4月4日放送の「有吉ゼミ」に元オセロの中島知子さんが出演し、現在住んでいる大分県の魅力についてプレゼンしたのですが、そのズバ抜けたトーク力に視聴者だけでなくテレビマンからも絶賛の声が相次いでいるといいます。

 

※ハマる人はハマる本。

 

 

中島さんといえば、2011年頃に占い師による洗脳騒動を巻き起こし、スッタモンダした挙げ句、当時所属していた松竹芸能を退社。

 

 

YOSHIKIと密会中工藤静香が現れ木村拓哉が追ってきた?オセロ中島知子の女霊能者の妄想がスゴイ!ついに名前も明らかに!!

 

その後は大人向けの写真集を発売したり、女性向けオトナ監督に挑戦したりするなど迷走し、最終的には芸能界から消滅。

 

しかし、2019年に大分県に移住して活動を再開すると、2021年には地元ローカルテレビ局で冠番組「中島知子のおうちで作れる!本格中華のススメ」がスタート。

 

そして、今月からは新たな冠番組「中島知子のおんせんさんぽ」(テレビ大分)や情報番組「金曜ビッグバン!」(福岡RKB放送)の司会など、九州密着のタレントとして存在感を高めています。

 

 

[以下引用]

「『有吉ゼミ』での中島さんは、相変わらずの流れるようなトークを見せつけていました。また、そのトークスキルの高さゆえに話が長くなり、そこを共演者にイジられるなど、空気のつくり方も上手かった。共演した博多大吉さんも『大分の魅力伝えるための待望の人材』と太鼓判を押すほどでしたし、さすが、かつてバラエティーの女王にまで上り詰めた中島さんといったところですよ」(テレビ局関係者)

 

洗脳騒動によってテレビ界のメインストリームから姿を消していた中島だが、昨年12月末には、『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の「ゴチになります!」に、実に16年ぶりのサプライズ出演も果たしている。

 

「洗脳騒動については、2015年の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演した中島さん本人が“妹によるでっち上げだった”と告白していたんですが、それだけではスキャンダラスなイメージを払拭することができず、テレビ業界的には“要注意人物”のままだったんです。だから、なかなか全国ネットの地上波で活躍できなかった。でも、大分のローカルタレントとして活躍するようになって、完全に潮目が変わりました。中島さんのトークスキルが衰えていないことには、多くのテレビ関係者が舌を巻いています」(同)

 

現在のテレビ業界では、中島知子のような女性タレントが求められているという。

 

「女性タレントのトップに君臨していた上沼恵美子さんが、出演番組本数を減らして、セミリタイア状態に入りつつある。つまり、いまのテレビ界は“ポスト上沼恵美子”探しが行われているわけです。上沼さんは、関西ローカルを基本とすることで、視聴者と近い距離感によって愛されたタレント。そういう意味では、中島さんもまた移住先の大分を拠点に、視聴者に寄り添った発言ができるタレントなので、“ポスト上沼恵美子”にもっとも近い存在だと思います。大分や九州を拠点にするのはもちろんですが、そもそもが京都出身だし、関西ローカルの番組にもうまくフィットできるはず。数年後、中島さんが上沼さんのように、関西ローカルで何本も冠番組を持っているなんていう未来は、十分にありえると思います」(同)

[日刊サイゾー]

 

 

「妹によるでっち上げ」。

 

確かに、以前文春のインタビューで、芸人になったのはとにかく家を出たかったからという話で、その理由が毒親と親にすり寄った妹だったからだと話していました。

 

やっと家から出ても、芸能界に入ってからは長年月40万円を仕送りし、ちょっと遅れれば罵倒されたそう。

 

そして妹も妹です。上京した後はずっと金銭的に面倒を見て、デキ婚すればその夫と子供の世話もして。親にはその子供が小学生になるまで面倒を見るように言われていたそうです。

 

それを断ったのが独立のタイミングと重なり、妹があることないこと吹聴し、ああいう洗脳騒動になったということでした。

 

ちなみに現在大分にいるのは、あの「占い師」の実家が大分だから、なんだと思いますが・・・

 

あの騒動中に毒親と妹のことを明かしていたら、どうなっていたんでしょうね。

 

 

[Amazon]

 

まあそれはともかく、あの洗脳騒動から10年。確かに中島さんのトーク力は健在でした。

 

昔の彼女を知っている人なら、

 

「あー、こんな感じだったよな〜」

 

と懐かしく、かつ嬉しく思ったのでは?

 

一方、彼女の全盛期を知らない人にとっては、

 

「なんだ、この黒いオバサン。スゴイな」

 

と驚いたことでしょう、きっと。。

 

※こっちがオセロの白い方。

松嶋裁判 - 松嶋 尚美

松嶋裁判 - 松嶋 尚美

[Amazon]

 

最近は女性芸人さんも増えましたが、そのほとんどがトークや仕切りができるタイプではなく、どちらかというとイジられて面白くなるタイプ。

 

バラエティのMCなどは指原莉乃さんや小島瑠璃子さんなど、芸人ではなくアイドルやグラドルといった”異業種”から参入するケースが多いです。

 

ですが、やはりそういった人たちが”叩き上げ”の男性芸人とトークで対等に勝負していくのは難しいのか、指原さんは「自分の限界を悟った…」と弱音を吐く始末。

 

また、こじるりさんも次々と番組が終了するなど、女性MC候補のタレントさんは苦戦中。

 

 

 

ホリプロから見捨てられてジリ貧!小島瑠璃子の今後は…

 

それだけに、中島知子さんのような”本物”が再び帰ってきたというのは、視聴者にとってもテレビ業界にとっても嬉しいことなのでは?

 

実際、ネットでは50歳になっても変わらない中島さんのトークを絶賛する声で溢れかえっていました。

 

[以下引用]

《オセロの中島知子がテレビに出てたけど、相変わらずキレイだった》

《こんなに面白くて頭のいい女性芸人って他にいないと思う》

《トークが面白くてびっくりした。全く衰えていない話術、さすがです》

《MCもトークも出来る女芸人って、他に上沼恵美子くらいしか思いつかない》

[まいじつ]

 

 

そもそも、中島さんが駆け出しの頃は”パワハラ”なんて概念もなく、バラエティ番組に出る芸人やタレントたちは皆、現場のお偉方に徹底的に鍛え上げられたといいます。

 

中島さんもいつだったか、

 

「当時はスゴく辛かった。辞めたいと何度も思った」

 

と語っていたことがありましたが、ビシバシと鍛えられた過去があったからこそ、今もこうやってブランクなど感じさせずに活躍できるのでしょう。

 

指原さんやこじるりさんも、もし生まれてくる時代がもっと早かったら、また違った結果になっていたかもしれません。

 

ということで、今回の番組出演で”発見”されてしまった中島さん。

 

以前の文春のインタビューによると、ご本人は自分のMCは大御所と比べることもできないつたないものだと自覚しており、仕事を休むことになったとき、「このまま行けば第2の上沼恵美子って言われてたのに」と言われては、「滅相もない、やめてくれ」と思っていたそう。

 

「ポスト上沼恵美子」なんて言われたらそりゃしんどいとは思いますが、中島さんには中島さんの魅力があるのを再確認されたわけですからね。

 

今後の展開が楽しみです。

 

◆実は警察の要注意人物だったジャニーズM

って誰→ geinou ranking geinou reading

って誰→ geinou reading geinou ranking

 

※マスクも進化しています。

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※元相方・松嶋尚美さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

よかったらシェアしてください!