4月12日に放送された『イッテQ』の手越祐也さんの人気企画「ノーチャラ生活」が1月に中国でロケされたものであることが判明し、日テレに非難轟々となっています。

 

 

※平和だったな…

 

 新型コロナウィルスの死者が出た直後のロケだった

 

[以下引用]

実は、今回の“ロケ地”はなんと中国だったというのだ。同国といえば、現在世界中を震撼させている“新型コロナウィルス”が初めて発見された場所。番組ではロケ日について「1月15日に行われたものです」というテロップがあったものの、ファンから不満と怒りの声が続出中だ。

 

「新型コロナウィルスは昨年11月に中国・武漢市で初めて確認され、それが報道されたのは昨年末頃。また、1月9日に感染による死者が初めて出て、1月20日に中国政府はアウトブレイク(感染症の異常発生)への緊急事態を宣言を行っています。つまり、手越さんがロケを敢行していたのは、十分に警戒しなければならない、リスクが高い時期だったということになります。

ただ、幸いにもロケ地は武漢市から約1800kmも離れた瀋陽市という場所。時期的に瀋陽市まで感染が拡大していなかったとの見方はできますが、コロナウィルスの危険性に関しては、先の通り、1月には日本でも既報されていましたからね。にもかかわらず、中国をロケ地に選んだ番組側の危機管理能力の低さに『中国は1月でもリスクあるでしょ……』『日テレは一体何を考えているの?』『“1月だから大丈夫”という感覚が甘すぎる』などと非難の声が相次いでいます」(芸能ライター)

[エンタメガ]

 

 

その時どのくらいの人が今を予想できていたんでしょうね。

 

1月中旬、個人的にはまだ危機感はありませんでした。

 

1月末に日本で初の新型コロナウィルス感染者が発表され、原因が武漢からの観光客を乗せたこと、その後同行していたバスガイドも感染していた、というあたりから、ちょっと怖いなと思いましたが、まさかそこから2ヶ月やそこらでここまでの事態になるとは。

 

これまでのSARSやMARSといった感染症は日本では大問題とならなかった、という気の緩みもあったと思います。

 

が、それではダメなんだと今回しみじみ実感しています。

 

手越さんの件も、たまたま何事もなかっただけなんだなと、今なら思います。

 

おそらくテレ朝も、ちょっと気を抜いたらこの結果ですから…

 

テレビ朝日でクラスター発生か。赤江珠緒の夫も新型コロナ感染疑惑でPCR検査結果待ち

 

 

 

 特別注意が必要な手越祐也

 

[スポンサーリンク]

 

ただ手越さんに関して言えば、かなりガードがゆるいです。

 

2月中旬にはキャバ嬢をお持ち帰りして自宅の様子が流出していますし、その少しあとには女性自身がクラブのVIPルームで遊ぶ手越さんの様子を報じています。

 

◆これが手越祐也の自宅[画像]

キャバ嬢流出→ geinou ranking geinou reading

キャバ嬢流出→ geinou reading geinou ranking

 

まあここまではともかく、政府が外出自粛を呼びかけていた3月下旬になっても安倍首相の妻・昭恵夫人と花見会をしていたことが報じられています。

 

画像は合成?安倍昭恵が花見自粛要請の中、手越祐也等と花見。安倍首相への感染配慮なし 

 

結果、手越さんと山下智久さんには事務所から外出禁止令が出ているなんて話にも。

 

もはやどこから感染するかわからない新型コロナウィルスですが、もしも夜遊びして感染った、なんてことになったら、さすがの手越さんも叩かれておしまい、では済まないかもしれません。

 

気をつけないと…

 

◆あのランボルギーニは、まさか…!

手越祐也の闇人脈→ geinou ranking geinou reading

手越祐也の闇人脈→ geinou reading geinou ranking

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※PCR検査結果待ちのハマ・オカモトさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング