パンくずリスト
  • ホーム
  • 石原さとみ
タグ:石原さとみ


石原さとみさんが3年ぶりに主演している連ドラ『Destiny』は、現在のところ放送済みの第6話までの世帯視聴率平均7%台を超えており、まずまずの結果です。


しかしこのまずまずの結果、そして評価の割に、Tverでのお気に入り登録数の多さが異常に多いと指摘されています。

[スポンサーリンク]

石原さとみ『Destiny』Tverお気に入り登録数は100万人超 

『Destiny』は7.9%で初回をスタートし、第三話で6.8%と6%台に落ちたもののほかは7%台をキープし現時点での平均は7.38%。


これは現時点で『ブルーモーメント』と並び、『アンチヒーロー』『Believe』に次ぐ3番目の数字です。


TVerのお気に入り登録数も5月17日時点で約118万人と、2位の『ブルーモーメント』約95万人をおさえ4月クールのドラマの中ではダントツトップ。


とても好調なのですが、ただ、ドラマのレビューなどを見る限り、なんでそんなに数字がいいの?という指摘があります。


『Destiny』は面白い?ネットの評判は「主題歌が合わない」

[以下引用]国内最大級のレビューサービス「Filmarks」でのドラマの評価は5点満点で「3.3」。同じ石原主演の「アンナチュラル」(TBS系=2018年放送)が「4.4」であることと比べても、確かに高評価とは言い難い。

「もちろん《映像がきれい》《さとみさんが美しい》といった好意的な書き込みもあるんですが、《中途半端》《浅い》《話を重ねるごとに面白さが減った》《全体的に詰めが甘い》などなど、とても好調キープのドラマとは思えないネガティブコメントも目立つ。不思議ですね」(前出の元テレビ誌編集長)
[ゲンダイネット]


そして評価自体が、《映像がきれい》《さとみさんが美しい》といった好意的な書き込みもあるものの、《中途半端》《浅い》《話を重ねるごとに面白さが減った》《全体的に詰めが甘い》、さらに主題歌が合わない、といった、とても好調キープのドラマとは思えないネガティブコメントも目立つとのこと。


『Destiny』と他ドラマとの比較

視聴率的に上位である『アンチヒーロー』『Believe』『ブルーモーメント』と『Destiny』のFilmarksの評価、Tver登録数をまとめてみました。


  Filmarks評価 Tver登録数 平均視聴率
Destiny 3.3 約118万人 7.32%
アンチヒーロー 3.8 約92万人 10.82%
Believe 3.5 約79万人 10.30%
ブルーモーメント 3.1 約95万人 7.32%

※平均視聴率は5月17日時点で放送された回数のものです

評価は視聴率と合っている感じがありますが、登録数は、まあそうなんだ、という感じですね。


お気にい入に登録する理由は単純に見逃したくないから見つけやすいように、とか、面白い、好き、応援したい、そういった感情があるからだと思います。


この「好き」「応援したい」というのは、必ずしも作品の内容とは一致しないのが当たり前じゃないんでしょうかね。


例えば山下智久さんも濃いファンがいることで有名です。


視聴率は計測機器が設置された家のものがカウントされるため「応援」できませんが、Tverの登録数や再生回数くらいはどんどん「応援」しちゃうのでは。


※二人の共演作。そういえば付き合っていたこともありましたね。



 

石原さとみの強い味方は…

[以下引用]「それでも数字的に好調なのは、初共演の亀梨和也さん(KAT-TUN)が目当てという視聴者もいるでしょうが、やはり石原さとみさんの熱心な“信者”がそれだけ多いということでしょう。もともと同性人気は高いですし、石原さんの髪型、メーク、ファッション、スタイルから何から全てを崇める“忠誠心”の高いファンが大勢いる。結婚、出産を経て3年ぶりの連ドラ復帰ですから、ドラマの内容もさることながら、ただただ石原さんを鑑賞したい、支えてあげようという気持ちもあるのでは」(スポーツ紙芸能デスク)
[ゲンダイネット]

信者…


確かに石原さとみさんはもともとドラマでのファッションなども含めて注目される存在でした。


ママとなって久しぶりの露出で更に応援したい、鑑賞したい、という人もいるのでしょう。


でも「信者」と言うならば、個人的には創価パワーを思い出してしまいましたけれども。


石原さとみの写真集の売り上げを支えたのは信濃町駅前書店

石原さとみさんはご両親が幹部クラスの創価学会員として有名です。


わかりやすかったのが、2017年に石原さとみさんが写真集を発売したときです。


創価学会の本部がある中央線・信濃町駅の駅前に創価学会のシンボルが輝く本屋さんというのが数多くあるらしいのですが、そこで大量に販売されていたと報じられていました。


学会員にとって学会員の有名人は貴重です。


その有名人が活躍すればするほど勧誘のときに「あの石原さとみさんも学会員なんですよ」とアピールに使えるから。


選挙が近づくと、うっかり連絡先を交換してしまった創価学会の知人から「選挙よろしく!」と電話がかかってきたり、サッカー台でレジ袋に買い物を入れていると、隣の人が「創価学会をよろしく」とつぶやいていたり、という、創価学会エピソードは有名です。


そういう組織なんですから、学会員が活躍していたら自然と買うし見るし応援するのでは。


という意味で、石原さとみさんにはその美貌に憧れる「信者」と創価学会の「信者」、強い味方が付いてるから結果も出せてるんじゃないでしょうか。


この先もしばらく安泰そうですね。

※こちらもどうぞ※

 

石原さとみさんが第一子出産後初めて連ドラに主演するということで露出機会が増え注目を集めています。

 

 

そんな中、番宣で出演したバラエティでの発言が「嫌味か」と炎上、さらに大事なドラマの評判も、特に主題歌との親和性が「ビミョー」と言われ、順調とはいえない再出発となりました。

 

 

[スポンサーリンク]

 

石原さとみ復帰作「Destiny」話題は共演者頼み。初回視聴率は…

 

 

「Destiny」は大学時代に起きたある事件と対峙し、父親の死の真相や大学時代の仲間の秘密の顔など様々な過去と向き合っていく女性検事の姿を描く20年の時をかけたサスペンスラブストーリー。

 

 

石原さんは主演の西村奏を、亀梨和也さんが大学時代の初恋の相手野木真樹を演じます。

 

 

そこに、亀梨さんと現在交際中と報じられている田中みな実さんが、二人の同級生であり、真樹に片思いする及川カオリとして出演する、ということでも話題になっていました。

 

 

正直なところ、亀梨さんと田中さんが出なかったら話題性にも乏しかったのでは。

 

 

田中さんなんて、大学生時代しか出演シーンがないわけですから、別に同年代でそろえなくても良かったわけですから。

 

 

…ただまあ、石原さんを始めとしたアラフォー出演者たちに本当の若者が交じるとちょっとアレだったかもしれませんが。

 

 

若々しく見えようとも、やっぱり無理、ありましたしね。。

 

 

 

 

ちなみに初回の視聴率は7.9%でした。

 

 

月9の「366日」は7.2%でしたからそれよりは上ですし、このところのドラマでは一桁スタートは珍しくはありません。

 

 

でも、石原さんの復帰作であり、KAT-TUNの亀梨さんが恋人と共演という話題があってもこうだと厳しいですね。

 

 

 

石原さとみの発言が「嫌味」と言われた理由

 

 

3年ぶりの連ドラ主演ということで石原さんは番宣に勤しみ、9日の朝、「羽鳥慎一モーニングショー」に出演しました。

 

 

そこで話題になったのが、「大学生だったらやってみたいこと」という事で…

 

 

 

[以下引用]

大学生を演じ、羽鳥アナが「大学生になれたら何がしたいか?」と尋ねると、「バイトとかしてみたいですね」と石原。「キャンパスライフを送ってみたい。サークルとか入ってみたいです」と続けた。

 

入社1年目の松岡朱里アナウンサーが、学生時代に「レジ打ち」のアルバイトをしていたという話題が上がると、石原は「レジ打ち?レジ打ちとか憧れますね」と話していた。

[スポーツ報知]

 

 

ネットではいやいやないだろうと笑

 

 

 ネットの声 

 

「本当はそうでもないくせに」

 

「大学生に戻れたとしても石原さとみは絶対にレジ打ちバイトは選ばないと思う」

 

「レジ打ちに年齢制限ないから今からでも」

 

「その場しのぎのいい子ちゃん発言」

 

「レジ打ちの給料知ってて言ってんのか」

 

「憧れるとか言いすぎ」

 

「レジ打ちで生計を立ててる人は見下されている様で気分が悪いと思う」

 

 

 

 

まあ本当に、本気でやってみたいわけじゃないでしょうね。

 

 

こちらが石原さんのデビュー当時の画像です。

 

 

 

 

 

石原さんがもしも大学生になっていたとして。

 

 

石原さんはご両親が創価学会のエライ層にいると言われており、進学先はほぼ創価大学だったと思われますが、バイト先にレジ打ちは選ばないような…。

 

 

現実にはこのかわいらしさで15歳でデビューしています。

 

 

ホリプロの稼ぎ頭として長年仕事が途切れることなく女優でやってきました。

 

 

適材適所、なんでしょうかねえ。

 

 

「Destiny」の主題歌に椎名林檎は合わない!!

 

ドラマ自体の評判は、「月9よりは面白い」という声が多くありました。

 

 

そういう声が多く報じられれば、TVerでの再生回数が増えるかもしれませんね。

 

 

現実にリアタイで観る人はそう多くないわけですから。

 

 

でも主要人物である石原さん、亀梨さん、田中さん、矢本悠馬さん皆が大学生を演じたのはなかなか評価が分かれるところでした。

 

 

石原さんは幼い演技にハマってると一番評価が高かったですが、他の方はちょっと、と。

 

 

まあでも設定上仕方ないですよね。

 

 

そして、多く目にしたのが主題歌との違和感です。

 

 

椎名林檎さんなので問答無用で「いい!」という人もいます。

 

 

が、主題歌「人間として」でしたが、流れるたび「違う」「合ってるの?」という声も多かったです。

 

 

石原さん主演だと、「アンナチュラル」の主題歌であった米津玄師さんの「Lemon」がぴったりで、その相乗効果でドラマも曲も話題になりました。

 

 

今回は、現時点ではそこまでぴったり感がありませんが、話が進むうちにハマっていくのかも?

 

 

 

 

◆関連情報◆

 

椎名林檎の確信犯だった!Destinyの主題歌問題以前にもあった「わざと」

 

石原さとみへ嫌悪感を持つ人が続出!原因は早すぎるテレビ復帰とアノこと

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

[スポンサーリンク]

 

出産のため芸能活動を休止していた石原さとみさんが、「あしたが変わるトリセツショー」(NHK)の8月25日放送回から仕事復帰することが明らかになりました。

 

しかし、彼女の”早すぎる復帰”に対し、ネット上では賛否両論が上がっているようで・・

 

◆結婚してからバッシングされることが増えたような。

 

[以下引用]

石原は今年4月に第1子を出産したばかりだが、わずか3カ月での仕事復帰に対し、

 

《産後の復帰時期はご本人が決めたことだし、体調に影響ないのであれば自由でいいと思います。放送楽しみにしています》

《産後3カ月程で復帰はすごいですね! やっぱり売れっ子だからおちおちと休んでられないんでしょうね》

《恐らく仕事をセーブしながらの復帰でしょうが、スゴいとしか言いようがない。頑張って欲しいですね》

《石原さんの活力、さすがです! 無理せず頑張ってください》

 

などとエールが送られる一方で、

 

《宗教色が強い人間を出すのはもうやめて》

《世間で宗教が話題になってる時に復帰か…》

《石原さとみはCMすら無理。宗教の広告塔さんたちは、イメージ戦略せんといて》

妊娠中からの扱いが異様すぎて、よっぽど権力あるんだなってちょっと怖いとすら思う。産休直前にMC起用、産後もすぐ復帰、その間もテレビCMの本数も凄いよね》

《旦那は高給取り、自分の好感度は盤石。なんでそんなに出たがるの? 布教?》

 

などの声も上がっている。

 

「たった3カ月での仕事復帰に、ヤキモキする人も多いのではないでしょうか。実際、経済的な事情などから3~4カ月程度で職場復帰した女性の多くが、無謀だったと後悔しているといいます。また、安倍晋三元首相の暗殺事件によって、現在は旧統一教会をはじめとした宗教に対する風当たりが非常に強くなっています。もちろん宗教=悪と決めつけ、一括りにするのは間違っていますが、石原は創価学会信者だとウワサされており、難色を示す人も多いようです」(芸能ライター)

[まいじつ]

 

 

石原さんが司会を務める同番組は、食・健康・生活などのあらゆるテーマを最新科学と実験・調査をもとに届けるという内容。

 

彼女は復帰にあたり、

 

《母という立場にもなって現場に戻ってきて改めて思うのは、子育てとか、仕事とか、家庭とか、みなさんそれぞれがお忙しいと思うのですが、その生活の中で、ほんの少し工夫をするだけで、豊かに、ハッピーになれることが本当にあるということ。それは番組を通じて私自身が実際に体感して幸せに感じていることなので、それを一人でも多くの方にお伝えして、みなさんの生活にハッピーな時間が少しでも増えるお手伝いができたらいいな、と思っています》

 

と意気込んでいましたが、結婚して母親になり、頭打ち気味な”女優一筋路線”から”ママタレ兼業路線”への転向を狙っているのはミエミエ。

 

それだけに、こういったゴリ推しに嫌悪感を持つ人が多く出てくるのは仕方ありません。

 

が、芸能人の産後の復帰が速いのはもはや常識のレベルになっており、それだけでは大したバッシングにはならないでしょう。

 

それ以上にうんざりの声が上がるのは、、彼女が創価学会の広告塔のような立場であることが、もはや公然の事実であるため。

 

記事にもあるように、安倍首相暗殺に半島系のカルト宗教である統一教会が関係していたことや、知らぬ間に日本の政治に信じられないほど食い込んでいたことが明らかになり、宗教団体によるゴリ推しに日本人全体が拒否反応を示すのは当然です。

 

そして、創価学会がアチラ系の新興宗教であり、与党である公明党と極めて強いつながりを持っていることは、表立って触れられてこなかっただけで誰でも知っている常識。

 

暴露王・ガーシーを担ぎ上げて国会議員に当選させたNHK党の立花孝志党首は、

 

「政治の世界と芸能界は切っても切れない関係にある」

「芸能界の暴露をすることは、政治の闇を暴くことと同じ」

 

と言っていましたが、創価系の代表芸能人でもある石原さんが、日本のメディアで当たり前のようにゴリ推し&優遇されているというのは、イメージ最悪と言えるでしょう。

 

◆いったいどうなってるの?

産後の石原さとみが驚異 → geinou ranking geinou reading

産後の石原さとみが驚異 → geinou reading geinou ranking

 

※同じポーズ

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※石原さとみさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

カテゴリー

 

このところユーチューバーとして活発に活動してるエイベックスの松浦勝人会長が女性芸能人の容姿に対して暴言を吐きまくったと話題になっています。

 

※整形美人…じゃなくて整形ブス

 

 

松浦さんのYouTubeは基本は飲みながら。飲んでなくても飲んでるような口調でダラダラとりとめもなく話しているのですが、そんな中、問題発言が出たようで。

 

[以下引用]

問題発言が飛び出したのは開始20分くらいのことである。〈レースクイーンの彼女いますか?〉という質問に、

 

「言っちゃ悪いけど、レースクイーンって、本当に言いたくないけど、ブスしかいないよ。ホント、マジで。六本木のキャバクラはブスしかいないんだけど、そんな感じ」  

 

こう繰り出した松浦氏。

 

〈逆に会長がかわいいと思う有名人教えて!! 〉  

 

ここから視聴者が挙げる有名人に答えるかたちで、暴走が始まっていくのである。

 

「本田翼はよく見た。本田翼ファンには申し訳ないけど、向こうも興味ないと思うけど、俺も興味ないわ」

「広瀬すず、それはかわいいと思います。けど、広瀬すずってウチの子に聞いたら性格が悪いって。女同士のやつだからわかんないじゃん、でもさぁ」

「深田恭子? 友達の彼女じゃん。中条あやみって、知り合いの事務所じゃん。なっちゃうんだよ、全部そういうふうに。深キョンはもうババアだろ」

北川景子、人妻じゃん。北川景子も昔はかわいかったと思うけど、どっかいじったのか知らんけど、それから全然かわいいと思わねーなあ」

菜々緒とか、全然だめ。うすらでっかい女だろ

 

徐々にヒートアップしていく松浦氏。

 

「長澤まさみだって俺の友達と前彼女だもん。米倉涼子の性格……、なんでもない! (一旦、口籠るが)米倉涼子は和田アキ子に怒られているときにさ、俺味方してやったら、『あんた黙ってて』って言われて、俺大っ嫌い、それから。なんだ、この女。助けてやってるのに、アッコさんが怒ってたよ」

「持田香織、人妻。やっぱ女より車だよな。内田有紀はもうおばあさんでしょ。17歳のときに『17才』ってドラマの主題歌やってんだよ、俺。そんなの、いまさらでしょ」

石原さとみも友達の彼女で、聞いてるもん。なんか、いちいちなんか誕生日だと二人でって。要するにめんどくさいって、言ってたよ、友達が」  

 

話は時折、松浦氏の趣味であるスーパーカーの話に飛ぶ。「俺の手放した車、いま5億くらいだよ!」「欲しい車、なくなっちゃったねぇ……」。その直後にモデルの名前を挙げては、「よく見たらブスじゃね」。終始、女性をモノと見ているかのような語りぶりなのだ。このような女性蔑視発言は約6分間続いた。

[デイリー新潮]

 

 

内田有紀さん46歳、深田恭子さん39歳、松浦勝人さん57歳…。

 

 

デイリー新潮の分析によると、大金持ちの松浦さんがYouTubeをやっているのは、もちろん金儲けのためではなく、悪目立ちしたいという承認欲求だとのこと。

 

なるほど。

 

所属アーティストの実力で話題になるのが無理だからキャラの立ってる松浦さんがせっせとどうにか話題作りをしてるのかも、と思うと気の毒ですが、ただの承認欲求というならば、今回相当満たされたのでは。

 

デイリー新潮によると、6月22日現在、登録者数は17万5000人を超えている、ということでしたが、23日現在17万8000人ですから、多少増えてます。

 

ネットでは、

 

「おまいう」

「目立ちたいというのが伝わってくる」

「どの顔がそれを言う」

「老害」

「名前挙げた人たちに見向きもされなかったんだね」

「死ぬまで困らないほど金あっても不満あるんだな」

「負け惜しみみたい」

 

等々の声が。

 

デイリー新潮には終始女性をモノのように語っていたとありますが、まあ松浦さんはそういう人なんでしょうね。

 

その昔、女性が男性を「アッシーくん、メッシーくん、キープくん」と分類してたり、理想の男性を語るときに「高学歴、高収入、高身長の3高!」って言ってたり、なんてことがあったといいます。そういう女性も男性をモノのように扱っていたと思えば同じなのでしょう。

 

ただそれが大企業のトップなわけで。

 

[以下引用]

今回の女性蔑視発言を、エイベックスはどう受け止めているのだろうか。同社のホームページには「コンプライアンスポリシー」として、〈弱いものイジメするな〉〈人権を尊重し、差別につながる行為を行わない〉〈職務権限などを利用して、性的な嫌がらせをすること等のセクシャルハラスメントをしない〉〈差別行為をしない〉などの文言が記載されている。  

 

また、SDGsへの貢献活動も掲げてある。17の目標と169のターゲットからなるSDGsには、「ジェンダー平等を実現しよう」という項目も含まれる。同社の所属タレントであるピコ太郎は、2017年に外務省からSDGs推進に係わる関連業務を行う「SDGs推進大使」に任命され、18年には国連女機関の公開イベントにも出席している。

[デイリー新潮]

 

 

で、デイリー新潮はどう考えるかエイベックスに取材を申し入れたものの回答はなし。その代わりに、動画が非公開になったそう。

 

連絡を受けた社員、どう思ったでしょうね。

 

一時は一世を風靡したといっても過言ではないエイベックスですが、近年はお金になるアーティストを生み出すことができず、経営難から本社を売却し移転。

 

社員からは、ボーナスが一桁万円だった一方で、松浦さんはインスタやYouTubeで高級車自慢、怒りを通り越して悲しくなるという告発があったこともあります。

 

そういえばこんなこともありましたね。

 

 

これはヤバい…エイベックス松浦勝人の大麻使用を元社員が音声付きでリアルに暴露!本人は冷静に否定

 

 

今日は「言いたいことがあります」ということで生配信が予告されているのできっとこの件についておしゃべりするのでしょうが、また舌禍事件にならないといいですね。

 

◆過去最高にイタイと言われた浜崎あゆみのステージ

まさか妊婦だったとは→ geinou ranking geinou reading

まさか妊婦だったとは→ geinou reading geinou ranking

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※松浦勝人さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング