渡部建さんが突如レギュラー番組すべての出演自粛を発表してから端を発した不倫騒動は、詳細が文春に報じられる前に渡部さんが全面降伏、本誌発売前には芸能活動自粛を発表という異例の展開になりました。

 

当事者が表舞台から身を引いたあとである本日、週刊文春が発売されましたが、そちらでは渡部さんが尾っぽを巻いて逃げるのも無理はないゲス行動と、佐々木希さんのもしかすると的外れな怒りが明らかになっています。

 

※100枚で税込み1680円

 

 

 

渡部建のゲスで恥ずかしい素顔 

 

爽やかな笑顔でグルメや高校野球を語り、MC業も軌道に乗る一方で、絶世の美女と評される佐々木希さんを妻に迎え、第一子長男も誕生し幸せまっしぐらと思われた渡部さんが転落したのは、独身時代から変わっていないという女癖の悪さが原因です。

 

文春に証言する渡部さんの知人によると、渡部さんは佐々木さんと交際中から複数の女性と交際。毎年9月の「ULTRA JAPAN 」では渡部さんがVVIP席でナンパをしてはどこかへ消えていくの姿が目撃されていたとか。

 

そんな風に渡部さんと関係を持ったうちの一人が、昨日文春オンラインで報じていた六本木ヒルズの多目的トイレで何度も逢瀬を重ねた女性です。

 

佐々木希、渡部建の不倫相手と直接話す!渡部のゲスさは周知の事実!ナンパされた女優も証言

このB子さんは、そもそも関係が始まったころは、渡部さんの個人事務所のあるマンションに呼び出され、毎回15分ほどでちゃっちゃと済ますと、「気をつけて帰ってね」と1万円を渡してすぐ帰らせていたんだとか。

 

1万円…。

 

車代、と思えば気前良いね、ですけど、その前に会ってからサヨナラまでが15分って。それで1万円渡されたら、自分は道具かと思いますね。

 

その後、マンションではなくて六本木ヒルズの多目的トイレに呼び出されるようになったそうで、この女性は30回以上関係を結んだということですが、よくそんなに応じたものです。

 

他にも似たような経験をした女性が3人、証言をしていますが、いずれも渡部さんがいかに自分勝手だったか、詳細を語るにも気持ち悪い独特な嗜好だったかを語るものでした。

 

渡部さんの知人によると、昨年出会った女性とは今年3月まで不倫関係だったということですが、不倫ってなんでしょうね。どちらかに多少なり気持ちがあって関係が続くのを不倫かと思っていましたが、少なくとも渡部さんにそれは感じられないし、相手女性もなぜ渡部さんと会っていたのか謎でした。

 

 

 佐々木希、相手女性に訴訟も匂わせる

 

[スポンサーリンク]

 

渡部さんが独特だったのは浮気相手との関係の持ち方だけでなく、報じられる前に全面降伏という今回のスキャンダルへの対応もです。

 

さらに独特だったのは文春直撃後の行動も。

 

6月6日、文春記者が車を運転し帰宅した渡部さんを直撃すると、まずは「知りません」を押し通していたのですが、「結婚後にも女性に一万円を渡して、そういう行為をしていた?」という質問を聞くと、渡部さんは絶句し虚空を眺め、「ちょっと車停めてきていいですか」と力なく呟きマンションの駐車場へ向かうも、そのまま記者の前に戻ることはなかったとのこと。

 

いくら記者とはいえ、それも失礼な話だと思うのですが、その後がまたびっくり。

 

その数時間後、渡部さんから女性たちに対し、文春の取材や交際内容を確認する連絡が次々と入ったそうで、文春直撃から約8時間後、B子さん(多目的トイレの女性)にも電話があり、そのときになんと佐々木さんがそばにいたとのこと。

 

つまり、文春の直撃後、逃げられないと悟った渡部さんはまず佐々木さんに謝罪したんでしょうね。それは結局佐々木さんが大事だったということなんでしょうが…。

 

渡部さんは冷静な口調で「今日、文春の人が来て色々言われたんだけど。俺らが最後に会った日にちは覚えてる?」「奥さんが隣にいるんだけど代わるね」と告げたあと、佐々木さんが電話に出て、

 

「あなた酷いですね。今の会話、録音していますから。嘘をついたら大変ですよ。彼と最後に会ったのはいつ?」

「最後に彼と会ったのはいつなのか、そこはっきりして。私たちが結婚したのは一七年だから。その前なんですか、後なんですか?」

 

などと話したそう。

 

[以下引用]

前出のB子さんの知人女性が言葉を続ける。

 

佐々木さんから裁判をチラつかせるようなことも言われたといい、彼女は恐怖を覚えたそうです。でも、結婚後に何度も肉体関係を迫ってきたのは渡部さんのほうで、彼女から誘ったことは一度もない。それはLINEの履歴にもしっかり残っています」

[週刊文春]

 

佐々木さんの声は幾分低めで怒りをはらんでいたそうですが、文春が記事タイトルに「佐々木希、逆上」と書くほどでもないような。

 

しかし浮気していたのは自分の旦那なのに、相手女性に「あなた酷いですね」って。何に対して「酷い」んでしょう。

 

裁判も、確かに不倫相手に慰謝料は求められますが、今回佐々木さんは離婚も別居もしないということのようですから、高額ではないでしょうね。

 

既婚者だとわかっていて関係したのは事実でしょうけど、女性は佐々木さんから渡部さんを奪おうとしたわけではありません。誘ったのが渡部さんだとわかっていたら、怒るのは渡部さんに対してだと思うのですが。

 

やっぱり浮気されていた場合、怒りの矛先は自分の夫ではなくて浮気相手に行くものなんでしょうかね。

 

渡部さんは今回、記事が出る前の全面降伏というかなり独特な方法を選びましたが、これってどうなんでしょう。

 

潔いようで実は自分が顔を出して謝罪する機会からも逃げてるということでずるい反面、スキャンダルが出る前に全番組出演自粛というのがショッキング過ぎて、渡部さんレベルの不倫にしては話題が大きく膨らみ、もしかするとしっかり文春が発売されるのを待って対応したほうが、傷を小さく抑えられたのでは、なんて。

 

おぎやはぎが渡部さんを信じてるのは佐々木希さんと世間だけ、と言っていましたが、今回のことで世間はすっかり離れたと思いますけど、佐々木さんは渡部さんを信じてそう。

 

渡部さんはその信頼に、これからはきちんと応えないといけませんね。

 

◆タクシー代ケチったといえば

あのアイドルだよね→ geinou ranking geinou reading

あのアイドルだよね→ geinou reading geinou ranking

 

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※佐々木希さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング