カテゴリー:男性芸能人の記事一覧

カテゴリー:男性芸能人
10日以内に逮捕か。超有名若手俳優Xは他人の前でも薬物吸引!黒い噂にまみれてる

残り10日余りとなった平成のうちに、超有名若手俳優Xが逮捕される可能性が急浮上していると報じられています。

 

Xは以前から素行が悪く黒い噂があるものの、自分だけは逮捕されていないと思っているのか、他人の前で堂々とコカインや大麻を吸引しているため、黒い噂は流れ放題なんだとか。

 

 

 

 

[以下引用]

だが懲りない人間はどこまでいっても懲りないし、他人の話に耳を傾けない。その代表格がXだろう。

 

テレビ局関係者は「以前から薬物問題、女性問題が取り沙汰されており、素行不良で有名だったが、一向に成長する様子が見られない。むしろ年々、悪行に拍車が掛かっている状態で、いつ逮捕となってもおかしくない」と明かす。

 

若手俳優界のトップクラスに位置するXは、10年以上前にデビュー。一躍人気俳優となり、映画やテレビドラマなど出演作は数知れず。世間の好感度も高く、多くの企業からCMキャラクターに起用されている。瀧被告も何本もの作品に出ていたが、そのほとんどが脇役。一方のXは主演作も多く、逮捕となれば瀧被告の時よりも何倍、いや何十倍もの激震が走るだろう。

 

もういい加減、マジメに生きなければならない立場のXは、どんな悪事に手を染めているのか?

 

ある広告代理店関係者は「大麻やコカインなどの違法薬物です。隠れてやっているならばまだしも、Xのヤバイところは他人の目がある場所で堂々と吸引しているのです。会員制のバーみたいなところで、平気で大麻を吸うのは日常茶飯事。当然、見た目やにおいで、大麻であることは一目瞭然です。別の機会にはコカインを鼻から吸引していたこともありました」と衝撃証言した。

[東スポ]

 

情報を整理すると

・以前から薬物・女性問題が取り沙汰されている

・元々素行が悪いことで有名だったが年々ひどくなっている

・若手俳優界のトップクラスに位置する

・10年以上前にデビューしてすぐに人気俳優となった

・映画やテレビドラマなど出演作は数知れず

・世間の好感度も高く、多くの企業のCMに出演

・若かりしころはよく、大企業のボンボンなどと毎晩のように遊び歩いていた

 

とのこと。

 

しかし、これだけ言われてもちょっと誰のことだか…

 

ただ、以前、ナックルズと日刊大衆が報じたイケメン若手俳優Xのコカイン疑惑と一致する部分がかなり多いです。

 

赤線部分は一致しますし、さらに、Xの薬物使用は業界でも捜査関係者内でも知れ渡っているという話も一致します。

 

イケメン若手俳優Xもコカイン疑惑!「逮捕はもう時間の問題」と業界で噂

 

明らかに情報不足だったナックルズと日刊大衆に比べて、東スポにはいろいろと追加情報がありましたが、それでもこれで誰か推測するのはかなり難しいですね。

 

若手俳優のトップクラス、超有名若手俳優ということで20代を連想しましたが、10年以上前にデビューしたということと、「若かりしころ」という表現もあるので、30代もありでしょう。

 

10年以上前にデビューしても今も若手なら子役出身もありそうですが、デビューした途端にブレイクしそのまま人気が継続しているというのは子役からの人だと相当難しそう。

 

ちなみに、芸能界にXの薬物使用が知れ渡っている理由は、モデルやグラドル、タレントの卵といった女性たちと夜遊びする時に、X本人が悪びれず違法薬物を吸引するため、驚いた女性たちが自分の事務所や知り合いの芸能関係者などに報告するためだそう。

 

それでも一向に行動を改めないため、Xの悪行は捜査関係者の間でも知れ渡っているんだとか。

 

 

「当局がマークしている芸能人の一人であることは間違いない。かなり捜査が進んでいるとの情報もあり、残り少なくなった平成のうちに逮捕となっても全然不思議ではない」(捜査事情通・東スポ)ということですが、個人的には逆に平成のうちにはもうないのではと思っています。

 

有名人が一人逮捕されれば話題はしばらくその関係で盛り上がりますし、そうなると改元のお祝いムードに水を差しますから。

 

というか、それほど有名ならなぜもっと前に捕まってないんでしょう。

 

ナックルズや日刊大衆によると、ピエール瀧容疑者が逮捕されるくらいならXのほうが先なんじゃ、と業界で話題だったとのことですし。

 

令和になって落ち着いたらすぐ捕まるかもしれません。

 

いずれにせよ好感度も高くCMも多いとなると、捕まったら相当びっくりするでしょうね。

 

◆コカインをやりすぎると鼻はこうなる

…こわい!→ geinou ranking geinou reading

…こわい!→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※石野卓球さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

浦田直也「平手打ちくらいで人生壊すのか」ファンの擁護の声虚しく蹴り連発していた!余罪の可能性も…

[スポンサーリンク]

 

酔って女性を平手打ちにしたAAA浦田直也さんを擁護する声がイタすぎると話題になっています。

 

酒癖の悪かった浦田さんには余罪の可能性もあるということで…

 

 

 

 

AAA浦田直也さんの逮捕第一報はこちら。

 →AAA浦田直也が逮捕

 

早朝5時にナンパした女性に断られ、しかもAAAを知らないと言われたことに腹を立てた浦田さんが女性を平手打ちにしたために逮捕されたということでした。

 

浦田さん本人は酒に酔っていて覚えていないということですが、防犯カメラにしっかり写っていたということなので、事実は事実として受け入れないといけないですね。

 

そんな中、ディープなファンの擁護がひどいという話が。

 

[以下引用]

「ネットには『酔ってて平手打ちぐらいいいじゃん』『女が騒ぎすぎ』『警察も暇』『平手打ちぐらいで大げさな…とも思わなくもない』という声があり、これらファンも炎上しています。


『自分がされたらどう思うか』『ファンもアホすぎ』『さすがバカな容疑者のファン』『別で暴行もやってそうだし許すな』と嘲笑されていますよ。まあ、大抵の人はそう思いますよね」(芸能関係者)

 

ディープなファンも多いというAAAだが、常識はずれな人間も少なからずいるようだ。浦田には余罪も出てきそうな気配である。

[ビジネスジャーナル]

 

 

女性がAAAを知らないと言ったとき、または浦田さんのナンパを断ったとき、「そりゃ怒るでしょ」という言葉を吐いた可能性もあります。

 

でも何を言われたとしても、手を出したほうが悪くなるというのは子供のころから言われていた事ではないでしょうか。

 

ネットには「平手打ちくらいで人生壊すのか」という声もあります。

 

確かに被害女性は重症ではないようですが、それはたまたまで、酔って覚えてないほどの時に暴力をふるったのにその程度で済んだのはただのラッキーだったとしか言えません。

 

この程度のことであれ、芸能人だから大きなニュースになる、というのも、これまで芸能人だからこその恩恵も受けてきたでしょうし、覚悟しておくべきことです。

 

しかも、後の報道によると、逃げる女性をエレベータで何度も蹴ったという話もあります。

 

浦田さんはソロではないので当然グループにも影響があります。

 

同じグループの西島隆弘さんは、昨日ソロコンサート中に「グループって素敵だよね」とメンバーに触れるコメントをしていたんだとか。おそらく逮捕を知らない状態でのコメントだと思われますが、今日も公演があるそうで、なにか言わないといけないでしょうし気の毒です。

 

6月からは全国ツアーも予定されていて、それを楽しみにしていたファンを思うとこちらも気の毒です。

 

浦田さんは反省するしかないですし、エイベックスがAAAにまだ価値を見いだせていれば復活もあるかもしれませんが…どうなるでしょうか。

 

◆酒癖の悪さを放置した最悪の結果の一つが

これ→ geinou ranking geinou reading

これ→ geinou reading geinou ranking

 

※浦田さん、あれこんな顔?

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※AAA西島隆弘さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

※AAAの代表曲聞いてみる?

AAA浦田直也が逮捕!恋人・浜崎あゆみとの破局とグループ解散は必至か

[スポンサーリンク]

 

浜崎あゆみさんの恋人と噂のある浦田直也さんが酒に酔って女性に暴力をふるったとして逮捕されました。

 

 

 

 

[以下引用]

男女6人組「AAA」のリーダー浦田直也(36)が20日、コンビニで面識のない女性に暴行をしたとして、警視庁に逮捕された。

 

フジテレビの報道によれば、19日の午前5時頃、東京都中央区のコンビニエンスストアで面識のない20代の女性の声をかけたが、誘いに乗ってこないことに腹を立て、平手打ちで頬を叩いたという。当時、浦田容疑者は酒に酔っていて、覚えていないという。

[スポニチ]

 

つまりナンパした女性に振られたから平手打ちしたと、そういうことですね。

 

午前5時なんて早朝に記憶がないほど酔っている状態でコンビニにいるのもおかしいですし、万が一シラフだったとしても、早朝5時からナンパしてくる人なんて警戒されて当たり前です。

 

これは最悪です。お酒を言い訳にしても、結局それが本性だと思われても仕方なく、芸能人として厳しいことになりそうです。

 

個人の問題でもそうですが、グループですから全体の活動に影響します。

 

さらに、交際が噂される浜崎あゆみさんとの関係もピンチですね。

 

そういえば昨年もSNSで酔っ払った自撮り写真とともに、「ayuに会って死ぬほど抱きしめたいんだ」「愛してるんだ」と浜崎あゆみさんへの愛を叫ぶのみならず、最終的には「ダンゴムシになる」と意味不明の文章まで発信する酔っぱらいぶりがありました。

 

誤爆!AAA浦田直也が浜崎あゆみへ猛烈に愛を叫ぶ

 

浜崎さんはそれ以前に浦田さんとのペアリングを猛烈アピールしてましたし、割と最近も2ショット画像を公開していたりしたので、まだ交際は続いてるんじゃないかと思われたのですが、もし続いていたんだとしても、別れてしまうのではないでしょうか。

 

なんせ女性をナンパしていたわけで、交際継続中なら浮気しようとしたということで、その上での暴力ですから。これまでの交際で浜崎さんは大丈夫だったのか心配にもなります。

 

ネットではあまりの行動に薬物検査もして欲しいという声が。

 

今どき薬物で逮捕されても芸能界に復帰するのは珍しくありませんから、今回レベルなら深く反省していると謝罪会見でも開けば芸能活動も継続できるかもしれませんけど、それは才能あってのことでもあります。

 

エイベックスのゴリ押しグループでしたが、最近はパッとしませんし、もう解散してしまうかもしれませんね。

 

◆芸能人酒乱番付

やばい→ geinou ranking geinou reading

やばい→ geinou reading geinou ranking

 

 

※二人のペアリングでしたが。

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※浜崎あゆみさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

山崎賢人が監督にディスられたものの…実写版『キングダム』興行収入は大ヒットスタート!

[スポンサーリンク]

 

4月19日に公開された実写版『キングダム』は、出足好調で配給元の東宝も「興行収入40億円を狙える大ヒットスタート」と発表しています。

 

そんな中、公開前の16日に都内で行われた日本外国特派員協会会見で佐藤監督が「山崎賢人は僕のチョイスじゃない」「すでに決まってた」といった発言が新たな火種を生んでいます。

 

※累計3800万部を突破。

 

 

「『キングダム』は山崎賢人でこれをやる」というプロジェクト

 

[以下引用]

佐藤監督は、『キングダム』の主演に山崎が選ばれたことについて「事実を言うと、山崎賢人は僕のチョイスではなく、プロデューサーが決定していたこと」と暴露。さらには「そもそも(『キングダム』は)『山崎賢人をこれでやる』というプロジェクトだったので……。それを言ってしまうと元も子もないのですが」と明かしたのだった。

 

日本の大作映画に関しては、オーディションや演技審査よりも先に芸能事務所や映画会社の意向が最優先されることは「暗黙の了解」であるが、キャストに関与することも多い監督が「キャスティングに関してはノータッチ」と公言したことは異例の事態である。

 

そのため、今回の『実写版キングダム』に懐疑的なファンは「また山崎賢人のゴリ押しか」「作品を大事にするなら、監督なりPなりが作品や俳優をよく理解した上で配役を決めるべきでは?」「そんなにこの映画に関して自信がないのか」「ただの責任転嫁なのでは」との声が噴出している。

[リアルライブ]

 

これは単なる責任転嫁、コケたときの保険なのでは?

 

多くの実写映画でコケてきた山崎賢人さんがまた実写となると、一般人でも「また山崎賢人」「山崎賢人ありきの企画なんだろうな」と呆れるのも当然です。

 

しかも、山崎さん以外に吉沢亮さん、橋本環奈さんとおなじみのメンバーがいますしね。

 →山崎賢人『キングダム』キャスティングが既視感たっぷり

 

そもそも、実写化は不可能と言われてきた壮大さのある『キングダム』に、いつものメンバーをキャスティングした側にも問題があると言われるのは致し方ないこと。

 

監督からすれば、「自分が選んだわけじゃない!」とグチりたくなるのもわかります。

 

でも、公開3日前になって「山崎賢人でこれをやるというプロジェクトだった」とか言い訳されてもねえ…

 

悪いのはそうやってゴリ押ししてる研音ですが、それでも乗ったのはご自分でしょうに。

 

まあ、監督も喰ってくためには仕事を選べないという事情もあるでしょう。

 

ですが、それを半ば開き直り気味に言われても、観る側としては興醒めです。

 

※佐藤監督作品。じゃあこの作品は誰のためのプロジェクト?

[Amazon]

 

『キングダム』気になる興行収入は。

 

そんな実写版『キングダム』ですが、昨日公開された結果はかなり良かったようです。

 

[以下引用]

東宝は初日興行概況で「本日4月19日(金)13時時点のメーターで、『DESTINY 鎌倉ものがたり』(2017年12月9日(土)公開/興収32.1億円)対比138%を記録。平日金曜初日にもかかわらず土曜初日だった『DESTINY 鎌倉ものがたり』を上回る出足で、来週から始まるGWが10連休ということもあり、興行収入40億円を狙える大ヒットスタートとなりました!」と発表している。

 

渋谷駅近くにあるTOHOシネマズ渋谷を訪れたところ、同館での上映1回目、9時50分からの回では、上映開始5分前の9時45分時点で236席あるスクリーンでチケットの残りは約90席。来場者の年齢層は幅広く、女性客よりも男性客の方がやや多い印象。グループやカップルでの来場のほか、1人で訪れている男性も多かった。

[シネマトゥデイ]

 

日比谷や六本木、渋谷の座席予約状況を見ましたが、昼間の時間帯は残席わずかで確かに好調なのでは。

 

『キングダム』は制作費10億とも言われ高額ではありますが、40億行ったら誰もコケたとは言わないでしょう。

 

山崎さんはずっと演技に難ありという評価で、だからこそゴリ押し俳優と言われてきたわけですが、ドラマ『陸王』あたりから少しずつ評価が変わりつつあります。

 

昨年主演したドラマ『グッドドクター』では演技が高評価で、全話平均視聴率が一桁当然の木曜10時フジで放送されたにも関わらず、11.2%という結果を出しました。

 

そんな山崎さんが今回『キングダム』でシンを演じるにあたり、「死ぬ気で、身を削る思いで撮影に挑んだ」と言い、実際に戦災孤児という設定のため食事制限をして細い体に仕上げ、半年に及ぶアクション練習と乗馬練習を経て撮影に臨んだんだとか。

 

そういう山崎さんを見てきたはずの佐藤監督が、「山崎賢人でこれをやるというプロジェクトだった」なんて言ったら、山崎さんのゴリ押しイメージを上書きしますし、誰もいい思いをしないような。

 

それに、大抵の場合映画がコケれば矢面に立つのは主演であり、よほどのことでなければ監督ではないんですけどね。

 

気になるストーリーも、今回は原作者である原泰久さんが脚本に関わり、試写では涙を流したほどの完成度だったよう。

 

40億狙える、滑り出し好調という記事が出て、ネットで確認できる映画の評価も上々ですし、これは良い波にのるパターンだと思います。

 

山崎さん主演ということで、公開前から物足りなさを感じていても、予告を見て行ってみようとなった人もいるのでは。

 

 

ちなみに現時点での今年公開の邦画1位は木村拓哉さん、長澤まさみさんの『マスカレード・ホテル』46億円、2位はGACKTさん、二階堂ふみさんの『翔んで埼玉』33億円、3位は野村萬斎さん『七つの会議』21億円です。

 

どこまで食い込んでくるのか、楽しみです。

 

◆万人が認めるイケメンの例が枯渇してる件

キムタク、福山雅治の後は?→ geinou ranking geinou reading

キムタク、福山雅治の後は?→ geinou reading geinou ranking

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※山崎賢人さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

ピエール瀧、悪役俳優としてハリウッド進出か?ミュージシャンとしてドラッグに寛容なドイツに移住の噂も

4月4日、コカイン使用によって麻薬取締法違反の罪で起訴されたピエール瀧さんが、23日ぶりに警視庁東京湾岸署から保釈されました。

 

保釈金は400万円だったとのことですが、すでに所属事務所だったソニー・ミュージックアーティスツを解雇され、仕事の先行きは全くの未定。

 

そんな状態で、芸能界史上最高額と囁かれる100億円規模の損害賠償をどうするかに注目が集まっていますが、どうやらウルトラCの打開策があるようです。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ピエール瀧の23区23時【電子書籍】[ ピエール 瀧 ]

価格:1296円 (2019/4/19時点)


楽天で購入

 

[以下引用]
「一番怖いのが『アナと雪の女王』のオラフ役を務めていたディズニーです。子ども向けのドル箱作品に傷をつけられ、今年11月に世界同時公開が予定されている続編にまで影響が及ぶ。ソニーも一部を肩代わりするでしょうが、大半はピエールにのしかかってくる」(映画関係者)

 

そんな瀧被告を巡って取り沙汰されているのが“海外への脱出計画”だ。現在、ドイツ・ベルリンへの移住に向け、水面下で準備を進めているという。

 

「ドイツやイギリスなどのテクノシーンはドラッグに寛容。『電気グルーヴ』の相方である石野卓球は、ドイツ音楽界の重鎮とパイプがあり、ピエールの逮捕直後にドイツへ渡っている。ピエール自身も、ドイツではパフォーマーやVJ(ビデオジョッキー)として有名なんです。向こうで活動を続け、ネットで楽曲販売するのではないか」(レコード会社プロデューサー)

[覚醒ナックルズ]

 

保釈時のピエールさんは、頬がコケて疲れ切った表情はしていましたが、なんとなく目つきは鋭く「死んでない」と見る向きも多かったようです。

 

奥さんも、離婚を勧めてくる周囲に対して「私は絶対に別れない!」と、今後もピエールさんを支えていく覚悟を表明しています。

 

彼女は自宅近くでおでんバーを経営しているそうですから、とりあえず生活費だけはなんとかなるのでしょう。

 

ただ、引用記事にあるようにドイツやイギリスへの移住というのは、すぐには無理かと。

 

今回は初犯ということで、公判では執行猶予判決が出ると見られていますが、そうなると渡航先の入国審査で「NO!!」と拒否される可能性が高いでしょう。

 

執行猶予期間が終わるまでは、日本国内で細々と活動を続ける以外にない…

 

って、そういえばピエールさんが出演していた「麻雀放浪記2020」は、当初の予定通り4月5日に公開されました。

 

不特定多数の人が見るテレビとは違い、映画の場合はお客さんが自腹でお金を払って見に来るわけですからね。公開規模が50スクリーンと小さいため、動員数のランキングは圏外ですが、2億行けばヒットと言われているので、最終的な興行収入は気になるところです。

 

実際、「上映やめろ!」といった抗議の声もなくはないものの、派手な反対運動はないようですし、ピエールさんの演技力や役者としての存在感を高く買っている映画関係者も多いと聞きます。

 

中には「俳優として、今回の薬物逮捕は決してネガティブな面ばかりではない。ハリウッドに進出して悪役路線に活路を見出すこともできるのでは?」との意見も。

 

確かに「凶悪」での演技を思い出すと今でも胸クソ悪くなりますし、向いているかも…

 

ハリウッドで成功すれば、国内で俳優業をするよりも10倍も20倍もギャラが良くなる可能性もあります。

 

今回の薬物逮捕、ピエールさんにとって大きな飛躍のきっかけになったりして。。

 

ハリウッド俳優のギャラランキング!

 昔と比べると、結構しょぼい?!→ geinou ranking geinou reading

 昔と比べると、結構しょぼい?!→ geinou reading geinou ranking

 

 

※閲覧注意レベル。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

凶悪 スペシャル・プライス/山田孝之[DVD]【返品種別A】

価格:1458円(税込、送料別) (2019/4/19時点)


楽天で購入

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※ピエール瀧さん、石野卓球さんのツイッターはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

「要するにつまらない」大コケ『あなたの番です』低視聴率スタート最大の原因は秋元康で2クール託した日テレは自滅

満を持して始まった日テレの2クール連続ドラマ『あなたの番です』が8.3%という大コケスタートとなり、日テレはお通夜状態だといいます。

 

原因はあまりに現実離れした設定、ということで、戦犯は企画原案の秋元康さんとなりそうです。

 

※いい流れ出来ていたのに

 

 

日テレ日曜22時半に来ていた波

 

日テレの日曜22時半からのドラマというと、はっきり言ってハズレ枠でした。

 

2015年4月にドラマが22時半スタートなって以来、全話平均視聴率が二桁にいったのは2015年7月の『デスノート』11.6%と2019年1月の『3年A組』の11.5%のみ。ほかは6~9%台をウロウロ、8%台が最も多く、注目されることもない枠かと思われていました。

 

そんな流れを切ったのが昨年10月の『今日から俺は!!』と今年1月の『3年A組』です。

 

それぞれ初回は9.8%、10.2%で、『今日から俺は!!』の全話平均視聴率9.9%というのはそれまでの最高記録でしたし、『3年A組』の最終回視聴率15.4%は他局を含め近年稀に見る高視聴率で、全話平均視聴率も11.5%となりこの枠の最高記録を2クール連続で塗り替えました。

 

ということで、編成関係者は「正直言えば『今日から俺は!!』『3年A組―今から皆さんは、人質です―』の顧客が見てくれると分析していた。だから平均視聴率も10%台にはなるかなと考えていたんですけどね」とのこと(日刊ゲンダイ)。

 

当然の期待かと思います。

 

 

※映画化もするのにね

 

[Amazon]

 

日テレが自滅!つまらないけど2クール続けなければいけない辛さ…

 

それが、『あなたの番です』は初回8.3%でのスタートと、以前を考えれば悪くはないけれど、『今日から俺は!!』『3年A組』の流れからするとガクンと落ちたイメージです。

 

[以下引用]

「これはやばいです。しかも視聴率の毎分を分析してみると、多くの視聴者が番組30分以降に降りてしまっているんです。要はつまらない、ということなんです」(関係者)

 

ちなみに気になるドラマの中身は――。

 

15歳の年齢差を乗り越えて結婚した新婚夫婦、手塚菜奈(原田)と夫・翔太(田中)が購入したマンションの住民会で交換殺人に巻き込まれるという物語。他局の編成マンが満面に笑みを浮かべながら証言する。

 

「正直、『今日俺』と『3年A組』の流れに他局のドラマ関係者はみな、ビビりまくっていたんです。ところが今回、ドラマを見る限り見事に自滅してくれた。『日テレさん、大丈夫ですか……?』と言いたいです。そもそもこの世の中に交換殺人なんてあり得ない。フィクションにしてもあまりに構成が雑すぎる。誰も感情移入なんてできやしません。初回が8%ということは、これからどんどん数字を落としていく。3%を切ったら打ち切りラインといわれている日テレは編成&制作局長が腹を切る事態に発展するかもしれませんね」

[ゲンダイネット]

 

ネットには原田さんの髪型が魅力を半減してるとか、田中さんの演技が「こういう田中圭がいいんでしょ?」という感じが透けて見えて嫌だ、この二人が夫婦はいくらなんでもムリがある、ミスキャスト!という指摘もあります。

 

※中途半端なワカメちゃん、という話

[Amazon]

 

しかしそれらより多く目にしたのは、企画原案の秋元康さんに対する拒絶の声です。

 

その理由は大きく分けて2つ。

 

まず一つは、NGT48の問題を他人事のように放置していること。あの問題に決着を付けずなに他のことやってるのと。

 →NGT48疑惑のメンバーの動画が超不快

 

もう一つはより現実的で、同じ日曜22時半で放送されていた福士蒼汰さん主演ドラマ『愛してたって、秘密はある』が同じ秋元さん作で、内容があんまりだったのと「つづきはHulu」で終わったのが不評だったため、今回も期待できないというもの。

 

まとめると「秋元康が絡んでるなら観ない」という人が多い印象です。

 

 

引用記事も、「要はつまらない」「フィクションにしても雑」と、ドラマ自体を否定しているので、要するに秋元さんがダメなんでしょうが、記事に名前が出てきていないのが不思議。日テレはなぜ2クールも秋元さんに託してしまったんでしょうね。

 

日テレのこの枠のドラマは第二話で初回より4%も下がるというのもアリですが、もしこれで4%も下がったら厳しいですね。

 

たとえ4%台になったとしても、どこまでも内容をけなされようと、2クール連続ドラマですから、9月末まで『あなたの番です』は続きます。もう日曜22時半に日テレのドラマを観る人はいなくなるかもしれませんね。

 

◆NGT48問題関与疑惑メンバーの恐ろしい発言まとめ

こういう矛盾もぜひ報道!→ geinou ranking geinou reading

こういう矛盾もぜひ報道!→ geinou reading geinou ranking

 

 

※若かりし頃の原田さん

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※田中圭さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

もしかして羽鳥慎一?DVが原因で離婚した人気アナウンサーのヒントが過去報道と一致するも…

人気アナウンサーが離婚した原因はDVだったと報じられています。

 

現在はそのアナウンサーAはタレント出演番組数ランキングの常連で、年収1億越えと言われる程の人気だと言うのですが…

 

 

 

 

[以下引用]

Aは美人と騒がれた一般女性と結婚。こどもが生まれるが、その後離婚。親権は女性側が持った。Aは離婚の理由を「忙しくて家族と過ごす時間が減り、妻も仕事をしているので互いの仕事を尊重する形になった」と説明していた。だが、「それは表向きの理由だ」というAを知る関係者は、「本当の理由は。Aの度重なる元夫人へのDVだったと言われている」と語っている。

 

その後Aは再婚したが、疑惑は消えなかった。当時このネタを極秘に追っていた芸能記者が取材メモを片手にこう証言する。

 

「前妻は、Aが泥酔後にDVに及ぶことを家族に相談していました。携帯をチェックするなど束縛も激しく、常に監視をされているような感じだったといいます。さらに性格的には異常すぎるケチで、前妻はほんのわずかな生活費しかもらえていなかったという情報まで出ていました。前妻の家族も怒り心頭で、離婚時には弁護士を通じて多額の養育費の支払いを確約させ、マンションと車ももらったといいます。Aからすると自身の醜聞が晒されるのを恐れた上での口止め料的な意味もあったのではないか」

[ナックルズ]

 

これがネットでは「羽鳥慎一さんでは」と言われています。

 

実際、羽鳥さんの元妻冬子さんはアイドル経験ありの美人で、出会いは日テレの入社試験。冬子さんも最終面接まで残ったもののその年の日テレは女性アナウンサーの採用がなかったために不採用となり、全日空のCAとしてキャリアを積んでいたそう。つまり、「美人と騒がれた一般女性」に該当します。

 

一人娘のお受験を機に専業主婦になるも、離婚前からはアロマテラピストとして仕事を再開し、確かに多忙な羽鳥さんとは生活リズムが合わなくなっていたかもしれません。

 

◆美しい元妻冬子さん

→ ranking reading reading ranking

 

そして、今回の記事と似た内容を、当時フライデーが報じていました。

 

とんでもない束縛体質だった羽鳥慎一!離婚前には舞川あいく、渡辺千穂と不倫も!

フライデーによると、離婚の一番の原因は、羽鳥さんの冬子さんに対する厳しい束縛だったとか。

 

具体的には、冬子さんの携帯電話のロックは許さず細かくチェック、クレジットカードは使わせず、必要な出費はレシートを見て初めてレシート分の代金を渡すというケチっぷりがあっよう。

 

日テレの給料の低さは有名で、2014年には水卜さんクラスで手当が付いて年収800万円弱だと報じられていました。

 

当時20代の水卜アナが800万というのは十分高給ではありますが、フジやTBS、テレ朝なら1500万円オーバーは確実である上に、テレ東よりも低いと言われていました。

 

そんな日テレだから羽鳥さんもついケチになったのか、と思いきや、羽鳥さん自身の年収は1900万だったという話もあり、十分だったんじゃないかという気が。

 →羽鳥慎一、フリーになってもギャラが安く悩む

 

それだけ束縛しても浮気が絶えず、キャリアもあり自立した女性である冬子さんがそんな生活に耐えきれず離婚になった、とフライデーは報じていました。

 

ちなみに現在の妻は、当時の浮気相手の一人でもあった脚本家の渡辺千穂さん。2016年にはお子さんが生まれています。

 

また、羽鳥さん自身酒癖が悪いことをテレビで言及したこともあるため、羽鳥さんだろうとネットでは言われています。

 

一つ気になるのは、フライデーはDVについては報じていないこと。

 

強烈な束縛もモラハラの一部としてDVになりそうではありますが、飲酒すると、とあるので、そういうDVではなさそうですね。

 

また、元妻冬子さんがあるお店で友人と語らっている中で、羽鳥さんがいかにケチかを愚痴っていたと女性自身が報じていましたが、やっぱりDVについては触れておらず。

 

銭ゲバ!羽鳥慎一の元妻・栗原冬子の「7億稼いでも子供には2万円」が酷い

 

離婚から6年経っても友人に「もともと田舎者で、ファッションセンスは皆無に近い男。私がアドバイスしなかったら、ここまで人気になったか分からないわ!」「7億円近く稼いでいるくせに、娘の20歳の誕生日に送ってきたのが2万円の図書カードだったの!たった2万円よ、信じられないでしょ!」等々、かなり赤裸々に語っていたようで、この調子ならDVについてもボロボロ喋りそうですが。

 

本当にDV、あったんでしょうかね。

 

◆羽鳥慎一の番組でこんなことが…

長嶋一茂が!→ geinou ranking geinou reading

長嶋一茂が!→ geinou reading geinou ranking

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※渡辺千穂さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

花田優一の的確な反論にワイドショーも沈黙?「『正論』が穴だらけ」との批判も

元貴乃花親方と河野景子さんの長男花田優一さんが、自分が「本業である靴職人に集中しろ」と批判されることについて、「テレビ出てるやつが全員本業じゃないでしょ」と反論し話題になっています。

 

※自分なまいきですから

[Amazon]

 

[以下引用]

靴職人でありながら、積極的なメディア露出に加え、顧客からのクレームや身辺トラブルなどが次々に報じられワイドショーなどで批判の的になっている花田氏。松之丞が「コメンテーターみたいなやつらがさ、偉そうに金もらって批判してくるじゃん。誰に1番腹立った?」と意地悪な質問をぶつけた。

 

花田氏は「僕ずっと思っていることがあって、『テレビに出てる暇があるなら靴作れ』って言うじゃないですか。テレビ出てるやつが全員本業じゃないでしょ」と指摘。この回答に自身のラジオ番組で花田氏を度々イジっている松之丞は、「優一、それ誰のこと言ってる?」と苦笑いを浮かべると、花田氏は「芸人さんで漫才が本業なら、僕にそういうことを言うんだったら、テレビ出ないで漫才だけやってればいい」と主張した。

 

さらに花田氏は「僕が評価されたら全員持ち上げて、駄目になったら全員批判するのが芸能界なのかなとか思っています」と冷静に持論を語った。

[サンスポ]

 

ある意味正論ではあるのですが、花田さんが言うとちょっと…

 

正論だと思うのは、「僕にそういうことを言うんだったら」と言っているので、花田さん自身が本業だけやれと思っているわけではないけれど、そういうこと花田さんに言うなら自分も本業だけに集中すべきでしょ、ということだと思うので、それならまあ分かるかなと。

 

ちょっと、と思うのは、花田さん、自分がなんでそう言われたかまるでわかってないんだろうなと。

 

花田さんにそういうことを言う人は単に「テレビに出てる暇があるなら靴を作れ」と言っているわけではなく、花田さんが靴職人を名乗り、前金までもらって仕事を請け負っているのに納期を守らずトラブルになっていると報じられているためにそう言ってるんですけどね。

 →花田優一に靴職人としての金銭トラブル発覚

 

そして、花田さんが例に出した芸人さんも、まずはそれなりに本業で結果を出した人がテレビに出てるということです。芸人さんだったら芸人を名乗っただけではテレビに出られるわけではなく、漫才なりコントなりで結果を出さずにテレビに出ることは叶いません。

 

中にはコネで出てる人もいないことはないかもしれませんが、花田さんの両親が元貴乃花親方と河野景子さんではなく、たった2年ほどイタリアの専門学校で学んだだけの靴職人だったらテレビに出られていたとは思えません。

 →花田優一が経歴詐称。「師匠」が師弟関係を否定

 

つまり、親の七光でテレビに出てるのは明らかですからね。

 

実績がなく実力も不明なのに靴の制作が多忙だということ自体、親の七光の影響が大きいのに、そういうあたりをわかってないからこその今回の発言なのでしょう。

 

もうテレビも相手をしなくていいような…。

 

◆松本人志が花田優一の正論にチクリ

 アイツに似てる…→ geinou ranking geinou reading

 アイツに似てる…→ geinou reading geinou ranking

 

※あまり話題になりませんでした。

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※花田優一さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

薬物疑惑の有名グループに所属していたXがこれまた露骨!記事の狙いは…?

薬物関係で長年マークされながら、すんでのところで逮捕を免れている大物タレントがいる、それは有名グループに所属していたXだと報じられています。

 

 

 

 

[以下引用]

警察関係者が語る。

 

「有名グループに所属していたXですよ。使用しているのは主にシャブ(覚醒剤)。自分が警視庁にマークされていることを自覚していて一時、内偵もされていたんですが、最後は尻尾をつかませない。このXはピエール瀧が逮捕されたときに『許されませんね』と、いけしゃあしゃあとコメントしていてあぜんとしましたよ」

 

Xは、テレビを中心に八面六臂の活躍を見せており、もし逮捕となればピエール瀧以上の衝撃になるのは確実。番組の降板や撮り直しなどで、損害賠償額は天文学的な数字になることだろう。

 

X周辺では、かねて薬物のウワサは絶えなかった。覚醒剤を常用していた某女優からも以前、こんな話を聞いたことがある。

 

「Xが歌手のYと付き合っていたころだと思います。私がプッシャー(売人)の元にネタ(シャブ)を買いに行くと、偶然Yも買いに来ていたんです。それでビックリ。Yはけっこうあけっぴろげな性格で『Xと使っている』と笑っていて、さらにビックリしました。当時、Xはある連続ドラマに出演していたんですが、激痩せしていて『ああ、なるほど』と納得したほどです」

 

すでにXとYは破局。Yは別の男性と結婚し、子供をもうけ、何くわぬ顔で生活しているようだ。

 

ある芸能プロ関係者もこう言う。

 

「Xが所属していたグループにいたZもシャブを使っていたらしい。当時、彼らは寝る暇もないぐらい忙しかったからね。バリバリ働くためには必要だったワケ。グループは解散したけど、今でもXとZは仲良しだよ」

[東スポ]

 

情報を整理すると、

・有名グループに所属していた。寝る暇もないくらい忙しかった。

・ピエール瀧が逮捕されたときに『許されませんね』とコメント

・テレビを中心に八面六臂の活躍。損害賠償は天文学的数字に

・X周辺では、かねて薬物のウワサは絶えなかった

・歌手のYと付き合っていた

・Yと交際当時に出演していた連ドラでは激ヤセしていた

・Yは別の男性と結婚し、子供をもうけている

・Xが所属していたグループにいたZもシャブを使っていた

・グループは解散した

・解散後も仲の良いメンバーがいる

 

名前出すことに非常に抵抗がありますが、これ、中居さん以外に当てはまる人はいるのでしょうか。

 

解散した有名なグループ(※バンドやコンビではない)とか、テレビを中心に八面六臂の活躍をしているとか、付き合っていた歌手は他の人と結婚し子供がいるとか、連ドラに出演していたとか。

 →倖田來未がバンドボーカルと結婚

 

ピエール瀧容疑者の件でのコメントは、中居さんが久々に出演した『ワイドナショー』でしていました。その時に、「もし捕まったら払わないといけないと分かっていても、やめられないのがドラッグなのかなと思います」「10億も、20億も、違約金を想定しても、使いたいと思うのは、悪魔の薬なんでしょう」コメントしていました。過去にも、匿名ですが「これ中居さんだろう」という形で薬物疑惑が報じられたことはあります。

 

気になるのが、ピエール瀧容疑者について「許されませんね」とコメントしていたか確認できないことと、倖田さんと交際中だけ激ヤセしていたのかということ。

 

倖田さんとの交際は2007年頃から噂があり、フライデーが温泉デートを報じ決定的かと思えば破局も噂され、また2010年には週刊文春が中居さんの自宅を訪れる倖田さんを報じ…と、はっきりといつからいつまで交際していたのかがわかりません。最終的に倖田さんが結婚した2011年末には破局していたのは確実でしょうが、その間に主演した連ドラはこちら。

 

※当時の月9で大コケ数字でした。

[Amazon]

 

そんなに痩せてますか?

 

最近はともかく、10年ほど前の中居さんが太っていたイメージはないですし、特別に痩せていたとしても、2008年に主演した映画『私は貝になりたい』では戦犯として死刑囚となる役を演じていますから役作りだったんじゃないでしょうか。

 

しかも、売人のところで鉢合わせって、クスリの売り買いがそんなザルな感じなのでしょうか。

 

さらに、偶然会って「Yも使ってる」なんて、いくらあけっぴろげでも話すものでしょうか。

 

中居さんはテレビでは人懐こい感じですが、プライベートは決してそういうタイプではないということなのに。

 

おそらく今回の東スポは中居さんについて言っているのでしょうが、だからといって中居さんが薬物をしてことが確実なわけではありません。

 

ただ、こんなわかり易く誘導するのは、なにか他に狙いがあるのかなと思ったり。

 

中居さんのイメージダウンとか、事務所から離れるとイロイロバラされるよという脅しだったりとか。

 

東スポはイニシャルどころかXYZで報じているので、こうやって中居さんを連想させても責任はないんでしょうけど、こうまであからさまだとどうなんでしょうね。

 

まあ、万が一XがYと交際していた頃に薬物を利用していたのが本当だとしても、それはその当時の話であって、今ではないんですけどね。

 

◆以前も東スポが報じた薬物疑惑

シルエットはこれ→ geinou ranking geinou reading

シルエットはこれ→ geinou reading geinou ranking

 

※これでふっくらしてたらイメージが。

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※石野卓球さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

窪田正孝人気急落の危機!?主演ドラマは好調スタートも…

月9ドラマ『ラジエーションハウス』で月9初主演を果たした窪田正孝さん。

 

初回の平均視聴率は12.7%と好スタートを切り、二桁スタートは4作連続。月9がひたすら一桁だった低迷期は脱した感があり、窪田さんの人気も安定し言うことなし…と言いたいところですが、窪田さんにはなかなかのアキレス腱があるようです。

 

 

 

 

[以下引用]

しかし、ドラマの展開と共にファンの間で気になるのが窪田の結婚問題だという。

 

「2017年12月の『FRIDAY』に5歳年上の女優・水川あさみとの熱愛報道が報じられましたが、3月31日に放送された番組『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に水川が出演した際、水川の発言から『そろそろ結婚するのでは?』という憶測がSNSでは飛び交い、ファンの間では『水川あさみは好きだけど、窪田正孝と結婚したら泣く』『結婚とか言わないでよ!!』といった悲鳴にも似た声が上がっています。先月、窪田と同じ事務所の女優・竹内結子が同じ事務所の年下俳優・中林大樹と結婚しました。水川は竹内と前期のドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』(フジテレビ系)で共演していることもあり、2人も結婚に踏み切るのではないかと見る声もあります」(前出・女性誌記者)

[アサジョ]

 

竹内結子さんの結婚は今回あまり関係ないのでは。

 

『行列』での匂わせというのは、結婚について聞かれたとき、「フフッ、ないですね」「ないないない!」「あっても言わないですよ」とにやけながら否定したため、結婚が近いのでは、なんて憶測が出ました。

 

 

[Amazon]

 

もう一つ、昨年放送の『情報ライブ ミヤネ屋』でスポーツ紙の記者が「“人気女優M”と“若手人気俳優K”の年内結婚を予測」とした件が、窪田さんと水川さんではないかと言われていたことも、結婚説が生まれる理由でしょう。

 

さらに、窪田さんが来年度のNHK朝ドラ『エール』に主演決定しているため、結婚するなら『エール』放送前ではないかと推測が続いています。

 

窪田さんは俳優らしくきちんと演技できるところが高評価につながっているため、ふつうであれば結婚もいいと思うのですが、相手が水川さんというのがちょっと。

 

最近、水川さんは近藤春菜さんやブルゾンちえみさんなど、仲良くしているはずの相手に対してやたらにキツいため、水川さんは性格が悪いという評価になっています。

 

これで水川さんと結婚なんてしたら、窪田さんの評判下がりそう。

 

 

◆あれ、もしかして窪田正孝も

性悪キャラへ?→ geinou ranking geinou reading

性悪キャラへ?→ geinou reading geinou ranking

 

※水川あさみさんとの共演作

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※水川あさみさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

薬物疑惑の”国民的タレントF”が3人に絞られた?追加情報はあるものの…

「次に逮捕される芸能人」シリーズはしょっちゅう出ますが、先日の女性セブンが捜査機関にマークされている芸能人を匿名で報じた件は珍しさもあり話題になりました。

 

そんな中、誰もが知る“国民的タレントF”はすでに逮捕が秒読み段階にあると断じたため、ネットでは特定しようとする動きがありますが、それは芸能関係者の間でも同様なようで、すでに3名に絞られているんだとか。

 

※個人的に、後味の悪く、記憶に残る映画トップ3に入りそう

 

 

女性セブンが報じた匿名記事はこちら。

 →逮捕目前の国民的タレントF

 

こちらによると、昨年の夏頃に麻取がFの家宅捜索に入っており、“黒に近いグレー”と判断されたものの、Fが逮捕されるとあまりにも社会的影響が大きいため、完全な黒と判断できない限り、逮捕できないと判断されたのだとか。

 

[以下引用]

「芸能記者の間でも、Fが誰なのか特定作業が進められていて、現在3人の芸能人の名前が上がっています。1人目は大物ミュージシャン。人気絶頂だった20年ほど前に合成麻薬などを使用しているという疑惑が一部メディアで噂されました。実は、昨年末にもAの自宅を麻取がガサ入れしたと言われているんです。

 

2人目は映画やドラマ、さらにはバラエティにも出演する大物俳優です。コミカルな三枚目役からコワモテの親分役など、巧みな演技力で長年にわたって活躍していますが、昔からウラ業界では悪い噂も絶えない人物なんです。

 

3人目は多くの番組でMCを務める人気タレント。好感度も高く、老若男女に支持される人気者です。今回名前が上がっている、ミュージシャン、俳優、タレントのいずれかが逮捕されるとなった場合には、ピエール瀧以上の衝撃が走ることは間違いありません」(前出の芸能記者)

[日刊大衆]

 

ヒントがあるのかと思いましたが、女性セブンの記事と見比べれば何の進展もなくがっかりしました。

 

「Fが誰なのか特定作業が進められていて、現在3人の芸能人の名前が上がっています」ということですが、そのうちの2名は女性セブンで「ヤクザ映画に引っ張りだこの強面俳優Aには、すでに内偵が入っているそうです」「大物音楽プロデューサーのBは、クラブでコカインを摂取しているとのタレコミがあり、昨年末に家宅捜索を受けたとされています」と、国民的タレントFの他に挙げられていた人物とかぶるように感じます。

 

そして肝心の国民的タレントに関しては、現在も多くの番組を持っていることくらいしか追加情報がありません。

 

「国民的タレント」と言われればそれなりの名前が浮かぶと思いますが、そんな中、名前の特定もできなければ打ち消しもできないなんとも半端な記事ですね。

 

それでも昨年夏にガサ入れされたというなら国民的タレントF本人は自分のことだとわかるでしょうし、警戒するんじゃないかと思いますが、捜査妨害になりそう。

 

ただ、ASKAさんや清原和博さんは匿名でも実名でも報じられましたが、その後数年で逮捕されています。

 

自分に逮捕の手が迫っているとわかっていてもやめられないのが薬物なのでしょうね。

 

◆薬物中毒者は薬ネタを振られると鼻を触る

[動画]あー…なるほど → geinou ranking geinou reading

[動画]あー…なるほど → geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※小室哲哉さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

テレビ局が起用を避けている薬物芸能人2名!逮捕が近いのは…

ピエール瀧容疑者の逮捕以降続いた数々の「次に逮捕される芸能人」シリーズですが、何人も報じられた中で、要するに要注意人物は2人だと断じる記事があります。

 

 

 

 

要注意人物その1・紅白出場歌姫

 

[以下引用]

「東スポ記事を読めば、誰もが“あの歌手”を頭に思い浮かべますが、実は今業界で名前が取り沙汰されているのは、“あの歌手”とは別の歌手です。その歌手は確かに『紅白』出場経験もあり、記事にもあるとおり曲がカラオケで歌われることも多く、女性ファンも多いので、東スポは意図的に読者をミスリードしているようにも感じますね。どの局もその歌手の起用を避ける状態になっていて、今業界でもっとも警戒されている芸能人といえるでしょう」(テレビ局関係者)

[ビジネスジャーナル]

 

 

東スポが報じたのは、

・NHK紅白歌合戦の常連だった歌姫

・代表曲はカラオケランキング上位の常連で女性を中心に幅広い層から支持されている

・ここ数年、支離滅裂なことを言いだすようになった

・外見や雰囲気も変わったように見える

・私生活では一緒にいた男性と別れた

・原因は男性側が彼女の挙動に異変を感じたから

・歌姫はこれまで薬物のウワサはない

ということ。

 →「次は紅白出場歌姫」警察が狙う薬物芸能人

 

「歌姫」ですから、当然ネットでは中森明菜さん、西野カナさん、hitomiさん、中島美嘉さん、宇多田ヒカルさん、浜崎あゆみさん、鬼束ちひろさん、華原朋美さん、安室奈美恵さん、aikoさん…などなど、とにかく女性歌手の名が。

 

この中からまあ、この人ではというのはいろいろとありましたが、その人ではないと。

 

ちなみに東スポは以前にもシルエット付きで歌姫の薬物疑惑を報じています。

 →東スポが歌姫の薬物疑惑をシルエット付きで報じる

 

歌姫が2人も薬物中毒なんだとしたらもう芸能界終わってますし、同じ人のことを言ってる可能性が高いと思うのですがどうなんでしょうね。

 

そこにあって、今回の記事にない条件は「2016年に入り露出が減っている」という部分です。

 

参考までに、フライデーも「NHK『紅白歌合戦』に出場経験もあり、日本レコード大賞も受賞した歌手のMも薬物疑惑あり」と報じていますが、これが男性なのか女性なのかは記載がありませんでした。

 →フライデーが薬物疑惑の芸能人3名を示唆

 

が…もし同じ人物を指してるんだとしたら、Mって。

 

◆これが東スポが報じたシルエット!

これは…→ geinou ranking geinou reading

これは…→ geinou reading geinou ranking

 

 

要注意人物その2・マルチタレント兼俳優

 

[以下引用]

また、「FRIDAY」や「女性セブン」では違法薬物使用の疑いがある芸能人として俳優も挙げられているが、別のテレビ関係者は語る。

 

「俳優やタレントなどマルチな才能を発揮し、テレビのみならず映画や他の分野でも活躍しているある人物は、昨年以降、すでに当局も動いていて逮捕も近いのではないかという情報が広まっています。彼の場合、そのキャラクターや人脈からも、そうした情報がますます信ぴょう性を帯びつつあります。もし逮捕されるようなことがあれば、いろんな意味でメディアや世間を騒がせるのは必至でしょう」

[ビジネスジャーナル]

 

フライデーが報じた俳優は、超売れっ子。爽やかなルックスながら下積み時代から素行が悪いことで知られる。テレビや映画に引っ張りだこのTでした。

 →フライデーが薬物疑惑の芸能人3名を示唆

 

そして女性セブンが報じた俳優はヤクザ映画に引っ張りだこの強面俳優でした。

 →女性セブンが報じた逮捕が近い芸能人6名

 

なので、同一人物ではないと思われます。

 

「俳優やタレントなどマルチな才能を発揮し、テレビのみならず映画や他の分野でも活躍しているある人物」というのも漠然としていますが、これまでの報道を見ていると思い浮かぶ人はいます。名前は出しませんが。

 

ただこの2人は業界で怪しいと言われているという人物であり、実際に薬物をやっているかはわかりません。

 

あくまで業界で疑惑が持たれているというだけのことですが、テレビ局が起用を控えるというのであれば、少し待っていれば、それが誰なのかだんだんわかってくるのかも。

 

◆整形崩れか薬物かと言われた

あのひとの鼻→ geinou ranking geinou reading

あのひとの鼻→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※ピエール瀧さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

夫婦の危機!玉木宏と木南晴夏の危うい関係

[スポンサーリンク]

昨年結婚した玉木宏さんと木南晴夏さんの夫婦仲が心配されているようです。

木南さんが仕事を続け夜遊びもしていることが問題だというのですが…

 

 

 

 

[以下引用]

これで玉木の結婚生活も“安定軌道”に乗ったかにみえた。ところが、玉木の周辺の芸能関係者からは「まだ予断を許しませんよ」という声が漏れてくる。

 

理由のひとつは木南が女優を続けていること。そのために夫婦にすれ違いが生じているという。

 

「玉木は大変忙しい役者です。ところが、入籍後も木南は女優活動を続けている。しかも、入籍した後も普通に女優仲間やスタッフらとの飲み会を楽しんでいる。周囲は“夫婦の会話とかあるのかな?”と心配しています」(別の芸能関係者)

[日刊ゲンダイ]

 

木南さんの夜遊びが目撃されたのはこれが初めてではないが、子供もいないし女子会も珍しくはないですが、芸能関係者は「予断を許さない」と見てるとのこと。

 

というのも、玉木さんには複雑な家庭事情があるためです。

 

[以下引用]

玉木が2億円豪邸で実母と妹の生活の面倒を見ていることは芸能界で広く知られた話だ。独身時代に多くの女性と話題になった玉木だが、家族の問題が立ちはだかって婚期が遅れたといわれている。これから高齢の母の介護も必要になってくるだろう。

[日刊ゲンダイ]

 

妹さん、体が弱いようですね。

 

だから玉木さんの結婚には母と妹の同居が必須条件で、そのために破局を迎えた相手もいたようです。

 

しかしなんでしょう。

 

木南さんは結婚したから仕事も抑えて、ふつうに女優仲間やスタッフと飲むのも控えないといけないのでしょうか。そして玉木さんは義母の介護のために木南さんと結婚したのでしょうか。

 

なんだか「ザ・大きなお世話」な記事ですが、こうやって記者は夫婦の不仲の気配を感じ取って、本当にやばいネタを見つけるんでしょうね。

 

◆女優も俳優も私服はキツイ!!

ダサい私服いろいろ→ geinou ranking geinou reading

ダサい私服いろいろ→ geinou reading geinou ranking

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※玉木宏さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

大物ミュージシャンNの薬物疑惑!吸引写真が存在し、過去実名報道もされた人物とは

元TOKIOの山口達也さんの未成年スキャンダル、そして新井浩文被告の女性スキャンダルを事前に報じ注目の雑誌実話ナックルズが今度は大物ミュージシャン兼俳優のNについて記事にしています。

 

※こういう雑誌です

 

 

「大物ミュージシャンN薬物疑惑」のNとは

 

[以下引用]

日本を代表する大物アーティストのN。ヒット曲も多数、俳優業もこなし、熱狂的なファンも多いことで知られている。これまでに数々のスキャンダルを世に送り出しているNだが、今また周囲にどす黒い情報が駆け巡っている。ずばり、ドラッグ疑惑だ。

 

「以前芸能界に薬物メスが入った時にも名前が取り沙汰されていました。当時は他にもスポーツ選手などにも疑惑が広がっていた」(当時を知る夕刊紙記者)

 

Nもアスリートとの関係が深いことを公言している人物だった。要するに、以前から疑惑があったわけだが、ここにきて決定的なネタがあがってきたというのである。

 

「実はNの薬物使用に関して、ある週刊誌が『吸引写真』を入手し、当て取材の結果を実名報道している。もちろんNは全否定。本来なら名誉毀損で訴える案件だが、なぜか訴えることはなかった。だから疑惑はまったく晴れていない」(同前)

 

当時の捜査の流れから、芋づる式にいかれるはずだったが、そこはNの異常なまでの警戒心が上回ったという。

 

「捜査当局も同様の情報を入手し、Nの自宅周辺を徹底的に証拠収集という名のゴミ漁りをしていた。結果的にクロとはならなかったが、捜査当局は今でも“真っ黒”と見ている」(当時を知る捜査関係者)

[ナックルズ]

 

これまた、わかり易い記事で…

 

 

整理すると、

・ヒット曲多数の大物ミュージシャンN

・俳優もこなす

・以前からドラッグ疑惑がある

・アスリートとの交流もある

・吸引写真が存在する

・実名報道され全否定したが裁判沙汰にはならなかった

・警戒心が以上に強い

 

ここ数年でメディアが薬物疑惑を実名報道したのは、順不同でASKAさん、清原和博さん、嵐の大野智さん、前田亘輝さん、成宮寛貴さん、そして長渕剛さんです。

 

この中でミュージシャン、Nは長渕さんだけ。その他の項目も、長渕さんならピタリと当てはまります。

 

 

長渕剛の薬物疑惑実名報道

 

清原さんが一緒に薬物使用したことを暴露したとして、2016年2月、週刊新潮が長渕さんの薬物疑惑を実名で報じました。

 

そこでは日比谷にある帝国ホテルの一室で清原さんと長渕さんが「シャブでぶっ飛び、焦点の定まらない、虚ろな目をして写っている」ツーショット写真を見た人物もいるとか、清原さんが長渕さんのために薬物を調達したとか、かなり具体的な内容が書かれていました。

 →清原和博が「長渕剛は覚醒剤仲間」と暴露

 

報道を知った長渕さんは怒り心頭で、すぐに週刊新潮宛に内容証明が送られ、裁判は間違いなしと言われていました。

 

ここで係争していれば疑惑が残ることもなかったと思うのですが、結局裁判はありませんでした。

 

そのため、何かと言うと長渕さんに関する薬物疑惑はほじくられ、ナックルズは昨年末にも名前のわかる形で長渕さんの薬物疑惑と逮捕間近記事を出しており、もはや「またか」という印象しかありません。

 →薬物匿名記事がわかりやす過ぎて怖い

 

 

長渕剛に薬物報道が繰り返される理由

 

週刊新潮によると、清原さんは長渕さんと長く友好関係だったのに、週刊文春に疑惑が報じられたときに絶縁されたことを怒って薬物仲間であったことを暴露したと報じていました。

 

清原さんが怒ったのもわかりますが、長渕さんは1995年に大麻で逮捕されており、当時不倫交際していた国生さゆりさんとともに覚醒剤疑惑もありましたから、清原さんとの関係で疑惑が再燃するのが嫌だったのかもしれませんね。

 

ちなみに、長渕さん、国生さんはふたりとも検査で覚醒剤は検出されていません。

 

それでも疑惑が囁かれ続けるのって、なぜなんでしょう。

 

週刊新潮には、長渕さんはとにかく警戒心が強く、「ちょっとでも警察が捜査しているのではないかと疑うと、クリニックで生理食塩水を点滴したり、血液クレンジングまで受けて“シャブ抜き”をしていた」という証言も掲載されていました。

 

そこまで警戒するくらいなら、そもそも薬物に手を出さないほうがよほどラクだと思うんですけど、本当に手を出しているのでしょうか。

 

そもそもこんなにわかりやすくマメに話題になれば、捜査員がガサ入れしたとして証拠があることはないでしょうから、本当に疑惑が寄せられているんだとしたら捜査妨害もいいところでしょう。

 

なんとなく長渕さんに関する薬物疑惑は、週刊新潮が実名報道した、長渕さんは怒るだけで裁判にしなかった、だから疑惑を疑惑として報じても問題ない、という感じで報じられているだけのような気がします。

 

先日、長渕さんは来年公開の映画『太陽の家』に主演し、20年ぶりにスクリーン復帰することが発表されました。

 

なおさら薬物と関わることはないと思うのですが…

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※冨永愛さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

[Amazon]

尾行され命の危険まで!小室哲哉の周辺がなんだか物騒なことに…。離婚間近を報じた記事も削除

[スポンサーリンク]

何かと話題になる小室哲哉さんですが、またちょっと慌ただしいようです。

小室さんに近い人物が握るあるネタをめぐり、物騒な出来事が起きているようで…

 

 

 

 

[以下引用]

いま水面下で、ある「ネタ元」の争奪戦が記者間で始まっている。その「ネタ元」というのが、ミュージシャンである小室哲哉に非常に近い人物で、「小室に関する非常にアブない話を握っている」というのだ。

 

「すでに週刊誌系のフリー記者がその人物を囲ったという話もあって、何かあるのはたしかでしょう。聞いたところでは、その人物は『小室サイドの人間に尾行されたことがあり、命を狙われる可能性もある』と怯えていて、フリー記者が自宅に連れ帰ったというんです」(雑誌記者)

[ナックルズ]

 

そんな、小説か漫画の世界のようなことが起きるものなのでしょうか。

 

ちょっと現実感がないですね。

 

小室さんは週刊文春に不倫が報じられたことをきっかけに積極的な芸能活動から引退すると宣言し、現在は以前から継続しているプロジェクトに参加している状態です。

 

プライベートでは、不倫発覚後の謝罪会見で明かした妻・KEIKOさんを、大人の会話ができない、音楽に興味を持っていない、4年生のドリルをやっている、といった発言が、その後の親族の反論やKEIKOさん自身のSNSでの様子から嘘だったのでは、と言われています。

 →小室哲哉は介護していないと親族が暴露!

 

 

そんな流れから、「もうじき離婚する夫婦」として名前が上がることも多くなっていますが…

 

[以下引用]

前出の雑誌記者はこう話す。

 

「そんな夫婦のドタバタも、問題のネタとやらが表になれば、吹き飛んじゃうほどのビッグなものらしいです。だからこそネタ元が『命が狙われる』んでしょうけど、一説にはその中身についてKEIKOさんも知っているのだとか。それで彼女との接触を試みた記者もいましたが、いまのところ彼女は取材を受けていないので謎が多いまま」

[ナックルズ]

 

なんでしょうね、この奥歯に物が挟まったみたいな言い方は。

 

業界では「犯罪絡みとか相当デリケートなことなんじゃないか」と噂になってるそうですが、このナックルズが大物ミュージシャンKがコカイン使用を認めたと、非常にわかり易い形で報じているのですが、それ以外にもキナ臭い話がもしあるんだとしたら、ちょっと怖すぎですね。

 

ちなみに、本人が薬物使用を自白したとしても、所持と使用が客観的に認められないと有罪にならないそう。

 

平成最後の駆け込み離婚の夫婦候補として小室夫妻をあげた今朝の日刊ゲンダイのネット記事が現在削除されているのがまたちょっと不気味です。

 

◆整形崩れか薬物かと言われた

あのひとの鼻→ geinou ranking geinou reading

あのひとの鼻→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※小室哲哉さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング