パンくずリスト
  • ホーム
  • 高橋一生
タグ:高橋一生

高橋一生さん主演で『ブラックジャック』が実写ドラマ化されますが、放送前に炎上しています。

 

 

ライバルの医師役ドクターキリコが女性に改変され、石橋静河さんが演じることに不満の声が噴出する中で、ある可能性を恐れる声が出ています。

 

 

その声とは


[スポンサーリンク]



ブラックジャックのドクターキリコとは



安楽死の必要性と正しさを信念とする医師。呼吸中枢をマヒさせる超音波の装置や、薬物を使用する。その信念は、軍医時代「戦場で手足をもがれ胸や腹をつぶされてそれでもまだ死ねないでいる悲惨なけが人をゴマンと見たんだ」と語る凄惨な体験から来ている。ブラック・ジャックと相反するキャラクターでありながら、医学の限界、医師が果たすべき役割といった、手塚治虫が伝えたかった永遠の命題を際立たせる最も重要なキャラクターの一人。

手塚治虫公式サイト


要するにブラックジャックの主人公である間黒男のライバル役です。

 

 

医師免許を持たないが天才的な腕を持ち人命を救うことに全力を尽くす主人公に対し、軍医を経て非合法な安楽死を生業とするキリコ。

 

 

非常に重要なキャストです。



キリコが女性になった理由(公式)



そんなキリコが女性になった理由を、プロデューサーは次のように説明しています。







つまり、

 

 

「海外で安楽死をサポートする団体には、なぜか女性の姿が多い印象があった」

「脚本の森下洋子さんと相談しているうちに『優しい女神』のような存在が、苦しむ人のそばにいて死へと導くのかもしれないと想像するようになった」

 

 

とのこと。

 

 

いやー、手塚治虫さんはそうは描いていないわけで。

 

 

キリコはどちらかと言うとロン毛なイケオジ系・・







そういうヒントを得たなら、次の機会にオリジナル作品でそうしたらいいわけで。



キリコが女性になった理由(ネット推測)







石橋静河さんであると発表されたのは今年2月のことでした。

 

 

当時からキリコが女性であることに対し違和感の声はありましたが、女性が演じるだけで男性なのかもしれない、という、普通ならなんでと思うような希望的観測が唱えられたりしもしていました。

 

 

それがこのタイミングで炎上したのは、上に貼った「撮影5分前」でプロデューサーの飯田サヤカさんのインタビュー記事が出て女性であることが確定したからでしょう。

 

 

公式には「安楽死の現場に女性が多かったから」が理由ですが、石橋静河さんのキャスティングが発表された当時から上がっていたネットの推測は大きく次の3つです。

 



石橋静河売り出し説



石橋凌さん、原田美枝子さんの娘という二世女優である石橋静河さんを大きく売り出したいのでは、という説です。

 

 

石橋静河さんは1994年7月4日生まれの現在29歳。

 

 

元々はダンサーとして活動していましたが、2015年ころから舞台や映画、ドラマで俳優としての活動を始めています。

 

 

ただ、所属している事務所(プラージュ)が2019年に始まり俳優は石橋静河さん含め二人しか所属していないような小さいところであるため、「石橋静河ありき」のキャスティングは難しいのではという声も。

 

 

でも、よくドラマ出てるんですよねー納得するような特徴はないのに。



まさかの恋愛要素投入説



43歳の高橋一生さんに対し29歳の石橋静河さんということで、まさかの恋愛要素投入では、という声があります。

 

 

過去何かあった、元カノ、今後の展開、すべて含めて絶対いやだという拒絶の声ばかりありますが、若い女性という時点で、大いにあり得ます。

 

 

どうもテレビの人は、女性に観てもらうためには恋愛要素が不可欠と思い勝ちのようですからね。。



まさかの如月先生も兼ねる説



恋愛要素投入説と被りますが、そこに如月先生を含めるのではという説です。

 

 

「如月先生」はブラック・ジャックが研修医だった頃、同じ医局にいたショートカットの女性で初恋の人です。

 

 

現時点で如月先生のキャストが発表されていないこと、石橋静河さん演じるキリコが髪が短めであることから、まさか如月先生の役割をキリコが…という声も



石橋なら石橋蓮司、女優なら夏木マリなら良かった



ネットで見ていてなるほどと思ったのが、同じ「石橋」姓なら石橋蓮司さん、どうしても女性というなら夏木マリさんが良かった、という声があります。

 

 

確かに石橋蓮司さんであれば幾多の死を経験し非合法の安楽死専門医となる姿にマッチします。

 

 

そして夏木マリさんであれば、ブラックジャックのライバルとして、太刀打ちできないかもしれないという大きな存在感が出ただろうと。

 

 

飯田サヤカさんが想像した優しい女神的部分もにじませたかも?

 

 

石橋静河さんにその迫力は、ないかなあ。。

 

 

もしそれができたら飛躍でしょうが、現実には生贄状態になりそう。



◆こちらもどうぞ◆


 


 

本日発売のフライデーが、高橋一生さんと飯豊まりえさんの熱愛を報じて、ネットでは「またぁ?」の声が上がっています。

 

 

 

高橋一生はやっぱり年下好き!飯豊まりえは17歳差

 

本日発売のフライデーによると、NHKのドラマ「岸辺露伴は動かない」での共演で出会った二人は、現在同じマンションの別の部屋を借り、普段は高橋一生さんの部屋で過ごしているとのこと。

 

 

※岸辺露伴、高橋一生さんの当たり役です

 

 

ネットの声は概ね良い感じで、雰囲気も似てるし結婚までいくのでは、という声もある一方で、

 

 

「イッチェーン若い子好きね」

「結婚願望がないから若い子に行くのかな」

「高橋一生共演者キラーすぎる」

「年の差感じないけど、41歳と24歳か・・」

「飯豊まりえ若いイケメンが好きそうなのに意外」

 

といった声が。

 

確かに、以前熱愛報道のあった森川葵さんは15歳年下で、今回の飯豊まりえさんは17歳年下ですから、さらに若いところにいったんですね。

 

 

元カノとの交際発覚で高橋一生はイッチェーンを得て人気を減らす

 

それでも森川葵さんの時のほうが激しく炎上したのは、間違いなくこの写真の服装が原因でしょう。

 

 

 

 

腰に長く垂れ下がるチェーン。

 

 

これで高橋さんには「イッチェーン」というあだ名がつきました。

 

 

また、報道直後にあまりに余裕のない様子を見せたことで幻滅の声が多く上がり、上がり始めていた人気は陰りを見せ始め、ゴールデンプライム帯のドラマで初主演だった「僕らは奇跡でできている」はコケ、その後の映画もコケ、すっかり人気は低迷することに。

 

 

そんな中、「岸辺露伴は動かない」は実写化ドラマにしてはかなり珍しく、放送前から評判が良く、今回の熱愛報道も作品ファンからは歓迎されています。

 

 

ただ、「破局したら続編なし、とかやめてね」という声もありますが。

 

 

「イッチェーン」の次はオクラホマミキサー


 

そして、「イッチェーン」に続きネタになりそうなのがこちら。

 

 

[以下引用]

「昨年秋のドラマ第2弾の撮影中、腹痛で元気がないまりえちゃんに、なぜか一生さんが『一緒に踊りますか?』と誘ったことがあったんです。彼女は嬉しそうに『はい!』と答えて、二人でオクラホマミキサーの曲にのって踊っていました。露伴ばりの突飛な言動にスタッフたちは呆気にとられたようですが(笑)。その後、ドラマがクランクアップしたタイミングでまりえちゃんは一生さんの住むマンションに引っ越したそうです」(番組関係者)

[フライデーデジタル]

 

 

お腹が痛いときに踊りに誘う…?本当なんですかね?

 

 

そしてなぜオクラホマミキサーの曲が流れていたんでしょう。

 

 

なんにしろ高橋一生さんがそういう人で、飯豊まりえさんがそれに応えられる人だから熱愛に至ったのでしょう。

 

 

そう考えれば、やきもち焼く人も減るのでは…

 

 

◆高橋一生って大丈夫なの?と言われる所以

 これで冷めた人も→ geinou ranking geinou reading

 これで冷めた人も→ geinou reading geinou ranking

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます。こちらもどうぞ◆

 

小さい男…高橋一生、またもイメージダウン!森川葵との熱愛を質問されたときの対応が酷い

 

役者生命に関わるレベルの大コケ!高橋一生と川口春奈共演映画はキャスティングからして失敗だった

 

高橋一生に再ブレイクのチャンス到来!主演ドラマ「岸辺露伴は動かない」に「ジョジョ」ファンから歓迎の声&出演映画「スパイの妻」での演技が高評価

 

高橋一生さんに再ブレイクの兆しが見え始めているといいます。

 

昨日14日には、人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険」のスピンオフシリーズ「岸辺露伴は動かない」の実写ドラマ版で主演を務めることが発表されたのですが、それにジョジョファンから歓迎の声が殺到。

 

さらに、出演した映画「スパイの妻」が国際映画祭で賞を受賞し、高橋さんの演技力が高評価を得たそうで…

 

※ジョジョとは違った面白さがあります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

岸辺露伴は動かない 2 (ジャンプコミックス) [ 荒木 飛呂彦 ]

価格:506円(税込、送料無料) (2020/10/15時点)


楽天で購入


 

 「ジョジョ」ファンも納得のビジュアル

 

高橋さん主演の「岸辺露伴は動かない」は、12月28~30日の夜10時に3夜連続でNHKで放送されるとのこと。

 

原作は本編「ジョジョの奇妙な冒険」の第4部に登場した人気キャラクター・岸辺露伴を主人公にしたスピンオフで、相棒となる女性編集者・泉京香役は飯豊まりえさん、京香の恋人・平井太郎役は中村倫也さんが務めるとのこと。

 

「ジョジョ」の第4部は2017年に山﨑賢人さん主演で実写映画化されていますが、当時はビジュアルの再現性やストーリー展開に否定的な声も多く、興行収入9.2億円と惨敗。

 

原作者である荒木飛呂彦さんが描く独特な世界観と唯一無二のビジュアルを実写で再現するにはあまりにもハードルが高いため、「岸辺露伴は動かない」に対しても相当な拒絶反応が生じると思われていました。

 

しかし、蓋を開けてみると

 

「NHKに感謝。楽しみで仕方ない」

「ドラマ化に向いてそうで期待できる」

「高橋一生の露伴先生って意外とよさそう」

 

といった好意的なコメントが飛び交うという、意外な事態になっています。

 

[以下引用]

「一部では、高橋さんに対して『ジョジョの登場人物にしては顔があっさりしすぎでは……』という声があったものの、かねてから高橋さんはジョジョの大ファンで露伴好きを公言していたため、原作愛のある俳優が主演を務めることを好意的に受け止めているファンが多いようです。

 

また、本作はド派手なスタンドバトルが見せ場となる『ジョジョ』本編とは違い、露伴が取材先で奇怪な出来事に遭遇するミステリー作品。本編よりもはるかに実写化に向いているため、それもファンの期待が高まる要素になっています」(芸能ライター)

 

年の瀬のプライムタイムに『岸辺露伴は動かない』の実写ドラマが放送され、名ゼリフ「だが断る」が炸裂するというだけでも期待せずにいられない。原作ファンの盛り上がりに応える名作ドラマになることを祈りたい。

[エンタMEGA]

 

個人的にはジョジョは第2部〜第4部が黄金期だと思っているのですが、岸辺露伴は独特なキャラで人気がありますし、スタンドバトルではないのでCGなども使われないでしょうから、実写化には向いていると思います。

 

しかも、公開された露伴のビジュアルもかなり再現性が高くてビックリしました。

 

厳密に言えば、原作漫画の露伴と似てるかどうかは賛否分かれるかもしれませんが、何より雰囲気がバッチリ出ていて、個人的には期待値がグッと上がったというか。

 

もちろん賛否両論あり、なぜこんな塩顔ばかり集めた、という声もありますけどね。

 

高橋さんは相当なジョジョファンだといいますし、脚本は好評だったアニメ版のメインライターとシリーズ構成を務めた小林靖子さんが担当するとのこと。

 

この小林さんは、特撮やアニメ界隈において知る人ぞ知るヒットメーカーで、オタク層からの支持が厚い方だそうで、そういった意味でも期待大ですね。

 

 ウォレットチェーンで墓穴を掘った高橋一生

 

[スポンサーリンク]

 

さて、岸辺露伴という人気キャラ役をゲットして勢いに乗る高橋さんですが、もともとは2016年の菅田将暉さん主演ドラマ「民王」での怪演ぶりで注目を集めたのは記憶に新しいところ。

 

※こちらです。

民王 スピンオフBOOK【貝原編】 特別付録:貝原手帖 (角川SSCムック)

民王 スピンオフBOOK【貝原編】 特別付録:貝原手帖

[関連商品]

 

そして、翌年には朝ドラ「わろてんか」、大河ドラマ「おんな城主 直虎」とNHKが誇る二大看板ドラマに出演し、ついに大ブレークを果たしたという経緯があります。



しかしながら、2018年に15歳年下の女優・森川葵さんとの熱愛が報じられたことがきっかけで、人気は急降下。

 

ファンのメイン層が20代後半から40代くらいの女性だったため、15歳も年下の森川さんとの交際報道にガッカリした人も多かった…というのが理由ですが、それ以上にイメージダウンになったのは、写真週刊誌に撮られた際の服装だったそうで…

 

[以下引用]

「テレビに出るときは、コンサバ系もしくはモードっぽいイメージだった高橋さんですが、写真週刊誌では革ジャンにウォレットチェーンをズボンからぶら下げていたんです。このウォレットチェーンがダサすぎると、SNSを中心にかなり話題になってしまいました(笑)。今も<高橋一生 ウォレットチェーン>で検索するといっぱい記事が出てきますよ」(ファッション誌編集者)

 

◆ある意味、これはJOJO愛に溢れたファッションですよ!

 画像→ geinou ranking geinou reading

 画像→ geinou reading geinou ranking

 

「ダサいウォレットチェーン」という黒歴史を作ってしまった高橋だが、ここにきてイメージ回復の機運が熟してきたという。出演映画『スパイの妻』の公開が控えているが、この作品が第77回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で銀獅子賞を受賞。高橋の芝居が再評価されているのだ。

 

「やはり下積み期間が長かっただけあり、同世代の俳優の中でも群を抜いて芝居がうまい。今後、年を重ねていけば男性ファンも増えていくでしょう。これまではテレビドラマへの出演が多かったですが、『スパイの妻』をきっかけに映画俳優にシフトしていくかもしれませんね」(中堅芸能事務所関係者)

[日刊サイゾー]

 

ドラマと映画がWで大ヒットとなれば、ウォレットチェーンの黒歴史も「過去の笑い話」に帰ることができるはず!?

 

コロナ第二波は御免被りたいですが、“高橋一生第二波”なら大歓迎。

 

ぜひ、再ブレークを果たして下さいね!

 

※ヨーロッパでは大変なことになってますから、気を緩めずに。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料/抗菌/防臭/日本製/楽天1位】 マスク 日本製 洗える 楽天1位 通...

価格:1200円(税込、送料無料) (2020/10/15時点)


楽天で購入


 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※高橋一生さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

[スポンサーリンク]

 

高橋一生さんと川口春奈さんのW主演ドラマが役者生命に関わるレベルの大コケで、そもそもなぜこの二人を共演させたのか、キャスティングからして疑問だと報じられています。

 

 

 

 

映画は同名タイトルの恋愛小説を実写化したもので、とあるマンションに引っ越してきた北村志織(川口春奈)と、平野進(高橋一生)が〝タイムパラドックス〟に翻弄されながら愛を育てていくという内容。

 

2人は宣伝に勤しみましたし、上映館数は全国248スクリーンであるため初週10位以内は十分狙える規模でしたが現実には圏外の11位スタートに終わってしまいました。

 

上映館数251と同レベルの公開規模であり、公開4週目だった『劇場版シティハンター 新宿プライベート・アイズ』が同ランキング9位だったことを思うと、この結果の厳しさがわかります。

 

初週がこれだと上映回数やキャパをコントロールする対象となり、今後の盛り上がりは期待できません。

 

原作自体は「書店員が選んだもう一度読みたい文庫」に選ばれた話題作でしたが、映画にを観た人の感想は「雰囲気はよかった」とする人もいますが、「恋愛とタイムパラドックスがゴチャついてた」「薄っぺらかった」と評する人もいます。

 

小説や漫画原作のラブストーリーの実写化がヒットしにくくなっているのは事実で、たとえジャニタレや人気イケメン俳優主演でもヒットしないケースが多い中、高橋一生さん主演じゃ難しいのも当然です。

 

さらに、「原作は同世代なのに映画は年の差でキモかった」という声も。

 

つまり、そもそもキャスティングもまずかった疑惑が。

 

[以下引用]

「子役のころから数多くの作品に出演していた高橋ですが、主役を張るようになったのはここ数年のこと。2016年ごろから突如として人気が上昇し、30代後半にして脇役メインだった状況を一変させました。しかし昨年、ゴールデン・プライムタイム初主演の連ドラとなった『僕らは奇跡でできている』(フジテレビ系)が平均視聴率6.5%と大爆死。ようやくつかんだ主演のポジションも、『器ではなかった』と疑問視され始めています」(テレビ誌記者)

 

 

しかし、映画大コケの責任は高橋だけにあるのではない。ダブル主演という形でパートナーを務めた川口は、13年に主演したドラマ『夫のカノジョ』(TBS系)で「21世紀の民放プライムタイム連ドラ史上最低視聴率」という空前絶後の珍記録を樹立。メディア露出の多さと反比例した需要の低さは明らかで、起用の段階から失敗が約束されていたとさえ言えるだろう。

 

※もはや伝説級

[Amazon]

 

そして、今回の映画が大コケしたことにより、両者の〝実人気〟のごまかしも限界に達したようで…。

 

「『九月の――』の〝逆ロケットスタート〟により、高橋と川口の〝虚像〟が白日の下に晒されましたね。2人ともメディアでは〝人気者〟として扱われていますが、周知の通りドラマの結果は散々。そもそも主演作を爆死させた2人を組ませる発想自体がナンセンスですが、今回の大コケにより、不人気さは隠しきれない段階にまで達したと言えるでしょう」(エンタメ雑誌編集)

[まいじつ]

 

W主演ですから、当然川口春奈さんの責任もあるはず。

 

川口さんは現在放送中のドラマ『イノセンス』の低視聴率スタートの責任もあると言われていました。

 →川口春奈の恐るべき持ってなさが明らかに

 

高橋さんも川口さんもドラマで結果を出せていないのに、よく二人をキャスティングさせたなというのは公開前からあった話ですが、そのとおりの結果となってしまって、制作側も辛いでしょうね。

 

しかし高橋さんの試練はまだ続きます。

 

今秋にも恋愛小説が原作の映画『ロマンスドール』で主演を務めることが発表されています。

 

共演は蒼井優さん。

 

今回ほど大規模公開になるかわかりませんが、結果が出せるといいですね。

 

◆川口春奈って完璧な美人なの?

いやそうでもないという話→ geinou ranking geinou reading

いやそうでもないという話→ geinou reading geinou ranking

 

※長澤まさみさんとの共演映画も10億いかず

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※高橋一生さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング