タグ:マツコ・デラックス

 

マツコ・デラックスさんが「ついに引退を決意したようだ」と、一部ネットメディアが報じています。

 

なんでも、コロナショックで自宅に引きこもる生活が続いたことで、「この業界はあってもなくても変わらない、どーでもいい存在」であることに気づいてしまったようで…

 

これは安い!

 

 

マツコ・デラックス「芸能界は不要の存在」

 

11日、東京ローカル情報番組「5時に夢中!」に声だけでリモート出演したマツコさん。

 

司会のふかわりょうさんから「初のリモート出演どうですか?」と聞かれると、「のんびりやってますよ。今、NHKとか民放はしっかりした番組をやられてますよ。ホラン千秋のコンディションもよさそうだし」と、他局を見ながら出演するという余裕ぶり。

 

しかし、その後には思わず本音を吐露してしまったようで…

 

[以下引用]

「ふかわが『マツコさん自身のステイ・ホームは?』と質問すると、マツコは『普段からどんなにいい加減な仕事してたんだろう、と思って。みなさん大変な思いをされているけど、この業界はあってもなくても一緒ってのが、わかりましたよ』と、芸能界は“不要不急”の代表格ではないか、といった考えを述べました。この発言を受けて、『こういう時こそ笑える番組が必要』といった声がネット上に上がった一方で、『実際問題、テレビがなくてもネット配信がある』『正直テレビを見る機会はどんどん減ってる』と、マツコの発言に納得する意見も少なくありません」(芸能ライター)

[文春オンライン]

 

 

コロナショックを受けてほとんどの人が外出を控える中、業界では「テレビにかじりつく人が増える」という予想もありましたが、実際は少し様子が違かった模様。

 

では、皆さんどこに”向かった”のかというと、それは動画配信などネットコンテンツ。

 

テレビにベッタリだった芸能人たちは暇を持て余しているようですが、ジャニーズなど一部の先進的な事務所はかなり積極的にライブ配信などに取り組み、ファンを喜ばせていました。

 

…ジャニーズがこの点で先進的というのも違和感ですが、今回ばかりはすごいなと。今回嵐のワクワク学校はファンクラブ会員は1500円、一般は2000円で配信しています。以前なら必ずあったチケット抽選がありませんから、これまで嵐は好きだけどファンクラブに入るほどではなかった人でももしかしたらちょっと見てみて好きになった、というのもあるかもしれないですよね。まあ嵐はもうじき活動休止ですが、他のグループのファン層拡大の手段や収益UPに繋がりそうな試みだったのでは。少し前までネットに画像を出すことを拒否し、Kindleで雑誌を読むとタレントが黒塗りされていたのにびっくりです。

 

まあ、過去の名作ドラマが軒並み視聴率二桁を達成するなど、テレビ業界にもそれなりに需要はありましたが、新番組でない限りスポンサー料はかなり抑えられてしまうため、テレビ局の収益としては微々たるものだとも。

 

そう考えると、マツコさんがテレビを見限ったとしても不思議はないかもしれません。

 

 

 以前から芸能界引退をほのめかしていたマツコ・デラックス

 

[スポンサーリンク]

 

さて、マツコさんのこの発言を受けて、ネットでは

 

「お金は十分あるだろうから、サクッと引退しちゃいそう」

「マツコさん、もう芸能界には未練がないみたいな言い方……」

「まだ需要あるのに、テレビから身を引きそうで心配」

 

など、引退を惜しむ声も少なからずあるようですが、マツコさんは以前から芸能界を去ることをほのめかす発言をしていました。

 

[以下引用]

「1月20日には、自身がメインMCを務める『月曜から夜ふかし』で、『あと10年ぐらい、ちょっと細々と頑張って、国外に脱出しようと思って』などと、“引退プラン”を語っていました。また、5月4日放送の同番組でも、マツコは自粛生活に体が慣れてしまったと明かしつつ、『もう働くの嫌になってきちゃった』『ちょっと私、無理かも。前みたいな生活するの』と吐露していたんです。こうした発言もあって、マツコの進退を心配する声が上がっているのでしょう」(芸能ライター)

[サイゾーウーマン]

 

マツコさんと言えば、今年のお正月に放送されたTBS系バラエティ番組「マツコの知らない世界」で、ゲスト出演した宇多田ヒカルさんに対して

 

「もう一回、子ども産めない?」

「女の子を作ってほしいの」

 

と発言したことが、なぜかネットで猛バッシングを浴びていました。

 

正直、最近のコロナショックを巡る政府対応への批判や、岡村さん発言に対する集団リンチ的なバッシングを見ても分かる通り、一部のヒステリックな”左巻き”の人達の言動にはウンザリしてる人も多いハズ。

 

なので、マツコさんもそんなに気にすることはないと思うのですが、本人的には「世間との感覚に“ズレ”が生じてきている」と意気消沈していたみたいですね。

 

まあ、これまで毒舌をウリにしながら炎上しないという美味しいポジションにいただけに、「NHKから国民を守る党」とのイザコザ以来、調子が狂ってしまった感はあります。

 

マツコ・デラックスが芸能界引退へ。元SMAPへの罵詈雑言と「N国党」立花孝志党首とのバトルが原因で精神崩壊

 

もともと小心者で周囲の目を異常に気にするタイプだと言われているだけに、世の中の風向きが”逆風”に変わった途端、速攻で逃げてしまうかもしれません。

 

でも、あれだけ存在感があった島田紳助さんでさえいなくなったらいなくなったですっかり過去の人です。

 

マツコさんであれ誰であれ、表舞台から消えたら速攻で人々の記憶から忘れられてしまうことでしょうけど。

 

◆すっかり高級品となったマスクですが…

え、30枚110円!すごい!!→ geinou ranking geinou reading

え、30枚110円!すごい!!→ geinou reading geinou ranking

 

◆梅雨入りを前にひんやりマスクはいかが?

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※マツコ・デラックスさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

[スポンサーリンク]

 

 

マツコ・デラックスさんが芸能界引退を決意したと東スポが報じています。

 

いつもの東スポクオリティ…と思いきや、その根拠はかなり具体的なもので、マツコさん自身が「しゃべれなくなったら潔く引退する」と公言していたことと合わせ、”引退”はかなり信憑性の高いものとなっています。

 

※うん。サヨウナラ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

USED【送料無料】アタシがマツコ・デラックス! マツコデラックス

価格:116784円(税込、送料無料) (2019/9/25時点)


楽天で購入


 

 

[以下引用]
「なんでも最近は、1人でテレビを見られないそうなんです。万が一、ザッピングをしてN国党党首の立花孝志議員の顔を見てしまうと、パニック状態に陥ってしまうからだそうです。顔を見るのも嫌だ、っていう気持ちは分からなくはないですが…」(ある制作会社の関係者)



だが、マツコが落ち込んでいるのはN国党とのバトルだけではない。最近、マツコ人気に明らかにカゲリが見え始めていることも原因だという。



「以前はマツコに対しSNSなどでバッシングが起きることはまずあり得なかった。風向きが変わったのは、週刊文春が掲載した元SMAPの稲垣吾郎に対する発言から。『だってテレビは使いたくないんだもん。SMAPだから使われていたわけ…。SMAPじゃなくなった3人に魅力を感じますか。SMAPにいたからこそチヤホヤされていた』などと言いたい放題、毒舌をぶっ放したんです。それがどうやら引き金になったみたい」(テレビ関係者)



この発言により、当然マツコは元SMAPファンから猛バッシングを受けることになったのは記憶に新しい。さらに、その悪い流れはマツコ最大の稼ぎ場といえるCMにも影響を及ぼしそうだ。



「マツコのCMのギャラは1本最低2000万円からといわれています。現在、ナショナルクライアントが10社以上もあるので、CMだけで年収は軽く2億円は超えている計算です。ところが、最近マツコがMCの番組視聴率が軒並み下がっているんですよ。クライアントは視聴率に敏感です。イメージも悪化しているとなれば、減ってくるのは当然でしょう。来年の今ごろには半減どころか最悪3分の1になっているかもしれません」(芸能プロ関係者)

[東スポ]

 

なるほど、そうですか…

 

確かに文春での元SMAP3人に対する罵詈雑言は、あまりにも唐突すぎて驚きました。

 

マツコさんの精神状態に何があったのかは不明ですが、元国民的アイドルに対するあの”不用意なディスり”は大失敗でした。

 

なにしろ、あの3人はジャニーズ女帝・藤島メリー泰子副社長によって理不尽に追放され、テレビなどの主だったメディアからも抹殺された、いわば”権力の被害者”ですからね。

 

これまで、マツコさんが好き放題言っても許されてきたのは、ゲイでオカマで女装家という圧倒的なマイノリティーとしての看板があったから。

 

それなのに”権力の犬”であることを自ら証明してしまったわけですから、キャラが崩壊するのも当然でしょう。

 

武器だった毒舌が影を潜め、化けの皮が剥がれてしまったマツコさんに、もはや需要はありません。

 

すでにテレビ業界では「マツコは豪快な容姿とは裏腹に内面は繊細でナイーブ。今回の騒動で、”ただの気の小さいデブ”に過ぎないことが明らかになった」と陰口を叩かれているとも。

 

今後は自身の番組の視聴率も下がり、それに伴ってCMクライアントからも見放されれば、必然的にマツコさんの全盛時代は終わりを迎えることになります。

 

 

ただ、そんな状況が「いつの日かやってくる」ことは、マツコさん自身も覚悟していたようで、以前出演したバラエティー番組では「言葉が出てこなくなったら辞めようと思う」と語っていました。

 

東スポによると、「最近は貯金でアパートを購入して、余生は海の見えるマンションで1人で果てたい」なんて弱音を吐いているみたいですし、今年いっぱいであの大きな身体は見納めになりそうです。

 

※芸能界引退して復帰しそうなあの人たち

 引退宣言ってなんなの?→ geinou ranking geinou reading

 引退宣言ってなんなの?→ geinou reading geinou ranking

 

※デラックスじゃないマツコに需要なし。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 デラックスじゃない 双葉文庫/マツコ・デラックス(著者) 【中古】afb

価格:198円(税込、送料別) (2019/9/25時点)


楽天で購入

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※マツコ・デラックスさんのインスタはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング 

 

[スポンサーリンク]

 

このところ逆風吹き荒れ、持ち前の毒舌にもキレがなくなっていると言われるマツコ・デラックスさんですが、週刊新潮によると、マツコさんの失速には根本的な原因があるんだとか。

 

 

 

 

 

マツコが重宝されてきた理由

 

テレビ番組にスポンサーが出資するのは広告効果を求めてのこと。

 

効率がいいのはその番組を観ている層に合ったCMを出すことです。

 

例えばヒルナンデスが初期の頃打ち切り水準の視聴率しか取れていないにも関わらず高評価だったのは、スポンサーが観てほしい層の視聴率が高かったからだと言われています。

 

ヒルナンデスが低視聴率でも打ち切りにならない理由とは。

 

つまり、スポンサーが重視するのは従来からある世帯視聴率ではなく、視聴世代が分かる個人視聴率なのですが、全国で個人視聴率を計測できるようになるのは来年から。

 

ということで、現時点では手っ取り早く視聴率を稼ぐために必要なことは、いわゆるF3・M3と呼ばれる50歳以上の年齢層に見てもらうことであり、その層にピタリとハマっていたのがマツコさんの敵を作らない毒舌だったといいます。

 

が、そんなマツコさんの番組の視聴率が、このところ全体的に下がって来ているんだとか。

 

 

※『ドクターX』に代表されるテレ朝の木曜9時枠が当たったのも、その層を狙ったから

 

 

マツコ失速の原因その1:元SMAP3人に対する失言

 

週刊新潮がまず上げている「マツコ失速の原因」は、元SMAPの3人をけちょんけちょんにけなしたこと。

 

マツコさんは週刊文春に『5時に夢中』の稲垣吾郎さん月1レギュラー化を聞いて、「稲垣を起用するならマツコは降板する」と実質的な圧力をかけたことについて質問されたとき、

 

「だってテレビは使いたくないんだもん。SMAPだから使われていたわけで、SMAPじゃなくなった3人に魅力を感じますか」

「あの3人はSMAPにいたからこそチヤホヤされていたんだから」

 

などと答えています。

 

 

マツコに失望…「稲垣吾郎起用するなら降りる」と共演拒否!SMAP排除に加担

 

週刊新潮によると、この発言が大きかったとのこと。

 

[以下引用]

「実は元SMAPのファンこそ、高視聴率を獲得するためのメインターゲットであるアクティブシニア層が多いのです。つまり元SMAPへの批判は、多くの視聴者を失うことにつながります。おそらくネット上でのマツコへの反発の声に彼女自身も驚いたのでしょう。その後、週刊女性を使って、文春は答えたことをちゃんと記事にしてくれなかったと大反論した。しかし、この記事でも彼女は見通しを誤った。『5時に夢中!』でのレギュラー化が消えた稲垣に、MXは別に冠番組を提案したというのですが、彼女はこう言い放った。《それを断ったのは吾朗ちゃんのマネージャーさんだからね。“マツコと一緒じゃなきゃイヤだ”って》。しかし、この経緯について、稲垣の所属事務所は、マツコとの共演を希望した事実はないと答えたために、齟齬が生じてしまいました。シニア層は、かえってマツコへの不信感を高めてしまったかもしれません」(同)

[週刊新潮]

 

つまり、マツコさんは最も嫌われてはいけない層に嫌われてしまったと。

 

これは元SMAPのファンに限らないでしょうね。

 

「あっちが出るなら私は降りる」みたいなのはいかにも圧力ですし、その後の週刊女性での発言を含めてのマツコさんらしくないごまかしが反発を呼んだのではないかと思います。

 

そもそも、文春と週刊女性を読み比べても、マツコさんが「文春が都合のいいように書き換えた」と言った内容がどこかわからないくらい、本質は同じことを言っていました。

 

その一方で突然「吾郎ちゃん」呼びで親しげにしてみたり、なんだかマツコさんの知らない一面を見たような。

 

 

マツコ必死に弁解も矛盾!元SMAP圧力問題で文春の捏造を週刊女性で訴えるも…え、おかしくない?

 

結局マツコさんは「文春捏造」とショッキングなワードを出して一発逆転を狙ったのかなと、そんなズルさも感じたりして。

 

 

マツコ失速の原因その2:失われた希少価値

 

[以下引用]

「彼女は、かつては露出過多を嫌い、どんなに番組オファーが来ても、スペシャル番組などの出演を控えてきました。レギュラーも増やそうとはしなかった。もちろん、飽きられるのを防ぐためです。それはCMに関しても同様でした。ところが、この春からは資生堂のCMまで決まり喜んでいました。それが自分の商品価値を上げ、ステージを上げることに繋がると考えたのかもしれません。その結果、数多くのCMがテレビで流れることとなりました。まだレギュラーも少なかった頃、マツコがテレビに出演していると必ず見ていた視聴者は多かったはずですが、CMでの出演が増えたために『また出ている』と思われ、希少価値がなくなってしまったんです」(同)

[週刊新潮]

 

 

今年に入り流れているマツコさんのCMは全部で10本。

 

今年上半期のCM出演数ランキングを見ると、男性の1位は嵐の相葉雅紀さんとサンドウィッチマンで9社、女性の1位は渡辺直美さんで13社ですから、トップレベルですよね。

 

トップレベルといえば、先日女性自身が報じたマツコさんのギャラも芸能界トップレベルでした。

 

 

マツコの大嘘発覚!芸能界最高額のギャラをもらいながら「年間で1万円しか上がらない」と愚痴

 

ただこれは、バラエティの予算が1本1000万円ほどなのに、一人に500万はないと否定する業界の声もあるので、どこまで正しいのかは不明です。

 

それでも報じられればニュースになるわけで、ギャラが上がらないと愚痴った直後にこういう記事が出るのは、マツコさんは今が貶し時、と見られてるのでしょう。

 

◆マツコの言いたい放題整形編

絶賛したのはこの人 → geinou ranking geinou reading

絶賛したのはこの人 → geinou reading geinou ranking

 

 

※しかし資生堂も思い切った

[amazon]

 

 

本当に失速?弱気になったマツコに休養説も…

 

[スポンサーリンク]

 

バラエティの視聴率はドラマほど逐一報じられない上に、マツコさんの番組は深夜帯が多いためなおさら視聴率は不透明で、「マツコ失速」と言われても一般視聴者にはわかりづらいところです。

 

しかも文春で元SMAPをけちょんけちょんにしたのは8月初めのことで、そこから急激に視聴率が下がったんだとしても「失速」というには早いような。

 

ただ、確かにたまに見るから面白い、見ようとする、というのはありますし、露出が増えていけば辛口にも疲れるし、最近はマツコさんの発言自体、強いものに弱く弱いものに強くて前ほど面白くないという意見も見られます。

 

もしかするとマツコさんの番組の下降傾向は最近ではなくもう少し前からのことなのかもしれません。

 

そんな微妙な下り坂に入ったタイミングと、マツコさんのN国党と元SMAP関連での失言が重なり、その対応のマズさに視聴者ががっかりしたタイミング、そしてマツコさんが業界でもなにかに足を引っ張られる存在になりつつあるタイミングが重なっているのが今なのかも。

 

だからこそ、女性自身のギャラ500万という予算的にも考えられないと言われる記事や新潮の「失速」記事なども含めて、こんなに連続してマツコさんの下げ記事が出るんでしょうね。

 

加えてナックルズは弱気になったマツコさんが「休みたい」と漏らしているとも報じています。

 

豪快そうに見えて実は繊細らしいマツコさんは一時期引きこもっていた過去があるそうですから、まったくない話でもなさそうですが、現実にはこれだけ仕事が詰まっていては休めなそう。

 

10月からゴールデンに昇格するというテレ朝の「マツコ&有吉 かりそめ天国」は、視聴率も報じられやすくなりますし、結果が出なくて風当たりが強くなったりしたら、本当にマツコさん休んでしまうかも。

 

◆MXテレビにもジャニーズが魔の手を伸ばす

その人選がビミョー → geinou ranking geinou reading

その人選がビミョー → geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※有吉弘行さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

 

先日、ギャラが全然上がらないと愚痴を言っていたマツコ・デラックスさんのギャラが、なんと4年で30万円から500万円に上がっていたと女性自身が報じています。

 

 

 

 

マツコ、ギャラについて愚痴る

 

マツコさんがギャラについて愚痴ったのは8月14日放送の『志村けんのだいじょうぶだぁ たのしい夏休みスペシャル』でのこと。

 

貯金は2000万円以上になったこと、物欲がないためひたすら貯まっていくことも明かしつつ、リーマンショック後にブレークした芸能人は上がり幅が少ない設定になっているとし、

「師匠(志村)の口から(テレビ局へ)言ってください。『ギャラ上げろ!』って。喉から血が出るほどしゃべっているのに全然ギャラが上がらない!」

「年間で1万円とか上げられると悲しくなる。その頃には大量出血しながら喋らなきゃ」

等々、いかにギャラ問題が切実かを語りました。

 

ちょうど週刊文春に元SMAP3人に対する圧力問題に対するマツコさんらしくない矛盾の多い主張と、NHKを擁護するかのようにN国党について「気持ち悪い」等と発言し騒動になったタイミングだったため、なんだか急に庶民感情にすり寄ってる感じがする、なんて言われていたギャラ問題だったのですが、それがまさかウソだったとは。

 

 

マツコ必死に弁解も矛盾!元SMAP圧力問題で文春の捏造を週刊女性で訴えるも…え、おかしくない?

マツコ、出演取りやめか。N国党立花氏が『5時に夢中』出待ち宣言。対談強行へ

 

 

マツコの本当のギャラはいくらなの?ー女性自身調べー

 

[スポンサーリンク]

 

[以下引用]

レギュラー番組を8本抱える超売れっ子のマツコ。実際そんなにギャラは上がっていないのか――。

 

「たしかに05年からレギュラーを務めている『5時に夢中!』(TOKYO MX)は、制作費の都合もあり、ほとんど上がっていません。ですが、マツコさんの番組が高視聴率なのは誰もが認めるところ。その影響で民放キー局のギャラはこの数年で確実に上がりました。現在、日本テレビの人気番組『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)は200万円。テレビ朝日の『マツコ&有吉かりそめ天国』は10月からゴールデン帯に進出することもあり、300万円から400万円にアップします」(制作関係者)

 

それだけでも相当な額だが、さらに高額出演料の局があるという。

 

「TBSです。深夜枠からゴールデン帯に昇格した『マツコの知らない世界』では現在、500万円を支払っているそうです。MCとして最高峰の明石家さんまさんで300万円ですから、どれだけマツコさんを高く評価しているのか明白です」(テレビ局関係者)

[女性自身]

 

 

驚きました。

 

何が「年間で1万円とか上げられると悲しくなる」でしょうか。

 

ガツンガツン上がって今や明石家さんまさん以上とは。

 

つまり、「師匠の口から(テレビ局へ)言ってください。『ギャラ上げろ!』って」なんて訴えた志村けんさんをも凌駕しているんじゃないですかね。

 

貯金だって、「2000万円はある」ってそりゃウソじゃないでしょうけど…。

 

ただ、昨年女性自身と同じ出版社である光文社の週刊誌FLASHが報じたところによると、「ギャラは80万円前後と格安」ということだったんですけどね。

 

 

マツコ、CM全滅か。今度は金の亡者説!好感度急落でスポンサー離れの噂

 

まあゴールデン・プライム帯と深夜帯では価格が違いますし、いずれにせよ局がギャラを明確に明かすわけではないので、報じる媒体によって違うのはよくあることですが、それでも、10月から300万から400万にアップしていながら「年間で1万円とか…」って。

 

ちなみに女性自身が4年前、マツコさんのギャラを報じた際は1本30万円だったとのこと。

 

「当時、マツコさんは“好きな男性タレント”1位に輝き、レギュラー番組が急増する大ブレーク中にもかかわらずこの安さでした。まだ“文化人”枠だったため、ギャラの額は低く抑えられていたんです」とテレビ局関係者が明かしており、その当時が不当に安かったんだとは思いますが…

 

いやいやマツコさんの二枚舌、すごいですね。マツコさんもわざわざギャラ事情なんて愚痴らなければよかったのに。事務所は「そんなにもらってませんよ」と言っていますが、それだってもはや信じられません。

 

しかしこんなふうにすぐ突っ込まれウソが暴かれる対象になっている時点で、マツコさん、マスコミに嫌われ始めているのかも。

 

 

◆マツコが絶賛!

癒やし系整形歌手 → geinou ranking geinou reading

癒やし系整形歌手→ geinou reading geinou ranking

 

※もう違うかも

[amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※マツコが無視する立花孝志さんのYoutubeチャンネルはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング