タグ:24時間テレビ

 

日テレの夏の風物詩『24時間テレビ』が、今年は8月22、23日に両国国技館にて無観客で放送されることが決定しました。

 

しかし、東京の新型コロナウィルス感染者数が3日連続で100人超えの中での発表ということで、決行の是非が問われています。

 

 

※涼しいかな

 

 

要するに再放送となる24時間テレビ 

 

[以下引用]

水卜アナは「今年の24時間テレビですが、日本テレビでは何度も話し合いを重ねてきました。そして医療従事者の方への支援をはじめ、今年こそこのチャリティー番組やっていくという意味があるのではないかということで、放送することを決めました。この夏は、いつもとは違う24時間テレビをお送りします」と語った。

 

これまでの放送を振り返る映像を流し、今年の放送は43回目ではなく“新しい日常での1回目”という決意で新たな24時間テレビを届けると紹介した。放送日は8月22、23日、会場は両国国技館で開催することを発表。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、無観客で行う。

 

水卜アナはメインパーソナリティーについて「グループや世代の垣根を超えた5人が務めていくことになります。例年の24時間テレビとは大きく異なる形でお送りしますけれども、実は5人の中でキャプテンを務められる方がこの後の『スッキリ』に出てくれますので、そこで紹介させていただきたいと思います」と笑みを浮かべた。

[オリコンニュース]

 

要するに再放送、ということなんでしょうか。

 

これまでに発表されているところをまとめると、

・これまでの放送を振り返る映像を流す

・対面での募金は実施しない。キャッシュレス募金を強化していく。

・公道を使ってのチャリティーマラソンは実施しない。密にならないことでチャレンジできることがあればやりたい

・とにかく安全第一でやる!

 

ということのよう。

 

過去の映像を振り返るだけなら、まあ誰も文句言えないのでは。

 

しょうがい者を山登りさせることもなく、マラソンや募金をして人を集めることもなく、ですからね。

 

ただそれで24時間?両国国技館の意味は?という気もしますけど。

 

42回もやってきていることで再放送のネタは多くあるでしょうが、選ぶモノを間違えてヤラセや自然破壊で炎上したものを再放送しちゃわないよう注意しないといけませんね。

 

24時間テレビのヤラセ暴露!EXIT兼近の二股はウソ!出演の元カノ・マナさんが裏側を証言

 

24時間テレビで自然破壊!世界遺産・屋久島よりも番組を優先した日本テレビに批判殺到!

 

 

 メインパーソナリティはジャニーズから5人

 

[スポンサーリンク]

 

すでに『スッキリ』でメインパーソナリティーのキャプテンはV6の井ノ原快彦さんであることが発表されており、井ノ原さん以外の4人は『ヒルナンデス』で発表されるとのこと。

 

となると、今年は嵐はいないのかも?井ノ原さんとの上下関係というよりも、4人一度に発表されるうちの一人が嵐というのも違和感があります。

 

関ジャニ∞から一人、KAT-TUNから一人…みたいな感じになるのか、ジャニーズWESTとか若手グループが絡むとか?Snow Manが出るならSixTONESも出るでしょうね。

 

しかし井ノ原さんをキャプテンとは、好感度の点からもいいところ突いた感じがありますが、他にジャニーズを4人、計5人も、とは。

 

例えばこれが、ジャニーズじゃなくてLDHだったりAKBや坂道系ばかりだったり、と考えると、ビミョーな気持ちになりますが…

 

2017年には櫻井翔さん、亀梨和也さん、小山慶一郎さんの3人がグループの垣根を超えてメインパーソナリティを務め、それが関係するのか視聴率は18.6%と過去10年でトップの結果を出したものの、募金額は7億に満たず同じく過去10年で最低でした。

 

ちなみに昨年は嵐で6年ぶりの二桁億の15億超え。嵐の活動休止発表が大きかったのかもしれませんね。

 

今年は対面の募金もないということで、ジャニーズファンの握手目当ての募金も期待できないし、コロナで経済的にも打撃が大きい中ですから、どうせオンライン募金するならもっと使途がはっきりわかるタイプの募金をしようと思うかも。

 

 

どうしても気になる日テレにとっての「24時間テレビの意味」

 

[スポンサーリンク]

 

チャリティーマラソンできない、対面募金ができない、これまで非難の声も多かったしょうがい者による挑戦もない、ならばなぜやるのか、延々続けてきた番組を辞める良いチャンスなのでは、というのは多くの人の疑問ではないでしょうか。

 

結局コレですよね。

 

狙いは涙!そして視聴率、CM収入!!24時間テレビランナー選出の困難と打算。ときに圧力

 

まとめれば、

・チャリティー番組の放送を続けているという良いイメージ

・涙を狙えば視聴率が期待できる

・視聴率が高くチャリティーの好印象からスポンサーが付く

・24時間テレビの高視聴率なくして三冠王の連覇は難しい

・スポンサーが付けば収益につながる

ということです。

 

実際、24時間テレビの募金からの寄付で助かっている施設もあるんでしょう。よくわかりませんが。

 

が、違和感は、スポンサーからの収入で支払っているという出演者へのギャラですよね。

 

百歩譲って、リハーサルや走るためのトレーニングで何日も拘束されるメインパーソナリティやマラソンランナーは、まだしも、です。

 

サライを歌いに来る谷村新司さんと加山雄三さんに200万円、ほんのちょっと走ったゆるキャラにも万単位でのギャラを支払うくらいなら、まとめて寄付したら?と思いますよねえ。払わないと来ない人は、それだけの人ですし。

 

しかしまあ、2011年の東日本大震災で原発が止まり、電力不足のため計画停電が行われていた夏でも放送した24時間テレビですからね。

 

再放送てんこ盛りなら、いつもは出演者に払うことになるギャラが不要、つまり、スポンサーからの収入からの日テレの取り分が増える、ということかもしれませんし。

 

周囲がどれだけ騒いでも、観る人がいる限り、24時間テレビは続くのでしょう。

 

※限界は以前から言われてますよ

24時間テレビ→ geinou ranking geinou reading

24時間テレビ→ geinou reading geinou ranking

 

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※嵐のSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

新型コロナウィルスの感染拡大中にも関わらず、日本テレビの社長が夏の風物詩『24時間テレビ』を今年も放送すると宣言したことで、スポンサーやタレントがドン引きしていると報じられています。

 

 

 

 日テレが『24時間テレビ』を放送したい理由

 

日テレ社長が「やらないといけないという、我々も使命感を持っておりますので。どういう形になろうが必ずやるという風に考えております」と、今年も『24時間テレビ』を放送する強い意志を見せたのは、3月23日のこと。

 

2月末に全国一斉の休校措置が功を奏したのか、感染者数が一定数に抑えられ、全国で一番感染者数を伸ばし緊急事態宣言を出していた北海道も期間を終了し、東京では桜も咲き、パーッと外出する人が増えた3連休が明けた日でした。

 

いくら感染者数が低めに抑えられているとはいえワクチンができたわけでもなく、大型イベントは控えるべきと、まだ注意が必要な時期であることはわかっていたと思うのですが、それでも「やる」と宣言したのには、とにかく日テレにとって『24時間テレビ』が欠かせない理由があるから。

 

[以下引用]

『24時間テレビ』は「愛は地球を救う」のスローガンの下、毎夏様々なチャリティーイベントやマラソン企画でお茶の間を盛り上げてきた。常に20%前後の高視聴率を記録する優良番組で、クライアントも広告を出しやすい。

「視聴率がいいだけでなく、“チャリティー”を謳っているので、番組イメージが良いですからね。ナショナルクライアントがずらりと並び、正直言って“ボロ儲け”。毎年、大きな黒字を出すので、局は是が非でもやりたいんです。コロナは国民全員が共有する危機。それでも、社長は鼻息が荒くなっていたのだと思いますよ」(日テレ関係者)

[フライデーデジタル]

 

『24時間テレビ』は日テレの視聴率三冠王には欠かせないコンテンツですからね。

 

そりゃやりたいでしょうが、今はまた状況が暗転し、全国に緊急事態宣言が出されています。

 

それでも現時点では『24時間テレビ』の放送休止の話はなく、現場は混乱中だとか。

 

 

 

 日テレの強硬姿勢にスポンサーもジャニーズもドン引き

 

[スポンサーリンク]

 

[以下引用]

「日本武道館などのメイン会場となる施設も借りられないので、汐留の日テレ本社を使って生放送を行う案が出ているようです。本社前に野外テントを立てて、メインとなる放送は屋外で行うことでコロナの影響を最小限にしようと考えているようですが、無茶な要求をされたプロデューサー陣は頭を抱えて毎晩会議をしていますよ」(同)

 

困っているのは日テレのスタッフだけではなく、タレントも同じこと。「“チャリティー番組”という名目ではあっても、こんな時期に出演するのはかなりのリスクです」と語るのは、ある芸能事務所のマネージャーだ。

 

「当日は、日テレの制作スタッフだけで外注も合わせて1000人を超え、タレントや関係者も含めると膨大な数の人が出入りします。そこでコロナに感染したとあってはタレントのイメージもダウンしますし、なにより日テレと今後、仕事がし辛くなってしまいます……」(前出の芸能事務所マネージャー)

 

上層部ばかりが先走っている日テレだが、すでにチャリティーマラソンのランナーも極秘に選別されていたという。

 

「今年はジャニーズタレントを走らせる予定だったようで、Sexy ZoneやKAT-TUNのメンバーがリストアップされ、話が進められていました。しかし、ジャニーズ事務所サイドが、日テレ社長の『24時間テレビ』強行発言が批判を受けて炎上したことを危惧して、協力はできないと難色を示しているみたいです」(前出の民放関係者)

[日刊サイゾー]

 

そりゃ野外で行えば見た目はスッキリして3密でないように見えますが、当日だけでも1000人以上の人間が右往左往、しかもその前にも多く会議が必要でしょうし、そもそも『24時間テレビ』のウリは障がい者や難病と戦う方の「挑戦」なのに、そんなことをして万が一でも感染させてしまったら謝罪ではすみません。

 

と言いつつ、チャリティーマラソンのランナーがジャニーズタレントという時点で、この記事自体が胡散臭くなりますが。

 

平時でもジャニーズが走るとなると警備体制がたいへんだからやらないと言われているのに、今の状態で人が集まりそうなジャニーズを起用するわけがないのでは。

 

しかし一方で必ず起用されているのはメインパーソナリティです。

 

[以下引用]

「『24時間テレビ』のメーンパーソナリティーは、例年ジャニーズ事務所のタレントが務めてきた。昨年は嵐、今年はジャニーズいち押し『King & Prince』の抜擢も一部でウワサされていた。それも感染リスクのあるうちはジャニーズ側もOKは出さないだろう。タレントを預かる身としては、リスクにさらすことはできない」(スポーツ紙記者)

[フライデーデジタル]

 

ジャニーズは参加したくないでしょうね。スポンサーも協力を拒否しているという話もあり、今年はかなり厳しいのでは。

 

『24時間テレビ』の放送は8月終わりですが、ワクチンができない限りいつでも感染拡大の危険はあります。

 

2月に緊急事態宣言を出し、外出自粛が功を奏し一日の感染者数が5人までに抑えられていた北海道も、4月に入り新入学や異動で人が動いてからは日々増加の傾向で、4月15日には23人も感染者が出ています。

 

個人的な感覚ですが、4月1日前後あたりから発熱の症状を訴えて陽性、となった人が増えていて、それも3月の三連休、そして新年度前に移動があった結果なのかなと。

 

これでGWに外出自粛もなんのその、帰省だの旅行だのされてしまってはまた感染爆発となるのは目に見えています。

 

それは北海道に限らず、今少数で耐えている地方はどこでも怯えていることでしょうね。

 

一足先に石田純一さんが沖縄にゴルフしにいってばらまいてしまっていますが。

 

星野源、評価急降下。石田純一も沖縄ゴルフ発覚で自爆。コロナ関係で終わりそうな芸能人増加中

 

1月末に日本で初めての感染者が報じられて以降、3ヶ月も経たない今、全国に緊急事態宣言が出され、外出自粛要請により皆揃って引きこもることになってしまいました。

 

各地の医療関係者がマスクや防護服、消毒など治療に必要なものが不足し始めており、医療関係者の方の中にも極度の疲労を訴えている人も出てきているとか。

 

今後、少しでも早く日常に戻るためにも、とにかく家にいるようにしたいものです。

 

◆24時間テレビのスタッフが自殺未遂

日テレの対応は…→ geinou ranking geinou reading

日テレの対応は…→ geinou reading geinou ranking

 

※メガネでも曇らない洗えるマスクです

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※小池百合子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

[スポンサーリンク]

 

今年も日テレ『24時間テレビ』が終了しました。

 

視聴率は昨年を上回り、募金額は最終的な額はまだ発表されていませんが、放送終了時点で昨年を上回っているのでおそらく昨年を超えた額になっていると思われ、日テレはホクホクでしょう。

 

そんな日テレ『24時間テレビ』の司会について宮根誠司さんが言及したことで、局内には不穏な空気が漂っているんだとか…

 

 

※こんな感じ

 

 

『24時間テレビ』の司会に意欲を見せた宮根誠司

 

『24時間テレビ』放送翌日、『ミヤネ屋』では『24時間テレビ』の内容を振り返るコーナーがありました。

 

そこで宮根さんは羽鳥慎一さんの前に長年『24時間テレビ』の総合司会を務めていた徳光和夫さんに対し、「お前に(総合司会を)譲る、って言われてもう8年経ったんですね」とクレームを言い「なぜ羽鳥なんですか」と自虐まじりにぼやき笑わせました。

 

徳光さんの答えは、羽鳥さんも自分もすぐ泣けるが、宮根さんは涙が出せないからダメ、ということ。それには宮根さんも納得しながらも「来年の総合司会を狙う」と宣言し、全体にただの冗談でまとまった感じで終了。

 

ネットでは「好感度がないからじゃない?」「愛人に子ども産ませてるからだ」「羽鳥も嫌いだけど宮根はもっといや」「ミヤネ屋の間もムリなのに24時間も宮根見てられない」等々拒絶の言葉がありましたが、日テレ局内でも「宮根さんは冗談か本気かは分かりませんが、オンエア後、社内には不穏な空気が流れ」たんだとか。

 

◆実はみのもんた以上の嫌われ者なんですけどね。

羽鳥慎一の真実→ geinou ranking geinou reading

羽鳥慎一の真実→ geinou reading geinou ranking

 

 

日テレでは宮根による恫喝説も

 

[スポンサーリンク]

 

「来年は24時間テレビの総合司会」なんていうちょっとした軽口が日テレ局内で深刻に受け止められたのには理由があります。

 

それは、宮根さんと羽鳥さんが「テイクオフ」という同じ事務所に所属していること。

 

これは2010年に設立されたバーニング系の事務所で、宮根さんは第1号の所属タレントであると同時に設立の共同出資者であり、さらに宮根さんは「羽鳥は俺が引っ張ってきた」という自負を持っているそう。

 

確かに羽鳥さんが日テレから独立して移籍した当時、そんな話があったような。

 

で、このところ『ミヤネ屋』の視聴率が低迷しており、社内で「番組の勢いが衰えているのではないか」という声が出ているそう。

 

日テレとしては、そうした伏線があった上での宮根さんの「なぜ羽鳥なんですか」発言ということで、神経質にならざるを得ないとか。

 

[以下引用]

日テレ内では「半分は本気で、半分は編成への脅じゃないか」と分析する声があるという。「もし『ミヤネ屋』を終了させたら、何が起きるか分かっているな、俺が羽鳥の生殺与奪を握っているんだ」という言外のメッセージが込められているという見立てだ。

 

「この日の『ミヤネ屋』は視聴率が6・2%で、決して悪い数字でなかったのも、日テレとしては複雑な心境になりますね。宮根さんが総合司会を担当する可能性はかなり低いと思いますが、羽鳥さんを人質に取られているようなもの。宮根さんの発言が冗談だったとしても、日テレの社員にとっては思惑含みの発言だなと思ってしまいますよね」(同・日テレ社員)

[デイリー新潮]

 

 

考えすぎじゃないかと思いますけど、圧力に見せずに圧力をかける、それが芸能界なんでしょうか。

 

※この人たちでも話題になりました。

[amazon]

 

羽鳥さんにとって『24時間テレビ』総合司会というのは2011年に日テレを退社してからの仕事です。

 

放送翌日から夏休みを取ってテレ朝の『モーニングバード』を休むのが恒例となっていますが、これは『24時間テレビ』の総集編やら特集やらを放送する日テレの邪魔にならないようにという配慮だとか。

 

ギャラは少なくとも、こういう番組の総合司会というのは時にイメージアップに繋がりますからね。

 

24時間テレビの超高額ギャラに批判殺到!嵐は5000万円、マラソンランナー大島美幸は1000万円、羽鳥慎一は500万円!

 

「羽鳥さんって実は…」なんて言われることもあることを思うと、簡単に手放せないのでは。

 

 

もしかして羽鳥慎一?DVが原因で離婚した人気アナウンサーのヒントが過去報道と一致するも…

 

『ミヤネ屋』の視聴率が低迷する理由は…自業自得

 

[スポンサーリンク]

 

とはいえ、ミヤネ屋の視聴率低迷は深刻です。

 

同じ時間帯に放送されているのはTBS系列の『ゴゴスマ―GO GO! Smile!―』と、フジテレビ系列の『直撃LIVE グッディ!』で、当初圧倒的な勝者だった『ミヤネ屋』が最近は弱体化し、番組開始当初は2,3%しかとれずもう終わると言われ続けた『グッディ』が7月の吉本興業の闇営業問題で8%台を記録、『ミヤネ屋』を抜く日がありました。

 

そして『ミヤネ屋』が『ゴゴスマ』に負ける日もちらほら。

 

ずっと7,8%を獲得し独走状態だった『ミヤネ屋』がここまで落ちたのは、ひとつはやはり二股の末の愛人隠し子問題。女性を敵に回しただけでなく、自分が不倫しているだけに、他人のことに厳しく言えないのは弱いです。

 

隠し子問題が報じられたのは2012年ですが、2017年に隠し子の母が、宮根さんと現在の妻が隠し子の母の実家に怒鳴り込み理不尽な主張をした際に、宮根さんはそれを止めなかった、さらに宮根さんはウソばかりついていたという報道があったので、再度イメージダウンしたというのもあるのかも。

 

宮根誠司の妻がしでかし隠し子母が激怒した「ある事実」!嘘で固めた自己保身もついに限界。しかし「2年で復活」と舐めてる様子

 

もう一つの要因は、『ミヤネ屋』自体、特定の大手事務所を気遣うあまり、ネタの切り口が甘いという指摘も。

 

なんとなく、悪はいつか滅びるのかなあと、そんな気がします。

 

日テレさん、切ってしまったほうが評価が上がるのでは。

 

◆ジャニーズにも隠し子の噂

え、そんなに大きい子が?!→ geinou ranking geinou reading

え、そんなに大きい子が?!→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※宮根誠司さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

[スポンサーリンク]

 

先週末放送された日テレの『24時間テレビ』でのヤラセが話題ですが、今年の『24時間テレビ』の総合演出が昨年ヤラセが問題となった『イッテQ』スタッフだったことで、さらに非難の声が上がっているんだとか。

 

 

※お祭り、楽しかったのに

 

 

2019年の24時間テレビで放送されたヤラセ

 

話題になっているのは、『24時間テレビ』の深夜枠で放送された「二宮和也のあの人に会いたくない」というコーナーのこと。

 

他に出演したチョコレートプラネットの長田さんや武田真治さんの反応を見ても全体に盛った内容だったようですが、一番ひどかったのはEXIT兼近さん。

 

中学時代の元カノエピソードで、兼近さんが告白し交際が始まったのに、当時からチャラくて二股が発覚して破局した、そもそも告白自体が罰ゲームだった、等々、「イケメンでチャラそうだけど根はピュア」という兼近さんのイメージが崩壊する内容でした。

 

しかし直後にEXITの二人と元カノがそれぞれSNSでヤラセを告発。EXITの二人はすぐにツイートを削除したものの、元カノはBPOへ訴えることも考えているよう。

 

24時間テレビのヤラセ暴露!EXIT兼近の二股はウソ!出演の元カノ・マナさんが裏側を証言

 

 

 

『イッテQ』にも飛び火した理由

 

[スポンサーリンク]

 

そして今飛び火しているのが『イッテQ』です。

 

[以下引用]

今年の『24時間テレビ』の総合演出は、昨年、存在しない祭りをでっち上げるやらせ疑惑が大きな問題となった『世界の果てまでイッテQ!』のチームが手がけており、やらせ体質が抜けきれていないのではと、視聴者も不信感を募らせています」(テレビ誌ラーター)

[サイゾー]

 

 

日テレは週刊文春が報じた「お祭り男」企画のヤラセ疑惑を認め、BPOは「放送倫理違反があったと言わざるを得ない」との見解を示しています。

 

 

日テレが疑惑を認めた!『イッテQ』のでっち上げ2つ目発覚で謝罪も週刊文春は追い込む

 

そして今回の24時間テレビでチャリティランナーがなかなか決まらなかったのは、総合演出が『イッテQ』のプロデューサーでありスタッフも『イッテQ』スタッフであるために、芸能事務所が「また同じようなヤラセ問題が起こる可能性があるのでは?」と警戒されていたためだと週刊新潮が報じていました。

 

 

狙いは涙!そして視聴率、CM収入!!24時間テレビランナー選出の困難と打算。ときに圧力

 

マラソンではありませんでしたが、案の定というか、『24時間テレビ』に関わってヤラセ問題に巻き込まれてしまったわけですね。

 

日テレはなぜそこまでして視聴率にこだわるのでしょうか。

 

 

日テレが放送倫理よりも優先するのは…

 

[スポンサーリンク]

 

ただでさえ、『24時間テレビ』はチャリティなのにギャラが出ていることが明らかになって以来、出演者に対する風当たりが強くなっています。

 

チャリティランナーなんて、長い距離を苦しい思いして走っても「1000万円もらってるんでしょ」と言われますからね。

 

「チャリティランナーに1000万円」の真偽はわかりませんが、ギャラが出ていることは確かです。

 

なんせ、ふなっしーが「24時間テレビのギャラ5万と2万4千足して梨円チャリするなっしー♪」(合計7万4千円で『74=梨』)とツイートして、たった40メートル走ったゆるきゃらリレーで5万円もらったことを明かしていますからね。

 

 

日テレ大嘘!ゆるキャラリレーにギャラ5万!24時間テレビはCM収入丸儲け、視聴率3冠奪取の「日テレを救う」番組だった

 

こちらの記事にもありますが、日テレにとって『24時間テレビ』はスポンサーの付きにくい2月、8月にガンガンスポンサーがつく優良番組であり、さらに視聴率3冠を得るための必須番組です。

 

スポンサーは「チャリティに参加している」というイメージのためにも出資しますが、加えて視聴率が上がれば上がるほど出資効果がありますから、日テレには頑張ってもらわないと困るでしょう。

 

そう考えれば、たとえば今回の兼近さんの件もそうですし、いとうあさこさんが放送時間内にゴールできず次の番組『行列のできる法律相談所』開始間際にゴールインするのだって、ヤラセなのか視聴率UPのための演出なのか…

 

いずれにしても日テレにとってはたいした罪悪感はないのかも。

 

それでもタレントにとってはイメージも大事です。これでは来年以降、より一層キャスティングに難航しそう。

 

◆いろいろあります

24時間テレビの黒歴史→ geinou ranking geinou reading

24時間テレビの黒歴史→ geinou reading geinou ranking

 

※こういうグッズの売上は当然募金へ

[amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※EXITの兼近さん、りんたろー。さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング