パンくずリスト
  • ホーム
  • 木下優樹菜
タグ:木下優樹菜

 

現在ユーチューバーとして活躍する木下優樹菜さんが、一般人となったきっかけの一つである「タピオカ騒動」について語り、「事務所総出」発言に後悔はないとコメントしたことが話題になっています。

 

※タピオカ、おいしかったけど終わりましたね。

 

 

[以下引用]

事の発端は、木下さんの姉が勤めていたタピオカ店とのトラブルから。木下さんは「事務所総出でやりますね」といった恫喝とも取れるDMを送り、相手側は精神的苦痛を受けたとして1000万円の損害賠償を求めて提訴。昨年10月、東京地裁は「脅迫行為に当たる」と認め、40万円の支払いを命じた。

 

この件について「やっぱり、あのDMは後悔しているんですか?」と質問されると、木下さんは「後悔してるかしてないかって言ったら、やっぱお姉ちゃんのために…お姉ちゃんを、どうにかしたかったっていう意味では後悔してない」と回答。

 

「ただ、あのとき530万人以上いたインスタグラムの中でやることではなかった。ファンとの距離も、めっちゃ近くでやってたところがあって。そこで麻痺している部分があって、混合してDMを送っちゃって。そこは反省点」と語っていた。

[スポニチ]

 

 

これは驚きました。

 

この木下さんの主張だと、裁判で脅迫と認定された「事務所総出」発言は後悔していないということで、それをインスタでやったことはまずかったな、つまり、もっと隠れてやればよかったなと、そういうことですよね。

 

木下優樹菜が恫喝!姉のタピオカ店オーナーの裏切りを暴露も反撃を食らう

 

裁判が結審した後、木下さんはYouTubeで

 

「今回、自分のしてしまったことが、脅迫という結果になり、それを真摯に受けとめています。本当に嫌な思いをさせてしまった相手の方、不快な気持ちにさせてしまった皆さん、本当に申し訳ございませんでした」

 

と、まあ反省という言葉は使っていませんが、あの発言がまずかったとわかったかのようなコメントをしていたんですけどね。

 

姉を守るため、というのも、どちらに正義があったのか、当事者同士でないとわからない点もありますが、明らかに姉がおかしい部分もあったわけで。

 

被害者を関東連合と関係と中傷した姉と夫・フジモンを離婚原因にしようとする妹・木下優樹菜

 

事実確認を怠りあんな発言をして、後悔がないってひどい。

 

あの騒動で、相手方は木下さんからのDMで恐ろしい思いをしただけでなく、木下さんがインスタでお店を悪く言ったため、木下さんのファンがお店に嫌がらせをするという事態にもなったのに。

 

あの騒動自体を後悔していないんだとしたら、今後も同じようなことをする可能性が高いのでは。

 

そもそも木下さんは何度もSNSで一般人とケンカしており、どこかに反省があれば、ああいう事態にはならなかったんでしょうけどね。

 

一般人となったからといって、反省なくあの調子で生きていけばそのうち同じような衝突がおきるのではないでしょうか。

 

◆これもおバカ演技だったというなら

脱帽です→ geinou ranking geinou reading

脱帽です→ geinou reading geinou ranking

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※木下優樹菜さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

カテゴリー

 

物議を醸した木下優樹菜さんのADHD告白でしたが、その診断方法に専門家から疑問の声が出てるようです。

 

 

 

 

[以下引用]

木下さんは動画のなかで<なんで優樹菜はそうだ(ADHD)って分かったかっていうと、ブレインクリニックというクリニックに行ったんですよ。脳の周波を調べに、ちゃんと自分を知ろうと思って>と発言し、自身の脳を表したものだという資料を示してこう続けている。

 

<普通の34歳の女性はこれ、私はこれ。ぱっと見ですぐわかるでしょ。なんか全然違わない?脳の中が混線、こんがらがっちゃってんの。で、前頭葉ってところが働いてないの。この前の水色。で、急にこの赤くなってるところ(後頭部のやや右)、すっごい発揮しちゃってるんだって。もう先生の書き方もすごいから。思考回路・伝達グルグル・脳疲労。常にずっと何かを考えている状態。>

 

この動画は大きな反響を呼び、公開から2週間たった8日現在で44万回以上再生されている。著名人がADHDを明かしたことで理解促進につながるという声の一方、過去の騒動を指して「障害を免罪符にするな」との批判もあった。そして同様に注目を集めたのが、「脳の周波を検査した(ことでADHDがわかった)」とする発言だ。

 

記者自身、木下さんの動画を見て率直に驚いた。

 

過去にADHDの診断を受けている知人からは、複数回の診察や心理検査を受け、家族への聞き取りまであったと聞いていた。初診から診断まで2カ月ほどかかったという。それが脳波を見ればわかるようになったのだとすれば、医学の大きな進歩だ。 

 

だが、真偽を確かめようと複数の精神科医や脳科学の研究者に話を聞くと、皆一様にそれを否定した――。

[AERA.dot]

 

 

これは非常に興味深い話なので、続きはリンクのAERA.dotをお勧めします。

 

木下さんが訴えた「昔から物をよくなくし、なんでも忘れてしまう、スケジュール管理ができない」という症状自体は発達障害の典型的なものではあるそう。

 

しかしその診断方法については、2人の医師が実名で次のように否定しています。

 

[以下引用]

「発達障害の診断は『DSM-5』というアメリカ精神医学会の基準に当てはまるかどうかで判断します。ADHDの場合、不注意と多動性・衝動性それぞれに9つの症候が示され、そのどちらかで少なくとも6つ以上に当てはまらなければ診断できません。『12歳前までに症状がみられる』などの要件もある。だから本人への問診はもちろん、家族への聞き取りや通信簿など過去の記録を集めることになる。脳波の研究が進んでいるのは事実ですが、あくまで研究段階で、実際の現場で発達障害の診断に脳波検査を用いることはありません」(精神科専門医で、早稲田メンタルクリニック院長の益田裕介医師)

 

中略

 

「木下さんが受けたとされるのはQEEG(定量的脳波検査)という、通常の脳波を図面上に落として色付けするもので、特別な検査ではありません。また、脳波検査で発達障害の診断ができるということは世界中どこの診断ガイドラインにも書いていません。例えば木下さんは動画で前頭葉の働きが弱いと言っていますが、前頭葉の機能が弱くなる原因はいくらでも考えられます」(昭和大学客員教授なども兼務するハートクリニック横浜院院長の柏淳医師)

[AERA.dot]

 

診断方法も問題なら治療方法も問題で、木下さんが訪れたブレインクリニックの公式サイトでは、発達障害の治療としてrTMS治療(経頭蓋磁気刺激)を提唱しているそう。

 

しかしこのrTMSは現在、難治性のうつ病でのみ保険適応されている治療法で、発達障害の症状が改善されるというエビデンスがないにもかかわらず、高額な自由診療としてこれを勧めるクリニックが存在する、という問題提起が医師によりなされています。

 

現時点では

 

「脳波を使った検査やrTMSによる発達障害治療は研究こそ進んでいますが、今の段階ではがんの民間療法のようなもの」

 

というのが公平な見解のよう。

 

AERA.dotは診察をしたブレインクリニックにも取材しており、その回答は素人が読む限り虹色で、木下さんが医師に説明されたことを動画で100%再現したとも思えず、病院でほかにもいろいろ検査をされていたのを話していなかったり、「ADHDの可能性があるかも」と言われたのを「ADHDです」と言ってる可能性もあり、クリニック自体がどうなのかは判断が難しいところです。

 

が、私もこのブレインクリニックの記事を他にもいくつか読みましたが、ビミョー。。

 

このところADHDやらなにやら病名が増え、精神的な不調を感じる人が増えている印象がありますが、不調はそれを感じる本人にしかわからないため、気のせいで済まされたり言い訳や怠けのように言われたり、でも病院に行ってもよくわからない、という人もいて、余計に辛い人もいると思います。

 

そこでそんなグレーゾーンの人に朗報、という感じでQEEG検査で客観的な診断ができる、と言ってるのですが・・

 

実際診断がつくことで気が楽になったり治療に入れる人もいるんだと思うのですが、それが「脳波を使った検査やrTMSによる発達障害治療は研究こそ進んでいますが、今の段階ではがんの民間療法のようなもの」と言われる自由診療なのが気になります。

 

どうやら80万円らしく、通わせている親の、子どもが少しでも楽になる可能性があるならば、という声を見ると、本当に弱いところを突いてるなと思います。不調を感じてる本人も、藁をもつかむ思いで通うのかもしれません。

 

現在は前衛的な医療を進める革新派と旧態依然とした保守派が闘っているところなのかもしれないですが、そんな中、木下さんが「脳波でADHDの診断をした」と発信したことは、まるで広告塔になったような感じです。

 

なかなか罪深いことをしたのではないでしょうか。

 

患者サイドにとったら「これでシロクロつく!」と喜んだのに、実は世界中でどこも認めていない診断だった、ということですし、病院にとっても、脳波だけで診断したわけじゃないのに…と思ってるかもしれません。

 

◆これもADHDのせいにしたいのかな?

木下優樹菜非常識行動の一つ→ geinou ranking geinou reading

木下優樹菜非常識行動の一つ→ geinou reading geinou ranking

 

※そろそろ美白対策を

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※木下優樹菜さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

カテゴリー

 

田村淳さんの番組「セカンドチャンス」への出演を断った木下優樹菜さんの間で生まれたバトルが泥沼化しつつあるようです。

 

 

 

そもそものバトルの始まりは、7月14日の生配信で田村さんが木下さんに仕事を断られたと暴露したことでした。

 

[以下引用]
「田村は、逮捕歴のある俳優・高知東生や、元アイドルグループ・EE JUMPの後藤祐樹らを出演させて『セカンドチャンス』というYouTubeの番組を企画。そこにタピオカ騒動で芸能界引退に追い込まれた木下も誘ったところ、一度は出演を承諾していたにもかかわらず、他のメンツを聞いて断ってきたと明かしたのです」(スポーツ紙記者)


翌15日には木下が反論。当初は「たき火をしながら対談する企画」だと聞かされていたため、オファーを受けようと思っていたが、その後に企画が「セカンドチャンス」を主題としたものに変更されたと主張した。

 

「木下は、自分は『刑務所に入るようなことはしていない』と憤り、〝セカンドチャンス〟という企画タイトルなら『コンセプトに合わない』との判断で断った。そうした経緯があるのに、一方的に生配信で悪者扱いされたと怒っていたわけです」(同・記者)


ところが、今度は田村が21日の生配信で再反論。交渉はスタッフが間に入っていたとした上で、「仕事を断ったから怒ってるんじゃない」と説明。木下が自身のブランディングを重視していることにも理解を示したが、〝断り方〟が失礼だと怒りを滲ませたのだ。

 

田村が言うには、高知や後藤の名前を聞いた木下サイドが、「その並びなら次は〇〇じゃね?」などと言ってきたそうだ。その〇〇は、ある女優の名前だったと明かし、こう続ける。

 

※この二人を連想しました。

[Amazon]


「これで僕は、すごく怒ったんです。この女優さんにも失礼だし、高知さんにも後藤佑樹くんにも失礼だなと思って。だから僕は『人を見てるんだな、嫌だな』って判断に至ったんです」

[週刊実話]

 

まさに泥沼。

 

ですが、別に視聴者はここまで知りたくないのでは?

 

実話が集めた「ネットの声」はこんな感じです。

 

《そもそも仕事をキャンセルされたからといって、腹いせにそのことを世間に公開し、相手のことを暴露するのは、マナー違反。ビジネスの世界では、一晩で信用を失う》


《お互いさ、じかに話してないならどっちも勝手な推測でしかないじゃない。私は木下さん好きじゃないけど、でもこれははじめに発信した淳さんが悪いと思う》


《これは田村の方が上から目線で干されてる木下使って番組やろうとしたのに断られて怒ってるだけだと思う。木下べつに好きでもないけど断ってもいいと思う。今現在業界で圧倒的な力の差がある田村がやる事じゃないと思う》


《淳の企画なら、いったん落ちたタレントにとって「藁をもつかむ」思いだと決めつけて、上から目線で語っているのね。なんかこう、「せっかく救ってやろうと思ったのに」という恩着せがましさが露骨でとっても不快だわ。ちょっとしたハラスメントよね》


《田村淳は自分は正しい事をしてます感が強く、それが万人受けしないことをもう少し理解して欲しい》


《経緯はわかりませんが、企画する側に「やらかした人を面白がろう」というマウントめいた雰囲気はあるだろと思いますね》


《田村淳さんは、数年前に自分のBS冠番組で、薬物逮捕歴のある人=シャブ歴のある人と、しゃぶしゃぶを食べながら当時や今の話を聞くという企画をやっていた。また大麻歴のある人とその知識を試す、クイズ大麻ショックもあった。シャブトークは多少マジメな回顧企画でしたが、大麻ショックはふざけた企画でしたね。今回のセカンドチャンスも、それに近いものだと思いますが、田村淳さんも過去のそういう企画を見る限り、ご自身は色々誤解されるのだと多少織り込んでおくのがいいのかなと》

 

 

ちょっと田村さんに風向きが悪い感じです。

 

個人的には、脅迫を理由に損害賠償請求されて裁判所がそれを認めたわけですから、木下さんは逮捕拘留されたわけではなくても民事的に「有罪」で、「その並び」だと思います。

 

ちなみに「セカンドチャンス」3人目、4人目のゲストはそれぞれ不倫が報じられた乙武洋匡さんと天竺鼠の瀬下さんなので、やっぱり木下さんが出ても違和感は感じません。

 

「書いたら生涯出禁」!木下優樹菜の不倫相手がヤバい。ただしEXILE系ではない

 

が、来た仕事を全部受けなきゃいけない理由もないので、断ったのは別にいいですよね。

 

田村さんも断ったこと自体はいい、としての再反論でした。

 

引用記事にない田村さんの言い分としては、その女優さんの名前を出して断った他、「優樹菜が出たら自虐じゃね?」という言葉もあったとかで、「セカンドチャンス」の動画を送っていたけど見ていないんじゃないか、僕が犯罪を犯した人をイジるコーナーじゃないの知らないんじゃないか、とも感じたと。

 

となると、よく理解もせずに断りやがってみたいな気持ちにもなるかなというのもわかるのですが、やっぱりわざわざ発信しなくてもよかったのでは。

 

ただ、田村さんはすべて計算なのかもしれません。

 

既にこうやって話題になっていますし、最初に木下さんに仕事を断られたという話を明かしたときは、もう二度と話したくない、というスタンスだったのに、今は「もし木下さんが話す気持ちがあれば(自分も応じるつもりがある)。セカンドチャンスの精神に立ち返って」とラブコールを送っています。

 

スルーされても田村さんは痛くも痒くもない一方で、万が一出ればそれなりに話題になるでしょうし。

 

まあ、それで靡くような木下さんじゃないとは思いますが、はてさて。

 

◆木下優樹菜、これもおバカ演技だったというなら

脱帽です→ geinou ranking geinou reading

脱帽です→ geinou reading geinou ranking

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※木下優樹菜さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

木下優樹菜さんが芸能界の裏事情を暴露して少し話題になっています。

 

 

 

 

[以下引用]

ライブ配信で視聴者からの投稿に答えていく企画。その中で「芸能界の暴露をお願いします」というコメントが届くと、木下さんは「そっち系でやってるタイプじゃないからね…言えねぇわ」と答える。  

 

それでも、ひねり出したものは「おバカを売りにしてた人ほど、めちゃくちゃ頭がいい」と一言。「ごめん、やっぱりそういうのは言いたくないかな」と、話していた。  

 

木下さんは5月、YouTube「街録ch~あなたの人生、教えて下さい~」に出演。そのときに「クイズの答えがわかっても外したときはある?」と聞かれると「あります。求められるし、期待されているのがわかって。他にもクイズ番組に出たときに“この問題わかるんだけど…”っていうことがあって。そのときは外した」と、キャラを演じていたことを告白していた。

[スポニチアネックス]

 

 

残念ながら木下さんは、そっちの「頭がいい」方でもなかったようですね。

 

もしかしたら木下さんはクイズの答えはもう少し答えられたのかもしれませんが、それ以外はちょっともう少し鍛錬が必要かもしれません。

 

期待されてる役割がわかっていて、それをやっていたという意味では「そんなバカじゃない」ということなのでしょう。

 

頭の良さって一つじゃないですからね。

 

モノを知っている、知らない、という意味もあれば、機転が利くとか人付き合いや人としての考え方、本質を見て進めることができる、などなど、他人について「頭がいいなあ」と思う場面は様々です。

 

木下さんが言うように、テレビでおバカなふりをしてる人はいるでしょう。

 

見た目が良く、頭も良く、性格も良いだけでは芸能人は売れないですからね。

 

一緒におバカでやっていた里田まいさんは田中将大さんと結婚後はアスリートを支える見事な食卓を披露しますが、必要以上の発信をしません。

 

実際どんな人なのかわかりませんけど、結果、その方が賢い印象になっていて得してるように思います。

 

一方で木下さんは、過去のSNSでの一般人とのケンカ、タピオカ騒動、いろいろとありますが、自分の不倫を縦読みでバラしてたのもひどかったですね。

 

 

托卵よりも浮気に真実味!木下優樹菜が縦読みで愛を告白していた相手とは[画像]

 

でも、自分の不倫がいくつも暴かれそうになったとき、芸能界を引退して不倫をつつかれないようにしたのは賢かったかも。

 

 

不倫相手の男性グループメンバーって誰?木下優樹菜の「ニセの芸能界引退理由」で疑惑再燃

 

先日は、田村淳さんのYouTubeでの企画「セカンドチャンス」出演を断ったことについてひと悶着ありました。

 

第一回放送が覚せい剤逮捕の高知東生さん、第二回が窃盗で逮捕の後藤祐樹さんで、続いて出演するのは自分のブランディングに合わないということでしたが、木下さんも恫喝で訴えられたわけですからねえ。。

 

世間的には同列だというのを自覚したら、また違う木下さんになれるのかもしれません。

 

◆これもおバカ演技だったというなら

脱帽です→ geinou ranking geinou reading

脱帽です→ geinou reading geinou ranking

 

※頭良くなりたい

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※木下優樹菜さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

カテゴリー