タグ:真木よう子の記事一覧

タグ:真木よう子

真木よう子が育児放棄!元夫に子供を預け、元カレを寂しさのはけ口に

主演ドラマ『セシルのもくろみ』の放送中、炎上を繰り返した真木よう子さんが、今度は育児放棄を報じられています。

 

元夫の片山怜雄さんに娘を預けて真木さんは元カレ・Aさんのもとへ足繁く通っているとか。

 

 

[スポンサーリンク]

 

 

真木さんは昨年元俳優の片山怜雄さんと離婚し、二人の間に生まれた長女の親権は真木さんが持ちました。

 

しばらくは子供を実母に預けホスト通いしていると報じられたり、激太りしたりとかなり不安定だった真木さん。

 →真木よう子がホストに一晩2000万円つぎ込む

 

しかし、7月クールのフジドラマ『セシルのもくろみ』の主演でツイッターを始め、クールに見えた様子とは違う姿を見せましたが、肝心のドラマ自体が平均視聴率4%台と低迷し9話で終了。

 

 

「コミックマーケットでフォトマガジンを販売する」と宣言してクラウドファンディングで資金集めを始めたら、コミケは本来自費出版だと批判が殺到し謝罪とツイッターアカウント削除に至りました。

 

 

 

 

その後も仕事は入っているようで、今は娘さんとは別々に過ごしているようです。

 

[以下引用]

真木の長女は、都内の有名私立小学校に通う2年生。現在、長女は親権を持つ真木の家からではなく、元夫の片山の家から学校に通っている。9月下旬のある日。長女はいつもどおり片山の家から、パパに見送られて元気に登校していった。いっぽう仕事がオフだった真木は、この日もAさんのもとへ――。

 

「テレビ業界では『真木さんが育児放棄状態らしい』という口さがない噂までささやかれているんです」(テレビ局関係者)

[女性自身]

 

真木さんの娘さんはミスチル櫻井さんや松田龍平さんのお子さんも通う和光学園に通学していると報じられています。

 お受験結果2013

 

Aさんは、都内で飲食店を経営しているそうで、真木さんは撮影の後に寄ったり、休日はデートしたりしているそう。

 

しかし女性自身が直撃したところによると、Aさんは現在の恋人ではなく、今年1月から6月まで交際していた「元カレ」だといいます。

 

トラブル続きで心身ともに憔悴した真木さんのグチを聞き励ましてきたのがAさんだったとか。

 

娘さんが片山さんの元にいるのは、炎上騒動が続き真木さんがろくに家にも帰れなかったことを心配し、片山さんが「子どもは僕が預かるから」と申し出たからだそう。

 

離婚しても子供にとってお父さんとお母さんは変わりませんし、今片山さんのところにいるからといって育児放棄というのもどうかと思います。

 

ただ、「彼女にとって、Aさんだけが頼りなんです。実はいま、彼女は最愛の娘さんと一緒に暮らせていないんです。それが彼女には本当に辛くて、Aさんの励ましでなんとか踏みとどまっているような状態なんですよ」という真木さんの友人が…どうなんでしょうね?

 

そんなに辛いなら、なぜまた引き取って一緒に暮らさないのでしょうか。

 

炎上騒動の影響は今もあるのでしょうか。誰かに絡まれて実生活に影響があるほどならば、警察に相談したほうがいいような。

 

真木さんの仕事なんて突然決まるものでもないでしょうし、多忙なのは炎上前からなんでしょうに。

 

気持ちがあまり強くない人だといいますから、誰かに頼りたいんですかね。

 

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※真木よう子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

主演女優失格!真木よう子、深酒が原因のドタキャンだった

先日主演ドラマ『セシルのもくろみ』の撮影をドタキャンしたと報じられた真木よう子さんですが、ドタキャンの理由が泥酔だったと女性自身が報じています。

 

[スポンサーリンク]

 

 

真木さんはクラウドファンディングでお金を集め、フォトブックを作成しコミケに参加するという意思表明をしたところ、コミケは自費出版が原則だという指摘を受け、参加を撤回、謝罪しました。

 

それが2017年8月28日のことで、30日になって、29日のドラマの撮影をドタキャンしたと報じられました。

 

真木よう子が撮影をドタキャン!背景にクラウドファンディング「CampFire」運営者か

[以下引用]

「ドタキャンの理由は『体調不良』ということになっています。でも実は前日にかなりお酒を飲みすぎたらしく、とても撮影をできるような状態ではなかったそうなんです。一連の炎上を受けて、よほど精神的にも堪えていたのでしょうね」(前出・ドラマ関係者)

 

さらに彼女の“ドタキャン”は今回が初めてではなかったという。

 

「撮影を完全に中止したことは、これまでありませんでした。でも何度か遅刻をしたことがあったんです。午前中の撮影ができず、スケジュールが午後にずれ込んでしまいました。主演女優が遅刻して撮影を止めるなんて、本来はありえない。ドタキャンなんてもってのほかです。スタッフからも『呆れた』との声があがっていました」(前出・ドラマ関係者)

[女性自身]

 

真木さんはもともと浮き沈み激しい人だという話もあり、ここ最近は特に起伏が激しかったそう。

 

 

 

番宣で始めたTwitterが東スポの餌食になり、真っ向から対応したときは、その余裕の無さが伝わりました。

 真木よう子、東スポの女優引退報道に猛反論

 

女優ってストレスの多いお仕事なんだと思います。

 

昨年離婚した直後はホスト通いが報じられ、そのまま激太りも報じられ。

 真木よう子が衝撃の激太り

 

主演ドラマが低視聴率で叩かれ原因が自分の激ヤセとカラコン、つけまつげだと言われたり。

 

それでも遅刻やドタキャンは主演女優としてあんまりです。

 

ただ、女性自身によると、29日のドタキャンを機に真木さんは吹っ切ったように撮影にマジメに取り組んでいるそうです。

 

いろいろありますが、お子さんもいますし、頑張ってほしいです。

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※最新ドラマ&映画情報はこちらからネタバレちゃんねる

※さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

真木よう子が撮影をドタキャン!背景にクラウドファンディング「CampFire」運営者か

機嫌よくつぶやいてきたTwitterを非公開にした後削除したことが話題になっていた真木よう子さんですが、Twitterに異変があった8月29日、主演ドラマの撮影をドタキャンしていたことが報じられています。

 

[スポンサーリンク]

 

 

『セシルのもくろみ』をドタキャンした真木よう子

 

真木よう子さんのTwitterが非公開、後に削除という異変があったのは8月29日。

 

スポニチには番組関係者の「実はその日のドラマの撮影を突然キャンセルしたため、制作担当者は相当困惑していた。30日は現れたのですが…」というコメントがありました。

 

真木さんは男勝りサバサバした性格だそうで、結婚していたころも夫である片山怜雄さんが俳優を辞め小説家を目指し、言ってみればヒモ状態だったときも、夫婦仲が良かったときは、自分が大黒柱で問題ないという意識だったようです。

 真木よう子と片山怜雄が離婚を決めた理由

 

それでも今回の『セシルのもくろみ』の一連の流れはきつかったんでしょうかね。

 

まずは、太っていた体をキュッと引き締めたにも関わらず、痩せすぎだと酷評され。

 激太りだった真木よう子

 

役柄のべらんめえさもけちょんけちょんに言われ、ドラマは歴史的低視聴率予報が出るくらいの視聴率。

 

ただでさえストレスはあったと思います。

 

 

真木よう子をそそのかし騙したのは…

 

ドラマ関係でいろいろあっても、そこは女優ですしたとえ歴史的低視聴率でも堪えなければいけなかったと思いますが、今回真木さんの件で少し違ったのが、コミケ騒動です。

 

基本自費出版で参加するコミケにクラウドファンディングを利用しフォトブックを販売、つまり人のお金で参加しようとして批判を集めて参加表明を撤回したのが28日でした。

 

そもそもコミケは抽選に通らなければ参加できないそうで、コミケが自費出版が基本だというルールよりも、参加できるかどうかわからないものに対して人のお金を集めていたというのがおかしいです。

 

そして29日にTwitterを閉鎖する前に、アカウント名を「真木よう子」から「騙された?」に変更しています。

 

 

[以下引用]

真木を利用し、苦境に陥れた存在として浮上してきたのが、クラウドファンディングを募った専用サイトの運営者ら。IT関係者は「有名芸能人に近づいて商売する彼らのお膳立てに、真木さんが乗っかってしまった」と背景を説明。スポニチ本紙の取材に運営者の一人は「彼女への提案を僕からはしていない。1カ月以内に私から経緯を説明します」と話した。 

[スポニチ]

 

「1ヶ月以内」ってずいぶん猶予がありますね。

 

参加表明を撤回したとき、既にクラウドファンディングで650万円を集めていましたが、そのお金の行方もどうなったのか疑問です。

 

クラウドファンディングは投資なので募金とは違いますが、そんな簡単に人のお金を集めてどうのこうのってなんかズルいなあと素人は思ってしまいます。

 

ちなみにプロの投資家の山本一郎さん周辺では「コミケでオタク向けの商売をやればボロいと考えた人が真木よう子を担ぎ上げただけですよ」というフォトブック関連の企画をした人の話が聞こえているようです。

 真木よう子のコミケ突撃騒動は家入一真「CAMPFIRE」側の仕切り不足が原因か(山本一郎)

 

サバサバしていると言われる一方で、業界内では「情緒不安定なところがある」とも言われていたという真木さんですが、情緒不安定じゃなくても、これらのことはきつかっただろうなと思います。

 

所属事務所はフライングボックスといい、小島聖さんや葉月里緒奈さんも所属しているところですが、マネジメント、大丈夫だったんですかね。

 

 

 

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※最新ドラマ&映画情報はこちらからネタバレちゃんねる

※インスタは残ってます。真木よう子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

 

 

東スポの女優引退報道に真木よう子がツイッターで猛反論!しかし、視聴率3%台まで落ち込んだ「セシルのもくろみ」の打ち切りは避けられない状況に

現在放送中の真木よう子さん主演ドラマ「セシルのもくろみ」(フジテレビ系木曜22時~)を巡り、思わぬ騒動が勃発していています。

 

[スポンサーリンク]

 

昨日発売の東スポによると、発端となったのは10日に放送された第5話の視聴率が判明した14日に真木さんがツイッターで呟いたことだそうで…

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

IQUEEN Vol.2 真木よう子 “A DAY OF SUMMER”【Blu-ray】 [ 真木よう子 ]

価格:2430円(税込、送料無料) (2017/8/20時点)

 

真木は『視聴率3・8%。こんなに視聴率が低いから是非、ドラマを見てください』とつぶやいてしまったんです。そもそも視聴率の数字は、ビデオリサーチが管理し契約会社だけに配布する“資産”でもある。それを何の断りもなく勝手に、視聴率データを個人のツイッターで公表してしまったから、マズいのひと言」(関係者)

 

しかも、「ビデオリサーチ調べ」という表記もなかった。

 

「それだけじゃない。自分のファンに対して個別に『ドラマを見て』と誘導までしている。万が一、ビデオリサーチ社に営業妨害、権利侵害だとフジと真木が訴えられたら、間違いなく負ける案件なんです」(同)

 

実際に真木のツイッターは、つぶやいてから1時間もしないうちに削除された。さらにフジテレビの編成幹部らがビデオリサーチ社本社を訪れ、謝罪までしているのだ。

 

「その後、フジの編成部から真木の事務所に対し厳重注意が出されたようです。でも、もとをただせば視聴率不振のドラマを少しでも盛り上げたいと思う気持ちからやってしまったこと。結果、フジテレビが全ての責任を負うことで、一応の決着をみたようです」(芸能プロ関係者)

[東スポ]

 

真木さんは以前から視聴率をツイッターで呟いていてますが、それをフジテレビ側から止めさせられてる気配はないんですけどね。

 

この記事を書いてる時点でも、

 

こんにちわ!いきなりだけど、向かい風上等よ!!!!」

 

というメッセージとともに、

 

『セシルのもくろみ』打ち切りムードが漂い危険水域3.8%に」

 

というネット記事へのリンクを張った8/17のツイートが残っていますし、数字を出すことはそんなにイケナイことなんでしょうか?

 

 

また、真木さん自身も東スポの記事に対して次のように猛反論しています。

 

此処で、皆様に質問です。

 

私は「視聴率がこんなに低いからドラマを観てください」 と、懇願したツイートは、ありますか??

 

私は私が犠牲になっても一向に構いませんがね、記事にするなら、ライターさん、お名前をきちんと表示して下さい。

[真木さんの20日付のツイッターより引用]

 

この直後のツイートでは、「向かい風乾杯!!!!」「それでも、駆け抜けて笑顔で生き抜くわ」とコメントしていて、マジで怒っているというよりも話題作りという感じはしますが、とにかくそれほど大きな問題にはなっていないような。

 

ただ、東スポは「視聴率が3%台になったことで、スポンサーが降板を申し入れた」「当初10回予定のドラマが、7~8回の話数で打ち切りに向け話し合いが行われている」など、かなりトバシ気味に書いてますからね。

 

真木さんが黙ってられないのも当然かと。

 

「女優ならツイッターなどで放送元のフジに対しリップサービスをしないで演技力で挽回しろということです。今回のツイッター事件で“真木=やばい女優”というレッテルが貼られてしまった。ナショナルクライアントは、絶対に起用したがらない。要はスポンサーが付かないということ。今後、仕事は大激減する。下手をしたら引退ですよ!」(事情通)

[東スポ]

 

とにかく、東スポが下げネタ出してギャアギャア騒ごうがなんだろうが、ゴールデンタイムのドラマで視聴率3%台というのは、主演として何も言い訳できないことは事実。

 

このままでは今後の女優人生にも大きな影響が出てくるでしょうし、なんとかして挽回しないといけないと思うのですが…

 

真木さんの演技力だけで数字がアップするわけでもなし、かなり厳しいですよね。。

 

こうなったら、松居一代さんばりにYoutubeを使った「涙の番宣」でも敢行して、視聴者に直接訴えてみるしかないかも?