[スポンサーリンク]

 

沢尻容疑者が違法薬物の所持で逮捕されて以降、マスコミでは次の逮捕者を巡る報道合戦で加熱気味ですが、捜査当局の本当の狙いは芸能人ではなく、エイベックスだという説が業界でまことしやかに流れているといいます。

 

果たして、その意味とはいったい…?

 

※守護霊さまは全部知っている…



 

 警察から見捨てられたエイベックス

 

これまでの報道によると、もともと警察は沢尻容疑者と親しい別の女優を狙っていたものの、逮捕に踏み込むに足る材料を得られず、ターゲットを沢尻容疑者に切り替えたところ、ちょうどよく?尻尾をつかんだといわれています。

 

なので、もしこの女優が常習犯だったとしても、沢尻容疑者の逮捕を受けてすでに証拠は完全隠滅していると思われ、逮捕の可能性はなくなったとのこと。

 

また、沢尻容疑者の周辺で怪しいとされる人物たちについても、同様にクスリは処分しているはずなので、言われているような”芋づる逮捕”は恐らくないでしょう。

 

しかし、捜査当局は確実にターゲットに近づいているようで…

 

[以下引用]

「沢尻の所属事務所エイベックスの現取締役には、検察で刑事部長や公安部長を歴任した人物がいますが、過去には警視庁トップである警視総監OBを顧問に迎え入れるなど、警察OBを積極的に受け入れる事務所として知られています。2013年にはエイベックス幹部や所属アーティストの大麻使用疑惑が『週刊文春』(文藝春秋)で報じられましたが、以降、こうした傾向は強くなっていたといわれています。そのため、以前からエイベックス界隈での薬物の噂は絶えなかったものの、警察の手は伸びないだろうと思われていたし、大麻使用が囁かれていた沢尻が2011年にエイベックスに入った背景には、そういう事情があったと噂されていました。沢尻が『私のところには警察は来ないだろうと思っていた』と供述しているのも、そういう意味でしょう。警察の庇護から外れた今、業界内では『次はエイベックス周辺が危ない』という見方が広まっています」(テレビ局関係者)

 

「警察OBにとって、芸能事務所のみならず一般企業は大切な“天下り”先です。特に部長職以上の経験者クラスになれば、OBになっても現役の元部下たちにあれこれと指示して動かしたり、情報を提供させたりと、警察に一定の影響力を持っている。そのため、こうしたOBは企業側にとってみればいろいろと重宝するんですよ。エイベックスが“警察と距離が近い企業”だというのは知られた話なので、確かに今回の件は驚きましたが、警察もそういう関係を無視してでも“大物”を逮捕しなければならなかった理由があるのでしょう。警察は今、取り調べで沢尻からクスリの入手ルートや他に使用しているタレントを含めた業界関係者のクスリ人脈を詳細に聞いているもよう。そのため、今後はエイベックス人脈が警察のターゲットになっていくという見方も強いです」(警視庁OB)

[ビジネスジャーナル]

 

「私のところに警察が来るとは思ってなかった」というのは、なんとも意味深…

 

要するに、警察としては”大切な天下り先”を失ってでも摘発しなければいけない”切羽詰まった事情”があるということでしょうか?

 

これまでは大物警察OBを迎え入れて余裕綽々だったエイベックスですが、もし本当に警察から見捨てられたのだとすれば、タレントが芋づる逮捕されるよりもずっと衝撃的な展開が待っているかもしれません。

 

 

 沢尻エリカを喰い物にしたエイベックスの闇

 

[スポンサーリンク]

 

上の引用記事ではエイベックスと警察のズブズブな癒着関係に触れていましたが、実は今から7年前の2012年6月の週刊文春が、今回の沢尻容疑者逮捕につながる”伏線”について詳しく報じていました。

 

当時の記事タイトルは「目的は沢尻エリカの弱みを握り、脱がせてカネにすることだった」――元夫・高城剛氏が語っていた薬物問題の“真相”」というもの。

 

宮根誠司も知っていた!沢尻エリカ問題の本当の黒幕について高城剛が新たな事実を激白!!

 

宮根誠司さんも絡むというかなりショッキングな内容だったものの、大手メディアは揃って完全スルーするという”いつもの光景”が繰り広げられていました。

 

[以下引用]

同誌は、沢尻エリカが09年にスターダストプロモーションを解雇されたのは、彼女が「大麻中毒」であり大麻の継続的な使用をやめるつもりがないと宣言したことが理由だったと報じていた。

 

沢尻エリカは2009年に高城剛氏と結婚。しかし2010年には離婚騒動が起こっていた。結局2013年に離婚しているが、文春の記事は離婚に関して揉めていた時期のものである。

 

結婚前の交際中、高城氏はロンドンの代替治療施設に通わせ、薬物依存からの脱却を促したという。沢尻は薬物依存から回復し、二人は結婚。しかし、2010年4月に沢尻が一方的に離婚意思を表明する。

 

高城氏は突然の妻の翻意に当惑、のちに沢尻本人から「エイベックスの松浦勝人社長に、ドラッグのことを知られた。高城と離婚すればエイベックスと契約し日本芸能界で活躍できると言われた」と聞いたのだそうだ。

 

松浦氏は沢尻に「俺が離婚させてやる。マスコミはどうにでもなる」と話した、という。高城氏は沢尻との離婚そのものよりも「マスコミが偏った報道をすること」に困っていると言い、<マスコミおよび、それに連なる『誰か』は、僕をつぶしたいのでしょう。その『誰か』の目的は明確で、エリカを『脱がせてカネにする』ことです。そのために、彼らは組織的にエリカの薬物問題を、隠蔽し続けてきたのだと思います>と語っている。

 

また、高城氏は同記事において映画『ヘルタースケルター』の蜷川実花監督も沢尻の薬物使用を知っているはずだと言及。<蜷川さんも事実を知っているはずなのに、なぜ隠そうとするんですかね。僕はエリカから、(蜷川監督に)早い段階で伝えられたと聞いています。>

[ビジネスジャーナル]

 

うーむ、本当ならばなんとも恐ろしい話…

 

現在、大手メディアは揃って、エイベックスも蜷川実花氏も「沢尻の薬物使用は一切知らなかった」と必死にピーチクパーチクやってますが、まあ、そういうことなんでしょう。

 

ですが、沢尻容疑者が「10年以上前から複数の薬物を使用していた」と供述している以上、高城氏の当時の証言は信憑性が高いと思いますが、どうでしょうか?

 

エイベックスが組織的に沢尻容疑者の薬物使用を10年以上にも渡って隠蔽してきたのが事実であれば、これはとんでもない大問題。

 

高城さんは他にも、沢尻容疑者が『SPACE BATTLESHIP ヤマト』のヒロインを降板したのは製作に携わったTBSが沢尻容疑者の薬物使用を問題視したからだとも明かしていました。

 

薬物を使用してきたのは沢尻容疑者ですが、それを止めさせることができるのにスルーした人ってどのくらいいるんでしょうね。

 

警察にもマスコミにも良識のある方はたくさんいると思いますし、真相究明を切に願います。

 

◆一般人も感じてた

エイベックスの闇→ geinou ranking geinou reading

エイベックスの闇→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※浜崎あゆみさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

危険な二人 (幻冬舎文庫) [ 見城徹 ]

価格:638円(税込、送料無料) (2019/11/24時点)


楽天で購入