パンくずリスト
  • ホーム
  • ビートたけし
タグ:ビートたけし

 

 

ビートたけしさんの新作映画『首』(仮題)が宙に浮き、公開が危ぶまれています。

 

同映画は昨年10月初旬にクランクアップしているものの、たけしさんと製作会社である角川映画とのトラブルや、現妻の酷すぎる横暴ぶりに愛想を尽かして、優秀なスタッフたちが次々に去ってしまっているんだそうで・・

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

首 [ 北野 武 ]

価格:1760円(税込、送料無料) (2022/1/9時点)


楽天で購入


 

 

 

[以下引用]

作品は戦国エンタテインメントで、自身の書き下ろし小説『首』が原作。主演にハリウッド俳優の渡辺謙を予定し、製作・配給は角川映画、ネットフリックスが10億円を出資して世界配信する予定だった。

 

渡辺に断られて主演は西島秀俊に変更。たけしと再婚した事務所役員のE子さんが、素人にもかかわらず現場に口を挟むため、プロデューサーがダウンしたという情報もありました」(撮影所スタッフ)

 

映画の脚本をサポートしていたフリーライターのK氏も、E子さんとの関係が悪化し、距離を置くようになったという。そのため、たけしに〝ゴーストライター疑惑〟が浮上している。

 

原作小説や映画の脚本は、ほとんどK氏が書いたというウワサが流れています」(K氏と親しい編集者)

 

撮影は終わったが、編集を含めて諸々の作業が停滞しているため、映画はまだ完成していない。そのため、ネットフリックスの世界配信だけでなく、一般公開もいつになるか不透明だ。

 

たけしについては、3月いっぱいでの降板が決まっている『――ニュースキャスター』に続き、他のレギュラー番組でも雪崩現象が起こるとみられている。

 

「フジテレビ系の『奇跡体験!アンビリバボー』も、『ニュースキャスター』同様に高額ギャラがネックとなり、以前から降板説が囁かれていました。他局のレギュラーも、軒並み打ち切りを検討しており、残るのはNHKの『たけしのその時カメラは回っていた』くらいでしょう。もはや潮時です」(テレビ制作会社プロデューサー)

[週刊実話]

 

ということですが、ほんと、もう潮時でしょう。

 

「新・情報7daysニュースキャスター」の降板を発表した際には、

 

「今後は映画や小説など、やりたいことにきちんと精力を注ぎたい」

 

と前向きに語っていましたが、もはや無理。

 

趣味の世界で生きていくならまだしも、商業ベースで活動していくのはもはや不可能。

 

これ以上、晩節を汚して欲しくない、そう思っている人も多いのでは?

 

 

坂上忍に続き、ビートたけしもクビ!加藤浩次、恵俊彰、設楽統もリストラ確実でテレビ業界が大混乱!

 

[以下引用]

「映画のメインはたけしと西島秀俊くらいですから、しょぼい作品になると思いますよ。当初から予想されていたことなんですが、たけしの女房のE子さんが撮影に口を出してきた。『撮影時間を短くしろ』とか、お金がかかることにクレームをつけたり、無理難題をふっかける。〝映画のえの字〟も知らないズブの素人にとやかく指示されたら、現場のモチベーションは下がりますよ。

 

『オフィス北野』の社長だった森昌行氏は北野映画でプロデューサーも兼務していた。その頃の北野組はみんなが生き生きしていた。でも、今回の現場は暗~いムードが漂っていました」(新作映画関係者)

 

E子さんは映画撮影に口出しする一方、角川サイドには映画監督としての権利を主張し揉めていたという。

 

「たけしは2月に映画製作の恩人とされていた映像コンテンツ会社の『バンダイナムコアーツ』に自身の監督作の著作権を巡り、損害賠償を求める訴訟を起こしていたことが明らかになっています。著作権を強く主張しているのがE子さん側と見られています。彼女は金になる権利関係には鼻が利きますからね」(知人のマスコミ関係者)

 

たけしの事務所が製作費を出しているならともかく、監督サイドが製作会社に権利を主張する話は聞いたことがない。そんな状況の中、たけしの〝最後の砦〟として、長年支えてきたKマネジャーも8月末に事務所を去った。代わって、たけし側の事務所をサポートしたのは、たけしと蜜月関係となっている作詞家の秋元康氏だが・・

 

「秋元氏の実弟は業界で辣腕マネジャーとして名が通っている。マスコミ対策も含めて、いろいろ事務所側の相談に乗っていたんですが、つい最近、E子さんとの折り合いが悪くなって手を引いたという情報もあるんです」(芸能ライター)

[週刊実話]

 

どうして妻の横暴を見てみぬ振りをしているのか、全く理解に苦しみますが・・

 

人生の最後でトンデモナイ女に引っ掛かったのが運の尽きでしたね。

 

まあ、それも因果応報なんでしょうけど、残念です。

 

ということで、1月18日に75歳の誕生日を迎えるたけしさん。

 

今までご苦労さまでした。

 

◆後妻業で有名になった芸能人たち。たけしさんも・・

 こうなるんでしょうか?→ geinou ranking geinou reading

 こうなるんでしょうか?→ geinou reading geinou ranking

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

後妻業【電子書籍】[ 黒川博行 ]

価格:804円 (2022/1/9時点)


楽天で購入


 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※たけしさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

先日、坂上忍さんがMCを務める「バイキングMORE」が来年3月で終了することが発表されましたが、それに続き、今度はビートたけしさんが同じ来年3月に「新・情報7daysニュースキャスター」を降板することが発表されました。

 

この動きはさらに続くことが予想され、すでに他の大御所司会者たちもリストラ5秒前状態になっているといいます。

 

※ご苦労さまでした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

弔辞 [ ビート たけし ]

価格:999円(税込、送料無料) (2021/12/15時点)


楽天で購入


 

 

2008年10月に放送開始となった「情報7days」は、たけしさんと安住紳一郎アナの絶妙な掛け合いが好評で、13年以上に渡って続くご長寿番組となっていました。

 

たけしさん自身は、週刊ポストの連載「ビートたけしの21世紀毒談」の中で、

 

「今でも元気なつもりではいるが、年齢的にも深夜の生放送は結構な負担となっていて、そろそろ仕事をセーブするべきではないかと、本気で考えるようになった。今後は映画や小説など、やりたいことに時間と精力を注いでいきたい」

 

このように降板理由を語っていましたが、実際には完全なクビだったそうで・・

 

[以下引用]

「坂上さんは動物の保護活動のため、たけしさんは映画や小説に注力するためと、それぞれが降板理由を語っています。もちろんそういった理由もあるんでしょうが、ちょっと“後づけ感”も否めないですよね。

 

坂上さんにはパワハラ疑惑も報じられました。また、たけしさんは高過ぎるギャラがずっと問題視されていましたし、さらにギャラを引き上げようと交渉していたと報じられたこともありましたからね」(制作会社ディレクター)

 

坂上の『バイキングMORE』の1本あたりのギャラは80万円、単純計算で約2億円とも報じられている。

 

「たけしさんは1本400万円とも噂されていますよね。だとすれば『7days』も、たけしさんに年間約2億円を払っていることになります。

 

各局は今、かねてより叫ばれているテレビ不況に加えて、コロナ禍でイベント事業、不動産事業も不調となり、まったく余裕がありません。常に制作費削減が命題として掲げられ、毎年のように予算が1割ずつ削られていくような状況です。

 

大御所の坂上さんやたけしさんにはもう高額ギャラは払えない、番組は続けられないとなるのは当然の流れとも言えます。何より、2人とも“コア視聴率を持っていない”というのも大きいでしょう」(前同)

 

テレビ各局は世帯視聴率ではなく13~49歳のコア視聴率を重視するようになっており、ここ数年で番組の評価基準もコア視聴率に移行していっている。


「高額ギャラが発生し、かつコア視聴率も持っていない、いわゆる“おじさんタレント”は容赦なく切られてしまう。そんな時代が到来しているわけです。また、帯番組に関しては、1本数十万~100万円を超えるギャラが発生するタレントを使うのは難しくなるのではないか、と業界内には言われています。

 

『バイキングMORE』終了後の新番組も、坂上さんの半額ほどのギャラで引き受けてくれるような芸人をMCに据えるという話が出てきていることからも、テレビ局サイドの厳しい台所事情がうかがえます」(前同)

[日刊大衆]

 

ということですが、正直、たけしさんはテレビタレントとしては限界だと思います。

 

何より、あのフガフガ病で滑舌が悪すぎるのが致命的。

 

それに加え、最近はその言動も怪しいものになってきていて、お笑い芸人としての感性も完全に時代に取り残されているのが明らかで、ネットでは

 

「これ以上、晩節を汚さないで欲しい・・」

 

という声も多く飛び交っていました。

 

まあ、たけしさんの場合、後妻業の現妻と再婚した辺りから、完全におかしくなってしまいましたよね・・

 

今回の降板は仕方ないというか、遅すぎたような気がします。

 

※若かりし頃は輝いていました・・

[Amazon]

 

さて、たけしさんのリストラはテレビ業界にとって怒涛の首切りラッシュの”きっかけ”になりそうだそうで、最も怪しいのは「スッキリ」(日テレ系)の加藤浩次さん。

 

2006年4月にスタートした同番組ですが、例の吉本闇営業問題に端を発する”加藤の乱”あたりから雲行きが怪しくなり、現在は来春にも打ち切りが濃厚と言われています。

 

加藤さんは吉本興業との専属エージェント契約を解消してフリーになっていますし、守ってくれる後ろ盾は皆無。

 

さらに、たけしさん同様に年間2億円という高額ギャラもネックになっていて、後継番組には同局の藤井貴彦アナがMCを務める新情報番組がスタートするとの話も。

 

この辺りの動きは坂上さんの「バイキング」とソックリですね。

 

◆本人も番組打ち切りを匂わせてます

 狂犬に戻りたい?→ geinou ranking geinou reading

 狂犬に戻りたい?→ geinou reading geinou ranking

 

坂上忍、フジテレビから完全消滅へ。「バイキングMORE」打ち切り後の新番組MCは伊藤利尋アナが濃厚

 

次にリストラ確実なのが、「ひるおび!」(TBS系)の恵俊彰さん。

 

同番組は、平均世帯視聴率こそ2020年まで9年連続で同時間帯トップだったものの、芸能やエンタメ情報を取り扱わないこともあり、コア視聴率が全然取れていないんだそう。

 

また、恵さんの司会ぶりも「偉そうだ」と感じている視聴者も多いらしく、TBSとしてはサッサと打ち切って若者向け番組にリニューアルしたいといったところ?

 

※そもそも何をやっていた人なのか、若者は知らない・・

ホンジャマカLIVE '93-'94 JAPAN TOUR [DVD] - ホンジャマカ(石塚英彦・恵俊彰), ジュンカッツ(名倉潤・渡辺勝彦)

ホンジャマカLIVE '93-'94 JAPAN TOUR [DVD]

[Amaon]

 

そして、もう一つ忘れてはいけないのが「ノンストップ!」(フジ系)の設楽統さん。

 

こちらに関しては、平日の午前9時50分から11時25分という「そもそも、誰も見ていない」時間帯ということもあって、視聴率は全く問われないとのこと。

 

で、厳しい経営を迫られているテレビ局としては、こういった番組こそ「予算を掛けたくない」のが本音。

 

例えば、同時間帯の「バゲット」(日本テレビ系)などは、基本的に局アナのみで放送されていてギャラが発生しないため、視聴率は取れなくても評価は高いんだとか。

 

一方、「ノンストップ!」には設楽さんをはじめ、大久保佳代子さんや陣内智則さん、千秋さんといってタレントが多数出演しているため、コスパが非常によろしくないと。

 

だったら、最初から低コストの番組作りに徹すれば・・とも思いますが、スタート当時はコロナ禍で大変なことになるとは分からなかったわけですし仕方ないのかな・・

 

また、設楽さん自身もすでに同番組で名前が売れて、今では多数のバラエティ番組を抱える売れっ子となったため、単価の安い帯の情報番組を無理に続けたい感じでもないそう。

 

ということで、こちらも”円満打ち切り”の公算が高いようです。

 

※さようなら。

bananaman live S [Blu-ray] - 設楽統, 日村勇紀

bananaman live S [Blu-ray] - 設楽統, 日村勇紀

[Amazon]

 

ただ、坂上さんやたけしさん、加藤さん、恵さん、設楽さんといった大物司会者たちが次々とサヨナラすれば、そこにぶら下がって”コメンテーター”という形で仕事にありついていた芸能人の方々も職を失うわけです。

 

そう考えると、芸能界に与える影響はかなり大きいと思いますが、それよりも深刻なのは、視聴者たちに「いよいよテレビの時代も終わりなのかな・・」という印象を強く与えてしまうこと。

 

すでに10代の子たちはテレビなんてものには全く見向きもせず、Youtubeチャンネルやネット配信テレビなど、スマホで好きな時に自由に見られる映像コンテンツに夢中。

 

遅かれ早かれテレビの時代は終わりを告げることくらい、テレビマンの方たちもよーく分かっているはず。

 

だったら、13歳から49歳までのコア視聴率より、今でもテレビをよく観て、テレビから大きな影響を受けている50歳以上の視聴率を重視した方が良いのでは?

 

そうやって”ジ・エンド”までの猶予期間を凌ぎつつ、残された僅かな時間で自分たち自身がネット社会に適応するように変化すべく努力したほうが有意義だと思いますけどね。

 

とりあえず、来春から始まる”大激変”に注目したいところです。

 

◆一度抜かれてしまったら、落ちていくのはあっという間・・

 衝撃のグラフ→ geinou ranking geinou reading

 衝撃のグラフ→ geinou reading geinou ranking

 

 

ためしてガッテンも終わるとか。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

NHKガッテン! 科学のワザで一生やせる。 (生活シリーズ) [ NHK科学・環...

価格:968円(税込、送料無料) (2021/12/15時点)


楽天で購入

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※ビートたけしさん、安住紳一郎さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

ビートたけしさんが乗った車が、ツルハシで襲撃されるという衝撃事件が起きました。

 

※鶴のクチバシに似てますよね!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バチヅル 2.5k 900mm柄付き ツルハシ 送料無料 掘り起こし 粉砕作業

価格:3636円(税込、送料無料) (2021/9/5時点)


楽天で購入


 

 

 

TBS敷地内で襲撃されたビートたけし

 

[以下引用]

4日午後11時40分ごろ、東京都港区のTBS敷地内で、タレントで映画監督のビートたけし(本名・北野武)さん(74)が乗った車が鈍器のようなものを持った男に襲われた。

 

警視庁赤坂署によると、男は駆けつけた警察官に身柄を確保された。たけしさんは無事で、ほかにけが人もいなかった。

 

たけしさんは、同局で午後10時から生放送された情報番組に出演した直後だったとみられる。

[朝日新聞]

 

怪我がなく良かったです。そして警察が間に合って良かった。

 

別の報道によると、犯人は40代男性で、ツルハシで車の窓を複数回叩いたそう。

 

出演していたTBSの『情報7days』は22時から23時24分までの生放送です。

 

それで23時40分にツルハシを持った人に襲撃されるとは。

 

ツルハシは基本的に固い地面やアスファルトを砕くためのもので、日常生活を送るにはあまり必要になるものではありません。

 

田舎ならいざ知らず、特に都会では。

 

ですから、その日の放送の内容を見て突発的にTBSへ向かったというよりは、もともとそのつもりで用意していたんでしょうね。

 

ちなみに、この日の放送でもたけしさんは舌好調で、石破さんを散々いじり、

 

「安倍や麻生があれだけウラでやるなら、自分たちがやれば良かった」

「菅はコロナに潰された、安倍がもう1回やればいい、お腹が痛くてもやれたんだから」

「菅直人のせいで国民は民主党がトラウマになってる」

 

などなど、いいたい放題。

 

仕上げは、安住さんの「ということは、次の選挙は自民党に投票する?」という質問に、

 

「いや、共産党です!」

 

と答え、笑いを誘っていました。

 

まあ、いろいろ刺激アリですね。

 

 

降板を免れたビートたけし

 

ところで、最近のビートたけしさんは暴走が激しくどの局も「どうやって切るか」が悩みどころと言われていました。

 

 

ビートたけし、テレビから追放へ。完全老害化でスポンサーからも総スカン

 

この日出演していた『情報7days』も同様で、ついにこの10月の改編で切られるか、と言われていましたが、それは免れたよう。

 

[以下引用]

同番組にはTBSの安住紳一郎アナと共演。安住アナは10月改編期より、朝5時20分から放送される新情報番組『THE TIME,』のMCに就くことが決定済みだ。

 

「新番組は月~金の放送だけに、土曜日放送のNキャスに安住アナが出続ければ、一番辞めたくないラジオ番組『日曜天国』があるので、週7日勤務になってしまいます。だから安住アナが降板し、番組も終了とみられていました。でも、それは回避されるようです」(テレビ雑誌編集者)

 

TBSの発表によれば、『THE TIME,』は月~木が安住アナ。金曜日は俳優の香川照之がMCに就くことが決定。どうやら安住アナは金曜を休日とし、土曜のNキャスには引き続き出演する方向のようだ。

[週刊実話]

 

 

安住さんが辞めるなら番組も終了、たけしさんも終了、というのが角が立たない終了コースでしたが、そうはならないということですね。

 

そもそも『情報7days』は視聴率が15%前後とかなりの優良番組ですから、TBSもやめたいわけじゃないでしょうし。

 

でも、今回TBS敷地内で襲われた、ということでなにか影響があるかもしれません。

 

TBSとしては、これでたけしさんを切りにくくなったのでは?

 

ただ、たけしさんも74歳。いくら怪我がなかったとはいえ、ツルハシで襲われてショックがないわけありません。

 

もしかすると自ら降板を申し出る、かも?

 

◆芸能界の闇を感じる画像

こわっ→ geinou ranking geinou reading

こわっ→ geinou reading geinou ranking

 

◆もう、潮時では?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

弔辞 [ ビート たけし ]

価格:999円(税込、送料無料) (2021/9/5時点)


楽天で購入


 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※安住紳一郎さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

 

お笑い界の大御所・ビートたけしさんが、芸能界から完全追放されそうな状況になっているといいます。

 

※土用丑の日は国産うなぎで贅沢に。



 

7月1日発売の「週刊新潮」によると、たけしさんは今年2月、バンダイナムコアーツを相手取って訴訟を起こしたとのこと。

 

なんでも、これまで監督を務めてきた「HANA-BI」「座頭市」といった映画15作品の海外使用について「著作権の侵害」だとして損害賠償を求めているんだそう。

 

しかし、これは完全に言い掛かりのようなもの。

 

というのも、たけし映画は製作委員会方式で制作されており、旧所属事務所であるオフィス北野やバンダイナムコアーツの他にも、複数の企業が出資していたと。

 

当時の幹事社はオフィス北野で、著作権も含めて利用の仕方を実際に決めてきたものの、たけし再婚後にしゃしゃり出てきた強欲年下妻が銭ゲバ丸出しで暴れたことにより、たけしさんは当時の森社長と対立してケンカ別れしてしまいます。

 

その後、オフィス北野は映画の権利を全てバンダイナムコアーツに譲渡したそうで・・

 

[以下引用]

「バンダイナムコアーツ側は、オフィス北野から引き継いだ2018年以降については著作権料を支払っているようで、その前については契約にないと思われる。裁判はたけし不利で、損害賠償を取るのは難しそうです」(スポーツ紙記者)

 

今回の騒動に、ネット上からはこんな声が上がっている。

 

《頼むから晩節を汚すようなことをやめてくださいよ。誰かの入れ知恵なのかもしれませんが、訴訟を許諾したのは本人でしょう。どんな人も老いるけど、老い方って重要だな》

 

《新しい奥さんは、たけしが元気なうちにお金を稼いでもらいたいのかな。たけし軍団を可愛がっていたり、あまり儲からない映画をオフィス北野の人と作ったりしてたのが、今や懐かしいですね》

 

中には、たけし映画の内情を暴露する書き込みも。

 

《映像業界にいた頃にバンダイビジュアルにもお世話になったが、たけし映画って何本かのハズレ映画の赤字をごくたまに当たる1本でなんとか穴埋めできるかどうか?って状態で、「毒を食らわば皿まで」の心境でやっていると言われてたよ》

 

《たけしから生まれるお金に固執する、再婚妻のあさましい態度は変わらないでしょうから、そのうち出演料の高額なたけしをレギュラーから降ろす”たけし切り”が始まるはず》

 

たけしは、現在の事務所TNゴンに移籍する前後から、現在の妻の影響で『お金にがめつくなった』と言われていて、好感度が急降下。しかも年を取ったせいか、テレビに出ても『何を言っているか分からない』と言われるほど滑舌が悪くなっている。実際、〝たけし切り〟が始まると思います」(番組制作会社スタッフ)

[週刊実話]

 

たけしさん、再婚してからすっかり人間が変わってしまいましたね。

 

現在の強欲妻に洗脳されて、完全にコントロールされている印象ですが、たけしさん自身もおじいちゃんになって耄碌してしまったような印象。

 

[後妻業]ビートたけしが芸能界引退か!不当なギャラアップ要求でレギュラー番組が続々と打ち切りに

 

日本を代表する”お笑いタレント兼文化人”として、芸能界に数々の金字塔を打ち立ててきたたけしさんだけに、「晩節を汚した」のは本当に残念です・・

 

引用記事にある通り、もはやフガフガ病が悪化しすぎて何を言ってるのかサッパリ分かりませんし、視聴者からも苦情が届いているとも報じられていました。

 

すでにたけしさんは昔のような”数字”も持っておらず、そんなお荷物芸人に1本数百万円もの高額ギャラを払う余裕なんて、今のテレビ局にはないでしょう。

 

「これから”たけし切り”が始まる」

 

というよりも、どうして今まで”たけし切り”が行われなかったのか、不思議なくらい。

 

たけしさんがテレビから消えるのは、時間の問題ではないでしょうか?

 

ついにビートたけしも芸能界を卒業へ。コロナ禍の収益減でテレビ局が高額ギャラの大物タレント切りを開始

 

一方、たけしさんのもう一つの顔である”映画監督”についてですが、こちらも新作の撮影は始まったものの、いまだにクランクアップしたという情報はありません。

 

プロデューサーを務めていたオフィス北野・森社長と絶縁して以降、資金集めも難航しているようで、さらに今回の理不尽な訴訟によってスポンサーから

 

「たけしと関わるのは危ない」

 

と敬遠されるのは必至ですから、このままではジリ貧確定でしょう。

 

ということで、今年で74歳になったビートたけしさん。

 

芸能界のドン・ファンにならないことを祈るばかりです。

 

◆晩節を汚した芸能人といえば、たけし&アキ子以外にも・・

 この人→ geinou ranking geinou reading

 この人→ geinou reading geinou ranking

 

◆さようなら。



 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※ビートたけしさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング