8月30日深夜に放送されたラジオ「TOKYO SPEAKEASY」に、プラベートでも親交がある指原莉乃さんとともに出演した小島瑠璃子さんが、中国移住について本音を語ったことが話題になっています。

 

 



 

 

[以下引用]

語学留学のみならず、現地でのタレント業やビジネスなども視野に入れているというこじるり。「問題は、貯金が尽きるまでにちゃんと売れなきゃいけないのよ」とした上で、中国には〝テレビタレント〟というポジションがないと説明し、「売れるのムズイし、大丈夫か?って思うの。日本でもライバルはいるけど、明らかに分母が多いからレベルが違っちゃって」と不安を口にしたのだ。

 

「このところ、所属事務所も〝推し〟をこじるりから後輩の井上咲楽に切り替えたこともあって、稼ぎは明らかに全盛期よりもダウンしているはず。すでに、貯金を切り崩しての生活を強いられているかもしれない」(芸能記者)

 

やけくそ気味なのか、番組内でも小島は、「28歳独身で、子どももいなくて、もう何してもいいじゃん?」とも、ぶっちゃけていた。

 

「収入減を補うため、留学前に〝惜別写真集〟を出すかもしれませんよ。出せば売れるでしょうから、事務所への恩返しにもなるし、自分にも巨額の留学費用が入るとあって一石二鳥ですからね」(前同)

 

さらに、現地での恋愛の可能性についても番組で聞かれ、「するんじゃない?全然あるでしょ。ないかもだけど、多分、あるんじゃない?」と前向きな発言を残している。日本では週刊誌などの芸能マスコミに追われるが、中国に行ったらやりたい放題だ。

 

「向こうの富豪たちは、日本のグラビアアイドルが大好きですからね。日本に住んでいる中国人のアテンダーが、せっせと現地の大富豪に日本のグラドルを送り込んでいるとも一部で報じられている。こじるりなら、中国の大富豪と結婚して、とんでもない玉の輿に乗る可能性も大いにある」(前同)

[週刊実話]

 

前カレの「キングダム」原作者・原泰久さんは、総資産50億円とも100億円とも言われる成功者なので、こじるりもすっかり”カネ目当て”というイメージが付いてしまいましたね。

 

彼女自身、テレビに出まくっていた数年間は年収数億は軽く稼いでいたでしょうし、決してお金だけが目的だったわけではないと思うのですが・・

 

ただ、中国の大富豪たちが日本のグラドルを”大好物”にしているのは有名ですし、お金持ちのケタが一桁違うとも言われています。

 

それこそ年収10億、20億なんてのはカワイイもので、本当に稼いでいる中華リッチは数百億以上稼いでいたり、総資産は数千億というのも珍しくないとか、なんとか・・

 

もし、そういった超大金持ちのトロフィーワイフとなれば、日本で自分をバカにしていた奴らを見返すこともできるでしょうし、そういう意味でこじるりが玉の輿を狙っている可能性はあるかもしれません。

 

 

トロフィーワイフ 面白い 結婚 配偶者 結婚記念日 花嫁 パーカー

トロフィーワイフ 面白い 結婚 配偶者 結婚記念日 花嫁 パーカー

[Amazon]

 

ですが!

 

ちょっと思うんですけど、中国が日本に攻めてきて戦争になったら・・という極めて重大なリスクは考えないんですかね?

 

もしそうなったら、中国共産党のことですから、大陸在住の日本人たちに対して何をするか知れたものじゃありません。

 

それこそ敵性国民として強制収容所に送り込んだり、人質としてトンデモナイ扱いを受ける可能性は高いです。

 

そういう危険を考えると、何も今このタイミングでアッチに移住することもないと思うんですが・・

 

まあ、その辺りは気にしてないというか、お花畑なんでしょうね、多分。

 

ということで、こじるりのイチかバチか命を賭けた博打がどう出るのか、注目です。

 



 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※こじるりのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

よかったらシェアしてください!
カテゴリー