パンくずリスト
  • ホーム
  • 24時間テレビ
タグ:24時間テレビ

本日放送の『ZIP!』内で、日本テレビの夏の風物詩『24時間テレビ』のテーマが「愛は地球を救う」から「愛は地球を救うのか?」になったと発表されました。

 

水卜麻美アナウンサーが長々と番組内で説明するも、信用を回復することはできなかったようです。

 

 

なにが問題だったのでしょうか?

[スポンサーリンク]


水卜麻美アナが「愛は地球を救うのか?」になった経緯を説明


水卜麻美アナによると、「愛は地球を救う」というテーマが「愛は地球を救うのか?」になったのは、昨年系列の日本海テレビで寄付金の着服が発覚したことが原因です。

 

 

この不祥事を受け、約半世紀の間、続いてきた番組タイトルの意味、チャリティーの本質を見つめ直す決意を示すテーマとして、「愛は地球を救うのか?」に変更したとのこと。

 

 

その後番組では吉無田剛総合プロデューサーが今年の『24時間テレビ』の放送について、

 

 

 

「多くの方に理解を得られているとは思っていません」

「一度揺らいだ信頼をすぐに取り戻すことはできないと感じている」

「心からの善意で、全力でチャリティーに取り組んできたことも事実」

「支援を待っている方が全国にいることも事実」

「これまで続けてきたチャリティー自体を否定したくはないですし、続けることでしか信頼を回復することはできない」

 

 

 

等々説明。

 

 

さらに、ジブリにも相談し、最終的に宮崎吾朗さんにTシャツのデザインをしてもらったことを明かしました。


『24時間テレビ』放送決定が「ズルい」と言われる理由


1.「続けたい」が前提なこと


一応、募金着服事件が発覚したあと、しばらく翌年の放送の準備をストップしたとは話していました。

 

 

しかし、長く続けてきた実績があるのに、なぜ一度不正行為があったから止めないといけないんだ?みたいな気持ちが透けて見えました。

 

 

それはメデイアの記事にも出てるなーというのがこのあたりです。

 

 


 同番組では、1978年の第1回からチャリティー募金を呼び掛け、集まった寄付金は46年間で総額433億64万3146円。多岐にわたるチャリティー活動を長年続ける中で、昨年11月、公益社団法人「24時間テレビチャリティー委員会」の1社で寄付金の着服が発覚した。

スポニチ

 

 

これはスポニチの記事ですが、他のメディアでも同じように「46年間」「433億64万146円」という数字が書かれており、もしかするとこれは日テレの要望で入ってるのかなと思ったり。

 

 

でも、着服は10年に及んだといいます。

 

 

46年のうち10年も気づかないでいたということは、決して威張れないですよね。

 

 

それでたった1社が、みたいに言われても。

 

 


2.ジブリが子会社化したことを言わずにジブリに協力を得たこと


今回チャリTシャツのデザインをジブリにお願いしたという説明がこちら。

 


悩んだ末、スタジオジブリに相談することにしました。スタジオジブリは、時代が抱える問題を繊細に感じながら、作品を作り続けてきたアニメーションスタジオであり、日本テレビの大切なパートナーです。スタジオジブリなら、このテーマを絵にしてもらうことができるかもしれない――そう考え、鈴木敏夫プロデューサーに相談しました。

鈴木プロデューサーの答えは「愛だけじゃ地球を救えないんじゃない?」というものでした。

そして、こう続けてくださいました。「難しいテーマだけど、宮崎吾朗君なら、相談に乗ってくれるかもしれない」。

スポニチアネックス

結果、すんなりではなかったものの、宮崎吾朗さんがこのようなデザインをしてくれたとのこと。





『ハウルの動く城』のヒンですよね。。


ネットでは「ジブリ使うのズルい!」という声が上がっています。

 

 

なんとなく、「ジブリが賛同したなら・・」みたいなんだったり、「ジブリのTシャツなら」みたいな感じで『24時間テレビ』に近づく人もいそうですよね。

 

 

でもジブリが協力したのは、昨年日テレがジブリを子会社化したから、だと思うと、なんだかなーという気が。。


3.募金着服対策がウヤムヤ


『ZIP』を観ただけでは、募金着服再発防止策がいまいちわかりませんでした。

 

 

一応、2月の時点で日テレは募金着服再発防止策を次のように発表しています。





事件自体は、日テレ系列の日本海テレビ元経営戦略局の局長が2014年から2023年の10年に計264万6020円着服していたというものです。

 

 

他に売上金853万6555円も着服していたことから発覚したとか。

 

 

この当時行われた全国的な調査の結果、判明したのは他に以下2点だったとか。

 

・1万円札を1000円札10枚に両替していたこと

・3080円が入った封筒が紛失していたこと

 

信用を失った今では、ほんとにそれだけ?って感じですよね。

 

 

もともと「募金箱から適当にお金を出して打ち上げの足しにしてる」とか、「飲み物くらいは募金箱から出してる」なんていう真偽不明な噂をネットメディアが書いていました。

 

 

日テレはそれをまったく把握していなかったんでしょうか?

 

 

というか、「警備員を配置する」とか「2名以上で扱う」みたいなこと、これまでやっていなかったんでしょうか?

 

 

再発防止策を周知するのに絶好の機会だったのに明示しなかった時点で、なにかズルいなーという気がします。


4.水卜麻美を表に出したこと


そもそも『ZIP』で水卜麻美さんが着服問題を謝罪し説明したということ自体、なにかズルいですよね。

 

 

ネットでは「水トちゃんを謝らせないで」という声も。

 

 

ちゃんと毎月社長が会見してるんですから、そこではっきりすべて説明したらいいのに。

 

 

水卜麻美さんは『ZIP』のみならず『DayDay』でも謝罪してましたが、まさかこのために役職つけたわけじゃないですよね。。


問題を解決していない日テレ


他にも日テレが解決していない問題は、

 

・ジャニーズ問題

・『セクシー田中さん』問題

 

だと言われています。

 

 

『24時間テレビ』のメインパーソナリティが長くジャニタレが務めてきて、結局募金はジャニオタの財布から出てるんじゃと言われてきました。

 

 

正直今年はジャニーズサイドからしても『24時間テレビ』に関わるのは得策じゃないと思いますが、きっと間近になって発表されるんでしょうね。

 

 

それ以上に問題なのが、『セクシー田中さん』です。

 

 

調査結果を報告しましたが、なぜ原作者の芦原妃名子さんの希望が伝わっていなかったのか判明しないまま、臆病にならずにこれからも実写化するぞー!みたいな内容でした。

 

 

あんな愛のない仕事をしていたら、そりゃ「愛は地球を救うのか?」です。

 

 

いやほんと、46年も「愛は地球を救う」とやってきたのに、今更「のか?」つけるって。。


 

◆こちらもどうぞ◆


 


 


 


 

 

日テレの夏の風物詩「24時間テレビ」に寄せられた寄付金が系列局社員により10年間に渡り着服されていた事件について、各局ニュース番組がこの話題を報じる中、この件に一切触れなかった日テレ系情報番組「ZIP!」にブーイングが起きているとか。

 

 

 

[以下引用]

鳥取県鳥取市に本社を置く日本海テレビは28日、会見を実施。田村氏が『24時間テレビ』への寄付金約264万円を含む総額1118万円あまりを着服したとして、懲戒解雇処分を下したと報告した。

 

同社の説明によると、『24時間テレビ』で集めた募金は金融機関に運ぶまでの間、同本社内に保管されており、田村氏は周囲の目を盗んで紙幣などを抜き取っていたとか。同氏は14年に約50万円、15年に約32万円……と23年までに8回着服。本人は社内調査に「親族のためにお金を用立てる必要があった」と話しているというが、同局はスロットや同僚との飲み歩きに使用していたと考えているという。

 

また、同日には日本海テレビが鳥取警察署に被害届を提出。会見に出席した田口晃也会長は引責辞任、西嶌一泰社長は報酬3カ月分を全額返上するといい、「弊社は責任をもって保管すべき皆さまの浄財が着服されるのを、10年間見落としてしまいました」「深くおわび申し上げます」と謝罪した。

 

なお、翌29日午前中には、この前代未聞の事件をフジテレビ系『めざましテレビ』をはじめ各局ワイドショーが報道。

 

テレビ朝日系『羽鳥慎一モーニングショー』では、元日テレ社員で11年から総合司会を務める羽鳥慎一アナウンサーが「30年間、この日本テレビ系列の社員としてこの番組に携わって、寄付金に対してこういう思いなんだというのは……何なんだ! この人は! というふうに私は思います」「単なる着服で済まされない、非常に悪質な事案だなと、私は怒りを感じております」と憤りを露わに。

 

TBE系『THE TIME,』では、司会の安住紳一郎アナが「募金という行為は本当に人の厚意ですから、こういうことがありますと募金自体に対しての不信感というのは出てきますね」と指摘した。

 

一方、水卜麻美アナウンサーが総合司会を務める『ZIP!』や、武田真一アナウンサー、南海キャンディーズ・山里亮太らがMCを務める『DayDay.』では同日、この話題に一切触れず。これに対し「日テレは他人事か? 真っ先に報道するべきだろ」と疑問視するネットユーザーが相次いでいるようだ。



さらに、「24時間テレビは責任をとって終了するべき。善意で寄付している人たちが不憫すぎる」「募金はちゃんとした団体にしたほうがいい。感動ポルノ番組はいらない」と番組終了を訴える声も目立つ。

[日刊サイゾー]

 

 

「ZIP」「Day Day」に加えて「ミヤネ屋」も触れていません。

 

まさか、「news zero」で触れたからOK。他の番組ではスルーして時間が経つのを待っていたらどうにかなると思っているわけはないと思います。

 

日テレ本社の話ではないとはいえ、日テレが全社をあげて毎年放送している24時間テレビで大々的に寄付を呼びかけた募金が系列局で着服されていたのです。

 

当然、これまで日テレを信じて募金してきた人たちへの謝罪と、他の地方では問題ないのか、これまでどうやってチェックしてきたのか、今後どうやって防ぐつもりなのか、そのくらいのことははっきりと公式見解として早めに発表する必要があると思います。

 

最低限それをしないままでは来年以降の「24時間テレビ」なんてありえません。

 

いえ、したところで辞め時な気もしますが。

 

以前からゴシップ誌では、募金箱からお金を抜いて「ジュース買ってこい!」とか「今日はこれで打ち上げだ!」みたいなエピソードが報じらることがありました。

 

そのため、ネットでは案外金額の大小はあっても日テレ社員全体の問題なのでは、というコメントも見られます。

 

それに、もう毎年言われるチャリティー番組なのにギャラが発生している矛盾、なぜか暑い夏に走るマラソンを始めとしたマンネリ化した内容…

 

さらには、来年はおそらく不在となるジャニタレの影響です。

 

ただでさえ24時間テレビの募金着服という不祥事で来年以降の募金額の減少が予測されるのに、ジャニーズファンからの寄付金も期待できないんじゃ、死活問題です。

 

とはいえ「24時間テレビ」は視聴率的にも優秀で日テレが三冠王を獲得するための必須アイテムですし、収益的にも「広告収入22億円超え」と過去に報じられたこともあることもあるくらい、日テレにとっては外せない番組です。

 

なんとか残すべく、今頃喧喧囂囂となっているのかも。

 

忘れてはいけないのが、ジャニーズも宝塚もスルーできなかったこと。

 

タイミングを含めて、しっかり対応しなければいけませね。

 

◆ジャニタレK37歳のすごさとは。

→ geinou ranking geinou reading

→ geinou reading geinou ranking

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※宮根誠司さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

 

日本テレビの系列局「日本海テレビ」(鳥取市)の幹部社員が、「24時間テレビ」の寄付金など1100万円以上を着服したとして懲戒解雇されていたことが明らかになりました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

愛は地球を救う 5【電子書籍】[ 武藤啓 ]

価格:528円 (2023/11/28時点)


楽天で購入

 

[以下引用]

日本海テレビを11月27日付で懲戒解雇となったのは、元経営戦略局の局長。会社の調べによると、「24時間テレビ」の寄付金から計264万6020円を着服していた。このほか、会社の売上金853万6555円も自らの懐に入れていた。

 

日本海テレビは公式ホームページのトップ画面に「弊社元幹部社員の不正について」と題して公表。28日に鳥取警察署に被害届を提出した。日本海テレビはHPで「寄付金の着服は、一般の皆様から寄せられた善意を踏みにじって私腹を肥やした行為」と断罪。

 

続けて「弊社は責任をもって保管すべき皆様の浄財が着服されるのを10年間、見落としてしまいました」と報告。元局長が単年ではなく、10年間にわたり着服していた事実を明かし、その上で「公共の電波をお預かりする立場として、あってはならない事態を引き起こしました。まことに申し訳ありませんでした」と謝罪。再発防止を誓った。

 

ネット上では「ひどい」「ありえない」といった声が寄せられている。24時間テレビの存在意義をも問われる重大スキャンダルで、波紋は広がりそうだ。

[東スポ]

 

これはヒドイですね。

 

「愛は地球を救う」と謳った国内最大のチャリティ番組で、視聴者の方々から善意の募金を集めたというのに、それを番組の当事者が着服するなど絶対にあってはならないこと。

 

このような愚行を行ったのは系列局の社員ではありますが、キー局の責任は非常に大きいですし、日テレ社長が直々に事情を説明し謝罪すべきでは?

 

さらには、ジャニーズ忖度問題と同様に、過去に募金を巡る不正行為が行われていないかどうか、徹底的に内部調査する必要があると思います。

 

というのも、番組の制作現場では

 

「スタッフが募金箱に手を突っ込んで現金を鷲摑みにし、”これで弁当とお茶を買ってきて”と頼んでいるのなんて日常茶飯事だった」

 

などといった目撃談も多数報じられていましたからね。

 

まあ、こういう噂を流すのは三流ゴシップ誌が中心でしたが、火のない所に煙は立たず。

 

日テレとしては、身の潔白を晴らすという意味でも、しっかり調査すべきでしょう。

 

 

過去最低募金額!24時間テレビ、視聴率も下がり「責任はジャニーズ」の声!…それでいいの?

 

ただし!

 

「24時間テレビ」が昔から「金儲け目的のエセチャリティ番組」という批判を受けてきたのは紛れもない事実で、実際にそうとしか思えない企画や演出もありました。

 

ジャニーズや宝塚を見ても分かる通り、最近の因果応報の巡りの早さは尋常じゃないですから、もしヤバいことを隠してきたのなら次々と火を吹くことは間違いありません。

 

今年の募金額が過去最低を記録するなど、存続に赤信号が点っている「24時間テレビ」。

 

そろそろ潮時との声も多いですが・・どうする、日テレ?

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【楽天グルメ大賞受賞】【2023年販売実績4,500個突破!/ランキング入賞】神...

価格:8,640円(税込、送料無料) (2023/11/28時点)


楽天で購入

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※着服芸能人のSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

「24時間テレビ」の平均視聴率が世帯11.3%、個人6.6%だったことが判明しました。

 

視聴率は直近5年でワーストであり、募金額はなんと過去46年の歴史でワーストを更新しかねない状況であるとか。

 

その大きな原因として考えられるのは、やはりジャニーズ事務所の故ジャニー喜多川前社長による性加害問題。タレントに非はないとはいえ、さすがにチャリティー番組にそぐわないという声が放送前からささやかれていたのですが…

 

※今年のドラマ

 

 

[以下引用]

フタを開けてみれば、視聴率と募金額の2点で「失敗」と日テレ局内で分析されている。  

直近5年のメインパーソナリティーは嵐(19年)、V6の井ノ原快彦ら(20年)、King&Prince(21年)、ジャにのちゃんねるの二宮和也ら(22年)、そして今年がなにわ男子。この中で「成功」と評価されるのは19年の嵐だ。

 

まず、視聴率について「24時間テレビ」関係者の話。

 

「嵐は19年1月にグループとしての活動を20年いっぱいで休止すると報告した後、『24時間テレビ』を迎えました。注目度は高まり、追い風が吹いていました」  

 

この年は人気番組「世界の果てまでイッテQ!」スタッフが「24時間テレビ」の制作を担ったのも奏功したという。平均視聴率は世帯16・5%で19~23年の5年で最高だった。  

 

逆に19年以降で最低は21年のキンプリで世帯12・0%。今年のなにわ男子はこれを更新した。  

 

募金額は、過去46年の歴史でワーストを更新しかねない危機だ。27日放送で発表された時点の募金額は2億2223万8290円だ。

 

「これは暫定値で、関係各所からさらに集計した数字を募金担当部署が承認し、その年の秋に確定値として発表されます。近年は暫定値の2~3倍が確定値になっている。これにならうと、今年は4億~6億円あたりと見込まれています」(同)  

 

過去46年で募金額のワーストは1982年の6億0573万6459円(確定値)。これを更新しかねないというわけだ。  

 

視聴率と募金額で苦しい数字を突きつけられたことに「局内の分析では、性加害問題によりSNS上で24時間テレビを『見ない』といった意見が拡散していたことが逆風になった。そして一昨年11月にデビューしたばかりのなにわ男子の起用も尚早だった、とみています」(同)。

 

24時間テレビはジャニーズとずっと親密な関係にあり、それこそ依存してきたと言っても過言ではない。だからこそジャニーズが大揺れした影響が24時間テレビにも出てしまったということだろう。(視聴率は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

[東スポ]

 

 

正直なところ、テレビは観ない人が増えてる中で健闘したんじゃないかとは思います。

 

募金額の減少も、これだけ物価が上がっていれば無理もないというか。

 

参考までに過去最高の募金額は19憶8千万円超。2011年、東日本大震災があった年です。

 

電力不足の夏に24時間テレビを放送する意義が問われましたし、災害に遭い困っていた人も多かったですが、そこでこの金額は考えさせられますね。。

 

※2011年の24時間テレビのドラマ

[Amazon]

 

ということで、視聴率&募金額低迷の責任をジャニーズだけにかぶせるとなるとそれまたおかしいのでは。

 

マラソンにも飽きた、ジャニーズにも飽きた、感動ポルノもサライも飽きた!

 

少なくともこの10年はそんな声があふれています。

 

そろそろ本気のテコ入れが必要なんじゃないでしょうかねえ。

 

24時間テレビの視聴率は、初年の1978年が15.6%でそれ以降は高くても11%台。一桁なんて珍しくありませんでした。

 

そして、1991年についに6.6%を記録。これは現在に至るまでの最低記録です。

 

それが、1992年にはぐっと上がって17.2%。それ以降は一桁に転落することはありません。

 

その1992年に何があったかと言うと、マラソンと「サライ」の追加、そしてバラエティー化。つまり大幅なテコ入れです。

 

この実績を思えば、「サライ」はともかくマラソンが止められなかったのはわかります。

 

が、開始からもう30年が経ちました。

 

「サライ」はここまできたら永遠にテーマ曲にしてもいいと思いますけど、マラソンはどうでしょうね。

 

そして2003年から連続しているジャニーズタレントの起用。

 

なにもなくとも「ジャニーズ」というものに好印象を持つ人ばかりではありません。

 

今年は故ジャニー喜多川氏の性加害問題というとても大きな問題に加え、いろいろありました。

 

メインのなにわ男子のセンター・西畑大吾さんの熱愛発覚はファンに冷や水をかけたでしょうし、読売テレビのスペシャルサポーターAぇ! groupが直前に性加害問題でW杯バレーのサポーターを降板したと報じられたことも同じです。

 

そして、放送数日前に話題になったシュークリーム壁投げつけ事件の那須雄登さんが所属する美少年が、何の処分もなく中京テレビで24時間テレビのサポーターという。

 

何があっても日テレはジャニーズなんだなと、改めて実感し、冷めた人も少なくはないでしょうね。

 

日テレからすれば、人選に悩まなくていいし何もしなくてもファンが宣伝したり盛り上げたりTシャツ買ったり寄付したりしてくれるし、番組内ドラマをDVD化すれば確実に売れるし、と、いいことづくめなのかなと思います。

 

しかしこのまま何も変えなければどう考えても上がる未来はなく、徐々に徐々に右肩下がりとなっていくでしょう。

 

1992年の「サライ」&マラソン投入時よりもテレビ視聴者が明らかに減っている以上、視聴率が一桁になってからテコ入れでは間に合わないでしょうね。

 

もうガラッと変えてしまえば、来年(だけ)は少し視聴率は上がるかもしれませんよ。

 

◆超絶コスパ良い

いっそのこと、どうぞ!→ geinou ranking geinou reading

いっそのこと、どうぞ!→ geinou reading geinou ranking

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※なにわ男子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング