タグ:花田景子の記事一覧

タグ:花田景子
暴露本出版で株急落!河野景子が元貴乃花親方との離婚を語るも同情引けず

昨年10月に元貴乃花親方と離婚した元フジテレビアナウンサー河野景子さんが暴露本を出版しました。

 

結婚から離婚までの23年間の真実を語ったということですが、ネットでは「やめておけばよかったのに」の声が多数出ています。

 

※3月5日発売

[Amazon]

 

河野景子さんは「こころの真実 23年のすべて」の中で、これまで双方が語ることがなかった離婚について語っています。

 

たとえば、離婚は景子さんから切り出したこと。離婚の予兆は2012年頃、ストレスで円形脱毛症になったことだったこと。離婚の引き金は元貴乃花親方が協会に引退届を提出したことではあるけれど、お互い「いつか離婚する」と思う中での生活を続けており、届を出さなかったとしても、「離婚したかもしれない」「何もかもが限界でした」と、赤裸々に語っています。

 

[以下引用]

多くの人が知る貴乃花氏の波瀾(はらん)万丈な人生。勝負師としての生きざまや大きなケガ、さらには花田家の騒動など結婚生活は平穏な時間の方が少なかった。景子さんは、ここ数年、ぎっくり腰になっても夫を迎えに行くため「はうようにして運転席に座った」とし、インフルエンザ明けでも「“大丈夫だ。もう熱ないんだろ”と彼に押し切られてフラフラするのをこらえて知人のお祝いに出かけた」とつづっている。一方で、貴乃花氏は師匠としての顔、協会と向き合う「貴乃花光司」の時間が増え、次第に「花田光司」ではなくなっていったという。

 

弱音を吐けない妻と、家族としての顔を見せなくなっていった夫。景子さんが明かした「お互いの中で“いつか離婚するだろう”という思いは生まれていた」。同書に描かれた、積み重なる夫婦のすれ違いによる離婚劇の内幕は、世間で大きな反響を呼びそうだ。

[スポニチ]

 

インフルエンザ明けって、発症後5~7日頃までは感染の可能性があると言われていますが、そこは当然守ってるんですよね。

 

それを守ってないんだとしたらはた迷惑な話です。インフルエンザを意図的に他人にうつした場合は傷害罪が成立するという判例もありますし。

 

ぎっくり腰の話にしても、なんて酷い…と思います。

 

思いますが、こういう一方的な暴露ってどうなんでしょうね。

 

いかにも難しそうな元貴乃花親方との結婚生活が大変だったであろうことは、黙っていてもわかるのに、それを敢えて「こんなことがあった、あんなこともあった」って暴露するのは、3人いる子供にとってもどうなんだろうと思います。

 

景子さん自身、「これまでの23年間のいろんな出来事に対して、私が抱いた“私の心の中にある真実”を書きました」と言ってるように、元貴乃花親方にも元貴乃花親方が抱いた心の中にある真実があるんでしょうに。

 

例えば、ふつうは同一敷地にある相撲部屋と自宅が貴乃花部屋の場合かなり距離があり、景子さんはテレビの取材があるときくらいしか顔を出さなかったなんて話もありましたが、そのあたりの真実とか。

 

もう少し賢い人なのかと思っていました。

 

一時期キャスターに復帰するのでは、と言われていましたが、なさそうですね。

 

やっぱり、長男優一さんの金銭的なお世話がたいへんなのでしょうか。

 →母におんぶにだっこの花田優一。ニートよりタチが悪い

 

今回の暴露本出版で、ネットでは「何も言わないほうが良かった」「賢いイメージが崩れた」「元旦那の愚痴でお金を稼ぐの?」「この人が何を言おうと、息子がだらしない限り説得力がない」といったコメントが見られました。

 

二人は1994年11月に出会い、婚約会見が1995年2月、第一子優一さんの出産が同年9月と、出会いから第一子誕生までが一年もない状態で結婚生活を始めており、お互いをどこまで知って結婚したのか怪しいところです。

 →「この夫婦はもうダメだ」元貴乃花親方が倒れたときの花田景子の対応が冷たい

 

それなのに23年ももったのはお互いの努力があってこそだったんでしょうね。

 

ちなみに、離婚が発表されたときの元貴乃花親方のコメントは、「もう自由にさせてあげようと思って。今まで十分頑張ってくれたから」。

 

別れてよかったんでしょうね。

 

◆花田優一がクズであるということについて

議論→ geinou ranking geinou reading

議論→ geinou reading geinou ranking

 

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※花田優一さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

ニートよりもタチが悪い!花田優一、高級車を与えればぶつけて発生した修理代、銀座の夜遊び代、すべて母・花田景子持ちという恐怖

[スポンサーリンク]

 

元貴乃花親方と花田景子さんが離婚し、現在2人の娘は留学中であるため、長男花田優一さんと景子さんが同居中ですが、優一さんは車代から飲み代まですべて景子さんにおんぶにだっこだと女性自身が報じています。

 

 

※本は売れてないですか?

 

 

[以下引用]

優一といえば、昨年11月に700万円以上という新車を購入したばかり。だが花田家といまも親交がある元後援会関係者は言う。

 

「その新車もすでに何度かぶつけてしまったそうで、いま(※2月上旬)は修理に出しており、優一くんはレンタカーやタクシーで移動しています。彼は強気な性格でかなりスピードも出しますし、昔からよく車をぶつけていました。お母さんの景子さんもハラハラしているでしょうね」

 

本誌も1月上旬に、自慢の愛車のナンバープレートが曲がってしまっている状態だったのを目撃している。高級車だけに修理費用もかなり高額かと思われるが、前出の元後援会関係者は苦笑する。

 

「う~ん、優一くんの靴職人としての収入は、それほど多くはありませんし、今回の修理代も景子さんに負担してもらうようです。若いのに銀座で飲み歩いたりもしていますが、請求書は自宅に送られてきて、支払っているのは景子さんなんですよ」

[女性自身]

 

これ恐ろしいですね。ニートよりもお金がかかります。

 

それもわざわざ海外へ出し手に職をつけ一度は結婚し独立したはずの息子です。

 

だいたい、11月に買ったばかりの車をもう既に何度もぶつけてるって、運転に適正があるんでしょうか。大事故を起こす前に運転を辞めたほうがいいのでは。

 

実績のない「靴職人」である優一さんに靴の受注が殺到したのは、親の七光りとテレビ出演が理由です。

 

そのチャンスを活かせればよかったのですが、優一さんはタレント活動と夜遊びに夢中で、靴を制作しないまま、受け取っていた靴代も遊び代へ消えたとか。

 

 

そういえば過去、銀座のホステスとのデート報道もありましたし、23歳の若者にしては遊び方が年寄りくさいですね。相撲取りだったら後援の人に遊びに連れて行ってもらう、なんてこともありそうですが、優一さんは一般人なのに。

 

どうしても、なんでそんなふうに育ったかと言いたくなります。

 

景子さんの過保護エピソードとしてあげられるのが、優一さんが青学に通っていたころ、禁止されていた自動車での送迎をしていたと報じられてたことです。

 →井川遥が黒木瞳、森高千里、花田景子に差をつけた

 

景子さん自身は否定していますが、複数のメディアで複数の人が証言しているので、どうでしょうね。

 

その他、父・元貴乃花親方と対立すれば常に「お母さんはあなたの味方よ」と優一さんを常にかばっていたとも。

 

 

そんな母・景子さんはおかみさん時代から講演会や事業で稼ぎ、今は「話題の人」としてバラエティにもよく出ていて、それなりに収入はあるのでしょう。

 

しかしそれがいつまで続くのかというとまた疑問。

 

優一さん、いつか恩返しできるのでしょうか。

 

◆あまりに自分が美しかったのでTシャツも作りました

え、貴乃花?→ geinou ranking geinou reading

え、貴乃花?→ geinou reading geinou ranking

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※花田優一さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

花田優一が不倫!別居中の妻と離婚調停中に新彼女と六本木ヒルズでデート

今週発売のフライデーが貴乃花親方と花田景子さんの長男・花田優一さんの不倫疑惑を報じています。

 

 

 

フライデーが報じたのは、板野友美さんに似た女性と六本木ヒルズでデートした後にイタリア製の自動車で東京近郊の住宅地に建つ一軒家へ向かい、そのまま一泊した様子です。

 

六本木ヒルズにもその女性と二人でやってきて、2時間ほど過ごしたあとに駐車場に戻ってきてからは車の運転を彼女に任せるなどかなり親密な様子でした。

 

フライデーの直撃に対し、優一さんは「普通に一緒にいただけなんで」と一軒家で過ごしたことまで認めていました。フライデーによるとこの一軒家、女性の自宅ということですが、女性は家族と住む家に優一さんを泊まらせたということでしょうか。それもどうかと…。

 

優一さんは22歳。今回の女性とのデート報道はふつうならただの熱愛ですが、優一さんは昨年6月に結婚したばかりです。

 

最近は複数のメディアが、五反田の自宅マンションでの目撃情報がないと「花田優一別居」と報じ離婚間近とも言われていましたが、離婚が成立していない以上これは不倫です。

 

フライデーに掲載されていた優一さんの知人のコメントによると、別居は今年に入ってからで、現在は離婚調停中とのこと。また、親方の子供同士の結婚で「政略結婚」が噂されましたが、元から愛情がなかったというよりは、単純に優一さんが結婚するには早すぎただけでは、とも話していました。

 

しかし、靴のセミナーで出会ったその日にプロポーズしたと明かしたのは今年の3月です。「コイツ嫁かなと思ったんです」と運命を感じての結婚だったようなのに、それを明かした頃には別居していたとは。結婚発表自体、入籍後4ヶ月たってからでしたが、何かとズレてますね。そして離婚成立前からずいぶんオープンな交際をしていて驚きます。

 

◆美人です

奥さん画像→ geinou reading geinou ranking

奥さん画像→ geinou ranking geinou reading

 

ちなみに父・貴乃花親方も22歳のときに8歳年上の河野景子さんと結婚し今も夫婦円満…と言いたいところですが、残念ながらそちらも秋風が報じられています。

 →貴乃花親方が倒れたときの花田景子が冷たい

 

優一さん自身は著書で「僕は『横綱の息子』じゃない」と2世であることの複雑な心境を語っていますが、そもそも表に出てきたのは横綱の息子だけど靴職人として頑張っているということであり、小学生の頃から六本木ヒルズでデートし22歳ですでに工房を持ちイタリア製自動車を乗り回しといったすべてが親ありきなんじゃないかと思うんですけどね。

 

優一さんがスピード離婚、そして離婚成立前に不倫となれば、今度は親である貴乃花親方や花田景子さんの在り方、育て方にも話が及ぶようになります。

 

例えば知り合ったのが1994年11月なのに優一さんが生まれたのは1995年9月と明らかなスピードデキ婚ですが、婚約時には強固に否定、までは安定期に入らないと発表できないという気持ちもわかるのでいいにしても、同年5月の結婚式のときに「妊娠3ヶ月」と発表するというどこまでもごまかした感じとか、部屋と自宅を別にしほぼ別居状態で結婚生活を送ってきたこととか。

 

優一さんがテレビに出てきたころは、貴乃花親方の理事長就任もあり得る未来で花田家は明るい話題だったのですが、今後どうなるのでしょう。

 

フライデーが優一さんに直撃したのは、貴乃花親方が倒れる前日のことだったそうですが、貴乃花親方に与える心労も気になります。

 

※4年前の本でこの美魔女っぷり

[Amazon]

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※花田優一さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

「この夫婦はもうダメだ」貴乃花親方が倒れたときの花田景子夫人の対応が冷たすぎるとチクられる

夏巡業中の貴乃花親方が屋外で若手力士の指導中に痙攣して倒れて救急搬送されてから1週間ほど経ちました。

 

心臓のあたりを押さえて倒れたということで重症が心配されましたが、貴乃花親方は一泊入院し倒れた翌日の午後には東京に戻ったといい、息子の花田優一さんが無事を報告しましたし一安心、と思いきや、景子夫人との不仲説が複数のメディアで報じられています。

 

 

 

 

[以下引用]

「一報が入った時は、倒れた原因が、脳か心臓ではないのか? と情報が交錯していて、現地と東京の貴乃花部屋への確認作業に追われていたんです。実はここで驚いたのが、おかみさんが東京にいたことなんですよ」(スポーツ紙記者)

 

貴乃花部屋のおかみさんでもある景子夫人だが、相撲部屋と自宅は別々。そのため、他の相撲部屋のおかみさん達からは『部屋の子供達の面倒をみなくていいなんて、ラクでいいですね』と言われるほど、プライベートと相撲部屋を分けている。

 

親方は、正月でも自宅に戻らず相撲部屋で暮らしており完全別居状態。景子夫人が貴乃花部屋に“出勤”する形が定着している。

 

「『たいしたことないみたいなので行きません』親方が倒れた直後、後援会関係者が心配して連絡を取った際におかみさんはそう話したそうです。いくらなんでも倒れて救急車ですよ。何かあったら一大事だし、秋田ですからすぐに新幹線で行ける距離です。

しかも、おかみさんとは、貴乃花部屋に連絡しても外出中で繋がらず、結局、携帯電話でやっと話ができたようです。

この後援会関係者はおかみさんの返事を聞いて『ああ、この夫婦はもうダメなのかもしれないな』と感じたようですよ」(前出・スポーツ紙記者)

[週刊女性]

 

連日の暑さは東北地方である秋田も同じで、倒れた8月21日の最高気温は35度。午前中とはいえ屋外は相当暑かったかと思います。

 

当然熱中症の疑いもありますが、胸元を押さえながら倒れたということで、心筋梗塞、肺塞栓症、脳卒中のおそれもありますし、当初は痙攣し意識がないとも報道されていたのに、「たいしたことないみたいなので行きません」ってびっくり。

 

まあ言い方がこのまんまだったのかは疑問ですし、夫婦の形はそれぞれです。直接親方と話して大丈夫だよと言われたのであれば、新幹線で行けるとはいえ秋田は遠いですから行かないという選択もありかとは思います。

 

もともと別居状態だったのは有名ですが、それ以上に最近は夫婦仲が心配されているよう。

 

[以下引用]

加えて心配されているのが、貴乃花親方の心労だ。「相撲協会とのバトルの末、追放処分こそ免れましたが、今も親方衆からシカトされるなど、居心地は悪いようです。貴乃花一門も崩壊し、孤立無援ですし……。その影響で、理事長夫人の座を期待していた景子夫人との間に隙間風が吹いているとか。講演会などで夫人が家を空けることも増え、夫婦の会話はほとんどないそうです」(後援会関係者)

[日刊大衆]

 

これも正直ホントかなあという気が。

 

ただ景子さんは元がフジテレビの女子アナでパリにも駐在していましたし、かなり華やかで前へ前へという人だったこともあり、貴乃花親方との結婚当時はステータスありきの結婚、折しも山口智子さん主演のドラマ『29歳のクリスマス』が話題になった頃でもあり、すでに30歳だった景子さんは焦ったのではという見方も多かったよう。

 

※こんな本も書いてます

[Amazon]

 

そもそも知り合ったのが1994年11月で婚約会見が1995年2月とかなりのスピードでした。

 

あまりの速さに記者から妊娠の可能性を聞かれても、「していません。横綱からも(妊娠していないって)言ってください!」と強固に否定、5月に結婚したときに妊娠3ヶ月と発表するも、実際に長男の花田優一さんが生まれたのが1995年9月27日ですから、推して知るべし。

 

デキ婚となったのは本来景子さんだけの責任ではありませんが、8歳年上ですしやっぱり元のキャラがしでかしそうな感じだったんでしょうか、貴乃花は景子さんにハメられたというイメージがあるまま、部屋と自宅は分けプライベートを確立し泥臭い女将さんぽさの無いまま今に至っているので、こうやって理事長婦人狙いだったとかいろいろ言われるんでしょうね。

 

二人を結婚へいざなった長男花田優一さんも、先日別居報道が出て離婚の危機が噂されています。

 →花田優一、結婚1年未満で別居、離婚へ

 

長男も親方夫婦も離婚なんてことになったら、結構辛い展開ですね。

 

◆花田優一夫人画像

美人です→ geinou reading geinou ranking

美人です→ geinou ranking geinou reading

 

※救ってください

[Amazon]

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※花田優一さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング