タグ:織田裕二の記事一覧

タグ:織田裕二
織田裕二がブチ切れ!失礼極まりない坂上忍に共演NGに叩きつける一方で、なぜか視聴者からの評価はうなぎ登りとか

10月期のフジテレビ月9ドラマ「SUITS/スーツ」で主役を演じている織田裕二さん。

 

10月1日には「FNS番組対抗 オールスター秋の祭典」に生出演して笑顔を振りまいていましたが、その裏では司会の坂上忍さんから侮辱的な扱いを受けたことに超絶激怒し、共演NGを突きつけるという事件が勃発していたといいます。

 

 

[以下引用]

「収録後、誰の目にも織田さんがイラついているのが分かりました。ため息をついたり、体を左右にゆすったり……。普段は饒舌な人なんですが、彼は不機嫌になると口をへの字にして黙り込んでしまうんです」(番組関係者)

 

番組の冒頭で、総合司会の坂上忍がゲストの織田裕二をこう冷やかした。

 

「みなさん!フジテレビに織田裕二が帰って来ましたよ~!」織田は苦笑いをしながら両手を振って“やめて”とアピール。それでも懲りない坂上は「この番組に織田が出てくれるってなって、スタッフ全員ビビっちゃってる」と煽ったのだ。

 

さらに坂上が“織田”と呼び捨てにしていたことも相まって、《MCの立場で織田裕二だけ呼び捨てにするのめちゃ不愉快!》といった視聴者からの非難の声が殺到した。こうした坂上の“非礼”に顔面蒼白になったのが同局のドラマ担当者だ。

 

「今回、織田さんが出演したのは、あくまでも主演を務めるドラマ『SUITS/スーツ』の番宣のため。“イジられ役が必要であれば共演者の中島裕翔さんに振る”と事前の打ち合わせで取り決めがあったと聞いています。そうした経緯があったにも関わらず、生放送で約束を破られたことに納得がいかなかったのも当然だと思います」(フジテレビ関係者)

[女性自身]

 

ということですが、織田さんと坂上さんの間には、1991年の映画「就職戦線異状なし」で共演したときから因縁があると言います。

 

※時代を感じます

[amazon]

 

二人は同い年ですが、子役から芸能界にいる坂上さんは当時から織田さんに対して先輩風を吹かせていたんだとか。

 

しかし、映画はあくまでも織田さんが主演で、坂上さんは3番手の脇役。

 

いくら芸歴が長いからといっても、主役に対して不遜な態度を取るのは無礼ですし、撮影中は金子修介監督から織田さんへのダメ出しはなかったのに、坂上さんには「もうちょっと自然体で」といったダメ出しがあったんだそう。

 

つまり、役者としての実力も人気も”後輩”である織田さんの方がずっと格上なわけで、プライドの塊のような坂上さんはそれが耐えられなかったようです。

 

で、その時の遺恨が先日の特番で爆発したということですが、27年前の出来事をいまだに根に持ってるというのは器が小さすぎて泣けてきます。

 

しかも、同作品以降は共演もなく、プライベートでも全く接点がないといいますから、馴れ馴れしく先輩ヅラされた織田さんも当惑したのでは?

 

[以下引用]

どうして坂上は、こんな不躾な態度を取ってしまったのだろうか。

 

「年に2回の特番の総合司会という“大役”を務める坂上さんとしては、大物である織田さんをあえてイジって番組を盛り上げようとしたのでしょう。織田さんとは旧知の仲だから許してくれるだろうという計算もあったのかもしれません。ただ、視聴者の反応にもあるように、どんなに親しくても司会者がゲストを何度も呼び捨てにするのは、バラエティー番組といえども非常識とされています」(テレビ局関係者)

 

実は織田が不愉快になったのは、他にも理由があった。今回のドラマで織田は『東京ラブストーリー』以来27年ぶりに鈴木保奈美との再共演が実現。同ドラマが再放送され大きな話題を浴びている。坂上は特番でも、織田に「久しぶりに共演すると、どうなんですか?」としきりに質問していたのだが―

 

「織田さんは過去の作品のイメージを引き合いに出されることを嫌うんです。特番では『東ラブ』を用いたクイズも出題されましたが、織田さんに話を振るのはNGと打ち合わせされていたそうです。それが本番では、いきなり坂上さんに突っ込まれてしまった。制作サイドから坂上さんも聞いていたはずなんですが……」(フジテレビ関係者)

[女性自身]

 

事情はどうであれ、とにかくゲストを呼び捨てにするのはとても不愉快なこと。

 

収録後、織田さんは「約束が違う!」と怒っていたそうで、ネットでも「坂上が失礼すぎる」「織田裕二ってイヤなヤツみたいに言われることが多いけど、坂上のほうが断然イヤなヤツに見える」など、坂上さんに批判的な意見が数多く飛び交っていました。

 

まあ、共演NGになるのも仕方ないかと。

 

坂上さんも、盛り上げようと張り切るのは良いにしても、その方法が呼び捨てや事前の約束を破って東京ラブストーリーの話題を振るというのは、ちょっと芸がないと言うか…

 

一方、何度も呼び捨てにされ、番組の最後ではコメントを求められ話している途中でブツ切りにされるという嫌がらせを受けたにも関わらず、終始笑顔で対応していた織田さん。

 

舞台裏ではブチギレ共演NGを出したにしても、大人な対応ですよね。

 

これまで何かと「面倒くさい俳優」のレッテルが貼られてきましたが、坂上さんの横暴ぶりのおかげで「もしかしていい人なのでは?」とイメージアップしたとも。

 

2016年10月日放送の「TBSオールスター感謝祭」に出演した際も、土屋太鳳さんが“赤坂5丁目ミニマラソン”で激走し、ゴールしたとたんに倒れ込み、それを素早く介抱するため駆け寄ったことに対して称賛の声が上がっていましたが…

 

今後も積極的に感謝祭系の生特番に出演すれば、どんどん世間からの好感度が上がって、バッシングされることもなくなるかも?

 

◆名作・踊る大捜査線に囁かれる

醜聞→ geinou reading geinou ranking

醜聞→ geinou ranking geinou reading

 

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※坂上忍さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

話題の共演のはずが冷たい声続出!フジの迷走に織田裕二と鈴木保奈美が巻き込まれる

10月期のフジテレビ月9で織田裕二さんと鈴木保奈美さんが共演すると女性自身が報じましたが、ネットでは今更話題になると思っているのか、ターゲット層がわからない、など冷めた声が溢れているようです。

 

※東京ラブストーリー以来27年ぶり

 

織田裕二☓鈴木保奈美は「今更感が強い」「古臭い」 

 

[以下引用]

「『東京ラブストーリー』世代にとっては、まさに夢の共演ですが、ネット上では『フジテレビは織田裕二と鈴木保奈美の共演がいまだに話題になると思ってるの?』『また話題先行でストーリーがダメダメパターンの気がする』『この2人が悪いとかではないけど、正直今さら感が強い』といった声が続出。長い時を経てからの再共演といえば、18年1月期のドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)で木村拓哉と山口智子が96年の『ロングバケーション』(フジテレビ系)以来の共演を果たしています。確かに話題性はありましたが、一部で『古臭い感じがする』という声も上がり、視聴率が大きく上昇したわけでもありませんでした」(芸能ライター)

[サイゾー]

 

確かに今更…

 

しかしフジらしいといえばフジらしいのでは。

 

『BG』の木村さんと山口さんの共演回は視聴率が大きく上昇したわけではないとありますが、上がらなかったわけではありません。それまでの最高だった初回の15.7%を超え、前話の14.8%を1%超えた15.8%で、その後ラストへ向かって16.4、17.3と上がっていくよいきっかけになりました。

 

フジテレビは結構よその成功をマネすることがありますから、それを見て懐かしの共演を思いついてもおかしくなさそうです。

 

ただ、木村さんと山口さんの共演は当初はふせられていましたけどね。

 

 

 

ターゲット層が不明… 

 

ちなみにドラマはアメリカの人気ドラマ『SUITS』のリメイクで、織田は勝つためなら手段を選ばない敏腕弁護士役を、鈴木は織田が働く法律事務所の所長役を演じるとのこと。

 

 

[Amazon]

 

さすがにアラフィフですし恋愛ものじゃないのは分かりますが、月9ってそもそもキラキラしていたのでは。という指摘も。

 

[以下引用]

「月9といえば、やはり若者ウケの良い題材を選ぶことが多く、ストーリーも胸キュンなラブストーリーが多い印象でした。しかし17年は、西内まりや主演の『突然ですが、明日結婚します』以外はラブストーリーではありません。18年も今のところ1月期の『海月姫』だけがラブストーリーで、4月期の『コンフィデンスマンJP』、7月期の『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』には特に月9らしさがありません。さらに『絶対零度』の主演が沢村一樹で、次の主演も織田裕二となると、2作連続で主演がおじさんに。このようにターゲット層がブレブレでは、なかなか固定視聴者がつきにくいでしょう」(同)

[サイゾー]

 

まあでも恋愛ものをいくらやっても視聴率は取れないですから。

 

恋愛ものの『海月姫』は全話平均が6.1%で歴代ワーストですし、『突然ですが、明日結婚します』は6.6%でワースト2。

 

そうなると、医療系か事件ものに走りたくなるのも無理はないのでは。

 

長澤まさみさんの『コンフィデンスマンJP』も8.9%と決して高くはないですが、1月の『海月姫』と比較すれば2.8%も上がって大喜びでしょうね。

 

ターゲットがぶれているのはもう一つ、月9がハズレ枠になって、若くて勢いのある人が出てくれなくなったというのもあるのかも。

 

それよりも、人気海外ドラマのリメイクというのが…

 

織田さんも鈴木さんも過去フジテレビに貢献した人です。

 

出る人がいないとネタになることの多い月9に、過去のあたり作を客寄せパンダ的に使われることを了承して出演してくれるわけですから、ちゃんといい題材を用意してあげては。

 

◆吹いて笑って健康に!

おもしろ画像いろいろ→ geinou ranking geinou reading

おもしろ画像いろいろ→ geinou reading geinou ranking

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆



人気ブログランキング

 

※長澤まさみさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

業界人が暴露!人気ない割にギャラが高いのは…

[スポンサーリンク]

 

 

話題性や視聴率、実力や人気などに比較してギャラが不当に高いといわれる芸能人として、織田裕二さん、高橋みなみさん、向井理さんがあげられています。

 

 

[以下引用]

「俳優さんの場合、実力や人気以上のギャラが相場となっていて、陰で『ギャラが高い』といわれるケースが多いです。そのひとりが織田裕二さんですね。現在もドラマ1本あたりの相場は300万円から400万円です。この金額は役所広司さんや佐藤浩市さんと同じランク。ただ今が旬の綾野剛さんなどでも相場は1本150から200万円なのに、『踊る大捜査線』(フジテレビ系)以降はヒット作品が皆無の織田さんには、視聴率が取れない割に高いとの陰口も多いです」(テレビ局ドラマ部門関係者)

[トカナ]

 

 

役所広司さんや佐藤浩市さんと同レベルのギャラ、と言われると…確かに、え、そこまで?と思えます。

 

織田さんに俳優の仕事があまりないのはそういうワケなんでしょうか。

 

昨年10月期に放送された『IQ246』は、全話平均視聴率10.66%とギリギリ二桁で、正直TBSの日曜劇場なのに…という感じはありました。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

IQ246〜華麗なる事件簿〜 DVD-BOX [ 織田裕二 ]

価格:15711円(税込、送料無料) (2017/11/5時点)



 

 

他には高橋みなみさんと向井理さんの名前があがっていたそうです。

 

 

高橋さんはバラエティの出演料が1本あたり40万円と、指原莉乃さんの25万を15万も上回っていいながら、面白いことを言うでもなし…と評価が下がっており、向井さんは映画がヒットしないため「興行成績に晴れない俳優」として知られてるにもかかわらず、映画1本あたりの相場は1,500万円と同じ年代の俳優と比べると500万円ほど高く、需要のないところだそう。

 

織田さんが役所さんや佐藤さんレベルのギャラと言われると確かに違和感はありますが、一応織田さんは『踊る大捜査線』できっちり結果を残したひとですので、多少は大物ギャラでもいいような。

 

最大の違和感は、高橋みなみさんですが…

 

元AKBの看板だけで仕事できるのもそう長い間ではないでしょうから、今ちゃんと貯金しておかないとダメですね。

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※高橋みなみさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

「右京の喋り方がウザい」織田裕二『IQ246~華麗なる事件簿~』初回視聴率は13.1%!今後の伸びは喋り方次第?

織田裕二さん主演のTBS日曜劇場『IQ246~華麗なる事件簿~』の初回視聴率が13.1%と発表されました。

※2013年に主演したこちらぶりの連ドラです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Oh, My Dad!! DVD-BOX [ 織田裕二 ]
価格:19945円(税込、送料無料) (2016/10/17時点)



この記事の続きを読む