浜崎あゆみさんが愛犬が22歳で大往生したことを報告したところ、GACKT批判か!?という声が上がっています。

 

 

 

目次

閉じる

浜崎あゆみの愛犬が22歳で大往生のウラ

 

[以下引用]

浜崎は15日、インスタグラムのストーリーズを更新し、愛犬「チョコ」の写真をアップ。「チョコ22歳でした。すごい!大往生!!!」と報告した。

 

「虹の橋でお兄ちゃんお姉ちゃん達が待ってるよ。迷わず辿り着くんだよ」と、語りかけるようにつづり、「本当に長い間、可愛がってくれた皆様 ありがとうございました」と感謝した。

[日刊スポーツ]

 

浜崎さんの愛犬チョコくんは世界一小さい犬と言われるロングコートチワワで、だいたい10〜16歳まで生きると言われ、平均寿命は13.7歳。

 

ロングコートチワワの年齢を人間に換算すると、19歳は92歳、20歳は96歳だと言いますから、22歳は104歳?

 

間違いなく大往生です。

 

浜崎さんは昔から愛犬家であり、1年前のまとめ記事を見ると、チョコくんを入れて7匹飼っています。

 

そして、2011年頃には犬への溺愛が高じて飼い犬専用のスタッフがいると報じられています。しかも1人ではなく、散歩係、エサ係、うんちの処理係、などなど数人いたとか。

 

まあ数人いたというのはネタ元がゴシップ誌なので定かではありませんが、多忙な芸能人が犬を飼いたいと思ったら、家族なり協力者が必要です。犬のことを考えて専門のスタッフを付けたのは、やっぱり犬への愛情なんだと思います。その結果がチョコくんの22歳での大往生なのでしょう。

 

ロングコートチワワは小型犬なので大型犬よりは長生きの犬種ですが、それでも平均寿命で比べると、突出して長生きなわけではないので、浜崎さんのところで幸せに暮らしたんだと思います。

 

 

GACKTと比較する声が出るのは…

 

[スポンサーリンク]

 

このニュースにネットでは、「GACKTへのあてつけか」「GACKTと大違い」という声が。

 

ちょうどGACKTさん、ペットロスの友人に愛犬を里子に出して炎上していますからね。

 

 

 

超迷惑!GACKTがペットロスの知人に愛犬を無理矢理里子に出し批判殺到

 

炎上後、GACKTさんはSNSで状況を釈明しています。

 

それによると、GACKTさんが子犬を買った直後に知人に妻がペットロスだという話を聞いたといい、知人に提案したうえで、子犬を連れて行くまでGACKTさんがしつけをすることになったそう。

 

飼い始めてすぐからあげるつもりだったなら、GACKTさん的にはパピーウォーカーのような気持ちだったんでしょうかね。

 

それはそれですが、GACKTさんの犬をもらったほうのペットロスの方は、うまく気持ちが乗れたのでしょうか。この方が、やっぱり亡くなった犬を思い出して辛いとかだと、GACKTさんも辛いですね。

 

で、浜崎さんですが、さすがにGACKTさんの炎上にあてつけたようなことはないでしょう。

 

犬も人間同様、寒い時期に亡くなるケースが多いようですから、チョコくんの大往生とGACKTさんの件はまったく関係ないでしょうね。

 

◆後ろ姿って、年齢が出るんだな…

浜崎あゆみのリアル→ geinou ranking geinou reading

浜崎あゆみのリアル→ geinou reading geinou ranking

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※浜崎あゆみさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

よかったらシェアしてください!