タグ:佐々木希

 

多目的トイレでの不倫を週刊文春に報じられ、活動自粛中のアンジャッシュの渡部建さんが、その文春のインタビューに答えています。

 

渡部さんの反省の弁、涙はともかくとして、離婚も別居もしないと決めた妻・佐々木希さんの懐の深さに驚きました。

 

 

※綺麗なだけじゃないんですね。

 

 

 渡部建の反省の弁

 

週刊文春には所属事務所社長とともに文藝春秋社を訪れインタビューに答えたときの渡部さんのやつれた写真とともに、反省の弁が綴られています。

 

詳細は本誌にありますが、要約すると、

・自分の思い描いたビジョン通りに人生が展開し慢心していた

・相方・児嶋一哉さんや浮気相手を含めて、すべての他人に対して思いやりがなかった。とにかく反省してる

・妻のことはずっと愛してる。気持ちが浮ついたことはない。感謝してる

・現在はクライアントにお詫び行脚している

・芸能界に復帰できるとは考えていない

 

渡部さんの浮気相手に気持ちがいったことがないというのは、本当だったんだと思います。というのも、相手に対してそもそもの認識が違うというか。

 

[以下引用]

「デートクラブのように安全に遊べる子たちというふうに認識していました。彼女たちは『接待で政治家や力士やプロ野球選手の集まりに行ったりしている』と話していた。皆さんが安全に遊べるような環境を作っていると伺って『こういう世界があるんだなぁ。こういう人たちなら安全に遊べるのかな』と思ってしまった。思い起こせば、独身時代はとにかく独身をとことん謳歌しなくてはと思い、好き勝手に過ごしていました。妻と知り合ってから安全な遊び方を知り、そこから抜け出せなかった。いろいろ許容してくれていたので、図に乗ってこういうふうになってしまった。彼女たちに対しては気持ちのないまま接していたし、気持ちの上で浮ついたことはありませんでした。僕は今でも妻を愛しています」

[週刊文春]

 

 

愛してるなら浮気しない、と思うのですが、以前文春にあった、一部男性は全てを求める、その全てには美しい妻と美しい浮気相手も含まれるというのを思い出しました。

 

そして相手女性に対しては、ほんとにインスタントな関係としか感じていなかったんだなと。

 

逢瀬の場を多目的トイレにしていたことについて、相手女性が不快感をもっていたと伝えると、「大変失礼で、卑劣で、最低なやり方だったなと思います。自分の取っていた行動のおぞましさとか、世間に与える影響とか、家族や親族をどういう風に傷つけてしまうのかとか、いろんな思いがありました」と反省していましたが、とにかく相手に対して関心がなかった、気持ちを思いやることもなく、パーソナルなことも知らずにそれだけの関係だったんだなと。

 

本当に、調子に乗っていたんでしょうね。「オレもこんなふうに遊べるようになったんだなニヤニヤ」くらいの感じだったんでしょう。

 

 

 「離婚しない」を選択した佐々木希の言葉

 

[スポンサーリンク]

 

ちなみに同席した社長はこんなコメントを。

 

[以下引用]
「六月六日、渡部が直撃取材を受けたとマネージャーから聞いて、(不倫スキャンダルを起こした)他の方々がやってきていることと同じようにするしかないと思っていました。芸人だからいじられて、なんなら(相方の)児嶋一哉が『俺じゃねえよ!』と言うとか、いろんな形を想像していた。でも、その後、事務所に紙(質問状)が届き、『多目的トイレ!? えっ、これ気持ち悪ぃじゃん。種類が違うじゃん』って考えを改めたんです。それで六月八日の段階で自粛という形に腹が固まった」

[週刊文春]

 

この気持ち悪さ、多くの人が感じたと思いますが、妻・佐々木さんにとっては、気持ち悪いながらも別な意味もあったかも。

 

離婚を選ばなかったのは、結局気持ちが渡部さんにあるということと、きっと渡部さんもそういう風に接していたんでしょうね。

 

それなのに実は別なところで、という裏切られた感はあるでしょうけど、それ以上に、この相手女性との愛のカケラもない感じが救いだったのかもしれません。これで誕生日にはディナーとプレゼント、みたいな、一般的な交際みたいな不倫だったら、再構築は望まなかったかも。

 

今回の件での佐々木さんの反応がこちら。

 

[以下引用]

「記事を見て、妻は失望していましたね。怒りもあるし、呆れもあるし。これだけのことをしてしまったので、今でも家族と向き合い、話し合っている状況です。妻からは『生き方をすべて改めなければいけない』と言われました。『あなたはどこかで舐めて生きている。どこかで調子に乗って生きている』と。そういうのを改める絶好の機会と言ってはアレですけれど、妻からは『すべてを変えて、誠実に、謙虚に、反省しながら生きていく人生にしていかなければいけない』という話をされました」

[週刊文春]

 

文春のインタビューを受けることについても、「感謝すべき。あなたはこういう機会がないと、本当に生まれ変われないんだから」「生き方、考え方が間違っていたのだから。あなたはそれだけのことをしてしまった」「前のままのあなたで生きていくことのほうが不幸だよ」と話したとか。

 

度重なる浮気をして、相手女性を人とも思わないような扱いをして、最低だし切り捨ててもいいと思うのですが、生まれ変わる可能性に賭けてるんでしょうね。

 

これまで一度も浮気に気づかれなかったということなので、佐々木さんは渡部さんを信じ切っていたんだと思いますが、これからは違います。裏切られた分、疑ったり信じられない辛さもあると思うと、別れちゃったほうが楽なんじゃないかとも思いますが…

 

佐々木さん32歳。渡部さん47歳。

 

幸せな未来があるといいですね。

 

 

◆2017年に「離婚しそうな夫婦ランキング」にランクイン

すでに離婚した夫婦は・・・→ geinou ranking geinou reading

すでに離婚した夫婦は・・・→ geinou reading geinou ranking

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※佐々木希さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

アンジャッシュの渡部建さんが、妻・佐々木希さんを不倫とも言い難いゲス行為で裏切り、芸能活動自粛となっていますが、実はあらぬ疑いまでかけられているとか。

 

※早速Tシャツになってます

 

 

渡部建に浮上した「あらぬ疑い」 

 

[以下引用]

そして、あまり注目されていないが、同誌によると、渡部は昨年9月14日、東京・お台場で開催されたダンスミュージック・フェスティバル「ULTRA JAPAN 2019」に来場。

 

エイベックス・グループの松浦勝人会長や幻冬舎の見城徹社長など、業界の重鎮たちが並み居るVVIP席の中央に位置どり、小麦色の背中を露にした若い美女を“テイクアウト”したというが、同イベントはエイベックスが主催する“いわく付き”なのだ。

 

「4月にニュースサイト『文春オンライン』では元エイベックスの社員の女性ライターが2016年に松浦社長から同イベントのVVIP席に招待され、大麻を凝縮したシートをすすめられて服用。体調を崩したことを告発していた。その記事があったからか、渡部の報道の際、エイベックスはマスコミ各社に『ULTRA JAPANのことは触れないでくれ』と頼み込んでいたようです」(芸能記者)

 

いわく付きのイベントで派手に遊び散らかしていた渡部。必然的にあらぬ疑いをかけられそうな情勢だ。

[サイゾー]

 

これ、文春の記事では冒頭部分に書いてあり、たしかに「ULTRA JAPAN?」とは思いますよね。

 

なんせつい先日、同じ文春が「ULTRA JAPAN」のVVIP席で薬物を使用したという女性の証言を掲載したところですから。

 

 

これはヤバい…エイベックス松浦勝人の大麻使用を元社員が音声付きでリアルに暴露!本人は冷静に否定

 

渡部さんがそういうのに手を出すタイプとは思えませんが、同じ空間にいたら、あれ、あそこおかしいことになってるな、くらいのことはあったのでは。

 

それをスルーするくらい、業界に染まっていたんだろうなとは思います。

 

そんな業界にいるから、倫理観もズレていって、罪悪感もなにもなかったんだろうなと。

 

しかしエイベックス元社員の告発で「ULTRA JAPAN」はすっかりきな臭い存在になりましたね。「ULTRA JAPANのVVIP席」というだけで、即「もしかして?」というイメージとなってしまうのは、松浦さんも本当に困ってしまうのでは。

 

※松浦勝人さんと見城徹さんの本

[Amazon]

 

一度会見を開いたほうがよほど楽という話 

 

[スポンサーリンク]

 

今回渡部さんのスキャンダルは、先になんとなくスキャンダルがあることを匂わせ謝罪し引っ込んだ後に週刊文春の記事が出て、詳細が出てからは相方の児嶋一哉さんと妻・佐々木希さんが謝罪するも本人は雲隠れ、ついでに所属事務所である人力舎も、問い合わせが入ると「担当者不在」で逃げるというなかなか情けない感じで進んでいます。

 

それは不倫は家庭の問題だと思えば他人に対し謝罪するようなことではないとは思いつつ、多目的トイレを利用したこと、相方や妻が謝罪してることを思うと、なぜ本人は?と感じるもので、こういった渡部さんや人力舎の対応は視聴者・業界ともに不評なんだとか。

 

 

[以下引用]

「人力舎はアンジャッシュをはじめ、オアシズ、アンタッチャブルなど所属タレントのほとんどが芸人です。渡部の稼ぎは事務所の中でトップクラスでしょう。そのクラスのタレントが前代未聞の騒動を起こしたことで、各所に対応がしきれず、手が回っていないのではないでしょうか。とりあえず形だけ謝罪文を掲載して、あとは無視しているという状況に見えます。過去の例を見ても本人が雲隠れを続ける場合、写真誌やテレビ局は“撮ったもの勝ち”の状態となるので、渡部には今後、マスコミの“張り込み地獄”が待っています。

実際に『真相を語らないなら直撃するのみ』と、各所に張り付いているマスコミも複数あります。自粛生活に入るにしても、家族に迷惑をかけないようにするためにも、一度会見をして謝罪したほうがよっぽど楽になれると思います」(前出・芸能リポーター)

[日刊ゲンダイ]

 

今回驚いたのが、相方の児嶋さんですら、渡部さんが文春砲にやられたことをネットで知ったということ。それであれだけ代わりに謝罪してもらって、情けないと思わないんでしょうかね。

 

まあ、渡部さん本人もあんな報じられ方したら恥ずかしくてたまらなくて、もう人前に出られない、と思うのがふつうかなと思いますが。

 

そんなふうに雲隠れするからか、いろんな週刊誌に「元交際相手」たちが情報を持ちかけているという話も出ています。

 

渡部さんがおかしいのは当然として、佐々木さんやお子さんのために、さすがにもうやめてあげてーと思いますが、どうでしょう。

 

不倫相手として告発した女性たちは、自分は匿名で守られた中でさも被害者だという風にあれだけの内容を一方的に暴露することの卑怯さをどう感じてるんでしょうね。

 

いずれにせよ、ウルトラからの「あらぬ疑い」を晴らす意味でも、パッと出てきてちゃんと顔を見せたほうが、早く落ち着きそうなのは確かです。

 

◆松浦勝人に巻き込まれた浜崎あゆみ

過去最高にイタイと言われたステージ→ geinou ranking geinou reading

過去最高にイタイと言われたステージ→ geinou reading geinou ranking

 

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※佐々木希さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

複数の女性との不倫というか女遊びを報じられ芸能活動を自粛となった渡部建さんですが、報道のゲスさに関わらず、妻の佐々木希さんは離婚も別居もしないと報じられています。

 

そのウラには渡部さんのウソがあったと言うのですが…。

 

 

 

 

渡部建はハニートラップに掛かったと説明していた? 

 

週刊文春によると、渡部さんは文春の直撃後逃走し佐々木さんに事情説明後、佐々木さんとともに浮気相手に次々と電話していたといいます。

 

そこで佐々木さんがあの多目的トイレの女性に対し、怒りを孕んだ声で「あなた酷いですね。今の会話、録音していますから。嘘をついたら大変ですよ」と言ったとか。

 

 

[以下引用]

電話越しに話す佐々木は夫よりも、相手女性に対し怒りをあらわにしている。これが一体何を意味するかと言えば……。

 

「佐々木さんは当初は美人局を疑っていたようです。渡部さんは最初、『ハメられた』『ハニートラップだ』という主旨の話で報告したそうですから。その中にセクシー女優がいたことからも、渡部さんは『仕事の関係でいろいろあったと誤魔化せる』と思ったのでしょう。佐々木さんはひとまず夫の言い分を信じ、相手女性に訴訟をチラつかせて詰問したのです。

しかし、実際はハメたわけでも何でもなく、渡部さんの行為がゲス過ぎて、恨みを買っていただけ。文春砲の中身がわかると、夫の説明と齟齬が生じ、佐々木さんは二度傷つくことになりました」(同・スポーツ紙記者)

[フライデー]

 

確かにありそうな話です。

 

佐々木さんに離婚・別居の意思がないというのは報道のかなり最初から出ていましたが、結婚した翌月からもう浮気を繰り返していたというのに、なぜそうすぐに結論が出せるのかというと、報道が嘘だと思っているか、とにかく渡部さんが好きすぎるか、なのかなと。

 

 

なぜすぐわかるウソを、と思いますが、渡部さんが文春の直撃されたのは6日の『王様のブランチ』放送後帰宅したときで、そのときはどの程度の話が報じられるかわからなかったのかも。

 

掲載された写真には渡部さんはノートのようなものを見せられているだけですし、多目的トイレの女性のことを聞かれている途中で逃げてますし。

 

これが本当なら佐々木さん、かわいそうに。

 

 

渡部建の人間性を貶したい? 

 

[スポンサーリンク]

 

が、それはどうなんでしょうね。

 

文春には「渡部から女性たちに対し、小誌からの取材や交際内容を確認する連絡が次々と入った。」とあるので、佐々木さんが渡部さんとともに電話したのは一人ではありません。

 

ハニトラだと説明していたなら、複数に引っ掛けられたことにするのも無理がありますよね。それならまず警察に相談する案件かも。

 

さらに、「最後に彼と会ったのはいつなのか、そこはっきりして。私たちが結婚したのは一七年だから。その前なんですか、後なんですか?」とも聞いており、これは結婚後に会ってないなら…という少しの期待を感じる質問で、ハニトラを疑っているようには思えません。

 

今回わかったのは、多くの芸能人が脅されているわけでもないのに30回も応じていた女性のおかしさを指摘し、メディアもそこにスポットをあてて報じている中、フライデーはどこまでも渡部さんをゲスにしたいんだなと言うことです。

 

まあ、ゲスなんですが。

 

◆うわーこんなゲス不倫もありましたね。

某女性歌手のどうしようもない不倫→ geinou ranking geinou reading

某女性歌手のどうしようもない不倫→ geinou reading geinou ranking

 

※熱中症対策に

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※佐々木希さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

渡部建さんの衝撃の不倫スキャンダルに様々な芸能人が言及する中、渡部さん擁護というか、不倫を暴露した相手女性を責める声が多くなっています。

 

一方で、複数いる女性たちが続報を暴露している噂もあるようで。

 

 

※もう胡散臭くて

 

 

 芸能人たちが責めるのは渡部建ではなく相手女性たち

 

渡部さんのゲス不倫が報じられ、週末のワイドショーやラジオも一通り取り上げ、それぞれの芸能人のコメントが記事になっています。

 

例えば明石家さんまさんは、「渡部は渡部で言い訳があって『誰も絶対来ない』という思惑で選んだと思う。ホテルに行けない、ここも使えない…。有名人は密会場所に困るんです、実は。俺らもよぎったことが…。ケチってあの場所を選んだわけではないはず。その立場にならないと分からへん」。「(宮迫さんに続いての不祥事で)飛車角を失った」と女性を非難はしていませんが、渡部さん側に立っています。

 

和田アキ子さんは「一番、嫌なのが多目的トイレ。目的がちゃうやろ!」と怒りつつ、不倫相手の女性は渡部に何回も呼ばれたと言っているけど、なんで今ごろ? あなたも結婚してること知ってたんじゃないのって思う」と。

 

ゆきぽよさんは「渡部さんも悪いことしたし、みんなが怒るなって思うし、ゆきも怒っている」としながら、「不倫相手の女性がすごい被害者ヅラしているじゃないですか。不倫相手の女性も、渡部さんに奥さんがいるって知っていて関係を何度も持っていたんだから、奥さんからしたら『あなたも被害者ヅラしてんじゃねーよ』って思うなって思いました」

 

フィフィさんは「彼女たちにしても、奥さんがいるなんて知らなかった、といった言い訳が通用しないなかで、その行為自体何も正当化されないわけでしょ。自分が奥さんから訴えられてもおかしくない状況ならば余計に、直接ご夫婦と話し合うなり、ほかにやり方はあったはずです。自分たちのことを被害者だと思っているのかもしれないけど、性癖というナイーブなものを世間に晒して、関係ない奥さんや子どもまで巻き込んだという点で、自分たちもまた加害者なんだと認識すべきだよね。」等々。

 

その他、アナウンサーの山崎夕貴さん、かまいたちの山内健司さん、指原莉乃さんらも相手女性を非難しています。

 

似たような経験のある人としては、武井壮さんは報道の割と直後から相手女性を責めていますし、千原せいじさんは佐々木さんが訴えると相手女性の言い分は変わってくる、と、なにかを匂わせています。

 

 

 

佐々木希写真集 Non


楽天で購入

 

 続報を予告する声も…

 

[スポンサーリンク]

 

実際、相手女性の中には「女性として扱ってほしかった」「シャワーすら浴びさせてもらえなかった」と被害者ぶっていますが、渡部さんが脅して呼び出していたのでない限り被害者ではないですし、妻やお子さんに対しては加害者です。

 

渡部さんに特別愛を囁かれたわけでもなければ女性も愛情を持っていた風でもなく、30回以上も密会する前に、渡部さんとは空虚な関係しか結べないことはわかっていたでしょうに、何度も呼び出し応じており、自分は一般人であるため匿名の守りがある状態で一方的にかなり細かい特殊な志向までバラして。

 

渡部さんは自業自得ですが、佐々木さんとお子さんは違います。今後それを背負って生きていくことになりました。その意味を、この女性たちは想像したんでしょうかね。

 

山田美保子さんは「追いかけているメディアも、実は他に2誌、3誌あるんですね。二の矢、三の矢というよりは、他のメディアが新たな女性の証言などを掲載する可能性が残されていますね」と、続報の可能性を示唆していました。確かに写真流出の噂もありますね。しかしさすがにこれ以上は弱りきった渡部さんを叩くことになり、もう見る方も気分が悪いだけで…

 

と、渡部さんが気の毒な気分なってきますが、忘れてはいけないのが、そもそも渡部さんがやらなければよかったということです。

 

既婚でも寄っていったり付いていく女性がいるから調子に乗るという話もありますが、やはりそもそも渡部さんが誠実ならこんなことにならないわけで。

 

私もテレビを全部観ているわけではないので、発言が記事になったものでの判断になりますが、少なくとも記事にするメディアは渡部さんも被害者の一人、告発した女性も大いに悪いという印象を作りたいんだなと感じます。

 

それとは別に納得したのが、松本人志さんが文春が場所を「六本木ヒルズの」多目的トイレとしたことについて、そこまで具体的に報じる必要があったのか、と疑問を呈していたこと。たしかにそのとおりですよね。しかも地下駐車場から入れる多目的トイレとまで具体的でしたから、今後利用する人は気持ち悪くて仕方ないし、管理する森ビルも頭を抱えているんじゃないでしょうか。

 

個人的に、渡部さんが今後テレビに復活するのは難しいと思いますが、こういうときよく比較対象にされるのが、薬物で逮捕されても復活できるのに、ということ。

 

実際そこは疑問ですけど、人は失敗する生き物で、失敗したからもうおしまい、というのも酷い話ではありますが、今回のケースは現実に気持ち悪くて無理、という人も多いのでは。芸能界だけが世界ではないですから、落ち着いたら妻のため子のため頑張って欲しいものです。

 

◆2017年の離婚しそうな芸能人ランキング

本当に離婚したのは…→ geinou ranking geinou reading

本当に離婚したのは…→ geinou reading geinou ranking

 

 

 

※1020枚で9600円

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング