文春の性加害報道について強気でいた松本人志さんが急に弱気に転換、敗北を認めたと話題になっています。

 

 

 

 

「事実無根なので闘いまーす」から様子一変

 

1月8日、吉本興業は松本人志さんの休養を発表しました。

 

文春の性強要の記事については全否定するものの、このままでは取引先を含めた関係者に対しても問い合わせが相次ぎ迷惑がかかる一方で、裁判との同時並行ではお笑いに全力を傾けることができない、と本人から申し出があったのが理由だと説明されています。

 

その後、松本さんは自身のXで、「事実無根なので闘いまーす。 それも含めワイドナショー出まーす」とコメントし、波紋を広げました。

 

というのも、このメッセージの感じでは、「ワイドナショー」に出て弁明をする気満々であることが読み取れたからです。

 

松本さんが過去メインだったとはいえ「ワイドナショー」のような公共の電波で放送される番組で?記者会見ではなく??と、違和感を感じた人は多くいたようです。

 

なのに、9日になって松本さんはこのようなツイートをしています。

 

 

 

 

明らかにトーンダウンしています。

 

こんな風に、「いないかもしれんが💦」なんてタイプでしたかね?松本さん。

 

もしかすると怒られたんじゃないでしょうかねえ。。

 

実際、弁護士ドットコムの元テレビマンの方が書いた記事では、テレビは基本公平中立であるべきで、片方の意見だけを取り上げるようなことがあってはならない、そもそも「ワイドナショー」出演はこの時点で確定していたのか?編成権はフジテレビにあり、本来「出まーす」と松本さんが言えるものではない、といった指摘がされていましたし。

 

 

黙っていられない松本人志

 

既に松本さんは大きな間違いをしています。

 

 

[以下引用]

「吉本は文春の報道に対し《当該事実は一切ない》と発表したが、松本さんは都合の悪い部分を隠したうえで《とうとう出たね。。。》と投稿し“真実はこれだ”と言わんばかり。松本さんの言いたいことが正しいなら、吉本が言うように“当該事実は一切ない”という主張と矛盾してしまう。この矛盾点が、“スポンサー離れ”を引き起こした要因の一つであることは間違いない。

[フライデー]

 

 

文春によると、小沢さんが仲間うちにこのLINE画像を横流しし、松本さんは「これを公開すればええやん」と乗り気だったといいます。

 

この画像の意味、そしてこれを松本さんがツイートすることが何を意味するか、考えた及ばなかったんでしょうねえ。。

 

 

 

 

松本さんは自己愛が強く自分が嫌がられていたということが事実として受け入れられていないんじゃないかとNHK党の立花さんが指摘していましたが、認められていたという嬉しさで判断が鈍ったのかも。

 

ちなみに本日発売の文春によると、松本さんの休養発表は、文春が第二弾の記事を松本さんサイドに提示し、吉本から

 

「貴誌前号に対して名誉棄損による訴訟提起を予定しております。本質問状にあるような事実を記載して、新たに名誉を棄損する記事を発売されるのであれば当然に法的措置を講じるのでその旨予告します」

 

という回答があったその4時間後に行われたとのこと。

 

それで「事実無根なので闘いまーす。 それも含めワイドナショー出まーす」なんて言っちゃって。

 

「とうとう出たね。。。」といい、黙っていられないんですね。

 

事実無根が本当なら餅は餅屋で、裁判は弁護士さんに任せ、松本さんはこれをネタにする勢いでいればよかったと思うのですが、松本さんが自由に発言できる状況だと、どんどん不利に転がっていくのかも。

 

14日の「ワイドナショー」出演がまさかの松本さん見納めになるかもしれませんが、文春はそれでよしとするのか、吉本は本当に裁判をするのか、気になります。

 

◆公然の秘密っていろんなところに転がってるんだなあ

日テレが!→ geinou ranking geinou reading

日テレが!→ geinou reading geinou ranking

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング