タグ:工藤静香の記事一覧

タグ:工藤静香
ママ友暴露!工藤静香は毒母だった!長女心美よりも次女Kokiを優先していた過去

[スポンサーリンク]

 

次女・光希さんはKoki,としてモデルデビューし、長女・心美さんはフルートで実質的に高校生No.1に輝いたと報じられ、才色兼備の娘に囲まれ幸せそうな木村拓哉さん・工藤静香さん夫婦ですが、実は工藤さんが毒母だったというママ友の証言が報じられています。

 

 

 

 

 

キムタク長女・心美がフルート高校生No.1へ

 

女性セブンによると、木村拓哉さんと工藤静香さんの長女・心美さんが、第73回全日本学生音楽コンクール東京大会予選に出場しフルート部門の高校の部を勝ち抜き東京大会本選への出場を決めたとか。

 

このコンクールより前に行われた『日本奏楽コンクール』の管楽器部門高校の部で1位、全部門全年齢から選出されるグランプリは該当なしだったものの、心美さんは準グランプリに輝き、実質的に1位だったとも報じられています。

 

心美さんは将来はフルート奏者を目指していると言われていますが、来年春には通学する音大付属の高校も卒業予定ですし、その後どうしていくのか気になりますね。

 

 

◆キムタク家で作ったこの画像、じわじわくる…

吹き出し注意!→ geinou ranking geinou reading

吹き出し注意!→ geinou reading geinou ranking

 

工藤静香が毒母であるという証言

 

[スポンサーリンク]

 

そんな明るい未来しか見えないキムタク家ですが、近所に住む同年代の子を持つ母が次のような証言をしています。

 

[以下引用]

「工藤さんは子供の頃から下のお嬢さん(コウキ)に付きっきりでしたね。公園の砂場は子供の聖域というか、ママたちは外で見守るのが暗黙のルールなんですけど、ツバの広い女優帽に股上の浅いローライズのデニム姿で、砂場でお嬢さんと遊んでいたのを覚えています。上のお嬢さんはどちらかというと、ひとりで黙々と遊ぶタイプで、姉妹で遊んでいた記憶はないですね。ママ同士で会話をしたくないから、工藤さんはわざと子供の中に入っていったのかなと思っていましたが、最近もお変わりない様子なので、お嬢さんに対してご自分の分身という気持ちが強いのかもしれませんね」

 

工藤は娘を有名にさせたい“ステージママ”というよりも、子供に依存しがちな母子密着タイプなのかも。いい加減に子離れしないと、このまま「毒母」一直線だが。

[ゲンダイネット]

 

股上の浅いローライズで砂場って、なんか砂場向きじゃないような…

 

この証言をそのまま受け止めると、工藤さんは昔から次女ばかり気にかけ長女は放置していたかのようです。

 

が、ここにあるように、長女はひとりで黙々と遊ぶタイプだったということなのでなんとも…自立心旺盛なタイプもいますから。

 

 

工藤静香と長女の関係は?

 

[スポンサーリンク]

 

こちらは今回の長女のコンクールの記事の写真で、左が工藤さん、右が心美さんですけど、ふつうに仲良さそうです。

 

 

 

 

ちなみに木村さん似だと言われるKoki,さんに対し、心美さんは工藤さん似だとのこと。

 

昔流出していた心美さんの幼少期の写真は、確かに工藤さん似でした。

 

二人の娘への愛情に偏りがあるかはわからないまでも、相当可愛がってる印象はありますし、依存はしてるんじゃないかとは思います。

 

ただでさえ自分の子どもはかわいいでしょうに、もともとアイドルで自己顕示欲は人一倍あるのにキムタクの妻ということでずっと目立たないことを強要されてきた中で、夫・キムタクは多忙だったでしょうから、気持ちは娘たちに向かうかなと。

 

で、目の上のたんこぶだった飯島マネージャーが退社し押さえつけられることもなくなり、娘たちが大きくなり、また注目を集めるチャンスですからね。

 

SNSを始めてなにか投稿すればすぐ話題になりますし、工藤さんは今、楽しいだろうなと思います。

 

◆あれ?koki,の顔が違う…?

まあ、2015年ですが。→ geinou ranking geinou reading

まあ、2015年ですが。→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※工藤静香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

工藤静香のクッキーが雑!一方Koki,が「ママそっくり」というも…誰?

[スポンサーリンク]

 

工藤静香さん作のクッキーが雑すぎると話題になっています。

 

一方で娘のKoki,さんは髪型を変えたところ「ママそっくり」と話題に…

 

 

※美味しそう。右上が市松模様

 

 

 

工藤静香作クッキーが謎の模様

 

[以下引用]

そんな工藤だが6日にインスタグラムを更新し、クッキーを手にした自身の写真を披露。左手で四角いクッキーを手にし、あひる口で自撮りしている工藤だったが、「クッキーと同じ色の服」と、自身が着用しているカーキ色のシャツとクッキーの色について触れ、「カーキと青汁は同じ色か?」と疑問をつづっていた。

 

クッキーは緑色とチョコレート色の市松模様になっていたが、よく見ると市松模様は歪んでおり、丸みを帯びている状態だった。

 

このクッキーにネットからは、「いつも綺麗な市松にならないよね。雑過ぎる」「これは市松模様…?こんなめちゃくちゃなの初めて見た」「これ市松模様なの!?逆にこの模様を作れっていわれても難しいレベル」という困惑の声が聞かれてしまっていた。

[デイリーニュースオンライン]

 

 

画像がこちら。

 

 

 

 

アヒル口というよりはちょっとふくれっ面を演出してる感じですね。

 

市松模様がどこにあるのか探してしまいましたが…雑っ!

 

まあ工藤さんですから、ね。青汁を入れることも含めて。

 

パンもすごい仕上がりで公開していましたし、このくらいならOKなのでしょう。

 

工藤静香のパンがまた酷評!しかし叩かれるのは自業自得だった

 

それかまたは、市松模様ではなく水玉のつもりだったか。

 

ちなみに市松模様を作るには、平らに伸ばした生地をカットして柱状にして組み合わせると良いようです。

 

検索したらすぐ出てきました。

 

工藤さんも検索得意のようですし、検索したらいいのに…

 

 

驚愕!工藤静香がネット上の写真を流用!まさかのお手軽お絵かきに突っ込みの声

 

 

一方Koki,は「工藤静香そっくり」と話題

 

[スポンサーリンク]

 

こちらがKoki,さんがインスタで公開し「工藤静香そっくり」と報じられている写真です。

 

 

 

 

似てますか?

 

 

 

[amazon]

 

髪や細面が似てるだけのような。

 

そして普段のKoki,さんとずいぶん顔が違いますね。

 

こちらが同じ衣装でイベントに参加したときのKoki,さんです。

 

 

 

 

髪をまとめた方がスッキリしていたかも?

 

母・工藤静香さんは加工が嫌いだということなので、メイクなんでしょうけど、このインスタで公開した写真だけを名前を知らされず見たら、誰だかわからないと思います。

 

いろんな顔ができるということなら、モデル向きなのかもしれません。

 

◆この画像、じわじわくる…

吹き出し注意!→ geinou ranking geinou reading

吹き出し注意!→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※工藤静香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

工藤静香にNO!台風被害お見舞いに自撮りとキャンピングカーからの写真に「なぜ?」

[スポンサーリンク]

 

工藤静香さんが台風被害の千葉に対する支援についてインスタグラムに言及しました。

 

が、投稿したタイミングが被害発生から1週間経っていること、さらになぜか自撮り写真も加えていることに非難の声があがっています。

 

 

 

※要するに、自己顕示欲

 

 

 

工藤静香、なぜ自撮り写真載せた?

 

工藤さんは15日にインスタグラムを更新、「千葉県停電の1日も早い完全復旧を、心からお祈りしています」「友人によると、断水している所にも今は自衛隊が入っているようです。千葉には友人が多いので連絡を取り合いながら、今何処に何を送ればよいのか、何が必要なのかを、引き続き連絡を取ってます」とのコメントとともに、次の2枚の写真を投稿しました。

 

 

 

 

 

 

この投稿にファンは大喜びですが、いろいろとツッコミどころがあるためネットでは様々な反応が…

 

 

タイミングが悪い!

 

[スポンサーリンク]

 

まずはこの投稿のタイミングについて

 

[以下引用]

「また、台風被害から1週間経ってからの言及に、疑問を感じているアンチファンもいるようです。というのも、いまだ電気の復旧が遅れ散る地域もありますが、初期の段階で個人の支援が多く届き、一部では、現在は個人からの物資の受付を停止している地域も。初期の段階で心配の声を上げたり、女優の石田ひかりやタレントの紗栄子のように、実際に自身で物資を届けた芸能人たちとは違い、自撮り写真とともに復旧を祈った工藤に疑問の声が噴出してしまったようです」(芸能ライター)

[リアルライブ]

 

 

「引き続き連絡を取っています」とあるので、前々から支援していたということかと思いましたが…

 

個人的には、どういう形であれやらぬ善よりやる偽善で、誰であれ動く人を尊敬していますし、有名人ならそれを発信することで関心を集めることもできるので、それも有名人にしかできない役割なんじゃないかと思っています。

 

今回の「前からやってました」みたいな感じでの発信も別にいいと思うのですが、あえてリアルタイムじゃなくて発信したのにはなにか理由があるんでしょうか。

 

もしかしたら先日、香取慎吾さんと草なぎ剛さんが支援物資を届けていたことがニュースになったので、「私もやってるのよ!」と言いたくなったのでしょうか。

 

人と人との繋がりを重視する割に、夫の長年の元同僚には厳し目に反応する方ですし。

 

工藤静香が「人の誕生日まで覚えられないよ」で性格の悪さを露呈、次々と燃料投下でインスタ記事を削除する事態に

 

 

なぜこの写真?

 

[スポンサーリンク]

 

もう一点のツッコミどころが写真のセレクトです。

 

一枚目は、「無駄に豪華な花」「花にロウソク…追悼みたい」という指摘もありますし、キャンピングカーからの写真に見えるため、「なんでキャンピングカーからの景色?」「災害だし、アウトドア、ってこと?」「停電になっても雨漏りしても、キャンピングカーがあれば大丈夫!って?」と、少々強引な感じもしますが、そんなツッコミが。

 

確かにキャンピングカーといえばキャンピングカーに見えます。

 

この写真、わざわざ撮ったのか、たまたまスマホに入っていた中からふさわしいと思って選んだのかにもよりますが、うん、たしかに謎です。

 

 

そして二枚目。

 

この厳し目の顔は、「立ち向かう私」みたいな感じなんでしょうか。

 

まあファン向けのインスタですから、ファンの方は好きなタレントの顔を見たら元気も出るというものなんでしょうね。

 

が、SNSは世界へ発信しているので、ファン以外も目にしちゃうんですよね。

 

過去、こういうお見舞いに自撮り写真を載せて炎上したタレントは何人かいるんですけど、知らないのか、学ばないのか、私は違う大丈夫と思うのか。

 

工藤さんと災害というと、東日本大震災のときに「少しでもホッとしてもらえれば」と自らが描いたブッダの絵を寄贈しましたが、それと似たような気持ちなんだとしたら…ズレてる。

 

◆ホッとしますか?

工藤静香画伯「ブッダ」→ geinou ranking geinou reading

工藤静香画伯「ブッダ」→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※ノリノリ木村拓哉さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング 

驚愕!工藤静香がネット上の写真を流用!まさかのお手軽お絵かきに突っ込みの声

[スポンサーリンク]

 

先日工藤静香さんがSNSで公開したウミガメの絵が、ネット上にある写真とそっくりだと指摘されています。

 

 

※こちらはラッセンのパズル

 

 

工藤静香のブルーの絵

 

「気持ちのいいブルーの絵が欲しくて描いた物です クマノミの居るよ ブルーを見ると少し涼しくなれるかな?(原文ママ)」と工藤静香さんが公開したのがこちらの絵です。

 

 

 

 

SNSには称賛の声が集まり、工藤さんも「喜んでもらえて良かった 私は夏にブルーを見るのが大好きなので、シェアーしました(^ ^)」とお返事。

 

さすが、子どもがお腹を空いたと言ったらうどんを打ち、魚が食べたくなったら釣りに行く工藤さんだけあって、気持ちの良いブルーの絵が欲しくなったら自分でちゃちゃっと描いちゃうんですね。

 

 

工藤静香画伯の夏の力作。ネットの評価は…

 

ウミガメのモデルは超お手軽ネット検索

 

[スポンサーリンク]

 

ファンが集うSNSでは好評でも、ネット掲示板では工藤さんがもともと好かれていないこともあって叩かれています。

 

[以下引用]

「ファンは褒めていましたが、アンチからはボロクソに言われています。というのも、この絵には叩かれる要素がいっぱい。まず、画風がラッセンに似ている点。次に、ウミガメが死んでいるような目をしている点。さらに、奥行きや遠近法がなさすぎてウミガメがサンゴに埋もれているように見える点。

 

で、極め付けが、このウミガメ、YAHOO!で『ウミガメ 写真』と画像検索すると、同じ構図のウミガメの写真が一番に出てくるんです。その上、甲羅のデザインもほぼ一緒。これを知ったアンチからは『パクリじゃん』『グレーな使い方だな!』と反感を買ってしまったようですね。まあ、ネットから資料を引いてくるとは、ずいぶんと“お手軽”な絵ですよね(笑)」(週刊誌ライター)

[エンタメガ]

 

 

元になったのでは、と言われているのがこちらの画像です。

 

 

 

 

確かに色は違いますが似てますね。そしてYahooで「ウミガメ 写真」で画像検索すると一番めに出てきます。

 

何かを参考にして描くのは仕方ないと思いますが、何も一番目にきたので描かなくてもよかったですかねー。

 

ただまあ、「気持ちのいいブルーの絵が欲しくて」ちゃちゃっと描いたんでしょうから、個人利用ということで…。

 

個人的には、言われているように遠近感がないためか、亀に泳いでる感がなくどちらかと言うと這ってる感じはするものの、忙しいのに趣味の時間もちゃんと取って凄いなと思います。

 

今回二科展入選作というわけでもないのに自らドヤって披露したくなるのは、やっぱり元アイドルの自己顕示欲なんでしょうね。

 

◆このくらい現実感のないほうが逆によかった?

15年前の工藤静香作ウミガメ→ geinou ranking geinou reading

15年前の工藤静香作ウミガメ→ geinou reading geinou ranking

 

※絵のうまい芸能人ランキング上位に入る西野亮廣さんの絵本

[amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※工藤静香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング