パンくずリスト
  • ホーム
  • 木村拓哉
タグ:木村拓哉

 

ヴァレンティノのCM動画で帯を踏んだ演出があり大炎上、モデルを務めた木村拓哉さんと工藤静香さんの次女Koki,さんにも飛び火していますが、そこにキムタクの娘の限界があったようです。

 

 

 

残念ながら世界的ブランドに口出しはできなかった工藤静香

 

Koki,さんが帯の上や畳の上を土足で歩いて大炎上したのはこちら。

 

 

[画像]大炎上!Koki,が帯をヒールで踏み歩く動画が物議!センスもなくヴァレンティノの価値が下がる

 

Koki,さんはモデルとしてヴァレンティノの企画に応じただけではあるものの、日本人として帯は踏めない、くらい言えたのではという声が飛んでいます。まだ駆け出しのKoki,さんは難しくとも、せめていつも帯同しているという工藤静香さんは、なにか言えたのではと。

 

なんせ、Koki,さんが2018年の「ELLE japon」の表紙でデビューした直後からブルガリやシャネルのアンバサダーを務めたり、今年もエスティーローダーやらそれこそ今回問題となったヴァレンティノなど、次から次へと世界的ブランドの仕事をとってくるやり手です。しかもそこには「日本人モデル初」とか「最年少」という特別感のある言葉がつくこともあります。

 

それだけの手腕のある工藤さんなら、炎上の可能性を指摘することもできたのでは、と期待もあったのですが…。

 

 

[以下引用]

仕事先では平身低頭でありながらも、思ったことはズバッと言うタイプ。ワイドショー関係者によると「娘さん2人を良い風に扱うと、わざわざ静香さんから『ありがとうございました』と電話が来るんです。反対に肖像権などでこちらにミスがあると厳しい口調でクレームが入ります」という。  

 

とはいえ、さすがの静香も世界的なブランドのCMに口出しできるほどではない。今回のウェブCMは、日本とイタリアのクリエイターチームが中心となって進められ、〝帯踏み〟シーンは中国出身の有名写真家フィッシュ・チャン氏が考えたと言われる。

 

「〝世界のSHIZUKA〟ではないですからね。高級ブランドのクリエイティブな作業には口出しできませんよ。裏を返せば、今回の〝事故〟はそうしたKoki,さんの高級ブランド路線がアダになったのかもしれません」(代理店関係者)

[東スポ]

 

仕事をもらうことはできても、いかにキムタクの妻と子であっても「世界のキムタク」ではありませんし、もらう立場からすれば意見はできなかった、ということならまだいいのですが。

 

どうなんでしょうね、Koki,さんがSNSにあげていた帯踏みつけ画像に、工藤さん、わざわざ「いいね」してましたからね…。もしかしたらKoki,さんはもとより工藤さんも帯を踏むことに違和感を感じていなかったのかも。

 

衝撃!Koki,帯踏みつけに工藤静香が「いいね」!ヴァレンティノは帯否定で再炎上!

 

 

母と妹が大炎上。その時姉Cocomiは…

 

これまでも多少炎上したことはありましたが、今回はヴァレンティノの謝罪を含めてワイドショーも取り上げるほどの大炎上となりました。

 

しかしそのワイドショーではヴァレンティノの演出のみに言及し、Koki,さんのことは「モデル」とのみ表現するにとどまっています。

 

実際、問題はヴァレンティノの演出なんですが、不自然といえば不自然ですよね。

 

そんな中木村家は4人それぞれヴァレンティノの大炎上なんて知りませんとばかりにSNSの更新は通常運転で、Koki,さんに至っては大炎上中ヴァレンティノが動画を削除しても、自身のSNSでは帯踏みつけ画像をそのまま公開していました。

 

それも強心臓だと思うのですが、姉のCocomiさんはなんとこんな画像を公開しています。

 

 

 

 

 

いやびっくり。

 

この顔を公開できるって、相当な強心臓でしょうね。

 

ちなみにこのお姉さんはディオールのアンバサダーです。

 

そんな木村家ですが、もうすぐ工藤さん、そして次はCocomiさんの誕生日があるので、またSNS上で「おめでとう」の言い合いがあるのでしょう。

 

連日SNS関連で木村家関連のニュースが報じられる未来を予想していた人っているのでしょうか。

 

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※Koki,さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

木村拓哉さんと工藤静香さんの次女Koki,さんがモデルとして出演したヴァレンティノの動画の演出が「文化の冒涜」だと非難を集めています。

 

 

 

 

Koki,が帯を踏む唐突感半端なし

 

[以下引用]

Koki,はイタリアの人気ブランド、ヴァレンティノの「ヴァレンティノ DI.VA キャンペーン」の顔としてブランドコンセプトの動画に出演。公式サイトなどウェブ上で公開された。  

 

しかし、レッドカーペットのように着物の帯の上をハイヒールを履いて歩いたり、畳の部屋で靴を履いて立ったり…という映像に「日本文化を冒とくしている」「ヴァレンティノの衣装を敷いて座られたり踏まれたりしたらどう思う?」などと29日夜から批判の投稿が殺到。この騒ぎに公式サイトは動画を削除する事態となったが、現在もネット上では動画が拡散している。  

 

Koki,は演出通りにした過ぎないのだが、彼女への心ない批判も散見され、思わぬ形で炎上に巻き込まれてしまった。

[東スポ]

 

 

もともとマイナスな意味で注目されている人だからさらに騒ぎも大きくなっていますが、これは、Koki,さんじゃなくても炎上する演出ですね。

 

ヴァレンティノは洋服に愛情がないんでしょうか。

 

帯はちょっときれいな布くらいの理解なんでしょうか。

 

ヴァレンティノが高いお値段を付けて売っている衣装と同じように身につけるものなんですけどね。本来身につけるものを踏みつける演出を、ヴァレンティノが良しとして世界へ発信したというのが信じられないです。

 

しかも、そうやって作ったのがこれって。

 

 

 

いろいろとちぐはぐ過ぎて、帯はまったく映えてないし、ここに帯を置いた必然性が理解できません。

 

せめてもっと絵になる感じなら「芸術」で押し切れたかもしれませんが、これは全然理解できません。Koki,は日本人、なにか日本ぽいものナイカナ?帯でも踏ませとく?くらいな感じでしょうか。

 

その他畳を靴で歩くとか、敷居やへりを踏む、というのもあったようですが、すでに削除されて確認できませんでした。

 

 

Koki,が日本人モデルとして活動する空恐ろしさ

 

Koki,さんは帯を踏む、しかもヒールで踏むことに違和感はなかったんでしょうか。

 

水原希子さんも似たような騒動がありました。

 

 

「日本人のフリしないで!」水原希子がまた下品写真を世界へ発信で非難轟々

 

水原さんの場合は和室の立派な座卓の上に開脚して座るという超絶下品なもので、これも日本の文化をバカにしてると言われていました。日本人なら座卓の上に座ることからして抵抗があるはずです。しかしただのモデルである水原さんが演出に口を出すのは難しいんでしょうし、そもそもアメリカ人と韓国人のハーフである水原さんにはそういう感覚はなかったんだろうと思っています。

 

が、Koki,さんは両親ともに日本人です。

 

インターナショナルスクールに通っていたと言っても日本で生まれ育った日本人です。

 

Koki,さんがまだ年若く経験もあまりないただのモデルであるがために指示に従うしかなかったんだとしても、Koki,さんにいつも帯同しているという工藤静香さんはその演出に抵抗はなかったんでしょうか。

 

というか、モデルは言われたことだけやればいいならお人形でもCGでもいいですよね。

 

帯を踏んだばかりにせっかく時間も人もお金もかけて作った動画を引っ込めなければいけなくなるくらいなら、それはちょっと、と言ってくれるモデルだったほうがヴァレンティノもありがたかったのでは。そういうところが、人形でもCGでもなく人間をモデルに起用する意味でもあるのでは。

 

まあ、ヴァレンティノは自国の文化に対して知識も考えも誇りもない人をモデルに選んでいたということで、残念ですね。

 

 

◆無加工のKoki,の後ろ姿が…あれ?

もっと足長いと思ってた→ geinou ranking geinou reading

もっと足長いと思ってた→ geinou reading geinou ranking

 

※こちらはルイヴィトン

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※Koki,さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

キムタクと工藤静香さんの長女として芸能界デビューしたCocomiさんが、6月11日公開予定のアニメ映画「漁港の肉子ちゃん」で声優デビューを果たすことが明らかとなり、賛否両論飛び交っています。

 

※凄いタイトル。



 

 

この映画は直木賞作家・西加奈子さんの同名小説を原作に、明石家さんまさんが企画・プロデュースを手掛けた作品。

 

大竹しのぶさん演じる、情に厚くて惚れっぽい肉子ちゃんと、Cocomiさん演じる11歳の娘・キクコちゃんという母娘が織りなすハートフルコメディとのこと。

 

元妻を主役の声優に抜擢するというのは、いかにもさんまさんらしいキャスティング。

 

ですが、さんまさんといえばキムタク一家とは長年に渡って親しく付き合っているのも有名な話で、そこの長女を二番手に起用するというのはちょっとやりすぎな感じも…

 

だって、元妻と親友の娘ですよ?

 

自分の身内でバッチリ固めるなんて、ここまで露骨にコネをフル活用されると、もはや笑っちゃうしかありません。

 

ちなみに、他の声優として「鬼滅の刃」の主人公・竈門炭治郎役で知られる花江夏樹さんの参加も発表されています。

 

ま、ここは大人の事情も絡んでいるようですね。

 

[以下引用]

スポーツ紙などによると、木村拓哉一家と家族ぐるみで親交のあるさんまが、Cocomiが中学生時代に声優の養成所に通っていたことを知り、ラブコールを送ったという。

 

Cocomiは出演にあたり「まさか、声優のスクールに行っていたというお話を覚えていてくださると思っていなかったのでうれしかったです」とコメントし、少年・二宮役を演じる花江はCocomiとのアフレコを「楽しみです。息をそろえて頑張ります!」と好意的に語っている。

 

ネット上では、アニメに造詣が深いCocomiの大抜擢を喜ぶファンが相次ぐ一方、大役での声優デビューに「親が有名人だといいですねー」「また親か」と冷めた声も目立つ。声優業界は、ベテランでさえ役の獲得に苦労する厳しい世界であることが知られているため、演技の実績がないCocomiを皮肉る声が上がるのは仕方のないことかもしれない。

 

Cocomiは音楽やモデルの活動で“表現”してきた実績に加え、国民的俳優であり、主人公を演じたアニメ映画『ハウルの動く城』で高い評価を得たこともある木村と、かつて女優としても人気を博した工藤静香を近くで見てきた経験もある。

 

ちなみに、工藤はCocomiが生まれる約1年半前まで放送されていたTOKIO・松岡昌宏主演『サイコメトラーEIJI2』(日本テレビ系、1999年放送)で2番手を務めていた。親譲りの高い表現力を発揮できれば、皮肉めいた世間の声を一蹴する可能性も十分ありそうだ。

[エンタMEGA]

 

サイコメトラーEIJIって、ずいぶん懐かしいタイトルをぶっ込んで来ましたね。

 

※イノッチも出てました。

サイコメトラーEIJI VOL.2 [VHS] - 松岡昌宏, 大塚寧々, 井ノ原快彦, 松岡昌宏

サイコメトラーEIJI VOL.2 [VHS]

 

というのはさておき、俳優やお笑い芸人などが話題性だけで声優に起用されることには、以前から賛否両論さまざまな意見があります。

 

まあ、それが見事にハマって高評価を得ることもありますが、作品の魅力を台無しにしてしまう例も多いことを考えれば、仕方ないこと。

 

だって、本職の声優さんを使っていれば、少なくとも”声”の部分で失敗する確率は限りなくゼロにちかいわけですから…

 

そういう意味では、キムタクの「ハウルの動く城」は”声”に違和感を訴える意見はそれほど多くなかったように感じますし、興行収入196億円という結果を見ても”大成功”の部類に入るでしょう。

 

となると、Cocomiさんの場合も数字で外野を黙らせるしか方法はありませんが、声優としての初仕事でいきなり主役級の扱いですから、プレッシャーはハンパないはず。

 

しかも、声優学校にチョロっと通っていたとはいえ、その実力はほとんど素人同然なわけで、実際には”棒読みフラグ”がビシビシ立っているような。。

 

呼んだ?

渋谷区円山町 プレミアムボックス ~眞木大輔~ [DVD] - 眞木大輔, 榮倉奈々, 仲里依紗, 原裕美子, ふかわりょう, 三輪ひとみ, 永田琴

渋谷区円山町 プレミアムボックス ~眞木大輔~ [DVD]

 

まあ、制作サイドとしては、とりあえずPRしなくてもこうやって宣伝してもらえるだけで、目的の8割くらいは達成できたという皮算用?

 

さらには、キムタクまでもがさりげなく番宣に協力してくれたら…

 

って、もしかしてさんまさん、キムタクとの父娘共演を狙ってるとか?

 

それが実現したらトンデモナイ注目を浴びるのは必至。

 

今後のキャスティング追加発表が気になります。

 

◆タレント吹き替えによる史上最悪の事件と言われるコチラ

 MAKIDAIさんには負けてるぜ![動画]→ geinou ranking geinou reading

 MAKIDAIさんには負けてるぜ![動画]→ geinou reading geinou ranking

 

※今どき、魚肉ソーセージも進化しています。



 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※CocomiさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

木村拓哉さんがインスタグラムで長女Cocomi さんからのバレンタインのプレゼントを披露したついでに地震について触れて話題になっています。

 

 

 

バレンタインのオマケに地震お見舞い

 

木村さんが公開したのがこちら。

 

 

 

 

「今日はバレンタインですね!でも、昨夜の地震は本当にびっくりでした。被害を受けた方達もいらっしゃるみたいで…。御見舞い申し上げます。」

 

ということですが、ネットには

「出た木村家ファミリー劇場」

「地震の件と、バレンタインを同系列で投稿するあたり安定に痛々しい」

「『被害を受けた方達もいらっしゃるみたいで…。』って?地震直後からニュースで常に現状を伝えられてるでしょ?被害を受けた方はいらっしゃいます」

「まずバレンタイン、地震はオマケ」

「ふつうは別々に発信するものでは」

という声が。

 

 

 

SNSで残念さがダダ漏れになる木村拓哉

 

[スポンサーリンク]

 

Cocomi さんがストーリーズにハート型のクッキーにデコレーションしている様子を公開していたので、Cocomi さんにもらったお菓子なんでしょう。

 

自慢したいのはわかりますが、1週間ほど前のKoki,さんの誕生日お祝いを家族総出でSNSでお祝いし、「家族なんだし家でやればいいのに」「会ってないのかな?」なんて話題になっていたのはまるでスルーなんですね。

 

喜びをSNSで表すのはまあいいにしても、なぜ同じ記事にしてしまったんでしょう。

 

木村さんは特に1日1記事公開というわけではなく、14日にも、もう一つ記事を公開していますし、分ければよかったのに。これだとついで感が拭えません。「クッキーもらったぁ〜!いぇい。あそういえば地震にも触れとこう」みたいな。

 

唯一良かったなと思うのが、木村さんお得意の「!」が少なく、「でしたぁ〜!」とか絵文字がない点です。

 

その後の記事はそういうテンションなので、一応気を遣ったんでしょうね。

 

 

木村拓哉の文章表現力につくづくがっかり

 

木村さんがSNSをやらなければ幻滅することもなかったかあなと、つくづく残念です。

 

◆「あたし冷蔵庫にあるものでチャチャッと作っちゃう人だからぁ」

工藤静香伝説の「何でも丼」→ geinou ranking geinou reading

工藤静香伝説の「何でも丼」→ geinou reading geinou ranking

 

※渋くても残念

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※木村拓哉さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング