パンくずリスト
  • ホーム
  • ビートたけし
タグ:ビートたけし

 

ビートたけしさんが乗った車が、ツルハシで襲撃されるという衝撃事件が起きました。

 

※鶴のクチバシに似てますよね!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バチヅル 2.5k 900mm柄付き ツルハシ 送料無料 掘り起こし 粉砕作業

価格:3636円(税込、送料無料) (2021/9/5時点)


楽天で購入


 

 

 

TBS敷地内で襲撃されたビートたけし

 

[以下引用]

4日午後11時40分ごろ、東京都港区のTBS敷地内で、タレントで映画監督のビートたけし(本名・北野武)さん(74)が乗った車が鈍器のようなものを持った男に襲われた。

 

警視庁赤坂署によると、男は駆けつけた警察官に身柄を確保された。たけしさんは無事で、ほかにけが人もいなかった。

 

たけしさんは、同局で午後10時から生放送された情報番組に出演した直後だったとみられる。

[朝日新聞]

 

怪我がなく良かったです。そして警察が間に合って良かった。

 

別の報道によると、犯人は40代男性で、ツルハシで車の窓を複数回叩いたそう。

 

出演していたTBSの『情報7days』は22時から23時24分までの生放送です。

 

それで23時40分にツルハシを持った人に襲撃されるとは。

 

ツルハシは基本的に固い地面やアスファルトを砕くためのもので、日常生活を送るにはあまり必要になるものではありません。

 

田舎ならいざ知らず、特に都会では。

 

ですから、その日の放送の内容を見て突発的にTBSへ向かったというよりは、もともとそのつもりで用意していたんでしょうね。

 

ちなみに、この日の放送でもたけしさんは舌好調で、石破さんを散々いじり、

 

「安倍や麻生があれだけウラでやるなら、自分たちがやれば良かった」

「菅はコロナに潰された、安倍がもう1回やればいい、お腹が痛くてもやれたんだから」

「菅直人のせいで国民は民主党がトラウマになってる」

 

などなど、いいたい放題。

 

仕上げは、安住さんの「ということは、次の選挙は自民党に投票する?」という質問に、

 

「いや、共産党です!」

 

と答え、笑いを誘っていました。

 

まあ、いろいろ刺激アリですね。

 

 

降板を免れたビートたけし

 

ところで、最近のビートたけしさんは暴走が激しくどの局も「どうやって切るか」が悩みどころと言われていました。

 

 

ビートたけし、テレビから追放へ。完全老害化でスポンサーからも総スカン

 

この日出演していた『情報7days』も同様で、ついにこの10月の改編で切られるか、と言われていましたが、それは免れたよう。

 

[以下引用]

同番組にはTBSの安住紳一郎アナと共演。安住アナは10月改編期より、朝5時20分から放送される新情報番組『THE TIME,』のMCに就くことが決定済みだ。

 

「新番組は月~金の放送だけに、土曜日放送のNキャスに安住アナが出続ければ、一番辞めたくないラジオ番組『日曜天国』があるので、週7日勤務になってしまいます。だから安住アナが降板し、番組も終了とみられていました。でも、それは回避されるようです」(テレビ雑誌編集者)

 

TBSの発表によれば、『THE TIME,』は月~木が安住アナ。金曜日は俳優の香川照之がMCに就くことが決定。どうやら安住アナは金曜を休日とし、土曜のNキャスには引き続き出演する方向のようだ。

[週刊実話]

 

 

安住さんが辞めるなら番組も終了、たけしさんも終了、というのが角が立たない終了コースでしたが、そうはならないということですね。

 

そもそも『情報7days』は視聴率が15%前後とかなりの優良番組ですから、TBSもやめたいわけじゃないでしょうし。

 

でも、今回TBS敷地内で襲われた、ということでなにか影響があるかもしれません。

 

TBSとしては、これでたけしさんを切りにくくなったのでは?

 

ただ、たけしさんも74歳。いくら怪我がなかったとはいえ、ツルハシで襲われてショックがないわけありません。

 

もしかすると自ら降板を申し出る、かも?

 

◆芸能界の闇を感じる画像

こわっ→ geinou ranking geinou reading

こわっ→ geinou reading geinou ranking

 

◆もう、潮時では?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

弔辞 [ ビート たけし ]

価格:999円(税込、送料無料) (2021/9/5時点)


楽天で購入


 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※安住紳一郎さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

 

お笑い界の大御所・ビートたけしさんが、芸能界から完全追放されそうな状況になっているといいます。

 

※土用丑の日は国産うなぎで贅沢に。



 

7月1日発売の「週刊新潮」によると、たけしさんは今年2月、バンダイナムコアーツを相手取って訴訟を起こしたとのこと。

 

なんでも、これまで監督を務めてきた「HANA-BI」「座頭市」といった映画15作品の海外使用について「著作権の侵害」だとして損害賠償を求めているんだそう。

 

しかし、これは完全に言い掛かりのようなもの。

 

というのも、たけし映画は製作委員会方式で制作されており、旧所属事務所であるオフィス北野やバンダイナムコアーツの他にも、複数の企業が出資していたと。

 

当時の幹事社はオフィス北野で、著作権も含めて利用の仕方を実際に決めてきたものの、たけし再婚後にしゃしゃり出てきた強欲年下妻が銭ゲバ丸出しで暴れたことにより、たけしさんは当時の森社長と対立してケンカ別れしてしまいます。

 

その後、オフィス北野は映画の権利を全てバンダイナムコアーツに譲渡したそうで・・

 

[以下引用]

「バンダイナムコアーツ側は、オフィス北野から引き継いだ2018年以降については著作権料を支払っているようで、その前については契約にないと思われる。裁判はたけし不利で、損害賠償を取るのは難しそうです」(スポーツ紙記者)

 

今回の騒動に、ネット上からはこんな声が上がっている。

 

《頼むから晩節を汚すようなことをやめてくださいよ。誰かの入れ知恵なのかもしれませんが、訴訟を許諾したのは本人でしょう。どんな人も老いるけど、老い方って重要だな》

 

《新しい奥さんは、たけしが元気なうちにお金を稼いでもらいたいのかな。たけし軍団を可愛がっていたり、あまり儲からない映画をオフィス北野の人と作ったりしてたのが、今や懐かしいですね》

 

中には、たけし映画の内情を暴露する書き込みも。

 

《映像業界にいた頃にバンダイビジュアルにもお世話になったが、たけし映画って何本かのハズレ映画の赤字をごくたまに当たる1本でなんとか穴埋めできるかどうか?って状態で、「毒を食らわば皿まで」の心境でやっていると言われてたよ》

 

《たけしから生まれるお金に固執する、再婚妻のあさましい態度は変わらないでしょうから、そのうち出演料の高額なたけしをレギュラーから降ろす”たけし切り”が始まるはず》

 

たけしは、現在の事務所TNゴンに移籍する前後から、現在の妻の影響で『お金にがめつくなった』と言われていて、好感度が急降下。しかも年を取ったせいか、テレビに出ても『何を言っているか分からない』と言われるほど滑舌が悪くなっている。実際、〝たけし切り〟が始まると思います」(番組制作会社スタッフ)

[週刊実話]

 

たけしさん、再婚してからすっかり人間が変わってしまいましたね。

 

現在の強欲妻に洗脳されて、完全にコントロールされている印象ですが、たけしさん自身もおじいちゃんになって耄碌してしまったような印象。

 

[後妻業]ビートたけしが芸能界引退か!不当なギャラアップ要求でレギュラー番組が続々と打ち切りに

 

日本を代表する”お笑いタレント兼文化人”として、芸能界に数々の金字塔を打ち立ててきたたけしさんだけに、「晩節を汚した」のは本当に残念です・・

 

引用記事にある通り、もはやフガフガ病が悪化しすぎて何を言ってるのかサッパリ分かりませんし、視聴者からも苦情が届いているとも報じられていました。

 

すでにたけしさんは昔のような”数字”も持っておらず、そんなお荷物芸人に1本数百万円もの高額ギャラを払う余裕なんて、今のテレビ局にはないでしょう。

 

「これから”たけし切り”が始まる」

 

というよりも、どうして今まで”たけし切り”が行われなかったのか、不思議なくらい。

 

たけしさんがテレビから消えるのは、時間の問題ではないでしょうか?

 

ついにビートたけしも芸能界を卒業へ。コロナ禍の収益減でテレビ局が高額ギャラの大物タレント切りを開始

 

一方、たけしさんのもう一つの顔である”映画監督”についてですが、こちらも新作の撮影は始まったものの、いまだにクランクアップしたという情報はありません。

 

プロデューサーを務めていたオフィス北野・森社長と絶縁して以降、資金集めも難航しているようで、さらに今回の理不尽な訴訟によってスポンサーから

 

「たけしと関わるのは危ない」

 

と敬遠されるのは必至ですから、このままではジリ貧確定でしょう。

 

ということで、今年で74歳になったビートたけしさん。

 

芸能界のドン・ファンにならないことを祈るばかりです。

 

◆晩節を汚した芸能人といえば、たけし&アキ子以外にも・・

 この人→ geinou ranking geinou reading

 この人→ geinou reading geinou ranking

 

◆さようなら。



 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※ビートたけしさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

新型コロナウイルス感染拡大による影響により、広告収入減に苦しむ民放テレビ局。

 

その落ち込み具合は衝撃的なレベルだそうで、ついに大物タレント切りが始まりそうだと言います。

 

そして、そのトップバッターとして狙われているのが、芸能界を代表する超大物・ビートたけしさんで、早ければ年内にもドミノ倒しでレギュラー番組打ち切りラッシュが始まる可能性があるとか。

 

※コンビニでは、レジ袋買うと商品をちゃんと詰めてくれるのが嬉しいです。



 

ギャラが下げられないなら番組終了

 

一部報道によると、ここ10年ほどタレントのギャラは低下の一途をたどっており、若手だとゴールデン番組でも数万円なんてこともザラにあるといいます。

 

しかし、そんな状況でもメインMCのギャラ水準だけはなんとか維持しようと、芸能界は一致団結してテレビ局と交渉してきたものの、いよいよコロナ禍でそれも崩れたそう。

 

すでにテレビ局側は

 

「ギャラを下げられないなら、番組ごと終わらせてしまえ!」

 

という対応になっており、高額ギャラをもらっていた小倉智昭さんの「とくダネ!」が終わったのは、その良い例だと言います。

 

[以下引用]
もはや大御所といえども関係なし。それぐらいコロナは甚大な影響を及ぼしているのだ。実はこの春の番組改編でも、トップ中のトップ芸人の番組打ち切りが一度は検討された。

 

ビートたけしです。とにかくギャラが高い上に、値下げしてくれる様子もない。それどころかちょっと前にはギャラアップまで要求された。いくら世界のたけしでも、もはやテレビ局は支えきれない」(テレビ局関係者)

 

土曜日の情報番組「新・情報7DAYSニュースキャスター」(TBS)を筆頭に、1990年から30年以上にわたって続いている 「世界まる見え!テレビ特捜部」(日テレ)、「奇跡体験! アンビリバボー」(フジ)など、ほとんどのレギュラー番組が打ち切り対象にあがったというのだ。

 

「もしかしたら全てのレギュラー番組が一気になくなるのでは? という話まで出ていた。特に視聴率がいいわけでもなく、ギャラは高いのだから、切りたいというのが各局の本音」(前同)

[TOCANA]

 

引用記事によると、たけしさんが今春はギリギリセーフだったのは、各局とも「一番最初にはなりたくない」という日本のテレビ業界特有の心理が働いたからなんだそう。

 

ですが、その中でもTBSは”たけし切り”に最も前向きだそうで、ここが決断すれば一気に崩れると見られていると言います。

 

まあ、正直言って「情報7days」でのたけしさんは、いてもいなくても良い存在。

 

というか、例のフガフガ病で何を言ってるのか分からないことも多く、おちゃらけた衣装や態度が番組にどれだけ貢献しているかと言ったら、甚だ疑問が残ります。

 

しかも、それでいて1本あたりのギャラは数百万円とも言われるほどの超高額で、テレビ局が減額交渉を持ちかけると、例の銭ゲバ妻が激怒して突っぱね、逆にギャラアップを要求してくるといった始末。

 

それじゃあ、リストラされても当然ですよね…

 

TBSが決断したら、雪崩のように他局も追随するのは必至で、そうなればたけしさんがテレビから消える、つまり芸能界から卒業するというのもあながち信憑性の低い話ではないかもしれません。

 

 

テレビ業界から次々と逃げ出すのは…

 

[スポンサーリンク]

 

さて、このようなテレビ局の対応によって芸能界からの卒業を余儀なくされそうなのは、たけしさんだけではありません。

 

他にも明石家さんまさんや所ジョージさん、吉本興業やジャニーズの大物タレントなどたくさん存在します。

 

現在、テレビ局は事情を丁寧に説明し、平均して1~3割ほどギャラを下げるべく交渉しているといいますが、なかなか上手くいっていないようです。

 

そして、そんな状況を見ている中堅芸能人たちは、すでにユーチューバーなどテレビに頼らない収入源を求めて動き出しているといいます。

 

石橋貴明さんや江頭2:50さん、手越祐也さん、渡辺直美さんなどはその良い例で、100万人以上の登録者数を集めることができれば、テレビに頼らなくともじゅうぶんにやっていけることが証明されています。

 

今後、意趣返しでテレビ局への反乱が一斉に起きる可能性も高いですが、実はそれ以上にヤバイ状況が起きているそうで…

 

[以下引用]

テレビ界のリストラ策は芸能人だけではない。裏方のスタッフも含まれる。

 

「タレントのギャラだけでは対応できません。まず、放送作家は必要ないとジャッジされています。3年以内にこの職業は消滅してしまうかもしれません。また、ADも最小限の人数ですね。昔はディレクター1人に1~2人付いていたのが、いまでは3人のディレクターにAD1人という状態です」(制作スタッフ)

 

テレビ界では、若手スタッフが次々と逃げ出すジリ貧状態に陥っているのだ。

 

「若手はコロナ感染も恐れているんです。クラスターにまでなっていませんが、番組単位ではコロナ感染者が急増しています。さらに低賃金…。将来性のないメディアで体を張る理由が見つからない。結果、若手は失望し辞めていくんです」(放送作家)

 

政界や広告界では「テレビ界再編は時間の問題だ」との声が出ているほど。

 

5年以内に潰れるキー局が出てきても不思議ではない状況です。現状のままではフジやテレ朝は厳しいかもしれない」(消息筋)

 

テレビ局自体が社会からリストラされそうだ。

[週刊実話]

 

最後のコメント、上手ですね。

 

テレビ業界からスタッフが次々と逃げ出しているという話ですが、その人たちの向かう先はただ一つ。

 

それはAmazon PrimeやHulu、NetFlixといった外資系の動画配信サービス。

 

優秀な人材であれば、テレビ局勤務時代の2倍〜3倍ほどの年収を提示してどんどん引き抜いていると言いますから、これはマジでテレビ局はヤバイかも?

 

芸能界の大御所タレントがテレビ業界からリストラされる一方で、テレビ業界自身も社会全体から不要認定を受けて廃れていくとしたら、それも時代の流れなのかもしれません。

 

◆いろんな芸能人の卒アル

美しい人は美しい→ geinou ranking geinou reading

美しい人は美しい→ geinou reading geinou ranking

 

◆これ、Tシャツじゃなくマスクに書いたら良くないですか?



 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※ビートたけしさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

ビートたけしさんが芸能界引退の危機に陥っているといいます。

 

長引く武漢コロナ禍の影響で、各テレビ局の広告収入が大幅減少していることは周知の事実ですが、その影響で番組制作費も40%近くカットされてしまうケースも続出し、コスパに見合わない大物タレントたちのリストラが急激に進められているそうで…

 

 

[以下引用]

「'08年から放送されているTBS系の人気情報番組『新・情報7DAYSニュースキャスター』も来春リニューアルすることになり、司会の1人であるビートたけしさんが番組から卒業する案が浮上しています。コロナ後、たけしさんはリモート出演に切り替わっていましたが、言葉が聞き取りづらいうえ、スタジオとの温度差もあり、生放送でのやりとりがチグハグした印象になっていました。 また、1本150万円という高額ギャラがネックに。来春以降は一緒に司会を務めている同局の安住紳一郎アナがメインのニュース番組になると聞いています」(TBS関係者) 

 

さらに、来春以降、たけしの露出がかなり減りそうだという声も。

 

「フジテレビ系の『奇跡体験!アンビリバボー』も来春で終了するようです。たけしさんは、今年2月に18歳年下の女性と再婚を発表。マネージャーも兼任する再婚相手の方針もあり、ギャラ交渉に応じるどころか、ギャラのアップを要求する強気な姿勢なんだとか。たけしさんのギャラを捻出できなくなったため、ついにリストラ候補になってしまったというんです」(テレビ局関係者)  

[週刊女性プライム]

 

ということですが、テレビ局に限らず日本全体がコロナ禍で大変な時期が続いているというのに、伸びしろのないおじいちゃんがギャラアップを要求だなんて、いったい何を血迷っているんだか…

 

正直、ここ数年のビートたけしさんはフガフガと何を喋っているのか聞き取れませんし、完全に時代遅れのおじいちゃんにしか見えません。

 

まあ、73歳という年齢を考えたら仕方ないのかもしれませんが、”しゃべりが命”の芸人さんが”しゃべり”でダメになったら、ギャラアップどころか引退するしかないでしょう。

 

もちろん、”後妻業”として妻の座に収まった女性マネージャーさんとしては、

 

「冗談じゃない!稼げるうちに稼がせないと、私の財産が…」

 

というところなんでしょうけどね。

 

オフィス北野やたけし軍団を巡る騒動、そして老年離婚などでたけしさんの周辺はグダグダですし、これ以上、晩節を汚して欲しくないというのが世間大多数の意見でしょう。

 

ちなみに、たけしさんは現在も

 

「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日系)

「世界まる見え!テレビ特捜部」(日本テレビ系)

「たけしのニッポンのミカタ!」(テレビ東京系)

 

の3番組を持っていますが、もはや新しく番組がスタートすることはなさそうです。

 

「銭ゲバな再婚妻に死ぬまで尻を叩かれそうだ」

 

と業界では囁かれているそうですが、たけしさんがこれまで築き上げてきたウン十億円以上と言われる財産は、そのほぼ全てを前妻が持っていってしまったらしいです。

 

後妻マネージャーとしては

 

「くそっ!こんなはずじゃなかったのに…」

 

と地団駄踏んでいることでしょうし、死ぬまでどころか、死んだ後もなんとかカネを生み出すべく必死に脳ミソを捻っているのでは?

 

ということで、もはや完全に後妻マネージャーの操り人形と化しているたけしさん。

 

これまで半世紀以上、ご苦労さまでした…

 

◆一方、あの大御所さんもこんなことを言われちゃってます…

 これが本音?→ geinou ranking geinou reading

 これが本音?→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※ビートたけしさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング