タグ:24時間テレビの記事一覧

タグ:24時間テレビ
宮根誠司が恫喝か。「来年は24時間テレビの総合司会」発言で日テレ局内に不穏な空気流れる

[スポンサーリンク]

 

今年も日テレ『24時間テレビ』が終了しました。

 

視聴率は昨年を上回り、募金額は最終的な額はまだ発表されていませんが、放送終了時点で昨年を上回っているのでおそらく昨年を超えた額になっていると思われ、日テレはホクホクでしょう。

 

そんな日テレ『24時間テレビ』の司会について宮根誠司さんが言及したことで、局内には不穏な空気が漂っているんだとか…

 

 

※こんな感じ

 

 

『24時間テレビ』の司会に意欲を見せた宮根誠司

 

『24時間テレビ』放送翌日、『ミヤネ屋』では『24時間テレビ』の内容を振り返るコーナーがありました。

 

そこで宮根さんは羽鳥慎一さんの前に長年『24時間テレビ』の総合司会を務めていた徳光和夫さんに対し、「お前に(総合司会を)譲る、って言われてもう8年経ったんですね」とクレームを言い「なぜ羽鳥なんですか」と自虐まじりにぼやき笑わせました。

 

徳光さんの答えは、羽鳥さんも自分もすぐ泣けるが、宮根さんは涙が出せないからダメ、ということ。それには宮根さんも納得しながらも「来年の総合司会を狙う」と宣言し、全体にただの冗談でまとまった感じで終了。

 

ネットでは「好感度がないからじゃない?」「愛人に子ども産ませてるからだ」「羽鳥も嫌いだけど宮根はもっといや」「ミヤネ屋の間もムリなのに24時間も宮根見てられない」等々拒絶の言葉がありましたが、日テレ局内でも「宮根さんは冗談か本気かは分かりませんが、オンエア後、社内には不穏な空気が流れ」たんだとか。

 

◆実はみのもんた以上の嫌われ者なんですけどね。

羽鳥慎一の真実→ geinou ranking geinou reading

羽鳥慎一の真実→ geinou reading geinou ranking

 

 

日テレでは宮根による恫喝説も

 

[スポンサーリンク]

 

「来年は24時間テレビの総合司会」なんていうちょっとした軽口が日テレ局内で深刻に受け止められたのには理由があります。

 

それは、宮根さんと羽鳥さんが「テイクオフ」という同じ事務所に所属していること。

 

これは2010年に設立されたバーニング系の事務所で、宮根さんは第1号の所属タレントであると同時に設立の共同出資者であり、さらに宮根さんは「羽鳥は俺が引っ張ってきた」という自負を持っているそう。

 

確かに羽鳥さんが日テレから独立して移籍した当時、そんな話があったような。

 

で、このところ『ミヤネ屋』の視聴率が低迷しており、社内で「番組の勢いが衰えているのではないか」という声が出ているそう。

 

日テレとしては、そうした伏線があった上での宮根さんの「なぜ羽鳥なんですか」発言ということで、神経質にならざるを得ないとか。

 

[以下引用]

日テレ内では「半分は本気で、半分は編成への脅じゃないか」と分析する声があるという。「もし『ミヤネ屋』を終了させたら、何が起きるか分かっているな、俺が羽鳥の生殺与奪を握っているんだ」という言外のメッセージが込められているという見立てだ。

 

「この日の『ミヤネ屋』は視聴率が6・2%で、決して悪い数字でなかったのも、日テレとしては複雑な心境になりますね。宮根さんが総合司会を担当する可能性はかなり低いと思いますが、羽鳥さんを人質に取られているようなもの。宮根さんの発言が冗談だったとしても、日テレの社員にとっては思惑含みの発言だなと思ってしまいますよね」(同・日テレ社員)

[デイリー新潮]

 

 

考えすぎじゃないかと思いますけど、圧力に見せずに圧力をかける、それが芸能界なんでしょうか。

 

※この人たちでも話題になりました。

[amazon]

 

羽鳥さんにとって『24時間テレビ』総合司会というのは2011年に日テレを退社してからの仕事です。

 

放送翌日から夏休みを取ってテレ朝の『モーニングバード』を休むのが恒例となっていますが、これは『24時間テレビ』の総集編やら特集やらを放送する日テレの邪魔にならないようにという配慮だとか。

 

ギャラは少なくとも、こういう番組の総合司会というのは時にイメージアップに繋がりますからね。

 

24時間テレビの超高額ギャラに批判殺到!嵐は5000万円、マラソンランナー大島美幸は1000万円、羽鳥慎一は500万円!

 

「羽鳥さんって実は…」なんて言われることもあることを思うと、簡単に手放せないのでは。

 

 

もしかして羽鳥慎一?DVが原因で離婚した人気アナウンサーのヒントが過去報道と一致するも…

 

『ミヤネ屋』の視聴率が低迷する理由は…自業自得

 

[スポンサーリンク]

 

とはいえ、ミヤネ屋の視聴率低迷は深刻です。

 

同じ時間帯に放送されているのはTBS系列の『ゴゴスマ―GO GO! Smile!―』と、フジテレビ系列の『直撃LIVE グッディ!』で、当初圧倒的な勝者だった『ミヤネ屋』が最近は弱体化し、番組開始当初は2,3%しかとれずもう終わると言われ続けた『グッディ』が7月の吉本興業の闇営業問題で8%台を記録、『ミヤネ屋』を抜く日がありました。

 

そして『ミヤネ屋』が『ゴゴスマ』に負ける日もちらほら。

 

ずっと7,8%を獲得し独走状態だった『ミヤネ屋』がここまで落ちたのは、ひとつはやはり二股の末の愛人隠し子問題。女性を敵に回しただけでなく、自分が不倫しているだけに、他人のことに厳しく言えないのは弱いです。

 

隠し子問題が報じられたのは2012年ですが、2017年に隠し子の母が、宮根さんと現在の妻が隠し子の母の実家に怒鳴り込み理不尽な主張をした際に、宮根さんはそれを止めなかった、さらに宮根さんはウソばかりついていたという報道があったので、再度イメージダウンしたというのもあるのかも。

 

宮根誠司の妻がしでかし隠し子母が激怒した「ある事実」!嘘で固めた自己保身もついに限界。しかし「2年で復活」と舐めてる様子

 

もう一つの要因は、『ミヤネ屋』自体、特定の大手事務所を気遣うあまり、ネタの切り口が甘いという指摘も。

 

なんとなく、悪はいつか滅びるのかなあと、そんな気がします。

 

日テレさん、切ってしまったほうが評価が上がるのでは。

 

◆ジャニーズにも隠し子の噂

え、そんなに大きい子が?!→ geinou ranking geinou reading

え、そんなに大きい子が?!→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※宮根誠司さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

『イッテQ』ピンチ再来!24時間テレビのヤラセは同じスタッフが行っていた

[スポンサーリンク]

 

先週末放送された日テレの『24時間テレビ』でのヤラセが話題ですが、今年の『24時間テレビ』の総合演出が昨年ヤラセが問題となった『イッテQ』スタッフだったことで、さらに非難の声が上がっているんだとか。

 

 

※お祭り、楽しかったのに

 

 

2019年の24時間テレビで放送されたヤラセ

 

話題になっているのは、『24時間テレビ』の深夜枠で放送された「二宮和也のあの人に会いたくない」というコーナーのこと。

 

他に出演したチョコレートプラネットの長田さんや武田真治さんの反応を見ても全体に盛った内容だったようですが、一番ひどかったのはEXIT兼近さん。

 

中学時代の元カノエピソードで、兼近さんが告白し交際が始まったのに、当時からチャラくて二股が発覚して破局した、そもそも告白自体が罰ゲームだった、等々、「イケメンでチャラそうだけど根はピュア」という兼近さんのイメージが崩壊する内容でした。

 

しかし直後にEXITの二人と元カノがそれぞれSNSでヤラセを告発。EXITの二人はすぐにツイートを削除したものの、元カノはBPOへ訴えることも考えているよう。

 

24時間テレビのヤラセ暴露!EXIT兼近の二股はウソ!出演の元カノ・マナさんが裏側を証言

 

 

 

『イッテQ』にも飛び火した理由

 

[スポンサーリンク]

 

そして今飛び火しているのが『イッテQ』です。

 

[以下引用]

今年の『24時間テレビ』の総合演出は、昨年、存在しない祭りをでっち上げるやらせ疑惑が大きな問題となった『世界の果てまでイッテQ!』のチームが手がけており、やらせ体質が抜けきれていないのではと、視聴者も不信感を募らせています」(テレビ誌ラーター)

[サイゾー]

 

 

日テレは週刊文春が報じた「お祭り男」企画のヤラセ疑惑を認め、BPOは「放送倫理違反があったと言わざるを得ない」との見解を示しています。

 

 

日テレが疑惑を認めた!『イッテQ』のでっち上げ2つ目発覚で謝罪も週刊文春は追い込む

 

そして今回の24時間テレビでチャリティランナーがなかなか決まらなかったのは、総合演出が『イッテQ』のプロデューサーでありスタッフも『イッテQ』スタッフであるために、芸能事務所が「また同じようなヤラセ問題が起こる可能性があるのでは?」と警戒されていたためだと週刊新潮が報じていました。

 

 

狙いは涙!そして視聴率、CM収入!!24時間テレビランナー選出の困難と打算。ときに圧力

 

マラソンではありませんでしたが、案の定というか、『24時間テレビ』に関わってヤラセ問題に巻き込まれてしまったわけですね。

 

日テレはなぜそこまでして視聴率にこだわるのでしょうか。

 

 

日テレが放送倫理よりも優先するのは…

 

[スポンサーリンク]

 

ただでさえ、『24時間テレビ』はチャリティなのにギャラが出ていることが明らかになって以来、出演者に対する風当たりが強くなっています。

 

チャリティランナーなんて、長い距離を苦しい思いして走っても「1000万円もらってるんでしょ」と言われますからね。

 

「チャリティランナーに1000万円」の真偽はわかりませんが、ギャラが出ていることは確かです。

 

なんせ、ふなっしーが「24時間テレビのギャラ5万と2万4千足して梨円チャリするなっしー♪」(合計7万4千円で『74=梨』)とツイートして、たった40メートル走ったゆるきゃらリレーで5万円もらったことを明かしていますからね。

 

 

日テレ大嘘!ゆるキャラリレーにギャラ5万!24時間テレビはCM収入丸儲け、視聴率3冠奪取の「日テレを救う」番組だった

 

こちらの記事にもありますが、日テレにとって『24時間テレビ』はスポンサーの付きにくい2月、8月にガンガンスポンサーがつく優良番組であり、さらに視聴率3冠を得るための必須番組です。

 

スポンサーは「チャリティに参加している」というイメージのためにも出資しますが、加えて視聴率が上がれば上がるほど出資効果がありますから、日テレには頑張ってもらわないと困るでしょう。

 

そう考えれば、たとえば今回の兼近さんの件もそうですし、いとうあさこさんが放送時間内にゴールできず次の番組『行列のできる法律相談所』開始間際にゴールインするのだって、ヤラセなのか視聴率UPのための演出なのか…

 

いずれにしても日テレにとってはたいした罪悪感はないのかも。

 

それでもタレントにとってはイメージも大事です。これでは来年以降、より一層キャスティングに難航しそう。

 

◆いろいろあります

24時間テレビの黒歴史→ geinou ranking geinou reading

24時間テレビの黒歴史→ geinou reading geinou ranking

 

※こういうグッズの売上は当然募金へ

[amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※EXITの兼近さん、りんたろー。さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング 

24時間テレビのヤラセ暴露!EXIT兼近の二股はウソ!出演の元カノ・マナさんが裏側を証言

[スポンサーリンク]

 

2019年の『24時間テレビ』は、チャリティ駅伝でアンカーのいとうあさこさんが放送時間内にゴールできないというアクシデントがありましたが、もう一つ、「無事終了」とは言い難い事態が発生しています。深夜に放送されたコーナー「二宮和也のあの人に会いたくない」でヤラセがあったことを、お笑いコンビEXITの二人と元カノ・マナさんが暴露しました。

 

兼近大樹さんが会いたくない人である中学時代の元カノ・マナさんが登場し暴露した内容が日テレの指示の元、誇張した内容だったようで…

 

 

 

 

EXIT兼近の元カノ登場、二股どころか七股だったとか…

 

「二宮和也のあの人に会いたくない」は、その名の通り会いたくない人に無理やり合わせるコーナーで、兼近さんの場合は中学時代の元カノ・マナさん。中学卒業以来の再会だったといいます。

 

イケメン兼近さんは予想に違わず中学時代も美少年でモテまくっていたそうで、兼近さんからマナさんに猛アピールし交際開始、しかし兼近さんがその後もチャラチャラ遊び二股が発覚し破局した、というVTRが流れました。

 

VTR終了後、兼近さんは落ち着かない様子で「二股と言っていたが、実際は七股」とネタなんだかよくわからないコメントをしたところでマナさんが登場し、当時告白自体罰ゲームだったという噂もあった、さらに芸人になる前に死んだという噂が流れて泣いたのに嘘だった、というエピソードも暴露され、兼近さんはさらに動揺。「告白は罰ゲームという手でしたことで、死んだというのは芸人になるという事実を知られるのが恥ずかしかったから」と反論しました。

 

相方のりんたろーさんは「調子はいいけど適当なことをするやつじゃない」と納得できない様子ではありましたが、最終的には和解しておしまい、だったわけですが、兼近さんについてはチャラそうに見えてピュアかと思えば想像以上にチャラかったと、ネット上で評価が爆下がりの事態になりました。

 

 

元カノ・マナさんが「伝えたいこと」で伝えた番組の裏側

 

[スポンサーリンク]

 

[以下引用]

しかし放送終了後、マナさんは自身のユーチューブチャンネルで『伝えたいこと』と題して番組の裏側を明かす。

 

出演1週間前にオファーを受け、そのときに「当時2股していた」と番組スタッフから聞いたマナさん。ショックだったが実際に兼近と会い、2股を否定する姿をみて「本当にしてないんだろうと思った」と本音を吐露。

 

番組の構成上、無理やり「兼近の悪いところ」を絞り出したと告白し、「悪いところは本当にない。付き合った2年間はすごくイイ思い出」「チャラく見えるけど根は本当に真面目」と主張し続けた。

[しらべえ]

 

出演1週間前のオファーって、そんなにバタバタなものなんですね。びっくりです。

 

マナさんが公開した動画はこちら。

 

 

 

 

ユーチューバーをしているということで、「ん?」と思わないでもないですが、泣きはらしたようなこの目は真実を語っているように思えます。

 

この動画では、打ち合わせで初めて「当時兼近さんは二股してた」と言われてショックを受けたこと、番組中に流れたVTRではマナさんが二股現場を目撃して破局したとなっていましたがそんな事実はなかったこと、番組中に兼近さんに会って、否定している様子を見て「やっぱり二股なんてしてなかったんだな」と思ったこと、とても優しい彼氏だったこと、などを明かしています。

 

 

相方・りんたろー。の主張

 

もう消してしまっていますが、番組終了後りんたろー。さんはこんなツイートをしています。

 

 

 

兼近さんも、「いや過去に色々たくさんあったけど二股などは嘘だ!!笑 他のことで色んな人に迷惑はかけている!!」とツイートし、削除しています。

 

 

[以下引用]

「兼近は台本をもらった際にあまりにも事実と違いすぎることで『これは嫌だ!』といったようですが、それでも番組側からヤラセをされてしまったよう。ツイッターで暴露と苦言、さらに不快感を露わにしてましたね。また、りんたろー。の方も、兼近が極悪にされたことで、番組のノリについていけなかったと苦言し、相方を擁護していました。

番組側はチャラ系の芸風だから大丈夫と思ったのかもしれません。ですが、その後の武田真治さんの場面でも『俺こんなことしない!』という声があったので、全体的に過剰な演出があったみたいですね。武田さんは受け入れましたが、EXITは激怒しているので、日テレの間で不穏な雰囲気が漂いそうです」(芸能ライター)

[エンタメガ]

 

今回の『24時間テレビ』出演で、「チャラそうに見えてピュア」というキャラが崩壊してしまったものの、やっぱり根はマジメだからそんな事実と違うことは受け入れられないと反論したのかもしれませんね。

 

しかしツイートしていた分はもう消してしまっているので、今はもしかしたら芸人として受け入れることにしたのかもしれません。それが本人たちの意思なのか、どこかからの指導なのかはわかりませんが。

 

ついでに言えば、いとうあさこさんが放送時間内にゴールできなかったのも、次の『行列のできる法律相談所』につなげるための演出という話もあり。

 

いずれにせよ『24時間テレビ』は今年も新たな黒い歴史を刻みました。

 

◆いろいろあります

24時間テレビの黒歴史→ geinou ranking geinou reading

24時間テレビの黒歴史→ geinou reading geinou ranking

 

※兼近さん

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※EXITの兼近さん、りんたろー。さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング 

ギャラ貰ってるなら単なるスポークスマンだろ!デーブ・スペクターが偽善番組「24時間テレビ」に強烈な皮肉!

[スポンサーリンク]

 

何かとお騒がせなデーブ・スペクターさんが、現在放送中の日テレ「24時間テレビ」に対して強烈な皮肉をツイートし、ネット民から賛同の声が多数上がっています。

 

※今年も主役はチャリティではなくこの人たち。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

完全燃焼!嵐フェスティバルポケット版 ARASHI PHOTOGRAPH REPORT [ ジャニーズ研究会 ]

価格:972円(税込、送料無料) (2019/8/25時点)


楽天で購入


 

令和初となる今回の「24時間テレビ」は、番組史上初めて東京・両国国技館を会場に行われていて、メインパーソナリティーは6年ぶり、史上最多5回目となる嵐。

 

そして、最も注目を集めたチャリティーマラソンは、1区はハリセンボン・近藤春菜さん、2区はガンバレルーヤ・よしこさん、3区は日本テレビの水卜麻美アナ、アンカーの4区はいとうあさこさんという布陣。

「最悪」「白ける」「だと思った」「フリー転身前のご奉公?」水卜麻美に拒絶の声!

 

いつものように「偽善番組!」「ジャニーズ祭りでウンザリ」といった批判を浴びながらも、まるで聞こえなかったかのように番組はスタートしましたが、そんな中で強烈な皮肉を放ったのがデーブさんで…

 

[以下引用]
24日の『デーブ・スペクター dave_spector ツイッター』で、「“スペシャルサポーター”の意味が分からない」として次のように述べている。

 

「ギャラもらってるならばサポーターではなくスポークスマンになる。よっぽどの大物やそれこそ友情出演ではない限りは“スペシャル”と言うのも変」

 

これに対し、リプライ欄では「お花畑の日本人だけが感動する番組なんだよ。出演者はギャラ貰ってるし」「交通費実費じゃなく“ギャラが払われる芸能人”は“ボランティア(志願者)”ですらないですね」「マツコ・デラックスの“デラックス”みたいなもので、深い意味は無いのでは」「デーブはいちいち面白いなぁ」「すてきな嫌味ツイで嬉しくなりました」など、デーブ氏の意見に納得する声が多く見受けられた。

[テックインサイト]

 

 

デーブさん、自分では「英語が苦手」と謙遜してましたが、サポーターとスポークスマンの違いについてはこだわりがあるようですね。。

 

まあ、今さらこんなことを言われなくても、「24時間テレビ」が高額なギャラをエサに銭ゲバ芸能人たちを雇っている偽善番組だというのは、誰もが知っていること。

 

なにしろ、今年の同番組の目玉は「嵐の司会」と「ジャニー喜多川追悼企画」だそうですから、もはや単なる「ジャニタレにジャックされた時間だけ長いバラエティ番組」といっても過言ではないでしょう。

 

[以下引用]

2011年の東日本大震災を機に、テレビのボランティア番組が茶番だと視聴者が気づいてしまった。震災で本当に必要なことは何か、ボランティアは自主的にできることも皆が知り、今や“奉仕ビジネス”は欺瞞でしかない。マラソンも、タレントを走らせれば苦しい表情はとれるし、頑張っているように見えますが、単なるお笑い番組の延長。時代錯誤だと気づくべきでしょう」(芸能能文化評論家の肥留間正明氏)

[日刊ゲンダイ]

 

それでも、視聴率的には毎年15%前後も取っているので”人気番組”ということになってますが、ほとんどの人が「チャリティ番組」としてではなく、大晦日の紅白歌合戦のように「夏休み終わりの風物詩」として惰性で見ているのでは?

 

この番組をスポンサードしている企業さんも、そろそろ世間からどのような目で見られているかをマジメに考えたほうが良いと思いますけどね…

 

◆デーブ・スペクターに囁かれる黒すぎる噂

 イルミナティじゃなかったの?→ geinou ranking geinou reading

 イルミナティじゃなかったの?→ geinou reading geinou ranking

 

◆お一人で十分です。



 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※銭ゲバ芸能人のSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング