カテゴリー:女性芸能人の記事一覧

カテゴリー:女性芸能人
年内熱愛発覚か。土屋太鳳が年上ベテラン芸人と交際中

業界でもモテモテの土屋太鳳さんが年上のベテラン芸人と熱愛関係だと報じられています。

 

 

 

 

[以下引用]

「土屋は業界内でもかなりモテ、年下の若手俳優から同世代のタレントまで、何人もの人が土屋にアピールしていたという話を聞きます。スタッフへの対応もかなり丁寧なことから、勘違いするスタッフもいます」(テレビ制作関係者)

[ビジネスジャーナル]

 

確かに共演する俳優はこぞって大絶賛でした。

 

例えば竹内涼真さんは「太鳳ちゃんは女神様、浄化される」、菅田将暉さんは「土屋さんはまっすぐですてきな方」、間宮祥太朗さんは「顔かたちとか造形美だけじゃなくてキレイな子」、等々。

 

唯一違ったのが佐藤健さん。

 

土屋さんは佐藤さんは『8年越しの花嫁』で共演した際、佐藤さんを「健先輩」と呼び、繰り返し尊敬の念を伝えながら「同じ時代に生きて、一緒にお芝居出来て良かったです」と大絶賛だったのですが、佐藤さんは「嬉しいんですけど、共演する相手ごとに言ってるんじゃないかなって(笑)。そんな目で見ています」といやに冷静に返しており、他の俳優さんの反応とは違ったため、土屋さんの一方通行の片思いのように言われていました。

 →土屋太鳳のあざとさに佐藤健ドン引き

 

土屋さんは実際手放しで相手を褒めますし、竹内さんや菅田さんのような反応が大人の対応なのかと思いますが、会見中に「〇〇さん、すごく好き」などと発言したり、視力が弱いために至近距離で話すため、福士蒼汰さんや山崎賢人さんなどは勘違いしちゃったという話もあります。

 →土屋太鳳は新・魔性の女

 

そんな土屋さんは、業界内ではある男性との熱愛が噂されているそう。

 

 

[以下引用]

「お相手は誰もが知るベテラン芸人で、少なくても半年ほどは交際しているようです。土屋のほうがゾッコンで、いくつか媒体の記者も証拠をつかむべく追っているようなので、もしかすると年内にも土屋の熱愛報道が世間を賑わせるなんてことも、あるかもしれませんね」(マスコミ関係者)

[ビジネスジャーナル]

 

土屋さんの知人によると、土屋さんは結構年上の男性が好みで、年齢の近い男性のキラキラよりも余裕のある博識なところにグッとくるタイプで、好きになると一直線、恋愛にはどっぷりハマるため、土屋さんの親しい知人は重い女になりがちだと心配する人もいるとのこと。

 

年の近い男性のキラキラ…山崎賢人さんとの焼肉デートを思い出しましたが。

 

お相手は誰もが知るベテラン芸人ってかなりの大物を想像してしまってなんかアレですが、結婚していないということなら限られるような気も?

 

土屋さんも23歳。

 

いい恋をしてるならそれはそれかもしれません。

 

◆真逆の意見も!「土屋太鳳の業界評は散々」

将来に不安しかない…→ geinou ranking geinou reading

将来に不安しかない…→ geinou reading geinou ranking

 

 

※ベテラン芸人ってこのレベル?皆既婚ですが…

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※土屋太鳳さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

楽屋でスマホいじってばかりの藤原紀香に何も言えない片岡愛之助…離婚間近説再び

藤原紀香さんがブログで就寝直前の「すっぴん顔」を披露し化粧品へのリンクを貼っていることについて微妙な声が上がっているんだとか。

 

 

 

紀香さんは就寝直前のすっぴん顔とは思えない美しい顔を載せていますが、それについて「加工しまくってるのに、肌のこと言われても…」「いくつまで自撮りで私良いでしょアピールする気なのか」といった声があがっているそう。

 

結局それもどうやら仕事のようですが、それも梨園では不評なんだとか。

 

 

[以下引用]

ブログ記事では後半、イメージキャラクターを務める化粧品のリンク先がしっかり貼ってあることから、“仕事の一環”とも取れるが、2年前に片岡愛之助と再婚して以降、その仕事も、やればやるほど批判が噴出する状態が続いている。

 

「紀香は16年の結婚会見で“仕事と夫のサポートを両立させる”と話し、当時から歌舞伎界関係者から猛反発を食らっている。梨園の妻はそう甘くはないというわけです。愛之助も尻に敷かれっぱなしとされ、舞台に付き添ってもスマホばかりいじっている紀香に何も言えないという話。そんな関係から、離婚するのではとの見方がいまだに絶えないんです」(芸能記者)

[アサジョ]

 

該当記事を見ましたが、商品へのリンクがあっても宣伝記事マークがついてないのに驚きました。

 

紹介している2つの商品がともに紀香さんが広告塔になっているものだから、なのでしょうか。

 

こういうステマ的な記事って、梨園の妻としてどうなんだろうとは思いますね。

 

さらに、舞台に付き添ってもスマホいじりばかりって。

 

本当ならかなりおかしなことです。

 

ただ、紀香さんがスマホでゲームしているとも思えませんし、ブログもそんなにマメなわけでもないですし、そこまでアラフィフの女性がスマホをいじる理由もないような気はしますが…。

 

と思っていたら、週刊文春が紀香さんが土足厳禁のところをブーツで闊歩するなど傍若無人だと報じた際、「愛之助さんがそばにいるときには『おはようございまーす』と誰にでも笑顔なのですが、彼の舞台中は、脚を組んでスマホをいじっていて、挨拶しても無視です」という証言も掲載していました。

 →藤原紀香の行儀が悪すぎると梨園関係者が暴露

 

本当にスマホをいじってばかりなら、いくらアラフィフであれだけ美しくてもドン引きですが…。

 

◆あれ、若い自慢はどうした?

藤原紀香の自爆→ geinou ranking geinou reading

藤原紀香の自爆→ geinou reading geinou ranking

 

※紀香さんの美の秘訣

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※藤原紀香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

報道直前!枕営業でのし上がった人気女優Xが家庭的な大物アスリートと不倫疑惑

2018年10月期のドラマにも主要キャストで出演しているアラサー女優・Xに、大物アスリートとの不倫疑惑が浮上、既婚者である大物アスリートがそれを隠さないどころか周囲にベラベラ喋っているため、報道されるのは時間の問題だと報じられています。

 

 

 

 

[以下引用]

Xはこれまでほとんど浮いたうわさがなかったが、売れっ子になった背景には涙ぐましい“努力”があったという。

 

「やはり、いまだに売れるか売れないかは枕営業ができるかどうかにかかっている部分もあるのが事実。とはいえ、嫌がる子は多いんですが、Xは『喜んで!』という感じで積極的。するとあっという間に売れっ子になったそうです。同じ事務所に所属するYも枕でのし上がってきたので、XはYに対して対抗心を燃やしていたそうです」(芸能プロ幹部)

 

Xといえば“肉食女子”のイメージだが、どうやらやんちゃなイメージで知られる某大物アスリートがXのハートをゲットしてしまったようだ。

 

「Xは男というとりも“漢”というタイプ。腕っ節は強いんですが、当然、あっちの方もすごいようです。テレビでは家族との美談が紹介されていますが、とにかく金は持っているので女遊びが激しく、あっちこっちで食いまくり。仕事を通じて知り合ったXはコロといってしまったようです」(テレビ局関係者)

[週刊実話(原文ママ)]

 

「Xは男というとりも“漢”というタイプ」というのは、Xは女性のはずなのでアスリートの間違い、「というとりも」もうっかり誤植なのでしょう。

 

一応条件を整理すると、

<Xについて>

・10月期のドラマでも主要キャストとして出演←主演ではない?

・アラサー

・これまでほとんど浮いた噂がない

・同事務所Yとともに枕営業でのし上がった

・Xといえば肉食女子のイメージ

 

<大物アスリート>

・やんちゃなイメージで知られる

・男というよりも漢というタイプ

・腕っぷしは強い←格闘家?単に喧嘩っ早い?

・テレビでは家族との美談が紹介されている

・とにかくお金を持っている

・女遊びが激しい

 

で、週刊実話によると、「アスリートの方が周囲にベラベラ言い触らしているようです。Xは大事な時期だけに、ここで不倫疑惑でも報じられたら大変なのですが…」で、世間にバレルのも近そうだ、ということ。

 

しかしアスリートは既婚のはずなのにそんなに周囲にベラベラしゃべるとは、危機管理能力がまるでないですね。

 

不倫報道がタレント生命に及ぼす影響は、正直なところケースバイケースなところはあります。

 

※今やBSドラマで主演するベッキー

[Amazon]

 

※「オフホワイト」で逃げた宮迫博之

[Amazon]

 

しかし、まず女性側のダメージは大きいですし、男性も、家族との美談がネタになっているならその落差でイメージ急落、タレント活動ができなくなる可能性もあります。

 

まあ男性側は本業がアスリートなら収入が絶たれることはないでしょうが、女性は枕営業という涙ぐましい「努力」までして主要キャストまでのし上がったのに。

 

◆枕営業を見破る重要ポイントに当てはまる「してそうなタレント」たち

あー…、なるほど。→ geinou ranking geinou reading

あー…、なるほど。→ geinou reading geinou ranking

 

Xさん、ほとんど浮いた噂がないのに肉食女子のイメージってどういうことかと思いましたが、もしかするとそういう役ばかり演じているということでしょうか。または大胆なグラビアが多いとか?

 

一瞬菜々緒さんが浮かびましたが、そもそも世に出たのが西川貴教さんとのスキャンダルで、その後JOYさんや間宮祥太朗さん、菅田将暉さんとも報道が出たことがありますから浮いた噂だらけですかね。

 

ただ、所属事務所が枕営業疑惑のあるプラチナムなので、この記事で言うところのYである可能性はあるかもしれません。

 

プラチナムの主要なタレントは菜々緒さんの他に、おのののかさん、筧美和子さん、手島優さん、中村アンさん、トリンドル玲奈さんなどなど。この中でアラサーなのは…

 

とはいえ、枕営業はプラチナムの専売特許というわけではなく、新垣結衣さんの所属するレプロなどにも噂はあり、他の事務所の人である可能性もあります。

 

お相手のアスリートがベラベラ喋っているというのが本当なら、そう遠くない未来に報じられるのではないでしょうか。

 

◆漫画家があの出家タレントの闇を暴露!

超衝撃!→ geinou ranking geinou reading

超衝撃!→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※菜々緒さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

今年も疑問噴出!売れてないのになんで出るの?紅白歌合戦選考基準の不思議

2018年12月31日放送される『第69回NHK紅白歌合戦』の出場歌手が11月14日に発表されたところ、相変わらず楽曲が知られてないのに出場が決まるあまりに意外な人選があり、今年も「選考基準」が疑問視される結果になりました。

 

 

※約2年ぶりに活動再開した途端に出場が決まった人

 

 

紅白歌合戦の選考基準

 

NHKの『紅白歌合戦』公式サイトにある「選考について」によると、大事なポイントは「今年の活躍」「世論の支持」「番組の企画・演出」の3つあるとのこと。

 

それぞれ詳細はこちら。

 

[以下引用]

1.今年の活躍

A)CD・カセット・DVD・Blu-rayの売り上げ

B)インターネットでのダウンロード・ストリーミング・ミュージックビデオ再生回数・SNS等についての調査

C)有線・カラオケのリクエスト等についての調査

D)「NHKのど自慢」の予選出場者の曲目

 

2.世論の支持

E)7歳以上の全国2500人を対象にNHKが行った「ランダムデジットダイヤリング」方式による世論調査の結果。

F)7歳以上の全国8000人を対象にNHKが行ったウェブアンケート調査の結果 

※いずれも質問は、「紅白に出場してほしい歌手男女各3組」

[NHK紅白歌合戦公式サイト]

 

これだけでも、あれ、どうしてアノ人が出てアノ人が出ないの?というケースがちらほら思い出されます。

 

 

拒絶その1:韓流

 

[以下引用]

出場歌手に対するネット上の反応では、“原爆シャツ”問題に揺れるBTS(防弾少年団)のあおりを受けて、今回韓流アーティストとして唯一の選出となったTWICEへの風当たりが強くなっている。韓国人、日本人、台湾人からなる多国籍女性グループだが、「なんでTWICE出られるの? 日本人もいるから?」「よくこのご時勢にしれっと出られるな」「今の世論で支持を受けているとは思えない」といった声が続出している。

[ビジネスジャーナル]

 

防弾少年団も出場確定報道が出ていましたが、出場者発表直前に日韓関係の悪化やBTSメンバーの反日原爆Tシャツが物議を醸し、もしも出場させたら受信料不払い運動に発展するのでは、というところから世論を読み落選となったと言われています。

 

ただTWICEはなぜかデビュー前からNHKがグイグイ押してましたからね。

 

TWICEは小学生に人気ですし日本人、台湾人もいるということで出場を決めたのでしょうが、その後にメンバーが過去に慰安婦支援Tシャツを着ていたことが明らかになり、結局受信料不払い運動になりそう。

 

 

拒絶その2:ジャニーズ

 

ジャニーズについては、5枠は多いというコメントをよく見かけます。

 

特に、Sexy Zone、Hey!Say!JUMPに至っては「セクゾって知名度低いし、そもそもヒット曲あるの?」「今年のセクゾとJUMPの曲知らないんだけど」「嵐と関ジャニ∞、キンプリだけで“ジャニ枠”は十分だと思う」という意見がよく見られます。

 

選考基準を見返すと、7歳以上の子供にアンケートを取っているということなので、Sexy ZoneやHey!Say!JUMPは小学生に支持されている、のかも?

 

ちなみにデビューしたてのキンプリですが、勢いがあるのは明らかなのでそこに不満を言うのは違うジャニーズグループのファンが多い印象です。早すぎるという声ももちろんありますけど、ただのゴリ押しとあまり言われないのは一応売上という結果を出してるからでしょうね。

 

◆ジャニーズが5枠維持できた理由

なるほどね→ geinou reading geinou ranking

なるほどね→ geinou ranking geinou reading

 

 

その他

 

[以下引用]

初出場組では、紅組のDAOKOに対して「誰?」「知らない」といった厳しい反応が多い。2017年に米津玄師とコラボしたアニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』(東宝)の主題歌『打上花火』が話題になったものの、「米津玄師とセットじゃないと誰かわからない」「なぜ彼女だけ? 米津さんも見たかった」「去年ブレイクした人なのに今年の紅白に出るんだ」と疑問視する声がある。

[ビジネスジャーナル]

 

米津さんは『Lemon』を始めとして複数の楽曲の再生回数が億超えですから、NHKの選考基準から言っても当選間違いなしなんですけど、出ないのはある意味当然だろうなと思っている人が多数なのでは。

 

レコ大もスルーですし、テレビ出演に重きをおいていないのは明らかですから、オファーがあっても断ったんじゃないでしょうか。

 

ただギリギリまで交渉は続けるという話もありますし、例年放送直前に明かされる出場者もいますから、まだわからないですね。

 

 

◆なぜ紅白に選ばれたのかわからない歌手ランキング

いろいろ納得です→ geinou ranking geinou reading

いろいろ納得です→ geinou reading geinou ranking

 

※2億回超え『Lemon』

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※米津玄師さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

3ヶ月99円で音楽聴き放題キャンペーン中

匂う!プンプン匂う!浜崎あゆみの左手薬指の指輪アピールが強烈で結婚間近疑惑浮上

浜崎あゆみさんがインスタグラムで薬指の指輪を猛烈アピールし、結婚を匂わせていると話題になっています。

 

※おめでとうございます!!

 

 

話題になっているのはこちらの画像です。

 

 

 

幸せそうですね。

 

 

[以下引用]

この投稿で浜崎は〈#嬉しいとやたら目が垂れるの #知ってるでしょ?〉と書き、左手の薬指に指輪をしている写真を公開したのだ。

 

「あゆの〈嬉しいとやたら目が垂れるの〉という言葉どおり、写真の彼女はとてもうれしそうです。〈#知ってるでしょ?〉と誰かに問いかけているのも意味深ですね。しかもこの写真は自撮り風にスマホを突き出していて、薬指のリングを見せつけるようなポーズになっている。一見すると鏡に映った自分を自撮りしているようにも見えるんですが、実際は別の誰かが撮ったもので、指輪を見せつけるために自撮り風にしたとしか思えないんですよ。実際、スマホのカメラレンズの位置からも左手であることがわかります」(芸能ライター)

[アサジョ]

 

ピントは完全に左手に合ってますし、見せたいのは左手ということで間違いないでしょう。

 

そしてわざわざ自撮り風に写真を撮ってまでアピールしたいくらい幸せ!!ということなんでしょう。

 

浜崎さんの誕生日は10月2日で、10月4日の投稿からこの左手の指輪が確認されており、誕生日にもらったことは間違いなさそう。

 

ちなみに4日に投稿していたストーリーでは「起きてリビング降りたら」「相方さんがバルーン屋さんしてた」と彼氏がサプライズで祝ってくれたことを明かしており、彼氏がいることも隠していません。

 

※言葉選びのセンス大事

[amazon]

 

こちらは5日の写真ですが、これもケーキに手をかざす意味がわかりませんし、見てほしいのは指輪だったのでしょう。

 

 

これともう一つの指輪写真にもポエム調のコメントがついていますが、いずれも指輪と関係のない内容でした。

 

それじゃイマイチアピールできてない!ということで、今回は「#嬉しいとやたら目が垂れるの #知ってるでしょ?」とはっきり匂わせてみたんでしょうか。

 

これは彼氏に向けてのメッセージでもあるのでしょうが、ただその前に、「Happy nite with loved ones(ハート)」とあるので、その愛する彼氏にこの写真を撮ってもらった可能性も…。

 

いずれにせよ、浜崎さんも40歳。

 

愛するひととうまくいっているなら幸せなことです。

 

気になることがあるとすればそのお相手です。

 

浜崎さんは今年2月にAAAの浦田直也さんとのペアリングを猛烈アピールしてましたし、この浦田さんなのでしょうか。

 →浜崎あゆみが不倫?AAA浦田直也とのペアリング

 

浦田さんならまだ良いですが、その後別な人と付き合って結婚へ一直線なんだとしたら、またスピード婚となり…以下自粛。

 

 

◆バルーン屋さんの後ろ姿

浦田直也?→ geinou reading geinou ranking

べつの人?→ geinou ranking geinou reading

 

 

[amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※浜崎あゆみさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

大ピンチ!広瀬すず実は人気がないのにワガママ三昧女王様気取りで干される危機

広瀬すずさんが消える危機に瀕していると報じられています。

 

数々のドラマや映画で主演し、来年は100作目のNHK朝ドラに主演、2018年の紅白歌合戦では紅組司会を務めるなど、この上なく順調な芸能生活を続けているように見えますが、実は業界では広瀬さんの今後を心配する声が上がってるんだとか。

 

 

 

 

若い女性に嫌われている広瀬すず

 

[以下引用]

「若い女性からの嫌われっぷりがハンパじゃないんですよ。ある業者が行ったアンケートによると『20代女性が嫌いな女優』でぶっちぎりの1位だったんです。決して悪い子じゃないんですが、人をイジって笑いをとるのが好きで、たまにテレビでそういう腹黒い一面をつい見せちゃうんですよね。最近は格差があると言われていた姉のアリスの人気が急上昇していますし、意外とすずさんの将来は明るくないんですよ」(週刊誌記者)

[ナックルズ]

 

広瀬さんがその超絶美少女具合で注目されていたのは事実ですが、注目されていた分、すぐにSNSの裏アカウントが流出したり当時の彼氏かと思われる人とのプリクラや、現場スタッフを下に見るなど性格的にどうなんだと思われる言動が多く、だんだん視聴者が離れてしまったというのはあるでしょうね。

 →広瀬すずの旬は過ぎた2016

 

これで演技がめちゃくちゃ下手だったらもっと早くいなくなっていたのかと思いますが、そこまでひどいこともなく、かといって絶賛されるほどでもなく。

 

10代から活躍し、高校を卒業したころから精彩を欠いて「制服を脱いだらただの美人」なんて言われていたこともありますね。

 

容姿には恵まれていても美人は三日で飽きるといいますし、演技は突出したところもなく、その他バラエティで見せる素顔は気持ちよくない、となれば、視聴者が好感を持つほうが難しいかも。

 

◆え…こういうこともしちゃうんだ

広瀬すずのあざとい一面→ geinou reading geinou ranking

広瀬すずのあざとい一面→ geinou ranking geinou reading

 

※広瀬すず?

[Amazon]

 

業界でも不評な広瀬すず

 

 

[以下引用]

日本テレビ系の主演ドラマ『anone』が低視聴率だったこともあり、意外と数字をもっていないのでは? という疑惑も浮上しているようだ。

 

「事務所の売り出し方がうまかったせいで、実力以上に人気があると思われているのが実情だと思います。いまは男性ファンが彼女の支持層だと思われていますが『広瀬すずを表紙にしても雑誌は売れない』というのが最近の出版業界の通説で、実は人気が無いというのが段々浸透しています。一方本人は現場で女王様気取りですからね。わがままもすぎるようだと現場から嫌われ、一気に仕事を干される可能性もありますよ」(業界関係者)

[ナックルズ]

 

確かに『anone』の全話平均視聴率は6.2%と驚きの低さでNHKも100作目の朝ドラを任せたことを後悔しているという噂もありましたが、ドラマの不調は必ずしも主演だけの責任ではないですからね。

 

『anone』に関しては内容がちょっとという指摘も多くありましたし。

 

ただ、広瀬さんの表紙の雑誌が売れないのはかなり直接的な反応ですからイタイですね。

 

やっと20歳なのに、すでに映画もドラマも主演・助演しある程度の評価を得て、さらには紅白歌合戦の司会までやってしまって、今後のモチベーションはどうやって保つんでしょう。

 

ただ広瀬さんの演技は「厳しい監督の元で助演」のときに輝くという指摘もあります。

 →広瀬すず「助演は良いけど主演は厳しい」の声

 

 

消えてしまうにももったいない逸材ですし、事務所が良い方向へ導いてくれるといいですね。

 

◆あのイケメン俳優も大いに悩んで賛否両論!

成功したら、その後は?→ geinou ranking geinou reading

成功したら、その後は?→ geinou reading geinou ranking

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※広瀬アリスさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

日テレが疑惑を認めた!『イッテQ』のでっち上げ2つ目発覚で謝罪も週刊文春は追い込む

先週発売の週刊文春が日テレの人気番組『イッテQ』の人気企画「お祭り企画」で今年放送されたラオスの「橋祭り」がでっち上げだったことを報じ、話題騒然となりましたが、今週はさらに昨年放送されたタイの「カリフラワー祭り」もでっち上げだったと報じています。

 

日テレは「橋祭り」「カリフラワー祭り」ともに疑惑を認め謝罪しています。

 

 

 

 

タイのカリフラワー祭りも嘘だった!

 

[以下引用]

「カリフラワー祭り」は、昨年1月14日、タイの中部・ペッチャブーン県の外れにあるサイヨン村で行なわれた。二人三脚で泥沼を駆け抜け、カリフラワー20キロを収穫するスピードを争うレースで、2月の放送では「カリフラワーの名産地で年に1度、その収穫を祝う祭りが開かれる」などと紹介された。「お祭り男」の宮川大輔(46)に加え、「NEWS」の手越祐也(31)も参戦。番組は22.2%の高視聴率を記録していた。

 

[Amazon]

 

だが、サイヨン村の村長は疑問を呈する。

 

「テレビ番組のコーディネーターを夫に持つ地元住民から『日本のテレビが来るのでラコーン・サン(短いドラマや芝居)を作りたい』と言われ、開催した。話し合いの中で去年は野菜の値段がとても安かったこともあり、カリフラワーを使ったゲームをすることになったのです。当日は年に1度の子供の日で、あのゲームは収穫を祝うものではありません

[週刊文春]

 

祭りの出場者には賞金や参加費などが渡されており、「祭り」の運営費は、「イッテQ!」の海外コーディネーションを担当するM社が運営費を負担していたとのこと。

 

普通の地元の祭りなら運営費は地元から出るはずですから、もう「クロ」ですね。

 

週刊文春が日本テレビに「カリフラワー祭り」の開催経緯などについて尋ねたところ、次のような回答が。

 

[以下引用]

「『カリフラワー祭り』や先にご指摘をいただいた『橋祭り』を含め、『祭り』企画において、番組の意向でコーディネート会社が主催者に提案したり、実質的な主催者となってイベントとして開催したケースがありました。

 

また番組がコーディネート会社に支払っている撮影経費の中から、開催費用や賞金、参加費、協力費などが支払われていることもありました。コーディネート会社との長年にわたる協力関係に甘え、企画についての確認が不十分なまま放送に至ったことについて、当社に責任があると考えております。『祭り』企画に関しましては、現在、詳細を確認中です。今回のような事態を招きましたことを、お詫び申し上げます」

[週刊文春]

 

先週よりは幾分かまともではあります。

 →日テレ『イッテQ』にヤラセ発覚

 

が、明日発売の週刊文春には「下請けに責任を押し付ける日本テレビの対応」についても掲載されるそう。

 

「当社に責任があると考えております」と言ってはいるものの、その前にあくまでコーディネート会社がやったことだとしているところが、そうではなく、企画自体に日テレスタッフが関わっていたということなのでしょうか。

 

今回日テレに責任を押し付けられているM社は、先週のラオスの件でも名前の出ていたタイにある日系の会社です。

 

こうなるとM社が関わった企画を片っ端から検証してみたら、他にもヤラセがあるかもしれませんね。

 

 

『イッテQ』が失った信用

 

今回の件については、部外者である内山信二さんは「何で人気ある番組を叩こうとするのかな。 誰か傷つく人がいるんですか、誰も傷ついていないのでいい」と言い、岡村隆史さんは「(番組)制作の人がどうやったらこれ笑ってくれるのかなぁ思って一生懸命考えた結果が『ヤラセや』言われて。なんか悲しいっちゃ悲しいですよ」「ほじくらん方が夢あってええんちゃうか」とコメントしています。

 

また、出演者のロッヂ中岡さんは「人を不快にしたくてやってることなんて1ミリもない」とコメントしており、やってる人にとったらそれはそうなんだろうなと思います。

 

でも、「伝統的な祭り」として紹介された祭りがまるで関係のないものだったラオスやタイの人たちの立場に立ったらそんなこと言えないんじゃないですかね。

 

逆に考えて、日本に「振り子のように揺れるボールを避けながら細い橋を自転車で渡り切る祭り」や「カリフラワーの20キロ早採り祭り」がある、これらは日本古来の伝統的な祭りだと海外で放送されたらどう思うんでしょう。

 

また、ラオス政府の「日本人は誠実だと思っていた」という言葉を聞いても同じことが言えるのでしょうか。

 

 

ネットには、ヤラセが発覚したことで『イッテQ』が楽しめなくなった、これまで観て楽しんだ祭りの中には他にもでっち上げのものがあったのかもしれないと思うとがっかりだという声もあります。

 

悲しいのは、イモトさんの登山企画なども怪しく思えてしまうことです。

 

 

『イッテQ』は、しっかりと何がウソで何が本当だったのか公にして、今後の対策を練って発表しないと、視聴率右肩下がりで寂しいことになるかも。

 

◆これも不快にする気ゼロだったとでも?

ロッヂ中岡さん!→ geinou reading geinou ranking

ロッヂ中岡さん!→ geinou ranking geinou reading

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※宮川大輔さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

閲覧注意!高橋みなみがまるで別人に!その背景には猛烈な精神的ストレスか

高橋みなみさんがインスタに公開した近影が加工しすぎて別人だと話題になっています。

 

この極端な加工のウラには精神的な焦りがあるのではないかと指摘されています。

 

 

 

 

 

高橋さんはこの日、美容院に行ってヘアスタイルをチェンジしたことを報告しつつ自身の顔写真を掲載しました。

 

それがこちら。

 

 

 

 

 

もはや誰?という状態です。以前の顔を出すまでもなく別人です。

 

これはカマキリか宇宙人か、整形しすぎた人か、という感じ。

 

他の日の高橋さんは、かなり痩せてはいるものの以前の面影はあるので、顎を削ったわけではなく加工であることは間違いなさそうです。

 

この写真について、該当記事に対し「かわいい」と褒める声もあるものの、多くは「加工怖すぎ」「本当に人間?」「宇宙人かと思ったよ」「加工しすぎですよ! 普通が一番ですよ!」といった辛辣なコメントで、ネット上でも「おかしいと思わなかったの?」「なんでこれでイイと思ったのかほんとにわからない」という声や、中には「これがかわいいと思ってるんだったら、病院行った方がいいよ……」といった精神面を心配する声も。

 

この背景には、AKB卒業後のうまくいかない芸能活動もありそうだとか。

 

[以下引用]

「高橋さんといえば、卒業したOGの中でも、ソロ活動に苦戦しているといわれています。演技はできないし、根が真面目なのでバラエティ番組でも今ひとつ弾けきらない。本人が力を入れている歌手活動もライブハウスなどといった小さいところでやっているにもかかわらず、集客は今ひとつです」(テレビ局勤務)

 

高橋がせっせと更新しているInstagramも、他の人気OGたちのフォロワー数と比べるとかなり少なく、彼女を悩ませる理由の1つであると芸能関係者は指摘する。

 

「インスタのフォロワー数は17万人弱と少なめで、大島優子さんの147万人や小嶋陽菜さんの230万人などに比べると微々たるもの。フォロワー数の多さはCMやイベント仕事の起用に関わってきますので、増やしたいのは山々でしょう。そういった焦りから迷走してしまい、つい加工をやりすぎてしまっているのでは」(同)

[サイゾー]

 

高橋さんはAKBの全盛期に総監督を務め、秋元康さんも「AKB48とは高橋みなみの事である」と公言するほど真ん中にいた人ですが、本当に人気があったのかはビミョーなところです。

 

なんせ、2016年4月のたかみな卒業を特集した番組の視聴率が8.2%と大爆死していますからね。普段は二桁が当たり前なのに、です。

 →高橋みなみ卒業SPを放送した『金スマ』が大爆死

 

よくあるファン旅行も、数少ない直接会え一緒にお泊りできる機会なのに人が集まらず年々縮小傾向となっていますが、それでも満席はなかなか難しいといいますし。

 →高橋みなみのファン旅行がボッタクリすぎる

 

それでもインスタのフォロワー数がここまで桁違いになるほど人気に差があったとは。

 

高橋さんも27歳で、同じ時期に活躍した前田敦子さんは結婚、大島優子さんは留学から帰国しすでに仕事が入っており、小嶋陽菜さんも容姿は定評がありIT社長の彼氏がいて、なんて比べてしまうと焦ってしまうかもしれませんが、こういうことで話題になるのはちょっと恥ずかしいですね。

 

 

◆熱愛発覚でも話題になったのは服装のダサさ…

高橋みなみの悲哀→ geinou reading geinou ranking

高橋みなみの悲哀→ geinou ranking geinou reading

 

 

※スマホスタンドです

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※高橋みなみさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

「熊田曜子に出馬ラブコール」に拒絶の声多数!致命的に好感度が低いその理由は…

先日、熊田曜子さんが子供3人を連れ墨田区の児童館に行ったところ、大人1人に対して子供2人までという子沢山家庭に優しくないシステムだったことに対する不満をSNSで発信しましたが、この件で墨田区議会関係者から「来年の選挙に出て!」とラブコールが出ていると報じられています。

 

 

 

 

熊田曜子の墨田区児童館事件

 

熊田曜子さんは4日に更新したブログの記事で5歳、3歳、生後4か月の子供を連れて墨田区の児童館に行ったが、1人の大人につき子供2人までしか入れないとのルールのため入館できなかったこと、4か月の子をだっこすると申し出たものの入室は認められず「まさか、そんな決まりがあったなんて」「事前に確認するべきですね」と記し話題になっていました。

 

この日は雨の日曜日でしたが、ご主人が急遽仕事になってしまって、一人で3人、どうしようとなったときに、できたばかりのこの墨田区の児童館別館を思い出して行ってみたはいいけれど入れなかった、眼の前に面白そうな遊具を見て上の2人は遊ぶ気満々だったのに、確認せずかわいそうなことをしてしまった、最終的には高架下の公園で遊べてお子さん二人は満足してよかった、という話でした。

 

詳細はこちら→熊田曜子さんのブログ

 

ちなみに、通常児童館は保護者1人当たりの子供の人数を制限していませんが、墨田区によると、この新しくできた施設にはアスレチック遊具があるため、目が行き届く範囲を考慮し2人まで、としていたそうです。

 

 

墨田区議会がラブコール

 

これについてネットでは、3人育児に厳しすぎると熊田さんに同情する声、もしかして芸能人だから特別扱いしてほしかったの?ルールはルールだよと熊田さんを批判する声、賛否両論ありました。

 

しかし墨田区議会は大絶賛で、ぜひ区政に関わってほしいと複数のラブコールがあるよう。

 

[以下引用]

墨田区議会の関係者は「今まで、類似した陳情はありませんでした。有権者の悩み、意見を集めて話し合う場が議会です。子だくさんの育児ママの代表として、区政に携わっていただけるのは大歓迎です」と語る。

 

(中略)

 

また、別の区議会関係者は熊田のブログについて、こう話す。

 

「『保育園落ちた、日本死ね』をソフトにした芸能界版ですね。『少子化対策と言いながら、子供3人連れは想定外という区政を、子供に優しい墨田区に私、熊田曜子は変えていきます』と来年の統一地方選で墨田区議選に出馬するのではないでしょうか」

[東スポ]

 

「区議は、議会等最小限の仕事にしぼれば、実働は年間2か月程度です。それで700万円以上の年収が保証されているので、割が良いかもしれません。」というコメントや、墨田オンブズマン代表の方の実名を出しての大歓迎コメントもあったので、墨田区の議会の人たちは割と本気なのかもしれません。

 

政治家は知名度があり当選の可能性が高いけれど扱いやすいタレント議員大歓迎でしょうからね。

 

しかしネットの声は「冗談じゃない!」「やめて!!」という声が多々あります。

 

 

ネットを味方にしきれなかった熊田曜子

 

ちなみにこの日は雨の日だったそうで、ある程度大きくなると家の中だけで丸一日は難しい、というケースは、子供がたとえ一人でもありえる話です。

 

それが赤ちゃんも含めて3人いたらなおさらでしょうし、少子化が問題となっているのに、3人育ててる熊田さんの味方が多くなりそうなのにそうならなかったのは、いろんな要素がありそうです。

 

1つ目は、熊田さんの書き方です。

 

ブログを見ればわかりますが、熊田さんは児童館の名前を書き、係の人の案内で事前チケットを取るシステムでチケットは取れたこと、入室直前にダメと言われたことを書き、最後に「ちゃんと確認しないと」と自分の失敗談のように書きながらも記事のタイトルが「3人育児」でした。

 

そのあたりが、しおらしくしていても墨田区に苦情が行くようにしたかったんじゃ、反省してる風で煽ってるよね、という解釈になっているようです。

 

実際、安全第一で保護者一人に付き子供2人というのも、赤ちゃんのおむつを変えるときやちょっと危険なところへ行くときはどうする?と考えれば仕方ないにしても、ダメならダメでチケット取るときの係の人が言ってくれてたらありがたかったと思いますし、熊田さんが怒っても無理はないと思うんですけどね。

 

2つ目は、熊田さんが以前ペニオク詐欺でファンを欺いたのに謝罪せずしらっと産休を取って復活しているため、元の好感度が低すぎるということです。これが一番大きいかもしれません。

 

そんな熊田さんに割と本気の政治家転身ラブコールがあることにネットでは拒絶の声がより多くなっています。

 

が、少なくとも熊田さんは墨田区ではなく江東区在住という話なので、墨田区の区議会議員にはなれません。

 

あとは江東区や国会が熊田さんに目をつけないよう、祈りたいところです。

 

◆忘れてないよ。ペニオク事件

逃げ切ったのはこの人達→ geinou reading geinou ranking

逃げ切ったのはこの人達→ geinou ranking geinou reading

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※熊田曜子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

話題騒然!koki,が父・木村拓哉とのツーショット画像公開も、かなり独特

今日、11月13日は木村拓哉さんの誕生日。

 

次女・Koki,さんは朝からインスタを更新し、父・キムタクへのメッセージとツーショット画像を公開しています。

 

 

 

 

[以下引用]

Koki,は「お誕生日おめでとう!ファンキーでカッコいいお父さんの娘に生まれて来れて本当に良かった。沢山の愛を込めて」と祝福。木村と思われる人物が写っている逆光で撮影された2ショットも公開した。

 

ネット上には「めっちゃ素敵なコメント~」「木村くんも嬉しいだろうな」「かっこいい家族だなあ」「なんて美しい親子!!」など様々な声が続々と上がっている。

[モデルプレス]

 

Koki,さんはこの日本語のメッセージの前には英語でも同様の内容を書いて、そして公開したのがこちらの画像です。

 

 

 

 

公称身長は、Koki,さんが170センチ、木村さんが176センチ。

 

美しいですけど、親子でこういう写真ってどういうシチュエーションで撮るんでしょうね。

 

まあ、ジャニーズですから顔を出すのはまずいとしても、逆光ならOKって、そんなモノ?

 

しかもこんな恋人同士のような写真…。

 

そしてこんなプライベートなメッセージをSNSで世界へ発信する意味は。

 

家で直接カードにでも書いて渡した方が良いような。

 

ネットでは「抱き合ってる?」「どんなポーズなのよこれ」「気持ち悪い」「祝いたいなら直接言えばいいのに」「家庭を匂わさなかった木村拓哉はもういない」「せめてキムタクは共演NGを貫いたほうがよかった」「存分に静香もキムタクも利用することにしたんだね」等々の反応が。

 

当初親の名前を隠してデビューするつもりだった、というのがますます作り話に思えてきました。

 

ところで、工藤静香さんの方のインスタですが、このところずっと動画を公開するのがブームなようで、いつも大音量のクラシックをBGMにケーキや謎の何かをカットするところやゼリーをすくったりつまんだおかずをカメラに近づけたりと、ちょっとおもしろいです。

 

今日は木村家ではどんなお祝いがあるのでしょうか。

 

◆工藤静香のスタートがコレだと思えば今は格段のレベルアップです

秘技!なんでも丼!→ geinou ranking geinou reading

秘技!なんでも丼!→ geinou reading geinou ranking

 

※髪型よく似てる

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※Koki,さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

衝撃!Koki,が秋元康プロデュースで歌手デビュー!狙うはポスト安室奈美恵

今年モデルデビューした木村拓哉さんと工藤静香さんの次女Koki,さんが秋元康さんプロデュースで歌手デビューを画策していると週刊新潮が報じています。

 

 

※母・工藤静香さんと秋元康さんは縁が深いです

 

 

デビュー半年足らずでインスタグラムのフォロワー数は130万人オーバーとその注目度はかなり高いですが、Koki,さんは今後モデルだけに留まるつもりはないんだとか。

 

 

[以下引用]

さる芸能関係者が言う。

 

「Koki,は、フルートが得意なだけでなく、作曲もして、母親の静香や歌手の中島美嘉に楽曲提供するほど音楽に明るい。その上、実は歌が上手いと評判なのです。歌声を聴いた人は、宇多田ヒカルのようなのになぜ歌手デビューさせないのかと言うくらいだそう」

 

静香は元々、おニャン子クラブからソロデビューするや、バブル期を代表する実力派として鳴らした。一方のキムタクも、解散したSMAPの中では歌唱力があると言われていたから、娘に素質が引き継がれていても不思議ではない。

 

「実際に歌手デビューの計画が進行していると聞きます。つまり、これまでの売り出し方は、歌手活動に向けた下地作りというわけ。静香が娘の売り出しに熱を入れていることからも、デビューとなったら、母親人脈の秋元康プロデュースでは、と言われています」(同)

[デイリー新潮]

 

宇多田ヒカルさんって…えっ!?

 

※ネットで聞けます

[Amazon]

 

確かに宇多田さんもバイリンガルで15歳でデビューした二世芸能人ですが、その歌唱力の高さは一線を画するものがありました。

 

そんな宇多田さんと同列に並べて、かなりハードル上げちゃってますが大丈夫でしょうか。

 

もし本当に宇多田さんレベルの歌唱力があるなら、完全に売り出し方を間違えたと思います。

 

宇多田さんレベルに歌えるなら放っておいても話題になったと思うんですよね。

 

話題のドラマの主題歌か大手のCMとタイアップして、キムタク似の顔を出さず、とにかく正体不明の感じでも、本当に実力があれば人気が爆発したのでは。

 

まあ、タイアップだけは親のコネを使っていたら近道でしょうが、もし本当に自信があるならYou Tubeでも良かったと思います。

 

で、売れに売れた後に顔を出して、え、なんかキムタクに似てる、もしかして?となったころに、実はキムタク次女だった!とスクープさせさらに人気爆発。

 

このパターンだったら誰も親の14光なんて言わなかったでしょうに。

 

※そういえばこの人も親以上の歌唱力と言われてましたっけ。

[Amazon]

 

しかし、週刊新潮がKoki,さんの所属事務所に直撃したところ、「本人の希望はモデルです。将来はわかりませんが、歌手はないと思います」と答えたとのこと。

 

とはいえ、週刊新潮ではファッション関係者が「世界的なモデルとしては、彼女の170センチの身長も十分ではないし、顔もアジア的でないため受けが悪い」とコメントしており、将来的にモデルとして成功を収めるかとなると、やや疑問符が付くという見解を示しています。

 

かといって国内でのモデル活動のみ、というのも考えられず、実力と努力が勝負の歌手に現実味があるというのが業界人の見方です。

 

[以下引用]

では、デビューの商機はいつなのか。先の中森氏は、

「“平成の歌姫”と言われた安室奈美恵が引退し、“ポスト安室”は空席です。かつて、山口百恵が引退することになって、急遽、レコード会社の中にチームが編成され、誕生したのが松田聖子でした。それに倣えば、これだけレールの敷かれたKoki,プロジェクトが、ここを狙わないわけがないのでは」

 

元号が変わるのは、来年5月。その前後にデビューの可能性が高いと言うのだ。

[デイリー新潮]

 

Koki,さんのデビューは『エル・ジャポン』の表紙で、当初は親の名前を出さずに活動するはずが「スポーツ紙のスクープによりやむなく」明かして活動開始。インスタグラムを週一ペースで更新し露出しながらブルガリやシャネルのアンバサダー就任、大手CM出演、全国74紙をジャックしての全面広告と、新人タレント一人の売出しとしては極めて大掛かりであり、行き当たりばったりではなっくかなり以前から練られた計画だとこの中森さんは指摘していました。

 

だからこそ、安室さんの引退後の空席ももとより視野に入れていたというのですが…

 

宇多田ヒカルさんの次はポスト安室さんとは、ハードルを上げすぎて、本当にKoki,さんが気の毒になってきます。

 

しかし、Koki,さんの歌唱力が本当に素晴らしいんだとしたら、組む相手は秋元康さんではないほうがいいのでは。

 

秋元さんと組んだらAKB系のアイドルと同列のイメージが付き、それは決して宇多田さんや安室さんとは重なりません。

 

歌手デビューをするなら来年5月頃ということですが…新潮のスクープになるのかどうか。

 

 

◆工藤静香の口ずさむ歌がちょっと寒い

閲覧注意!→ geinou reading geinou ranking

閲覧注意!→ geinou ranking geinou reading

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※Koki,さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

裁判沙汰に発展か。「吉岡里帆の父親はNHK」の大誤報で週刊新潮大ピンチ

週刊新潮が苦労人エピソードを持つ吉岡里帆さんが実は父親がNHKのドラマプロデューサーであり、実はコネで活躍の場を広げてきたかのような記事を出したところ、それが誤報であったことが明らかになりました。

 

この件で吉岡さんサイドが裁判をする可能性もあり、週刊新潮の責任のとり方が話題になっています。

 

 

 

 

吉岡里帆さんはグラビアで活躍しつつ、『カルテット』での得体の知れない魔性ぶりが話題で主演女優となりました。

 

しかし主演したドラマ『きみが心に棲みついた』『健康で文化的な最低限度の生活』は全話平均視聴率がそれぞれ7.7%、5.8%と大コケ。

 

映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』は、同週公開の映画が幸福の科学のアニメが1位を飾るくらい敵がいなかったにも関わらず12位で終わり、歴史的大コケとまで言われました。

 

その原因を吉岡さんに求める声が多い中、さらに突っ込んだのが週刊新潮でした。

 

[以下引用]

「視聴率や観客動員の“爆死”は主演女優ひとりの責任ではないものの、生活保護をテーマにした『ケンカツ』、声を出すために薬物を打つという『音タコ』にしても、女性が共感できる内容の作品に出演できていないことに加え、新垣結衣、蒼井優、広瀬すずなどの女性ファッション誌出身の女優がひしめく中で、男性誌で頭角を現してきた吉岡は、女性支持が低いというわけです」(週刊誌記者)

 

さらに記事では、吉岡にとって、さらに“共感を呼べない”事実に言及している。週刊誌記者が続ける。

 

「彼女は、京都に住んでいた頃から夜行バスで東京のオーディションを受けていたという苦労人ですが、父親がNHK大河のプロデューサーということは公表していません。コネで起用されたくないという意思があるからだそうですが、恵まれた環境にあったことは明らかで、この点がネット上で、さらなる逆風になってしまわないか心配です」

[アサジョ]

 

吉岡さんは確かに女性受けはあまり良くないんですよね。

 

もともと演技力や見た目からもなぜ主演ができるのかわからないという声が多かった中でのこの「父親がNHK」報道で、だから主演できたし紅白歌合戦で審査員をやったのか、という納得する声がほとんどでした。

 

このまま吉岡さんは「嘘つき女優」として転落していくのかと思われたのですが、なんとこの週刊新潮の記事が誤報だったとか。

 

[以下引用]

「吉岡さんの父親は、テレビ局員でもNHK関係者でもないので、コネなんてありません。彼女は実力で主演を張れる女優にまでのし上がったのに、あの記事で今までの努力が疑われてしまうのはかわいそうですよ」(芸能プロ関係者)

 

本誌が吉岡の所属事務所に確認したところ、

 

「吉岡の父親がNHK大河ドラマのプロデューサーという記事は、まったくの事実無根」

 

NHK広報にも確認すると、

 

「事実ではありません。通常は出演者のプライバシーについてはお答えしておりませんが、今回はそういった事実はないのでお答えしました」

と回答した。

[週刊女性]

 

吉岡さんは過去に父親について「映像会社を経営するカメラマン」だと明かしていましたが、週刊女性はその会社が京都に実在することを確認。父親の名前もネットで噂されたプロデューサーとは異なると報じています。

 

「誤った記事で、明らかなイメージダウンにつながっています。所属事務所としては『週刊新潮』を訴えたいほど怒り心頭でしょう」と芸能プロ関係者がコメントしていましたが、これは確かにかなり酷い誤報です。

 

吉岡さんがこれまで明かして来た苦労人エピソードが「京都からオーディションを受けにきていた」「上京費用を捻出するためにバイト4つ掛け持ちしていた」と結構具体的でしたから、それが全部作り話と報じられた吉岡さんのイメージダウンは相当です。

 

週刊新潮は事実確認の上謝罪記事を出すことになると思いますが、一度ついた「嘘つき」イメージがちゃんと覆されるまで責任を持たないといけませんね。

 

◆それでも新潮社の収益は確保!

よかったね→ geinou reading geinou ranking

よかったね→ geinou ranking geinou reading

 

※廃刊になりました

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※吉岡里帆さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

新垣結衣に不倫疑惑!それを追ったマスコミが棚ぼたでスクープしたのが…

先日田中圭さんの賭け麻雀と内田理央さんとの密会がスクープされましたが、これは田中さんと新垣結衣さんの不倫情報のウラを取るために取材していた女性セブンの棚ぼた写真だったんだとか。

 

 

 

 

新垣結衣と田中圭に不倫疑惑?

 

[以下引用]

「田中は既婚者だが、過去には合コンでグラドルを口説いていたことや、先日放送されたバラエティ番組でも、妻の妊娠が判明した際に『もっとモテたいし、もっと遊びたいし』との葛藤があったことを明かし、女性視聴者から“クズ認定”されています。実は『女性セブン』の記者は、放送中のドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)で共演中の新垣結衣との不倫情報を得て張り込みをしていた。すると、思いがけず、賭け麻雀&内田との密会現場に至ったようです」(週刊誌記者)

[サイゾー]

 

いやーどうなんでしょうね。

 

どちらかというと、もともと違法賭博疑惑のある田中さんを追っていたら棚ぼた的に内田理央さんとの密会が撮れたんじゃないかと思ったのですが。

 

今年夏頃から最近ブレイクした人気イケメン俳優Xが違法賭博で警察の捜査対象になっているという記事が出ていましたが、その特徴が田中さんにピッタリ合致していると噂が出ていたところでした。

 →人気イケメン俳優Xは田中圭か

 

田中さんは『おっさんずラブ』でブレイクし日経トレンディの「今年の顔」に選ばれるくら注目されていますし、新垣さんがどうの関係なく、疑惑の真相を含めてマスコミのチェック対象になっていてもおかしくなかったと思います。

 

ただ、新垣さんは年上の人気俳優Xとの交際が噂されており、いくつか週刊誌が追っているというネット記事もありました。

 

それが田中さんのことだったとしたらびっくりです。

 

錦戸亮さんと交際していたことがあることを思うと、相手の男性にはそれほど多くを求めないタイプなのかなとは思いますが、わざわざ既婚者へいくのかなと。

 

ちなみに新垣さんはずっと星野源さんと交際疑惑がありましたが、最近は同じ『獣になれない私たち』で共演する松田龍平さんとの噂もあり、『獣になれない私たち』の不調をスキャンダルで盛り上げようとしていたのかなという気も。

 

 

田中圭のスキャンダルで消えたもの

 

田中さんの今回のスキャンダルにより『おっさんずラブ』の続編は流れる可能性が高くなったとか。

 

[以下引用]

「テレビ朝日の社長も定例会見で続編を示唆していましたが、賭け麻雀は違法行為に当たるため、俳優業は当面謹慎となる可能性も。内田は報道について『ご近所会で、仲間であり、良い先輩』と釈明していますが、世間には“アヤシイ関係”だとインプットされてしまったため、共演させづらくなった」(芸能記者)

[サイゾー]

 

『おっさんずラブ』は一応完結してたので、続編と言われてもピンと来ませんが、スペシャルドラマくらいはできたかもしれませんね。

 

田中さんは2011年から2018年に放送された32クール中28クールのドラマに出演しているほどの人気俳優ですが、違法賭博疑惑が浮上し決まりかけていた映画の主演が流れたという話もありました。

 

ここで本当に違法賭博で捕まったりしたらせっかくの人気俳優の座から転落間違いなしです。

 

親友が未成年スキャンダルで芸能界を引退した小出恵介さんだとも報じられており、ダメな方へ転がりそうな要素がチラチラとありますが、なんとか踏ん張ってほしいものです。

 

◆人気はあるけど嫌われてもいる…

田中圭の現実→ geinou ranking geinou reading

田中圭の現実→ geinou reading geinou ranking

 

※星野源さんとは本当に付き合っていたの?

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※田中圭さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

内村光良が激怒!『イッテQ』降板も。ラオス政府もヤラセに不快感で打ち切りが現実的に…

週刊文春が報じた日テレ『世界の果てまでイッテQ!』のヤラセ疑惑問題で、内村光良さんが激怒し日テレの対応によっては降板も辞さない構えであると報じられています。

 

 

 

 

『イッテQ』ヤラセ常態化疑惑も

 

週刊文春が報じた『イッテQ』のヤラセ疑惑詳細はこちら。

 →ヤラセ発覚で『イッテQ』打ち切りの危機

 

今年5月に放送されたラオスのメコン川で行われている伝統的な祭りである「橋祭り」が実際には存在せず、現地の人はもちろんラオス情報文化観光省観光部副部長も「こうした自転車競技はラオスには存在しない」と話したと報じられています。

 

週刊文春の取材に対し日テレは「かねてから行われている催し」「番組サイドで企画したり、セットなどを設置した事実はありません」と回答しましたが、現実にラオスの政府まで「ラオスの祭りでも文化でもない」と強く否定し、セット設営を手伝ったタイ人は「日本の番組に頼まれて撮影場所を探し、セットを作った」と証言しているんですけどね。

 

週刊文春によると今回の「橋祭り」はタイにあるテレビ番組やCM、映画制作などをコーディネートしている日系企業M社が企画したとのこと。

 

ラオスではなくタイのメコン川では実際にこの橋祭りが行われており、現地ニュースでも報道されているほどだといいますから、もしかするとタイのM社に乗せられただけ?という可能性もあります。

 

が、東スポによると日テレ関係者は『イッテQ』のヤラセについて「結論から言えば、真っ黒け」と断言したとか。

 

[以下引用]

「当初、制作サイドはシラを切り通す方針でしたが、ごまかしきれないとみて緊急会議を開いた。制作した制作会社社長を呼び出し聞き取り調査を行った結果、現地コーディネーターに責任を押し付けることに。今後は制作会社が矢面に立ち、コーディネーターの責任にすべく話の筋を変えていくつもりのようだ」

 

ちなみに「イッテQ」の海外ロケは、1本あたりの制作費が1000万~2000万円。経費を安くあげれば、すべて制作会社の儲けになるシステムだという。

 

「だから発覚していないヤラセはまだあると思われます。番組サイドが真剣にビビっているのが、過去のヤラセも掘り起こされること。そうなればBPO(放送倫理・番組向上機構)の審議入りや打ち切りは免れない」(同)

 

実際に、「イッテQ」のヤラセは「常態化していたのでは?」との声もある。

 

あれだけの奇跡が毎回、起こるわけがないということ。ラオスの祭りが完全なヤラセとなると、これまで成し遂げてきた“奇跡”も疑惑の目で見られる。極論を言えば、イモトアヤコの登山も『ヘリコプターなどを使用していたのでは』と言われかねない」(別の日テレ関係者)

[東スポ]

 

経費を安く上げればすべて制作会社の儲けになるって、なんでそんなシステムにしたんでしょうね。

 

経費は経費、ギャラはギャラで分けないと、そりゃ儲けを大きくする方向に努力が向くでしょうに。

 

結局それだけ信用していたということなのでしょうが、甘いです。

 

週刊文春によると制作陣自ら『イッテQ』をドキュメンタリーバラエティと銘打ち、「ウソとヤラセの完全排除」をモットーとしていたということですが、それならそのモットーをまっとうすべくシステム作りをすべきだったのでは。

 

そのあたりをいい加減にした結果、イモトさんの登山にまで疑惑が及ぶことになってしまって、これまでの感動を返してほしいです。

 

さらに、「あれだけの奇跡が毎回、起こるわけがない」って、同じ日テレの『鉄腕ダッシュ』もそうですよね。

 

しょっちゅう「幻の魚」やら「超貴重な生物」やら見つけていましたが、もしかして日テレだし…と、他の番組まで怪しく見えてきてしまいました。

 

 

宮川大輔は本当に知らなかったのか?内村光良は降板決意という噂も

 

[以下引用]

「週刊文春」は宮川を直撃して話を聞いている。本人は真摯に対応したうえで「僕、ホンマに分からないですよ」と回答。最後には記者に「しっかり調べてください」と話したという。

 

「宮川は、ヤラセだとは本当に知らなかったようです、番組スタッフの罪は重いですよ」(同)

 

宮川以上に怒っているのが内村だという。

 

「今後の状況次第では自ら降板することもあり得る。内村は昨年、NHK紅白歌合戦の司会も務め、国民的タレントと言っても過言ではない。視聴者からの見え方を非常に気にするタレントですからね」(放送作家)

[東スポ]

 

内村さんは今年も紅白歌合戦の総合司会を務めることが今日発表されました。なんというタイミングでしょうね。

 

そして宮川さん、本当に知らなかったのでしょうか。

 

放送された「橋祭り」は、橋に見立てた細い板を4つの回転する玉をよけながら自転車で渡るもので、タイミング悪く玉に衝突すると泥水に落下する仕組みだったため、放送では宮川さんは「風雲たけし城みたい」とコメントしており、これはヤラセだと知っていたら言えないかなと思います。

 

そして、週刊文春への真摯な対応も、知らなかったからこそかなと思います。

 

ただ気になるのが、文春に直撃され「実際に行われていたのが『橋祭り』ではなく、別の祭りの可能性は?」と聞かれ、「そこも分からないです。うーん、僕は橋の祭りと聞いていて。あの場所で何も分からないですけども『今回はあそこでやろう』ということやったかもしれませんよ」と答えていたところです。

 

既述の通り、メコン川のタイ国内では本当に「橋祭り」があったわけで、それをラオス国内のメコン川でやった、ということを、「『今回はあそこでやろう』ということやったかもしれませんよ」と言ったんだとしたら、宮川さんも何か知っていたのかも?

 

日テレは週刊文春の報道を受けて「番組としては今回、意図的に隠した事実はありませんが、開催実績について毎年今回の撮影場所で実施されているような、放送上、誤解を招く証言があったことに関しまして、ご批判を真摯に受け止めております」コメントを発表。

 

すぐさま週刊文春が「証言を得ている」と反論のコメントを発表しています。

 

ラオス政府も「日本人は誠実だと思っていた」と不快感を示しており、内村さんがどうのではなくて、『イッテQ』自体打ち切りのピンチです。

 

もしも打ち切らなかったとしても、こんな実態が明らかになった『イッテQ』がこれまで通りの好調さをキープできるのでしょうか。

 

ここ数年日テレは民放トップを走ってきましたが、10月は月間視聴率で三冠を逃しました。

 

日テレの好調さは日曜の『笑点』『鉄腕ダッシュ』『イッテQ』『行列のできる法律相談所』と連続するバラエティでついた勢いを一週間キープすることで保って来たと言われ

ていますが、それがこんな形で終わりを迎えるとは。

 

◆岡村隆史の主張が

ズレている…→ geinou ranking geinou reading

ズレている…→ geinou reading geinou ranking

 

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※宮川大輔さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

人気イケメン俳優Xは田中圭か。賭け麻雀発覚でアノ疑惑再燃!さらに内田理央と浮気疑惑も…

『おっさんずラブ』で大ブレイクした田中圭さんが、本日発売の女性セブンに賭け麻雀通いと女優の内田理央さんとの密会をスクープされました。

 

田中さんには以前から裏カジノ通いで逮捕されるという噂がありましたが、その関係は…

 

 

 

小出恵介と親友だった田中圭

 

田中さんが雀荘で目撃されたのは、日経トレンディの「2018年今年の顔」の表彰式があった11月1日の夜、 田中が冒頭の雀荘で夢中に牌を見つめていたのは、「今年の顔」の表彰式があったその日の夜でした。

 

[以下引用]

「この雀荘は場所を移しながら20年くらいは続いていて、3卓しかない小さい店だけど、4人連れの客が卓を囲む『セット』のほかに、居合わせた客同士で卓を囲む『フリー』がある。フリーの場合、最初に“見せ金”として2万円をチップに換えてやりとりするスタイルで、店を出る時に換金する。いわゆる賭け麻雀の店です。レートは1000点100円で、15~20分くらいで決着がつく東風戦だから、調子が悪いと一晩で10万円ほど負けることもあります」(客の1人)

[女性セブン]

 

田中さんはこの店の常連で、その日は約1時間遊んで5000円ほど勝って店を出たとのこと。

 

田中さんはもともと芸能界でも有数の麻雀好きとして知られており、今年7月にサイバーエージェント社長の藤田晋社長がチェアマンを務める麻雀プロリーグ『Mリーグ』の発足会見にゲスト参加するほど。

 

女性セブンによると、現在34歳の田中さんが20代の頃、親友・小出恵介さんと六本木の雀荘で朝まで打っている姿がよく目撃されたとか。

 

田中さんが27歳で「授かり婚」したこと、仕事が忙しくなったことで、最近は雀荘に長居することはなくなったといいます。

 

ここで思い出されるのが、『おっさんずラブ』終了後から囁かれていた「今年大ブレイクの人気イケメン俳優Xが違法賭博で逮捕秒読み」という噂です。

 

特徴は田中さんを指していましたが、これ、やっぱり田中さんだったんでしょうね。

 

小出恵介さんにも違法賭博で取り調べを受けたという噂がありましたが、二人が親友だったとは。

 

ちなみに女性セブンによると、賭け麻雀は刑法185条が定める賭博罪に抵触し原則違法とのこと。

 

田中さんはアウト、ということになります。

 

ただし、警察もそう厳密に取り締まるわけではなく、摘発対象となるのは一般に「1000点200円」程度を超え、一晩に何十万も動くような高額レートの雀荘で、低額かつ暴力団の関与など問題がなければ違法性が阻却されることがあるとか。

 

しかしこの基準も一定ではなく、過去「1000点50円」で警察が動いたこともあるそうなので、田中さんが常連のお店は「1000点100円」ですからビミョーなところです。

 

一緒に麻雀していたのは常連の60代以上の高齢男性たちで、一見さんとは対戦しないよう気をつけてはいるそうです。

 

が、うっかり暴力団の資金源になっているところで遊んでいたらアウトですし、そもそもこんな賭け麻雀通いが知れたら悪い人も近寄ってきそうです。

 

最近では遠藤要さんと清水良太郎さんが闇カジノの違法賭博で騒動になりました。

 

田中さん、今後は控えるしかなさそうですね。

 

 

※少年犯罪を扱った話

[Amazon]

 

田中圭と内田理央の不倫疑惑

 

田中さんはこの雀荘での遊戯時間を早めに切り上げた後、自宅近くの行きつけの飲食店の個室で内田理央さんと合流しています。

 

内田さんは27歳で、『おっさんずラブ』で田中さんの幼なじみを演じていました。

 

[以下引用]

「個室から聞こえてきたのは女性の声ばかり。“ねぇ、聞いてよ。この前さあ~”とか“超ウケると思わない?”という感じで。定期的に2~3分ぐらい沈黙がありましたが、終始女性はごきげんな様子。2時間くらいしたところで、他の男性が部屋に入って3人連れになりましたが、ドアが開いてチラッと中が見えた時には、女性が田中さんにしなだれかかるようにして座っていました」(居合わせた客)

[女性セブン]

 

11時過ぎに雀荘を後にして向かったこの飲食店をですが、解散したのは午前3時。

 

帰宅は内田さんがタクシーで、田中さんは後から来た男性の運転するバイクの後ろに乗って、と別々だったそうですが、まあ怪しいですよね。

 

※左側が内田理央さん

[Amazon]

 

賭け麻雀だけでもイタイのに、女性の影まで見えてしまいました。

 

田中さんは先日『ぐるぐるナインティナイン』に出演した時に、「授かり婚だからいろんな選択肢があった。もっと遊びたかったしもっとモテたかった」とえらく正直に語り批判殺到しました。

 →田中圭が大失言!

 

結局結婚した後も若干控えめながら遊んでいたしモテていたということのよう。

 

田中さんは実は『おっさんずラブ』以前から引く手あまたの人気俳優で、2011年から2018年の8年間の32クール中28クールで連ドラに出演していました。

 

しかし、今年は「おっさんずラブ」が流行語大賞にノミネートされたり田中さん自身が「今年の顔」に選ばれたり、大きな飛躍の年でした。

 

それがこんな形で水をかけられたことになり、一気にまた脇役俳優に戻ってしまいそうですね。

 

◆人気はあるけど嫌われてもいる…

田中圭の現実→ geinou ranking geinou reading

田中圭の現実→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※内田理央さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング