タグ:坂上忍の記事一覧

タグ:坂上忍
サンドウィッチマン伊達みきおに圧力!”ブルジョワ障害者”発言を巡る坂上忍の言動に視聴者から批判殺到!

10月31日放送の情報番組「バイキング」(フジテレビ系)で、さいたま市議会における「ブルジョワ障害者」発言をめぐり、司会の坂上忍さんがサンドウィッチマンの伊達みきおさんに対して露骨に圧力を掛ける場面が発生し、視聴者から批判が殺到しています。

 

※好感度高いだけに…

サンドウィッチマンライブ2007 新宿与太郎哀歌

サンドウィッチマンライブ2007 新宿与太郎哀歌

[Amazon]

 

問題となった発言は、10月19日のさいたま市議会で無所属の吉田一郎議員が「年収1300万円以上」とされる車椅子の伝田ひろみ議員に向けて発したもの。

 

最終的に吉田議員は伝田議員に謝罪し、議長からも厳重注意を受けたといいますが…

 

[以下引用]

「バイキング」では件の流れを特集し、司会の坂上が“ブルジョワ障害者”発言の是非について伊達の見解を聞いたところ「ブルジョワっていう言葉自体は要するに『裕福な』ということなんですね」と伊達。続けて、「誰がこれを聞いて怒ってんのかな?全然差別的な用語ではないような気がするんですけどね」と主張すると、坂上は驚いた表情で「ん??」と戸惑いながら「ブルジョワと障害者っていう言葉をくっ付けて、ブルジョワをもヤユしたようなニュアンスでとても不適切なワードだとボクは思いますけれども」と続けた。

 

「差別的な用語ではないと主張する伊達と、とても不適切なワードだと考える坂上で意見が完全に相反するものとなり、一瞬スタジオを沈黙の空気が覆うと、最後に坂上は『えーっと、収録じゃないので編集のしようがないのでアレですけど…』と話し、その場を収めました。この“編集のしようがない”との発言で伊達も怖気付いた様子を見せ、伊達の発言をなかったかのように丸め込むと、まるで収録であればカットされるべき発言のようだと匂わせました。ただし、こうした事態にもネット上では『この件に限らず、以前も坂上忍がスタジオ全体を自分の意見へ誘導する光景を見ました』『坂上が自分の意見に合わない意見にイライラするのは毎度おなじみ』『相変わらず偉そうなことを言っているのですね』との書き込みが目立ち、驚くというよりもむしろ、“またか…”というような反応が多いようですね」(テレビ誌ライター)

[アサ芸プラス]

 

発言に対して賛否両論飛び交うのは、こういった番組では当たり前のこと。

 

司会者であれば、そういったいろんな意見をうまくまとめ上げて視聴者に伝えることがうでの見せ所のはずですが、自分とは見解の異なるからといってコメンテーターを威圧したり圧力を掛けて萎縮させるなんて、もってのほか。

 

なんですが、坂上さんに関してはそれが当たり前みたいになっていますからね。

 

今年3月に金曜日レギュラーを降板した宮迫博之さんは、その半年後にラジオで「昔から噂話とか人のことをとやかく言うことが嫌いだった」「そういう人間がMCをやってはダメ」とぶっちゃけ、暗に坂上バイキングを批判したとして話題に。

 

さらに、今年9月に火曜日レギュラーを降板した小藪千豊さんは、AbemaTVの生放送で「(自分の発言に対し)坂上さんが明らかに嫌な顔をしている時がある」「心が折れるときがある」などと明かし、いかい坂上さんが”嫌な奴”なのかを遠回しに暴露してました。

 

今回の件でも、伊達さんに対しては「もう、バイキングなんて降板したほうが良いのでは?」という声をチラホラ見かける一方で、坂上さんを擁護する声はほとんどなし。

 

まあ、かつての島田紳助さんや和田アキ子さんなど、昔から世間からの嫌われキャラとして定着する大御所芸能人はいましたが、共演者からここまで露骨に嫌われる司会者って、聞いたことないような…

 

今は飛ぶ鳥を落とす勢いの坂上さんですが、その時代が終わる日は意外に早く来るかもしれません。

 

※坂上忍の子役時代[動画]

 どーしてこーなった!?→ geinou ranking geinou reading

 どーしてこーなった!?→ geinou reading geinou ranking

 

※好感度低いだけに…

おまえの代わりなんていくらだっている 覚悟の仕事論 (新潮新書) [ 坂上 忍 ] - 楽天ブックス

おまえの代わりなんていくらだっている 覚悟の仕事論 (新潮新書)[ 坂上 忍 ]

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※坂上忍さんのSNSなんて興味ないでしょうけど… 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

坂上忍が日テレ出禁に!出演番組から企画をパクりフジに提案というありえない事態に

順調にレギュラー番組を増やしている坂上忍さんですが、日テレを出禁になりそうだと報じられています。

 

 

 

 

坂上忍が日テレを出禁に

 

[以下引用]

坂上忍がMCを務める新番組『坂上どうぶつ王国』(フジテレビ系)が10月12日にスタートしたが、この件で、坂上は“日テレ出禁”になる恐れがあるという。

 

「内容だけでなく、セットの雰囲気から出演者の配置まで、坂上も準レギュラーだった『天才!志村どうぶつ園』(日本テレビ系)と酷似していた。『坂上~』の放送時間は金曜19時で、『志村~』は土曜19時。そのため、“昨日やっていたはずじゃ?”と混乱する視聴者が続出しています」(テレビ誌ライター)

[サイゾー]

 

これはフジテレビもどうかしてますよね。

 

タイトルからして「志村どうぶつ園」「坂上どうぶつ王国」と、名前からオリジナリティがないですし。

 

『坂上どうぶつ王国』は昨年12月に特番で放送された「坂上忍のどうぶつ珍プレー好プレー大賞」レギュラーに昇格して始まった番組ですが、女性セブンによると、『坂上どうぶつ王国』の番組自体は坂上さんが企画をフジテレビに持ち込んで始まったとのこと。

 

坂上さんは犬を多頭飼いしてるくらいですから動物好きなんでしょうし、『志村どうぶつ園』は不定期レギュラーでしたし、もっと動物と関わりたかったんでしょうか。

 

そもそも坂上さんはなぜか日テレ嫌いなところがあるようですね。

 

[以下引用]

「今年9月に終了したフットボールアワーの後藤輝基がメイン司会を務める『得する人損する人』でも、いつまでもゲスト扱いされる待遇に不満を持ち、スタッフと衝突。しばらくして降板しています。後に別の番組で後藤と共演した際に、本人を目の前にして『僕、2回ぐらい帰ったことあります。後藤くんの番組で……』と収録途中で仕事を放棄して帰ったことを、あけすけに語っていました。また、今年の『24時間テレビ』ではウッチャンナンチャン・南原清隆と共にスペシャルサポーターを務めていますが、南原は『ヒルナンデス!』、坂上は『バイキング』と、真裏でMCを務めるライバル同士。そのため、坂上が『(南原と)同じ枠で映さないように』と言いだし、スタッフとひと悶着あったと聞いています。坂上からすれば、日テレの4倍近いギャラを払ってくれるフジが最も大事な局。残る『有吉ゼミ』も、早晩降りるのではないでしょうか」(テレビ関係者)

[サイゾー]

 

日テレの4倍のギャラ…

 

まあ今『バイキング』でMCしてますからね。

 

『笑っていいとも』のあとに始まったときはすぐ終わると思いきや、2015年からはメインMCで意外と続いています。これが長く続けばもしかしたらタモリさん的存在になるかもしれない、なんて思ったら、坂上さんもフジに操を立てようと思うんですかねえ。

 

ちなみに『坂上どうぶつ王国』の初回は3時間のスペシャル編成で臨み、視聴率は9.1%とまずまずの成功でしたが、続くかどうかは元がパクリである以上、何か難しい気も…。

 

 

 

坂上忍だけでなく俳優たちも日テレ離れ

 

坂上さんの話だけみてると坂上さんの自分勝手な気もしますが、日テレ離れは俳優の間でも進んでるんだとか。

 

[以下引用]

日テレのドラマは、以前から同局の「アキレス腱」。脚本力、スタッフの能力など、芸能関係者の間では、しばしば「レベルが低い」との声が聞かれていたという。

 

「加えて、日テレは主要キー局では最もギャラが安い。それでも人気俳優たちが出演したのは、日テレが『三冠王』だから。実際、多くの芸能プロは数字が取れるのなら、ほかの問題は些末なことと気にしていなかった。しかし、最近はディーン・フジオカ、広瀬すず、菜々緒、石原さとみ、そして今期の新垣と、そうそうたる役者がいずれも大爆死。商品価値を損ねられたと、日テレに絶縁状を叩きつけたなどと報じられています。少し前まではフジテレビが“爆死局”として避けられていましたが、それでもフジはギャラだけは高い。視聴率が悪い、クオリティが低い、ギャラが安く、商品価値を下げられるのであれば、もはや日テレに出る意味がない。今後、ドラマのキャスティングは、かなり苦労すると思いますよ」(テレビ関係者)

[サイゾー]

 

日テレはバラエティは調子いいですがドラマは厳しいですね。

 

石原さとみさんはここ数年主演ドラマの全話平均視聴率が10%以下になったことがなかったのに、『高嶺の花』は9.5%。

 

『逃げ恥』『コードブルー』といい調子の新垣結衣さんも『獣になれない私たち』も現時点で9.5%。

 

広瀬すずさんの『anone』に至っては6.1%ですからね。

 

こういうの少し前のフジテレビのドラマでもありました。起用する人を次々と低視聴率俳優にしてしまうため、特に月9は出てくれる人がいない、というのはもう耳にタコくらいの話ですし。

 

ドラマ以外でも、調子よかったバラエティの一つである『鉄腕ダッシュ』は山口達也さんのスキャンダル以降ゆるく下降していますし、有働由美子さんを起用した『news zero』が視聴率4~5%台と低迷しています。

 

フジテレビが韓流デモあたりで三冠王から転落した後、三冠王の座ったのは日テレですが、その後の凋落までたどることになってしまうのでしょうか。

 

◆テレビの闇の深さを感じた瞬間

こわっ→ geinou reading geinou ranking

こわっ→ geinou ranking geinou reading

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※坂上忍さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

織田裕二がブチ切れ!失礼極まりない坂上忍に共演NGに叩きつける一方で、なぜか視聴者からの評価はうなぎ登りとか

10月期のフジテレビ月9ドラマ「SUITS/スーツ」で主役を演じている織田裕二さん。

 

10月1日には「FNS番組対抗 オールスター秋の祭典」に生出演して笑顔を振りまいていましたが、その裏では司会の坂上忍さんから侮辱的な扱いを受けたことに超絶激怒し、共演NGを突きつけるという事件が勃発していたといいます。

 

 

[以下引用]

「収録後、誰の目にも織田さんがイラついているのが分かりました。ため息をついたり、体を左右にゆすったり……。普段は饒舌な人なんですが、彼は不機嫌になると口をへの字にして黙り込んでしまうんです」(番組関係者)

 

番組の冒頭で、総合司会の坂上忍がゲストの織田裕二をこう冷やかした。

 

「みなさん!フジテレビに織田裕二が帰って来ましたよ~!」織田は苦笑いをしながら両手を振って“やめて”とアピール。それでも懲りない坂上は「この番組に織田が出てくれるってなって、スタッフ全員ビビっちゃってる」と煽ったのだ。

 

さらに坂上が“織田”と呼び捨てにしていたことも相まって、《MCの立場で織田裕二だけ呼び捨てにするのめちゃ不愉快!》といった視聴者からの非難の声が殺到した。こうした坂上の“非礼”に顔面蒼白になったのが同局のドラマ担当者だ。

 

「今回、織田さんが出演したのは、あくまでも主演を務めるドラマ『SUITS/スーツ』の番宣のため。“イジられ役が必要であれば共演者の中島裕翔さんに振る”と事前の打ち合わせで取り決めがあったと聞いています。そうした経緯があったにも関わらず、生放送で約束を破られたことに納得がいかなかったのも当然だと思います」(フジテレビ関係者)

[女性自身]

 

ということですが、織田さんと坂上さんの間には、1991年の映画「就職戦線異状なし」で共演したときから因縁があると言います。

 

※時代を感じます

[amazon]

 

二人は同い年ですが、子役から芸能界にいる坂上さんは当時から織田さんに対して先輩風を吹かせていたんだとか。

 

しかし、映画はあくまでも織田さんが主演で、坂上さんは3番手の脇役。

 

いくら芸歴が長いからといっても、主役に対して不遜な態度を取るのは無礼ですし、撮影中は金子修介監督から織田さんへのダメ出しはなかったのに、坂上さんには「もうちょっと自然体で」といったダメ出しがあったんだそう。

 

つまり、役者としての実力も人気も”後輩”である織田さんの方がずっと格上なわけで、プライドの塊のような坂上さんはそれが耐えられなかったようです。

 

で、その時の遺恨が先日の特番で爆発したということですが、27年前の出来事をいまだに根に持ってるというのは器が小さすぎて泣けてきます。

 

しかも、同作品以降は共演もなく、プライベートでも全く接点がないといいますから、馴れ馴れしく先輩ヅラされた織田さんも当惑したのでは?

 

[以下引用]

どうして坂上は、こんな不躾な態度を取ってしまったのだろうか。

 

「年に2回の特番の総合司会という“大役”を務める坂上さんとしては、大物である織田さんをあえてイジって番組を盛り上げようとしたのでしょう。織田さんとは旧知の仲だから許してくれるだろうという計算もあったのかもしれません。ただ、視聴者の反応にもあるように、どんなに親しくても司会者がゲストを何度も呼び捨てにするのは、バラエティー番組といえども非常識とされています」(テレビ局関係者)

 

実は織田が不愉快になったのは、他にも理由があった。今回のドラマで織田は『東京ラブストーリー』以来27年ぶりに鈴木保奈美との再共演が実現。同ドラマが再放送され大きな話題を浴びている。坂上は特番でも、織田に「久しぶりに共演すると、どうなんですか?」としきりに質問していたのだが―

 

「織田さんは過去の作品のイメージを引き合いに出されることを嫌うんです。特番では『東ラブ』を用いたクイズも出題されましたが、織田さんに話を振るのはNGと打ち合わせされていたそうです。それが本番では、いきなり坂上さんに突っ込まれてしまった。制作サイドから坂上さんも聞いていたはずなんですが……」(フジテレビ関係者)

[女性自身]

 

事情はどうであれ、とにかくゲストを呼び捨てにするのはとても不愉快なこと。

 

収録後、織田さんは「約束が違う!」と怒っていたそうで、ネットでも「坂上が失礼すぎる」「織田裕二ってイヤなヤツみたいに言われることが多いけど、坂上のほうが断然イヤなヤツに見える」など、坂上さんに批判的な意見が数多く飛び交っていました。

 

まあ、共演NGになるのも仕方ないかと。

 

坂上さんも、盛り上げようと張り切るのは良いにしても、その方法が呼び捨てや事前の約束を破って東京ラブストーリーの話題を振るというのは、ちょっと芸がないと言うか…

 

