タグ:NHKの記事一覧

タグ:NHK
NHKがジャニーズに対する損害賠償請求を明言!山口達也事件で大きな岐路に

TOKIOの山口達也さんが『Rの法則』で共演した女子高生に対し無理矢理キスなどをしたとして書類送検され起訴猶予処分となった件で、NHKは放送終了となった『Rの法則』の損害賠償を求める考えを示しました。

 

一方でジャニーズはBSの『ザ少年倶楽部』を犠牲にすることを考えているんだとか。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

TOKIO 公式生写真 (集合写真)TOA00016

価格:1980円(税込、送料無料) (2018/5/10時点)



 

 

『Rの法則』終了は「番組のブランドイメージが傷ついた」

 

[以下引用]

担当者は番組終了の理由について、山口が番組スタート時からの司会を務めていたことを取り上げ、「番組のブランドイメージが大きく傷ついた」と断罪。さらに「番組が未成年の出演者が多く出演されているということで、総合的な判断で終了せざるを得なかった」と説明した。 

[スポニチ]

 

関係者によると、制作・放送終了の大きな要因は、この番組が山口と被害者の出会いの場になったことだとか。

 

それにしても「番組のブランドイメージ」って、NHKの自己評価は高かったんですね。

 

今週発売の週刊文春には芸能事務所関係者の「あの番組(=Rの法則)は、 10代の出演者同士が何組もカップルになっていて、“ 合コン番組”と揶揄されていた。以前から風紀が緩くて、 なるべくタレントを出演させたくない番組のひとつでした。」というコメントがありました。

 

また、2016年に『Rの法則』出演者であるほのかりんの未成年飲酒が発覚した際は、出演者であるR’sメンバーは夜派手に遊んでいることも報じられています。

 

そして山口さんの事件が起きたあと、『Rの法則』が終わるのでは、という噂が出たとき、ネットではそれを残念がる声よりも、イケてる女子ならではのテーマや楽しみ方が多い『Rの法則』はスクールカーストを助長する、チャラい、子供に見せたくない番組だった、といった厳しい声が多く見られました。

 →山口達也契約解除でNHK批判にシフトか

 

放送する側と受け取る側でイメージに乖離があったようです。

 

◆平愛梨の妹・平祐奈が『Rの法則』出演時にドン引き発言!

うわ~マジで?→ geinou reading geinou ranking

うわ~マジで?→ geinou ranking geinou reading

 

 

NHKにもある「責任」

 

会見では損害賠償についても言及し、「もちろん、NHKの番組は受信料で成り立っている。そういったことも検討している」と番組終了に伴う損害賠償を検討していることを明言しています。

 

昨年夏にアミューズ所属の小出恵介さんが未成年関係の事件を起こしたときも損害賠償がなされたそうですから当然です。

 

が、今回の件はジャニーズだけが悪い、で済ませてはいけないのでは。

 

被害女性は警察に山口さんとの連絡先交換は番組スタッフの指示だったと証言していると週刊文春が報じています。

 

もちろん悪いのはそういう行動をした山口さんですし、連絡先交換は山口さんの依頼で行った可能性は高いです。

 

しかしそうであったとしても、未成年を守るべき大人である番組関係者が防波堤にならなかったというのは倫理的に問題があるのは明らかです。

 

にも関わらず、NHKの広報は「出演者に対しては、法令違反、公序良俗に反する行為、NHKの信用を毀損する行為をしないよう契約で定めています」と、あくまで出演者の責任だと主張し、身内の非を認めない姿勢です。

 

また、「合コン番組」と揶揄されていたことや楽屋が男女同じだったことなども報じられています。

 

山口さんの問題とは別に、NHKは未成年を出演させる番組をどう管理していたのか、明らかにする必要があるのではないでしょうか。

 

◆ジャニーズにシビアなもう一つの局

ジュリーさんの器の小ささも明らかに→ geinou reading geinou ranking

ジュリーさんの器の小ささも明らかに→ geinou ranking geinou reading

 

 

ジャニーズとNHKは冬の時代へ突入か

 

今後のジャニーズ事務所のタレントのNHKの番組への出演については、「どういった番組、どういった方に出演していただくのは個別の案件になる。ただちに、全事務所の部分と直結するとは考えていない」と、今のところ変更はないとしましたが、業界ではそう単純には捉えられていないようです。

[以下引用]

「まず、TOKIOの出場はなくなったとして、さらに連帯責任でジャニーズ枠が大幅に削られる可能性もあると思います。また、2020年までは白組の司会を嵐のメンバーでつないでいく計画があるといいますが、こちらもいったん白紙ということも考えられる。最悪の場合、ジャニーズの紅白全撤退もありうるのではないかとささやく関係者もいるくらいですからね」(テレビ局関係者)

[サイゾー]

 

とはいえ紅白歌合戦はわかりやすい「人気の証明」ですから、ジャニーズが全面撤退したら、ジャニーズが酷く衰退したイメージになります。

 

NHKとしても、ジャニーズゼロの紅白歌合戦は視聴率にどう影響するか読みきれないのでは。

 

紅白に影響が出るくらいならと、代わりにBSで放送している『ザ少年倶楽部』を犠牲にするのではないかという見方もあります。

 

[以下引用]

「そもそも『ザ少年倶楽部』は、ジャニーズを退社した飯島三智氏の派閥に属するタレントが多く出演していた番組。飯島氏がいなくなってからも、旧飯島派のタレントが出演し続けています。そういう意味では、藤島ジュリー景子副社長にしてみれば、『いつ終わってもいい』という感覚だろうし、なんらかのけじめが必要だというのなら、『少クラ』を犠牲にするという判断もありうるでしょう。紅白全撤退よりはダメージが少ないですからね」(テレビ局関係者)

[サイゾー]

 

『ザ少年倶楽部』はJr.も含めてジャニーズタレントしか出演しない番組ですからジャニーズファンしか観ない番組でしょうから、『紅白歌合戦』と比べればダメージが少ないのは確かでしょう。

 

しかし、観るだけでなく観覧という魅力もありましたし、飯島さんの息のかかった番組だからという理由で簡単に犠牲にしてしまっては、楽しみに観ていたファンはがっかりでしょうね。ファンにとっては誰の派閥とか関係ないですから。

 

今年は『あさいち』の井ノ原快彦さんの降板に始まり、今回の山口さん関連のことで、ジャニーズとNHKの関係は微妙になっていることは確かだと思います。

 

今回の件は、ジャニーズ事務所はもちろんのこと、受信料の問題で潜在的に国民に嫌われているNHKにとっても岐路になりそうですね。

 

 

 

 

 

※もう紅白では聞けないのでしょう。

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆



人気ブログランキング

 

※草なぎ剛さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

NHKが関与!山口達也の被害者は『Rの法則』のスタッフの指示でLINE交換していた!

山口達也さんが未成年に対する強制わいせつ罪で書類送検、起訴猶予処分となったもののジャニーズ事務所から契約解除されTOKIOからも脱退しましたが、今週発売の週刊文春が「NHK『Rの法則』スタッフが山口達也と被害女性に連絡先を交換させ ていた!」と報じています。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

TOKIO 公式生写真 (集合写真)TOA00005

価格:1980円(税込、送料無料) (2018/5/8時点)



 

[以下引用]

芸能事務所関係者がこう指摘する。

 

「問題は、被害にあった女子高生が、山口がMCを務めるNHK・ Eテレのバラエティ番組『Rの法則』 の出演者だったという点です。あの番組は、 10代の出演者同士が何組もカップルになっていて、“ 合コン番組”と揶揄されていた。以前から風紀が緩くて、 なるべくタレントを出演させたくない番組のひとつでした。 そんな番組を舞台に起きた事件だけにNHKの責任は免れないと思 います」

 

一方で、元「Rの法則」出演者の1人は、今回の報道を受けて、 こんな疑問を口にした。

 

「一番気になったのは、“ 山口さんはどうやって被害者の連絡先を知ったのか” ということです。というのも、あの番組では表向き『 出演者同士の連絡先交換は禁止』だからです」

 

この点について、Aさんは警察でこう証言しているという。

 

『Rの法則』のスタッフに言われて、 山口さんと連絡先を交換した。山口さんに興味はなかったけど、 LINE交換をすることになった」

[週刊文春]

 

LINE交換から2ヶ月後に事件が起きたそう。

 

これは問題ですね。

 

これまで報じられていたのは、『Rの法則』は未成年出演者が男女問わずみな一つの楽屋で、ジャニーズJr.も未成年タレントとして出演していたため、山口さんはJr.経由で連絡先を交換していたのではないかということでした。

 

しかし被害者であるAさんは、NHKに言われて連絡先を交換していたと話していると。

 

Aさんは未成年であり、保護されるべき立場におり、たとえ表向きであろうと「出演者同士の連絡先交換は禁止」というルールがあるにも関わらず、NHKのスタッフ自らそれを破ったと。

 

週刊文春の取材に対し、NHKの『Rの法則』スタッフはその事実は確認できていないと回答し、広報担当は「出演者に対しては、法令違反、公序良俗に反する行為、NHKの信用を毀損する行為をしないよう契約で定めています」と、あくまで出演者の責任だと主張しています。

 

もちろん、スタッフが連絡先を聞いたとはいえ、それは山口さんの指示だった可能性は高いですし、女子高生を襲ったのも山口さんなので、悪いのは山口さんであることには変わりません。

 

しかしこれまでの報道によると、山口さんが酔うと女性関係にだらしなくなるのは有名で、他局の番組スタッフは山口さんのロケに女性スタッフは同行させないなど対策をとっていたとか。

 

NHKは対策どころか未成年を献上したかのような形になり、大人としての義務を放棄したことになります。

 

昨日『Rの法則』が放送終了となることが発表され、番組を一つ潰したジャニーズに対し、NHKは怒っているのではないか、紅白歌合戦のジャニーズ枠にも影響があるのでは、と言われていましたが、これはそれどころではないですね。

 

もちろん悪いのはその行為をした山口さんであることに変わりはありませんが、NHKがそのきっかけを作ったとなれば、批判は免れません。

 

NHKに対しては、受信料という潜在的な国民の不満がある上に、それでも偏向報道があったり、たびたび不正が報じられています。

 →街宣車が矢口真里がNHKの接待要員だったと告発

 →青山祐子アナ、6年育休中でフィフィが一言

 

『Rの法則』では複数のカップル誕生、そして『R’s』と呼ばれるメンバーの未成年飲酒が報じられたこともあり、未成年をどう守っていたのか、そのあたりよってはNHKにも批判が及ぶのではないかと思っていましたが、そのとおりになりそうです。

 →山口達也がNHK崩壊の第一歩に?

 

 

フジが崩壊したように、NHKも対応を間違えると危ういのでは。

 

◆平愛梨の妹・平祐奈が『Rの法則』出演時にドン引き発言!

うわ~マジで?→ geinou reading geinou ranking

うわ~マジで?→ geinou ranking geinou reading

 

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆



人気ブログランキング

 

※草なぎ剛さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

登坂淳一アナにセクハラ疑惑が浮上!不倫報道で炎上中の週刊文春が再び自爆ネタを投下!!

今月11日にNHKを退職しホリプロ所属のフリーアナとなった登坂淳一アナに、過去のセクハラ疑惑が浮上しています。

 

2011年6月、札幌放送局に赴任していた登坂アナは、取材のためにNHKのとあるローカル局を訪れ、番組収録後に行なわれた打ち上げの2次会で悲劇は起きたそうで…

 



 

[以下引用]

カラオケ付きの飲食店で行なわれた2次会では、当時、NHKの新人キャスターだった田中知子さん(仮名)は登坂アナの隣に腰をかけた。

 

「席に着くなり、登坂さんは彼女の膝を撫で回すように触ってきたのです。彼は何杯か飲んでいたけど、酩酊はしていなかったそうです。田中さんの身体を触りながら、耳元で『一緒に抜け出さない?』と囁いてきたといいます。彼女は『初対面なのにベタベタ触ってきて嫌だな。この人は女性を見下しているな』と感じたそうです。ただどう対応すればいいかわからなかったので、とりあえずトイレへ逃げた。すると登坂さんが追いかけてきたのです」(彼女の相談を受けていた学生時代の友人)

 

トイレ前の廊下で登坂氏は、田中さんに何度もキスを迫った。「やめてください!」という彼女の言葉を気にすることなく、行動をエスカレートさせていったという。登坂氏の言動は、後日セクハラ事案として、ローカル局を通じ、札幌放送局に報告された。

 

「NHKの局内調査の結果、登坂アナは『大変申し訳ないことをした』と事実関係を認め、上司から厳重注意の処分を受けています」(アナウンス室関係者)

[週刊文春]

 

2005~10年にはNHKの正午ニュースを担当し、端正な顔立ちと落ち着いた佇まいから「麿」の愛称で女性からの人気も高い登坂アナ。

 

エース級人材としてNHK局内での期待も高かったものの、2010年に札幌放送局に異動した後、2014年には大阪放送局に。

 

札幌への異動は定期異動の一環だったものの、大阪への異動は予想を裏切る意外なものだったこともあり、NHK内では「何かやらかしたのでは?」と勘ぐる意見もあったそう。

 

しかも、昨年には東京に戻るどころか鹿児島に“左遷”されたことで、次のような報道もありました。

 

[以下引用]

「登坂アナは女性関係で芳しくない話が聞こえてきます。札幌でも女性関係でトラブルがあり、結局東京には戻れませんでした。大阪でも同様で、不祥事が相次ぐ中、東京には戻せないと判断されたと評判です。本人はプライドが高く、女にもてると思っているようですが」(放送関係者)

[ZAKZAK]

 

女性にモテるって、あのルックスでなにを違いしてんだか…

 

っていうのは冗談ですが、今回の告発はこれらの証言と妙に一致するのが気になります。

 

※イケメンは作れるそうですが[Amazon]

http://amzn.to/2ruY7m8

 

正直、叩けば叩くほどホコリが出そうですけど、文春は小室哲哉さんの不倫報道で世間から大バッシングを浴びている真っ最中。

 

もし登坂アナが「プライムニュース」を降板する事態にでもなれば、ちょっと違う方向に騒動が広がっていくかもしれません。

 

ちなみに、被害者である田中さんの代理人弁護士は、「ご指摘の事案については確かにありましたが、NHKで適正な対応・処分をして頂きました」とし、過去をこれ以上ほじくり返す意思はないことを明言しています。

 

一方、登坂アナもホリプロの顧問弁護士を通じて、「NHK在籍時に一切処分は受けておりません。事実と異なるご指摘があり、大変困惑しております」とコメント。

 

果たしてどんな展開になるのか…って、不倫だとかセクハラだとか、いい加減に世間の皆さんも飽き飽きしてるでしょうから、このままスルーされそうな予感がしますね、ハイ。

 

ところで、この「プライムニュース」、本当は秋元優里さんと登坂アナのコンビで放送されるはずが、秋元さんの不倫報道で登坂アナのみになったと週刊ポストが報じていました。

 

秋元さんと登坂アナのスキャンダルが「プライムニュース」開始後だったら大変でしたね。

 

フジテレビは2年前『ユアタイム』開始直前にメインキャスター予定のショーンKさんに学歴詐称疑惑が浮上しバタバタしましたが、人選が甘いのか、それがフジテレビなのか…

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※ショーンKさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

NHK紅白歌合戦でやらせ!昨年のSMAPで味をしめたギリギリ発表。桑田佳祐の出場は元から決まっていた

[スポンサーリンク]

 

2017年12月31日に放送されたNHK紅白歌合戦には「特別枠」が設置され、安室奈美恵さんと桑田佳祐さんが出場しました。

 

この桑田さんの出場が発表されたのは12月22日でしたが、実際には他の出場者と同様に11月には決まっていたと報じられています。

 

 

※桑田さんは『ひよっこ』コーナーにも出演[楽天市場]



 

紅白出場はほぼ既定路線だった桑田佳祐

 

昨年は『とと姉ちゃん』の主題歌を担当した宇多田ヒカルさんが紅白歌合戦に初出場したように、近年朝ドラの主題歌を歌うのと紅白歌合戦に出場するのはセットのようになっています。

 

桑田さんは『ひよっこ』の主題歌『若い広場』を歌い、さらには同じ事務所の小出恵介さんの不祥事の補償問題もあり、かなり早いうちからソロでの7年ぶり2度めの紅白出場は既定路線だとされていました。

 

にも関わらず、11月16日の出場歌手決定会見では発表されず、NHKは出場に向けて継続的に交渉していくとコメント。最終的に出場が発表されたのは12月22日と放送まで10日を切ってからのことでした。

 

この記事の続きを読む