タグ:宮根誠司の記事一覧

タグ:宮根誠司
宮根誠司が恫喝か。「来年は24時間テレビの総合司会」発言で日テレ局内に不穏な空気流れる

[スポンサーリンク]

 

今年も日テレ『24時間テレビ』が終了しました。

 

視聴率は昨年を上回り、募金額は最終的な額はまだ発表されていませんが、放送終了時点で昨年を上回っているのでおそらく昨年を超えた額になっていると思われ、日テレはホクホクでしょう。

 

そんな日テレ『24時間テレビ』の司会について宮根誠司さんが言及したことで、局内には不穏な空気が漂っているんだとか…

 

 

※こんな感じ

 

 

『24時間テレビ』の司会に意欲を見せた宮根誠司

 

『24時間テレビ』放送翌日、『ミヤネ屋』では『24時間テレビ』の内容を振り返るコーナーがありました。

 

そこで宮根さんは羽鳥慎一さんの前に長年『24時間テレビ』の総合司会を務めていた徳光和夫さんに対し、「お前に(総合司会を)譲る、って言われてもう8年経ったんですね」とクレームを言い「なぜ羽鳥なんですか」と自虐まじりにぼやき笑わせました。

 

徳光さんの答えは、羽鳥さんも自分もすぐ泣けるが、宮根さんは涙が出せないからダメ、ということ。それには宮根さんも納得しながらも「来年の総合司会を狙う」と宣言し、全体にただの冗談でまとまった感じで終了。

 

ネットでは「好感度がないからじゃない?」「愛人に子ども産ませてるからだ」「羽鳥も嫌いだけど宮根はもっといや」「ミヤネ屋の間もムリなのに24時間も宮根見てられない」等々拒絶の言葉がありましたが、日テレ局内でも「宮根さんは冗談か本気かは分かりませんが、オンエア後、社内には不穏な空気が流れ」たんだとか。

 

◆実はみのもんた以上の嫌われ者なんですけどね。

羽鳥慎一の真実→ geinou ranking geinou reading

羽鳥慎一の真実→ geinou reading geinou ranking

 

 

日テレでは宮根による恫喝説も

 

[スポンサーリンク]

 

「来年は24時間テレビの総合司会」なんていうちょっとした軽口が日テレ局内で深刻に受け止められたのには理由があります。

 

それは、宮根さんと羽鳥さんが「テイクオフ」という同じ事務所に所属していること。

 

これは2010年に設立されたバーニング系の事務所で、宮根さんは第1号の所属タレントであると同時に設立の共同出資者であり、さらに宮根さんは「羽鳥は俺が引っ張ってきた」という自負を持っているそう。

 

確かに羽鳥さんが日テレから独立して移籍した当時、そんな話があったような。

 

で、このところ『ミヤネ屋』の視聴率が低迷しており、社内で「番組の勢いが衰えているのではないか」という声が出ているそう。

 

日テレとしては、そうした伏線があった上での宮根さんの「なぜ羽鳥なんですか」発言ということで、神経質にならざるを得ないとか。

 

[以下引用]

日テレ内では「半分は本気で、半分は編成への脅じゃないか」と分析する声があるという。「もし『ミヤネ屋』を終了させたら、何が起きるか分かっているな、俺が羽鳥の生殺与奪を握っているんだ」という言外のメッセージが込められているという見立てだ。

 

「この日の『ミヤネ屋』は視聴率が6・2%で、決して悪い数字でなかったのも、日テレとしては複雑な心境になりますね。宮根さんが総合司会を担当する可能性はかなり低いと思いますが、羽鳥さんを人質に取られているようなもの。宮根さんの発言が冗談だったとしても、日テレの社員にとっては思惑含みの発言だなと思ってしまいますよね」(同・日テレ社員)

[デイリー新潮]

 

 

考えすぎじゃないかと思いますけど、圧力に見せずに圧力をかける、それが芸能界なんでしょうか。

 

※この人たちでも話題になりました。

[amazon]

 

羽鳥さんにとって『24時間テレビ』総合司会というのは2011年に日テレを退社してからの仕事です。

 

放送翌日から夏休みを取ってテレ朝の『モーニングバード』を休むのが恒例となっていますが、これは『24時間テレビ』の総集編やら特集やらを放送する日テレの邪魔にならないようにという配慮だとか。

 

ギャラは少なくとも、こういう番組の総合司会というのは時にイメージアップに繋がりますからね。

 

24時間テレビの超高額ギャラに批判殺到!嵐は5000万円、マラソンランナー大島美幸は1000万円、羽鳥慎一は500万円!

 

「羽鳥さんって実は…」なんて言われることもあることを思うと、簡単に手放せないのでは。

 

 

もしかして羽鳥慎一?DVが原因で離婚した人気アナウンサーのヒントが過去報道と一致するも…

 

『ミヤネ屋』の視聴率が低迷する理由は…自業自得

 

[スポンサーリンク]

 

とはいえ、ミヤネ屋の視聴率低迷は深刻です。

 

同じ時間帯に放送されているのはTBS系列の『ゴゴスマ―GO GO! Smile!―』と、フジテレビ系列の『直撃LIVE グッディ!』で、当初圧倒的な勝者だった『ミヤネ屋』が最近は弱体化し、番組開始当初は2,3%しかとれずもう終わると言われ続けた『グッディ』が7月の吉本興業の闇営業問題で8%台を記録、『ミヤネ屋』を抜く日がありました。

 

そして『ミヤネ屋』が『ゴゴスマ』に負ける日もちらほら。

 

ずっと7,8%を獲得し独走状態だった『ミヤネ屋』がここまで落ちたのは、ひとつはやはり二股の末の愛人隠し子問題。女性を敵に回しただけでなく、自分が不倫しているだけに、他人のことに厳しく言えないのは弱いです。

 

隠し子問題が報じられたのは2012年ですが、2017年に隠し子の母が、宮根さんと現在の妻が隠し子の母の実家に怒鳴り込み理不尽な主張をした際に、宮根さんはそれを止めなかった、さらに宮根さんはウソばかりついていたという報道があったので、再度イメージダウンしたというのもあるのかも。

 

宮根誠司の妻がしでかし隠し子母が激怒した「ある事実」!嘘で固めた自己保身もついに限界。しかし「2年で復活」と舐めてる様子

 

もう一つの要因は、『ミヤネ屋』自体、特定の大手事務所を気遣うあまり、ネタの切り口が甘いという指摘も。

 

なんとなく、悪はいつか滅びるのかなあと、そんな気がします。

 

日テレさん、切ってしまったほうが評価が上がるのでは。

 

◆ジャニーズにも隠し子の噂

え、そんなに大きい子が?!→ geinou ranking geinou reading

え、そんなに大きい子が?!→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※宮根誠司さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

「なんでずらさなかったのかな」宮根誠司の発言が偽善者過ぎて自分のことしか考えてない疑惑。

本日、麻原彰晃(智津夫)ら7人の死刑囚が23年前のオウム真理教の犯した一連の事件3)ら7人の死刑が執行されたことについて、『ミヤネ屋』で 宮根誠司さんが「色んなところで災害が起きている時に、何でずらさなかったのかな」と発言し批判の声があがっています。

 

 

 

宮根さんは番組中で「ただね、タカさんね、我々素人からいうとね、今、日本全国(が)大雨で大変な中で、災害も起きている、多くの方が命を落としている中で、あえて今日(死刑の執行を)やる必要があったのかというのは、素朴な疑問として思いません?」と、記録的な大雨で人が亡くなる可能性があるような状況でなにも死刑を執行しなくても、と発言。

 

コメンテーターの住田裕子弁護士とも次のような会話がありました。

 

[以下引用]

「ずらせなかったのか、というのは…住田さん、素朴な疑問としてね、いま色んなところで災害が起きている時に、何でずらさなかったのかなって」


と疑問をぶつけた。住田氏はこれに対し、

 

管理系統が、災害対策と法務省の執行とが重なっている場合は、たぶんずらしたと思います。官邸の災害救助本部とか色んな対策本部ができるのと、これとは、まったく別ルート

 

と説明。災害対策と刑執行の意思決定プロセスは異なるものだと説いた。

 

