タグ:ピエール瀧の記事一覧

タグ:ピエール瀧
ピエール瀧、悪役俳優としてハリウッド進出か?ミュージシャンとしてドラッグに寛容なドイツに移住の噂も

4月4日、コカイン使用によって麻薬取締法違反の罪で起訴されたピエール瀧さんが、23日ぶりに警視庁東京湾岸署から保釈されました。

 

保釈金は400万円だったとのことですが、すでに所属事務所だったソニー・ミュージックアーティスツを解雇され、仕事の先行きは全くの未定。

 

そんな状態で、芸能界史上最高額と囁かれる100億円規模の損害賠償をどうするかに注目が集まっていますが、どうやらウルトラCの打開策があるようです。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ピエール瀧の23区23時【電子書籍】[ ピエール 瀧 ]

価格:1296円 (2019/4/19時点)


楽天で購入

 

[以下引用]
「一番怖いのが『アナと雪の女王』のオラフ役を務めていたディズニーです。子ども向けのドル箱作品に傷をつけられ、今年11月に世界同時公開が予定されている続編にまで影響が及ぶ。ソニーも一部を肩代わりするでしょうが、大半はピエールにのしかかってくる」(映画関係者)

 

そんな瀧被告を巡って取り沙汰されているのが“海外への脱出計画”だ。現在、ドイツ・ベルリンへの移住に向け、水面下で準備を進めているという。

 

「ドイツやイギリスなどのテクノシーンはドラッグに寛容。『電気グルーヴ』の相方である石野卓球は、ドイツ音楽界の重鎮とパイプがあり、ピエールの逮捕直後にドイツへ渡っている。ピエール自身も、ドイツではパフォーマーやVJ(ビデオジョッキー)として有名なんです。向こうで活動を続け、ネットで楽曲販売するのではないか」(レコード会社プロデューサー)

[覚醒ナックルズ]

 

保釈時のピエールさんは、頬がコケて疲れ切った表情はしていましたが、なんとなく目つきは鋭く「死んでない」と見る向きも多かったようです。

 

奥さんも、離婚を勧めてくる周囲に対して「私は絶対に別れない!」と、今後もピエールさんを支えていく覚悟を表明しています。

 

彼女は自宅近くでおでんバーを経営しているそうですから、とりあえず生活費だけはなんとかなるのでしょう。

 

ただ、引用記事にあるようにドイツやイギリスへの移住というのは、すぐには無理かと。

 

今回は初犯ということで、公判では執行猶予判決が出ると見られていますが、そうなると渡航先の入国審査で「NO!!」と拒否される可能性が高いでしょう。

 

執行猶予期間が終わるまでは、日本国内で細々と活動を続ける以外にない…

 

って、そういえばピエールさんが出演していた「麻雀放浪記2020」は、当初の予定通り4月5日に公開されました。

 

不特定多数の人が見るテレビとは違い、映画の場合はお客さんが自腹でお金を払って見に来るわけですからね。公開規模が50スクリーンと小さいため、動員数のランキングは圏外ですが、2億行けばヒットと言われているので、最終的な興行収入は気になるところです。

 

実際、「上映やめろ!」といった抗議の声もなくはないものの、派手な反対運動はないようですし、ピエールさんの演技力や役者としての存在感を高く買っている映画関係者も多いと聞きます。

 

中には「俳優として、今回の薬物逮捕は決してネガティブな面ばかりではない。ハリウッドに進出して悪役路線に活路を見出すこともできるのでは?」との意見も。

 

確かに「凶悪」での演技を思い出すと今でも胸クソ悪くなりますし、向いているかも…

 

ハリウッドで成功すれば、国内で俳優業をするよりも10倍も20倍もギャラが良くなる可能性もあります。

 

今回の薬物逮捕、ピエールさんにとって大きな飛躍のきっかけになったりして。。

 

ハリウッド俳優のギャラランキング!

 昔と比べると、結構しょぼい?!→ geinou ranking geinou reading

 昔と比べると、結構しょぼい?!→ geinou reading geinou ranking

 

 

※閲覧注意レベル。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

凶悪 スペシャル・プライス/山田孝之[DVD]【返品種別A】

価格:1458円(税込、送料別) (2019/4/19時点)


楽天で購入

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※ピエール瀧さん、石野卓球さんのツイッターはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

リリー・フランキーの側近が薬物逮捕!ピエール瀧のあとで芋づる式逮捕が密かに起きていた?

明日発売の女性セブンにリリー・フランキーさんの側近が薬物で逮捕されたという記事が掲載されます。

 

リリー・フランキーさんというと、ピエール瀧容疑者がコカインで逮捕された直後からその名前がちょこちょこと出ていたのですが…

 

 

 

 

側近が薬物逮捕されていたリリー・フランキー

 

明日発売の女性セブンのタイトルはこちら。

 

リリー・フランキー「側近が薬物逮捕」激白!と次は「あの国民的タレント」

   ◆ピエール瀧、厚生労働省麻薬取締部、リリー・フランキー

 

思い出されるのは、先日日刊大衆が報じていたこちら。

 →大物アイドル逮捕で芸能界に激震?Hの運転手も…

 

[以下引用]

そんな中、関係者たちが口をそろえて「危ない」と名前を上げているのが、多分野でマルチに活躍する性格俳優Hである。

 

「未確認ながら、実は瀧の逮捕と前後して、Hの運転手が瀧容疑者の逮捕容疑となったのと同じ種類の薬物の使用で逮捕されたとの情報が流れているんです。Hはすぐに運転手をクビにし、みずからに火の粉が降りかからないよう焦っていたとも聞いています」(飲食店関係者)

[日刊大衆]

 

運転手も側近ですよね。

 

リリー・フランキーさんをイニシャルにするとFかと思っていましたが、もしかするとHUのつもりだったのでしょうか。

 

このHとリリーさんが無関係だったとしても、リリーさんの「側近が薬物逮捕」激白ですから、なんだかちょっと怪しい感じになってきました。

 

ピエール瀧容疑者が逮捕された直後から、サブカル出身の文化人Xが怪しいとして、リリーさんを匂わせる記事が出ていました。

 

ただ根拠が「実は10年ほど前にも、X氏の身近な人物が違法薬物で逮捕されたことがありました。この時、マスコミや業界関係者の間で『麻取の本命は、X氏だったのでは』という情報が流れた。」(サイゾーウーマン・捜査関係者)と、完全に噂レベル。

 

もしかすると今回の「側近が薬物逮捕」という話も、10年ほど前のことを今激白したのかもしれませんが、そうではなくて、10年前も身近な人物が薬物逮捕され、今回も、ということだとグレーが濃くなりますね。

 

ちなみに、ピエール瀧容疑者が逮捕される約1ヶ月前に、ピエール瀧容疑者とリリー・フランキーさん、ムロツヨシさん、そしてなぜか山下智久さんが銀座の会員制バーで飲んでいたという目撃情報がSNSで流れており、この4人が事情聴取対象だと報じられたこともります。

 →ピエール瀧容疑者関連で事情聴取された4人

 

飲んでいただけで…とも思いますが、薬物逮捕された人と交流があったというのはそういうことなのかもしれません。

 

◆マトリVS組対5課熾烈な戦い

組対5課がマトリを逮捕していた! → geinou ranking geinou reading

組対5課がマトリを逮捕していた! → geinou reading geinou ranking

 

芋づる式逮捕、地味に進行中?

 

ピエール容疑者が逮捕されてすぐ、もしかすると今回はいつもと違うのでは、という話がありました。

 

というのも、通常は一人有名人を逮捕すると周辺が警戒するため一旦はそのルートを追うのを止めるのに、すぐピエール容疑者に薬物を渡していたとして田坂容疑者が逮捕されたためです。

 

そこから、今回は多少のごまかしが効かないくらいの証拠をもっているのでは、今後もまだ逮捕者が出るのでは、という推測がなされていました。

 →ピエール瀧の次に即売人逮捕!リアルな芋づる式がついに…

 

実際に、ピエール容疑者の逮捕に前後してリリー・フランキーさんの側近が逮捕されていたなら、有名人でないため話題にならなくても芋づる式は芋づる式ですよね。

 

ちなみにネットではリリーさんがピエール容疑者同席の場でたびたび薬物ネタでいじっていたことも話題になっています。

 

薬物中毒の人の見分け方の一つに、薬物の話をされると無意識に鼻を触るというのがあるそう。特にコカイン常習者って、鼻から吸引するため鼻がやられてしまい、万年鼻づまりみたいな状況になるようなので、そのあたりが関係するのでしょうか。

 

◆リリー・フランキーが薬物ネタをぶっこんだときのピエール瀧の挙動

[動画]あー…なるほど → geinou ranking geinou reading

[動画]あー…なるほど → geinou reading geinou ranking

 

 

この動画を観て感じたのは、もしかするとリリーさん自身はやっていないけどピエール容疑者がやっていることは知っていたのかなと。

 

リリーさんとピエール容疑者は公私ともに親交があったのは事実で、ピエール瀧容疑者の逮捕後「あいつは何をやっているんだ」とガッカリしていたとも報じられていますし。

 

明日の女性セブンにはもう一つ、「次は『あの国民的タレント』」という文字がありましたが…女性セブンが報じるからにはそれなりに根拠があるのでしょうから気になります。

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※リリー・フランキーさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

逮捕者だけでなく死人まで!ピエール瀧とDJ TASAKAの妻が逮捕されて次々と明らかになってきた電気グルーヴの深すぎる闇

コカイン使用によって関東信越厚生局麻薬取締部(マトリ)に逮捕された電気グルーヴのピエール瀧容疑者ですが、彼の周辺では何十年も前から薬物による逮捕者や不審死を遂げる人物が存在していたことが明らかになりつつあります。

 

※胸糞悪い最低の映画でした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

凶悪 スペシャル・プライス/山田孝之[DVD]【返品種別A】

価格:1458円(税込、送料別) (2019/3/30時点)


楽天で購入


 

今月19日、瀧容疑者にコカインを譲渡したとして、通訳業の田坂真樹容疑者が逮捕されました。

 

マトリの調べに対し、田坂容疑者は「中身がコカインとは知らなかった」と否認しているものの、押収した瀧容疑者と田坂容疑者のスマホからはコカイン購入のやりとりが残っていたとのこと。

 

すでに言い逃れはできない状況になっているようですが、実は同容疑者の夫は電気グルーブの”身内”とも呼べるほど密接な関係にある「DJ TASAKA」という人物なんだそう。

 

そのため、ファンの間にはかなりの衝撃が走ったといいます。

 

[以下引用]

「ファンとしては、瀧が卓球にも内緒でコソコソと薬物に手を出していたという構図を望んでいましたが…。TASAKAの名前が出てきて幻滅しました。『めっちゃ身内じゃん!』と。90年代後半から電気周りで薬物が蔓延しているというウワサを耳にしましたが、本当だったのかな!? と疑い始めています」(古参ファンの男性)

 

ネット上ではTASAKA氏が反・安倍政権の集会でDJしていたことが注目されているが「問題は田坂容疑者にコカインを提供した人物。瀧容疑者はその辺りのことも供述しており、いずれ捜査の手が迫ることになる」(警察関係者)という。

 

電気グルーヴの半生が薬物とともにあったのなら、これほど悲しいことはない。作品に罪はないが、ガッカリなのは卓球や瀧の個性が“天然モノ”ではなく“養殖モノ”だったと思われてしまうことだ。

 

実は、過去には死人も出ているんです。電気周りで少なくとも2名が若くして亡くなっています。死因は急性心不全。薬物との因果関係は不明ですが、電気と近しいあるアーティストに関しては当時からオーバードーズ(過剰摂取)説がまことしやかにウワサされていました。瀧容疑者の逮捕で、過去のそうした不審死にも疑念が出始めています」(別の熱狂的なファン)

 

このほか、電気グルーヴ周辺で大麻や覚醒剤の所持で捕まった者も複数存在するという。いまだ事件について語ろうとしない卓球。ファンの不信感は募る一方だ。

[TOCANA]

 

1990年代からジャパニーズ・テクノの先駆者としての地位を不動のものとしてきた電気グルーヴですが、どうやら「触れてはヤバイ」ネタの宝庫でもあるようで。

 

ちなみに、田坂真樹容疑者は1989年の電気グルーヴ結成当時からピエールさんと友人関係で、夫のDJ TASAKAさんはライブツアーにも参加しています。

 

まあ、完全に身内ですよね。

 

一部報道によると、ピエールさんはマトリの凄まじい攻撃に”完オチ”して、聞いたこと以上のことも喋っているそうで、今回ばかりは「本当に芋づる逮捕が実現するのでは?」という声もあります。

 

しかし、捜査当局は「ピエール周辺の要行動確認人物たちの証拠隠滅は終わっているだろう」と見ているようで、ターゲットは別な方向に向いているとのこと。

 

石野卓球さんのドイツ逃亡も、「尿検査を行う場合、直前三週間は国内にいないと結果を適用できない」というルールを理解した上での計画的行動である可能性も指摘されており、ツイッターでの強気な発言に繋がっているとも。

 

かつて、インタビューで「だからさ、やりたきゃやりゃあいいと思うよ、別に。全員やりゃあいいだろ、やりたい奴は(笑)」などと語り、ドラッグ肯定論者と取られても仕方ない言動をしていた石野さん。

 

しかし、違法薬物絡みのドス黒い歴史が次々と明らかになれば、逮捕されなくともミュージシャン人生はジ・エンドとなってしまうのでは?

 

今後のマスコミ報道に注目したいところです。

 

※こちらもどうぞ。

「次は紅白出場歌姫」警察が狙う薬物芸能人と石野卓球の海外逃亡

テクノ業界での薬物蔓延疑惑が更に濃厚に

 

◆これはマズイっしょ、時事通信さん!

爆笑注意!→ geinou ranking geinou reading

爆笑注意!→ geinou reading geinou ranking

 

※まさか、過去作品すべてお蔵入りなんて…ならないですよね?



 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※石野卓球さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

ジャニーズ2名も取り調べ!?薬物逮捕のピエール瀧容疑者関連で事情聴取された4名の芸能人がわかり易すぎて怖い…

[スポンサーリンク]

 

ピエール瀧容疑者がコカインで逮捕されて以来続く「次に逮捕される芸能人」ですが、4名の芸能人がすでに事情聴取された、または事情聴取間近だと報じられています。

 

その4名がイニシャルなのですが、異様にわかり易すぎて逆に本当だったら怖いレベルとなっています。

 

 

 

 

取り調べを受けた芸能人4名

 

[以下引用]

「捕まらない自信があったのか、パソコンやスマホに取引の証拠を残していたとは、なんとも間抜けなこと。で、瀧は完落ちしてるなんて話も出てますけど、仲間を売るような真似はしないと思うので、とりあえずは証拠が出てきてしまったプッシャー、彼女との関係性については認めざるを得なかったのではないでしょうか。それから瀧の逮捕により、実は水面下で捜査網が拡がっているとかで、すでに何人かの芸能人が事情聴取を受けている、または近々引っ張られるという話を聞いてますよ。


僕が聞いているのは4名。まず一人は、人気男性アイドルグループのOくん。実は彼、兼ねてから薬物使用の噂が根強くあります。それから瀧とよくつるんでいた俳優兼作家のR新井浩文の騒動の際に悪目立ちしてツイッターが炎上したM、そして高視聴率ドラマで主役を張ったことのあるアイドルのYです」(音楽イベント関係者)

[TABLO]

 

イニシャルネタはよく見ますが、これほどわかり易いものはそうそうありませんね。

 

 

人気男性アイドルグループのOくん

 

まず人気男性アイドルグループのOくん。

 

これは大野智さんですよね。かねてから薬物の噂がって、10年ほど前に週刊現代に「大麻吸引疑惑」として一度大麻報道があったために、例えば成宮寛貴さんにコカイン疑惑があったときや、先日の活動休止のニュースのときなど、何かと言うと「大麻くんは大野なんてしない」と揶揄されているだけのような気もするのですが。

 

ジャニーズは当時週刊現代の取材に対し否定はしていますが裁判などで徹底抗戦をしたわけではないために、そのイメージがいつまでも消えないんでしょうね。シロだと言うならどこまでも戦っていれば、10年経ってもネタになるようなことはなかったでしょうに。

 

こういうクスリネタは、そこまでしても名誉を守るべきことだと思います。

 

◆うわ~これ何やってるの…大野智大麻疑惑写真

閲覧注意!→ geinou reading geinou ranking

閲覧注意!→ geinou ranking geinou reading

 

 

俳優兼作家のR

 

次に、俳優兼作家のR。

 

こちらはリリー・フランキーさんを指していると思われます。

 

ピエール瀧容疑者が逮捕された直後からサブカル出身の文化人Xが怪しいという記事が出ていました。

 

しかし根拠がまるで不明で、「実は10年ほど前にも、X氏の身近な人物が違法薬物で逮捕されたことがありました。この時、マスコミや業界関係者の間で『麻取の本命は、X氏だったのでは』という情報が流れた。」(サイゾーウーマン・捜査関係者)と、完全に噂レベル。

 

「かなりの女優さんを食ってますよ」という情報はありますが、挙動がおかしいという話はないんですよね。

 

交友関係が怪しいと自分も疑われるというよい例なのでしょうか。

 

◆64の次は32ってなんのこと?

あー…なるほど → geinou ranking geinou reading

あー…なるほど → geinou reading geinou ranking

 

※ただただ後味が悪い作品

[Amazon]

 

 

新井浩文の騒動の際に悪目立ちしてツイッターが炎上したM

 

新井浩文の騒動の際に悪目立ちしてツイッターが炎上したMは、ムロツヨシさんでしょう。

 

新井浩文被告が女性に対する暴行で逮捕されたあとに、「この時に、呟かないような関係ではないんです、呟きます」「目を見て、悪いことをした、と言ったら、思いっきり、叱ります、嫌という程、叱ります、それだけです、まだ目を見てない、だから俺は普段通り」、などなどとつぶやき、ナニイッテルノ?という空気になっているところに、さらに「こっから、また、応援しよう」とつぶやいたところ非難轟々に。

 

慌てて最後のはサッカーに対するツイートだったと釈明するも、酷い言い訳だとしてせっかく上がっていた好感度が地に落ちることになりました。

 →ムロツヨシが干され危機

 

と、ムロさんのことを指しているのはわかるのですが、肝心の取り調べの理由がなんとも不明です。

 

新井被告に関するツイートは不用意だったと思いますけど、さすがに薬物は…

 

 

アイドルY

 

最後に、アイドルY。

 

高視聴率ドラマで主役を張ったことのある、だけではわからなかったのですが、このヒントですぐわかりました。

 

[以下引用]

単に仲が良いだけで疑われているだけのか、あるいは瀧の薬物使用について何か知っていることがあるのか、そのあたりは定かではありません。しかし、別の関係者からも似通った証言を入手することができました。

 

逮捕の1ヶ月前にネットでリークされた情報があって、瀧とRとMとYが銀座の会員制のバーで密会していたというんです。逮捕後にその書き込みがコピペされて業界関係者が知ることとなったんですが、『ああ、その4人ね。なんかよくつるんでるらしいよね』という話があちらこちらから出てきましてね。全員が何かしらの作品の元・共演者で、仲良しなのはわかります。で、役者の飲み会って時間が経てば経つほど、どんどん人が増えていくもんなんですよ、電話で暇なら来ない? と呼び出ししたりして。だけど、この4人はいつも最後まで4人だけで飲んでるんです。聞かれてはまずい話があるのか、内緒話をしているのかわかりませんけどね」(放送作家)。

[TABLO]

 

そのツイートは山下さんのファンの2月18日のツイートで、「クラスメートのお父さんが昨日、銀座の会員制のバーに行ったら後ろの席にピエール瀧、リリーフランキー、ムロツヨシ、山Pの4人が座ってたみたいです…」というもの。

 

ピエール瀧容疑者の逮捕直後くらいからこのツイートを掘り起こした書き込みがあり、現在ツイートそのものはすでに削除されてはいますが、このツイートのスクリーンショットが残っているので、その4人が2月に銀座の会員制のバーにいたという目撃情報が流れたのは事実です。

 

だからといって、それが本当だったかも、薬物につながるかというのも疑問ですが。

 

このツイートをした山下さんのファンも、まさか自分のツイートが元で山下さんに疑惑の目が向けられるとは思ってなかったでしょうね。

 

ということで、今回の4名は名前が確定しやすいもののどうにもふわっとした情報過ぎて逆に怖いです。確かにこの4名のうち誰かでも当たれば緊急ニュースが流れそうですが…

 

芸能人だけに限らないのでしょうが、交際相手と遊び場所はクリーンさ第一で選んだほうが安全かもしれませんね。

 

◆ピエール瀧の逮捕で突然出てきた「作品に罪はない」って

いったいなんなの?→ geinou ranking geinou reading

いったいなんなの?→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※ムロツヨシさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング