タグ:篠原涼子の記事一覧

タグ:篠原涼子
テレビ業界関係者が名指しで暴露!今秋ドラマでオワコン化した俳優・女優たち

米倉涼子さん主演「ドクターX」(全話平均視聴率20.9%)と役所広司さん主演「陸王」(同16.0%)の2強に注目が集まった10月期の民放連続ドラマ。

 

その裏では、視聴率不振によって完全に株を下げてしまった俳優・女優もいますが、その中でもテレビ業界で「こいつはオワコン」と認識されてしまった人が3人いるといいます。

 

 

[スポンサーリンク]

 

 

急落筆頭は篠原涼子

 

その筆頭といえるのが、『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』(フジテレビ系)で主演を務めた篠原涼子さん。

 

全話通じて一度も二桁に浮上することがなかったばかりか、最終回では自己最低&月9史上最低単話視聴率となる4.6%を記録。

 

しかも、全話平均視聴率でも今年1月期の西内まりやさん主演『突然ですが、明日結婚します』と並ぶ同じ6.7%で月9歴代ワーストタイという惨憺たる結果でした。

 

[以下引用]

「やはり、主演・篠原の力量不足という面も否めません。現在の篠原は“カッコイイ女”のイメージで売っているものの、芸能活動を始めた当初は、バラエティで体を張る“おバカキャラ”だっただけに、『篠原が市議会議員の役なんてミスキャスト』とも言われていたんです。視聴者に、こうした違和感を抱かれてしまうのは、篠原に難ありだったという証でしょう。しかも今回、月9史上最低女優という不名誉な肩書まで得てしまったとあって、今後の女優業が不安視されています。このまま本格的に“オワコン女優”となる可能性もありますよ」(テレビ局関係者)

[サイゾーウーマン]

 

このドラマに関しては、いくらフィクションとはいえ現実離れし過ぎた設定、役割不明の登場人物、もはやストーリーとして成り立っていない脚本など、ドラマとしての作りそのものが完全に崩壊していたことが原因なのでは?

 

ネット上では「ただの主婦がすぐに市議会議員に当選し、しかもあっという間に市長になるなんて非現実」などといった声もありました。

 

個人的には篠原涼子さんは戦犯であると同時に最大の被害者でもあるような気がします。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜 DVD-BOX [ 篠原涼子 ]

価格:15800円(税込、送料無料) (2017/12/29時点)



 

 

顔でごまかせなくなってきたディーン・フジオカ

 

さて、続いて名前が挙がったのは、『今からあなたを脅迫します』(日本テレビ系)で武井咲さんとW主演を務めたディーン・フジオカさん。

 

初回8.0%、最低は第6話の4.9%、全話平均は6.2%と期待外れの数字でした。

 

[以下引用]

「2015年のNHK連続テレビ小説『あさが来た』を機に大ブレークしたディーンは、歌手としての一面も持ち、今年6月には『ミュージックステーション』で、“日本のテレビ初パフォーマンス”を披露しました。ところが、その歌声には『微妙すぎる……』『自分に酔っていて引いちゃう』『幻滅した』と語る視聴者も少なくなかったようで、徐々にディーン人気に陰りが見え出したんです。そんな中始まった『今からあなたを脅迫します』では、視聴率低迷とともに、“アンチディーン旋風”が加速し、『いつも同じ演技』『顔で騙されてたけど、演技力ないね』といった声が噴出。朝ドラから続いていた“おディーン様フィーバー”もついに終わりを迎えました」(テレビ誌関係者)

[サイゾーウーマン]

 

まあ、ディーンさんは以前から人気捏造の疑いが持たれていましたし、今ドラマがコケたとしても今さら影響はないような。

 

それよりも、武井咲さんとのW主演ということがほとんど話題にもならず、結果にも繋がらなかったことが問題なのでは?

 

放送直前には武井さんのデキ婚というビッグニュースがあったにも関わらず、です。

 

妊婦である武井さんを気遣ったのか、気絶設定、入院設定が多用されてるという話題はありましたけどね。

 →武井咲の妊婦対策が斬新

 

もはや知名度のあるキャスティングだけでは視聴者を振り向かせることができない証のように思います。

 

この記事の続きを読む

月9歴代ワースト視聴率が見えてきた篠原涼子『民衆の敵』が、それでも打ち切りにならない理由

第7話までの平均視聴率が7.3%と苦しい篠原涼子さん主演月9ドラマ『民衆の敵』が、この状態になっても打ち切りはできない理由があると報じられています。

 

[スポンサーリンク]

 

これまでの視聴率は順に、9.0、7.1、7.5、7.6、6.9、6.5、5.8で、平均視聴率7.3%。

 

これは現時点での月9史上ワースト2位記録である山田涼介さん主演『カインとアベル』の平均8.2%を下回り暫定2位の記録。

 

ワースト1位は西内まりやさん主演『突然ですが、明日結婚します』の平均6.7%ですが、下がる一方で評判を見ても上がる要素のない『民衆の敵』は、よほどのことがなければワースト2位は免れず、悪くすればワースト1位にすらなりそうな雰囲気です。

 

※こちらは8.4%でした[楽天市場]

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ラヴソング Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 福山雅治 ]

価格:21078円(税込、送料無料) (2017/12/11時点)



 

一般的に考えればいつ打ち切られてもおかしくない数字ですが、それでもフジは打ち切れない事情があるそうで。

 

[以下引用]

「『民衆の敵』は、当初10月16日放送開始の予定でしたが、衆院選の投票日が同22日になり、混乱を避けるため、初回が23日に延期されました。その際に、最終回が12月25日になることが公になったため、打ち切りたくても、“体面上”打ち切ることはできないでしょう。それをやったら、打ち切りが明らかになってしまうからです。近年どの局も、連ドラの打ち切りを公にすることはタブーとしていますので……」(スポーツ紙記者)

[サイゾー]

 

それでも打ち切っちゃったほうがいいような気もしましたが、止めたところで他に何を流すか考えるのも大変なのかも。

 

12月25日、クリスマスの夜9時に特番を流したのに視聴率5%だった、とかだと目も当てられないですし。

 

それにしても、視聴率がいまいちだからか、それともフジテレビが赤字転落したからか、『民衆の敵』の劇中登場のグッズが多いような気がします。

 

※他にもTシャツやペンなども[Amazon]

http://amzn.to/2AcO4lv

 

例えばジャニーズタレントの出るドラマは、たとえ視聴率が悪くてもDVDにすればよく売れて収益になるから良しとされているという話があります。

 

となると、ジャニタレ以外の主演だと、あんまり視聴率が取れないとDVD化しても…みたいなこともあるかもしれませんね。平均視聴率4.5%で終わった真木よう子さん主演『セシルのもくろみ』も未だDVD化の情報が出ていません。

 

となると、グッズで売上伸ばしたいところなのかも。

 

『民衆の敵』の1話当たりのギャラは、篠原さんは200万円、石田ゆり子さんは100万円だとか。

 

篠原さんは『ハケンの品格』以降200万円から値崩れしていないということですが、『オトナ女子』も8.7%で決して成功とはいえませんでしたし、そろそろ下がってしまうかも。

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※最新ドラマ&映画情報はこちらからネタバレちゃんねる

※さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

不快要素が多く視聴者が離れるばかり…『民衆の敵』打ち切り路線を邁進か

 

篠原涼子さん主演の月9ドラマ『民衆の敵』の脚本家の思想があまりに偏っていて視聴者が離れていると報じられています。

 

 

 

[以下引用]

「国政選挙の後に市議会が舞台のドラマを見せられると、視聴者にはスケールの小さい話に感じられてしまう。しかも、初回には篠原が選挙で戦った相手に磯部真蔵(いそべ・しんぞう)という、明らかに安倍晋三総理を意識したキャラクターが登場。そして、その人物が健康上の理由で退陣となり、結果、篠原が繰り上げ当選した。安倍総理といえば、第1次政権時に持病の潰瘍性大腸炎が悪化し退陣しており、一部視聴者から『難病で辞任した安倍総理をバカにしているのか!』と批判が殺到。総選挙では自民の圧勝だったことからわかるとおり、視聴者にも『安倍支持』の人が多かったはずで、この脚本は完全に裏目に出ました」(フジテレビ関係者)

[サイゾー]

 

 

この脚本家の黒沢久子さんは相当安倍総理が好きではないようで、ツイッターでは都議選での安倍総理の応援演説を批判するツイートを引用したり、「安倍首相は『嘘をついてもかまわない』という教育を受けてきた」という憶測の書き込みをリツイートしたりと、いわゆる左寄りの人のよう。

 

※過去ウルトラマンを手掛けたことがある人です[楽天市場]

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

劇場版ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします! [ 石黒英雄 ]

価格:3511円(税込、送料無料) (2017/11/6時点)



 

 

思想は自由ですし人には好き嫌いがありますから個人的な感情はどうしようもない部分はあります。

 

けれども、それで病気を揶揄していては、黒沢さんの人格が疑われます。

 

なにより個人的な好き嫌いで作ったように思えるドラマを公共の電波で流されても…ま、嫌なら見るなで良いんですけどね。

 

ドラマでは1話、2話ともに高橋一生さんのお色気シーンが含まれており、それも、「イケメンのセクシーシーンがあれば話題になる」という一昔前のセオリーみたいなものが踏襲されていて、バカにされているような気がしますし。

 

これで、「民衆の敵」を一つ一つやっつけていったとしても、池井戸ドラマにあるような逆転劇の爽快さは期待できないなあと、改めて見る気をなくしました。

 

フジテレビは10月期は『民衆の敵』『明日の約束』『刑事ゆがみ』の3つドラマを放送しています。

 

『明日の約束』は暗くて重くて…といわれますが実際の事件について書いたノンフィクションを元にしており一応社会派ドラマという評価をされる要素がありますが、こちらはフジではなく関テレ制作です。

 

『刑事ゆがみ』は同名漫画の実写化で、視聴率は低いですが面白いです。

 

フジのドラマの看板であるはずの月9『民衆の敵』は3つの中で唯一フジオリジナルですが、オリジナルだと結局こういう感じになるんだなと。やっぱり変わってないんだなと思います。

 

『民衆の敵』は衆院選の影響で放送開始が一週遅れ、結果最終回が12月25日になってしまった、最終回の視聴率が期待できない、というフジ関係者の嘆きの声も見られましたが、打ち切ってしまえばクリスマスにかぶらないしいいんじゃないでしょうかね。

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※石田ゆり子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

世論が読めない、脚本が悪い…『民衆の敵』視聴率爆死はキャスティング以外が問題だった

篠原涼子さん主演の月9ドラマ『民衆の敵』が初回視聴率9.0%と爆死したことで、その原因を探る記事が出ています。

 

 

[スポンサーリンク]

 

 

週刊新潮によると、キャスティングは「頑張っている」とのこと。

 

たしかに、イケメン要員は高橋一生さんと田中圭さん、話題作りがトレンディエンジェルの斎藤司さん、石田ゆり子さんは再ブレイク中ですし、ボスを務める古田新太さん、現市長を余貴美子さん、と、これで文句があるとすれば、高橋さんと石田さんのような他局のドラマでブレイクした俳優を持ってくるのがフジだよね、という感じでしょうか。

 

主演の篠原涼子さんは、最近はちょっと低迷ですが過去の名声はあるので縁起はいいかもしれません。

 

※これでやめてればある意味伝説だったかも[楽天市場]

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アンフェア the movie [ 篠原涼子 ]

価格:1749円(税込、送料無料) (2017/10/30時点)



 

ということで、週刊新潮ではキャスティング以外の部分でこのドラマの難点をあげています。

 

まとめると、1.脚本が酷い、2.世論が読めていない、3.放送開始日の変更とのこと。

 

1の脚本は、たしかに、中卒のパートの主婦が仕事をクビになって議員報酬を目当てに立候補したところ当選、って、そんなに簡単?…というのはドラマだからまだ良しとしても、問題は女性市長とドンの対立という部分です。

 

 

[以下引用]
「普通の主婦が立候補していきなり当選というのもひどいですが、市議会の描写は小池百合子都知事と、内田茂・元都議の対立をモデルにしています。ところが、現実世界では『排除』発言で小池知事のイメージが急激に悪役化し、ドラマの関心に水を差す結果になってしまいました。安易に現実世界を図式化すると、何かあった時に修正ができずに痛い目にあうわけです。これが三重苦の1番目です」

[週刊新潮]

 

 

『民衆の敵』が発表されたのは7月下旬のことで、であれば小池さんを、というのもわからないでもないですが、まさに水物をもってきてしまったわけですね。

 →『民衆の敵』はストーリーがみえみえ

 

 

2の世論も水物系で、カットされなければどうやら3話でトレエン斉藤さんが居酒屋の女将に「ハゲーーーー!」と言われるシーンがあるそうで。

 

つまり、豊田真由子元議員のアレですね。

 

豊田さんのアレも、7月頃の話です。あの当時はかなり盛り上がりましたが、今は豊田さんも落選し過去の人です。

 

「衆院が解散されず、豊田氏が無所属で議員を続けていれば、また違った反応が期待できたかもしれませんが、結局のところ、設定があまりに単純というか、底が浅いんです」(週刊新潮)と指摘されていますが、そもそも衆議院は遅くともドラマが終盤を迎える12月には解散総選挙があるだろうと言われていました。

 

3の放送開始日の変更にも関わりますが、選挙が関係ないドラマであればズラす必要もなかったわけで、それを予測せずこういうドラマにしたのもズレてたんでしょうね。

 

週刊新潮は以上ですが、他にもドラマの内容が海外の人気ドラマシリーズ『ハウス・オブ・カード』のオマージュ、つまりパクリ疑惑が指摘されているという話も。

 

 

※パクリ疑惑、これにもありました[Amazon]

http://amzn.to/2yWavxO

 

 

フジの今期のドラマは浅野忠信さん主演の『刑事ゆがみ』が評価が高いものの視聴率は低調、井上真央さん主演の『明日の約束』は視聴率は低迷、内容も暗くて…と言われるものの、まだ社会派として違う評価をされる可能性はあります。

 

この2つは原作・原案ありですが、この『民衆の敵』は原作なしのオリジナルです。

 

で、視聴率も低く内容の評価も低いというのは、つまり、フジにはオリジナルのドラマは難しいということなんでしょうかね。

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※高橋一生さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング