パンくずリスト
  • ホーム
  • マツコ・デラックス
タグ:マツコ・デラックス

 

 

マツコ・デラックスさんが、またまた芸能界引退を示唆したとして話題になっています。

 

意味深発言が飛び出したのは、11月13日放送の「マツコ会議」でのこと。

 

「本当、今(テレビ)見ていても、みんな言葉を選んで言っているし、そもそも戦いに来てないし、何か通りすがりで台本通りにさ、何か食って感想言って帰ればいいって思ってやっている人ばっかり」

 

と、テレビ界の現状を嘆くように指摘し、その上で自身の去就について

 

「色々、本当に考えているのよ。どのタイミングで私は身を引こうかなって、ずっと考えてる。本当の大事な魂まで売りだしたら、私は死ぬまでテレビにすがって、哀れな姿をさらし続けて、笑ってもらっているんじゃなくて、笑われて生きるようになってしまうから。最後に絶対売っちゃいけないものを売りすぎよ、みんな…」

 

と、力説していました。

 

 

◆カニの季節ですね!



 

 

[以下引用]

「マツコはハッキリ物を言う毒舌キャラでブレークしましたが、今やすっかり毒なんか抜けて大衆迎合していますよね。かつては木村拓哉や佐々木希、『AKB48』らも厳しく評価し、嫌いなものは嫌いとハッキリ言っていました。仕事のためにこうした発言を封印した時点で魂を売ったように感じますが、どうやら、自身の中には何があっても譲れない思想があり、それだけはどうしても曲げられない・曲げたら引退だと腹を括っているようです」(バラエティー関係者)

 

ネット上では、この発言に対して

 

《かりそめ天国が終わったら マツコは引退に向けて動き出す気がする…》

《既に魂を売って金に替える仕事多数をやったと思うが》

《このレベルの大御所って自分のために働いてるんじゃなくて、事務所やスタッフを食わすために働いてる部分があるからな》

《芸能人はほとんど魂を売って金を稼いでしまっているのかな。マツコさんはそうなれば最後は引退をする覚悟なんでしょうね》

 

といった反応が。またも飛び出した引退論に、心配の声だけでなく、「早くやめろ」といったさまざまな意見が出ている。

 

「マツコがブレークし始めた頃、『マツコの部屋』という15分の深夜番組があったのですが、低予算でフリーダムということもあり、マツコは好き放題な発言を繰り返していました。その中でも、ヤラセリアクションを求められた時『そこまで魂売れない』と断ったり、規制だらけでつまらなくなったテレビ界を嘆いたりするような発言も多かった。テレビ好きとして、テレビのくだらない風習を昔から否定していますから、葛藤しながらやっているのでしょう」(前同)

[まいじつ]

 

正直、マツコさん自身、すでにお金のために魂を売っぱらっていると思うのですが・・

 

そのおかげでさんざん稼ぎまくり、ウン十億を貯め込んで勝ち組となってから、

 

「絶対に売っちゃいけないものをみんな売りすぎ!」

 

なんて言われても、まったく説得力がないんですが・・

 

そこを分からなくなっている時点で、すでにマツコさんは「終わっている」のでは?

 

 

マツコ・デラックス、ついに芸能界引退へ。コロナショックでテレビ業界に見切りを付けた模様

 

彼女?彼?にとって、来年は50歳と節目の年。

 

果たしていつ、引退Xデーを迎えるのか注目です。

 

◆視聴者が見たくない女性芸能人ランキング!

 納得→ geinou ranking geinou reading

 納得→ geinou reading geinou ranking

 

◆こんな豪華おせちはいかが?



 

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※マツコ・デラックスさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

日テレが矢部浩之さんのヤル気のなさに激怒して、番組からの追放を画策しているといいます。

 

さらには、引退に向けて番組整理に取り掛かっているマツコ・デラックスさんの影響もあり、仕事が完全に消滅するのは時間の問題と見られているそうで…

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マツコの部屋 アンタがいるから素直に笑えないのよ 編 [ マツコ・デラックス ]

価格:3197円(税込、送料無料) (2020/10/10時点)


楽天で購入


 

 マツコの芸能界引退が矢部浩之に大きな影響を与える可能性も

 

先日、明石家さんま司会の「ホンマでっか!?TV」から、10年間に渡ってレギュラーを務めてきたマツコ・デラックスさんが降板することが発表されました。

 

後任には現在勢いのあるお笑いコンビ・EXITの二人が起用されるとのことですが、一部報道によるとマツコさんの番組降板はさらに続くことが濃厚だといいます。

 

[以下引用]

「マツコさんは以前から“芸能界には何の未練もない”と周囲に漏らしていて、コロナをきっかけに仕事を整理したいという意向だといいます。『ホンマでっか!?TV』では、ひな壇レギュラーとして出演していたため、マツコさんが降板してもそれほど大きな影響はありません。ただ、それがマツコさんがMCの番組だった場合、当然ながら番組の存続に関わってきます。共演者もスタッフも仕事を失うことになるわけです。そんな中でも大きなダメージを受けることになるのが、ナインティナインの矢部浩之さんです」(制作会社関係者)

[日刊大衆]

 

矢部さんといえば、先月27日に約18年間にわたって続いてきた冠番組「やべっちF.C.〜日本サッカー応援宣言〜」が終了したばかり。

 

そのため、矢部さん個人としてのレギュラー番組はマツコさんと共演している「アウト×デラックス」だけとなってしまいますが、マツコさんがこちらも降板した場合、代わりに誰かを入れて継続する可能性は低いといいます。

 

そうなると、矢部さんはテレビから消えてしまう恐れもあるわけで…

 

 

 日テレが矢部浩之に激怒する理由

 

[スポンサーリンク]

 

ところで、矢部さんにはコンビのレギュラー番組として「ぐるぐるナインティナイン」もありますが、こちらは日テレがとある理由から激怒してしまっているといいます。

 

[以下引用]

「矢部さんは『ぐるナイ』の人気企画『グルメチキンレース・ゴチになります!』のレギュラーメンバーですが、実は、日本テレビサイドは矢部さんに非常に不満を持っているというんです。というのも、矢部さんに意欲が薄いのか、“コーナーの仕切りがおもしろくない”という評価だといいます。また、10年以上続いている長寿番組は、新たにスタートした番組より制作費の水準が倍近く高いそうなんですが、『ぐるナイ』もその1つですよね。制作費のわりに、それほど数字が良いというわけではないので、上層部からにらまれているといいます。番組サイドとしては、とにかく番組内容を面白くして視聴率を上げていくしかない。そんな状況化にあって、番組関係者は矢部さんの仕切りのパフォーマンスに強い不満を感じているそうなんです」(制作会社関係者)

[日刊大衆]

 

なるほど…

 

昨年からゴチメンバーに千鳥のノブさんが起用されたのは、矢部さんに代わって仕切り役もやってもらうためだったわけですね。

 

ノブさんのツッコミ手腕は業界でも評価が高く、ガヤや仕切りもしっかりできて、しかも子供から中高年まで性別や世代を問わず人気もあることから、今ではテレビでも引っ張りだこ。

 

引用記事によると、日テレサイドは矢部さんのサポート役を期待しているのではなく、「矢部さんをゴチでシーズン最下位にして出演権利を剥奪し、そのままノブに全部任せてしまえ」とまで考えているとのこと。

 

「ぐるナイ」はナイナイの番組ではあるものの、もはやそんなことは「どーでもいい!」とまで思われてしまうなんて、矢部さんも可哀想というか…

 

ただ、矢部さんはすでに仕事より子育てに重きをおいていて、幼稚園や習い事の送迎はもとより、幼稚園人脈と交流することをとても楽しんでいるんだそう。

 

こうなると「ぐるナイ」も打ち切り、もしくは千鳥の番組に取って代わられる可能性も高い…かもしれません。

 

でもま、正直言って矢部さんがここまでTVバラエティで”成功”できたことは、誰もが不思議に思うくらいの奇跡的な出来事だったとも。

 

もう十分稼いだでしょうし、あとは深夜番組やラジオなどで細々と仕事を続けていくだけでも、経済面ではまったく困らないでしょう。

 

今までお疲れさまでした、矢部さん。

 

◆ゴチのマンネリ化を防ぐための工夫

今も続いてる?→ geinou ranking geinou reading

今も続いてる?→ geinou reading geinou ranking

 

※でも、アマプラでは頑張ってますよ!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

戦闘車 シーズン2 [ 矢部浩之 ]

価格:3152円(税込、送料無料) (2020/10/10時点)


楽天で購入


 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※矢部浩之さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

マツコ・デラックスさんが「ついに引退を決意したようだ」と、一部ネットメディアが報じています。

 

なんでも、コロナショックで自宅に引きこもる生活が続いたことで、「この業界はあってもなくても変わらない、どーでもいい存在」であることに気づいてしまったようで…

 

これは安い!

 

 

マツコ・デラックス「芸能界は不要の存在」

 

11日、東京ローカル情報番組「5時に夢中!」に声だけでリモート出演したマツコさん。

 

司会のふかわりょうさんから「初のリモート出演どうですか?」と聞かれると、「のんびりやってますよ。今、NHKとか民放はしっかりした番組をやられてますよ。ホラン千秋のコンディションもよさそうだし」と、他局を見ながら出演するという余裕ぶり。

 

しかし、その後には思わず本音を吐露してしまったようで…

 

[以下引用]

「ふかわが『マツコさん自身のステイ・ホームは?』と質問すると、マツコは『普段からどんなにいい加減な仕事してたんだろう、と思って。みなさん大変な思いをされているけど、この業界はあってもなくても一緒ってのが、わかりましたよ』と、芸能界は“不要不急”の代表格ではないか、といった考えを述べました。この発言を受けて、『こういう時こそ笑える番組が必要』といった声がネット上に上がった一方で、『実際問題、テレビがなくてもネット配信がある』『正直テレビを見る機会はどんどん減ってる』と、マツコの発言に納得する意見も少なくありません」(芸能ライター)

[文春オンライン]

 

 

コロナショックを受けてほとんどの人が外出を控える中、業界では「テレビにかじりつく人が増える」という予想もありましたが、実際は少し様子が違かった模様。

 

では、皆さんどこに”向かった”のかというと、それは動画配信などネットコンテンツ。

 

テレビにベッタリだった芸能人たちは暇を持て余しているようですが、ジャニーズなど一部の先進的な事務所はかなり積極的にライブ配信などに取り組み、ファンを喜ばせていました。

 

…ジャニーズがこの点で先進的というのも違和感ですが、今回ばかりはすごいなと。今回嵐のワクワク学校はファンクラブ会員は1500円、一般は2000円で配信しています。以前なら必ずあったチケット抽選がありませんから、これまで嵐は好きだけどファンクラブに入るほどではなかった人でももしかしたらちょっと見てみて好きになった、というのもあるかもしれないですよね。まあ嵐はもうじき活動休止ですが、他のグループのファン層拡大の手段や収益UPに繋がりそうな試みだったのでは。少し前までネットに画像を出すことを拒否し、Kindleで雑誌を読むとタレントが黒塗りされていたのにびっくりです。

 

まあ、過去の名作ドラマが軒並み視聴率二桁を達成するなど、テレビ業界にもそれなりに需要はありましたが、新番組でない限りスポンサー料はかなり抑えられてしまうため、テレビ局の収益としては微々たるものだとも。

 

そう考えると、マツコさんがテレビを見限ったとしても不思議はないかもしれません。

 

 

 以前から芸能界引退をほのめかしていたマツコ・デラックス

 

[スポンサーリンク]

 

さて、マツコさんのこの発言を受けて、ネットでは

 

「お金は十分あるだろうから、サクッと引退しちゃいそう」

「マツコさん、もう芸能界には未練がないみたいな言い方……」

「まだ需要あるのに、テレビから身を引きそうで心配」

 

など、引退を惜しむ声も少なからずあるようですが、マツコさんは以前から芸能界を去ることをほのめかす発言をしていました。

 

[以下引用]

「1月20日には、自身がメインMCを務める『月曜から夜ふかし』で、『あと10年ぐらい、ちょっと細々と頑張って、国外に脱出しようと思って』などと、“引退プラン”を語っていました。また、5月4日放送の同番組でも、マツコは自粛生活に体が慣れてしまったと明かしつつ、『もう働くの嫌になってきちゃった』『ちょっと私、無理かも。前みたいな生活するの』と吐露していたんです。こうした発言もあって、マツコの進退を心配する声が上がっているのでしょう」(芸能ライター)

[サイゾーウーマン]

 

マツコさんと言えば、今年のお正月に放送されたTBS系バラエティ番組「マツコの知らない世界」で、ゲスト出演した宇多田ヒカルさんに対して

 

「もう一回、子ども産めない?」

「女の子を作ってほしいの」

 

と発言したことが、なぜかネットで猛バッシングを浴びていました。

 

正直、最近のコロナショックを巡る政府対応への批判や、岡村さん発言に対する集団リンチ的なバッシングを見ても分かる通り、一部のヒステリックな”左巻き”の人達の言動にはウンザリしてる人も多いハズ。

 

なので、マツコさんもそんなに気にすることはないと思うのですが、本人的には「世間との感覚に“ズレ”が生じてきている」と意気消沈していたみたいですね。

 

まあ、これまで毒舌をウリにしながら炎上しないという美味しいポジションにいただけに、「NHKから国民を守る党」とのイザコザ以来、調子が狂ってしまった感はあります。

 

マツコ・デラックスが芸能界引退へ。元SMAPへの罵詈雑言と「N国党」立花孝志党首とのバトルが原因で精神崩壊

 

もともと小心者で周囲の目を異常に気にするタイプだと言われているだけに、世の中の風向きが”逆風”に変わった途端、速攻で逃げてしまうかもしれません。

 

でも、あれだけ存在感があった島田紳助さんでさえいなくなったらいなくなったですっかり過去の人です。

 

マツコさんであれ誰であれ、表舞台から消えたら速攻で人々の記憶から忘れられてしまうことでしょうけど。

 

◆すっかり高級品となったマスクですが…

え、30枚110円!すごい!!→ geinou ranking geinou reading

え、30枚110円!すごい!!→ geinou reading geinou ranking

 

◆梅雨入りを前にひんやりマスクはいかが?

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※マツコ・デラックスさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

[スポンサーリンク]

 

 

マツコ・デラックスさんが芸能界引退を決意したと東スポが報じています。

 

いつもの東スポクオリティ…と思いきや、その根拠はかなり具体的なもので、マツコさん自身が「しゃべれなくなったら潔く引退する」と公言していたことと合わせ、”引退”はかなり信憑性の高いものとなっています。

 

※うん。サヨウナラ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

USED【送料無料】アタシがマツコ・デラックス! マツコデラックス

価格:116784円(税込、送料無料) (2019/9/25時点)


楽天で購入


 

 

[以下引用]
「なんでも最近は、1人でテレビを見られないそうなんです。万が一、ザッピングをしてN国党党首の立花孝志議員の顔を見てしまうと、パニック状態に陥ってしまうからだそうです。顔を見るのも嫌だ、っていう気持ちは分からなくはないですが…」(ある制作会社の関係者)



だが、マツコが落ち込んでいるのはN国党とのバトルだけではない。最近、マツコ人気に明らかにカゲリが見え始めていることも原因だという。



「以前はマツコに対しSNSなどでバッシングが起きることはまずあり得なかった。風向きが変わったのは、週刊文春が掲載した元SMAPの稲垣吾郎に対する発言から。『だってテレビは使いたくないんだもん。SMAPだから使われていたわけ…。SMAPじゃなくなった3人に魅力を感じますか。SMAPにいたからこそチヤホヤされていた』などと言いたい放題、毒舌をぶっ放したんです。それがどうやら引き金になったみたい」(テレビ関係者)



この発言により、当然マツコは元SMAPファンから猛バッシングを受けることになったのは記憶に新しい。さらに、その悪い流れはマツコ最大の稼ぎ場といえるCMにも影響を及ぼしそうだ。



「マツコのCMのギャラは1本最低2000万円からといわれています。現在、ナショナルクライアントが10社以上もあるので、CMだけで年収は軽く2億円は超えている計算です。ところが、最近マツコがMCの番組視聴率が軒並み下がっているんですよ。クライアントは視聴率に敏感です。イメージも悪化しているとなれば、減ってくるのは当然でしょう。来年の今ごろには半減どころか最悪3分の1になっているかもしれません」(芸能プロ関係者)

[東スポ]

 

なるほど、そうですか…

 

確かに文春での元SMAP3人に対する罵詈雑言は、あまりにも唐突すぎて驚きました。

 

マツコさんの精神状態に何があったのかは不明ですが、元国民的アイドルに対するあの”不用意なディスり”は大失敗でした。

 

なにしろ、あの3人はジャニーズ女帝・藤島メリー泰子副社長によって理不尽に追放され、テレビなどの主だったメディアからも抹殺された、いわば”権力の被害者”ですからね。

 

これまで、マツコさんが好き放題言っても許されてきたのは、ゲイでオカマで女装家という圧倒的なマイノリティーとしての看板があったから。

 

それなのに”権力の犬”であることを自ら証明してしまったわけですから、キャラが崩壊するのも当然でしょう。

 

武器だった毒舌が影を潜め、化けの皮が剥がれてしまったマツコさんに、もはや需要はありません。

 

すでにテレビ業界では「マツコは豪快な容姿とは裏腹に内面は繊細でナイーブ。今回の騒動で、”ただの気の小さいデブ”に過ぎないことが明らかになった」と陰口を叩かれているとも。

 

今後は自身の番組の視聴率も下がり、それに伴ってCMクライアントからも見放されれば、必然的にマツコさんの全盛時代は終わりを迎えることになります。

 

 

ただ、そんな状況が「いつの日かやってくる」ことは、マツコさん自身も覚悟していたようで、以前出演したバラエティー番組では「言葉が出てこなくなったら辞めようと思う」と語っていました。

 

東スポによると、「最近は貯金でアパートを購入して、余生は海の見えるマンションで1人で果てたい」なんて弱音を吐いているみたいですし、今年いっぱいであの大きな身体は見納めになりそうです。

 

※芸能界引退して復帰しそうなあの人たち

 引退宣言ってなんなの?→ geinou ranking geinou reading

 引退宣言ってなんなの?→ geinou reading geinou ranking

 

※デラックスじゃないマツコに需要なし。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 デラックスじゃない 双葉文庫/マツコ・デラックス(著者) 【中古】afb

価格:198円(税込、送料別) (2019/9/25時点)


楽天で購入

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※マツコ・デラックスさんのインスタはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング