タグ:木村拓哉の記事一覧

タグ:木村拓哉
ママ友暴露!工藤静香は毒母だった!長女心美よりも次女Kokiを優先していた過去

[スポンサーリンク]

 

次女・光希さんはKoki,としてモデルデビューし、長女・心美さんはフルートで実質的に高校生No.1に輝いたと報じられ、才色兼備の娘に囲まれ幸せそうな木村拓哉さん・工藤静香さん夫婦ですが、実は工藤さんが毒母だったというママ友の証言が報じられています。

 

 

 

 

 

キムタク長女・心美がフルート高校生No.1へ

 

女性セブンによると、木村拓哉さんと工藤静香さんの長女・心美さんが、第73回全日本学生音楽コンクール東京大会予選に出場しフルート部門の高校の部を勝ち抜き東京大会本選への出場を決めたとか。

 

このコンクールより前に行われた『日本奏楽コンクール』の管楽器部門高校の部で1位、全部門全年齢から選出されるグランプリは該当なしだったものの、心美さんは準グランプリに輝き、実質的に1位だったとも報じられています。

 

心美さんは将来はフルート奏者を目指していると言われていますが、来年春には通学する音大付属の高校も卒業予定ですし、その後どうしていくのか気になりますね。

 

 

◆キムタク家で作ったこの画像、じわじわくる…

吹き出し注意!→ geinou ranking geinou reading

吹き出し注意!→ geinou reading geinou ranking

 

工藤静香が毒母であるという証言

 

[スポンサーリンク]

 

そんな明るい未来しか見えないキムタク家ですが、近所に住む同年代の子を持つ母が次のような証言をしています。

 

[以下引用]

「工藤さんは子供の頃から下のお嬢さん(コウキ)に付きっきりでしたね。公園の砂場は子供の聖域というか、ママたちは外で見守るのが暗黙のルールなんですけど、ツバの広い女優帽に股上の浅いローライズのデニム姿で、砂場でお嬢さんと遊んでいたのを覚えています。上のお嬢さんはどちらかというと、ひとりで黙々と遊ぶタイプで、姉妹で遊んでいた記憶はないですね。ママ同士で会話をしたくないから、工藤さんはわざと子供の中に入っていったのかなと思っていましたが、最近もお変わりない様子なので、お嬢さんに対してご自分の分身という気持ちが強いのかもしれませんね」

 

工藤は娘を有名にさせたい“ステージママ”というよりも、子供に依存しがちな母子密着タイプなのかも。いい加減に子離れしないと、このまま「毒母」一直線だが。

[ゲンダイネット]

 

股上の浅いローライズで砂場って、なんか砂場向きじゃないような…

 

この証言をそのまま受け止めると、工藤さんは昔から次女ばかり気にかけ長女は放置していたかのようです。

 

が、ここにあるように、長女はひとりで黙々と遊ぶタイプだったということなのでなんとも…自立心旺盛なタイプもいますから。

 

 

工藤静香と長女の関係は?

 

[スポンサーリンク]

 

こちらは今回の長女のコンクールの記事の写真で、左が工藤さん、右が心美さんですけど、ふつうに仲良さそうです。

 

 

 

 

ちなみに木村さん似だと言われるKoki,さんに対し、心美さんは工藤さん似だとのこと。

 

昔流出していた心美さんの幼少期の写真は、確かに工藤さん似でした。

 

二人の娘への愛情に偏りがあるかはわからないまでも、相当可愛がってる印象はありますし、依存はしてるんじゃないかとは思います。

 

ただでさえ自分の子どもはかわいいでしょうに、もともとアイドルで自己顕示欲は人一倍あるのにキムタクの妻ということでずっと目立たないことを強要されてきた中で、夫・キムタクは多忙だったでしょうから、気持ちは娘たちに向かうかなと。

 

で、目の上のたんこぶだった飯島マネージャーが退社し押さえつけられることもなくなり、娘たちが大きくなり、また注目を集めるチャンスですからね。

 

SNSを始めてなにか投稿すればすぐ話題になりますし、工藤さんは今、楽しいだろうなと思います。

 

◆あれ?koki,の顔が違う…?

まあ、2015年ですが。→ geinou ranking geinou reading

まあ、2015年ですが。→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※工藤静香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

キムタクのワガママ大爆発!波留と福士蒼汰が大迷惑で…ショボーン

[スポンサーリンク]

 

10月から始まる木村拓哉さん主演のTBS日曜劇場『グランメゾン東京』が、なんだか大変なことになっているといいます。

 

 



 

今作でキムタクが演じるのは、フランス料理の天才シェフ。

 

産地偽装を見抜けずに料理界から追放されてしまうも、再び世界最高の3つ星レストランを目指して奮闘するという内容だそうで、主役級をズラリと並べた豪華共演陣やフランスでの現地ロケなど、とにかく「スケールがデカイ」ことだけは伝えられてきました。

 

[以下引用]

「一部報道によれば、木村のこだわりによって、都内の3つ星レストランでの撮影の予定がフランスの3つ星店に変更されることとなったようです。結果、出演者はフランスまでファーストクラスで移動、数十人のスタッフの宿泊費、1話100万円の食材費など、ドラマの制作費は当初の予算を大きくオーバーし、1話あたり約1億円もかかってしまうことになった。となると、視聴率は15%以上取れない元が取れない計算になる。2桁は行くと予想されていましたが、木村はみずからハードルを上げた格好です」(テレビ誌ライター)

 

このままでは大きな赤字が予想されるとあって、その分は他のドラマへしわ寄せがくるのは当然の流れだろう。

 

「前クールの『ノーサイド・ゲーム』もロケや観客エキストラに金がかかり、予算オーバー。それでいて、来年4月期には堺雅人主演の『半沢直樹』続編も予定されており、こちらはかなりの宣伝費が投入されることになりそう。となると、 今期放送の波留主演の『G線上のあなた』、福士蒼汰主演の『4分間のマリーゴールド』あたりは制作費や宣伝費が大幅に削られることになるでしょう。波留は『サバイバル・ウェディング』(日本テレビ系)が全話平均視聴率8.8%、福士は『Heaven? ~ご苦楽レストラン~』(TBS系)は同じく8.6%と、共に前作の連ドラが爆死しているため、なんとしても挽回したいところでしょうが…」(前同)

 

波留や福士は木村の制作費使い過ぎに、「ちょ、ちょ待てよ!」と言いたかったことだろう。

[日刊サイゾー]

 

この記事を書いた方、最後の一言を書いた直後にはさぞかし満足感に浸りきっていたことでしょうね。。

 

ただまあ、キムタクドラマにお金が掛かるのは今に始まったことではないです。

 

全話で10億円という大作映画級の予算が必要になったとしても、平均視聴率15%で元が取れるならまったく問題ないのでは?

 

2017年1月期に放送された「A LIFE」は最終話16.0%、全話平均14.6%の成績を収め、民放連ドラの年間ランキングで4位となりました。

 

また、2018年1月期に放送された「BG」も、最終話17.3%、全話平均15.2%で同3位という好成績を残しています。

 

ついでに書いとくと、2015年4月期の「アイムホーム」も最終話19.0%、全話平均14.8%で、こちらも民放連ドラ年間3位

 

ここまで安定して視聴率を取っているのは、キムタク以外に米倉涼子さんと池井戸ドラマくらいのもの。

 

”キムタクドラマ”というブランドが、今でも「視聴率15%前後の数字を持っている」ことは明らかで、あとはドラマが面白くさえあれば20%超えも十分狙えるはず。

 

ボールは制作側が握っていて、自分たちの努力次第で大ヒットも可能となれば、制作費が1話1億円だろうが、採算ラインが15%だろうが、そんなことは問題にならないでしょう。

 

ということで、蓋を空けてみたら二桁ギリギリとか、そんな状況になったらTBSの責任ですから、視聴率の帝王・キムタク様に

 

「ちょ、待てよ!!話が違うだろ!!」

 

なんて言われないよう、頑張って欲しいところです。

 

◆キムタクドラマに元SMAP陣営がまさかの応援射撃!

 タイミング良すぎ→ geinou reading geinou ranking

 タイミング良すぎ→ geinou ranking geinou reading

 

※料理の腕前にもご注目!



 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※ノリノリ木村拓哉さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング 

工藤静香が大出世!木村拓哉以上の存在感で芸能界のフィクサー候補という噂

[スポンサーリンク]

 

2016年のSMAP解散騒動以降、何かと騒動が勃発し弱体化が言われるジャニーズ事務所。

 

2021年の嵐の活動休止を前に、今年はジャニーズ興隆の礎を築いたジャニー喜多川氏が亡くなり、元SMAPへの圧力を公取委に注意されるなどさらにごたついている印象がありますが、そんな中、キーマンと目されているのが、木村拓哉さんの妻・工藤静香さんだとフライデーが報じています。

 

※売れては、ない

 

 

SMAP解散騒動で(ジャニーズ的に)株を上げた工藤静香

 

木村さんと結婚して以来、工藤さんは元マネージャーの飯島女史の指示の下、基本的に芸能活動を控え、話題になるのは年に一度の二科展入賞時、という日常が繰り返されていました。

 

そんな工藤さんの存在感が増したのはSMAP解散騒動のとき。

 

当初一緒に事務所を出る予定だった木村さんを、家族がいるのに今後のことを考えて、と引き止めたと報じられています。

 

工藤静香が出しゃばったから…SMAPが壊れたきっかけであり解散の原因は木村拓哉の家族優先の姿勢だった

 

SMAP解散の原因とされた木村さんには、それまで国民的な人気があると思われていたのがウソのように逆風が吹きましたが、そんなとき直撃したフライデーに対して「木村静香として私は彼のプライベートの一部」「お金より人を取った私達がなんで非難されなきゃいけないの!」とぶっ放しました。

 

ルールを無視した工藤静香。中居正広ら4人はお金、木村拓哉は人をとったと主張。

 

人を取ったと言っても、工藤さんたちが優先したのは、10代の頃から一緒に仕事し苦楽をともにしたメンバーやマネージャーではなく、そのメンバーやマネージャーをマスコミの前で「踊れないからうちの子と共演させられない」とけなしたメリー副社長なんですけどね。

 クビ宣告も!メリー喜多川が飯島三智をボロクソに恫喝!

 

「ルールを無視したー」という記事のリンク先には当時作成したアンケートがありますが、短い投票期間にも関わらず、「余計なことを言って、キムタクの立場をさらに悪くした」という工藤さんに対する非難の声が1600票を超えるなど、工藤さんの発言に対しては圧倒的に疑問の声が多いものでした。

 

それでも木村さんがジャニーズ事務所にとどまったというのはメリーさんにとって非常に喜ぶべきことだったよう。

 

[以下引用]

「そりゃあ、天下分け目の一大決戦でしたからね。下野した飯島女史はジャニーズを辞め、一度は芸能界を離れました。あの時、SMAPがごっそり抜けていたら、ジャニーズ事務所も今ごろどうなっていたかわからない。それほど木村の残留交渉は勝負の際でした。株を上げたのは静香で、メリーさんは『一生面倒みる』と宣言していたそうです」(同・芸能プロ関係者)

[フライデー]

 

だからこそ、その後始まった工藤さんのインスタでの暴走を止める人がいなくなったんでしょうね…

 

 

[スポンサーリンク]

 

工藤静香に期待される調整力

 

[以下引用]

静香はメリーさんの信任も厚い上に、他事務所の社長とも堂々やりとりできる存在だ。解散騒動ではメリーさんと話す一方で、芸能界の重鎮と善後策を協議。テレビ局関係者によると、

 

頭の回転が早く、バランス感覚に優れている。“姐さん”的な度胸もある。木村さんも『妻の言うことに従っていれば間違いない』と全幅の信頼を寄せている」

 

という。今後、ジャニーズ事務所が他勢力から切り崩し工作を受けた場合、静香の人脈と調整力が生きてくることは間違いなさそうだ。

[フライデー]

 

「頭の回転が早く、バランス感覚に優れている」というのは、とりあえずの力の強い方を見極める、ということなんでしょう。

 

正直この先もジャニーズが同じ力を持っているかはわかりませんし、テレビを見ない人が増えている中、本人の満足度も含めて何を成功とするかのモノサシは変わっていきます。

 

一方で、あれだけの人気を誇りながら実は木村さんは自己評価が低く、妻・工藤さんに依存しているというのはSMAP解散騒動のころから言われていました。

 

 

木村拓哉、剥がれ落ちるメッキ…SMAPメンバーに対する劣等感、工藤静香への過度の依存、ネガティブなその本質

 

え、まさかと思う反面、だからこそ木村さんは結婚以降浮いた噂一つなくいるのかなと納得する部分もあったりして。

 

◆元アイドルの面影なし!工藤静香のこの姿に

世間が震撼 → geinou ranking geinou reading

世間が震撼→ geinou reading geinou ranking

 

ただ、工藤さんにどんな調整力があるというのでしょう。

 

以前はプロダクション尾木という大きな事務所に所属していましたが、独立して何年も経ちます。

 

昔は秋元康さんプロデュースの「おニャン子クラブ」で人気がありソロ歌手としても成功し、多くのジャニーズタレントや的場浩司さん、X-JapanのYoshikiさんなどと交際の過去があったといいますが、木村さんと結婚する前にはすでに過去の人だったような記憶があります。

 

表舞台に出なくなったのも、木村さんと結婚したことが理由なのか需要がなくなったからなのかも微妙な感じ。

 

なのになぜそんなに大物扱いをされるのか?謎…

 

 

工藤静香の今後の野望はキムタクプロデュース

 

[スポンサーリンク]

 

そんな工藤さんですが、SMAPが解散した直後の2017年1月より、歌手デビュー30周年を記念しインスタを開設、木村さんがバラエティで発言したことにかぶせるように家庭を匂わせる発信をしてバッシングされたり、ものすごい独創的な料理を披露して話題になり、すっかりネットニュースの常連になりました。

 

[以下引用]

「静香さんはトップスターである木村さんと結婚したことで、自身の芸能活動を制限してきた。そんな中、現在はインスタグラムを頻繁に更新し、ステージママとして娘のKōki,さんを売り出すことに成功。“これがやりたかったのか”と思うのと同時に、そうした環境を作り上げるために、ジャニーズ側についたのかと思ってしまう部分もありますね」(同・テレビ局関係者)

 

最近では木村のソロデビューの話も一部女性誌で報じられた。ここでも後押しするのは、妻の静香だ。

 

娘のプロデュースだけでは物足りず、最近は夫のブランディングにまで口を挟むようになってきたそうです。飯島さんプロデュースで稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の3人が『新しい地図』として再デビューしたのを見て、“負けず嫌い”に火が点いたのかもしれません。静香さんも飯島さんと過去、相当やり合っているそうですからね。木村さんがソロでCDデビューするのか、それとも別の誰かとユニットを組むのか。どちらにせよ、飯島陣営をライバル視していることだけは間違いありません」(前出・スポーツ紙記者)

[フライデー]

 

Koki,さんの売出しに成功…しましたかね?

 

高下駄履かされてムリして10代らしさもKoki,さんらしさもなく「大活躍」してる感じはありますが。

 

同じセンスで木村さんをプロデュースしても…?

 

ジャニーズはあれだけネットでの画像使用に慎重だったのに、木村さんは昨年ネット動画デビューもしていて、たしかに稲垣さん、草なぎさん、香取さんの後を追っている印象もあります。

 木村拓哉が「新しい地図」への対抗心顕に新しい挑戦

 

少しずつ世間はあの解散直後の木村さんの印象を忘れてはいますが、決して元には戻らないイメージもあります。

 

そこにさらに工藤さんの気配が濃くなったら…

 

先日発表された「抱かれたくないジャニーズ」ランキング上位に木村さんがランクインしましたが、それも工藤さんの印象が影響していました。

 

まあ、木村さんはそれを選んだわけですから、良いといえば良い気も…

 

◆Koki,の足は伸び縮み自在!

真の姿はコレ → geinou ranking geinou reading

真の姿はコレ→ geinou reading geinou ranking

 

※この頃の好感度はもうない

[Amazon]

 

※最近料理ネタがない工藤静香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

木村拓哉のドラマにパクリ疑惑浮上の不名誉!TBS日曜劇場も限界か

[スポンサーリンク]

 

木村拓哉さんが今年10月クールで日曜劇場に主演することが正式に発表されました。

 

随分前から噂のあったとおり天才シェフ役ということですが、そのドラマの役にもストーリーにも早くも文句がついているようで…

 

 

※悪人役に挑戦!と言われましたが、これも結局は「かっこいいキムタク」

 

 

ワンパターンなキムタクドラマ

 

今回のドラマはまだタイトル未定となっていますが、ストーリーは次のとおりです。

 

[以下引用]

今回木村が演じるのは、フランス料理のシェフ。料理に人生をかけ、その天賦の才能でパリに自分の店を持ち、二つ星を獲得する。カリスマシェフともてはやされ自信が慢心に変わる一方で、どうしても三つ星に手が届かず、プレッシャーに苦しみ、壁にぶつかる。そんな時、店である重大事件が起こり、店も仲間も全て失ってしまう…。どん底まで落ちた彼だったが、ある女性シェフと出会い、もう一度シェフとして生き直そうと決意。世界最高の三つ星レストランを作り上げることを目標とする。そのために最高のスタッフを集めようとするが、かつての仲間に拒絶されたり、新しい才能の持ち主を見つけてもうまくいかなかったり…空回りし衝突しながらも、再起することを諦めない。他人に無理難題を突きつけ振り回しつつ自分もそれ以上を目指す、そんな彼の姿を見て、周囲の人々の態度も少しずつ変わっていく。果たして彼は三つ星レストランの称号を得ることが出来るのか? 木村はプロ級の料理の腕前を持つことでも知られる。そのこだわりにも注目だ。

[TBS公式サイトより]

 

天賦の才能を持つ、自信が慢心へ、プレッシャーに苦しむ、重大事件で全てを失うも、這い上がる。

 

キムタク、似たようなのやってない?と言われても仕方ないかも。

 

職種は違えどなんでもかんでも「天才」ばかりですからね。

 

加えて「ヒロインが決まらない」というワンパターンなネタが報じられて、ああキムタクのドラマが始まるんだなという感じです。

 

ただまあ、今クールの福山雅治さんのドラマ『集団左遷』を観てると、それまでかっこいい役しかやってこなかった人が突然泥臭い役をやっても違和感しかないんだなとしみじみ思います。

 

 

キムタクドラマもなんだかんだ言って注目されており、SMAP解散後イメージ最悪になったあとに放送されたドラマ『A LIFE~愛しき人~』『BG~身辺警護人~』の最終回の平均視聴率はそれぞれ16.0%と17.3%で、テレビ全体が視聴率の下がる中、ちゃんと結果を出しています。

 

いつまで可能なのかわかりませんが、もうこれで良いんじゃないでしょうか。

 

※たまには褒めて!

 

 

浮上したパクリ疑惑

 

基本ワンパターンだった今回のキムタクドラマがいつもと違う点が一つ。

 

それはパクリ疑惑が浮上したことです。

 

 

[以下引用]

「プロットを見る限り、2015に公開されたブラッドリー・クーパー主演の映画『二ツ星の料理人』と瓜二つ。同映画は、パリの一流フレンチレストランの二ツ星シェフが、スキャンダルを起こし逃亡。しかし3年後、ロンドンで『三ツ星をとって世界一になる』と誓い、ヘッドハンティングした女性料理人などと奮闘する物語。木村のドラマも初回放送用にパリでロケを行うようですし、原案にしているか、リメイクとしか思えない。しかし、TBSのPR資料には、どこにもクレジットが見当たりません……」(同)

[サイゾー]

 

こちらがその元とされる映画です。

 

※2015年公開

[Amazon]

 

 

 

あらすじを見れば、若干違うのは、人物的に「人間として欠点だらけ」というところで、大筋はそっくりです。

 

キムタクが天才シェフ役というのはもう1年ほど前から報じられており、企画に時間がなかった、ということもないと思うのですが…

 

日曜劇場で長瀬智也さん主演で韓国ドラマのリメイクをしたときはきちんと明示してるのに、なぜ今回は出さなかったんでしょうね。

 

リメイクと明示していればともかく、それがなく酷似してるだけだとパクリと言われてしまいます。

 

こういうパクリって、よくフジテレビのドラマがやっていたイメージですが、まさかTBSの日曜劇場であるとは。

 「家族のうた」は「パパはニュースキャスター」のパクリ!

 「僕のヤバイ妻」は「ゴーン・ガール」のパクリ

 

日曜劇場のイメージもキムタクのイメージも落ちてしまいます。

 

好調だった日曜劇場も、いろいろと限界なのでしょうか。

 

本当にそっくりかは放送されてから判明すると思いますが、さてどうでしょう。

 

◆キムタクの言動がファンを微妙な気持ちに…

これってどうなの?→ geinou ranking geinou reading

これってどうなの?→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※工藤静香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング