タグ:長渕剛の記事一覧

タグ:長渕剛
まさか薬物逮捕が秒読みだから?長渕剛の新作映画「太陽の家」がクランクイン早々にお蔵入りの危機に瀕している理由

[スポンサーリンク]
 
20年ぶりに映画出演が発表され、撮影がすでに始まっている長渕剛さん。今日もキャスト発表記者会見が行われ、ファン向けの動画でも撮影順調がアピールされていますが、決まっているのは来年公開ということのみで、お蔵入りの危機が囁かれていると週刊新潮が報じています。

 

※ほそっ


逆流 [ 長渕剛 ]


楽天で購入

 

 

『太陽の家』のあらすじは、「長渕演じる人情に厚い大工の棟梁が、シングルマザーとその息子のために家を建てることを思い立つ〈感動作〉」とのこと。

 

「昭和」の香りのするこの映画、なかなか見込みは厳しいようで…

 

 

[以下引用]

芸能記者も首を傾げる。

 

「映画の興行としてはかなり厳しいと思いますよ。長渕は連ドラ『とんぼ』や『しゃぼん玉』のヒットで俳優としても脚光を浴びました。ただ、それは歌手として人気絶頂だったからこそ。いまの時代に長渕が、“大工が主人公の感動作”に主演してもヒットが狙えるとは思えません

 

所属事務所は4月25日に改めて製作発表会を予定しているというが、「映画業界では配給会社の仕切りで製作発表会を開き、その後にクランクインするのが一般的な流れです。それなのに、公式HPや記事を見回しても配給会社は公表されていません。さらに、製作委員会にどんな企業が名を連ねているかも分からないのです」(同)

 

つまり、現時点では製作費の出処も分からず、上映のメドすら明らかにされていない状況なのだ。

 

実は、これまでも長渕の主演映画にはトラブルがつきものだった。映画業界関係者が振り返る。

 

「『英二』の黒土三男監督とは演出を巡って対立。『とんぼ』の脚本を手掛けた恩人ですが、現在は完全に没交渉になっている。また、主演2作目の『ウォータームーン』では工藤栄一監督と衝突して撮影が難航。結果、長渕ファンの間ですら評価の割れる“失敗作”となり、興行成績も散々だった」

 

今作に起用されたのは、ドラマ「相棒」などに携わった権野元監督だが、

 

「彼はまだ商業映画の世界で目立った実績はありません。要は、ベテランや有名どころの監督は誰も長渕作品に関わりたくないということ。今回の撮影でも長渕が演出や脚本に口を挟むため、遅々として撮影が進まないようです」(同)

[デイリー新潮]

 

散々薬物疑惑が報じられていますし、ピエール瀧さんや新井浩文さん関係で、出演俳優の不祥事がもたらす損害の大きさが話題になっていましたから、すっかりその関係での「お蔵入り」危機かと思ってしまいました。

 →大物ミュージシャンNの薬物疑惑

 

そもそも、長渕さんの薬物疑惑を実名で報じたのも週刊新潮でしたし。

 

そうではなく、長渕さんの人望のなさというか、これまでの行いの悪さが原因なんですね。

 

確かに、今日のキャスト発表の記事でも配給会社については記載がありませんでした。

 

映画製作費の出処がわからないということですが、ちょっとした金額というわけでもないでしょうし、まさか自腹ということもないでしょうからどこかが出してるのは間違いないとは思うのですが、いろいろ明らかにしないのも不思議です。

 

どうにも完成が危ぶまれる状況になれば「GYAO!」にある特設サイトでの配信でお茶を濁すのではないかと囁かれているそうですが…

 

広末涼子さんがヒロインで瑛太さんがかなり気合の入った弟子っぷりで、これが映画館で公開されないというのもありえないような。

 

当たるかどうかは別にして、せっかく張り切っていますし、無事公開されるといいですね。

 

◆弟子役の瑛太がハマりすぎ…!

画像→ geinou rankinggeinou reading

画像→ geinou readinggeinou ranking

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

大物ミュージシャンNの薬物疑惑!吸引写真が存在し、過去実名報道もされた人物とは

元TOKIOの山口達也さんの未成年スキャンダル、そして新井浩文被告の女性スキャンダルを事前に報じ注目の雑誌実話ナックルズが今度は大物ミュージシャン兼俳優のNについて記事にしています。

 

※こういう雑誌です

 

 

「大物ミュージシャンN薬物疑惑」のNとは

 

[以下引用]

日本を代表する大物アーティストのN。ヒット曲も多数、俳優業もこなし、熱狂的なファンも多いことで知られている。これまでに数々のスキャンダルを世に送り出しているNだが、今また周囲にどす黒い情報が駆け巡っている。ずばり、ドラッグ疑惑だ。

 

「以前芸能界に薬物メスが入った時にも名前が取り沙汰されていました。当時は他にもスポーツ選手などにも疑惑が広がっていた」(当時を知る夕刊紙記者)

 

Nもアスリートとの関係が深いことを公言している人物だった。要するに、以前から疑惑があったわけだが、ここにきて決定的なネタがあがってきたというのである。

 

「実はNの薬物使用に関して、ある週刊誌が『吸引写真』を入手し、当て取材の結果を実名報道している。もちろんNは全否定。本来なら名誉毀損で訴える案件だが、なぜか訴えることはなかった。だから疑惑はまったく晴れていない」(同前)

 

当時の捜査の流れから、芋づる式にいかれるはずだったが、そこはNの異常なまでの警戒心が上回ったという。

 

「捜査当局も同様の情報を入手し、Nの自宅周辺を徹底的に証拠収集という名のゴミ漁りをしていた。結果的にクロとはならなかったが、捜査当局は今でも“真っ黒”と見ている」(当時を知る捜査関係者)

[ナックルズ]

 

これまた、わかり易い記事で…

 

 

整理すると、

・ヒット曲多数の大物ミュージシャンN

・俳優もこなす

・以前からドラッグ疑惑がある

・アスリートとの交流もある

・吸引写真が存在する

・実名報道され全否定したが裁判沙汰にはならなかった

・警戒心が以上に強い

 

ここ数年でメディアが薬物疑惑を実名報道したのは、順不同でASKAさん、清原和博さん、嵐の大野智さん、前田亘輝さん、成宮寛貴さん、そして長渕剛さんです。

 

この中でミュージシャン、Nは長渕さんだけ。その他の項目も、長渕さんならピタリと当てはまります。

 

 

長渕剛の薬物疑惑実名報道

 

清原さんが一緒に薬物使用したことを暴露したとして、2016年2月、週刊新潮が長渕さんの薬物疑惑を実名で報じました。

 

そこでは日比谷にある帝国ホテルの一室で清原さんと長渕さんが「シャブでぶっ飛び、焦点の定まらない、虚ろな目をして写っている」ツーショット写真を見た人物もいるとか、清原さんが長渕さんのために薬物を調達したとか、かなり具体的な内容が書かれていました。

 →清原和博が「長渕剛は覚醒剤仲間」と暴露

 

報道を知った長渕さんは怒り心頭で、すぐに週刊新潮宛に内容証明が送られ、裁判は間違いなしと言われていました。

 

ここで係争していれば疑惑が残ることもなかったと思うのですが、結局裁判はありませんでした。

 

そのため、何かと言うと長渕さんに関する薬物疑惑はほじくられ、ナックルズは昨年末にも名前のわかる形で長渕さんの薬物疑惑と逮捕間近記事を出しており、もはや「またか」という印象しかありません。

 →薬物匿名記事がわかりやす過ぎて怖い

 

 

長渕剛に薬物報道が繰り返される理由

 

週刊新潮によると、清原さんは長渕さんと長く友好関係だったのに、週刊文春に疑惑が報じられたときに絶縁されたことを怒って薬物仲間であったことを暴露したと報じていました。

 

清原さんが怒ったのもわかりますが、長渕さんは1995年に大麻で逮捕されており、当時不倫交際していた国生さゆりさんとともに覚醒剤疑惑もありましたから、清原さんとの関係で疑惑が再燃するのが嫌だったのかもしれませんね。

 

ちなみに、長渕さん、国生さんはふたりとも検査で覚醒剤は検出されていません。

 

それでも疑惑が囁かれ続けるのって、なぜなんでしょう。

 

週刊新潮には、長渕さんはとにかく警戒心が強く、「ちょっとでも警察が捜査しているのではないかと疑うと、クリニックで生理食塩水を点滴したり、血液クレンジングまで受けて“シャブ抜き”をしていた」という証言も掲載されていました。

 

そこまで警戒するくらいなら、そもそも薬物に手を出さないほうがよほどラクだと思うんですけど、本当に手を出しているのでしょうか。

 

そもそもこんなにわかりやすくマメに話題になれば、捜査員がガサ入れしたとして証拠があることはないでしょうから、本当に疑惑が寄せられているんだとしたら捜査妨害もいいところでしょう。

 

なんとなく長渕さんに関する薬物疑惑は、週刊新潮が実名報道した、長渕さんは怒るだけで裁判にしなかった、だから疑惑を疑惑として報じても問題ない、という感じで報じられているだけのような気がします。

 

先日、長渕さんは来年公開の映画『太陽の家』に主演し、20年ぶりにスクリーン復帰することが発表されました。

 

なおさら薬物と関わることはないと思うのですが…

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※冨永愛さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

[Amazon]

次に逮捕されるのは関西出身のアイドルと大物アーティストか!氷室京介プロデューサーの覚醒剤逮捕で芸能界騒然!

長戸大幸さん、織田哲郎さんらとともに音楽制作会社ビーイングを創業し、LINDBERG、氷室京介などの著名なアーティストを手がけていた大物プロデューサー・月光恵亮さんが覚醒剤所持の疑いで逮捕されたことを受け、芸能界が騒然となっているといいます。現在、捜査当局はさらなる大物の逮捕を狙っているといわれ、関西出身のアイドルと大物アーティストの名前が浮上しているとか。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

芸能界薬物汚染 その恐るべき実態 [ 鹿砦社薬物問題研究会 ]

価格:1296円(税込、送料無料) (2017/6/16時点)

 

 




この記事の続きを読む