一方、何度も呼び捨てにされ、番組の最後ではコメントを求められ話している途中でブツ切りにされるという嫌がらせを受けたにも関わらず、終始笑顔で対応していた織田さん。

 

舞台裏ではブチギレ共演NGを出したにしても、大人な対応ですよね。

 

これまで何かと「面倒くさい俳優」のレッテルが貼られてきましたが、坂上さんの横暴ぶりのおかげで「もしかしていい人なのでは?」とイメージアップしたとも。

 

2016年10月日放送の「TBSオールスター感謝祭」に出演した際も、土屋太鳳さんが“赤坂5丁目ミニマラソン”で激走し、ゴールしたとたんに倒れ込み、それを素早く介抱するため駆け寄ったことに対して称賛の声が上がっていましたが…

 

今後も積極的に感謝祭系の生特番に出演すれば、どんどん世間からの好感度が上がって、バッシングされることもなくなるかも?

 

◆名作・踊る大捜査線に囁かれる

醜聞→ geinou reading geinou ranking

醜聞→ geinou ranking geinou reading

 

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※坂上忍さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

「お前は外国からきたトップモデルか!」勘違い芸能人3人が虚しい

なぜそんな大きな態度ができるんだ?勘違いしすぎてメンドクサイという芸能人の実名が3人暴露されていました。

 

 

[スポンサーリンク]

 

 

 

「お前は外国からきたトップモデルか」板野友美

 

トカナによると、とにかく態度がでかく、大物女優以上に収録現場の環境を求められるため、温度管理のための特別体制や大きな楽屋の準備など、何かと面倒で、業界では「他のタレントより優位に扱われていないと気分を害する勘違いタイプ」と言われているとのこと。

 

で、「お前は外国からきたトップモデルか」と揶揄されているそう。

 

※トップモデル…[楽天市場]

 

 

 

以前も、「板野友美の勘違いぶりがイタイ」と、楽屋の広さが指定されるとか、演技の仕事の場合、撮影時間の上限が設けられることがあるとか、そこまでしても演技は顔だけキメた棒読みで一緒に仕事したくない女優の一人だと名前が出ていました。

 

さらに、コメントもピントがズレていて、イベントでのポーズも顔もいつも同じで、と、タレントとしてもプロ意識に欠けるという話も。

 

AKBがやっと全国区になってきたころ、取材で「ようやくアキバのオタッキーの人以外にも知ってもらえてよかった」と答えてスタッフにたしなめられていたというのは当時の週刊文春の報道です。

 

AKBから卒業しても、ホリプロ所属ということもあるのか、なぜか映画に主演もしていましたから、天狗になっちゃったんでしょうか。

 

 

実力を勘違いしている狩野英孝と坂上忍

 

結婚しても数日で浮気、離婚後は二股どころか六股、挙句の果てに未成年に手を出してしまった狩野英孝さん。

 

スキャンダルがあっても話題性があるから番組に呼ばれているそうですが、トカナによると、本人はそれを自分が才能があるから需要があると思っているフシがあるとのこと。

 

勘違いですね。

 

 

もう一人、坂上忍さんは、司会論やお笑い論を語りだすそうで、本業は俳優、司会はこの数年の仕事でお笑いなんて門外漢のはずなのにと業界で白い目で見られているそうですが、「本人は大物司会者の仲間入りを果たしたと思っていて、謙虚になる様子はまだない」とのこと。

 

まあでも坂上さんは子役から芸歴が長いですし、自分の関わる業界について考えを持っているのは当然といえば当然かも。

 

それを飲み屋で披露するんじゃなくて、番組や打ち合わせで披露するんだと嫌だなと思う人もいるかもしれませんね。

 

ちなみに、年始に発表されていた「もう見たくない芸能人」ランキングで1位は坂上さん、5位は狩野さんでした。

 

狩野さんはスキャンダルも多いのにスタッフにも好かれていないのでは、もうすぐ消えてしまうかも。

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※板野友美さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング