[スポンサーリンク]

 

甚大な被害を生んだ台風19号が直撃した10月12日に結婚記念日のお祝いを、SNSでのほほんと報告した神田うのさんが、「配慮が足りませんでした」と謝罪をしたところ、とんでもない黒歴史が蘇ることになりました。

 

 

※こんな頃?もっと前?

 

 

神田うのが台風直撃の日のSNS投稿内容を謝罪

 

 

[以下引用]

うのは12日にインスタを更新し、パチンコチェーン「日拓」グループの西村拓郎社長との結婚記念日を迎えたことを報告。「10月8日結婚記念日当日はランチしました」とホテルオークラ東京のフレンチレストランで豪華な食事を楽しむ様子を写真付きで紹介した。

 

投稿の最後には「それから台風がどうなってしまうのか不安は尽きませんが無事に過ぎ去ってくれる事、皆様の安全をただ祈るばかります。私は娘とハニーちゃんと備えあれば憂いなしで自宅お篭りです」と台風についても言及したが、コメント欄には祝福の声に混じって「この台風の最中、優雅ですね」「関東地方が台風の直撃しているなか豪華な食事してゆっくりくつろぎますね」「世間の空気よまんかい」「被害者の気持ちも少し考えてください」「この大変な時に載せんでもえーやろ。空気読めない人だよな」など批判的な声も。

[スポーツ報知]

 

うのさんはコメントに返信する形で「大変な思いや怖い思いをされている方がこの記事をご覧になったら…と思うと配慮が足りませんでした…こちらこそごめんなさい」「これ4日前の出来事でして…」と反省と謝罪をしました。

 

4日前に結婚記念日を祝った様子を12日になってSNSで投稿したところ、非難の声が上がってしまったということで、ネットでは「不謹慎厨うざい」と同情する声もちらほら。

 

しかしそれ以上に、うのさんと災害と言えば…で思い出されてしまったことがあります。

 

 

阪神淡路大震災のときに死者の数を賭けていた神田うの

 

[スポンサーリンク]

 

2011年に東日本大震災が発生した時、うのさんに関してネットで噂になったのが、「16年前、阪神淡路大震災の時の被害で死亡した人達の人数を賭けていた」ということです。

 

それを知ったうのさんは悪意のある噂だ、そんな賭けするわけがない、あんまりだと否定したのですが、すぐに証拠が発掘されうのさんが嘘をついていたと判明しさらに炎上することに。

 

 

神田うのはウソをついていた!阪神淡路大震災で死者数を賭けていた動かぬ証拠が流出!!

 

結局その時もスルーでなんとなく忘れ去られましたが、また今回思い出されてしまいました。

 

今でこそ若干落ち着いた感も出てきたうのさんですが、過去は酷かったですからね。

 

そんな過去をあっさり忘れ「ネットひどい」とやったうのさんの強心臓にもビックリでしたが、うのさんにとってはそのくらい意味のない、軽い出来事だったのでしょう。

 

そう考えれば、今回のようにあっさりと謝罪できるとは、やはり大人になっているんですね。

 

◆神田うのの不謹慎発言

動かぬ証拠→ geinou ranking geinou reading

動かぬ証拠→ geinou reading geinou ranking

 

※奔放なのがウリな時期もありました

[amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※神田うのさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング