パンくずリスト
  • ホーム
  • 工藤静香
タグ:工藤静香




工藤静香さんがメイク過程の画像を公開し話題になっています。

 

 

同時に公開した次女・Kokiさん作の朝食もいつもどおりなかなか強烈で…



[スポンサーリンク]


工藤静香は美魔女?メーテル??いやいやKABAちゃんやん!




工藤静香はメーテルか?




工藤静香さんはときに「メーテル」と表現されることがあります。

 

 

それは髪の長さ、線の細さ、気だるさ、そして、木村拓哉さんの小学生時代の理想の女性がメーテルだったということが関係するのかもしれません。

 

 

そんなこんなで、今回工藤静香さんが発売するアルバムが「メーテルみたい」という声が上がっていました。





ご本人も時に意識してメイクしてるんだろうなと思います。

 




そもそもメーテルとは




そもそもメーテルとは、松本零士さんの漫画『銀河鉄道999』のヒロインです。

 




 




漫画が1977年から1981年にかけて連載され、アニメとして放送されたのが1978年9月14日 - 1981年3月26日とのこと。

 

 

木村拓哉さんは1972年生まれなので、年長から小学校低学年の頃に放送されていたんですね。

 

 

それで好みのタイプがメーテルとは渋い。

 

 

工藤静香さんが目指してメイクするのはお好きにどうぞ、なのですが。




工藤静香は美魔女か




若いとは言えない世代の美しい女性に対して「美魔女」という褒め言葉があります。

 

 

工藤静香さんがそう言われることもあり、これまでは人それぞれの感覚ですし、きれいなことには変わりないかと思っていました。

 

 

しかし、この画像に対してスポーツ報知が

 

 

「工藤静香54歳、美魔女なメイク姿!」

 

 

と書いているのを見て、「…」となりました。

 








これは、工藤静香さん自ら公開したものですが、止めておいたほうが良かったのでは。。

 

 

完成形にライトもあたるとおそらく美魔女だったのでしょうけど、これは逆に老けて見えます。

 

 

これを世界に発信して後悔ないでしょうか。

 

 

 美魔女とは(Wikipediaより引用) 

 

美魔女(びまじょ)は、光文社『美STORY/美ST』による日本語造語。中年以上の一般女性が「魔法をかけているかの様に美しい」と例えたところからきた。

 

ブームを仕掛けた『美STORY』は「年齢という言葉が無意味なほどの輝いた容姿」「経験を積み重ねて磨かれた内面の美しさ」「いつまでも美を追求し続ける好奇心と向上心」「美しさが自己満足にならない社交性」という条件を備えた"エイジレスビューティー"な女性を「美魔女」と定義。しかし、一部では単に「年齢を感じさせない若さを保っている大人の女性」という意味で使われた。

 

 

う、うん。




工藤静香はKABA.ちゃん化したのか




ネットには「KABAちゃんみたい」という声が多くありました。

 

 

しかしそれはないです。

 

 

 

ただ、センター分けで長い髪、面長、メイクが濃いめ、このあたりが共通点ではあります。




Koki,の作る朝ごはんはCafe?いやいや家庭料理ですやん!




今回ネットで炎上したのは、工藤静香さんのメイク中の画像とともにKoki,さんの朝食も公開されたからだと思います。

 

 

 

 

毎度な感じなのですが、黄身が特別汚いですね。

 

 

プレートも、これがきれいな木皿か、または白いだけでどれだけきれいに見えたことでしょうか。

 

 

卵は半熟に限らずきれいに切るのが難しいです。

 

 

しかしインスタ映えを気にしつつ料理を公開する人が多い今、ネットで探せばきれいに切るコツはすぐ出てきます。

 

 

それはズバリ、糸で切ること。

 

 

Koki,さんのようにカットするならいずれにしてもダラッと黄身がたれそうではありますが。

 

 

切っただけ、バランス悪い、センスない、ネットでは相変わらずいろんなことが言われています。

 

 

工藤静香さんがKoki,さんが作る食事を発信しだしてもう何年も経ち、時々お皿が変わるものの、内容は和でも洋でもほぼ変わりません。

 

 

そうだとしても、子どもが朝ごはんを作ってくれたら嬉しいのは想像できます。

 

 

でも多少は世間の反応を見て、修正するなり出し控えるなりしたらいいと思うんですけどね・・

 




「あの顔が出せるから汚料理も出せるんだ」の声




木村拓哉さんがSMAP時代、家庭のことはほぼ話さないで過ごし、工藤静香さんはほぼ露出なしで過ごしてきました。

 

 

それでも、たまーに出るときに、

 

「私は冷蔵庫にあるものでちゃちゃっと作る人」

「子どもがお腹すいたらうどんを打つ」

「魚が食べたくなったら釣りに行く」

「糠漬けくさい女なんです」

 

等々、できるアピールをしてハードルを上げてきました。

 

 

そしてSMAPが解散し工藤静香さんがSNSを解禁し、世界へ発信してきたのが「汚料理」と言われるのが現在です。

 

 

これは多分、最初にハードルを上げすぎていたことと、家庭料理としてはアリなものを「キムタクの妻」「ブランド品を持っていつも笑顔のCocomi、Koki,の母」「元アイドルで二科展に何度も入選してセンスありありな工藤静香」として発信してきたからだろうなあと思います。

 

 

今回ネットでは、この顔を公開できるからあの汚料理を公開することに抵抗がないんだ、という声が多々見られました。

 

 

結局そういうことなのでしょうね。。

 

 

こういう顔ばかり世に出してばかりいたら、別にメーテルでも構わなかったです。

 

 

 

 

同じように、Koki,さんの料理もこのくらいのだけにしておけば、それほど言われなかったのでは。

 

 

 

 

いや、やっぱり料理は別に見せなくても…

 

 

◆こちらもどうぞ◆

 

 

 

[スポンサーリンク]

 

 

天下のキムタク様が主演を務めることで大きな注目を集めていたテレ朝ドラマ「Believe-君にかける橋-」の初回が4月25日に放送され、

 

 

初回平均世帯視聴率11.7%

 

 

という、最近にしては素晴らしい数字を叩き出したことで、

 

 

「やっぱりキムタクはスゲーじゃん!」

 

 

と、改めて評価する声が飛び交っているとか、いないとか・・

 

◆次のテーマは橋です。

 

[以下引用]

ドラマは、テレビ朝日開局65周年記念作品として制作されているもので、木村が演じる主人公・狩山陸は大手ゼネコン『帝和建設』土木設計部の部長。優秀な社員だったものの、狩山が設計した橋の工事で多くの死傷者を出す事故が発生し、責任を取る形で実刑判決を受けて収監されることになる。

 

これまでの木村主演ドラマにはなかった、まさかの刑務所からのスタートとなり、SNSでも《続きが気になる》《誰が味方で誰が敵?》などのコメントが相次いだ。

 

ストーリーだけでなく共演者の豪華さも話題で、竹内涼真と斎藤工を中心に初回から北大路欣也、上川隆也が出演。中でも注目されているのが、狩山の妻である玲子を演じる天海祐希だ。

 

「天海は初回からさすがの演技力で作品を引っ張り、ベテランならではの凄みを見せている。ただ、天海は身長が171センチなのですが、公称・176センチのキムタクと並ぶシーンでは身長が同じくらいに見え、再び木村が身長を高くごまかしている疑惑が浮上しています」(スポーツ紙記者)

 

SNSでは、木村と天海の夫婦が〝似合わない〟という書き込みが多く見受けられるが、実はこのキャスティングには裏事情がある。

 

「今回、妻役に天海さんを指名したのは木村です。実は妻・工藤静香が共演する女優に嫉妬することがあるで、昨年公開の映画『レジェンド&バタフライ』では、綾瀬はるかと夫婦役を演じたが、工藤がヤキモチを焼いてプライベートでトラブったという噂。そこで、年齢が木村より上で、男の噂もなく、サバサバした性格の天海が適任だと指名があった。身長差まで気にしている余裕はなかったようだ」(民放キー局の編成担当)

[週刊実話]

 

 

静香さんがキムタクの相手役に嫉妬するというのは、昔から有名なハナシ。

 

 

 工藤静香が竹内結子に嫉妬狂い!「A LIFE」で最後まで抵抗を・・

 

 

特に2011年のドラマ「南極大陸」での共演以来、キムタクのオキニとなった綾瀬はるかさんに対しては、以上なほどの警戒心を見せるそうで、「レジェバタ」の時には

 

 

「二人がイイ感じになっている」

 

 

との噂を聞くやいなや、すぐさま京都の撮影現場に押し掛け、毎日のように手弁当持参で”監視”を行っていて周囲を呆れさせていたといいます。

 

 

キムタクとしては、そんな面倒くさい事態になる前に早めに手を打ったということかと。

 

 

まったく、大変ですね。。

 

 

自分はYOSHIKIさんと今も仲良く連絡を取り合っているというのに、まったく自分勝手というかワガママというか・・

 

 

少しはダンナ様を信じてあげて欲しいところです。

 

 

 

キムタク、不倫!工藤静香が京都の撮影現場に足繁く通う本当の理由

 

 

でもま、ドラマの方は好調な滑り出しのようですし、良かったじゃないですか。

 

 

もう一つの注目作「グランメゾン東京」では、ヒロイン役が内縁の夫のいる鈴木京香さんということで、こちらも問題にはならなそう。

 

 

最近はマックや日産のCMをクビになるなど踏んだり蹴ったりのキムタクですが、新ドラマの勢いで再び上昇気流の波に乗れるとよいですね。

 

 

 

驚愕!木村拓哉が失ったCMギャラの額

 

 

 

木村拓哉、YOSHIKIにバカにされる。

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※工藤静香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

木村拓哉さんの妻の工藤静香さんが手作りの「発酵シロップ」を披露。同時に作り方と使い方も明かしたところ、「怖い怖い」と話題になっています。

 

 

 

 

話題の投稿はこちら。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Kudo_shizuka (@kudo_shizuka)

 

 

工藤さんなら「素手で混ぜなきゃ酵素出ないよ!」くらい言うのかと思いきや、そうでもありませんでした。

 

この投稿に対するフォロワーの反応は、当然

 

「しーちゃんの手は魔法の手ですね」

「パンが焼けるとは…しぃちゃんマジで天才」

「喉痛いのでしーちゃんレシピが食べたいです」

 

といった賞賛の声ばかりです。

 

が、当然そればかりのはずはなく…

 

[以下引用]

しかし、このことを報じたネットニュースのコメント欄には、こんな声も。

 

《怖い、怖い、、、雑菌入ってそう》

《自家製発酵食品は、変な雑菌が支配的になって発酵することがあるので注意が必要です。パンの発酵種に使うのは焼くからまだいいとして、生でヨーグルトにかけて食べるのは危ういような気がします。本人が食べるのは勝手ですが、真似しないようにしましょう》

《発酵品を手作りとか勇気あるなー 家族の健康どころか人体実験にしかみえない》

《この人、食材を腐らせるのが好きなのか 傷んだ野菜を使って鍋にしたり腐ったバナナを使ってお菓子を作ったり、大丈夫ですか》

 

また、工藤の手が気になったというネットユーザーも多い。

 

《黒いマニキュアの爪でされてもどうかと……》

《とりあえずネイルは落とそうよ。どんなに立派な料理でも、ゴテゴテネイルの人が作った料理は食べたくない》

 

いつもはアンチの言い掛かりのようなコメントが目に付くが、今回はネット民の方が正論と言えるかもしれない。

[週刊実話]

 

 

マニキュアも気になりますが、主婦とおしゃれの両立は難しいですよね。

 

工藤さんは芸能人として忙しい上におしゃれも必須なのに、本当にマメですごいと思います。

 

個人的には、容器もかき混ぜるものも消毒したものを使って規定通り砂糖が入っているなら、家庭で消費する分には別にいいんじゃないのと思います。

 

ただ、これは作り始めの段階なので拒絶感がないのかも。

 

今回とほぼ同じ内容を数年前にも投稿しているのですが、その時の画像はなかなか強烈でした。

 

冷蔵庫の奥から出てきた、として紹介していた発酵シロップです。

 

 

 

 

 

これはいいのですが…

 

こちらはオレンジとバジルだそうで。

 

 

 

 

 

 

 

バジルの酵素シロップも世の中には存在するようですが、ちょっとこれは見た目がアレでした。

 

繰り返しになりますが、それらが衛生的につくられ家庭内で消費されているなら好きにしたらいいと思います。

 

怖かったのがこれ。

 

 

 

 

工藤さんが作ったデトックスウォーターで、これは周囲のスタッフにも飲ませていたよう。

 

容器がペットボトルの使い回しに見えるのもちょっと。

 

当然洗ってるんでしょうが、他人が使ったペットボトルでコレをもらっても厳しいです。

 

※こんな感じならまだ抵抗もなかった

[Amazon]

 

先日糸引きマフィンが話題になりました。

 

オーガニックを意識するあまり、必要以上に砂糖を減らし長期保存に向かない状態で作りながらも保存は室温だったといいます。

 

それで販売しちゃった猛者がいることを思えば、工藤さんが家族内で消費している分にはまったくもって問題ないのでは…

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※工藤静香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

工藤静香さんが、ヤバいことになっているといいます。

 

11月17日にはインスタを更新し、フォロワーたちに新曲「香雪蘭~好きより愛してる~」の「歌ってみた動画」をSNSに投稿するよう必死に呼び掛けていたのですが、

 

 
どうやら、紅白落選によってこんな精神状態に追い込まれているようで・・
 
◆美味しいお肉を食べるなら今のうち。

 
 

[以下引用]

工藤は、14日に生放送されたNHKの音楽番組『うたコン』に出演した直後に楽屋で撮影した動画をインスタにアップ。

 

「ちょこっと(ファンのSNSを)見にいったときに『香雪蘭』を歌ってくださってる方がいる。で、ぜひとも、皆さんの歌声を聞きたいなっていうのがあって…」と楽屋の鏡越しに語りかけ、「歌ってみた動画」の投稿を促したのだ。

 

お時間のある方は…そうじゃないな。お時間を作っていただいて(笑)、歌いに行く。で、なんかこう歌ってくださったら…。アカペラでもいいです」と提案し、新曲の歌い出しを自らアカペラで披露した。

さらに、ギターの演奏に乗せた〝お手本〟も歌っていると、スタッフから「サビも」とのリクエストが入り、大爆笑。最後はカラオケの音源を使って『香雪蘭』のサビまで歌い上げていた。

 

「夫の木村が、事務所の問題で開店休業状態になり、CocomiとKoki,も仕事らしい仕事ができていませんからね。木村家を支える大黒柱として、さすがに焦っているのかもしれません」(芸能ライター)

 

昨年はフルート奏者のCocomiと共演した『NHK紅白歌合戦』も今年は落選。ファンに『香雪蘭』の「歌ってみた動画」を拡散してもらい、少しでも売り上げを伸ばしたいというわけか。

 

「木村が51歳の誕生日を迎えた11月13日からは夫婦の2ショット写真も〝解禁〟し、CocomiとKoki,が相次いでインスタ投稿。話題作りに必死な様子が伝わってきます」(同・ライター)

[週刊実話]

 

確かに、夫婦ツーショット写真を解禁したのは驚きました。

 

結婚してから20年以上もの間、ずっと「夫婦であること」すら公言することを控えていたことを考えると、特にキムタクファンにとってはかなりの衝撃だったはず。

 

静香さんとしては、やはりキムタクの広告が飛んだり、主演ドラマが白紙になったり、そういったことで来年の税金が本当に支払えるのか心配になったのでしょう。

 

頼みの綱だった娘二人も、ジャニー性加害の影響で仕事が激減してるみたいですしね。

 

 

キムタク娘が二人揃って大失速!工藤静香の形振り構わぬ猛アピールに哀れみの声も

 

ちなみに、静香さんの新曲「香雪蘭」には、

 

「当たり前に過ごした日々は輝いていた」

 

というニュアンスの歌詞があるといいます。

 

うーむ、なんだか意味深なのと同時に、ちょっと哀愁を感じてしまいます。

 

かつて芸能界の頂点に君臨し、栄華を誇っていたジャニーズ帝国も、あっという間に消滅してしまいました。

 

昨年の今頃、このような事態を予想できた人なんていませんから・・

 

って、そう考えると、来年の今頃がどんな風になっているのかも全く分かりません。

 

なにかトンデモナイ事態になっていたりして・・

 

◆めちゃめちゃ短足にみえまっせ、キャプテン!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 エンジン DVD-BOX/木村拓哉,小雪,井上由美子(脚本)

価格:15,950円(税込、送料別) (2023/11/22時点)


楽天で購入

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※工藤静香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング