タグ:工藤静香の記事一覧

タグ:工藤静香
木村拓哉の美容整形通い発覚!ビジュアルのバージョンアップでイメージ刷新を謀る工藤静香

木村拓哉さんが妻・工藤静香さん主導で美容整形通いをしていると報じられています。

 

目的は、最大の武器であるビジュアルを磨き上げることでSMAP解散以降ダダ下がりとなった好感度を再上昇させることだといいます…。

 

 

※着てる人見てみたい

 

 

[以下引用]

「具体的に言ってしまえば、木村くんの最大の取り柄であるビジュアルのバージョンアップ…つまり美容整形です。よくネットなどで『劣化』などと騒がれるように、有名人の加齢による変化に世間は大変厳しく、木村くんも例外ではありません。以前からメンズエステに行ってフェイシャルマッサージを受けたり、ヘッドスパで頭皮ケアをするなど、かなり気を使っていましたが、アラフォーともなると、そんなお手入れレベルではまかないきれないんでしょうね。2、3年前からエステではなく美容外科を訪れるようになったようです」(木村夫妻と交流のあるテレビマン)。

 

最近は男性の美容整形も珍しいことではないが、あからさまに顔が変わってしまうような施術はさすがにマズイと思ったのか、キムタクが受けているのはヒアルロン酸やボツリヌス菌、プラセンタなどを注入して、しわやたるみを取り、肌を若々しくさせる、いわゆるアンチエイジングと呼ばれるプチ整形だという。

[覚醒ナックルズ]

 

思い出したのが、二宮和也さんとの共演映画『検察側の罪人』前に話題になった木村さんの顔の違和感です。

 →「え、これキムタク?」木村拓哉の顔に違和感

 

宣伝も兼ねて複数の雑誌の表紙に登場しましたが、それがなんだかいつもの木村さんと違うという声が続出していました。

 

※こちらの顔が一番違和感

[Amazon]

 

※これは少し落ち着いた頃?

[Amazon]

 

特に『UOMO』はなにか蝋人形を思い出させる表情のぎこちなさで、ちょうど昨日ニュースになっていた神田うのさんを思い出します。

 →神田うのの顔が驚くほど無表情

 

うのさんはヒアルロン酸とベビーコラーゲンの注入を、「40歳を過ぎた周りのお友達はみなエチケットとしてやっている」「老け込んだ汚いお肌は失礼だから今後もやっていく」と公言していたよう。

 

周りもやってるエチケットと言われると、そうですかお金持ちの常識・アンチエイジングなんですねと納得してしまいますが…。

 

ちなみにヒアルロン酸はしなびたものを膨らませる効果があり、眉間やほうれい線など気になるところに注入するとすぐにハリ感が生まれる即効性が魅力なんだとか。

 

ただ入れる場所によっては顔全体が膨れ上がって見えたり、「入れすぎていくと不自然な顔になっていく」という副作用があるとのこと。

 

木村さんやうのさんの顔の違和感も納得です。

 

美容整形通いは木村さん単独ではなく、妻・工藤静香さんも同行することがあるそうで、工藤さんは若い頃から美容外科の常連で今でも定期的にメンテナンスに通っており、最新の施術についても詳しくアドバイザー的な役割をはたしているようだとのこと。

 

だから工藤さんのビジュアルはV字回復を見せたんですね…。

 

このころの木村さんの唇も、今とちょっと違うような気がします。

 

※こんなに唇厚くないような…

[Amazon]

 

昔からいろいろ手を入れていたのかもしれませんね。

 

ただまあ、芸能人はビジュアルが商売道具ですから、それをメンテナンスするのは当然なのかも。

 

ヒアルロン酸は注入後1年ほどは効果が持続するものの、膨らんでいた分その後は以前よりもシワシワ感があるためエンドレス、さらにどんどん量が増えていくため費用もかかるんだとか。

 

まさにお金持ちのアンチエイジング。

 

 

◆逆奇跡の一枚

工藤静香もいます→ geinou reading geinou ranking

工藤静香もいます→ geinou ranking geinou reading

 

 

※飲むコラーゲン

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※工藤静香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

もはや毒母呼ばわり…工藤静香のブランド自慢がKoki,の後方支援どころか足を引っ張てると話題

たびたびインスタの投稿が話題になる工藤静香さんですが、最近はもっぱらモデルデビューした次女Koki,と絡めているネタが多く、そのあまりの多さに「毒母」と呼ぶ声も多いとか。

 

 

※静香さん好きそう。ブルガリの蛇。

 

 

最近話題になったのがこのブルガリのスカーフを身に着けた画像です。

 

 

 

[以下引用]

「工藤さんが紹介した私物のスカーフなのですが、これはブルガリの『Tie me upスカーフ』というものです。ブルガリと言えば、先日Koki,さんがブランドアンバサダーになったばかり。そのため、愛用品といったニュアンスで紹介しているのですが、宣伝だと思う人が続出。『こういうことするから親子で嫌われるんだよ』『子どもの足引っ張るなよ』と工藤さんに向けて苦言を呈する人もたくさんいました」(芸能記者)

 

Koki,はこれまでブルガリのほかに、シャネルのビューティーアンバサダーや大塚製薬が新発売する商品のCM出演が決定。「コネ」「ゴリ押し」と言われながらも、その活躍ぶりは目覚ましい。そんなKoki,を後押ししている工藤。子どもの夢を手助けする良い母親のように思えるが、世間はそう見ていないようだ。

 

「工藤さんはこれまで、Koki,さんのために宣伝を欠かさなかった。以前に自宅の豪華なトイレを紹介した際も、シャネルの香水をわざとらしく写りこませて『シャネルの香水を芳香剤代わりに使っているのか』と話題となっていました。しかし、その数日後、Koki,さんがシャネルのビューティーアンバサダーに就任し、ネットはザワつき呆れたとの声が上がっていたことがありました。そういう“親子匂わせ”的な行為を何度も繰り返すため、もはや世間では子離れできず脚を引っ張る“毒母”とまで呼ばれているようですね」(同)

[サイゾー]

 

工藤さんのこういうブランド自慢は、お金持ち自慢兼子供の自慢なのかなと思ってました。

 

インスタのフォロワー数もKoki,さんの方が多く、Koki,さん単独のニュースも増えている今、工藤さんがインスタで宣伝してもKoki,さんのプラスになるかは微妙ですし。

 

木村さんは2011年頃年収3億円と予測されており、税金も多額だったとは思いますし娘たちの学費も一人あたり年間200万と言われていましたが、そんなのが問題ないくらい稼いでいたのは明らかです。

 →SMAPメンバーの年収が明らかに

 →木村拓哉の娘たちの小遣いの額に驚愕

 

お金持ちなので、娘がブルガリやシャネルのアンバサダーをしようがしまいが家にはブルガリやシャネルが溢れていても不思議はないんですよね。

 

いつだったかインスタで見たキャニスターにもブルガリロゴが入っていて、そんなものまでブルガリかと驚いた記憶もありますし。

 

お金があるならそういうものが身の回りにあって当たり前なのに、いわゆるハイブランド品をほら!ほら!素敵でしょと見せていると、なにかモヤモヤします。

 

なんというか、素敵だからブルガリを持っているというより、ブルガリだから素敵、ブルガリなら何でも間違いなくセンスが良い、と思っているような、自分のセンスに自信がないのかなというような。

 

実際、この写真にあるような柄のスカーフ、「ブルガリ」というブランドがなくても買ったのでしょうか。

 

以前、Koki,さんと二人で変わったブルガリのサングラスをかけている画像を披露したときも、これ、本当に良いと思って買ったのかなと思いましたが。

 →工藤静香のインスタがステキ写真のはずがビミョー

 

最近の工藤さんのインスタからは、キレイな私アピールとお金持ってるアピール、娘は私の好きなブランドのアンバサダーなのよアピールを強く強く感じます。

 

お金持ちでも身についていないというか、Koki,さんがイベントで口にした「お昼間」という耳慣れない日本語を、工藤さんもディナーショーで連発していたという話を目にしたからか、どうしても頑張ってお上品にしている感じがしてしまいます。

 →工藤静香のビミョーな日本語がKoki,にも

 

インスタ始めた頃は、酵母を起こすところから始めるパン作りとか常備菜とか、純粋にスゴイなと思うところも多かったんですけどね。

 

長く表舞台から遠ざかっていて、今久々に注目を集めていて舞い上がっている状態なのかもしれませんね。

 

◆動画と静止画で顔が違うやないかーい

Koki,世間評→ geinou reading geinou ranking

Koki,世間評→ geinou ranking geinou reading

 

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

Koki,が出し始めたボロは工藤静香の間違った日本語から生まれる?業界でも「売出し失敗」の声!

ブルガリに続きシャネルのアンバサダーに就任し、大手メーカーの新商品のCMも決定、順風満帆に見える木村拓哉さんと工藤静香さんの次女Koki,さんですが、業界評としては「失敗」と見られているよう。

 

また、工藤さんの影響が色濃く見えるエピソードがボロとして不安視されています。

 

 

 

工藤静香のKoki,プロデュースの方向性は失敗

 

[以下引用]

「Koki,は、おそらく母親の工藤静香がプロデュースしていると思われますが、方向性を間違えてしまったように思えます」と、芸能プロダクション幹部がこう続ける。

 

「最初にファッション誌に登場した時は、どこの誰かも分からない、無名の新人という触れ込みでした。ですが、記事中にはキムタク・静香の娘だと匂わせる記述があり、すぐにスポーツ紙の報道で2人の娘だと判明しました。それは初めから仕組まれたことでしょうが、ミステリアスな存在で通した方がよかったと思います。その方が話題性もカリスマ性も維持できたと思います」

 

その後、静香はライブのMCなどでKoki,に触れることも多く、木村もついに娘について触れた。そして、Koki,の露出は目に見えて増えている。

[日刊ゲンダイ]

 

そうなんですよね、見え見えなんです。

 

一応、親は明かさずデビューするつもりだったけれどスポーツ紙にすっぱ抜かれた、ということだったと思うのですが、ヒミツにしたかった割にその後積極的に親子アピールしているために、全部仕組まれていたのがバレバレで。

 

世界で活躍するという言葉の通り、ブルガリ、シャネルと、世界的な高級ブランドの広告塔となりましたが、このKoki,さんに似合うとは言えない感じもゴリ押し疑惑の元でした。

 

親の売れ具合に応じて規模は大きく、またアンチも多いために厳しい反応も多いですが。

 

ちなみにブルガリとシャネルを掛け持ちするようなことはコカ・コーラとペプシコーラ両方のCMに出るようなもので通常ありえないと日刊ゲンダイにありました。

 

また、アンバサダーといってもKoki,さんの場合世界的なものではなく、国内向け、あるいはイベントの時だけの一時的なものだそう。

 

それをまるでブランドを背負って立つ専属モデルにでもなったかのように報じたのはマスコミだということですが、そういうのもキムタク家に対する忖度だったんですかねえ。

 

 

 

Koki,に心配される「ボロ」

 

[以下引用]

また、彼女の実力は未知数ではあるが、会見を見る限り、稚拙さは隠しきれない。まだ15歳でデビューして、数カ月しかたっていないのだから、それは致し方ないだろう。しかし露出が増えれば、ボロも出てくるだろうし、どうしても親のごり押しが強いのだろうと取られてしまう。

 

そういえば、会見でのコメントで「お昼間」という言葉を使っていた。“お昼”でも“昼間”でもない、違和感がある日本語だが、実はライブにおける静香のMCの中で、この言葉がよく出てくる。

[日刊ゲンダイ]

 

「お昼間」…

 

緊張したのかと思いきや、工藤さんも口癖とは。

 

◆英語喋りすぎて日本語わからなくなっちゃった?

工藤静香の英語熱→ geinou ranking geinou reading

工藤静香の英語熱→ geinou reading geinou ranking

 

木村家は独特の言葉遣いが多いですね。

 

木村さんがテレビで「シザーサラダが好き」と話したら工藤さんがインスタで「シザーサラダ」ドレッシングの作り方を披露する、ということがありましたが、本当はシザーサラダではなく「シーザーサラダ」です。

 →工藤静香の暴走が止まらない

 

「お昼間」も木村家言葉なのでしょう。

 

木村さんは番組で何回か「出汁」を「でじる」と言ったこともありましたが、Koki,さんが今後露出を増やしたときに「シザーサラダ」「でじる」なんて言わないことを祈ります。

 

 

◆木村拓哉の痛恨のミス!

なぜこれが放送された…→ geinou reading geinou ranking

なぜこれが放送された…→ geinou ranking geinou reading

 

※「だし」です

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※工藤静香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

業界で工藤静香が「ギラついてる」「増長してる」と話題!

木村拓哉さんと工藤静香さんの次女Koki,さんがモデルデビューし話題になり、ブルガリに続きシャネルのアンバサダーや大手のCMを獲得するなど大活躍を見せていますが、そのウラで母・工藤静香さんの増長ぶりがスゴイと業界で話題になっているんだとか。

 

 

 

高級住宅街をブンブン

 

[以下引用]

「芸能人やセレブが数多く住む目黒区の住宅地の狭い道を、工藤が乱暴な運転でガンガン突き進む姿が何度も目撃されているんです。近隣に住むという人の情報によると、工藤静香は助手席にKoki,を乗せ、いかにも“自慢の娘、そして私を見て!”という感じでドヤ感をプンプンさせていたらしいんですが、急いでいたのか運転が粗暴で危なかったとか。もちろん、走行速度は交通ルールをちゃんと守っていたそうですがね。一方で、キムタクはKoki,を車に乗せるときには助手席ではなく後部座席に乗せているそう。マスコミや野次馬にも配慮しますし、運転マナーにも気遣いがあるようです」(芸能記者)

[日刊大衆]

 

木村さんは2012年にスピード違反で、2017年には長女送迎中に玉突き事故を起こしていますから、かなり慎重になっているのかもしれません。

 →木村拓哉が調布路上で玉突き事故

 

座る位置は7月に週刊女性がKokiさんと木村さんのツーショットをスクープしたときはKoki,さんは助手席でしたが、それで改めるようにしたのかも。

 

工藤さんのは、本当なら止めてほしいですね。

 

速度が出ていなくても粗い運転は怖いですし、木村家の車は大きいものが多いですから迫力はすごそう。事故を起こしてからでは遅いです。

 

 

 

かなりギラついてる工藤静香

 

[以下引用]

「工藤静香はKoki,のマネージャーとして現場にも頻繁に顔を出しておりまして、3日に放送された『ノンストップ!』(フジテレビ系)ではKoki,の大塚製薬のCMに密着した取材VTRに工藤の姿が映り込んだことが話題になりました。それだけならまだいいのですが、とにかく娘の仕事方針に口を出すことで現場では“きつい”と不満の声が上がっています

 

6月5日発売の『女性自身』(光文社)では、工藤静香のステージママぶりを報道。衝撃デビューとして話題となったばかりのKoki,への仕事のオファーを工藤がすべて断っていると伝えた。

 

「一方、工藤本人はKoki,人気にあやかろうとしているのか、自己アピールがすごいんです。インスタグラムでも娘の名前を出し、“次女がヒールでスクワットがいいって言うから”とスクワットの動画を上げたり、花やペットの写真に挟んで自分の自撮りアップをアップしたりと、かなりギラついてる印象です。ネット上でも“自己顕示欲強すぎ”と評判はよくありませんね」(前出の芸能記者)

[日刊大衆]

 

工藤さんがフランスで撮ったKoki,さんとのツーショットをKoki,さんのインスタに載せたり、同じ紫陽花を同じ時期にインスタにあげたり、長女の存在もアピールしてみたりと、いろいろと匂わせてるのは確かです。

 

娘の名を売るために良かれと思ってやっていたのかもしれませんが、工藤さんのアイドル現役時代から培ってきた好感度の低さはなかなかのもの。

 

好感度の低い原因は過去の男性遍歴の噂など真偽不明の話だけでなく、SMAP解散騒動のときに工藤さん自身がフライデーの直撃で中居正広さんたち4人はお金を取り木村さんは人をとったとか、自己弁護に走るあまり人を貶めたことも影響していると思います。

 

その結果、ネットを見ていると親子であることが思い出されるとそれだけでイヤな印象を持つ人もいて、それをKoki,さんの印象にも引きずる人もおり、なかなか損してるんじゃないかと思ったり。

 

自己顕示欲が強いからアイドルをやっていたんでしょうが、娘のためを考えたら抑えるべきなのかもしれません。

 

◆工藤静香は有名ですが…

完全に一致画像→ geinou reading geinou ranking

完全に一致画像→ geinou ranking geinou reading

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※工藤静香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング