パンくずリスト
  • ホーム
  • 佐々木希
タグ:佐々木希

 

「いい夫婦の日」の11月22日に結婚を発表した極楽とんぼの山本圭壱さん(54)と元AKB48の西野未姫さんを巡り、テレビ局がその取り扱いに困っているといいます。

 

というのも、31歳という年の差もあって大きな注目を集めているのは事実で、その話題性から番組出演オファーも出そうな気配なのですが、視聴者からの嫌悪感がハンパないんだそうで・・

 

※半熟ですってよ

 

 

[以下引用]

「山本は、自身が出演しているラジオ番組『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)で、相方の加藤浩次と共にのろけ話に花が咲きました。西野もABEMAで配信している『ABEMA的ニュースショー』に生出演し、なれ初めなどを赤裸々にトークしていましたからね。今後は、2人そろっての出演オファーがあるかもしれません。そうなれば、山本の完全地上波復帰も夢じゃない」(スポーツ紙記者)

 

芸能界から多くの祝福の声が寄せられる一方、一部ではこんな意見もあるという。

 

「山本が芸能界を干されるきっかけになったのは、2006年に未成年の少女との飲酒や淫行容疑が原因でしたからね。示談が成立し、不起訴処分になったことや山本が相手の年齢をきちんと確認していなかったことなどで同情の声も上がった事件でした。ただ、今回の年の差婚で当時の報道を思い出したという人も多いはずです」(前同)

 

ネット上にも《性癖と無関係と思えない》などの声が散見され、芸能界のような祝福ムード一色ではないのも現実だ。

 

「実は、西野も視聴者ウケがいいタイプではありません。AKB48を卒業後、番組でアイドル時代のファンをバカにしてネタにするなど、反感を買っている。正直、バラドルとしての評価も低いため、夫婦で番組に出演できたとしても新婚時期だけだと思います。庄司智春と藤本美貴のような存在には到底なれない」(芸能プロ関係者)

 

山本同様、本来は祝福されるはずの話題で、逆に過去のスキャンダルが蒸し返されるケースは他にもあった。

 

「先日、妻の佐々木希が第2子を妊娠したことを公表したアンジャッシュの渡部建です。彼も、ようやく世間が〝多目的トイレ不倫〟を忘れかけているところに妻の妊娠発表で視聴者が思い出したパターン。こちらも、おめでたい発表が逆効果になり、またしばらく地上波完全復帰が遠のいたといえるかもしれませんね」(同・関係者)

[週刊実話]

 

山本さんの場合、地上波テレビへ復帰するきっかけが欲しいだけで、ずっと”年の差結婚”のネタを引っ張るつもりはないと思いますけどね。

 

西野さんもその辺りは分かっているはずで、自分のダンナをなんとか表舞台に復帰させ、昔のように第一線で活躍できる手助けをしたいと考えているのでは?

 

ただ、やはりロリコン疑惑で去った人が、50歳を超えてもまだ同じ性癖を引きずっている疑惑が再浮上したというのは、特に女性視聴者からは「気持ち悪い」と見られても仕方ないような。

 

渡部さんの件も、記事にもありますが、妊娠を発表した佐々木希さんのSNSにも、

 

「気持ち悪くて仕方ない」

「私だったらぜったい無理!」

 

などなど、

 

「誰もオマエに聞いてねーよ!!」

 

と言いたくなる嫌味コメントが数多く寄せられていましたからね。

 

世間の目はかなり厳しいはず。

 

ですが、山本さんも渡部さんもいまだに芸人仲間から救いの手が差し伸べられていることから察するに、彼らを慕っている人たちが一定数いることは間違いありません。

 

また、二人とも芸人として出始めた初期の頃はそれなりに面白かったのも事実。

 

今の時代、実力さえあればネット配信系の動画プラットフォームでいくらでも”復活”できますし、わざわざスポンサーがうるさい地上波テレビにこだわる必要もないと思うんですけどね・・

 

その辺り、テレビで甘い汁を吸ったことが忘れられないとか?

 

いずれにせよ、女性視聴者がメインのテレビに復帰することを第一に考えるのではなく、まずは”芸人”としての実力を世間に知らしめて、新たなファンを獲得することが先決なのではないかと。

 

そうすれば、自然とイメージも改善されて、テレビの方から擦り寄って来るはず!?

 

ただ…渡部さんは多目的不倫が報じられる前にYoutubeでは登録者数が伸びないことで話題になっていましたね。

 

要するに、騒動前から好感度が低めだったわけで。

 

その辺は、山本さんにも共通してるんでしょうね。

 

よほどなにかがないと難しいでしょうが、家族のためにも、周りの力も借りつつ頑張らないといけませんね。

 

◆「不倫はしてはいけない」

それをお前が言うのか→ geinou ranking geinou reading

それをお前が言うのか→ geinou reading geinou ranking

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※佐々木希さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

先日、佐々木希さんが第2子を妊娠したことをインスタで発表し、お祝いの言葉とともに皮肉も殺到して話題になりましたが、そんな中、夫である渡部建さんだけはなぜか意気消沈しているといいます。

 



 

 

[以下引用]

「子作りは家族計画そのもの…という言葉が身に染みているんです。現在、渡部家の大黒柱は佐々木。彼女が休業してしまうと食べていけないんですよ」(芸能プロ関係者)

 

渡部が佐々木と結婚したのは2017年のこと。翌年には第1子となる長男が誕生し、当時、超売れっ子だった渡部は年収1億円超え。家計を支えているのは、もっぱら渡部だった。ところが、事態は一変する。

 

2020年に「多目的トイレ不倫」が露見し、芸能活動休止に追い込まれた渡部。早期復帰を目指すものの、女性視聴者からの猛バッシングに遭い、あえなく断念する。悲願がかなったのが騒動から1年7カ月後の今年2月。『白黒アンジャッシュ』(チバテレ)で芸能活動を再開させたが、復活と呼ぶには程遠い有り様なのだ。

 

期待していた地上波キー局から一切、お呼び掛からないんです。不倫で被った違約金は、これまでの蓄えと足りない分は佐々木が事務所から前借してすべて清算済み。あとは、昔のようにバリバリと稼ぐだけと勢い勇んでいたんですが、やはり多目的トイレ不倫の印象が悪く、渡部を見ると気持ちが悪くなる人が多いようです」(事情通)

 

そうした中、渡部が取った行動が直電作戦。旧知の間柄であるテレビマンの携帯電話に、あいさつを装って売り込みを掛けたのだ。ところが…。

 

99%の関係者が電話に出ない。中には露骨に着信拒否されたケースもあるそうです。現在の渡部に対し、120%の確率で営業サイドのOKが出ません。変に安請け合いをすると、こちらが詰んでしまうからです」(芸能プロ関係者)

[週刊実話]

 

ということですが、ゴールデンボンバーの歌広場淳さんのケースと合わせて考えると、どうして渡部さんが「復帰できない」のかが見えてくるような気がします。

 

◆いきなりオレ?

ゴールデンボンバー「ホントに全国ツアー2013~裸の王様~ 追加公演 at 国立代々木競技場第一体育館 2013.10.7 feat.歌広場淳(本編Disc)

「ホントに全国ツアー2013~裸の王様~ 追加公演」2013.10.7 feat.歌広場淳

[Amazon]

 

二人とも単なる不倫というだけではなく、複数の女性たちをまるで「モノのように扱った」ことが、女性たちから総スカンを喰らっている最大の原因でしょう。

 

さらに、スキャンダルが発生する前から「人間性に疑問符を持たれていた」ことも、両者に共通しています。

 

渡部さんの場合、最も身近な存在である相方・児嶋一哉さんからもケチョンケチョンに言われてましたし、あのガーシーも最初のターゲットに渡部さんを選んだことについて、

 

「オレもそうだけど、散々世話になった(逢引場を提供した)ホテルのオーナーに対しても、感謝の言葉がイッコもなかったやろ!」

 

と、その傲慢でクズな人格を暴露されていました。

 

佐々木希が渡部建の芸能活動休止を宣言!「あの人のビョーキは簡単には治らない」しばらくは主夫業に専念へ

 

歌広場さんも、かつて池脇千鶴さんが高次脳機能障害を負った人の役を演じた時、その振る舞いをチンパンジーにたとえて大炎上したことがあります。

 

◆彼にとっては通常運転だったようで。

ごめん、愛してる Blu-ray BOX - 長瀬智也, 吉岡里帆, 坂口健太郎, 大竹しのぶ

ごめん、愛してる Blu-ray BOX

[Amazon]

 

[文春第二弾]歌広場淳、他に6人もいた!あまりに複雑な並行交際が異常。妊娠中絶要求も2度め

 

正直、二人とも公共の電波を使ったメディアであるテレビ復帰は諦めた方が良いような。

 

渡部さんの場合、テレビなど使わなくても”本格派芸人”としての卓越したお笑いスキルがあるわけですからね。

 

すでにお笑いに見切りをつけ、俳優業に片足を突っ込んでしまった児嶋さんに頼らず、ピン芸人としてユーチューブやTikTokなどでひたすらネタを披露していけばいいだけの話。

 

実力があるんですから、ほどなくしてネトフリやアマプラといった資金潤沢な動画配信プラットフォームからお声が掛かるのは間違いないでしょう。

 

そうすれば、妻から大黒柱の地位を奪還できるはず。

 

テレビでラクに稼ごうとばかりしないで、初心に返ってガムシャラに頑張ってみてはどうですか、渡部さんっ!?

 

◆アノ頃は輝いていた・・

 アンジャッシュ厳選動画集→ geinou ranking geinou reading

 アンジャッシュ厳選動画集→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※渡部建さん、佐々木希さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

4月30日放送の日テレ系バラエティ番組「1億3000万人のSHOWチャンネル」に出演し佐々木希さんが、第二の渡部建として業界人から注目を集めているといいます。

 

同番組では、千葉県富津市の港町を訪れ、地元料理の食レポをしながら”幻の黄金アジ”を使ったアジフライづくりに挑戦するーという内容だったのですが・・

 

 

◆マジで万超えの価値はあります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】関冷刺 関あじ(大) 400g〜500g 3枚おろし 魚 下処理...

価格:10000円(税込、送料無料) (2022/5/7時点)


楽天で購入


 

 

[以下引用]

番組冒頭のスタジオトークで、「ロケに1人で行くのは、あんまりない」「素が出ちゃったかも…」と語り、慣れないロケに四苦八苦した様子の佐々木。

 

「漁港を訪れた彼女は、富津名物の“江戸前オイスター”という牡蠣の食レポに挑戦しました。しかし、発したコメントは“美味しい”や“大好き”など、非常にシンプルなもの。続いて富津産の海苔を使用した“鉄砲巻き”という名物の寿司を食べた際にも、“海苔おいしい。江戸前、全部、おいしい…らしいです”とたどたどしく、食レポとしては物足りない感じでした」(制作会社関係者)

 

食レポと言えば、佐々木の夫である渡部建も、かつては「芸能界のグルメ王」としてバラエティ番組で完璧な食レポを披露していた。せっかくなら、夫・渡部が穴をあけてしまった“グルメタレント”枠に、佐々木が収まってほしいものだが……。


「今回の食レポを見る限り、すぐにグルメ枠を勝ち取るのは難しいでしょう。しかし、佐々木さんは、気さくに漁師たちに話しかけることで富津のロケを盛り上げていました。また、“江戸前オイスター”の食レポに挑戦する際には、スタジオでVTRを見ていた平成ノブシコブシの吉村崇さんが、“牡蠣がデカイのが、(佐々木の)顔が小さいのか分かんない”といったコメントを残す一幕があったりと、佐々木さんの持ち前の明るさや、美貌、スタイルの良さを活かしたロケスタイルを貫けば、今後はグルメタレントとしてのブレイクがあるかもしれません」(前同)

 

また、コーナー後半の富津の黄金アジを釣りに行くロケでも、佐々木は独自の魅力を発揮していた。

 

「漁船上のロケで、佐々木さんは寡黙な漁師さんに積極的に黄金アジの漁獲法を尋たりと、終始、和やかなムードで漁を手伝っていました。その甲斐もあってか、目的の黄金アジも大漁にゲット。金色に輝く黄金アジを目の当たりにし、漁師さんから、“あなたみたいだよ”というコメントを貰った際には、“やだぁ”と、ひと言だけ発して照れている佐々木さんの姿に、スタジオから笑い声が起きていました。

 

その後も、“佐々木は魚がさばける女優”というテロップと共に、手際よく黄金アジをさばく佐々木さんの姿が映ったり、黄金アジの刺身を食べた際には、“とにかく、ぶりんぶりん!”と、とてもシンプルなコメントを残して、スタジオの爆笑を取ったりと、大活躍でした。近年の、情報をしっかり伝える流ちょうな食レポが全盛の時代では、佐々木さんのシンプルなコメントは逆に新鮮。黄金アジを引き当てる釣運も持っていますし、これからは、佐々木さん独自の食レポ路線がウケるかもしれません」(前同)

 

夫の渡部は食レポ番組への出演は無理そうだが、その空いた“グルメ枠”を佐々木が継承してくれるかもしれない。

[日刊大衆]

 

正直、のぞみんに気の利いたトークを求めるのは無理だと思います。

 

だって、ドラマのセリフですら棒読みなのに、その場で臨機応変に自分の言葉でコメントを出すなんて、ちょっとハードルが高すぎますから。

 

いくらルックスや愛想が良くても、視聴者に”伝える”仕事は向いてないと思います。

 

じゃあ、どんな方向性で売っていけばよいのか?

 

今回、佐々木さんは漁船の上で釣ったばかりのアジをテキパキと捌きましたが、そんなことができちゃう女性芸能人なんて聞いたことがありません。

 

となると、その武器を最大限に活かして”異色のママタレ”として売り出したら面白そう。

 

たとえば、船釣りや家庭菜園で食材をゲットするところから始めて、最終的に素敵な料理に仕上げるところまで”通し”で披露するようなYoutubeチャンネルとか。

 

動画が厳しいなら、インスタでその様子を披露するだけでも良いかと。

 

他のママタレとは一線を画して、TOKIOの鉄腕DASH系の「やってみよう!」な要素を盛り込んだ内容なら、トーク力がなくてもイケるような気がします。

 

いろんなところから、スポンサーも付きそうですしね。

 

もちろん、そのサポートは夫である渡部さんが務めると。

 

画面には映らなくとも、妻を献身的に支えて”夫婦チャンネル”的な構成にすれば、渡部さんのイメージも少しずつアップして、そのうちグルメ王の座に戻れるかも?

 

どうですか、佐々木さん!渡部さんっ!!

 

◆時代はコッチ系に流れています

 どうですか?→ geinou ranking geinou reading

 どうですか?→ geinou reading geinou ranking

 

※あーしも釣りは得意だし魚も捌けるよ

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※佐々木希さん、渡部建さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

 

多目的トイレでの不倫などが原因で芸能活動を自粛していたアンジャッシュの渡部建さんが、今度こそ本当に復帰すると報じられています。

 

 

 

[以下引用]

お笑いコンビ、アンジャッシュの渡部建が、近く芸能活動を再開することが3日、分かった。関係者が明かしたもので、かつて相方の児嶋一哉と司会を務めていたチバテレ「白黒アンジャッシュ」(火曜午後10時)の今月15日放送回で、テレビ復帰が予定されているという。

 

渡部は女優佐々木希と17年4月に結婚したが、20年6月に週刊誌で複数の女性と多目的トイレなどで不倫していたことが報じられ、テレビ番組などの出演を全面自粛。事実上の芸能活動休止状態となっていた。その後はかつてレギュラー出演していた番組での復帰などが何度も報じられるも実現せず。21年2月には豊洲市場の仲卸業者で働いていることが明らかとなるなど、表舞台から遠ざかる時間が続いていた。

 

復帰の場となる「白黒アンジャッシュ」は04年に始まったコンビ初の冠番組。渡部の騒動後は収録済みの番組がお蔵入りとなるなど余波も受けたが、児嶋が1人で司会を務める形で継続。騒動後の20年6月30日の放送では番組冒頭で児嶋が1人で今後の方向性について説明するなどしていた。

 

世間を揺るがせたスキャンダルから約1年8カ月。渡部は相方と共に思い入れのある番組から再スタートを切る可能性が高まっている。

[日刊スポーツ]

 

 

報じてるのが「一流紙」の日刊スポーツなので、本当に復帰するんでしょう…

 

って思ったら、最後の最後で

 

「再スタートを切る可能性が高まっている」

 

なんて、見げ道を残してるところを見ると、まだ確定ではないのかな?

 

ちょっと前にはこんな記事も出てましたが、

 

佐々木希が渡部建の芸能活動休止を宣言!「あの人のビョーキは簡単には治らない」しばらくは主夫業に専念へ

現在放送中のテレ東系深夜ドラマ「ユーチューバーに娘はやらん!」での棒演技ぶりを見た業界関係者からは、

 

「やっぱり、彼女に女優は無理だ・・」

 

との声が、改めて飛び交っているといいますから・・

 

ドラマを見た視聴者は、彼女の稚拙な演技に改めて驚いたのではないか。芸能界の棒女優というと、本田翼が1位、佐々木は2位というのが最近の評判。というのも、佐々木はドラマからお呼びがなかったのに対し、本田はバンバン出演。演技はヘタでも比較対象がなく、本田の〝棒〟が一人歩きしていたのです」(テレビ雑誌編集者)

 

本田は高視聴率ドラマ『ラジエーションハウス』のⅠ、Ⅱに連続ヒロインで登場。その演技がネットメディアを中心に話題になった。

 

「医師役なのに、病院内で泣いたり騒いだりのトンデモ演技。しかも技師に判断をあおぐ狼狽ぶり。何の役なのかサッパリ見えないのが〝本田棒〟の特徴です」(前同)

 

そんな中での佐々木の連続露出だ。『ユーチューバーに――』を見た視聴者からは、《やはり佐々木が真の1位》などの声が出たという。

 

佐々木の難点は、表情全体にリアルさがないこと。喋ってもマンガみたいな演技になってしまう。一方の本田は、必死に喋る姿が場に合っておらず、浮きまくって見える。そんな中、今回の佐々木ドラマを改めて見ると、佐々木が本田を1ミリ程度上回った気もします。あくまでも〝ミリ差〟ですが…」(ドラマライター)

[週刊実話]

 

下衆スキャンダルを起こした夫を必死に支える妻ということで、佐々木さんには同情と応援の声も数多くあり、その勢いで女優業にカムバックしたのですが・・

 

やっぱり、ダメでしたか。。

 

せっかく朝ドラ「カムカムエブリバディ」にも出演するなど、上昇気流に乗っていたのに残念です。

 

 

◆そんなにヒドイ?ご自分の目でお確かめ下さい

 動画→ geinou ranking geinou reading

 動画→ geinou reading geinou ranking

 

 

こうなると、やはり渡部さんが芸能界に復帰しないと食べていけないですよね。

 

なにしろ「愛よりお金が全て」ですから・・

 

佐々木希、離婚宣言はフェイク!「愛よりお金がすべて」発言の真意とは?

 

ということで、本人の希望とは関係なく、どうやら復帰せざるを得なさそうな渡部さん。

 

まあ、スキャンダルが報じられた後に噴出した後追い報道を見るに、渡部さんはスタッフに嫌われていたのかなと思うことがしばしばありました。

 

結局それが、犯罪でもないのにここまでテレビ復帰が遅れた原因なのかなと思います。

 

または、「渡部健じゃないとおもしろくない」みたいなモノがなかったのか。

 

過去、何度も「復帰か?」と言われては拒絶の声が上がってましたし、その中には内部情報を漏らした人がいるとして思えないような暴露情報もありました。

 

それが観測気球的なものだったなら仕方ないですが、渡部さんの復帰を邪魔したい人が敢えてマスコミにリークしていた、とかだったら辛いですよね・・

 

個人的には、ここまで求められていないのに復帰することに同情してしまいます。

 

ただ、表に出ない仕事をしたとしても、一緒に仕事する人の目が痛かったり、恥ずかしいことには変わりないのかもしれません。

 

それならテレビの方がギャラもいいし、頑張る気になるのかも。

 

復帰することを決めたなら、今度は「渡部健じゃないとおもしろくない」と言われるようなモノを作ってほしいものです。

 

※バレンタインにどうぞ!

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※佐々木希さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング