タグ:工藤静香の記事一覧

タグ:工藤静香
「顎だし」って…!工藤静香が恥ずかしい間違いを世界へ発信し話題

[スポンサーリンク]

 

今日も工藤静香さんのお料理が話題になっています。

今回は和食なのですが、その盛り付けセンスと「顎だし」に話題が集まっています。

 

 

※あご出汁。トビウオの出汁。

 

 

[以下引用]

この日、工藤はかぼちゃの煮物、焼き鮭、豆乳スープといった和食中心の料理写真を投稿。色鮮やかな食器が目を引くが、メインはごぼうの炊き込みご飯のようで、「おかわりは、納豆と頂きました。落ちつく~」と報告。続けて「私は梅肉にシソをたっぷりいれて鬼混ぜして食べます!」と納豆、梅肉、しその3種を豪快に混ぜ合わせるこだわりの食べ方を紹介した。 

[日刊大衆]

 

ということで、写真がこちら。

 

 

 

目が行ってしまったのはメインの盛り付け。

 

魚と副菜の位置がどうのよりもあまりに寂しくて。

 

少食なのかと思いきや、炊き込みご飯は2杯め納豆に梅しそを鬼混ぜして食べたそうで。

 

お皿が派手ではありますが、それで補うには和食と合わないこのお皿。

 

北欧のブランドアラビアのパラティッシイエローというもので、派手さ故に特に和食では使い勝手が難しいと言われています。

 

それでもネットを検索すれば和食でも素敵な盛り付けあるんですけどね。そして工藤さんのお父さんは板前さんでした。

 

[Amazon]

 

工藤さんは割と北欧や東欧の食器を多用していて、これが貰い物ではなく自分で選んでるんだとしたらいろいろネットで調べて買ってるんじゃないかと思うんですが、それならそれでもうひと押しがんばれたら一目置かれるんでしょうが…。

 

なぜこれを世界へ発信しようと思ったのか。木村さんやKoki,さんがいくら表でかっこつけていても、家でこれを食べていると思うと親近感がわくというかなんというか。

 

もう一つ話題になっているのが、工藤さんがストーリーで披露していた煮物の作り方です。

 

 

 

顎だし…。何の顎の出汁?

 

あご出汁はトビウオを乾燥させたものからとる出汁で、九州では昔から縁起のいい高級食材として親しまれてきたものです。漢字を当てはめるとしたら飛魚だしであり、顎だしではありません。

 

誤植なら良いですけど、これまで工藤さんは「シーザーサラダ」を「シザーサラダ」、「昼間」を「お昼間」と言っていたことがありますし、木村拓哉さんも「出汁」を「でじる」と連呼していたことを思うと、案外本気で勘違いしている可能性もなくはないですね。

 

ちなみにれんこんの皮が剥かれていませんが、れんこんの皮にはアンチエイジングに有効なポリフェノールが含まれているそうなので、それ狙いなのでしょう。デザートも見た目もよりも栄養重視ですし、それはそれで良いと思います。

 →工藤静香の作るデザートが「・・・」

 

工藤さんは昔から「ぬか漬け作ってる」「子供がお腹空いたらちゃちゃっとうどん打つ」「魚が食べたくなったら釣りに行く」というタイプの人ですから、料理もお皿ももっと滋味あふれる感じでいいと思うんですけどね。

 

そして、名の売れた人が私生活を世界へ発信するなら、よほどのセンスが必要かと思います。

 

◆工藤静香のすごい料理いろいろ

変色したえのきまで…→ geinou ranking geinou reading

変色したえのきまで…→ geinou reading geinou ranking

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※工藤静香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

工藤静香にささやかれる「料理床直置き」疑惑。

工藤静香さんがSNSで日々公開している画像ですが、ありえないものが床に直置きされていると話題になっています。

 

 

※こちら屋久杉。約200万円ですが、木村家なら買えるでしょうに。

 

 

 

今回話題になっているのはこちらの画像です。

 

 

 

 

工藤さんが紹介したいのはブルガリのチョコレートなのでしょうが、注目されているのはこれらが置かれている場所(と萎れたチューリップ)。

 

溝と木の感じを見るに、床にしか思えないんですよね…。

 

工藤さんの床直置き疑惑は初めてではありません。

 

まず確実に床だったのがこちら。

 

 

工藤さんお気に入りのオリーブボードで、工藤さんがインスタで披露する料理の下で出現する率はかなり高いです。

 

数千円から数万円という価格帯に幅のあるものですが、こんな感じで置くモノとの相性関係なしに使うので、いまいち称賛の声はありません。

 

 

 

 

 

 

ちなみにこの木が置かれている石について聞かれたとき、「大理石が気になりますか?(中略)たしかミカゲという大理石です」と答え、御影石と大理石を混同していると話題になったこともありました。

 

工藤さんの日常はたいていこの御影石のキッチンとオリーブボードの上で披露されているのですが、たまにあるのが今回のような床と見紛う場所での日常です。

 

 

 

しかしこれらをすべて床に置いて撮影し、その後テーブルに戻していたんだとしたら結構な手間だと思うのですが…。

 

と思ったら、こんな画像を見つけました。

 

 

 

左下、切れてるので、これはテーブルかも?

 

◆その他、工藤静香伝説の料理の数々

圧巻です→ geinou ranking geinou reading

圧巻です→ geinou reading geinou ranking

 

しかし、今回話題のブルガリチョコレートの「床」とは明らかに違うので、今回のはやっぱり床なのかもしれません。

 

家での過ごし方は人それぞれで、掃除が行き届いていてジベタリアン生活してる人なら「床汚くないよ」と思うのかもしれませんが、足元に食べ物置いて写真って抵抗のある人は多いでしょうね。

 

テーブルなど高いところに並べれば真上から撮るのは大変ですし、斜めから撮ると壁など背景も気になるでしょうが、それがサラッと撮れていないのも、工藤さんのSNSがいまいち垢抜けない印象な理由かもしれません。

 

◆床直置きを隠そうともしなかった料理研究家、いたなあ…

つま先も写ってます→ geinou ranking geinou reading

つま先も写ってます→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※工藤静香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

もはやお楽しみになった工藤静香のネタ料理!今度は青汁ケーキ

工藤静香さんがSNSで披露した青汁ケーキとそのデコレーションがなかなかすごいと話題になっています。

 

 

 

 

[以下引用]

そんな工藤がこの日、「娘の入れた青汁で好き、嫌い、好き、嫌いができそう。3枚目は次女、4枚目は長女。長女のケーキのタイトルは宇宙人。1人で笑っていてちょっと怖い」と娘たちがデコレーションしたケーキについてコメントし、写真も公開した。

 

この投稿を見たファンからは、「青汁入れるなんてさすがですね!」「青汁入りケーキ、健康には良さそうですね」「長女ちゃんのセンス好き!」「仲良し家族最高!楽しさが伝わります」「木村家楽しそう!」などの称賛コメントが寄せられていた。

[デイリーニュースオンライン]

 

 

画像はこちら。

 

 

 

 

次女Koki,さん盛り付け

 

 

 

長女心美さん盛り付け。

 

 

…食べ物で遊ぶなとか言っていたらセンスは育たないのでしょうかね。

 

青汁も「お菓子にどうぞ♪」という粉末もありますし、きっと食べても違和感なく栄養が摂れるのでしょう。

 

ちなみに青汁に含まれるビタミンB1やビオチン・パントテン酸・葉酸などのビタミン類、酵素などの栄養素は熱に弱く加熱すると壊れてしまうとのこと。

 

工藤さんが使用している粉末の青汁は加熱処理されているものが多いようなので、もともとそのあたりの栄養は重視してないのかもしれませんね。

 

それにしても、やっぱり色のセンスが微妙ですね。

 

なぜこの微妙な緑のケーキに青い皿、そしてブルーベリーにチョコレートなのでしょうか。

 

青い皿だとしても、粉砂糖ふっていちご添える、だったらもう少し見栄え良かったかも?

 

チョコレートを溶かすほうが手間がかかってはいるんですけどね。

 

ネットでは工藤さんの料理はもうネタとして楽しまれていますし、今後も楽しみにしています。

 

◆工藤静香の斬新な節分料理。想像の斜め上を行く金棒まで…

まさかの床直置き?→ geinou ranking geinou reading

まさかの床直置き?→ geinou reading geinou ranking

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※工藤静香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

木村拓哉が喋りすぎ!娘の言葉遣いの悪さと執念深さを暴露

結婚以来家族のことを封印してきた木村拓哉さん。

 

長年マネジメントをしていた飯島さんがジャニーズを辞めて以降、妻・工藤静香さんが存在を主張し始め、昨年次女光希さんがKoki,としてモデルデビューしてもできる限りの沈黙を守ってきたはずが、先輩・近藤真彦さんのラジオで娘のとんでもない素顔を明かしています。

 

 

※「まぁ、お母ちゃんの方も結構だもんなぁ~(笑)」by 近藤真彦

 

 

近藤さんのラジオに出演したとき、近藤さんは小学5年生の男子、木村さんは高校1,2年生の女子と、それぞれ子持ちであることもあり、母子の喧嘩について話が流れました。

 

子どものみならず母の存在まで意識するようなその話題をすることも驚きましたが、木村さんが「言葉遣いが半端ない」「お前今タメ口のレベルを超したよねという瞬間がある」「1回、ホントにもう……。あ、もうこれ“あり得ない”と思って」と語った娘と母親の「親子ゲンカ」がそれこそあり得ず…。

 

 

[以下引用]

「(母親が)水回りをやってる時に、その近くでなんかこう、(娘が)学校のことやってて。なんか、何滴か飛んだんじゃないですか。ピチャピチャって。そしたら、『チッ。わざとかけてんじゃんねぇーよ』みたいな感じになって。で、『わざとそんなことするわけないじゃん』『わざとじゃなかったら飛んでくるわけないじゃん』みたいな(言い合いになった)。それを、(自分は)なんかこう台本読みながら、聞いてたんですよ。目は台本なんですけど、耳はもうすげぇ、パラボラアンテナみたいになって。で、『わざとやんなきゃ、こんなかかり方するわけねぇーじゃん』とか、なってきて……」

 

これに耐えきれなくなった木村は、「いい加減にしろ」の意味を込めて台本を「バンッ」とテーブルに置き、台所でコップに水を入れて「“わざと”って、どういうことかやってやろうか、お前!」と、怒りを露わにしたんだそう。すると娘は「そのまま自分のことを睨みつけて、涙目になったままいなくなりました」とのことで、そこから約1カ月間は「ノーコミュニケーション」「一切しゃべらず」と距離ができてしまったんだとか。

 

これを聞いた近藤は、「木村家、ドラマにしたら?」と笑っていたが、近藤の息子も小学校5年と、今後難しい年頃を迎えるだけに、「中学校になったら(近藤の子どもも反抗的に)なるんじゃないですか。絶対だって、DNA入ってますもん」と木村は警告。すると、「それはお前もそうだよ。お前のDNAが入ってるから、『わざとかけたんじゃないか』って話になるんだよ。そうだろ(笑)?」と近藤に指摘されてしまい、「それ、俺ですかね?」と思わずポロリ。「まぁ、お母ちゃんの方も結構だもんなぁ~(笑)」と再び近藤にツッコまれると、今度は「はい(笑)」と返した木村なのだった。

[サイゾーウーマン]

 

 

これ、いくらラジオとはいえ喋りすぎですよねえ。

 

工藤さんと喧嘩したのがKoki,さんなのか姉の心美さんなのかわかりませんが、どちらにせよお子さんのイメージが悪くなります。

 

※再生されるのはKoki,さんのイメージ

[amazon]

 

成長期の子どもなんて小さなことでイライラすることはあるでしょうが、「チッ。わざとかけてんじゃんねぇーよ」って。

 

木村さんが話したからそういう口調になったのかと思いましたが、言葉遣いがひどくて気になったこととして例を上げているので、本当にこんな感じだったんでしょうね。

 

英語、フランス語が話せるトリリンガルということでしたが、なんというか。

 

さらに驚いたのが、それを諌めた木村さんを約1ヶ月無視って。

 

女子なのである時期父親を遠ざける傾向があるのはわかりますが、自分に非があるのに1ヶ月。ちょっと度を超えている気がします。

 

DNAの話をしていますが、Koki,さんが「お昼間」という耳慣れない言葉を使い、工藤さんもその言葉をたびたび使うということで、結局育てている人に似るのは当然ですよね。

 →工藤静香の間違った日本語がKoki,に伝染

 

そして、これを世に発信してしまった木村さん、喋りすぎではないでしょうか。

 

いずれも子どもですし成長過程にはよくあるあることなのかもしれませんが、娘さんはふたりともイメージ回復できる場はなく、Koki,さんなんてミステリアスさをウリにするはずだったのに、こんなキレやすく執念深い一面がある疑惑を父により匂わせられるなんて。

 

また口利いてもらえなくなってるのでは。

 

◆木村心美近影

美人かも→ geinou ranking geinou reading

美人かも→ geinou reading geinou ranking

 

 

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※今日もお料理を大公開!工藤静香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング