[スポンサーリンク]

 

2020年後期のNHK連続テレビ小説『おちょやん』のヒロインに杉咲花さんが抜擢されたことが発表されました。

 

杉咲さんの起用については賛否両論ありますが、その背景とは。

 

 

※父親は『レベッカ』ギターの木暮武彦さん、母親は歌手のチエ・カジウラさん

 

 

 

理由1:新人女優は手間がかかる

 

来年秋から放送される『おちょやん』は、“大阪のお母さん”として親しまれてきた女優・浪花千栄子をモデルにしたドラマで、杉咲さんは松竹家庭劇の喜劇女優・竹井千代を演じます。

 

これについてネット上では「放送が楽しみ!」という声もあるものの、一方で「え、NHKは新人を使うのやめたのか」「2世タレントの特権ですね。いいかげんにしてほしいです」「もはやオーデションよりもコネの世界なんだろうなぁ」といった疑問の声も。

 

[以下引用]

「かつて朝ドラは“新人女優の登竜門”といわれていました。しかし、最近では、昨年後期『まんぷく』の安藤サクラ、今年前期『なつぞら』の広瀬すず、現在放送中の『スカーレット』の戸田恵梨香など、すでに実績のある女優ばかりが起用されています。視聴率や作品のクオリティーを考慮すると、どうしても人気女優に頼ってしまうのです。また、撮影も長期にわたるため、新人には荷が重いのも事実です。過去には『純と愛』のヒロインを努めた夏菜が、脚本家の遊川和彦氏に怒鳴られるなど厳しい演技指導を受け、泣きながらトイレに立てこもる事件がありました。撮影現場で揉めることは珍しくありませんが、実績のある女優であれば対処の仕方も慣れています。局側も無駄なトラブルを避ける傾向が強くなっているのです」(ドラマ関係者)

[週刊実話]

 

つまり、オーディションをやらなくなったのは、NHKに新人を育てている余裕がないからと、そういうことなんでしょう。

 

既に出来上がっている女優を起用すれば、長期の撮影の耐性があり、演技指導でパニックになることもないだろうし、場合によっては演技も出来上がっているから指導する時間も短縮できる、引きこもることもまずないだろうし視聴率にも結びつきやすい、良いことづくめじゃないかと、そいうことなんでしょうね。

 

ベテラン枠の女優だとしても性格によっては楽屋にこもったりしそうですが、NHK相手にそれは自分の首を絞めるようなものだとわかってるだろうというのもあるでしょう。

 

今回の杉咲さんは22歳になったばかりでまだ若くはありますが、2006年に子役デビューしていますし、NHKのドラマは2016年の朝ドラ『とと姉ちゃん』、現在放送中の大河ドラマ『いだてん』に出演しており、演技面、性格面ある程度把握しているでしょうから、安心して依頼したのではないでしょうか。

 

ちなみに、夏菜さんがトイレに籠ったというのは当時週刊誌が報じましたし、本人もブログで「私は崩壊寸前でした。いや崩壊していました」と書いたくらいなので本当だったようです。

 

 

※遊川和彦さんが夏菜さんを叱り飛ばしてできたドラマ

[Amazon]

 

理由2:NHKの働き方改革

 

[スポンサーリンク]

 

朝ドラは年に2つ放送されており、春はNHK東京、秋はNHK大阪が制作し、ここしばらくは東京制作のヒロインはキャスティング、大阪制作はオーディションで決まる傾向がありました。

 

それが今回杉咲さんが起用された『おちょやん』は大阪なのにキャスティングで決まっており、今後も主演がオーディションで選ばれることはなくなっていくだろうと見られています。

 

[以下引用]

「現在、NHKは働き方改革を推し進めています。『エール』からは制作現場の負担軽減を目的に、週6回の放送から週5回の放送に短縮されます。つまり制作サイドが番組制作にかかわることのできる時間も短縮されるため、オーディションに割く時間が足りなくなってしまったのです。それでも数字を落とすことは許されないため、実績がある役者を起用するようになる。キャスティング偏重の流れは、今後も続くでしょう」(NHK関係者)

[女性自身]

 

来年春の朝ドラ『エール』で主演する窪田正孝さんはキャスティングで選ばれていますが、相手役を務める二階堂ふみさんは、今年3月から4月に行われた2000人規模のオーディションを勝ち抜いたと発表されています。

 

オーディションの案内自体、NHKに登録した事務所にしか通知されないらしいので、半分プロみたいな2000人から一人を選ぶのは、確かに時間がかかるかもしれません。

 

が、NHKのキャスティングはどこまで公明正大かというとまた疑問のあるところで、過去、事務所との癒着や枕営業などが報じられたことがあります。公共放送なのに。





NHKの癒着体質が綾瀬はるか『八重の桜』と松山ケンイチ『平清盛』で明らかに!!

 

モーニング娘。の枕営業告発!NHK八重の桜プロデューサー内藤慎介とバーニングの黒い仲

オーディションじゃなくてキャスティングの方が、NHKもいろいろ美味しいのかもしれません。

 

が、NHK朝ドラといえば新人女優の登竜門であり、半年という放送期間で徐々に演技が上達していく過程を楽しむ人もいると思うと、視聴者はがっかりする人もいそうですね。

 

 

◆あるのかないのか

NHKの大決断→ geinou ranking geinou reading

NHKの大決断→ geinou reading geinou ranking

 

※来年4月は窪田正孝さん主演です

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※窪田正孝さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング