昨年8月、夫である市村正親さんとの別居生活を報じられた篠原涼子さんが、離婚に向けてまっしぐらだといいます。

 

当時、篠原さんの所属事務所は、

 

「不仲が原因ではなく、ドラマの撮影で大勢の人と接することもあり、家族へ感染させないための一時的な処置です。ドラマ撮影終了後には自宅での生活に戻る」

 

と説明していたのですが、あれから10ヶ月経った現在も別居は続いているそうで…

 

 

※元は歌手だったのは知ってますか?



 

 

コロナ禍を理由に別居というのは、ムリがあるのでは?

 

[以下引用]

5月末の午後10時過ぎ、本誌が篠原を目撃したのは家族が暮らす自宅マンションではなく、昨年と同じ高級賃貸マンション。手に缶ビール数本や食料品が入ったビニール袋を提げ、篠原はエントランスへと入っていった。

 

篠原が自宅を空けていたのはこの日だけではない。中学校に通う長男を市村が一人で送迎する姿を本誌は何度も目撃。いずれもそこに篠原の姿はなかった。篠原が市村との別居生活を開始したのは昨年3月初頭。つまり、1年以上にわたって別居を継続していることになるのだが、所属事務所に確認すると、次の回答が。

 

「篠原が今も別宅で生活していることは事実です。理由としては、市村さんをはじめ家族への感染を防ぐためであること。またコロナ禍により、朝ドラの撮影が今年4月まで延び、その後も『金魚妻』など出演作品の撮影が今日現在まで連続して行われているためです。決して不仲が原因ではありません。仕事が落ち着き次第、別居を解消し、自宅での生活に戻る予定です」

 

昨年同様に“コロナ別居”を強調したが、市村と親しい舞台関係者によると、すでに別居状態になって1年以上経ったこともあり、子供たちもこの生活に慣れてきているという。久しぶりに篠原が自宅に戻る日は、子供たち用に手料理を保存容器に入れて持っていくこともあるそうだ。

 

本誌も篠原が“一時帰宅”する姿を目撃している。6月上旬の夕方、大きな買い物袋を提げ、自宅マンションに戻った篠原。ほどなくして長男と現れた篠原は、手をつないで母子の会話を楽しみながら、習い事に向かう息子に付き添っていた。

[女性自身]

 

ということで、現在も別居が続いていたというのは驚きですが、コロナ禍を理由にするのはちょっとムリがあるんじゃないかと。

 

そんなことを言ったら、俳優さん・女優さんたちは皆、家族と別居しなければいけないことになっちゃいます。。

 

それに、なにより市村さん自身も篠原さん以上の売れっ子ですからね。

 

このコロナ禍にも関わらず、昨年は5本、今年もすでに2本の舞台に出演するほどの多忙ぶりで、10月には「劇場版 ルパンの娘」の公開も控えています。

 

さらに、その上でお子さんの送迎から体力作りのためのジム通いまでこなしているといいますから、とても72歳とは思えません。。

 

というか、老齢の夫に育児から家事まで全て押し付けるなんて、ちょっとどうなの?

 

と思ってしまったのですが、実は市村さんには妻以上に”頼れる女性”がいるんだそう。

 

過去、女性関係の派手さから離婚を経験しているプレイボーイだけに、気になりますが…

 

 

◆こういうのが面白かったあの時代が懐かしい…

 篠原涼子の黒歴史[動画]→ geinou ranking geinou reading

 篠原涼子の黒歴史[動画]→ geinou reading geinou ranking

 

 

夫不在のタイミングを見計らい一時帰宅する篠原涼子

 

 

それは、住み込みの家政婦さん。

 

近所の住民によると、市村さんが仕事のときはこの女性がお子さんの送迎をしたり、買い出しをしたり、身の回りの世話をしてくれているといいます。

 

ですが、こんな家政婦さんがいるのであれば、篠原さんだけが別居する理由はないはず。

 

それなのに、どうして老齢の夫と思春期真っ只中の子どもたちを放っておいて、自分は好き勝手に一人暮らしを満喫しているのでしょうか…?

 

[以下引用]

「仕事が大好きな篠原さんは、出産後かなり早めに女優業に復帰。息子たちが成長してからは仕事量をさらに増やし、ほぼ毎年、主演作品を抱えている状況です。しかし、家庭を大切にしたい市村さんには、篠原さんの女優業を応援しながらも“母親は子供たちのそばにいてあげてほしい”という思いもあったそうです。ここ数年、篠原さんが夜遅くまで飲み歩いたり、バーで泥酔して『私の仕事をわかってほしいの!』と愚痴をこぼす姿が報じられたこともありました」(テレビ局関係者)

 

くしくも6月上旬に篠原が“一時帰宅”した日は、市村が大阪での舞台出演のため不在にしていた日。これは“夫のいる家には帰らない!”という篠原の意思表示なのか――。

 

「篠原さんへのオファーは今後も絶えないでしょうから、別居生活は続くと思います。昨年8月下旬に引き払う予定だった別宅で今も生活しているのも、思った以上に一人で過ごす時間の居心地がいいのでしょう。それだけに今は自分のキャリアを優先したいという思いもあるのだと思います。別居が続き、夫婦の時間が激減しているのは気がかりです」(前同)

[女性自身]

 

自分だけ「仕事に集中したい!」と別居するなんて、普通に考えたらワガママ以外の何物でもありません。

 

ですが、それを許してくれている家族に感謝しているのであれば、たまの帰宅日くらいは心を込めた手料理を振る舞って一家団欒を楽しむ、くらいのことをしてもいいのでは?

 

それなのに、市村さんが留守の間を見計らい、まるで空き巣のようにコソコソと息子たちのご機嫌取りに現れるなんて…

 

これ、もはや完全に

 

「正親、嫌いっ!」

 

状態ですよね、絶対。。

 

つまり、離婚は確定なんじゃないかと。

 

ただ、実際に別れるとなると財産分与だとか親権の奪い合いだとか面倒なことが多く、なによりマスコミに騒がれてギャアギャア言われると仕事に集中できないですからね。

 

市村さんはすでに72歳なので、あと5,6年くらい待てば自然に…

 

なんてことを考えているなんて、決して思ってはいませんよ!

 

[以下引用]

市村正親さんは結婚以来、嫁である篠原涼子さんに頭が上がらないと言われています。実は結婚時には篠原涼子さんの父親に大反対され、「娘(篠原涼子)と一生添い遂げる」などの条件を出されています。こうしたことも、市村正親さんが篠原涼子さんに頭が上がらない理由だと言われているとのこと。また、市村さんはテレビ番組に出演した際、絶対に揉めたくない相手として「嫁」と答えています。市村正親さんは篠原涼子さんに怒られても、絶対に言い返さないのだそう。

[Windy]

 

要するに、二回りも年下の妻が可愛すぎて、おじいちゃん、甘やかしてるんでしょう。。

 

ということで、現在はNetflix配信のドラマ「金魚妻」で不倫に溺れる専業主婦役を演じている篠原さん。

 

コロナ禍の影響もあり、連日、朝から晩まで撮影漬けの毎日を過ごしているそうですが、本当に不倫に走らないように注意して下さい。

 

なぜなら、市村さんと完全別居している以上、

 

「夫のDVが原因で離婚します」

 

なんてゴマカシは通用しませんから・・・

 

※ね?

熊田曜子、鋼のメンタル!DV直後に義両親に…。不倫報道への対抗は「DV夫はすねかじり」

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※篠原涼子さん、市村正親さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング