タグ:工藤静香の記事一覧

タグ:工藤静香
正直飲みたくない…工藤静香作の差し入れをもらうスタッフからも困惑の声

[スポンサーリンク]

 

たびたび話題になる工藤静香さんの「汚料理」。

 

その「汚料理」がスタッフへも差し入れという形で広がっているようで、中には「重い」という感想もれているようで…

 

 

 

 

工藤静香作デトックスウォーター

 

[以下引用]

歌手の工藤静香が、自身のインスタグラムのストーリーを更新。〝自家製デトックスウオーター〟を公開したのだが、ネット上では「何この雑草漬け…」「底に死んだメダカが沈んでそう…」などと、ビックリ仰天の声が殺到している。

 

「『デトックスウオーター』とは、果物や野菜などをミネラルウオーターに入れ、数時間置くことで、味・香り・栄養成分などを浸透させた〝フレーバードリンク〟のことです。色とりどりの果物や野菜の見た目を楽しむため、100円ショップなどで売っている透明のプラスチック容器やガラス容器が用いられることが多いですね」(女性誌ライター)

 

工藤が今回入れた具材は、レモンのような柑橘系の果物の他に、紫色の花や、ハーブの一種とみられる大量の草。さらに、先日の投稿で制作の様子を明かしていた〝ハーブシロップ〟も使ったようだ。

[まいじつ]

 

他メディアでは「水槽水」と名付けられていた画像がこちら。

 

 

 

 

…濁り具合といい、ちょっとあれですね。

 

一応援護すると、「草」とか書いてあるのでまたちょっとアレですが、ハーブのはずです。

 

また、工藤さんは「酵素のシロップも入れました」と書いているので、それが濁りの原因かと思われます。

 

そうだとしても、ちょっとこれは…

 

この酵素も少し前に庭で取れたハーブで工藤さんがハーブ酵素を作ったものですが、基本は素手で混ぜるという工程が入るはずなので、それも含めてネットでは拒絶反応が出ているよう。

 

酵素は体にいいといいますし、親切心なのでしょうが…

 

 

※美味しそうに作ることはできると思うのですが。

[Amazon]

 

 

娘Koki,の仕事場の差し入れも…

 

工藤さんがスタッフへの差し入れを明かしたのは今回が初めてではなく、これまでも何度かSNSでその様子を投稿してきました。

 

それは娘・Koki,さんの撮影現場でも同じようで、必ずと言っていいほど手作りのお菓子や料理などを差し入れしているそう。

 

それが工藤さんの全力なのでしょうが、もらうスタッフの間でも困惑の声が上がってるそう。

 

[以下引用]

「Koki,さんの撮影には大御所スタッフが起用されており、CM制作現場にいたっては助監督でも名の通った人ばかり。それゆえ、年齢層も高い。その現場に工藤さんはやたらと揚げ物やケーキやクッキーといった重めの手料理を持ってくるそうで、正直、裏では現場のスタッフから『重すぎて食べられない』『胃もたれする』といった悲鳴が上がっているとの声も聞こえています。まあ、スタッフとしては『差し入れしてくれることは嬉しいけど……』といった感じなので、“迷惑”というわけではないようですが、ちょっと健康や体調の面も考えて欲しいですよね(苦笑)」(広告代理店関係者)

[サイゾー]

 

味には文句がでてないということなのでまだいいですが、せっかく差し入れするなら相手を気遣って選んだほうがいいでしょうね。

 

これから暑くなりますし、衛生面もお気をつけて…

 

◆この気取らなさ具合も強烈

工藤静香の差し入れ→ geinou ranking geinou reading

工藤静香の差し入れ→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※工藤静香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

工藤静香の値引きシールアピールで娘・Kokiのせっかくのシャネルが…

[スポンサーリンク]

 

工藤静香さんがSNSで買い物帰りの写真を公開したところ、そこに写り込んだ買い物の値引きシールが話題になっています。

 

 

※こういう超高級トマトを買っていても別にいいのに

 

 

[以下引用]

「今日はずっとリハだったので、朝からハヤシライスを仕込んでおきました!」というコメントとともに、インスタグラムを更新した工藤。仕込みの様子がわかる動画と、美味しそうな手作りのハヤシライスを公開した。

 

また、リハーサル後は食材を調達し、帰り道に「お花がとてもかわいかったので」と、買い物袋とともに綺麗な花の写真を投稿。

 

クオリティーの高い手作りハヤシライスには、「美味しそう!」というコメントが続出。しかし、もっとも注目が集まったのは意外にも、値引きシールが貼られた「トマト」だった。

「トマト30パーセント引きってかわいすぎる〜」

「しーちゃん、庶民的(笑)30%引きの商品もゲットするんですね!!」

「3割引き! お買い得! ゲットしちゃいますよね」

「トマト3割引きが、しーちゃんを身近に感じてしまった」

[しらべぇ]

 

 

話題になっているのがこちらの画像です。

 

 

 

 

 

「お花がとても可愛かったので」とありますが、メインは花ではなくトマトでしょうね。

 

まず大きな30%引きに目が行きますし、花が撮りたかったなら別の撮り方もありますし。

 

ネットでは30%引きでアピールしたのは庶民派ではなく、「ハヤシライスに入れるトマトは完熟がマスト」というこだわりなのではという指摘も。

 

いずれにせよハヤシライスで全部使い切るなら30%引きは賢い買い物だと思います。程度によりますが。

 

でも娘がせっかくシャネルだブルガリだ世界で活躍するモデルだと頑張ってるのにと思うと、母がその賢さをアピールしなくても、という気が。

 

そもそも工藤さん自身、ものすごくブランド好きだというのに、身につけるものはハイブランドで、しかも、オリゴ糖やらなにやらちょい高い食材をよく披露しているのに、実は30%引き、みたいなのはセレブ感が損なわれるような…

 

と言いつつ、紙袋と値引きシールから「ビオセボン」というオーガニックスーパーだということが判明しているので、やっぱり工藤さんがしたかったのは庶民派アピールではなく「ハヤシライスに入れるトマトは完熟がマスト」というこだわりだったのかも。

 

 

ちなみに「クオリティが高いハヤシライス」はこちら。

 

 

 

 

「…汚い」「この皿はパスタ用じゃないの?リゾットとか」「インスタに載せるならはみ出たルー拭きなよ」等々のコメントが出ております。

 

引いて撮ればまだ良かったかもしれませんね。カラフルなサラダでも添えてあれば、もうちょっとおいしそうに見えたかも。

 

エゴサーチはしてそうなのに、とにかく引かない工藤さん。確かに強いです。

 

◆あれ?キムタクの目が…

なんかおかしい→ geinou ranking geinou reading

なんかおかしい→ geinou reading geinou ranking

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※工藤静香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

工藤静香が「平成のスター」!?Koki,の不自然な両親礼賛の裏には本人の自画自賛か

[スポンサーリンク]

 

昨年5月、衝撃のデビューを果たした木村拓哉さんと工藤静香さんの次女・Koki,さんの独占インタビューが5月1日のスポニチを飾ったことの違和感を週刊新潮が報じています。

 

5月1日は令和初日ということで、他紙は上皇や天皇陛下、アスリートを1面や最終面に掲載される中、スポニチだけKoki,さんというのは異色。加えてその内容がまた…

 

 

※確かにアイドルでした

 

 

Koki,、激しく両親を礼賛

 

[以下引用]

Koki,は平成を振り返り、令和の展望を熱く語るが、なぜか目立つのは両親を礼賛する言葉たち。責任感が生まれたのは〈両親のおかげ〉と答え、その理由に、結婚当時のバッシングにめげずに強くあり続けた2人の姿を挙げた。その頃、Koki,は生まれていないはずなのだが……。さらに、平成のスターは誰かと問われたKoki,は、〈お父さんとお母さんです〉と回答。これには芸能評論家も、

 

「父親の木村拓哉は分かりますが、工藤静香が平成のスターというのはかなり違和感がある。工藤は80年代のアイドルですからね」

 

と、首を傾げる。違和感だらけのインタビューの裏側について先のデスクは、

 

「スポニチには工藤と昵懇の記者が居ます。古くは木村と工藤の熱愛、工藤の妊娠もスポニチのスクープだし、工藤の画家としての活動もスポニチだけつぶさに報じている。今回のインタビューの立役者が透けて見えてくるわけです」

[デイリー新潮

 

全文読みましたが、全体に「主にお母さん礼賛」ですね。

 

具体的には、例えば結婚当初のことについて、「一番強く思うのは、お母さんがお父さんと結婚していろいろ言われたじゃないですか。そういう中でも自分を強く持って、本当はたくさん傷ついていたと思うんです。でも、強くあり続けた。私がこうしてこういうお話をすることができる年齢になった今でも、お母さんはずっと強くいる。私がこれからの時代を生きていく中で一番の道しるべです」と。

 

まあ、叩かれたのは主に工藤さんですし、強いのは確かですから、娘としてはこういう感想もありかもしれませんけど、自分が生まれる前にそこまで叩かれたこと「だけ」を知ってるというのも不思議…。

 

※この本で工藤さんと15年交際してきたことを明かしているとも…え、二股?

[Amazon]

 

平成のスターというには厳しい工藤静香

 

デイリー新潮にあるように、木村さんはついこの前、SMAPが解散するまでは文句なしの大スターでしたし、今も全盛期よりは下降しましたが、他の俳優さんたちよりは視聴率のとれる俳優です。

 

しかし工藤さんが平成のスターというのは、やっぱりちょっとムリがあるような…。

 

工藤さんのデビューは1984年、昭和59年です。で、平成は1989年から。

 

その1989年に「恋一夜」「嵐の素顔」「黄砂に吹かれて」の3曲が50万枚以上の大ヒット、1993年の「慟哭」が工藤さんのシングル売り上げ最大の売り上げ数を記録しています。

 

紅白歌合戦には1988年の「MUGO・ん…色っぽい」から1994年の「Blue Rose」までと1998年の「きらら」の合計8回出場しており、この「きらら」がオリコントップ10入した最後の曲です(現時点)。ちなみにオリコン1は「慟哭」が最後。

 

その後は石橋貴明さんとのデュエットやYOSHIKIさんとのスキャンダルがポツポツありましたが、正直表舞台からは消え、次に注目されたのは人気絶頂だった木村拓哉さんとの交際・結婚が報じられた2000年頃のことで、その後はつい2,3年ほど前までは育児に専念というか、おそらくジャニーズ事務所の指示のもと、派手は活動はせず、年に1度、二科展入選がニュースになるくらいでした。

 

誰もが永遠に全盛期でいられるわけではなく、全盛期の長さも様々ですが、工藤さんの場合、約30年の平成の間、表舞台にいたのはごく最初の方だけのイメージです。

 

木村さんが平成のスターであることは間違いない以上、娘としては、両親の名前スターとしてあげるのは当然でしょうが、どうしても違和感は否めません。

 

ちなみにKoki,さんのあげた「お母さんの好きな曲」は、「めちゃくちゃに泣いてしまいたい、Lotus、深紅の花、深海魚、まだまだいっぱいで、雪・月・花と…」でしたが、この中の「深紅の花」は元彼YOSHIKIさんの曲。もっと言えば、「めちゃくちゃに泣いてしまいたい」を含めた工藤さんのヒット曲を手がけた後藤次利さんとも長く不倫の噂がありました。

 

後藤さんとのことは噂レベルですが、YOSHIKIさんとはアメリカで二人でドライブ中に飲酒運転で逮捕されたことを機に発覚し交際宣言もしていました。

 

そういう事情は…知らないんでしょうね。

 

◆工藤静香のデスワイフぶりが

結構怖い→ geinou ranking geinou reading

結構怖い→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※工藤静香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

工藤静香のパンがまた酷評!しかし叩かれるのは自業自得だった

[スポンサーリンク]

 

工藤静香さんが懲りずに自家製酵母のパンの画像をSNSで公開し、また叩かれています。

 

 

※自家製酵母のパン。

 

 

[以下引用]

歌手の工藤静香(49)がインスタグラムで手作りパンの写真を披露して話題になっている。工藤は29日夜にインスタグラムのストーリーズを更新し、「自家製天然酵母のパンが焼き上がった!今日の酵母はレーズンと林檎の切れ端」とコメントし、オーブンの中で焼いていたパンが焼き上がった瞬間を捉えた動画を公開した。

 

また、次の投稿では「絶対今食べる笑笑」とコメントし、焼き立てのパンを割っている動画も公開。パンからは湯気も上がっており、おいしそうに仕上がっていた。

 

この投稿に工藤のインスタグラムには、「おいしそう!」「手作りパン食べたいです」という声が集まっていたものの、ネット上からは、「焼き上がったアツアツを割っちゃったら中の水分逃げてパサパサになるよね?普通少し休ませてからだと思うんだけど」「また硬そうなパン…」「焼きたてからそんなさっくり切れるなんてどんだけカチカチなのよ」といった厳しい声が集まってしまっていた。

[デイリーニュースオンライン]

 

「林檎の切れ端」とか書くのがまた工藤さんらしいですね。

 

話題の画像がこちら。

 

 

割ってしまったのは、もしかすると今回もクープがイマイチなのがバレないように?

 

それでも前回よりずいぶん美味しそうですね。

 

↓こちら前回のパンです。

 

 

 

確かに自家製酵母のパンはおいしいですが、酵母起こしからやってると思うと、手間を掛けてます。

 

 

 

基本的には、消毒することと見極めができれば、そして時間があればできることではありますが、市販のイーストを使えばもっと簡単ですし。

 

※レーズンやりんご、ヨーグルトなどから酵母が作れます。

[Amazon]

 

さすが、うどんは手打ち、魚を食べたくなったら釣りに行くだけあるなと。

 

その他、「余り物でちゃちゃっと作っちゃう」「ぬか漬けくさい女なの」等々、工藤さんの場合、手料理を披露する前にこうやってハードルを上げていたのがまた厳しい評価になるんでしょうね。ある意味自業自得というか。相当料理がうまいんだと思ってましたし。

 

SNSで披露さえしなければ、きっと料理上手なイメージだったと思うのですが…残念。

 

ただ、尋常ではない負けず嫌いの工藤さんですからこそ、前回の座布団のようなパンを披露して終わらず、前回より良い出来のパンを今回公開できたのでしょう。

 

こうやって日々研鑽していれば、数年後には誰もが唸る料理がSNSに並ぶのではないでしょうか。

 

◆工藤静香がSNS以前に公開していたちゃちゃっと作った例のやつ

この衝撃は忘れない…→ geinou ranking geinou reading

この衝撃は忘れない…→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※工藤静香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

※工藤静香さんの歌、聴いてみる?