『バイキングMORE』で、過去、雑誌のインタビューで学生時代に悪質なイジメをしていたことを告白していた小山田圭吾さんが東京オリンピック開会式の音楽担当を辞退した件について特集したところ、司会の坂上忍さんと女優の星野真里さんが大炎上となっています。

 

 

 

 

目次

閉じる

突然イジメた過去を告白した星野真里

 

 

[以下引用]

この問題について、話を振られた星野は「辞退されたことは、(小山田の音楽を)聞きたくない人たちが聞かなくて済むという状況になったということなので、それ自体は良いことかなと思っております」とコメント。しかしその後、「ただ……」と言い淀みつつ、「私自身も綺麗な過去を生きてきたかって言われると、いじめたことも無きにしもあらずで」と自身の過去を明かしていた。

 

一方、今回の問題点については「子ども時代にやってしまったことを大人になってからどんな風に認識できているかなっていうこと」とし、「公にしてしまったことに対して、何もやって来なかったっていうことが、改めてみなさんの怒りが爆発しましたし」と分析。オリンピック選手のためにも、負の感情は排除させてあげたいという自身の想いを語っていた。

 

しかし、この突然の暴露にネット上からは「いじめしてたの…?」「大人になってから~っていうのは加害者の勝手な理論だよね」「いじめしてたとかガッカリした」という声が集まることに。一方、星野のいじめの程度は不明ではあるものの、ネットからは「小山田は犯罪レベルだから」「小山田のいじめは向き合ってれば許される問題じゃないよ」という指摘も集まっていた。

[リアルライブ]

 

なんでしょうねこれ。

 

イジメ問題にコメントしなければいけなくなった星野さんが、綺麗事でスルーしたかったけど、過去の同級生から「あの人あんなこと言ってるけど、イジメしてたのに」とか言われるのを恐れた結果、サラッと言っちゃうことにしたんでしょうか。

 

気づいてるのに何もしなかった、という傍観者も同類と分類されますからね。

 

それでもこういう形であまりにサラッと言われると、イジメの程度が不明なだけになにかずるい気もします。

 

また、「子ども時代にやってしまったことを大人になってからどんな風に認識できているかなっていうこと」は、確かに加害者の理論です。

 

「公にしてしまったことに対して、何もやって来なかったっていうことが、改めてみなさんの怒りが爆発しましたし」は、カズレーザーさんの、「マイナスを埋め合わせる作業をしてこなかった」の受け売りのような気も。

 「カズレーザーが小山田圭吾のイジメ問題で指摘」

 

ただ、番組を観ていた人によると、坂上さんにコメントを遮られていたという話もあるため、言い切れてない部分もあるのかもしれません。

 

 

過去のイジメ自慢が再燃した坂上忍

 

番組ではもうひとり、MCの坂上忍さんが大炎上しています。

 

舌鋒鋭く小山田さんのイジメを批判していた坂上さんですが、以前出演していたダウンタウンの番組で、元カノに過去の酷いイジメを告発され笑いに変えていました。

 

 

 

 

ロッカーに人を入れて転がしていたといいますが…

 

これってまさに、小山田さんが雑誌で明かしていた中学時代のイジメの内容では?

 

〈掃除ロッカーの中に閉じ込めて、ふたを下にして倒した。泣き叫ぶのでロッカーをガンガン蹴飛ばした〉

 

ネットでは、「坂上はそういう人」「自分のこと棚に上げて…」「反省ゼロってこと?」といった批判の声が。

 

なんだかほじくったらもっといろいろ出てきそうな気がするのが坂上さんです。

 

 

小山田圭吾は話を盛っていた?

 

小山田さんが「やっていた」と自慢していたイジメの内容は、口にするのも憚られるようなものばかりでした。

 

ただ、当時の同級生は、たしかに障害者の同級生をからかうなどの場面は見たことがあるとしながらこんな話も。

 

[以下引用]

とはいえ当時の学校はそれほど荒れていたわけではないようで、

 

「記事にあるほど酷いいじめの現場は見たことはないです。それにあれほどのいじめがもし本当にあったとしたら、もっと学校全体で問題になっていたと思うんですよね」  

 

生徒の自主性を重視していて、何か問題が起きたら話し合いで解決するという風潮だった。

 

「だからなのか、他の学校と比べても、校内の雰囲気は穏やかだったと思います」  

 

陰で隠れていじめを行い、障がいのある生徒ということもあって事実を親や先生にうまく明かせなかった可能性もある。  

 

しかし何人かの同級生に聞いても「あそこまでひどいいじめは知らない」という。さらに「ウケ狙いで話を盛ったのでは」という意見がほとんどだった。

[週刊女性]

 

そうなんだとしても、大馬鹿ですけどね。

 

ただそうじゃないんじゃないか、つまり、本当にやっていたんじゃないかと思う根拠もあります。

 

というのも、小山田さんは該当のインタビューで、雑誌の編集者にイジメていた同級生の名前を教えて対談企画を行うために自宅を直撃させています。

 

実際はしていない、話を盛っただけのイジメなら、それがバレるような対談企画は拒否すると思うんですけど。

 

もしも話を盛っただけというのが真実なんだとしても、小山田さんはそうとは思えないくらいのことにしてしまってるんですよね。

 

その結果、過去何度もこの問題で炎上し、今回五輪直前で辞任することになり、今後の活躍の場のみならず家族の信用も失ったのでは。

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※小山田圭吾さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

よかったらシェアしてください!
カテゴリー