パンくずリスト
  • ホーム
  • 北川悠仁
タグ:北川悠仁

なんと、今年の慶応幼稚舎の入学式に、西島秀俊さん、そして高島彩さん・ゆず北川悠仁さんが現れたと報じられています。

 

 

[スポンサーリンク]

2023年4月、慶應幼稚舎に芸能人親子が集う

4月上旬の某日、都内の有名私立小学校で行われた入学式に現れたのは、西島秀俊さん。

 

 

そして高島彩・ゆず北川悠仁夫妻。

 

 

西島さんの2016年4月生まれの長男、高島さん夫婦の2016年6月生まれの次女がめでたく小学校に入学したようです。

 

 

気になる入学先ですが…

 

 

[以下引用]

「お受験対策が必須の小学校で、大学までエスカレーター式に進学できます。その分、人気が高く、合格率は例年10倍以上の超難関。芸能人のお子さんも多く通っていて、昨年は堺雅人さんと菅野美穂さんの長男が入学しました。ほかにも、石田純一さんと東尾理子さんの長男もこの小学校です」(スポーツ紙記者)

[週刊女性プライム]

 

 

堺雅人さん、菅野美穂さん夫婦、石田純一さん、東尾理子さん夫婦と同じ。

 

 

これってつまり、慶応幼稚舎ということですよね。

 

 

近年芸能人にとって慶應幼稚舎は超えられない壁だった

正直驚きました。

 

 

以前は幼稚舎というと芸能人の子息が通うイメージが強く、2010年の受験戦争では近藤サトさん、反町隆史・松嶋菜々子夫婦、広末涼子さんなどなどが挑戦したのですが、結局その年に合格したのはテノール歌手の秋川雅史さんの子どもだけでした。

 

 

特に松嶋さんはお受験に熱心で、お子さんへの教育はもちろんのこと、幼稚舎出身の芸能人や関係者と交流を持ちながら万全の対策していたということだったので、不合格というのは意外な結果でした。

 

 

そして、白鵬関や清原和博さんなどスポーツ選手のお子さんが合格した、という話はポツポツとあったものの、しばらく芸能人の子女の幼稚舎入学は途絶えています。

 

 

まあ、みのもんたさんの息子や原辰徳監督の息子など慶応OBの問題児は多かったですし、ワンオクのTakaさんも中退ですしね。

 

 

奔放なイメージのある有名人の子供が増えることに関係者が難色を示している、芸能人は敬遠されているのでは、なんて話もありました。

 

 

それが石田純一さんのお子さんあたりからポツポツと増えています。

 

 

少子化がさらに進み、慶応も立ち行かなくなったんでしょうかねえ。

 

 

なんとも狭き門を突破した西島秀俊、高島彩・北川悠仁

幼稚舎の定員は男女合わせて144名ですが、そのうち慶應OBでもなくコネもないいわゆる「フリー枠」は男子20名、女子8名と言われているそう。

 

 

きっと芸能人のお子さんたちはコネ枠に該当するのでしょうが、政財界の大物たちの孫やら有名企業勤務の慶応OBOGの子女など並み居るライバルを蹴落としたと思うと、いやはやスゴイ。

 

 

この144名に入るべく、1歳からお受験対策をし、体操テスト、行動観察テスト、絵画・製作テストをクリアし、コネがある人はそれを大活用し、慶応の門をくぐるのですね。

 

 

ちなみに石田純一さんの長男の入学式での塾長挨拶は、

 

 

「諸君! 入学おめでとう! もう君たちに受験はありません。16年間、慶應義塾でともに身体を鍛え、楽しく学んでほしいと思います」

 

 

だったとか。

 

 

それをうっかり真に受けると高校で留年、とかもあるみたいですが…。

 

 

体操テスト、行動観察テスト、絵画・製作テストで名門小学校に入った子供が、中学、高校、大学と超勉強して入学してくる子供たちと渡り合うのはとても大変だとは思います。

 

 

そこを乗り越えたどり着いたのが二世芸能人、しかも親の素顔をネタにバラエティで大活躍、とかだともったいないですが、きっとそんなことはないのでしょう!!

 

 

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます。こちらもどうぞ◆


 


 


 


 

[スポンサーリンク]

 

高島彩さんが夫であるゆずの北川悠仁さんの母と子供の教育について嫁姑バトルを繰り広げていると女性セブンが報じています。

 

 

 

 

有名ですが、高島さんの夫・北川悠仁さんの母北川慈敬さんは新興宗教かむながらのみちの教主です。

 

女性セブンによると、高島さんはずっと義母を立て、交際中はなるべくかむながらのみちについて勉強し、結婚時期も「悠仁が35才になるまでは結婚してはいけない」という慈敬さんのお達しを聞き入れ2011年まで待ち、退社の日まで聞く従順ぶりを見せていたそう。

 

それに変化が見られたのが結婚直後からで、慈敬さんは結婚後すぐ家庭に入ると思っていたのに仕事を続け、子どもが生まれてからは家庭優先で過ごしてきたものの、2017年に『サタデーステーション』のMCに着任した時には「下の子が1歳にもならないのに」と不満を漏らしていたそう。

 

そうして不穏な空気が流れていたものの、長女の小学校進学を来年に控えさらにバトルは激化、いろいろあったけれど高島さんは「わが道を行く」と決めたとか。

 

[以下引用]

「原因は長女の“お受験”です。来年の入学に向けて、高島さんはカトリックの女子校に通わせたいと思い、今年の受験を考えている。慈敬さんはそれに猛反対しているそうです」

 

高島の希望は小中高一貫教育の女子校で、東大をはじめ難関大学の合格者を多数出している有名進学校でもある。

 

「慈敬さんが反対する理由の1つは“子供は自然に育てた方がいい”ということ。高島さんは生後半年で長女を自宅近くの英語を使った体操教室に通わせ始めましたが、“そういうことより大切なことがある”と日頃から言っていたそうです。

もう1つは、宗教の問題。高島さんが希望するのはキリスト教系の小学校なので、慈敬さんからすれば、孫が自分の教えとは違う宗教系の学校に進学することを認めるわけにはいかないのでしょう。

そうした子供の教育に関する嫁姑の軋轢が、小学校選びを機に一気に爆発してしまったようです」(高島の知人)

[NEWSポストセブン] 

 

確かに生後半年から英語の体操教室はよくわかりませんが、芸能人として地元の児童館に通うのが難しかったのかもしれませんし。小学校からエスカレーターも賛否両論あるのもわかりますが、やっぱり芸能人ですから公立で浮くこともあり得るわけで。

 

※雙葉とか白百合とか?

[amazon]

 

何しろ自分の子どものことですからね。

 

義母の言う事に心底同意できればいいのでしょうが、そうではないのに義母に従っても子どもに責任が持てないですから、思うようにやればいいのでは。

 

新興宗教の家の子でありながらキリスト教系というのはチャレンジャーな気もしますけど、キリスト教系だからといってみんな洗礼を受けるわけでもなし、そこはあまり深く考えていないか、または「子どもには新興宗教色をつけたくない」という意思表示なのかもしれません。

 

長女で譲れば続く長男はもっとたいへんなことになりそうですし。

 

義母が怖くてそこまで突き通せないというケースも多々あると思うのに、高島さん頑張ってますね。

 

そして慈敬さんにはちょっとがっかり。

 

教主として宗教を極めたのに、そんなにいろいろと口を出すとは。

 

勝手な先入観ですが、そのくらいの人なら子どもは別人格と割り切って口を出さない、という悟りっぷりがあってもいいのでは。

 

悟りを開いた人のはずなのに、ふつうの姑というか…教祖様じゃない姑でもそんなに孫のことに口を出しますかね。

 

キリスト教も仏教もよくわかりませんが、価値観の押しつけ、他者の否定、みたいなのは、なんとなくしないような。

 

慈敬さんは子どもである悠仁さんの結婚までしっかり口を出したわけですから、もうそこまでにしては。

 

もう一つ気になるのが、夫・北川悠仁さんの存在感のなさ。

 

まさかの離婚危機とか…

 

◆高島彩の私服が

おしゃれじゃない…→ geinou ranking geinou reading

おしゃれじゃない…→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※高島彩さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

ゆずの新曲「ガイコクジンノトモダチ」の歌詞に「美しい日本」「靖国の桜」など政治的とも捉えられるフレーズが頻出し、困惑する声が出ていると報じられています。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

BIG YELL (初回限定盤 CD+DVD) [ ゆず ]

価格:3099円(税込、送料無料) (2018/4/9時点)



 

 

話題になっているのがこちらの歌詞です。

 

 

 

作詞作曲は北川悠仁さんとのこと。

 

確かにこれまでのゆずのイメージになくて驚きましたが、表現は自由です。

 

日本のアーティストにこういった思想を表現する文化はあまりないですが、外国では当たり前のことです。

 

思ったことを歌にして、それがどう返ってきてもいいという覚悟があるからこうやって歌にしたんでしょうし、それに違和感を感じる人もいれば、そうだよねと感じる人もいる、それで当たり前だと思っていたことをもう一度考えるきっかけができる、それでいいのではないでしょうか。

 

[以下引用]

このように波紋を広げた「ガイコクジンノトモダチ」の歌詞について、当の北川さんは4月5日発売の雑誌「音楽と人」(18年5月号)に掲載されたインタビューで、

 

「文章にして読み上げるとかなり危険そうな内容も、ポップソングにしちゃえば、何だって歌にできるな、と思って書いてみたんだよね(中略)自分が大切だって思うことは、ちゃんと伝えたくて」

と説明している。

 

また、インタビュアーから「かなり強い右寄りの思想を感じる」などと伝えられた北川さんは、

「危ないよね(笑)。でも音楽にすることでラッピングされちゃう部分をうまく使いたかった。あとこういう歌詞を唄うことで、みんながゆずに対して思ってることを壊したかったんだよ。それがいちばん大きいかな」

としていた。

[J-CAST]

 

「なのに 国歌はこっそり唄わなくっちゃね」「なのに 国旗はタンスの奥にしまいましょう」

 

これは実生活で実感したことはないですが、北川さんはそういう環境なんですかね…

 

そこだけちょっと違和感がありましたが、それでも言いたいことはわかりました。

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆



人気ブログランキング

 

※北川悠仁さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

元フジテレビアナウンサーの高島彩さんとゆずの北川悠仁さんの結婚披露宴が、本日2月25日に横浜市内のホテルで行われます。(高島彩と北川悠仁が結婚を報告!披露宴は来年の2月!

高島さんは昨年10月の結婚以降もフリーアナウンサーとして仕事を続けていますが、テレビを見ていたお姑さんの北川慈敬さんから「スカートが短すぎる!」とダメ出しを受けてしまったとか。

 → ranking

※お幸せに[amazon]

虹 [単行本] / 北川 悠仁 (著); 幻冬舎 (刊)Array

虹 [単行本] / 北川 悠仁 (著); 幻冬舎 (刊)Array


この記事の続きを読む