タグ:Gackt

 

 

10月1日にフジテレビ系で地上波放送された映画「翔んで埼玉」の冒頭で、昨年9月から病気療養を理由に芸能活動を休止していたGACKTさんがVTRで完全復活を突如アピール。

 

さらに続編の撮影再開&2023年の公開を発表したことが大きな話題になっています。

 

 



 

 

 

[以下引用]

GACKTは幼少期から患っているという「神経系疾患」が悪化し、重度の発声障害も併発したため、昨年9月に無期限の芸能活動休止を発表。今年5月に、「日常生活に支障がない程度に回復した」と年内の仕事復帰を公表し、同6月に行われたイベントに出席していたのだが・・。

 

「さすがに復帰直後から過酷な映画撮影には入れなかったんでしょう。1作目の興行収入は37.6億円でしたからね。GACKTがいなければ続編も成り立たないし、彼の復帰を待っているうちに、二階堂ふみをはじめとする人気の共演者たちのスケジュールも次々に埋まっていったはず。結果として延期しかなかった」(スポーツ紙記者)

 

もともとスキャンダルの多いGACKTには、1作目の公開以降も数々の〝疑惑〟が報じられている。配給の東映は、コンプライアンス的に大丈夫なのか。

 

「前作の撮影前、GACKTはさまざまな書類を製作サイドに提示。『俺は潔白だ!』と豪語していたそうです。活動休止中にも、既婚女性との不倫スキャンダルが報じられたが、そのままスルー。製作サイドは、とにかく映画の撮影再開が優先なので、GACKT側の言いなりになるしかないんだろう」(前同)

[週刊実話]

 

文春砲が炸裂したのは、昨年11月。

 

病気の治療に専念しているはずのGACKTさんが、こともあろうに既婚女性と不倫しているという内容でした。

 

その後、後追いで新潮砲が過去の仮想通貨トラブルや、治療に参加した再生医療の運営元の怪しい疑惑などを報じましたが、正直、GACKTさんの周辺はキナ臭い疑惑にまみれているので、スポンサーからのイメージは最悪でしょう。

 

 

 

それなのに、どうしてフジテレビは「翔んで埼玉」続編の制作にこだわっているのか?

 

その裏には、同社の厳しい台所事情が関係しているそうで・・

 

[以下引用]

「今、フジテレビにはとにかく稼げるコンテンツがない。放送外収入として期待できる映画作品は、長澤まさみの『コンフィデンスマンJP』と、福山雅治の『ガリレオシリーズ』くらいでしょう。苦肉の策で、強引に『Dr.コトー診療所』を引っ張り出して、今年12月に劇場版を公開したり、たいして人気のなかったドラマ『イチケイのカラス』まで来年1月に映画化する。そんな中で、第1作が興行収入38億の大ヒットとなり、続編も確実に稼げる『翔んで埼玉』は、なんとしても制作したいところなのでしょう。GACKTのこれまでのトラブルや疑惑くらいは目をつぶるつもりのようです」(民放関係者)

 

◆これは100億近く行きましたけど。

劇場版 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- - 山下智久, 新垣結衣, 戸田恵梨香, 比嘉愛未, 浅利陽介, 安達奈緒子, 西浦正記, 増本 淳

劇場版 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命
[Amazon]

 

しかし、フジテレビ社内からも、今回のGACKT起用については「危険だ」という声も聞こえている。

 

「仮想通貨トラブルなどで、数年前からGACKTの動向を追っていた報道の人間からは、まだ起用は早いという声も出ている。しかも、今回の『翔んで埼玉』の続編再開を聞いて、文春や新潮がさらなるGACKTネタを収集し始めていると聞きます。GACKTサイドも、大切な復帰作となるので徹底抗戦するようですが、どこまで太刀打ちできるのか。ただ、もし膿を出し切ることができれば、他局もGACKTを使いやすくなるわけで、フジテレビの独断専行はむしろ“切り込み隊長”として歓迎されているところです」(同上)

[日刊サイゾー]

 

まあ、こういった危ういところが、GACKTさんにとっての”魅力”の一つともいえるのかもしれませんね。

 

フジテレビにとって吉と出るのか凶と出るのか、それは後日のお楽しみ?

 

 

GACKT、詐欺にヤラれて一文無しに!突然の芸能界復帰の裏事情

 

ただ、気になる点がひとつ。

 

「翔んで埼玉」が2020年2月に初めて地上波で放送された際の平均視聴率は16.7%という高視聴率だったのに、今回はたったの6.2%までしかいかなかったんですよね。

 

もちろん、すでに観た人たちがたくさんいて「二度目はいいや」となったのかもしれませんが、世間一般はかなり冷めた目で見ている可能性も高いのでは?

 

正直、この映画はアイデア勝負の一発モノという感じですし、GACKTさんのゴタゴタでシラケてしまった人も大勢いるはず。

 

今でも一生懸命なのはフジテレビと制作スタッフ、それに埼玉県民だけ・・

 

っていうのが本当なら、続編は期待ほど数字を残せないような気もします。

 

いずせにせよ、スクープを完全スルーされた文春、新潮は後追い記事を出してくるでしょうから、気をつけてくださいな。

 

◆これは絶対に見るダニ!

 ガクトの秘密→ geinou ranking geinou reading

 ガクトの秘密→ geinou reading geinou ranking

 

■47都道府県全バージョンが観たい。

このマンガがすごい! comics 翔んで埼玉 (Konomanga ga Sugoi!COMICS) - 魔夜 峰央

このマンガがすごい! comics 翔んで埼玉

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※GACKTさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

昨年9月、GACKTさんの体調不良による活動休止に伴い製作がストップしていた映画「翔んで埼玉」続編の撮影が、ついに再開の兆しを見せているといいます。

 

しかし、その裏では何やら怪しいコトも見え隠れしているようで・・

 

◆原作も面白いですよ。



 

 

[以下引用]

「2019年公開の前作は、埼玉県内を中心にロングラン上映され、興行収入37億円を突破するヒット作になりました。続編は22年中の公開が決まっていますが、二階堂ふみとGACKTのダブル主演作ですから、彼の体調が戻らなければ撮影は不可能でしたからね。『東スポ』が、ロケ地などのアポ取りをスタッフが始めたと報じ、10月1日には前作が地上波放送される。撮影再開も現実味を帯びてきました」(映画ライター)

 

当のGACKTは体調が回復。今年7月には活動を再開させているが、ここにきて再び続編の撮影再開に影響を及ぼしかねない記事が『週刊新潮』に掲載された。

 

「もともと海外で治療を受けていたGACKTは、ドバイの知人の紹介で再生医療に出会い、福岡県のクリニックで治療を受けて回復。5月には、そのクリニックがGACKTの症状や回復状況を発表していたんですが…」(芸能記者)

 

『週刊新潮』のスクープ記事によると、そのクリニックの運営元である会社の役員の1人に、かつて「大規模窃盗団」の主犯格として逮捕された人物がいるというのだ。

 

「直接、GACKTに影響が及ぶ記事ではありませんでしたが、もともと怪しい人脈が多く、金や女にまつわるトラブルが絶えなかっただけに、イメージは悪い。前作のときは、GACKT自らいろいろな資料を持ち込んで『俺はシロだ!』と製作陣に訴えていたと聞いています。今回も、映画に出資するスポンサーは不安に感じるかもしれませんから、徹底的な〝身体検査〟が必要になりそうですね」(同・記者)

 

実際、7月の活動再開以降、公式アンバサダーを務めるゲームアプリの公式アカウントがツイートした画像に登場したり、音声配信SNS・Clubhouseなどで活動はしているものの、本格的な復帰とは言い難い状況だ。

 

「GACKTは、仮想通貨のトラブルなどで恨みを持っている周辺者も多い。今回の『週刊新潮』のスクープ記事も、そうした周囲からのネガティブキャンペーンの一環の疑いもある」(同・記者)

 

撮影再開となれば、共演者やスタッフのスケジュールも合わせなければならない。今から撮影再開したとしても、年内公開はかなり難しい状況と言えそうだ。

[週刊実話]

 

あんな不義理をしておきながら、体調回復という名目とともにアッサリと続編制作スタートだなんて・・

 

今年前半に一世を風靡した元暴露王・ガーシーは、

 

「GACKTは黒すぎて、周囲から”付き合うな”と釘をさされていた」

 

と言ってましたが、本来であればGACKTさんに天文学的数字の損害賠償を請求してもおかしくないと思うのですが・・

 

芸能界ってホント、甘いですよね。

 

というのはさておき、GACKTさんとその周辺が怪しすぎるのは誰もが知るところ。

 

「翔んで埼玉」関係者としては、今さらプロジェクトを止めるわけにもいかない・・という事情もあるんでしょうけど、今後はGACKTさんを起用しようという映画関係者、テレビ関係者は出てこないのでは?

 

それは散々振り回された共演者の方々も同様で、今回の件でGACKTさんとの共演をNG指定した人もたくさんいることでしょう。

 

そう考えると、「翔んで埼玉」続編がGACKTさんにとって最後の作品になるかも?

 

まあ、彼にとってはお金儲けができれば「どうでもいい」のかもしれませんけどね。

 

◆GACKTが滋賀を徹底的に避ける理由

 悲しい過去→ geinou ranking geinou reading

 悲しい過去→ geinou reading geinou ranking

 

◆さようなら・・


GACKTの勝ち方 [ GACKT ]


楽天で購入


 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※GACKTさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

昨年9月から、病気療養を理由に芸能活動を無期限休止中としていたGACKTさんが、突如として活動再開を表明したことが大きな話題となっています。

 

この唐突な突然の復帰宣言に、テレビ局をはじめとするメディア関係者は困惑しているといいますが、どうやらこの裏にはドス黒い、、というか、あまりにも情けない事情があるようです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

GACKT 超思考術 [ GACKT ]

価格:1650円(税込、送料無料) (2022/5/19時点)


楽天で購入


 

 

[以下引用]

「これまで病気療養という理由だけで、しっかりとした説明もなく宙ぶらりんの状態となっていました。テレビ番組や映画など、多くの関係者がスケジュール変更を余儀なくされて大混乱に陥っていたわけです。それが、いきなり年内に再開すると言われても、また仕事で使おうとなるかどうか…。しかも、今回はこれまでのマスコミ報道に誤報があったからと、治療を行っている『医療法人香華会』がプレスリリースを出す異常事態に。週刊誌などは、この医療法人との関係性について取材を始めていますよ」(スポーツ紙記者)

 

活動休止中には『週刊文春』により一般人との不倫スキャンダルが報じられていた。さらに、主演を務めるはずだった映画『翔んで埼玉2(仮題)』についても、撮影が無期限中断になるなどトラブル続きだった。

 

「今回の『芸能活動を徐々に再開する』という事務所の発表も、テレビ関係者は冷ややかな目で見ています。未解決のスキャンダルがある中でバラエティー番組では使いづらいですし、何よりもドタキャンの危険性があるのでブッキングできない。通常であれば、大倉忠義のように休業とともにしっかりと説明すべきところ。しかし、結局GACKTは後出しで、しかも仰々しく医療機関からリリースを出して全てはそこに…の姿勢。そもそも黒い噂もあるタレントなので、リスクを考えるとCMクライアントにも説明できない」(民放テレビ関係者)

 

特にフジテレビは、同映画を2022年の目玉作品として位置づけていたこともあり、GACKTに対しては今でも怒りを隠せない状況になっている。

 

「同じく主演の二階堂ふみのスケジュールも当面おさえられず、最悪中止になる可能性が高くなってきた。さらにフジでは同作の監督が早期退職者制度で会社を去ってしまったといいます。一説には、映画が製作できなくなったことで、一区切りとして会社を辞めたんだそう。これまでは社員だったので、無理をさせてでも映画を製作していましたが、今後は監督のスケジュール取りも難しくなる。興行収益やグッズ販売などで50億円以上の売り上げを目指していたフジは、例え病気が原因だとしても、すでに撮影が始まってからの身勝手な休業に今でも怒り心頭です」(前同)

[週刊実話]

 

まともな説明もなく、大事な仕事をほっぽりだして長期間に渡り雲隠れしておきながら、シレッと復帰宣言・・いかにも、GACKTさんらしいですね。。

 

まあ、あそこまで慌てて海外に逃亡した裏には、相当切羽詰まった事情があったのは間違いないでしょう。

 

日本にいてはヤバイ事情が。

 

 

裏社会から命を狙われ・・テレビ業界でGACKT排除通達へ

 

で、今回、恥も外聞もなく復帰宣言したのも、恐らくのっぴきならない厳しい状況に追い込まれたんだろうなと。

 

GACKTさんのお金に対する執着心は異常ですし、恐らくそれら全ては”カネ”に絡んだことなんだだろうなと。

 

そんな風に予想していたのですが…

 

どうやらそれはビンゴだった模様。

 

というのも、先日、あのガーシーさんがTikTokライブでGACKTさんの現在の状況について、次のようなことを話していたので。

 

「オレの知ってる(金持ちの)社長連中に、GACKTから突然連絡が来ている。なんでも、スピンドルで大儲けしたカネを、他の詐欺師に全部騙し取られてしまったんだそう(笑。あくまでも”噂”やけどな」

 

「そんで、どうしても稼がなくちゃアカン状況になってしまったと。芸能界復帰宣言も、その一環やろ」

 

「ただ、スピンドルで散々人を騙しておいて、今さらGACKTを信じるやつなんかおらんやろ。詐欺やって海外に逃亡して・・って、アレ?誰かさんと同じやな(笑。俺ら気が合うかもしれんww」

 

ということで、ガーシーさんの周りではこんなハナシが飛び交ってるんだそう。

 

まあ、信じるかどうかは人それぞれですが、すでに週刊誌などが動いているみたいですし、そのうち事実がハッキリしてくることでしょう。

 

ただ、大迷惑を被ったテレビ局をはじめ、芸能界から手を差し伸べられることはないと思います。

 

 

原因は不倫ではない!Gacktが本当に干されそうな理由

 

となると、再び詐欺まがいの行為に走る可能性も高いわけで、彼と繋がりのお金持ちの社長さんやファンの方々はじゅうぶん注意してくださいな。

 

 

◆これは貴重!GACKTの高校時代の制服姿

 画像→ geinou ranking geinou reading

 画像→ geinou reading geinou ranking

 

「GACKTの騙し方」でしょ?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

GACKTの勝ち方 [ GACKT ]

価格:1650円(税込、送料無料) (2022/5/19時点)


楽天で購入


 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※GACKTさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

GACKTさんのうさん臭さが増してると話題です。

 

 


GACKTの勝ち方 [ GACKT ]


楽天で購入

 

[以下引用]

今、話題沸騰中の暴露系ユーチューブ『ガーシーch』を運営する東谷義和氏が、昨年9月に病気療養のため無期限の活動休止を発表しているGACKTについて言及した。

 

一般ユーザーからチャットでGACKTについて聞かれると

 

「TMの西川貴教さんから“GACKTとは付き合いすんな”って止められました。だから仲良くしてないです。ただ、うちの店には何回か来てました」

 

と、東谷氏はGACKTについての質問に対し過去に2回同じように答えている。

[フライデーデジタル]

 

 

東谷さんは生配信中にチャットで「〇〇さんのことは知ってますか?」「××さんについてお願いします」といったコメントが飛ぶと、「いずれ話します」「会ったことないですね」等々、コメントを返しているのですが、その一環でのことでした。

 

黒いうわさについて質問が飛ぶと、

 

「わかんないんですよ。そういう人多いですよね。日本に帰ってこられへんのちゃうかって」

 

と返していました。

 

やっぱりGACKTさん、うさん臭いんだなと思うと同時に、西川さんにも流れ弾当たったなあと。

 

これまで共演して絡むこともあったと思うんですけど、実はうさん臭いと西川さんも思ってたってことで。今後二人が共演することになったら気まずそう。

 

実際、脱税、投資詐欺、違法賭博、薬物、などなど次々と黒いうわさが流れ、疑惑のデパートと言われる人です。

 

逮捕情報で収録済み番組が放送中止に!GACKTが何度めかのピンチという噂

 

そういえば東谷さんの友人山田孝之さんはちょっと縁がありそうでしたが…。

 

GACKTの裏カジノ経営疑惑が山田孝之にも飛び火!「金への執着が凄まじい…」関係者も呆れるその実態とは?

 

 

そんなGACKTさんは昨年体調不良でマレーシアに「帰国」して以降、連続出演してきた格付けチェックもキャンセルして帰国しないため、裏社会から狙われてるなんて話もまことしやかに流れる始末です。

 

裏社会から命を狙われ・・テレビ業界でGACKT排除通達へ

 

そんなGACKTさんですが、3月10日に音声コミュニケーションアプリ『Clubhouse』でメッセージを流すことが秘書を通じてツイッターで明かされています。

 

ついに再始動となるようですが、はてさて日本に帰って来られるのでしょうか。

 

◆GACKTさん絶賛のラーメン屋が

超意外→ geinou ranking geinou reading

超意外→ geinou reading geinou ranking

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※GACKTさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

カテゴリー