 この説明を受けて、宮根さんは

 

「我々からすると、もっと柔軟な対応があったんじゃないかと思いますが」

と再び主張していた。

[J-CASTニュース]

 

ちなみに法務大臣の発表によると、死刑執行は3日の時点での決定事項だったとのこと。

 

宮根さんにとっては、決めたことであったとしても、どんな災害が起きるかわからない状況になったなら柔軟に対応、つまり延期という判断もありえたのではないかということのようです。

 

自然災害で人が亡くなるかもしれないときになにも死刑執行しなくても…というのが宮根さんの意見のようですが、ネットを見る限り、それとこれは別物という意見が多いようです。

 

[以下引用]

「死刑執行と大雨被害ってどう関係するんですか?」

「何言ってんだろうこの人は」

「天気によって、死刑執行をずらす??何を言ってる??」

「『本日はお日柄もよく、雲ひとつない絶好の死刑日和ですね。』って感じで執行しろってこと?」

と疑問の声が相次いでいた。中には「メディアの都合で言っている」「大雨どうこうじゃなく、テレビ局の都合の話でしょ」と、あくまで宮根さんの意見はマスコミ側の都合に過ぎないとの意見もみられる。

[J-CASTニュース]

 

本日死刑が執行されたことについて、ネットでは否定的な意見よりもそれとこれとはまったく別、何か関係があるんだとしたらむしろ、敢えて大雨の日に執行することで信者が暴動を起こしたり巡礼的な行動を起こさない効果を狙ったのかな、という、肯定的な意見が見られました。

 

宮根さんの意見は一見人道的ですが、死刑執行はその判決が出た時点で決定事項であり、執行を認めた法務大臣にとっても非常に重いものですし、執行人にとってももちろんのことです。複数の行程を経て決定したことなのに、今日雨がすごいみたいだから、じゃあ来週に、なんてものじゃないのは当たり前なんじゃないですかね。たとえ「雨天順延」したとして、その日に何があるかわからないわけですし。

 

死刑の是非については意見があって当然ですが、それを天候と結び付けられても一般人にはピンときません。

 

オウム真理教が絡んだ事件は複数ありますが、地下鉄サリン事件一つとっても日本で無差別テロが起き、13人が死亡、6000人以上が負傷した大事件です。

 

その主犯が死刑となれば、『ミヤネ屋』のような番組はしっかり特集を組みたかったでしょうし、一方で大雨もテレビ的に一大ニュースなんだろうと思います。

 

そのため、宮根さんの発言は大きなニュースがかぶるってどうなの?ニュースがないときにやってくれれば助かるんだけど、というマスコミの都合にしか思えないんですよね。

 

宮根さんの株がまた下がりました。

 

※なんですかこれ

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※宮根さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

宮根誠司の妻がしでかし隠し子母が激怒した「ある事実」!嘘で固めた自己保身もついに限界。しかし「2年で復活」と舐めてる様子

宮根誠司さんの隠し子の母Aさんが、宮根さんが自己保身のためについた嘘の真相を週刊文春に激白しています。Aさんがこれを暴露するきっかけになった「ある事実」とは、Aさんの父親に対して行った非道なことでした。

 

 

※嘘はバレる[楽天市場]

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

上手な嘘をつく女バレる嘘をつく男

価格:1026円(税込、送料別) (2017/11/30時点)



 

宮根誠司の嘘

 

 

[スポンサーリンク]

 

 

2012年に女性セブンが報じた宮根さんの二股交際・隠し子騒動の詳細はこちら

 →宮根誠司の不倫・隠し子発覚

 

当時の記事で宮根さんが主張したことを時系列で整理しました。

Aさんが隠し子の母、Bさんが現在の本妻です。

 

’93年1月  :元モデルと結婚

’04年7月  :元モデルと離婚。この時期までにBさんと知り合う

’04年以降  :Bさんと交際開始

’04~’05年頃:Aさんと出会い親密に。結婚を約束した女性(Bさん)がいることは告げていた

’06年8月  :Bさんと結婚しAさんとはたまに会う仲

’07年春   :Aさんに妊娠を告げられた。Aさんの実家で土下座し「仕事を頑張りなさい」と言われた。Bさんに告げるまで1ヶ月くらいを要したが、Bさんは許してくれた

 

今回Aさんが週刊文春で告白したところによると、赤線部分は全部嘘だとのこと。

 

※当時の雑誌。[Amazon]

 

まずBさんの存在は’06年8月に「君より前から付き合っている人がいる」と言われるまで知らなかったそう。

 

Aさんは何度も何度も「もし、その人と結婚する気があるなら、私はすぐに別れます」と伝えたり、二股の状態が耐えられなく別れ切り出したこともあったそうですが、それでも、一週間くらいすると宮根さんから「どうしてる?」「元気?」と連絡があり、結局続いてしまったとのこと。

 

会う頻度が減ったというのも嘘で、週に一度は会っており、その結果’07年6月に子どもができて喜んで報告したところ、宮根さんは沈黙、4日後に「実は結婚している」と返ってきたといいますから、Aさんにはかなりの衝撃だったと思います。

 

また、妊娠を知って1ヶ月くらいで妻に伝えたというのも嘘で、子どもが生まれてからも伝えていなかったそう。

 

ある日、宮根さんが結婚を公にし、テレビで祝福されている姿を見たAさんがいたたまれなくなり、島根の宮根さんの母のところに10ヶ月の赤ちゃんを連れて押しかけ、いつまでも奥さんに言わないなら奥さんのところにも行くと言ってやっとBさんに告げたといいますから、Aさんが黙っていたらどこまでも秘密にしたんでしょうね。

 

ちなみにAさんは宮根さんのお母さんとは良好な関係を築いているそうです。

 

 

Aさんが激怒した「ある事実」

 

 

[スポンサーリンク]

 

 

Aさんはこれらの宮根さんの嘘に女性セブンが報じた時に気付いたものの、相手に迷惑をかけずに丸く収まるならと沈黙することを選択。

 

お子さんにも宮根さんのことは隠さず、嫌わないよう気遣い育ててきたといいます。

 

それなのに今回すべてを明かしたのはBさんと宮根さんの理不尽な行いのせいです。

 

[以下引用]

娘が一歳になった頃のことです。実は、彼と奥さんが、私に黙って四国の父親の元に訪ねてきたそうなんです。二人は父を近くのホテルに呼びつけた。そして、彼の奥さんが「こんなことになって、どうしてくれるんだ」と詰問口調で父を責め立てたそうなんです。彼(宮根)は横で何も言わず黙り込んでいたらしいです。コーヒー一杯も出されなかったといいます。その話を聞いて、私は怒りが込み上げてきました。騙されたのは私の方なのに……。

突然のことで父も困惑したと思います。その時、父は二人を前に強気に出ることもできず、ただ「孫が大きくなるまで守っていくだけです」と答えるのが精一杯だったそうです。奥さんはこちらが訴えて裁判を起こすことを危惧している様子だったとも父から聞きました。

[週刊文春]

 

これをAさんが知ったのはつい先月、10月のことで、宮根さんに奥さんは事実関係を知っているのかと確認したが説明したと答えたことで我慢の糸が切れたそう。

 

騙されていたのはAさんなのに、奥さんも宮根さんに騙された同じ被害者だと同情していたのにと、事実を知ってもなおAさんを責めるのか、しかもAさん本人ではなく父親に言うのかと、あまりのことに激怒し、宮根さんと奥さんに謝罪を求めたものの応えてもらえなかったために、今回のことに至ったと。

 

週刊文春を読むと、たびたび調子よく都合の悪いことは流してなあなあにしてきた宮根さんにも腹が立っていたんだろうなと思います。

 

 

叩かれても2年で復活すると宣言した宮根誠司

 

整理すると、

 

宮根さんの主張

Aさんは元から日陰の存在であることを不倫とわかっていながら交際を続け子どもを生んだ女性、Bさんは妊娠発覚後Aさんの存在を知り、怒りはしたが許してくれた理解ある女性

 

Aさんの主張

二股だと知ったのは、宮根さんがBさんと結婚したころ。しかも、「妻」ではなく「恋人」として知った。二股を嫌がり別れを告げたが別れなかったのは宮根さん。Bさんは理解ある女性どころか、理不尽な怒りをAさんの父にぶつけている

 

AさんがBさんと父親の件を知り、宮根さんと話し合った際、真実を公表すると伝えたところ、宮根さんは「僕は全然、腹を括るので公表しても良いです。仕事がなくなって、社会的に叩かれるかもしれないけど、甘んじて受け入れます」「でも、二年後くらいにはまた復帰する」、別れ際には「僕のことが嫌いなの?」「僕と戦うんですか?」と高を括ったような態度で聞いてきたとか。

 

宮根さんはバーニングですから、叩かれても残ることはできそう。

 

でも、世間を敵にすれば今以上に視聴率がとれなくなり、お金を生み出せなくなれば、バーニングも見放すんじゃないですかね。

 

そうでなくても宮根さんは嫌いな芸能人の常連です。

 

正直なところ、宮根さんがAさんとの事実関係を正確にBさんへ伝えていたか微妙ですし、宮根さんが自分に都合の良いようにBさんへ説明していたなら、怒りの矛先がAさんへ向かったとしてもBさんを責められないのでは。

 

せめて自分のしたことを、そのたびきちんと整理できていれば、こんなことにならなかったんでしょうね。

 

◆芸能界隠し子いろいろ

ありましたねえ。→ geinou reading geinou ranking

ありましたねえ。→ geinou ranking geinou reading

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※宮根誠司さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

宮根誠司、絶体絶命!隠し子の母が激怒した「ある事実」とは?

宮根誠司さんが二股交際の末一方と結婚、一方とは不倫を続け隠し子がいるというのは、女性セブンが2012年1月に報じた大スキャンダルです。

 

それから5年経った今、その隠し子の母・A子さんが「ある事実を知りどうしても許せなくなった」と週刊文春に激白しています。

 



 

[スポンサーリンク]

 

報道当時、宮根さんは全面降伏の姿勢を見せ、女性セブンですべてを赤裸々に語り尽くしました。

 →宮根誠司の不倫・隠し子発覚詳細

 

誠実に話して見せたものの、要約すれば二股交際の末、一方と結婚したことを隠して不倫と気づかせないまま交際を続け、妊娠したときに結婚の事実を伝えたというかなりゲスな内容で、本来ならキャスターとしての活動ができなくなるくらいのスキャンダルでした。

 

しかしバックにいるバーニングの力を活用して後追いもされず、キャスターとしての地位が揺るぐことはありませんでした。

 

が、今回はどうでしょうね。

 

当時は沈黙したAさんが今回週刊文春に出てきたのは次の理由です。

 

[以下引用]

「私はこの10年間、彼がついた嘘で愛人呼ばわりをされ、冷たい目で見られてきた。それでも彼やその家族の迷惑になると我慢してきた。ただ最近、ある事実を知って彼のことをどうしても許せなくなったのです」

[週刊文春]

 

Aさんが妊娠し宮根さんの裏切りを知った2007年、事実が世間に露呈した2012年と、ずっと沈黙してきたのにそれを止めて何かを明らかにするということは、Aさん周辺がまた騒がしくなるということ。

 

お子さんも成長しており、わかることも増えているから再度注目を集めるようなことは避けたいでしょうに、それでも尚明らかにしたくなるくらいの「ある事実」ってなんなんでしょうね。

 

詳細は明日の週刊文春ですが、週刊文春と宮根さんというと、先日宮根さんが日テレ『ミヤネ屋』からフジの夕方の報道番組に電撃移籍するというニュースが報じられたことが思い出されます。

 

宮根さんが報道を否定し、週刊文春が誤報だったことになりましたが、週刊新潮が実際には視聴率が下がりクビになりそうだった宮根さんが地位を護るために週刊文春を利用したと報じています。

 

そういう形で利用され嘘を掴まされたんだとしたら、文春も今回の報道でスッキリしますかね。

 

◆これがシュワルツェネッガーの隠し子二人

あ、なるほど→ reading ranking

あ、なるほど→ ranking reading

 

 

※Aさんは宮根さんの16才年下[Amazon]

http://amzn.to/2zO0vrV

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※宮根誠司さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング