タグ:松嶋菜々子の記事一覧

タグ:松嶋菜々子
松嶋菜々子が「CMで使いたくないタレント」に!嫌われる理由がちょっと気の毒…

広告業界ではクライアントに向け、毎年春に業界を対象に「使いたい・使いたくないタレント」を調査・一覧にした資料を作っているといいます。

 

企業側が起用したいタレントに本当に宣伝価値があるのか、タレントとしての振る舞いや実績を現場レベルの評判を元にシビアに精査したものだそうですが、その3位にランクインしている松嶋菜々子さんのダメな理由がちょっとかわいそうなものでした。

 

※2000年10月期月9ドラマです

 

今年の春の「使いたくないタレント」1位は斉藤由貴さん、2位は広末涼子さん、3位が松嶋菜々子さんで、理由は斉藤さんが昨年の不倫報道、広末さんが過去の奇行が原因とのこと。

 

斉藤さんの不倫は否定したにも関わらずキス写真や下着を被った写真までも流出して強烈でしたし、広末さんは現在は3児の母として落ち着きを見せているとはいえ、元が清純派女優だったところでの奇行で薬物疑惑までも浮上していましたから起用に慎重になるのもわからないではありません。

 →斉藤由貴の不倫が信じられない

 

◆広末涼子が、え?

こんなの撮られちゃダメでしょ→ geinou ranking geinou reading

こんなの撮られちゃダメでしょ→ geinou reading geinou ranking

 

そんな中、3位にランクインした松嶋菜々子さんがダメな理由がこちら。

 

[以下引用]

3位に選ばれた松嶋菜々子も、事務所のイメージ戦略が足を引っ張っていた。前出の広告代理店関係者がこう明かす。

 

「2000年の主演ドラマ『やまとなでしこ』(フジテレビ系)で最高視聴率34.2%を記録するなど、松嶋ブームが最高潮だった頃の話です。CMの撮影日が決まっていたのに、事務所側から『当日に行けるかどうかはわからないし、撮影も本人がコンテを見て判断する』と言ってきたんです。スタッフは撮影できるのか、ビクビクして待っていたら、すごく低姿勢でニコニコしながら松嶋が現場入りしたんです。コンテを見て判断する話も本人はどこ吹く風で、どうも事務所側が『こんなに忙しい最中でも仕事を受けました』というふうに好感度を上げたかったようなんです。そんなことをされて、また一緒に仕事をしたいとは思いませんよ。人気が一段落してもCM料金は7000万円と強気で、最近になって下がってきました」

[アサ芸プラス]

 

これが本当だとしたら事務所がまずかったとしか言えません。

 

7000万円も払う覚悟でオファーをしたのに「当日にならないと」なんて、それは酷い話です。

 

それが2000年のことなのに今も起用したくない理由としてあげられるとは、つくづく失敗でしたね。

 

松嶋さんは『やまとなでしこ』放送翌年の2001年に反町隆史さんと結婚し、2004年と2007年に女児を出産後は育児を優先して仕事は控えめにしていましたが、2009年の『救命病棟24時』で本格復帰、2011年の『家政婦のミタ』で最終回の視聴率が40%という歴史的数字を叩き出し主演女優の座に返り咲きました。

 

しかし一方で「性格の悪い女優」系の記事では常連で、一旦は下降したギャラも『家政婦のミタ』の成功を機にまた強気の額にグンと上がり、共演NGの主張なども激しくなったと週刊文春が報じたこともあります。

 →現場スタッフが選ぶ性格の悪い女優ランキング

 →松嶋菜々子が性悪女優に逆戻り

 

最近も、朝ドラで共演する広瀬すずさんに強烈な嫌味を放ちスタッフが凍りついたと報じられていました。

 →松嶋菜々子が広瀬すずに強烈な嫌味!

 

本当に酷い性格なのかもしれませんが、今回のCM撮影の記事を読んで、意外と本人というよりも事務所のせいなのかなという気もしてきました。

 

吉永小百合さんや上戸彩さんが性悪系の記事を書かれないのは、例えば吉永さんは取材後に必ず相手の名前を呼びながら「本日は本当にありがとうございました」と手を握るなど、どんな取材でも記者に対し気遣いを忘れないからだとか。

 →本当に性格が良い人、処世術に長けた人

 

松嶋さんがCM撮影のときのように雑誌の取材も「当日になるまでわからない」というスタンスで仕事を受けていたことがあったとしたら、まあ嫌われるでしょうね。

 

ちなみに昨年までは井上真央さんも同じ事務所でしたが、井上さんも「現場スタッフが選ぶ性格の悪い女優ランキング」では上位にランクインしていました。

 

 

所属タレントの数も少ないのにこんなに性悪率が高いのは、本当に女優のせいなのか、事務所のせいなのか…

 

◆美人なんだけどどこか変?

芸能人の気になる顔パーツ→ geinou reading geinou ranking

芸能人の気になる顔パーツ→ geinou ranking geinou reading

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※福山雅治さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

松嶋菜々子が激辛な洗礼!広瀬すずに嫌味でスタッフ凍りつく

記念すべき100本目のNHK朝ドラ『なつぞら』の撮影が始まり、主演の広瀬すずさんに母親役の松嶋菜々子さんが“激辛な洗礼”を与えていたと女性自身が報じています。

 

※松嶋菜々子さんも朝ドラ女優

 

[以下引用]

「朝ドラの撮影は特殊なことで知られています。というのも稽古とリハーサルが丸1日かけて行われますし、撮影も早朝から夜中まで延々と行われるのです。松嶋さんは96年に『ひまわり』でヒロインを演じています。その現場を知っているからこそ、初顔合わせのときに広瀬さんへ『ちゃんと台本読んできてね……』と忠告したのです。松嶋さんの顔は笑っていたものの、まわりにいたスタッフは思わず凍りついたと聞きました」(芸能関係者)

 

そんな松嶋からの“お言葉”を受け、広瀬にも“やる気スイッチ”が入ったのだろう。十勝ロケでは、現地の関係者たちも驚くほどの熱演ぶりを見せていた。

[女性自身]

 

「激辛な洗礼」というからもっとすごいものを想像していました。

 

なんでしょう、言葉はきつくないですし笑顔だったということですが、スタッフが凍りつくほどの何かが雰囲気としてあったんでしょうかね。

 

確かに一緒に演技をしてからではなく、顔合わせで「台本を読んできてね」と言うのは、言われた方にとったら「なによもともと読むつもりだったし!!」とイラッとくるような感じではあります。

 

が、広瀬さんは頑張ってるようですし良いのでは。

 

松嶋さんの露出が多かった時代はわがまま報道が多くマスコミに嫌われている感じがしましたが、しかし松嶋さんは理想の上司ランキング常連ですし、先日は「理想の芸能人ママランキング」でも1位を獲得しました。

 

とはいえこれまでの感じから、今後も松嶋さんが大女優気取りで面倒、広瀬さんを含めた共演者と静かなバトル、みたいな記事がこれからも出るのでしょうね。

 

 

◆もはや眩しさしか無い!

反町・松嶋夫婦画像→ geinou ranking geinou reading

反町・松嶋夫婦画像→ geinou reading geinou ranking

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※広瀬すずさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

ついに朝ドラ脇役に転落!元視聴率の女王・松嶋菜々子がプライドを捨ててトップ女優復活を目指す切実な理由

かつて“視聴率女王”の名を欲しいままにしていた松嶋菜々子さんが、来年4月から放送予定の朝の連続ドラマ小説「なつぞら」の脇役を務めることが明らかになりました。

 

※あの頃よもう一度。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゴースト もういちど抱きしめたい 豪華版 [ 松嶋菜々子 ]

価格:4101円(税込、送料無料) (2018/5/3時点)



 

同作は朝ドラの100作目で、絶対にコケられない記念作品。

 

ヒロインに広瀬すずさん、育ての父役は藤木直人さん、兄役は岡田将生さん、そして『おしん』以来、約35年ぶりの朝ドラとなる小林綾子さんの出演も決まっています。

 

その上さらに、超大物女優である松島さんを育ての母役として起用したとのことですが、彼女がこのオファーを受けた背景には切実な事情があるようです。

 

[以下引用]

松嶋はヒロインを務めた朝ドラ『ひまわり』(1996年)が出世作となり、その後、大女優への道を歩むことになる。2011年10月期に主演した『家政婦のミタ』(日本テレビ系)は、全話平均25.2%、最終回は40.0%という記録的な高視聴率をマークし、近年のドラマ史に、しっかりその名を刻んだ。

 

※それより前ですが、これも評価高い

[Amazon]

 

しかし、『ミタ』以来の連ドラ主演となった『営業部長 吉良奈津子』(16年7月期/フジテレビ系)は、平均7.1%と大爆死。昨年4月15日、16日に放送された2夜連続スペシャルドラマ『女の勲章』(同)でも主演したが、視聴率は第1夜が8.1%、第2夜が6.2%と、これまた低調で、“視聴率女王”のメンツを潰されてしまい、それ以降、松嶋はフジとは距離を置いている状態だという。

 

「『女の勲章』以降、丸1年、松嶋は地上波ドラマへの出演がありません。フジで立て続けに、爆死したことで、松嶋の業界評は下がってしまいました。朝ドラは若手や無名俳優・女優にとっては、ブレークするチャンスですが、大物にとっては、出演するメリットがあるとはいいがたいのです。長期間拘束される上、撮影はハードで、ギャラは民放に比べれば格段に安い。松嶋ほどの大物が、朝ドラに脇役で出演すれば、『ランクが落ちた』との印象が拭えません」(テレビ誌関係者)

[日刊サイゾー]

 

ということですが、夫の反町隆史さんがバリバリに働いてくれていれば、松嶋さんも出演作品をじっくりと選んで再浮上を狙えるんでしょうけどね。

 

現在は「相棒」シリーズに出演しているものの、シーズンが終わるごとに「今度こそクビか!?」と注目を集めてしまう体たらくぶり。

 

正直「相棒」の視聴率が低迷しているのは、さすがに飽きられたからであって、反町さんには責任ないと思いますけどね。

 

※主人公の父役で初回ちょっと出て、カッコイイと評判でした。

[Amazon]

 

たびたび聞くエピソードですが、一度豪華な生活を経験してしまうと、たとえ収入が激減しても生活レベルまで下げることはなかなかできないといいます。

 

このまま夫婦ともにジリ貧状態が続いたら…と思うと、松嶋さんも「背に腹は代えられない!」といったところでしょうか。

 

そんな中で朝ドラを選択したのはある意味さすがかも。完全な脇でもNHK朝ドラならアリな感じもしますし、放送回数が非常に多いので、露出を増やすことで視聴者に存在を思い出してもらい、もう一度チャンスを掴むことはできるかもしれませんし。

 

松嶋さんに限らず、特に美人女優は年齢を重ねると美しさに変化はなくてもだからこそ主演できる役がないという事態になることもありそう。

 

とはいえ、松嶋さんがこのまま斉藤由貴さんや鈴木保奈美さんのように、主人公の母親役のような活躍の場しかなくなるのもさみしいような。

 

今度はぜひ、フジテレビ以外のテレビ局で大ヒットを狙って欲しいところですが…

 

医療モノと刑事モノだけは勘弁願います、ハイ。。

 

◆ご存知ですか?

松嶋菜々子の変化→ geinou reading geinou ranking

松嶋菜々子の変化→ geinou ranking geinou reading

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆



人気ブログランキング

 

※『やまとなでしこ』で共演した矢田亜希子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

松嶋菜々子はモンスターペアレントだった!「娘を優遇して」と伝統校に圧力を掛けていたことが明らかに

反町隆史さんと松嶋菜々子さん夫妻に“モンスターペアレント疑惑”が浮上しています。娘二人は都心にある小中高一貫校に通学中ですが、有名人であることに加えて「言うことは言う」といった発言力がプラスされ、かなり違和感を持っている保護者が多いのといいます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

モンスターペアレントの正体 [ 山脇由貴子 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/4/26時点)



この記事の続きを読む