性はあるのではないでしょうか?

 

一方、今井翼さんにとっては、今回の”退所”という決断はどうなのでしょうか?

 

本人は「解散は不仲が原因ではない」とし、退所についても「体調不良からタキツバであったり、迷惑をかけつづけてきた。(舞台も)後輩が代役として立ってくれたりした。これ以上は。一つのケジメ。悔いなく、この決断をした」と、潔くコメントしています。

 

しかし、病気が原因で退所を決めたのに、事務所は契約解除後のサポートを約束していないのでしょうか。

 

未成年スキャンダルで契約解除となった山口達也さんは、根底に病があるということで今後も末永くサポートしていくとわざわざ明言していましたが。

 

過去、今井さんはSMAP解散についてメリーさんの責任を問うたり飲み屋で不満を爆発させたと報じられたことがあり、そのあたりが影響したのか、それとも山口さんはジュリーさんのスペオキで、今井さんは特に誰かのスペオキだったわけじゃないというそれだけなのか…

 

少なくとも、今井さんにとっては”Win”ではなく、限りなく”Lose”に近い結果だったような気がします。

 

また、ファンにとってもとても”Win”と言える状況ではありません。

 

今回の解散発表は9月12日でしたが、解散自体は9月10日だったとか。

 

つまり事後報告ということで、解散イベントも何も計画されていないそう。

 

これはあまりにも冷たいというか、ヒドイというか。

 

昨年の活動休止からある程度覚悟していたファンもいるでしょうが、活動再開を楽しみにしていた人にとってはつらいはず。

 

以前からジャニーズ事務所は「ファン第一主義」を掲げているのですから、これまで支え続けてくれたファンに対して誠意を見せてほしいところです。

 

今年は関ジャニ∞の渋谷すばるさんも退所することが発表されています。

 

平成の終わりにジャニーズJr.の黄金期を支えた「東のタッキー&西のすばる」が揃ってジャニーズを去ることになりました。

 

これはもしかすると、ジャニーズにとっての大きな分岐点が間近に迫っていることの暗示なのかもしれません。

 

◆ジャニー絡みの闇の噂

ホントか嘘か、判断はお任せします→ geinou reading geinou ranking

ホントか嘘か、判断はお任せします→ geinou ranking geinou reading

 

タッキー&翼 「Hatachi」deデビュー Giants Hits Concert with all ジャニーズJr. [DVD]

タッキー&翼「Hatachi」deデビュー Giants Hits Concert with all ジャニーズJr.

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※元SMAPさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

山口達也の現在と、最悪の形で契約解除に至った裏側

TOKIOの城島茂さんとジャニーズ事務所社長ジャニー喜多川さんが協議した結果、山口達也さんが事務所と契約解除し退所することが発表されました。

 

これは起こした未成年に対する強制わいせつ罪事件の責任をとった形になりますが、今回のジャニーズ事務所のすべては、事件が書類送検されたことをマスコミが報じ始めた4月25日以来、最悪の道をたどっているように思えます。

 

そのウラには藤島ジュリー景子副社長の迷いがあったと報じられています。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

fragile [ TOKIO ]

価格:1080円(税込、送料無料) (2018/5/7時点)



 

 

ジュリー副社長の甘え

 

デイリー新潮によると、現在ジャニーズ事務所の実権を握っている藤島ジュリー景子さんは、山口さんから事件の報告があった当初、「山口を辞めさせることになっても仕方ない」と考えていたとのこと。

 

ジュリーさんには今回の被害者と同年代の娘がおり、母としても怒りを感じそう考えていたそうですが、それがそうはならなかったのは、ジュリーさんの迷いがあったからだとか。

 

[以下引用]

「まさに『たられば』ですが、ジュリーさんが最初の決断通りに進めていれば、ここまで世論の反発を招くことはなかったでしょう。最大の過ちは、その後に迷ってしまったことです。ジャニーズ事務所として被害者に謝罪するなどするうち、『もし不起訴となり、メディアにも気づかれなかったら、山口を守ることができる』と気持ちが揺れてしまったのです。ジュリーさんは上智大学を卒業するとフジテレビに入社しました。そして退職するとジャニーズ事務所に入ります。この時点からTOKIOを担当しました。ジャニーズでのキャリアスタートですから、彼女にとってTOKIOは記録にも記憶にも残る存在です。これも彼女の判断力を鈍らせてしまった原因の1つかもしれません」(同・記者)

[デイリー新潮]

 

要は、出てきた欲に勝てなかったんでしょうね。

 

被害者側とは十分に話し合いができた、示談が成立すれば起訴されることはまずない、これまでを考えてもマスコミは報じないだろうという甘えもあったのでしょう。

 

相手女性がNHK『Rの法則』出演者であることから、NHKに事情聴取が行われていることも十分考えられたのに、それでもNHKが報じることはないと思っていたんだと思います。

 

でなければ、NHKに報じられるまで黙っていることもなかったでしょうし、事件発覚後最初の公式コメントが「お酒を飲んで、被害者の方のお気持ちを考えずにキスをしてしまいましたことを本当に申し訳なく思っております。被害者の方には誠心誠意謝罪し、和解させていただきました。」なんて明らかに考慮の足りないものにはならなかったと思います。

 →山口達也事件のジャニーズ公式コメントが幼稚過ぎる

 

 

 間違いだらけの事後対応

 

常識的な行動は何かと言ったら、山口さんから報告があった時点で公表、警察や検察の判断を待っていること、山口さんの処遇はその判断を見て決定、契約解除も辞さない姿勢でいることを発表、でしたかね。

 

しかし実際には、たった3行の、伝わるのは「お酒が原因」「キスだけ」「和解済み」という、反省が見えない稚拙なコメントを発表。その後行われた2つの会見にも幹部クラスが出席していないことで、責任を全うしていないという指摘が続いています。

 

翌日会見した山口さんは、無期限謹慎という処分が下されたことを明かしつつ、アルコールが原因で入院したのに退院直後に焼酎を1本空けた、泥酔してやったことで詳細は覚えていない、戻れるならTOKIOに戻りたいと甘えた発言。

 

続いて行われたTOKIO4人の会見は、伝わるのはメンバーが怒り悲しんでいることのみで、決まったことは何もない、中身のない会見と言われ。

 

同じTOKIOの松岡昌宏さんは主演ドラマが放送中、そのドラマの主題歌を城島茂さんが「島茂子」として歌うため関連したイベントが続くのに、事件発覚はGWという新しいニュースの少ない時期で、休みの間中叩かれる一方ではイベントもままならないです。本日もイベントが予定されていましたが、こんな中、城島さんはどんな顔で女装して歌うのかと、気の毒にもなります。

 →TOKIO会見直後にFC会員に送られたメールがヒドイ

 

契約解除の発表はそんな状況を打破するため、というのもあるでしょうが、これ以上叩かないでということでもあるのでしょう。

 

週刊誌が記事を出す前には、その内容をタレントの所属事務所に通知する習慣があるといい、既にいくつかの記事の内容は事務所の耳にも入っていたでしょうし、それもあって契約解除を決めたのかもしれません。

 

※衣装展だってするんですよ。

[amazon]

 

 

山口達也の現在と、週刊誌の動向

 

そんなGW最終日に契約解除を発表し、やっと事態の沈静化が期待できるところですが、本日月曜日も週刊誌はいくつか発売されています。

 

その中で、週刊現代には気になる記事がありました。

 

そちらによると、メリーさんとジュリーさんは本来世論を気にする質で、メリーさんはSMAP騒動で「黒幕」と呼ばれたことに懲りて表に出ずウラから指示を出すようになっていたそう。

 

今回の件は当初山口さんの会見予定はなかったものの、稚拙な公式コメントが原因で会社全体を批判する流れになったため、「山口を晒し者にして、公の場で謝罪させる方針に変わりました」(民放テレビ局幹部・週刊現代)とのこと。

 

また、離婚前から荒れていた山口さんは、離婚後愛息に会えなくなったこともありさらに荒れ、アルコール依存症治療の病院に通ったり身体を壊したりしたけれどジャニーズ事務所は放置し続け、その結果が今回の事件に繋がったと週刊現代にはありました。

 

[以下引用]

一部で指摘されるようにジャニーズのアイドルに誘われて、彼女たちが喜んで部屋に行ったわけではない。芸能活動をしている10代が、 芸能界に圧倒的な影響力を持つジャニーズ事務所の人気タレントで、自分が出演している番組のMCを務める山口に逆らうことなどできない。 むしろ、今後は芸能活動ができなくなるリスクを冒しても、警察に被害届を出すほど深い傷を負わされたのだ。

 

実際、警視庁は山口を書類送検する際、検察に対して「厳重処分」という処分意見をつけた。これは起訴を求めるという重い見解だ。軽くキスしただけではこうはならない。 

 

「被害届が取り下げられたため起訴猶予になりましたが、山口の犯行は相当悪質立ったのでしょう。未成年の身体を力ずくで押さえつけ、キスだけでなく、卑猥な言葉を投げつけて、顔を舐めまわしたという情報さえある。

事務所が把握していない過去のトラブルがまだある可能性も残ります。もし山口にわいせつな行為を受けた被害者がほかにもいることが発覚した場合は、すぐに解雇となるでしょうね」(ジャニーズ事務所関係者)

[週刊現代]

 

密室での出来事は、実際にはキスだけだったとしても、それ以上の恐ろしさがあったと思います。

 

今回の件をきっかけに、未成年を芸能活動させる際は、親や事務所、共演者、テレビ局関係者などなど、関係するすべての大人が未成年を守るということを一度真剣に考えるべきでしょうね。

 

特に『Rの法則』なんて出演者同士の荒れた交友関係が報じられたこともあれば、川谷絵音さんと交際していたほのかりんの未成年飲酒もありましたし、NHK関係者は対策を講じるべきだったと思います。

 

◆出演者全員楽屋は一つって…

何考えてるのNHK!?→ geinou reading geinou ranking

何考えてるのNHK!?→ geinou ranking geinou reading

 

山口さんは今、「食事ものどを通らず、不眠のためか、目の下には大きなクマができている。山口のそばには兄弟と両親が常時そばに付いているが、会話はほとんどないそう。決まった時間というわけではないが、1日のうちに数回、ベッドの上で号泣している」(トカナより引用)という状態だとか。

 

ジャニーズタレントの中には未成年とのあれこれを噂された人は何人かいます。

 

そんな後輩たちは、今の山口さんの姿をしっかり焼き付けて、責任の取れる行動を心がけてほしいですね。

 

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆



人気ブログランキング

 

※草なぎ剛さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

公開処刑の悪夢再び!山口達也わいせつ事件の責任をTOKIOメンバーに押し付けたジャニーズ事務所に批判の声!!

5月2日、TOKIOの城島茂さん、国分太一さん、松岡昌宏さん、長瀬智也さんの4人が、グループメンバーである山口達也さんの強制わいせつ容疑について謝罪会見を行いました。

 

しかし、そこに事務所のトップであるジャニー社長、メリー&ジュリー副社長などの姿がなかったことで、「ジャニーズはTOKIOに全責任を押し付けて、経営陣は卑怯だ!」との批判が上がっています。

 



 

会見では、山口さんが城島リーダーにTOKIO脱退とジャニーズ事務所退社の意向を示す辞表を提出したことが明らかに。

 

現在は城島リーダーが辞表を預かったままで保留状態になっているとのことですが…

 

「脱退の意思をメンバーに告げるのはわかりますが、退社の意向もメンバーに任せるのか。通常は会社なり、マネージャーなりに伝える。ジャニーズ事務所は、この問題を“TOKIOの問題”として収めようとしているようにみえる。会見を見てもわかるように、TOKIOは責任感が強い。それを良いことに事務所が責任を放棄してはいけない。メンバーにメンバーの保護義務があるわけではない。メンバーを管理するのは事務所の仕事ですよ」(芸能界関係者)

 

ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長は5月1日、「弊社としましては、ことの重大さを真摯に受け止め、全員がそれぞれの立場で信頼回復に全力を尽くす覚悟です」とのお詫びのコメントを発表した。1時間半の長丁場となった2日の会見では、このジャニー社長のコメントをどう感じたかについて質問は飛び、城島は前日の1日に電話でジャニー社長と話したこと打ち明け、松岡は「自分たちの親ですから。親にそんなことを……。情けない気持ちでいっぱいです」と涙した。

 

「ジャニーズ事務所の社長はジャニーさんですが、彼は育成中心。マスコミ対策も含めた管理面はメリー喜多川副社長の仕事です。ジャニーズはこの役割分担で何十年もやってきた。それなのに、メリーさんは自分が困った時には出てこず、ジャニーさんにコメントを出させ、メンバーに丸投げして責任を被らせる。TOKIOの担当であり、メリーさんが次期社長と明言している藤島ジュリー景子副社長も公式コメントを出さない。彼女の管理責任も問われるべきです」(テレビ局関係者)

[ビジネスジャーナル]

 

まあ、もっともですよね。

 

これが一般企業であれば、当然ながら社長を筆頭に経営陣がズラッと並んで会見に臨むのは当たり前。

 

芸能事務所にとって、所属タレントは「商品」でもありますし、やはり経営トップが公の場に出てマスコミからの質問に答えるべきだったと思います。

 

一方、今回の記者会見はTOKIOメンバーからの強い要望から実現したもので、事務所サイドは「再び山口の事件がクローズアップされるのは得策ではない」と難色を示していたとも言われています。

 

ですが、SMAP解散騒動以降、ジャニーズ事務所はブラック事務所として叩かれることが多くなっていますし、ジャニー&メリー&ジュリーのトップ3が揃って記者会見に正々堂々と現れていれば、だいぶイメージも上がったはず。

 

それなのに、今回は弁護士の付き添いもなく、事務所関係者は一切登場しませんでした。

 

極めつけは、ジャニーさんの態度。

 

城島リーダーによると、電話で「どうしたの。大丈夫なの。僕自身、何ができるか分からないけど、君たちも50近い人間の集まりだから」と心配され、「明日会見なんだろう、頑張れよ」と励まされたと明かしていました。

 

会見では「親を心配させて申し訳ない」と美談仕立てになっていましたが、これって完全に他人事ですよね、最高責任者の社長だというのに。。

 

まあ、不祥事を起こすタレントもタレントなら、それを監督するべき立場にある事務所も事務所ということなのかもしれません。

 

「会見でこの点を問う記者がいてもおかしくなかったが、メリー氏とジュリー氏に関する質問は出なかった。挙手をした記者のなかから司会者が選んだのは、テレビ局とスポーツ紙、福島民友だけ。ジャニーズが懇意としているメディアだけに絞っている。世論を納得させたいなら、最も敵対している『週刊文春』などにも質問をさせるべきだった。

 

SMAP解散騒動の時は、責任をすべてメンバーに押し付けるかたちでテレビ番組で謝罪させ、世間から“公開処刑”との批判を浴びました。あれだけの批判を浴びたのに、今回はTOKIOのメンバーに大勢のマスコミの前で謝罪させ、事務所はダンマリを決め込む。ジャニーズの体質は何も変わっていないことを示しています。

 

ジャニーズ幹部の都合の悪いことから逃げる姿勢、臭いものには蓋をする態度が、今回の事件、そして事件後の対応につながったといえるでしょう」(マスコミ関係者)

[ビジネスジャーナル]

 

結局、今回の記者会見では山口さんは脱退するのかしないのか、TOKIOは解散するのか活動休止するのか、それとも4人で活動を続けるのか、明確な答えは出ませんでした。

 

ネットではわざわざTOKIOメンバー4人が勢揃いして謝罪会見を開いたことに対し、「謝罪ではなく、保身が目的だったのがミエミエ」と冷めた見方も多く見られます。

 

個人的にも、山口さんの犯した過ちを「酒による過ち」にすり替え、不祥事を最小限のダメージで乗り越えようという魂胆を感じてしまいました。

 

会見で松岡さんは「山口は自分が崖っぷちに立たされているのではなく、すでに崖下に転落してしまったことに気付いていない」と言い放っていました。

 

しかし、それはジャニーズ事務所にこそ当てはまるのかもしれません。

 

ジャニーズ帝国破壊

ジャニーズ帝国破壊

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆



人気ブログランキング

 

※さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

中居正広が世代交代の切り札に!ジャニーズがキスマイや山下智久をSMAPとのバーターでゴリ押しする背景

少し前まで後輩との共演がほぼなかったSMAPが、このところ盛んに後輩たちと共演しています。

顕著なのがKis-My-Ft2(キスマイ)のメンバー、特に北山宏光さん、藤ヶ谷太輔さん、玉森裕太さんですが、今後はSexy Zone(セクゾン)を始めとする後輩たちがどんどん出てくるようなりそうです。

その背景には、ジャニーズ事務所の売り出し方や派閥争いの影響があるというのですが…

 → ranking

※これがラスト。未来を語ってます。

SMAP×SMAP COMPLETE BOOK 月刊スマスマ新聞 VOL.5
SMAP×SMAP COMPLETE BOOK 月刊スマスマ新聞 VOL.5


[関連商品]

この記事の続きを読む