パンくずリスト
  • ホーム
  • ビートたけし
タグ:ビートたけし

 

新型コロナウイルス感染拡大による影響により、広告収入減に苦しむ民放テレビ局。

 

その落ち込み具合は衝撃的なレベルだそうで、ついに大物タレント切りが始まりそうだと言います。

 

そして、そのトップバッターとして狙われているのが、芸能界を代表する超大物・ビートたけしさんで、早ければ年内にもドミノ倒しでレギュラー番組打ち切りラッシュが始まる可能性があるとか。

 

※コンビニでは、レジ袋買うと商品をちゃんと詰めてくれるのが嬉しいです。



 

ギャラが下げられないなら番組終了

 

一部報道によると、ここ10年ほどタレントのギャラは低下の一途をたどっており、若手だとゴールデン番組でも数万円なんてこともザラにあるといいます。

 

しかし、そんな状況でもメインMCのギャラ水準だけはなんとか維持しようと、芸能界は一致団結してテレビ局と交渉してきたものの、いよいよコロナ禍でそれも崩れたそう。

 

すでにテレビ局側は

 

「ギャラを下げられないなら、番組ごと終わらせてしまえ!」

 

という対応になっており、高額ギャラをもらっていた小倉智昭さんの「とくダネ!」が終わったのは、その良い例だと言います。

 

[以下引用]
もはや大御所といえども関係なし。それぐらいコロナは甚大な影響を及ぼしているのだ。実はこの春の番組改編でも、トップ中のトップ芸人の番組打ち切りが一度は検討された。

 

ビートたけしです。とにかくギャラが高い上に、値下げしてくれる様子もない。それどころかちょっと前にはギャラアップまで要求された。いくら世界のたけしでも、もはやテレビ局は支えきれない」(テレビ局関係者)

 

土曜日の情報番組「新・情報7DAYSニュースキャスター」(TBS)を筆頭に、1990年から30年以上にわたって続いている 「世界まる見え!テレビ特捜部」(日テレ)、「奇跡体験! アンビリバボー」(フジ)など、ほとんどのレギュラー番組が打ち切り対象にあがったというのだ。

 

「もしかしたら全てのレギュラー番組が一気になくなるのでは? という話まで出ていた。特に視聴率がいいわけでもなく、ギャラは高いのだから、切りたいというのが各局の本音」(前同)

[TOCANA]

 

引用記事によると、たけしさんが今春はギリギリセーフだったのは、各局とも「一番最初にはなりたくない」という日本のテレビ業界特有の心理が働いたからなんだそう。

 

ですが、その中でもTBSは”たけし切り”に最も前向きだそうで、ここが決断すれば一気に崩れると見られていると言います。

 

まあ、正直言って「情報7days」でのたけしさんは、いてもいなくても良い存在。

 

というか、例のフガフガ病で何を言ってるのか分からないことも多く、おちゃらけた衣装や態度が番組にどれだけ貢献しているかと言ったら、甚だ疑問が残ります。

 

しかも、それでいて1本あたりのギャラは数百万円とも言われるほどの超高額で、テレビ局が減額交渉を持ちかけると、例の銭ゲバ妻が激怒して突っぱね、逆にギャラアップを要求してくるといった始末。

 

それじゃあ、リストラされても当然ですよね…

 

TBSが決断したら、雪崩のように他局も追随するのは必至で、そうなればたけしさんがテレビから消える、つまり芸能界から卒業するというのもあながち信憑性の低い話ではないかもしれません。

 

 

テレビ業界から次々と逃げ出すのは…

 

[スポンサーリンク]

 

さて、このようなテレビ局の対応によって芸能界からの卒業を余儀なくされそうなのは、たけしさんだけではありません。

 

他にも明石家さんまさんや所ジョージさん、吉本興業やジャニーズの大物タレントなどたくさん存在します。

 

現在、テレビ局は事情を丁寧に説明し、平均して1~3割ほどギャラを下げるべく交渉しているといいますが、なかなか上手くいっていないようです。

 

そして、そんな状況を見ている中堅芸能人たちは、すでにユーチューバーなどテレビに頼らない収入源を求めて動き出しているといいます。

 

石橋貴明さんや江頭2:50さん、手越祐也さん、渡辺直美さんなどはその良い例で、100万人以上の登録者数を集めることができれば、テレビに頼らなくともじゅうぶんにやっていけることが証明されています。

 

今後、意趣返しでテレビ局への反乱が一斉に起きる可能性も高いですが、実はそれ以上にヤバイ状況が起きているそうで…

 

[以下引用]

テレビ界のリストラ策は芸能人だけではない。裏方のスタッフも含まれる。

 

「タレントのギャラだけでは対応できません。まず、放送作家は必要ないとジャッジされています。3年以内にこの職業は消滅してしまうかもしれません。また、ADも最小限の人数ですね。昔はディレクター1人に1~2人付いていたのが、いまでは3人のディレクターにAD1人という状態です」(制作スタッフ)

 

テレビ界では、若手スタッフが次々と逃げ出すジリ貧状態に陥っているのだ。

 

「若手はコロナ感染も恐れているんです。クラスターにまでなっていませんが、番組単位ではコロナ感染者が急増しています。さらに低賃金…。将来性のないメディアで体を張る理由が見つからない。結果、若手は失望し辞めていくんです」(放送作家)

 

政界や広告界では「テレビ界再編は時間の問題だ」との声が出ているほど。

 

5年以内に潰れるキー局が出てきても不思議ではない状況です。現状のままではフジやテレ朝は厳しいかもしれない」(消息筋)

 

テレビ局自体が社会からリストラされそうだ。

[週刊実話]

 

最後のコメント、上手ですね。

 

テレビ業界からスタッフが次々と逃げ出しているという話ですが、その人たちの向かう先はただ一つ。

 

それはAmazon PrimeやHulu、NetFlixといった外資系の動画配信サービス。

 

優秀な人材であれば、テレビ局勤務時代の2倍〜3倍ほどの年収を提示してどんどん引き抜いていると言いますから、これはマジでテレビ局はヤバイかも?

 

芸能界の大御所タレントがテレビ業界からリストラされる一方で、テレビ業界自身も社会全体から不要認定を受けて廃れていくとしたら、それも時代の流れなのかもしれません。

 

◆いろんな芸能人の卒アル

美しい人は美しい→ geinou ranking geinou reading

美しい人は美しい→ geinou reading geinou ranking

 

◆これ、Tシャツじゃなくマスクに書いたら良くないですか?



 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※ビートたけしさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

ビートたけしさんが芸能界引退の危機に陥っているといいます。

 

長引く武漢コロナ禍の影響で、各テレビ局の広告収入が大幅減少していることは周知の事実ですが、その影響で番組制作費も40%近くカットされてしまうケースも続出し、コスパに見合わない大物タレントたちのリストラが急激に進められているそうで…

 

 

[以下引用]

「'08年から放送されているTBS系の人気情報番組『新・情報7DAYSニュースキャスター』も来春リニューアルすることになり、司会の1人であるビートたけしさんが番組から卒業する案が浮上しています。コロナ後、たけしさんはリモート出演に切り替わっていましたが、言葉が聞き取りづらいうえ、スタジオとの温度差もあり、生放送でのやりとりがチグハグした印象になっていました。 また、1本150万円という高額ギャラがネックに。来春以降は一緒に司会を務めている同局の安住紳一郎アナがメインのニュース番組になると聞いています」(TBS関係者) 

 

さらに、来春以降、たけしの露出がかなり減りそうだという声も。

 

「フジテレビ系の『奇跡体験!アンビリバボー』も来春で終了するようです。たけしさんは、今年2月に18歳年下の女性と再婚を発表。マネージャーも兼任する再婚相手の方針もあり、ギャラ交渉に応じるどころか、ギャラのアップを要求する強気な姿勢なんだとか。たけしさんのギャラを捻出できなくなったため、ついにリストラ候補になってしまったというんです」(テレビ局関係者)  

[週刊女性プライム]

 

ということですが、テレビ局に限らず日本全体がコロナ禍で大変な時期が続いているというのに、伸びしろのないおじいちゃんがギャラアップを要求だなんて、いったい何を血迷っているんだか…

 

正直、ここ数年のビートたけしさんはフガフガと何を喋っているのか聞き取れませんし、完全に時代遅れのおじいちゃんにしか見えません。

 

まあ、73歳という年齢を考えたら仕方ないのかもしれませんが、”しゃべりが命”の芸人さんが”しゃべり”でダメになったら、ギャラアップどころか引退するしかないでしょう。

 

もちろん、”後妻業”として妻の座に収まった女性マネージャーさんとしては、

 

「冗談じゃない!稼げるうちに稼がせないと、私の財産が…」

 

というところなんでしょうけどね。

 

オフィス北野やたけし軍団を巡る騒動、そして老年離婚などでたけしさんの周辺はグダグダですし、これ以上、晩節を汚して欲しくないというのが世間大多数の意見でしょう。

 

ちなみに、たけしさんは現在も

 

「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日系)

「世界まる見え!テレビ特捜部」(日本テレビ系)

「たけしのニッポンのミカタ!」(テレビ東京系)

 

の3番組を持っていますが、もはや新しく番組がスタートすることはなさそうです。

 

「銭ゲバな再婚妻に死ぬまで尻を叩かれそうだ」

 

と業界では囁かれているそうですが、たけしさんがこれまで築き上げてきたウン十億円以上と言われる財産は、そのほぼ全てを前妻が持っていってしまったらしいです。

 

後妻マネージャーとしては

 

「くそっ!こんなはずじゃなかったのに…」

 

と地団駄踏んでいることでしょうし、死ぬまでどころか、死んだ後もなんとかカネを生み出すべく必死に脳ミソを捻っているのでは?

 

ということで、もはや完全に後妻マネージャーの操り人形と化しているたけしさん。

 

これまで半世紀以上、ご苦労さまでした…

 

◆一方、あの大御所さんもこんなことを言われちゃってます…

 これが本音?→ geinou ranking geinou reading

 これが本音?→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※ビートたけしさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

ひき逃げ事故を起こした伊藤健太郎さんが謝罪したことに対し、『新・情報7days ニュースキャスター』に出演したビートたけしさんが「誰も迷惑かけられていない」とコメントしてしまい、ネットで大炎上しています。

 

※もう、限界のような…

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おもしろtシャツ 俺流総本家 魂心Tシャツ 殿…背中が隙だらけですぞ!!【漢字 ...

価格:2380円(税込、送料無料) (2020/11/1時点)


楽天で購入

 

ビートたけしの「誰も迷惑なんか、かかってない」 「嬉しいだけ」

 

[以下引用] 

伊藤容疑者は29日にひき逃げの疑いで逮捕されたが、翌日の30日に釈放された。その際、報道陣の前で「この度は自分が起こしてしまった事故のせいで、ご迷惑をお掛けしてしまったことを深く反省しています。申し訳ございませんでした」などと謝罪した。

 

これにたけしは「『この度は皆様に大変ご迷惑をおかけしました』って必ず最初に言うよね。誰も迷惑なんか、かかってねえのにな。こっちはうれしくてしょうがない。テレビ見るのが楽しいと思っちゃう」とジョークを飛ばしたが、番組キャスターの安住紳一郎アナウンサーは「そんなことは言わないでください」と苦笑いだった。

[東スポ]

 

 

まあ、これはたけしさん流の毒の効いたジョークでしょう。

 

たけしさん本人も、ひき逃げの被害者、そのとき事故処理に携わった方々、場合によっては起きていたかもしれない渋滞に遭った方々、そして伊藤さんと映画やドラマで共演した方々、制作スタッフ、番組関係者、そしてスポンサー筋に「大迷惑を掛けた」ことくらい、十分承知のはず。

 

ですが、それ以外の人たちには「何も迷惑なんて掛けてねーだろ!」と言いたかったのでしょうし、それくらい多くの人は理解しているのでは?

 

そして、謝罪するほうの芸能人の中にも、「自分なんでここで謝罪してるんだ?テレビの向こうには迷惑かけてねーし」と思ってる人もいそうですし、「これでなんとか今後、また応援してくれる気になってはくれないだろうか」と思いながら謝罪してる人もいるのかも。

 

ただ、視聴者にはまーったく迷惑がかかってないかというと、それもどうなんでしょう。

 

伊藤さんがひき逃げを起こしたことで、映画『今日から俺は!』の円盤化がなくなるかも、という話がありますよね。『とんかつDJアゲ太郎』公開日は北村匠海さんがフジテレビの情報番組に出演するはずだったのに取りやめになっていて、それを楽しみにしていた視聴者もいたでしょう。そんな感じで、本来なら手に入れることができたはずのモノがダメになってしまったという意味では、迷惑にもなるのでは。

 

 

 

たけしに吹きつけられる「老害」「引退せよ」の声 

 

[スポンサーリンク]

 

今は芸能人のちょっとした失言?が大げさに騒がれる時代ですからね。

 

たけしさんがそれを理解して確信犯でやっているとも思えませんし、最近のおじいちゃんぶりを見ていると「そろそろ引退したほうが…」という声が出てくるのも当然かと。

 

20歳以上も若い女性に熱を上げ、80歳を目前に家族を捨てて再婚し、長年に渡り面倒を見てきた”たけし軍団”を解散しちゃうなど、やってることが痛々しすぎます。

 

これまで半世紀以上に渡り芸能界で活躍し、その歴史に名を刻んできたわけですから、これ以上醜態を晒す前に潔く身を引いたほうが…

 

って、超絶な銭ゲバぶりを発揮している”奥様”が、そんなことを許すはずはないか。。

 

このまま稼げるだけ稼がせられて、最後はボロ雑巾のように…

 

って、伊藤さんの話題とは関係なくなりましたが。

 

とりあえず、伊藤さんも芸能界からの追放だけはなんとか避けたいと必死な思いで謝罪したんでしょう。

 

過去、飲酒運転して電柱を根こそぎ倒し、心配して集まった地域の人を尻目に一目散に逃走したこともある坂上忍さんだって、今ではエラソーにテレビで言いたい放題やってますからね。

 

伊藤さんも「一生を懸けて償う」覚悟があるのであれば、業界で言われている「1年間の謹慎」が明けたら俳優業に復帰することもできるのでは?実際、素顔はともかく、主演のときは座長として盛り上げる力量もありながら、今どき珍しく「脇」もできる俳優だと本業では高く評価する声もあったようです。

 

もちろん、復帰の時には今回の反省を経て別人のように変わっていることが条件ですが。

 

◆え、木村拓哉が誰と同じだって?

ビートたけしの毒舌が容赦ない→ geinou ranking geinou reading

ビートたけしの毒舌が容赦ない→ geinou reading geinou ranking

 

※ここまで

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※山本舞香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

[スポンサーリンク]

 

ビートたけしさんの元弟子兼運転手だった石塚康介さんが、たけしさんの所属事務所「T.Nゴン」と愛人A氏を相手取り1000万円の損害賠償を求めて提訴した件が、思わぬ展開を見せつつあります。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

僕は馬鹿になった。 ビートたけし詩集 祥伝社黄金文庫 / ビートたけし 【文庫】

価格:524円(税込、送料別) (2019/11/24時点)


楽天で購入


 

 

 元弟子からのパワハラ訴訟に反論したものの…

 

20日発売の「週刊新潮」によると、石塚さんはA氏から日常的に監視されてパワハラを受け自律神経失調症を患ったとのこと。

 

また、昨年2月、前所属事務所のオフィス北野から不当に金を取られているというAさんの話を信じたたけしさんが、自宅にオフィス北野の森昌行社長(当時)を呼び出し、軍団メンバーを含めた10人ほどで取り囲んで3時間にわたり糾弾。

 

その時、たけしは森さんに向かい「なめてんじゃねーぞ、コノヤロー!」「(軍団)全員に何株かずつ返せよ。それで(株の)贈与税も全部テメエで払えよ」などと罵倒し、さらに「おい、刀出せ!」と言って“武器”を握り、森さんに殴りかかろうとしてそう。

 

これはさずがにマズイですよね。。

 

「デイリー新潮」では現場の様子を収めた生々しい音声も公開されていますが、これが事実であれば”監禁罪”や”脅迫罪”での逮捕もあり得るとのこと。

 

これに対し、たけしさんサイドは「週刊新潮」発売直後に反論コメントを発表。

 

「いずれも事実に反し、当社らに対する訴訟は全くの不当訴訟というほかございません」とパワハラを否定した上で、「男性は俳優志望で、たけしに弟子入りを志願してきたために、芸能活動をできる限り応援した」と説明。

 

さらに「詳細の公表は差し控えるものの、さまざまな問題行動があり、最終的には自ら弟子を辞める道を選択されました」と、石塚さん側に落ち度があることを強調し、今後は徹底的に法廷で争う考えを示しました。

 

しかし、この騒動に業界はかなり冷ややかな見方をしているようで…

 

[以下引用]

「自分の離婚報道などは出演番組でネタにしていたたけしだが、さすがに今回の件はシャレにならないのでネタにはできなかった。とはいえ、パートナー女性の気性の激しさは業界中に知れ渡っており、提訴した元運転手へのパワハラも目撃されていたので、反論に対しては業界内から失笑が巻き起こっている。だが、今やたけしに寄り添う唯一の人物なので、たけしとしては何としても名誉を回復してあげたいようだ」(テレビ局関係者)

[リアルライブ]

 

ということですが、愛人といわれるこのパートナー女性と行動をともにするようになってから、たけしさんがおかしくなってきているように感じるのは気のせいでしょうか?

 

ちなみに、先日放送されたフジテレビの「27時間テレビ」では、関ジャニの村上信五さんとともに司会を務めましたが、残念ながら番組史上最低の視聴率を記録するという大惨敗に終わりました。

 

視聴者からは「たけしはフガフガ何を言ってるのかわからない」「もう、あのおじいちゃんは限界だろ」といった厳しい声が飛んでいましたが、業界評も全く同じようです。

 

 

 テレビ業界ではこれを機に「たけしを干す」動きも…

 

[スポンサーリンク]

 

これまで半世紀近くに渡りTVバラエティ界に君臨してきたたけしさん。

 

今でも大御所として数多くのレギュラー番組に出演しているため、世間一般的には「テレビ界で重宝されている」と思われがちですが…

 

 

[以下引用]

「そうしたイメージとは裏腹に、今ではどこの局にも、できればたけしとの縁を切りたいという空気が広まっています。その理由はシンプルで、たけしのギャラは番組1本当たり300万円以上が相場と高額にもかかわらず、視聴率が取れないから。かつてたけしと共に“お笑いBIG3”と呼ばれたタモリや明石家さんまが、一定の視聴率が見込めるため各局からオファーが絶えないのとは大きな違いです。

 

また、いまだに“現役感”あふれる2人とは対照的に、ここ数年のたけしは、番組内でのコメントも視聴者の感覚とのズレが目立つことも多く、そもそも滑舌が悪くて何を話しているのかよくわからない場面もあり、“切り際”を窺っている空気もある。そのため、今回の恫喝音声を都合よく材料に使おうと考える局が出てきても、おかしくはないでしょう」(テレビ局関係者)

 

「すでに報じられている通り、Aさんとの交際が始まって以降、森さんだけじゃなく、長年たけしに付いてきたマネージャーやスタイリスト、さらにはたけしを慕っていた芸人、さらには“北野組”といわれる映画スタッフなど、多くの人がたけしの下を去った。最近では、仕事の関係者ですら、Aさんを通してしか、たけしとやりとりができなくなり、“正しい情報がたけしに伝わっていないんじゃないか”という声まで聞こえてきます。

 

このままだと本当にたけしは孤立して、かなり危険な状態になるんじゃないかと噂されています。かつては頻繁に軍団や仕事関係者などと大勢で食事に行ったりしていましたが、最近ではそれもめっきり減っているようですしね」(別のテレビ局関係者)

[ビジネスジャーナル]

 

あらら、そうだったんですか…

 

すでに”裸の王様”になっちゃってたんですね。

 

そういえば、石塚さんも新潮記事の最後で「殿、早く目を覚ましてください」と訴えかけていましたが、ここ最近は”老い”では済まされないような異常行動が多くなっているように思います。

 

全盛期のたけしさんをよく知っているだけに、なんだか寂しいような、残念なような。

 

ヘンな事件や騒動で芸能界を追われる前に、潔く身を引いて、晩節を汚さないでほしい気もするのですが…

 

パートナー女性がそんなことを許すはずないですよね。。

 

◆愛人としての月の小遣いは1千万円だそうで。

 画像→ geinou ranking geinou reading

 画像→ geinou reading geinou ranking

 

※残り少ない人生。稼げるだけ稼がされて死ぬのさ、オレは。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゴールデン☆ベスト ビートたけし シングルA面コレクション [ ビートたけし ]

価格:2200円(税込、送料無料) (2019/11/24時点)


楽天で購入


 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング