錦戸亮さんが関ジャニ∞を脱退、ジャニーズ事務所の退所もあり得ると週刊文春が報じた件について、きっかけは昨年の渋谷すばるさん脱退のときに錦戸さん一人が関ジャニ∞解散を訴えたことからメンバーのみならず事務所関係者にも不興を買ったことだといいますが、業界では解散を主張した錦戸さんの勘違い具合が話題になっているようです。

 

 

 

 

[以下引用]

「ジャニーズには木村のほかにも嵐の二宮和也やV6の岡田准一など、俳優として確固たる地位を確立しているタレントがいて、自信家の錦戸は自分も3人のように俳優一本でやっていけると考えているのかもしれませんが、錦戸は俳優としては3人の足元にも及ばないというのが、業界内で一致した評価でしょう。木村や二宮らは、ジャニーズという看板がなくても制作サイドが“使いたい”と思える存在ですが、錦戸は事務所から売り込まれたら使うという感じです。なので、錦戸はちょっと勘違いしているのではないかというのが、報道を聞いた正直な感想です」(テレビ局関係者)

 

また、別のテレビ局関係者もこう語る。

 

「たとえば木村や二宮は、現場でもスタッフに気配りができるしプロ意識も高く、監督やプロデューサーなどに『また一緒に仕事をしたい』と思わせるタイプ。さらに映画の宣伝のためならバラエティ番組に出演して“がんばって”くれる。一方、錦戸は現場では平気でスタッフの指示を無視したり、ダメ出しが続くと嫌な表情を見せたりするので、現場での評判は良くない。率先して起用しようとするところは少ないと思いますよ。

元SMAPの香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎がジャニーズをやめた後も活躍しているのを見て、錦戸もやっていけると考えているのかもしれませんが、その香取たちですら、退所後はいまだにキー局のドラマには出られない状況が続いています。頂点を極めた元SMAPですらそうなのに、錦戸がもしジャニーズを辞めれば、活動はかなり厳しくなるでしょう。やっぱり自信過剰になっているようにもみえます」

[ビジネスジャーナル]

 

これ事実ならなんとも恥ずかしいです。

 

確かに錦戸さんは関ジャニ∞の中の俳優担当みたいな感じではありますが、さすがに木村拓哉さん、二宮和也さん、岡田准一さんに並びうる存在だと思っていたとは思えませんが。

 

そうだったとしても違ったとしても、錦戸さんの現場評の低さに変わりはありません。

 

思い返せば2011年の時点でも錦戸さんは現場での態度が悪い、2度と仕事したくないジャニタレの筆頭として名前が出ていました。

 →ジャニタレ嫌われ者ランキング

 

そこからあまり変わらず今に至ってるとなると、情けないですね。

 

錦戸さんは元「赤西軍団」で、その赤西さんがジャニーズを離れても順調な芸能活動をしているのもグループ脱退、事務所退所の追い風になっていたようなことが週刊文春には書いてありました。

 

現実にはたとえジャニーズからの邪魔が入らなかったとしても、錦戸さんは敢えて起用したい人材ではないようです。残念。

 

 

◆いくら酔っ払っていてもコレはない

錦戸亮の黒歴史→ geinou ranking geinou reading

錦戸亮の黒歴史→ geinou reading geinou ranking

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※赤西仁さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング