元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂さんに関するトンデモナイ秘密が明らかになり、ネット上だけでなく業界でも大きな話題になっているといいます。

 

 



 

 

 

そのきっかけとは、昨年12月22日に放送された「出川一茂ホラン☆フシギの会」というバラエティ番組。

 

1年間のうち大半をハワイで過ごすという一茂さんに対し、ホラン千秋さんが「その期間は仕事できないじゃないですか。何でそんな豪遊できるのか不思議」と質問されると・・

 

[以下引用]

「僕、投資するんですよ。不動産だったりファンドだったり為替だったり。自分のギャランティをそっちにぶち込んで、分配金、株主配当金とか、そこのお小遣いで回してるわけ」とお金の出処を説明。年俸2000万円だったプロ野球選手時代は遊んでいたためにお金は貯まらず、先の保証がない芸能界入りしたことで、26年前から投資を始めていたという。

 

「一茂はタレント転身1年目にして、年収1億円稼ぐなど最初から売れっ子でしたが、副業のスケールも大きい。以前『ぴったんこカンカン』に出演した際、とある建物の屋上でバーベキューをしていたのですが、その建物の屋上はなんと5階建ての自社ビル。アパートや一軒家ではなく、ビルなのでその規模の大きさから稼ぎ方も一般人が度肝を抜くレベル、家賃収入だけで月に3000万円以上あるとか」(芸能ライター)

 

そんな長嶋は、昨年12月23日放送の『羽鳥慎一モーニングショー』でも、不動産ツウぶりを見せつけている。

「番組では、“実家じまい”の著書で話題の松本明子がゲスト出演。松本は香川県高松市の実家について、自身が27歳の頃から空き家状態となり、売却するまでの25年間で維持費が約1800万円かかったといいます。『実家は明子頼むぞ!』という父の遺言によるところが大きかったようですが、一茂はこれについて、今も持っていれば50年で上物は資産価値が0円になること、土地代も下がっていることから、松本の父親の遺言は『負債を残しただけ』だとズバリ。司会の羽鳥慎一からは『長嶋不動産』の声がかかりました」(前同)

[日刊サイゾー]

 

一茂さん、プロ野球選手としては鳴かず飛ばずでしたが、なんといっても日本野球界の至宝である”長嶋茂雄”の息子ですからね。

 

自ら堕落の道を選ばない限り、引退してもゴージャスな人生を歩み続けることは約束されていましたし、それは芸能界入りしたことでも証明されています。

 

「先の保証がない・・」

 

とは言うものの、お父様が築き上げた地位・名誉・財産がある限り、食べるに困ることは絶対にないという点で、他の誰よりも確かな保証があったことは間違いありません。

 

もちろん、失敗するウマシカさんもいますけど。

 

◆呼んだ?

原点―勝ち続ける組織作り - 原 辰徳

原点―勝ち続ける組織作り - 原 辰徳

[Amazon]

 

 

巨人新監督の原辰徳がさっそく大ピンチ!薬物疑惑の絶えない息子・嘉宏が致命的なアキレス腱になる恐れも

 

ちなみに、現在はそれらの資産は相続放棄しているそうですが、それは不動産投資で大儲けできたからでしょう。

 

なんといっても、不労所得だけで年間3億6千万円ですからね。

 

正直、一茂さんに関してはどこにテレビ的需要があるのか不明ですが、そのハワイ通ぶりと金満ぶりという武器を活かし、今後も一発モノの特番に呼ばれることはあるでしょう。

 

本人は早くも終活を始めているといいますが、残された人生、悔いのないように過ごして欲しいものですが・・

 

過去、一茂さんが家族に何の相談もなく、お父様ゆかりの品を福井県のミュージアムに売却したことが原因で実家とは絶縁状態にあるとも言われています。

 

どうやら一茂妻はかなり○○な人物らしいですし、トラブルにはご注意を。

 

◆こちらの方は克服できたのでしょうか。

乗るのが怖い―私のパニック障害克服法 (幻冬舎新書) - 長嶋 一茂

乗るのが怖い―私のパニック障害克服法 - 長嶋 一茂

[Amazon]

 

 

江角マキコ逮捕か!長嶋一茂の妻との壮絶なママ友イジメ合戦で、研音の元マネージャーに「バカ息子」と落書きを強要!

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※長嶋茂雄さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング