タグ:石橋貴明
ホームPage 1 / 512345

 

ひき逃げで逮捕され、俳優業引退の危機にさらされている伊藤健太郎さんの”育ての親”とも言われる元マネージャー・A女史が、なぜか石橋貴明さんと鈴木保奈美さんの離婚問題のキーパーソンとして浮上しています。

 

※そういえば、こちらのリメイク版にはイトケンが出演してましたね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 東京ラブストーリー Blu−ray BOX(Blu−ray Disc)...

価格:17501円(税込、送料別) (2020/11/14時点)


楽天で購入


 

 鈴木保奈美が個人事務所を設立!そのバックには…

 

[以下引用]

「今年七月に新たにプロダクションを設立したばかりのA女史が『来年一月から、私が鈴木保奈美さんを担当します』とテレビやラジオ局にあいさつ回りしているそうです」(芸能記者)

 

鈴木がとんねるずの石橋貴明と再婚の末、芸能界引退を発表したのは一九九八年のこと。その後は十年ほど専業主婦をしていたが、一番下の娘の小学校進学を機に石橋が代表取締役を務める個人事務所アライバルに所属し、徐々に芸能活動を再開させていた。

 

「今春、鈴木さんの三女が高校を卒業し、子育てが一段落した。今後はドラマや映画のキャスティングに強いA女史の会社と業務提携し、積極的に芸能活動を行うというのです」(テレビ局幹部)

 

小誌が取材を進めると、今年七月、鈴木が新しい個人事務所を作っていたことが判明。 石橋夫妻の間には不仲説が囁かれてきた。例えば鈴木が一七年から連載中の「婦人公論」のエッセイに、娘は頻繁に登場するが、夫に触れたのは数回だけだ。新事務所を立ち上げたのは離婚への布石なのか。

[週刊文春]

 

 

ということですが、良くも悪くも現在、最も注目されている伊藤健太郎さんの育ての親と言われる人物が、今年7月に新会社を設立して鈴木保奈美さんのマネージメントを担当していたというのが、なんとも驚きというか。

 

優秀な方なんでしょうけど、芸能界って狭いですよね…

 

 

 

 保奈美の家族に直撃!すると驚愕の事実が…

 

[スポンサーリンク]

 

さて、文春によると、保奈美さんの個人事務所は彼女の3歳年下の妹が代表取締役、お母様が取締役に名前を連ねているそう。

 

書類上は設立目的として「芸能プロダクションの経営」や「不動産管理」「貴金属の輸入販売」などが記載されているとのことで、文春取材班に対し、保奈美さんのお母様は次のように答えています。


「(新事務所については)あまり詳しくは知りません。『名前を貸して』って言うから『いいわよ』って。ごめんなさいね、無責任で。姉妹でやるって言うから」

 

保奈美さんと石橋さんの夫婦仲については、

 

「聞いてない。二十何年も一緒にいれば飽きるかもしれない(笑)」

 

とのこと。

 

また、A女史の事務所は

 

「移籍の事実はない」

 

と明確に否定していて、11月9日に東京駅で直撃された石橋さんは

 

「はぁん? ふぅん?」

 

と肩をすくめるばかりで、ノーコメント。


一方、石橋さんの個人事務所であるアライバルは、


「移籍するという事実はございません。個人会社に関しましては、実家の家族の生活を助けるため資産管理の目的で設立したものです」

 

と説明していて、離婚や別居についてはノーコメントだったとのこと。

 

保奈美さんが個人事務所を立ち上げ、そのマネジメントをA女史の会社が担当するとなると、アライバルはいったい何をするのか…

 

今すぐ離婚ということはなくとも、これは保奈美さんが仕事でもプライベートでも石橋さんから”独立”する布石のように感じてしまいます。

 

ただ、夫婦の関係もいろんなカタチがありますからね。

 

いつまでも仲良くベタベタとくっついている夫婦もいれば、適度な距離を取った方がかえってうまくいく夫婦もいるでしょう。

 

文春では保奈美さんは2017年から連載している「婦人公論」のエッセイで娘たちは頻繁に登場するのに石橋さんに触れたのは数回だけ、というのも不仲の根拠になっていました。

 

が、本当に不仲なら「全く話題に出てこない」と思いますし、石橋さん夫婦は”適度な距離派”なんじゃないでしょうか?もともと略奪婚疑惑がありましたし、芸能人同士の夫婦の場合、敢えて触れないというのもあるでしょうしね。

 

保奈美さんはこれから女優活動を本格化させ、一方で石橋さんはYouTuberとして再び脚光を浴びています。

 

二人とも芸能人としてはこれまで全盛期、停滞期を経験し、これから”第三の人生”に突入していくわけですからね。

 

精一杯、悔いのない人生を送って欲しいものです。

 

◆貴明&保奈美の娘と言われてますが…

 パパに激似![画像]→ geinou ranking geinou reading

 パパに激似![画像]→ geinou reading geinou ranking

 

◆コロナ第三波への備えは大丈夫ですか?…デカっ!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

11月14日発送 メイオールNEO 15kg_アルコール消毒液75%_手指消毒代...

価格:6670円(税込、送料無料) (2020/11/14時点)


楽天で購入


 

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※石橋貴明さん、鈴木保奈美さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

現在、地上波レギュラー番組1本と、まさに芸能界引退の崖っぷちに立たされているとんねるずの石橋貴明さん。

 

6月19日には「これがダメだったらユニフォームを脱ぐ!」との決意とともに、公式ユーチューブチャンネル「貴ちゃんねるず」をスタートさせましたが、それがまさかの大当たりの予感。

 

23日までに2本の動画を投稿し、24日現在で早くも合計300万回以上の再生数を記録するなど絶好調で、ネットでは”とんねるず世代”から喜びと応援の声が殺到しています。

 

科学のマスクです。



 

 

石橋貴明が背水の陣で挑んだYou Tube 

 

[以下引用]

石橋は18日深夜に放送されたラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(TBSラジオ)に乱入し、演出家のマッコイ斉藤氏の勧めでTwitterアカウントを開設したことを告白。「俺があまりにもヒマしてるんで『働け』って。まぁ、ほぼほぼね、戦力外通告だから」と自虐ネタを披露し、続けて「この1年やってみて、ダメならまぁ引退」と進退にまで言及した。

 

一昨年3月に『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)が終了し、直後に同局でソロの新番組『石橋貴明のたいむとんねる』が始まるも今年3月に打ち切りに。4月から後継番組『石橋、薪を焚べる』がスタートしたが、深夜帯かつ関東ローカルという“格下げ”となってしまった。

 

そんな中でYouTube参戦となったことに対し、ネット上では「もう賞味期限切れ」「完全にオワコン」「必死すぎて痛々しい」などと揶揄する声が数多く上がっていた。

 

ところが、19日に「石橋貴明、58歳。YouTube、はじめるでしょ。」と題した動画を初投稿すると、公開から約3日で再生回数160万回以上を記録する大反響に。

 

続けて、22日に「石橋を野球場に連れてって~ヤクルトvs中日開幕戦~」と題した動画を公開。無観客試合で開幕となったプロ野球を何とか応援しようと現地に駆け付けた石橋の様子を収めており、こちらも公開から半日ほどで55万回以上の再生回数を記録している。

 

「マッコイ氏との掛け合いも視聴者に好評で、チャンネル登録者数は早くも約30万人(23日正午時点)に到達。キャラクター的にも意外とYouTubeの行き当たりばったりな企画に適応しており、今後の展開に期待が持てます」(芸能ライター)

[エンタMEGA]

 

マッコイ氏というのは、視聴率が伸び悩んでいた「とんねるずのみなさんのおかげでした」において、人気企画「全落・水落シリーズ」を生み出すなど、番組の勢いを復活させた敏腕テレビマン。

 

[Amazon]

 

石橋さんが最も信頼を寄せる右腕的存在だそうですが、他にもテレビ業界には石橋さんを慕うスタッフは多いといいます。

 

それに加えて、お笑い界の後輩たちや得意の野球を通じて親交を深めた大物スポーツ選手などの強力な人脈もあるため、今後の展開はいくらでも考えられるといいます。

 

 男・石橋貴明59歳、今後の展望は?

 

[スポンサーリンク]

 

さて、ユーチューバーとして最高のスタートを切った石橋さん。

 

本人的には、大好きなスポーツに絡んだニュース番組をやってみたいとの願望を語っていましたが、業界ではさまざまなアイデアが寄せられているそうで…

 

[以下引用]

「若い世代はさておき、やっぱりとんねるずの名前はまだまだ使えるってことが証明されたと思う。石橋の良さは破天荒、マニアック、独自ネタの3つ。これが合わさったとき、バズりますね。特に、石橋自身がおもちゃ箱のような感覚でチャンネルを活用できるかがポイント。地上波ではやれないこと、地上波以上に臨機応変にやれるか。大御所タレントだけに、これができれば広告などは後からちゃんとついてくる可能性は高い」(中堅バラエティー番組スタッフ)

 

ファンからは、「石橋貴明バリバリ世代なんで、昔の面白さをまた画面に戻してください!」「タカさんの好きなことをしたら、YouTubeに向いてる気がする」という声や、「タカさん!引退だけはやめてくださいね!」など、石橋の引退を示唆するつぶやきに向けたエールも届いた。

 

「初回は特に笑いどころもなく、いつものタカさんにしてはわりとおとなしい印象でした。しかし、今後は長年芸能界で培ってきた人脈をフルに利用し、YouTubeに出たことのない大物ゲストの登場があるのでは? と期待しています。さらに、今のYouTube業界で活躍しているヒカキンやはじめしゃちょー、ヒカルらはとんねるずを見て育った世代ということも、人気YouTuberになるには有利な条件です。彼らからコラボの声がかかれば、登録者数が急上昇する可能性もあるでしょう」(YouTubeに詳しい芸能ライター)

[日刊サイゾー]

 

石橋さんに関しては、お笑い業界では「彼は芸人じゃない。プロの素人だ」という見方をする人も多いといいます。

 

芸人としての下積み時代がなく、素人がいきなりテレビデビューして勢いに乗り、そのままスターダムにのし上がったという点を考えると、”プロの素人”というのは絶妙な表現。

 

彼の持ち味が破天荒さにあるというのは納得ですし、コンプライアンスでガチガチに固められてしまったテレビ業界でそれを発揮するのは無理ですよね。

 

そう考えると、黎明期のテレビのような自由さがあるユーチューブ動画の世界は、石橋さんとの相性はピッタリとも言えます。

 

正直、Youtubeデビューを知ったときは、「石橋、お前もか…」と呆れたような寂しいような気持ちになりましたが、ちょっと見てみようかなという気にもなってきました。

 

「貴ちゃんねるず」は、毎週木曜日21時に更新されるとのこと。

 

テレビ業界で一度は頂点に立った革命児が、動画という新しいオモチャを生かしてどこまでのし上がっていくのか注目です!

 

◆妻・鈴木保奈美のギャラが

 安い、安すぎる…→ geinou ranking geinou reading

 安い、安すぎる…→ geinou reading geinou ranking

 

※50枚あたり480円。第二波が来る前に買い溜めしといてください。

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※石橋貴明さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

かつて隆盛を誇った、とんねるずの石橋貴明さんが大ピンチに陥っています。

 

妻である鈴木保奈美さんと離婚危機である上に長年の相方木梨憲武さんとも別離の危機に瀕しているんだとか。

 

 

※こんな頃もありました。

 

相方である木梨憲武さんは、今年6月にロンドンで個展「Noritake Kinashi Londo Exhibition -Moment-」を開催したり、7月からは全国4箇所で個展「木梨憲武展 Timing -瞬間の光り-」を開催するなど、ますますアーティストとしての活躍の場を広げています。

 

さらに、4月公開の映画「いぬやしき」で約16年ぶりの主演を務めたことで、ここに来て俳優としても注目されつつあり、まさに再ブレークと言っても過言ではないかと。

 

一方、石橋さんは最大の収入源だった「みなさんのおかげでした」が打ち切りとなったことで、レギュラーはフジテレビ深夜の「たいむとんねる」1本のみという寂しい状況。

 

コンビで明暗が分かれた格好になってしまいましたが、石橋さんには妻・鈴木保奈美さんという強~い味方がいます。

 

10月期のフジ月9ドラマでは、かつて一世を風靡した「東京ラブストーリー」以来26年ぶりとなる織田裕二さんとの復活共演が大きな注目を集めていますが、それに加えてNHK・BSプレミアム「主婦カツ!」でも主演を務めるなど、まさに引っ張りだこ。

 

※懐かしい!

東京ラブストーリー DVD BOX

東京ラブストーリー DVD BOX

 

仕事も収入も激減している石橋さんの個人事務所「アライバル」にとっては、まさに救世主ともなり得るはずなのですが、”主夫”としては素直に喜べないそうで…

 

[以下引用]
'80年代後半に、ホリプロ期待の新人だった保奈美を抜擢し、大ブレークさせたのは、当時“トレンディードラマの旗手”と呼ばれたフジの大多亮プロデューサー(現・常務取締役)だ。

 

「ドラマがスタートして間もなく、妻帯者の大多氏と保奈美の不倫が噂されたんです。ホリプロはフジの上層部に猛抗議。フジは必死に噂を否定したんですが、某女性誌が、大多氏が公衆電話に置き忘れた手帳を入手。その中に不倫スキー旅行の写真が挟んであったんです」(元女性誌記者)



このため石橋は、保奈美がフジテレビで大多常務と再会して急接近するんじゃないかとイライラを募らせているというのだ。そこで、保奈美の帰りを待つ“主夫”状態の石橋は、「いくら撮影が押しても外泊せず、必ず自宅に戻ること」「夕方には必ず電話すること」という2つの条件を出したという。

 

「夫の代わりに自分が頑張ろうという妻にしてみれば、うざい条件ですよね。信用されていないと思った女は、腹いせに元カレと会おうとします。逆効果で、離婚に発展しかねない」(夫婦問題に詳しい弁護士)

[週刊実話]

 

あらら、これは石橋さん、なかなかツライ状況ですね。

 

まあ、普通に考えたら老境に差し掛かった元不倫カップル同士がヨリを戻すとは考えづらいですが、自分がヒマなだけにいろいろと邪推しちゃうといったところ?

 

石橋さんなんて長く最前線にいたと思いますが永遠はないわけで、表舞台から姿を消すのも時の流れで仕方ないところ。

 

そこでお子さんたちも成長して余裕のできた奥さんがまた女優として輝けるというのは素晴らしいことだと思うんですけどね。

 

また、石橋さんは相方の木梨さんとも、当初は"とんねるず”へのオファーだった「たいむとんねる」を受けるかどうかで一悶着、結局は石橋さんの単独番組になったように、現在はすきま風が吹いているそう。

 

頑なにお笑いにこだわり続ける石橋さんに対し、木梨さんは完全にアーティスト路線を邁進中で、もはやTVバラエティにはまったく未練がないといいます。

 

すでにコンビ解散は時間の問題とも言われていますが、そんな落ち目の石橋さんを象徴するような出来事も起きています。

 

[以下引用]

「9月10日に放送された『たいむとんねる』では、ゲスト出演した後輩芸人の千鳥のノブが、『お笑い番組をやりましょう』と切り出したもののタカさんは『オレはやりたいんだけどねぇ…』と言って口を濁してしまった。続けて『でももうあれでしょ。自分らでやれるでしょう?』と力ない言葉が出てしまった。これまで素人いじりで強気の発言がタカさんの持ち味でしたが、イケイケ時代の全盛期のとんねるずとはほど遠い発言でしたね」(放送作家)

[アサ芸プラス]

 

石橋さんといえば、全盛期には「東に石橋あり」とその名を轟かせ、吉本興業を中心とする関西芸人の東京侵攻に対抗して一大派閥を築いていたこともあります。

 

そんな人物が、“敵”であるはずの関西芸人に、しかもずっと後輩の千鳥に対して弱音を吐く姿を全国放送で晒すとは、なんとも時代の流れを感じてしまうというか…

 

現在、「たいむとんねる」の視聴率は3%台に低迷し、いつ打ち切られてもおかしくない状況だといいますが、かつての「東のお笑い王」がテレビから完全に消えるのは時間の問題かもしれません。

 

◆「あのとき彼は…」石橋貴明の意外な真実

え→ ranking reading

え→ reading ranking

 

※まだ俳優業が残ってますよ!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

星野仙一物語 〜亡き妻へ贈る言葉 [ 石橋貴明 ]

価格:3707円(税込、送料無料) (2018/9/27時点)

楽天で購入


 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※落ち目の石橋さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

4月から始まった石橋貴明さんさんの冠番組『石橋貴明のたいむとんねる』の初回視聴率が3.9%とまったく大物らしくない数字を出しましたが、この原因は初回ゲストだった工藤静香さんにあるのではと報じられています。

 

※古き良き時代を一緒に過ごしたようです。



 

[以下引用]

もともと、工藤は好感度が高いタレントではない。というのも、度々私生活を投稿する自身のInstagramでは、夫である木村拓哉の存在を暗に伺わせたりしているため、「痛い」「上品さがない」「生理的に無理」と木村のファンを中心にバッシングを浴びている。

 

さらにこの日は、裏番組にあたる『ワールドビジネスサテライト』(テレビ東京)に、香取慎吾が出演したことで、ファンらは「ジャニーズ辞めてからのテレビ出演は貴重」「久しぶりにテレビで顔が見れた」と歓喜に沸いていた。そのため、一部のファンはSMAPの解散騒動を思い出し、それを止めたと噂されている工藤への不快感が再燃してしまったようだ。

[リアルライブ]

 

そんな状況で語られたのが、やる気なし自慢とファンのキモい話、自分を先導するため暴走族がケンカしてた話などでしたからね。

 →工藤静香が「ファンがキモかった」と暴露

 

深夜帯ですので視聴率の合格ラインは低めですが、23時台ですからね。『アメトーーク』は8~9%くらい、『月曜から夜ふかし』も8%前後とっているようです。

 

そんな中、注目されるはずの初回が3.9%というのは、ゲスト選びがまずかったと見られているよう。

 

[以下引用]

「そもそもターゲットとしているM2層(35歳~49歳の男性)やM3層(50歳以上の男性)は、裏番組の『NEWS ZERO』(日本テレビ系)や『NEWS23』(TBS系)を見ています。かといって、工藤さんは女性からの支持も低い。なぜ、初回で工藤さんを呼んだのか理解できません。石橋さんたっての希望という噂ですが、この出だしでは先が思いやられます」(芸能関係者)

[リアルライブ]

 

「ワールドビジネスサテライト」の香取さんがどの程度影響したのかは定かではありませんが、大人の男性が夜にテレビを観るときに、「やる気ゼロでぇ~」と話している工藤さんか、その他のニュース番組、どちらを選ぶかと言ったらどの程度工藤さんに思い入れがあるかによるんでしょうね。

 

というか、ニュースに勝てるようなゲストって誰でしょうね。「たいむとんねる」という番組タイトル通り、昔を懐かしむ番組というのも観る人を選んでしまうような。石橋さんの話術がとんでもなく面白いとかなら別ですが…

 

そもそもの番組企画がダメでしたかね。

 

同枠の前番組も半年で終了しています。

 

フジテレビにとったら、『みなさんのおかげでした』を終了させたものの、長年の功労者を一気に切るわけにもいかず、石橋さんの会いたい人に会わせてあげよう、というところなのかもしれませんね。

 

※そもそもこのデュエットが気持ち悪くて不評

[Amazon]

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆



人気ブログランキング

 

※工藤静香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

ホームPage 1 / 512345