タグ:吉岡里帆の記事一覧

タグ:吉岡里帆
うざい?かわいい?吉岡里帆のMステでの椎名林檎のガチオタぶりが賛否両論

[スポンサーリンク]

 

10月25日に放送された『ミュージックステーション』で、吉岡里帆さんが椎名林檎さんのパフォーマンスに我を忘れて絶叫する一幕があり、ネット上ではガチオタぶりに賛否両論となっています。

 

 

 

 

 

 椎名林檎愛をアピールしすぎた吉岡里帆

 

[以下引用]
吉岡は以前から椎名と交流があると言い、「小学生のころから大ファン」「先ほどご挨拶させていただいたのですが、たじろいでしまうぐらい心から愛しています」と椎名への愛をアピール。

 

吉岡が椎名の楽曲の中でも「ありあまる富」の言葉に「何度も救われている」としみじみ語ると、椎名は「プロモーションまでしていただいて……ありがとうございます」と照れくさそう。「公然の秘密」について「誰かに魅了されたとき、自分だけがその魅力に気付いていると思いたいもの。だけどみんな知っているんじゃないかという、あの不安感を書いてみようと。あまり書いたことがなかったのでワクワクドキドキしました」と楽曲に込めた思いを話していた。

 

そうして、純白の衣装をまとった椎名がパフォーマンスを終えるなり、吉岡は「キャー! 最高!」と絶叫。感極まり泣きそうになりながら「ヤバいです。とろけました!」と感想を熱く語っていた。放送後、そんな吉岡の純粋さ、熱狂ぶりに「ガチオタ」「オタク全開でかわいい」と胸を打たれた視聴者が続出している。(編集部・石井百合子)

[シネマトゥデイ]

 

大興奮の様子がこちら。

 

 

小学生の頃からファンだったということで、そんな長い間好きだった人の生演奏を目の前で聴くことができたら、それは大興奮だったろうなと思います。

 

その感動をしっかり言葉や態度にできる、素直な人なんですね。

 

が、ネットでは吉岡さんの大興奮ぶりを「かわいい」と受け入れる声もある一方で、

 

「あれは、ガチヲタ感というよりわざとらしさが強調された感じ」

「カメラ来てからの絶叫。わざとらしい」

「過去には、竹原ピストル愛、欅坂46愛を語り、そして椎名林檎愛ガチオタではなく、ただの音楽ファン」

「うるさくてうざかった。ドン引きしちゃった」

「歌振りのときの余計なコメントといい わざとらしい涙目といい あざとい の4文字しか浮かばなかった」

「吉岡里帆が出るのを知って嫌な予感がしたから観なかった」

 

等々、冷めたコメントも多数見られます。

 

中には、「リハーサルでも見てるだろうに興奮しすぎ」というコメントもありましたが、まあそこは一度観たからとシラッとしているのは逆に不自然というか…。

 

 

嫌われ過ぎな吉岡里帆

 

[スポンサーリンク]

 

そもそもMステに吉岡里帆さんが出演したのは『時効警察はじめました』の主題歌が椎名林檎さんだからであり、それをSNSで予告した時点で、SNSには『時効警察』ファンから「時効警察では主役でもないのに、Mステまで番宣ねじ込みすぎ」「何も知らない人はあなたが主演だと勘違いするし、時効警察ファンは泣くと思う」「Mステは生放送なのでせいぜいいつもの空気を読まない言動は謹んで頂きたいです」辛辣なコメントがついていました。

 

これに対して吉岡さんは、「わかりました。嫌な思いをされないように気をつけて出演させて頂きます」「皆様お忙しいので、沢山の方にドラマを見て頂くために後輩が番宣をするのはとても大切な仕事です。そこだけは分かって頂けると幸いです」などなど、真摯に対応しています。

 

そしてMステ終了後にも同ユーザーに「先程本番が終わりました! 緊張しました。どうしても椎名林檎さんへの愛があふれ空気は読めていなかったかもしれません……」などと返信しており、なかなかまじめな人なんですね。

 

結局興奮しすぎて多くの人から反感を買ってしまったようですが、元が「あざとい」代表のように分類されている人なので、何をやっても厳しい声から逃れることは難しいのでしょう。

 

番宣でやってきたからにはそれなりに爪痕を残さないと、という意味では、吉岡さんはしっかり仕事したのでは。

 

◆気さくなのかあざといのか

吉岡里帆のこの行動→ geinou ranking geinou reading

吉岡里帆のこの行動→ geinou reading geinou ranking

 

※武田真治さんが、71歳にして40代の肉体を持つオトコに

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※吉岡里帆さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

「吉岡里帆に嫌がらせ裏工作をする女優」がわかり易すぎた結果、黒いウラが見えた

[スポンサーリンク]

 

「あざとい」の代表格として下げ記事も多い吉岡里帆さんですが、実は現場で直接顔を合わせるスタッフの間では挨拶もきちんとし、裏表や力のある人に媚びへつらう感じもなく評判がいいんだとか。

 

それにも関わらず下げ記事が出るのは、吉岡さんをやっかむ女優たちによる裏工作が原因では、と、嫌がらせをしている女優たちが非常にわかりやすいイニシャル記事で書かれた記事がありました。

 

しかしあまりにわかり易すぎて、ある疑惑が…

 

 

※女性スタッフからの人気が高いそうです

 

吉岡里帆をいじめる女優たちがわかり易すぎる

 

つい先日も、不思議ちゃんキャラを狙ったかのような行動が面倒だと記事が出ていた吉岡さん。

 

吉岡里帆がヤバイ…あざといのか天然か、キャラ作りがとても迷惑

 

そんな要素はまるでなく、むしろ女性スタッフの間でも評判が高く、他に挨拶すらきちんとできない女優も多いのに、なぜか吉岡さんの下げ記事がよく出る理由は、ズバリやっかみだと断じ、嫌がらせをしている女優のほぼ実名を出しているのがこちら。

 

 

[以下引用]

もう1人、多くの女優から指名を受ける、ベテランのヘアメイクアーティストの女性もこう証言しています。

 

彼女の事務所は人気女優を抱えるにしては、小さいところなんですよ。もう皆さんもお気づきかと思いますが、有名な役者を揃えてるとこって、ほとんどが大手事務所。例えば、うちのAという人気女優を出すから、売り出し中のBとCも起用してと、蓋を開ければ1つのドラマに同じ事務所の役者がずらりということは珍しくありません。吉岡さんは小さい事務所に所属しているのに、そう言ったバーターや裏工作もなく、主役をバンバン勝ち取ってる。あんまり大きな声では言えませんけど、清楚系人気女優Aや、ゲーム実況という新たな側面を見せているH、紅白の司会に抜擢されたA、そしてジャニーズと熱愛中のM、この辺りが特に吉岡さんをライバル視していて、関係者らも裏で悪口を言ってます。嫌われキャラを作り上げて、よくある手口ですがお抱えの芸能記者に書かせてるんだと思います」(ヘアメイクアーティスト)

[TABLO]

 

あんまりにわかりやすいのが、「ゲーム実況という新たな側面を見せているH」が本田翼さんというところですね。

 

そして「紅白の司会に抜擢されたA」は、歴代紅組司会者を調べると綾瀬はるかさんか有村架純さんしかいません。吉岡さんと有村さんは26歳、綾瀬さんは34歳ですでに築いた地位がありますし、どちらかといえば有村さんな気も。

 

あと、「ジャニーズと熱愛中のM」は松岡茉優さんでしょうか。

 

◆松岡茉優が有岡大貴と熱愛に至った理由

意外→ geinou ranking geinou reading

意外→ geinou reading geinou ranking

 

清楚系人気女優Aだけ、誰でしょうね。

 

ネットでは新垣結衣さんの名前が出ていますが、新垣さんは31歳でちょっと年代が違うのと、綾瀬さん同様、吉岡さんをライバル視するような立場にいないと思うのですが。

 

というか、こんなわかりやすいイニシャル記事ではむしろ名前の出た人を下げるための記事のような…

 

 

全然小さい事務所所属じゃない吉岡里帆

 

[スポンサーリンク]

 

本田さんは空気を読まないところもあり、松岡さんは「悪口大好き」とにっこりしていたこともあるので、まあ好感度の塊とも言いませんが、こんなふうに事務所込みで影で暗躍しているなんてイメージダウンになります。

 

だいたい、本田さんは女優業にこだわっておらず、ゲームとモデルができればいいという話なのに、吉岡さんを牽制しようとするものなのでしょうか。

 

そもそも吉岡さんの事務所が小さいということですが、吉岡さんの所属事務所であるエー・チームは小さくともバーニング系列です。

 

本田さんはスターダスト、松岡さんはヒラタオフィス系と大きいといえば大きいですが、有村さんはフラームという、広末涼子さんや戸田恵梨香さんはいるもののバーニング系列に裏工作するほどかなあと疑問な事務所に所属しています。

 

そういう意味では清楚系人気女優Aで名前があがった新垣結衣さんはレプロ所属でバーニング系列ですから、同じ系列でつぶしあいするとも思えませんし、やはり清楚系Aは新垣さんではないんでしょうね。

 

元記事には「向かうところ敵なし、と言っても過言ではない女優の吉岡里帆さん」「演技力の高さと唯一無二の佇まいが業界から評価され」とか吉岡さんをものすごく上げてるのも気になります。

 

やっぱり今回の記事は吉岡さんサイドから出たもので、いじめの事実はないのでは…

 

そういえば本田さんは本田さんで意地悪されたことがあると番組で明かしたことがありました。

 

大炎上!本田翼が「意地悪された芸能人」暴露で「本田翼の方が性格悪い」の声

罰ゲームで以前、女優の仕事をしたときに会った人に意地悪された人を暴露したのですが、それを聞いたくりいむしちゅーの二人の反応が「歳的には(本田と)あまり変わらない。ベテランじゃないじゃない」「全然真逆。どっちかって言うと明るくて元気みたいな」というものでした。

 

吉岡さんでも当てはまりそうですし、この当時吉岡さんの名前も上がりましたが、共演歴がないようなので違うようですね。

 

いずれにせよ、きれいな人が集まる芸能界ですが、ウラは汚いということで。

 

◆本田翼が広末涼子と綾瀬はるかを固まらせた事件

空気がヤバイ→ geinou ranking geinou reading

空気がヤバイ→ geinou reading geinou ranking

 

※ちなみにキメ顔は左から

[Amazon]

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※吉岡里帆さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

吉岡里帆がヤバイ…あざといのか天然か、キャラ作りがとても迷惑

[スポンサーリンク]

 

吉岡里帆さんは近年稀に見る「カメラマン泣かせ」の女優と呼ばれているんだとか。

というのも、行動がかなりヤバイようで…

 

 

 

 

吉岡さんは業界で写真を撮るのが難しい女優として有名なんだとか。

 

というのは、吉岡さんは目線や顔の向きを不自然に変え続けるためシャッターチャンスが非常にわかりにくい、ということのよう。

 

人によって差異はあるものの、一般的にアイドルは“撮られ方”を意識しトーク中でも適所でカメラに向けて目線を送り、女優の場合は司会者など会話の相手の顔を見るか、そうでない時は真正面を向いていることが多いそう。

 

しかし吉岡さんはどちらにも当てはまらず、キョロキョロとあたりを見回したり、突然視線を別の方向に向けるなど、まったく予測がつかない動きをするんだとか。

 

そのため「カメラマン泣かせ」と言われているようで…

 

しかし、この日は、イベントの主催者サイドも吉岡の“視線問題”を把握していたのか、こんなカンペを掲げていたという。

 

「イベント関係者が、視線の定まらない吉岡に対して、随所で『正面を見て』とカンペを出していたんです。こんなカンペは前代未聞のため、吉岡に手を焼いていたカメラマンや取材陣たちは『あのカンペ、見た?』などと盛り上がっていましたよ。イベント中に、子役でもないのにあそこまでキョロキョロするなんて、キャラ作りとして“不思議ちゃん”を狙っているとしか思えませんね」(テレビ局関係者)

[サイゾーウーマン]

 

これは先日の「エンジェルハート」のイベントだったそうですが、公開されている写真はどれもきちんとしていました。

 

これが「正面を見て」カンペの成果なのでしょうか。

 

と言っても、以前の写真もきれいですから、カメラマンの腕の良さなのかもしれませんが。

 

しかし子役でもないのにあそこまでキョロキョロするなんて、と言われるほどに落ち着かないとは。

 

単に緊張しているとかじゃなく本当にキャラ作りが目的なら、ちょっと迷惑ですね。

 

ちなみに吉岡さんは現在26歳。

 

今から不思議ちゃんキャラを狙っていては、なんとなくプッツン女優と言われた系列にいってしまいそうですが…

 

◆気さくなのかあざといのか

吉岡里帆のこの行動→ geinou ranking geinou reading

吉岡里帆のこの行動→ geinou reading geinou ranking

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※吉岡里帆さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

吉岡里帆がトラブル続き!実弟が花田優一に弟子入りもクレーム処理で「私も共犯になってしまう」

テレビで共演して以来仲がよいと言われる花田優一さんと吉岡里帆さんに亀裂が入ったと女性自身が報じています。

 

吉岡さんが溺愛する弟を花田優一さんの弟子にしたところ、パワハラが原因で3ヶ月ほどで辞めてしまったんだとか。

 

 

※使命ってなんですか

 

 

花田優一さんの本業である靴「職人」の仕事は、昨年から顧客とのトラブルが度々報じられています。

 

注文から商品の受け渡しまで時間がかかりすぎる、または渡されない、サイズが合わない、しかしお金だけはしっかり受け取っている、などなど。

 →花田優一に金銭トラブル

 

そんな報道が出る1ヶ月ほど前の2018年9月に、花田さんは周囲に「吉岡里帆ちゃんの弟Tさんも、俺の弟子になったからね」と自慢していたとか。

 

弟子のTさんは吉岡里帆さんの実弟で、地元である京都のフレンチレストランで修行しており、吉岡さんも応援の意味を込めて店を訪れたときには写真をインスタに上げるなどしていたのですが、吉岡さんの成功を見てTさんも東京で力を試したいと思うようになり、吉岡さんが紹介した花田さんに弟子入りすることになったそう。

 

※なぜ紹介

[Amazon]

 

[以下引用]

大きな希望を胸に抱いて上京したTさん。だが彼を待っていたのは悪夢の日々だった。

 

「優一氏は顧客たちからのクレームの処理をTさんにやらせていたのです」(前出・優一の知人)

 

前出のAさんは言う。

 

「靴も完成せず、返金を求めると花田氏と連絡がとれなくなりました。困っていた私に代わりに電話をくれるようになったのがTさんでした」

 

奇妙な話だが、返金を求めるAさんと、真面目に対応を続けるTさんは連絡を取り合っているうちに、少しずつ信頼関係を築いていったという。

 

「次第にTさんは花田氏に弟子入りしたことを後悔するようになっていました。私にも『師匠が靴を作っている姿をほとんど見たことがない』『お客さんからのクレームを報告しても、まともに取り合ってもらえない』などと話すようになったのです。飲み歩いていて工房に帰ってこない花田氏を深夜まで待っていなくてはいけないこともあったそうです」

 

Aさんは弟子を辞めるように勧めたという。するとTさんは苦しげにこう語ったのだ。

 

「師匠がやっていることは、詐欺と言われても仕方がない。でもここで逃げたら、私も“共犯”になってしまうから、頑張ってお客さんの対応を続けたい」

[女性自身]

 

しかし結局のところは、弟子入りから3ヶ月ほどで靴職人の道を断念したとのこと。

 

ちなみにTさんは23歳。

 

花田さんと同い年です。

 

フレンチレストランで修行しており、吉岡さんもそちらを応援していて靴職人への方向転換には反対していたといいますが、Tさんはなぜそこから花田さんに弟子入りしたのか…。

 

本気で靴職人になろうとしたなら、23歳という年齢を考えたら、たった3年修行して結果を出していない同い年の人の元につくよりももっと確実な道があったと思うんですが。

 

女性自身にあるようなTさんの逃げない姿勢は立派だと思うのですが、ちょっと23歳にしては甘かったような…。

 

女性自身がTさんへの指導について花田さんを直撃取材したところ、微笑みが一転、とたんにムッとした表情になり、「あ~、もう辞めているしね。理由? まぁ彼にもいろいろと考えがあったのでしょう」と答えたそう。

 

一方で、弟の苦悩の日々を知った吉岡さんは号泣したといいます。少し前には「父親がNHK勤務」というガセを週刊新潮に報じられて大変でしたし、苦労が絶えませんね。

 

花田さんと吉岡さんが仲良くなったのは、それぞれ実妹や実弟を溺愛するというその性質がきっかけだったといいます。

 

それだけ溺愛する弟がこういう辞め方をしたなら、今後の付き合いはなくなりそうですね。

 

父である元貴乃花親方は優一さんのことを職人としても中途半端で「花田の姓にふさわしくない」とまでかなり厳しく糾弾していましたが、もうそのとおり、としか言えません。

 

Tさんサイドの話しか出ておらず優一さんにもなにか言い分があるのかもしれませんが、靴の仕事でクレームの出ていることは事実です。

 

本業は靴「職人」であるはずの花田優一さんがタレント業に勤しんだ年末年始でしたが、もしかすると最後の稼ぎ時だったかも。

 

◆吉岡里帆の弟

似てるかも→ geinou ranking geinou reading

似てるかも→ geinou reading geinou ranking

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※花田優一さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング