パンくずリスト
  • ホーム
  • 木村拓哉
タグ:木村拓哉


『半沢直樹』での大和田常務など、悪役、敵役でトップに立った感のある香川照之さんが銀座のホステスに対する暴力事件が原因で俳優業を休止してそろそろ2年。




 




現在は「市川中車」として歌舞伎俳優に専念していた香川照之さんがついに表舞台に復帰すると報じられています。




 




出演するのは木村拓哉さん主演の『グランメゾン東京』。




 




スペシャルドラマと来年1月公開予定の映画、どちらにも出演が決まり、木村拓哉さんの了解も得ているというのですが…ホント?




 



[スポンサーリンク]


 香川照之が休業した原因の暴力事件




香川照之さんの暴力事件が報じられたのは2022年。




 




第一報は、高級クラブ店内でホステスの衣服に手をツッコミ下着を剥ぎ取り同席者に放り投げ、その後直接上半身を触った、というもの。




 




酷い所業だとネットはバッシングが吹き荒れましたが、香川照之さんは当時出演していた『THE TIME,』で謝罪して、CMや出演中のドラマなどに影響はないまま終了。




 




3年前の事件だったこと、その店にも問題があったんじゃないかと言われたことなどもあったのかもしれませんが、ほぼ無風で終わりそうな展開にネットでは怒りの声があがっていました。




 




しかしその後まもなく、新潮が第二弾として銀座のホステスの髪を掴むなどの暴力事件を写真とともに報じ、それが決定的になり、活動休止となりました。




 




この目が怖いと言われていましたね。。




 










 木村拓哉のドラマで復活する香川照之。




「TBSが香川に対し、出演を打診したという話です。香川とTBSの結びつきは古い。騒動の前までは、人気ドラマ『半沢直樹』シリーズ以降、TBSのVIP俳優というポジションを与えられていましたから」

日刊ゲンダイより引用




 




具体的な作品名は木村拓哉さん主演の『グランメゾン東京』。




 




『グランメゾン東京』は冬にスペシャルドラマを、2025年1月に映画を公開予定とされており、この2作品に香川照之さんは出演のオファーを受けたとか。




 




木村拓哉さんサイドはそれに合意。




 




その理由は、過去『MR.BRAIN』『南極大陸』『宮本武蔵』『アイムホーム』など数多く共演し、木村拓哉さんは俳優として香川照之さんを尊敬しプライベートでも仲が良く、謹慎中にも連絡を取り合う仲だった、と、日刊ゲンダイにはありました。




 




昨年もTBSでの香川照之復帰報道あり。




香川照之さんのTBSでのドラマ復活説は、昨年もありました。




 




香川照之さんがテレビに復活するならば、たしかに数々のドラマで香川照之さんの怪演に助けられたTBSがふさわしいんだろうなとは思います。




 




でもTBSからするとどうなんでしょうね。




 




過去香川照之さんに助けられたのは事実だと思います。




 




それに報いる意味でも『THE TIME,』にキャスターとして起用したのでしょう。




 




スキャンダルが報じられたときも、即キリはせず一度は謝罪の場を提供しました。




 




でもまだ他にもスキャンダルが報じられた結果、謝罪で済ませた『THE TIME,』に批判が殺到。




 




その上、出演が決まっていた日曜劇場『アトムの童』を急遽降板することになったため、時間のない中代役を探すことになり、なんだかんだと『アトムの童』はバタバタ感が否めず成功とはいい難い結果に終わりました。




 




香川照之さんが地上波に復活すれば、話題は集めるでしょう。




 




でも同時にクレームも生まれるでしょう。




 




矛先は、復活を支えたTBS、さらにスポンサーに向くと思われます。




 




それでもTBSは香川照之さんに復活の場を設けますかね?




 




すでに芸能活動は復帰している香川照之。NHKは様子見




実は香川照之さんは、芸能活動自体は復帰しています。




 




性加害と暴力事件が報じられた2022年の12月には歌舞伎に。




 




2023年8月には公式サイトで“歌舞伎と昆虫に命を捧げる”と決意表明しています。




 




その言葉通り、市川猿之助さんの事件で揺れる澤瀉屋を支え、長男市川團子を次代の猿之助とするために奔走しつつ、Youtubeで昆虫談義をしています。




 




一部視聴者の中では香川照之さんがカマキリ先生役でナビゲートしていた『昆虫やばいぜ』の復活を望む声があがりました。




 




今年4月に週刊女性がNHKに問い合わせたところ、「その都度、個別に判断しています」とのこと。




 




香川照之さんが地上波に復帰した場合、NHKは空気を読んで、最後の最後で起用するのかも。






香川照之のドラマ・映画復帰はあるのか




香川照之さんがドラマや映画など歌舞伎以外の俳優業に復帰するかというと、結局のところは世間の声なんでしょうね。




 




1965年生まれの香川照之さんは来年還暦を迎えます。




 




歌舞伎の大名跡である「市川猿之助」の長男として生まれ、本来は梨園で育つはずが両親の離婚でその道が途絶えました。




 




それが一時的とはいえ父・猿之助と和解し香川照之さんの長男に「市川團子」を継承させ将来の「市川猿之助」の道筋が見えてきました。




 




そうは言っても今現在の市川猿之助さんの復活を望む声もあるといい、まだまだ確実とは言えません。




 




そもそも香川照之さんを駆り立てていたのは「市川猿之助」への執着だったと言われていますし、ご自身も還暦目前ですし、孫のような1才児の次男にも恵まれ、本来の目的を達成するために注力してもいいかな、というのが、




 




“歌舞伎と昆虫に命を捧げる”




 




という決意表明なのでは。




 




その決意表明で未練が断ち切れたならたとえドラマのオファーがあっても断る
と思いますけど、さて、どうでしょうか。




 




◆ここまで読んで頂きありがとうございます。こちらもどうぞ◆




 




 

 

フライデーが元ジャニーズタレント32名の潜在視聴率ランキングを発表しました。

 

 

それによると木村拓哉さんは下から数えたほうが早い28位。2.7%だとか。

 

 

霜降り明星の粗品さんの「挨拶無視」の逸話から一般市民からのキムタク遭遇時のエピソードもひたすらネガティブなもので、人気を誇った木村拓哉さんが過去のものになりそうです。

 

 

[スポンサーリンク]

木村拓哉の潜在視聴率は2.7%。旧ジャニタレ32人中28位

 

潜在視聴率とは、タレントが出演することによって、番組の演出に関係なく、増えるであろう個人の持ち視聴率、そのタレントに潜在している視聴率のことです。

 

 

これをもとに、テレビ局がギャラやキャスティングを決めます。

 

 

フライデーは今回、2023年4月から今年4月までの約1年間をベースに導き出されたデータを入手し、ジャニタレ部分をランキング形式にまとめ本誌に掲載しています。

 

 

それによると、トップは二宮和也さんで8.6%。コア視聴率は8.4%、F1層8.9%。

 

 

これに対し木村拓哉さんは2.7%、コア視聴率1.8%、F1層1.2%。

 

 

昨年の木村拓哉さんのテレビへの露出は『風間公親-教場0-』のみで、CMも降板している、一般の視聴者は露出の数に影響されるため、潜在視聴率も下がったのだろう、とフライデーにはありました。

 

 

確かに『風間公親-教場0-』は平均視聴率9.8%と木村拓哉さんのドラマとは思えない低さでした。

 

 

が、低い!

 

 

これはTOKIOの3人よりも低い数字です。

 

 

今クール放送中の木村拓哉さん主演ドラマ『Believe』は11.7%で始まり10.1%、9.6%と着実に下がっています。

 

 

このままじゃ昨年と同じ流れですが、今年はCMは放送されているため、来年の潜在視聴率はUPする可能性もあります。

 

 

けれども、どうにも好感度が低下中の気配。。

 

 

霜降り明星粗品が木村拓哉の素行を暴露

 

木村拓哉さんがドラマに出るとほぼ必ずネタになる身長サバ読み。

 

 

今回は夫婦役が天海祐希さんだったり追いかける刑事が竹内涼真さんだったり高身長揃いのためか、いつも以上にそういうネット記事が多かったように思います。

 

 

そんな中、霜降り明星粗品さんが以前もしていた木村拓哉さんに会ったときに挨拶を無視されたというエピソードを蒸し返しました。

 

 

以前粗品さんがこのエピソードを話したとき、すれ違いざまになんとなく挨拶したんじゃないですか?相手は気づかなかったんじゃないですか?といったコメントが多くあったため、そんなことはない!!と自分の被害者ぶりに熱弁を振るいました。

 

 

それによると、きちんと立ち止まり挨拶をし、目もあったけど、木村拓哉さんは頭の上からつま先までジロッと見てそのままいってしまったと。

 

 

これが本当なら、とても感じが悪い話です。

 

 

このついでに粗品さんは木村拓哉さんの身長サバ読みについて言及、目が合った感じでは相方のせいやさんよりも目線が低かったから、160あるかないかじゃないか、新説でました!といい切ってしまいました。

 

 

一般市民からも木村拓哉・工藤静香夫婦の傲慢エピソードが…

 

木村拓哉さんの身長が160センチない、というのはさすがにないと思います。

 

 

しかし挨拶無視については本当だったかも、という空気が流れる中、この粗品さんの話がネットメディアで記事になると、そこにたくさんの一般市民からの同様の被害報告が寄せられることに。

 

 

 

「私も昔キムタクに無視された」

 

「映画のエキストラ出演した時、下の方のスタッフやエキストラが挨拶しても無視していました」

 

「サーフィン中に沖で1人波待ちしていた時通り過ぎようとしたので 『さっきいい波乗ってましたね〜』と言ったらガン無視、、、再度同じことを言ったらチラ見して通り過ぎました。一人で来てたら知らない者同士でもこの程度話すものなのに」

 

「小学生の時、木村さんが家族で芝公園で遊んでいるところに遭遇し、「母がファンで応援してます」と声をかけたら、夫婦共に完全無視された」

 

「学生時代にアルバイトをしていた所にキムタクが撮影で来たが、ドリンクを提供しても、無視して飲み始め、こちらが挨拶をしてもチラッと見て無視」

 

「バラエティーでも共演者を睨みつけてるとかよくあった」

 

等々

 

 

 

いろいろ見ましたが、犬の散歩中に出会い、犬が無邪気に絡んだときは、嫌な顔一つせず遊ばせてくれた、という良い話もありました。

 

 

けれども圧倒的に木村拓哉さんは失礼だ、という話が多く、他の芸能人の素晴らしい対応など、とにかく木村拓哉さんを貶すものが集まっていましたね。

 

 

木村拓哉が見本にすべきは二宮和也

 

すべて本当なら嫌な印象を持ちますし、嫌いにもなると思います。

 

 

「応援しています!」と言われたら笑顔で返す、くらいのことができたら生きやすいだろうにと思いますが、まあ人によりますよね。

 

 

例えば木村拓哉さんにあったことがある人が100人いて、無視された人50人、程よい対応を受けた人50人だったとした場合、良い対応を受けた人がみんなそれをネットに書き込むかと言ったら違う気もしますし。

 

 

ドリンク提供して何も言わないのも木村拓哉さんだけじゃないでしょうに、木村拓哉さんだから余計に感じわるい!ってなったんだろうなと思いますし。

 

 

器用な人、不器用な人、機嫌の良し悪しいろいろあるでしょう。

 

 

でも真似したらいいのに、と思うのが二宮和也さんです。

 

 

「だれかtoなかい」で街で自分に気づかれたらどう対応する?という話題になったとき、二宮和也さんは、気づかれたと思ったら向こうが何もしなくても近づきにこやかに挨拶して去っていくと話していました。

 

 

Xに「ニノはいい人!」と書き込まれることを目標に日々過ごしてるとのこと。

 

 

常にそうやって冷静に第三者が見たらどう思うかを意識して行動してるということなのでしょう。

 

 

正直疲れるだろうなと思いますが、結果的に相当得してるのでは。

 

 

ちなみに中居正広さんは、相手を頭から爪先までガン見し牽制しながらすれ違う、と答えていました。

 

 

あれ、粗品さんが話した木村拓哉さんと同じ。。

 

 

まあ中居正広さんは冗談だと思いますけど。

 

 

「木村拓哉は叩いてよし」という謎の風潮

 

とはいえ、明らかに木村拓哉さんは末期なんだろうなと思います。

 

 

『Believe』についても竹内涼真さんやほかの出演者にスポットが当たった記事が増えていますし、いい話全くと言っていいほどないですし。

 

 

それにしても木村拓哉さんって大変ですよね。

 

 

昔から低身長に始まり、顔がでかい、足が短い、といった身体的なことや、視聴率も一桁スタートが珍しくなくなったあと、二桁とってもけなされたり。

 

 

特に身長なんて、何度も何度も何年も何年も。

 

 

木村拓哉さんは確実に176センチではないでしょう。

 

 

昔売り出すときに、ちょっとサバ読んじゃったんでしょうよ。

 

 

おそらく本人というよりは、マネージャーさんが「そっちのほうが良い」と判断して。

 

 

中居正広さんは全体のバランスをとるために逆サバ読んで170ないことにしたと言ってましたし。

 

 

そんな明らかなことを、そして身体的コンプレックスをえぐるようなことを、木村拓哉さん以外の人にもこんなにぶしつけに記事にすることあるんでしょうかねえ。。

 

 

粗品さんも、ほかに挨拶無視された人いないんですかねえ。

 

 

ぜひほかの人についてもエピソードを披露してほしいものです。

 

 



 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

 

 

工藤静香が綾瀬はるかとトラブルに!木村拓哉の妻役が天海祐希になったトホホな事情

 

 

生田斗真、終了。無痛おねだり発言をきっかけに過去のクズエピソードが次々と発掘される

 

竹内涼真さんの評価が急上昇しています。

 

 

竹内涼真さんは木村拓哉さん主演のドラマ『Believe』で木村拓哉さん演じる狩山陸を追い詰める刑事・黒木正興(くろき・まさおき)を演じています。

 

 

竹内涼真さんが演じる黒木は常に真っ黒のコートに黒のサングラス姿で、笑顔を見せながら尾底知れない怖さが注目を集めています。

 

 

[スポンサーリンク]

竹内涼真が見せた『Believe』での怪演

 

[以下引用]

ドラマウオッチャーで芸能ライターの山下真夏氏は、「このドラマで注目すべきは、間違いなく竹内さんでしょう。まだ3話までの放送ですが、すでに《新しい竹内涼真の誕生》と言っても過言ではないかと」と前置きしつつ、こう続ける。

 

「竹内さんは2役を演じるために、特徴的な顔のホクロを消してチャレンジ。特に刑事の黒木は黒づくめの衣装にサングラスと、これまでの爽やかな竹内さんのイメージを覆す雰囲気となっています。スタイリッシュですが、振りまく笑顔は限りなくうさん臭い。竹内さんのお顔が小さすぎて、サングラスがやたら大きく見えるのはご愛敬ですが、手足の長さと共に改めてスタイルの良さを認識させられます。当たり役になりそうですね」

[ゲンダイネット]

 

 

「もぉう、奥さ~ん! 取り調べがお上手なこと」

 

 

「狩山陸さぁ~ん? 動くな! 動いたら、(人差し指を突きつけて)銃で撃ちます」 「ここまでにしましょう。逃走犯への発砲は、一般市民への理解も得られます」 「はい。その場で両手を上げ、こちらを向き膝をつきなさい……何回も言わすな」

 

 

冷静に話してると思ったら急に声高くなったり大きくなったり、随分変わりましたね。

 

 

竹内涼真さんの特徴だった、息を切らすような話し方はどこいったのでしょう。

 

 

笑顔だけど目が笑ってなかったり、急に真顔になったり。

 

 

これまでの、イケメン・爽やか・熱血漢!

 

 

みたいな路線とは違う感じがネットでも好評です。

 

 

 

 

 

借金二股ポイ捨てスキャンダルで一度終わった竹内涼真

 

竹内涼真さんは2020年、当時交際中でお互いの家族に紹介済みだった恋人・吉谷彩子さんを同棲中の家から一方的に追い出し、新しい彼女の三吉彩花さんとの生活を始めたと報じられました。

 

 

つまり、二股をかけていたということです。

 

 

さらに、

 

 

・吉谷彩子さんには交際中100万円ほど借金をしていたこと

 

・追い出したのがコロナの感染者が増えて初めて緊急事態宣言が出されたさなかで、不動産やさんも満足に機能しておらず引っ越しもできなかったこと

 

・荷物を取りに戻っても入れてくれなかったこと

 

・深夜のドライブで大音響で音楽を流しながらオラオラ運転をしていたこと

 

 

などが報じられ、それまでの竹内涼真さんの好感度は一気になくなり嫌われ俳優に。

 

 

その後は三吉彩花さんと暮らす高級マンションで違法駐車をし、何度注意しても改めないことや、誤爆を乗っ取りのせいにしたりとか、マイナスな出来事ばかり。

 

 

出演ドラマや映画もぱっとせず、とにかくいい話がないのがここ数年の竹内涼真さんでした。

 

 

見事に再起した竹内涼真

 

イケメン、爽やかだけでどうにかなるのは誰であれ期間限定のものですが、竹内涼真さんの場合は自らの脇の甘さでその期間を短縮させてしまいました。

 

 

その「イケメン爽やか路線」のときも、主演作ではなかなか結果が出せず「金を生まない俳優」と呼ばれることも多々ありました。

 

 

そして、スキャンダルにまみれた途端、性格が横柄だのスタッフに嫌われてるだのマイナス報道も多発し、このままゆっくり終わって行くのかと思っていました。

 

 

でも、この『Believe』は竹内涼真さんの転機になるでしょうね。

 

 

竹内涼真さん本人も2020年に「ピークは2年前に過ぎた」「これから再生していきたい」とコメントしていたことがありましたが、ついにその再生の兆しが見えてきたのでは。

 

 

続く7月クールでは二宮和也さん主演の日曜劇場『ブラッグペアン2』に出演が発表されており、そちらはまた『Believe』の黒木刑事とは違うのが宣材写真だけでもわかります。

 

 

うまくいけば、長谷川博己さんのような、まっすぐな役はもちろんのこと、掴みどころのない、何考えてるかわからない、そんな部分がうまく演じられてる俳優になれるかも?

 

 

それにしても、木村拓哉さんがドラマをやってもあまり木村拓哉さん本人が話題になることが少なくなったような。

 

 

今回、本来ただの会社員のはずなのにやたらに武闘派で、キビキビと追手を制圧するあたりとか、突っ込む記事でも出るのかなと思っていたのですが。

 

 

こんな感じでスルーされることが増えていくのでしょうか。

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます。こちらもどうぞ◆

 

竹内涼真が反撃!ポイ捨て・金銭トラブル放置ではCM降板待ったなし、芸能生命の危機か

 

 

竹内涼真、なんにしろ恥。誤爆を乗っ取りのせいにして「ダサい」の声

 

 

織田裕二、ついにキターっ!!最新映画「踊る大捜査線」を引き受けるための条件とは?

 

[スポンサーリンク]

[スポンサーリンク]

 

 

天下のキムタク様が主演を務めることで大きな注目を集めていたテレ朝ドラマ「Believe-君にかける橋-」の初回が4月25日に放送され、

 

 

初回平均世帯視聴率11.7%

 

 

という、最近にしては素晴らしい数字を叩き出したことで、

 

 

「やっぱりキムタクはスゲーじゃん!」

 

 

と、改めて評価する声が飛び交っているとか、いないとか・・

 

◆次のテーマは橋です。

 

[以下引用]

ドラマは、テレビ朝日開局65周年記念作品として制作されているもので、木村が演じる主人公・狩山陸は大手ゼネコン『帝和建設』土木設計部の部長。優秀な社員だったものの、狩山が設計した橋の工事で多くの死傷者を出す事故が発生し、責任を取る形で実刑判決を受けて収監されることになる。

 

これまでの木村主演ドラマにはなかった、まさかの刑務所からのスタートとなり、SNSでも《続きが気になる》《誰が味方で誰が敵?》などのコメントが相次いだ。

 

ストーリーだけでなく共演者の豪華さも話題で、竹内涼真と斎藤工を中心に初回から北大路欣也、上川隆也が出演。中でも注目されているのが、狩山の妻である玲子を演じる天海祐希だ。

 

「天海は初回からさすがの演技力で作品を引っ張り、ベテランならではの凄みを見せている。ただ、天海は身長が171センチなのですが、公称・176センチのキムタクと並ぶシーンでは身長が同じくらいに見え、再び木村が身長を高くごまかしている疑惑が浮上しています」(スポーツ紙記者)

 

SNSでは、木村と天海の夫婦が〝似合わない〟という書き込みが多く見受けられるが、実はこのキャスティングには裏事情がある。

 

「今回、妻役に天海さんを指名したのは木村です。実は妻・工藤静香が共演する女優に嫉妬することがあるで、昨年公開の映画『レジェンド&バタフライ』では、綾瀬はるかと夫婦役を演じたが、工藤がヤキモチを焼いてプライベートでトラブったという噂。そこで、年齢が木村より上で、男の噂もなく、サバサバした性格の天海が適任だと指名があった。身長差まで気にしている余裕はなかったようだ」(民放キー局の編成担当)

[週刊実話]

 

 

静香さんがキムタクの相手役に嫉妬するというのは、昔から有名なハナシ。

 

 

 工藤静香が竹内結子に嫉妬狂い!「A LIFE」で最後まで抵抗を・・

 

 

特に2011年のドラマ「南極大陸」での共演以来、キムタクのオキニとなった綾瀬はるかさんに対しては、以上なほどの警戒心を見せるそうで、「レジェバタ」の時には

 

 

「二人がイイ感じになっている」

 

 

との噂を聞くやいなや、すぐさま京都の撮影現場に押し掛け、毎日のように手弁当持参で”監視”を行っていて周囲を呆れさせていたといいます。

 

 

キムタクとしては、そんな面倒くさい事態になる前に早めに手を打ったということかと。

 

 

まったく、大変ですね。。

 

 

自分はYOSHIKIさんと今も仲良く連絡を取り合っているというのに、まったく自分勝手というかワガママというか・・

 

 

少しはダンナ様を信じてあげて欲しいところです。

 

 

 

キムタク、不倫!工藤静香が京都の撮影現場に足繁く通う本当の理由

 

 

でもま、ドラマの方は好調な滑り出しのようですし、良かったじゃないですか。

 

 

もう一つの注目作「グランメゾン東京」では、ヒロイン役が内縁の夫のいる鈴木京香さんということで、こちらも問題にはならなそう。

 

 

最近はマックや日産のCMをクビになるなど踏んだり蹴ったりのキムタクですが、新ドラマの勢いで再び上昇気流の波に乗れるとよいですね。

 

 

 

驚愕!木村拓哉が失ったCMギャラの額

 

 

 

木村拓哉、YOSHIKIにバカにされる。

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※工藤静香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング