今年の紅白歌合戦で、ジャニーズ事務所所属タレントの出場枠が大幅に減らされることが確実になったようです。
 
理由はもちろん、山口達也さんの事件や小山慶一郎さんと手越祐也さんが相次いで未成年飲酒騒動を起こしたことで、NHK内部では「これでジャニーズからの圧力を排除できる」と歓迎する声もあるそうで… 
 

 

 

[以下引用]
「今年の紅白歌合戦では間違いなくジャニーズの出場枠が減るでしょう。ジャニーズは山口の他にも小山慶一郎らによる未成年飲酒強要などが発覚。NHKの木田幸紀放送総局長も定例会見でジャニーズに対してタレントへの指導徹底を求めたほどです。この状況で今まで通りにジャニーズからは多く出演させられません」(NHK関係者)

ジャニーズ事務所のタレントが紅白歌合戦に出場したからといって、必ずしも視聴率が高くなるわけではない。

「昨年の紅白歌合戦に出場した『Hey! Say! JUMP』は登場時の視聴率が32.7%、『関ジャニ∞』が36.6%、『TOKIO』は37.2%。いずれも全体の平均視聴率より低いものでした。“ジャニーズ枠”という圧力がなければNHKだって使いたくはないのです」(同・関係者)
[まいじつ]

 

6月の定例会見で飛び出した異例の”苦言”には驚きました。

 

5月の定例会見でも、山口事件により「Rの法則」が打ち切りになったことに対し「損害賠償請求を検討している」と明言していましたよね。

 

NHKとしてはジャニーズ枠を減らすのは当たり前だと思われますが、それをあのメリー女帝が簡単に受け入れるとは思えません。

 

「そうですか。それなら、ウチは紅白から完全撤退させて頂きます」と、ジャニーズ不在の紅白になる可能性もあるのでは?

 

※業界でアノ人の評価が急上昇中!

 ジャニーズ危うし?→ geinou reading geinou ranking

 ジャニーズ危うし?→ geinou ranking geinou reading

 

一方、元SMAPの稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんの3人については、SMAP解散騒動を乗り越えて見事にイメージ回復を成し遂げたことから、NHK内部では「ぜひ、起用したい」という意見が広がっていると言います。

 

[以下引用]
「すでに稲垣たちは紅白出場の際の選曲に入ったという話もあります。3人が配信限定でリリースした『雨あがりのステップ』は、10万ダウンロードに届く勢いの大ヒットを記録しました。ただし、この曲はチャリティーソングなので、NHKも許諾するか迷っているそうです」(ジャニーズライター)

そんな中、有力候補として挙がっている曲がある。1971年にリリーズされた故ジョン・レノンの曲『イマジン(Imagine)』だ。

「ジョンは妻が日本人のオノ・ヨーコですし、日本でもっとも支持されているシンガーの一人です。しかも『イマジン』は愛と平和をテーマに、世界中の人々に歌われてきた。芸能界の秩序を乱し続けるジャニーズ事務所を正すという意味のメッセージ性も高い。3人が歌えば視聴率50%越えもあり得るでしょう」(同・ライター)
[まいじつ]

 
イマジンですか…
 
まあ、苦肉の策といったところでしょうか?
 
個人的には、チャリティソングだからこそ紅白で歌わせる意味があると思いますが…
 
いずれにせよ、3人が出演すれば大きな話題になることは間違いないですし、ぜひ実現して欲しいところ。
 
そうなったら、中居正広さんが司会、木村拓哉さんが特別審査員というのもアリかも?
 

映画 クソ野郎と美しき世界 オフィシャルブック (TJMOOK)

映画 クソ野郎と美しき世界 オフィシャルブック (TJMOOK)

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※昔熱愛関係だった紗栄子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

よかったらシェアしてください!